ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Cameron Graves - Planetary Prince [2017 Mack Avenue]

キャメロン・グレイヴスはカリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のピアニスト。13歳の時に、同じハイスクールに通っていたカマシ・ワシントンと出会い、その後、2人にステファン・ブルーナー(後のサンダーキャット)、ステファンの兄であるロナルド・ブルーナー・ジュニアの4人で音楽ユニット、ヤング・ジャズ・ジャイアンツを結成。2004年に『Young Jazz Giants』でレコード・デビューを果たす。

その後、彼自身はリオン・ウェアが2008年にスタックスから発表したアルバム『Moon Ride』のタイトル曲をプロデュースしたほか、ロック・バンド、ウィックド・ウィズダムや、カマシも参加しているジャズ・バンド、ネクスト・ステップなどに参加。2015年にはスタンリー・クラークの来日公演や、カマシ・ワシントンのヒット作『Epic』に携わったことでも話題になった。

このアルバムは、そんな彼にとって初のソロ・アルバム。デトロイトに拠点を置くインディー・レーベル、マック・アヴェニューから複数のフォーマットで発売されており、プロデュースは彼自身。レコーディングには、『Truth』で共演したばかりのカマシ・ワシントンがサックスで参加している他、『Drunk』が好評のステファン・ブルーナー(”The End of Corporatism”と”Isle of Love”のみ)がベースを、彼の兄で、自身の名義では初のアルバムとなる『Triumph』を発表したばかりのロナルド・ブルーナー・ジュニアがドラムを担当している。それ以外にも、ジョン・マクラーリンとの共演したデビュー作も話題になった、先鋭的なセンスが魅力的なパリ出身のベーシスト、ヘイドリアン・フェラウドや、ネクスト・ステップの一員として活動しながら、アンソニー・ハミルトンの2011年作『Back To Life』やケンドリック・ラマーの2015年作『To Pimp A Butterfly』などでも演奏を披露しているトロンボーン奏者のライアン・ポーター、ビッグ・バンド・ジャズからロックまで、幅広いジャンルの作品に携わってきた、トランペット奏者のフィリップ・ダイザックなど、演奏技術と鋭い感性に定評のある面々を揃えている。

まず、ステファンが参加した2曲に目を向けると、アルバムの5曲目の収められている”The End of Corporatism”は、音の高低や強弱の激しい演奏が印象的なアップ・ナンバー。鍵盤の上で踊るようにフレーズを奏でるキャメロンのピアノを軸に、ピアノとデュエットをするかのように、複雑なフレーズを目にも止まらぬ速さでかき鳴らすステファンのベース、二人に負けじと、マシンガンのように音を飛ばすロナルドによるバトルが聴きどころ。3人の激しいプレイを脇から支えつつ、シンプルかつキャッチーなメロディで楽曲のバランスを整えているホーン・セクションの仕事も見逃せない。

一方、ミディアム・テンポの”Isle of Love”は、モーツァルトの月光を彷彿させるダイナミックなピアノと、力強く、激しいグルーヴを奏でるステファンの演奏が面白い楽曲。中盤で見せるカマシのソロ・パートの複雑で色っぽいサウンドも気持ち良い。この曲では脇役に徹しているが、緩急をつけつつ、難しいフレーズの正確に演奏しているロナルドの存在が楽曲の完成度を高めていると思う。

また、それ以外の曲に目を向けると、アルバムのオープニングを飾る”Satania Our Solar System”は、アリス・コルトレーンを思い起こさせる優雅で神秘的なピアノで幕を開けるアップ・ナンバー。その後、一気にテンポを上げ、各人が切れ味鋭いフレーズを繰り出すが、中でも目立ってるのはフィリップ・ダイザックのトランペット。エレクトリック・サウンドと生音の違いはあるが、マイルス・デイヴィスが”Bitches Brew”で見せたパフォーマンスにも通じる、音と音の隙間を効果的に使った、シンプルだが存在感のあるフレーズが光っている。

そして、しっとりとしたピアノの演奏から始まる”Adam & Eve”は、キャメロンのピアノにスポットを当てた楽曲。クラシック音楽の演奏家を彷彿させる、感情豊かな音色と、流麗で緻密な指捌きが光る楽曲。ピアノの鍵盤全てを効果的に使った、ダイナミックな演奏も魅力的だ。

今回のアルバムは、過去の録音では使用していたキーボードを封印し、ピアノ一本で勝負した野心的な作品だ。だが、本作の彼は、テンポ、音域、強弱を自在に操り、1台のピアノから様々な音色を引き出している。その手法は、チック・コリアのようにダイナミックでもあり、ハービー・ハンコックのようにキャッチーでもあり、セシル・テイラーのように先鋭的でもある。

カマシ・ワシントンの『Truth』ロナルド・ブルーナーの『Triumph』マイルズ・モーズリーの『Uprising』と同様に、ジャズの醍醐味を残しつつ、ジャズに詳しくない人でも楽しめる、シンプルだが味わい深い作品。キャッチーなフレーズと、一聴しただけでハイレベルとわかる演奏技術を、ぜひ堪能してほしい。

