melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

平成も終わったので、平成30年間にリリースされた日本人アーティストの重要作品を10曲、独断と偏見で選んでみた

1989年1月から始まった平成も2019年4月で終わり。この30年間には、音楽を楽しむフォーマットがレコードからCD、音楽データへと移り変わり、DVDや動画配信、音楽ストリーミングなど、新しい視聴手段が次々と登場しました。また、CDの売り上げが下がる一方で、ライブの観客動員数は大幅に上がり、インターネットの世界で名を上げたミュージシャンが、世界的なヒットを生み出すことも珍しくなくなりました。それ以外にも、音楽そのものに目を向けると、世界各地で新しい音楽が生まれ、姿を変えながら新しい流行を生み出してきました。そんな平成という時代を象徴する楽曲を10曲、独断と偏見で選んでみました。

globe - Sweetheart(1996)

毀誉褒貶はあるが、平成の日本のポップス界を代表するクリエイターの一人は、間違いなく小室哲哉だろう。ミリオンセラーを記録した楽曲を幾つも残している彼だが、自身が率いるユニット、globeが1996年に発表した4枚のシングルでは、そんな彼の創造力とビジネスセンスが遺憾なく発揮されている。中でも、ヨーロッパで流行していたドラムン・ベースを日本のポップスに落とし込んだこの曲は、日本のポップスでは厳しいとされる重低音を強調した硬質なビートをポップスに組み込んだ匠の技が聴きどころ。前作「SA YO NA RA」に続く2週連続1位という記録は、2019年にDrakeがアメリカで達成するまで、世界唯一の記録だった。

globe decade-single history 1995-2004-
globe
エイベックス・トラックス
2005-02-16



MISIA – つつみ込むように...(Remix) feat. Muro (1998)

98年のデビュー以降、多くのヒット曲を残してきたMISIA。彼女の良さは高い歌唱力のほかに、大胆なリミックスにも紛れない声の存在感があると思う。このデビュー曲のリミックスでは、DJ WATARAIの手による音数を絞った物悲しい雰囲気のビートと、Muroの鋭さと優しさが同居した独特のラップを加えたアレンジで、シンプルゆえに難しいメロディを巧みに乗りこなす彼女の歌唱力を活かしている。リミックス・アルバムを80万枚以上売り上げた彼女が、ビート・メイカーやリミキサーの地位を高めたといっても過言ではない。

つつみ込むように・・・
MISIA
アリスタジャパン
1998-02-21



RIP SLYME -Stepper’s Delight(2001)

ポップスの世界にラップの存在を知らしめた「今夜はブギーバック」や「DA YO NE」、日本語によるハードコア・ヒップホップの可能性を示した「人間発電所」や「空からの力」など、多くのヒップホップ・クラシックが生まれた平成時代。その中でも後の音楽シーンに大きな影響を与えたのが、5人組のヒップホップ・グループ、RIP SLYMEが2000年に発表したメジャー・デビュー曲だろう。ドラムン・ベースを取り入れた、テンポが速く音数の多い複雑なビートの上で、コミカルなラップを次々と繰り出す姿は、アメリカのヒップホップにも日本のポップスにも見られない独創的なもの。日本の歌謡曲