Producer
Gretchen Valade, Cameron Graves

Track List
1. Satania Our Solar System
2. Planetary Prince
3. El Diablo
4. Adam & Eve
5. The End of Corporatism
6. Andromeda
7. Isle of Love
8. The Lucifer Rebellion





Planetary Prince [Analog]
Cameron Graves
Mack Avenue
2017-05-26

 

Ephemerals - Egg Tooth [2017 Jalapeno Records]

イギリス出身のギタリスト、ニコラス・ヒルマンと、フランス系アメリカ人のサックス奏者、ウォルフガング・パトリック・ヴァルブルーナが中心になって結成したファンク・バンド、エフェメラルズ。60年代、70年代のブラック・ミュージックを取り込んだサウンドと、ヴァルブルーナのエネルギッシュな歌唱が話題になり、ジャイルズ・ピーターソンやクレイグ・チャールズなどのラジオ番組でヘビー・プレイ。2016年にはフランスのDJ、クンズのシングル『I Feel So Bad』に参加。フランスを中心に、複数の国でヒットチャートに入る、彼らにとって最大のヒット曲となった。

このアルバムは、2015年の『Chasin Ghosts』以来となる、通算3枚目のオリジナル・アルバム。本作でも楽曲制作とプロデュースをヒルマンが、ヴォーカルをヴァルブルーナが担当。ファンクやソウル・ミュージックの要素をふんだんに取り入れた楽曲を披露している。

アルバムの2曲目、本作に先駆けて発売されたシングル曲”The Beginning”は、ゆったりとしたテンポのバラード。分厚いホーンセクションを軸にしたバンドをバックに、思いっきり声を張り上げるヴァルブルーナの姿が格好良い。余談だが、彼の歌い方が”Don't Look Back in Anger”を歌っていた時の、オアシスのリアム・ギャラガーに少し似ていると思うのは自分だけだろうか。

一方、これに続く”In and Out”は、陽気な音色のキーボードと、柔らかい音色のホーン・セクションに乗せて、切々と言葉を紡ぎ出すミディアム・ナンバー。ビル・ウィザーズを彷彿させる、スタイリッシュだがどこか温かい雰囲気の歌声が心に残る。良質なポップ・ソングだ。

そして、本作からのもう一つのシングル曲『Astraea』は、ストリングスを取り入れた、切ない雰囲気のアップ・ナンバー。徐々にテンポを上げていく伴奏と、何かに追い立てられるように、せかせかと言葉を吐き出すヴァルブルーナのヴォーカルが印象的な楽曲だ。

また、同曲のカップリングとしてシングル化された”And If We Could, We’d Say”はハモンド・オルガンの音色で幕を開けるミディアム・ナンバー。ヒップホップのエッセンスを取り入れた伴奏に乗せ、ギル・スコット・ヘロンの作品を引用したポエトリー・リーディングを聴かせるという通好みの楽曲。大衆向けとは言い難い素材を集めつつ、アイザック・ヘイズが”Ain’t No Sunshine”や”Never Can Say Goodbye”のカヴァーで見せた、テンポを落として低音をじっくりと聴かせる、キャッチーで粘っこいファンク・サウンドを使ってポップに纏め上げた名演だ。

そして、黒人音楽が好きな人には見逃せない曲が、スティーヴィー・ワンダーの”AnotherStar”にも似た雰囲気のアップ・ナンバー”Get Reborn”だ。オルガンのキラキラとした音色を軸に、華やかな伴奏と軽妙なヴォーカルを組み合わせた楽曲。ライブで聴いたら盛り上がりそうだ。

英国出身のファンク・バンドというと、ジャミロクワイのような世界中で人気のグループから、ストーン・ファンデーションジェイムズ・ハンター・シックスのように、好事家達を唸らせる実力派ミュージシャンまで、あらゆる趣向の人々に対応する層の厚さが特徴的だ。その中で、彼らを他のグループと差別化しているのは、古今東西の色々なソウル・ミュージックを取り込むヒルマンの制作技術と、デーモン・アルバーンやリアム・ギャラガーにも通じる、ヴァルブルーナの存在感のある歌声によるものが大きいと思う。

60年代、70年代のソウル・ミュージックに軸足を置きつつ、その子孫ともいえる90年代以降のブリティッシュ・ロックのエッセンスを混ぜ込むことで、先人や現行の同業者とは違う独自の音楽性を確立した面白い作品。ロック、もしくはブラック・ミュージックをあまり聴かない人にこそ聴いてほしい、ジャンルの壁を越えた魅力的なバンドだ。

Producer
Hillman Mondegreen

Track List
1. Repeat All +
2. The Beginning
3. In and Out
4. Go Back to Love
5. The Omnilogue
6. Coming Home
7. And If We Could, We’d Say
8. Get Reborn
9. Cloud Hidden
10. If Love Is Holding Me Back
11. Astraea
12. Repeat All





Egg Tooth
Ephemerals
Jalapeno
2017-04-21


Ronald Bruner Jr. ‎– Triumph [2017 World Galaxy]

ダイアナ・ロスやグラディス・ナイト等の作品でドラムを叩いていた、ロナルド・ブルーナー・シニアを父に持ち、ベーシストのサンダーキャットことステファン・ブルーナーや、ジ・インターネットの元メンバーでもあるキーボーディストのジャミール・ブルーナーの兄でもある、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のドラマー、ロナルド・ブルーナー・ジュニア。

自身も2歳のころにドラムを始め、15歳のころにはウェイン・ショーターやダイアン・リーヴス、ロン・カーターのステージでドラムを叩きながら、ステファンと一緒に西海岸を拠点に活動するパンク・バンド、スーサイド・テンシーズの一員としても活動していた。

2000年代以降は、多くのレコーディング作品に参加。2004年にはカマシ・ワシントンやステファンと結成したユニットヤング・ジャズ・ジャイアンツの名義でアルバムを発表する一方、スタンリー・クラークやジョージ・デューク、ケニー・ギャレットといった大物ミュージシャンから、カマシ・ワシントンやサンダーキャットのような彼とは縁の深い面々、ケンドリック・ラマーやサイ・スミス、フライング・ロータスといったR&B、ヒップホップ、エレクトロ・ミュージックの録音まで、色々なミュージシャンの作品に携わってきた。

彼にとってキャリア初となるフル・アルバムは、マイルズ・モーズリーの『Uprising』や、ジョセフ・ライムバーグの『Astral Progressions』などを配給している、ワールド・ギャラクシーからのリリース。カマシ・ワシントンの『Epic』と同じ時期に録音された本作は、ベースをステファン、キーボードをジャミールが担当。多くのゲストとともに、彼自身がヴォーカルを担当した意欲作になっている。

アルバムの1曲目を飾る”True Story”は、彼の派手なドラム・ソロから始まるアップ・ナンバー。ドナルド・フェイゲンの『The Nightfly』に入ってそうな、緻密で爽やかなロック・ナンバー。楽曲の途中で披露されるドラムの乱れ打ちが、楽曲のアクセントになっている。

続く”Take The Time”も、”True Story”に近い、ロック色の強い楽曲。ヴォーカルをステファンが担当しているほか、曲中で複数のテンポとビートを使い分けた、起伏の激しい伴奏と、ステファンの甘い歌声が印象的なアップ・ナンバーだ。バラエティ豊かなビートと、エネルギー溢れるパフォーマンスは、スーサイド・テンシーズの影響を感じさせる。

これに対して、ソウル・ミュージックの影響が色濃いのは”Whenever”だ。柔らかい音色を響かせるホーン・セクションと力強いビート、ロナルドの甘い歌声が合わさった優しい雰囲気のミディアム。ナンバー。スマートだけど繊細で優しい歌声は、彼の音楽に多くの影響を与えた、スティーヴィー・ワンダーを連想させるものだ。

また、ミディアム・ナンバーの中では”One Night”も見逃せない存在だ。ギターとベース、ドラムが軸のシンプルな編成をバックに、泣き崩れるような歌を聴かせるロナルドの存在が光る佳曲。イーグルスやジャクソン・ブラウンのようなロック・ミュージシャンの音楽が好きな人には堪らない佳曲だと思う。

そして、本作の終盤で強烈な印象を残してくれるのが”To You / For You”だ。図太いビートとシンセサイザーの音色が心地よい、シックやシャラマーの音楽を彷彿させるスタイリッシュなディスコ・サウンドに乗せて、爽やかな歌声を響かせる前半から一転、後半に入るとトラップ・ビートの上でラップを披露する異色の楽曲。攻撃的な口調が、本職のラッパーっぽい点も面白い。

今回のアルバムは、彼より先にデビューした弟の作品同様、ヒップホップやR&B、ジャズやロックの要素を取り込み、自身の感性で編集したジャンルの枠にとらわれない作品になっている。しかし、このアルバムでは、色々な音楽のエッセンスを取り込みつつ、その要素をジャズの枠に落とし込んでいるように見える。おそらく、彼が多くのセッションを重ねてきた大物ジャズ・ギタリスト、スタンリー・クラークに代表されるフュージョンのスタイルを、積極的に採用していることが大きいのだろう。また、ジャズの要素に比重を置くことで、多くの音が乱れ飛ぶ、ダイナミックなドラム・ソロを随所に盛り込むことにも成功しているように映る。

ヒップホップやロックの要素を取り込んだ先鋭的な作風と、複雑で大胆なドラム演奏を両立した、長兄の面目躍如といえる佳作。CDで聴いても楽しいが、ぜひライブを観てみたいと思わせる。人間が演奏する音楽の面白味を再確認させられる充実の内容だ。

Track List
1. True Story
2. Take The Time feat. Thundercat
3. She'll Never Change
4. Geome Deome feat. George Duke
5. Whenever
6. Doesn't Matter
7. Open The Gate
8. One Night
9. Sensation feat. Mac Miller and Danielle Withers
10. To You / For You
11. Chick's Web

※動画は本作とは無関係のライブ映像





Triumph(トライアンフ)
Ronald Bruner Jr.(ロナルド・ブルーナ-・ジュニア)
rings
2017-04-19

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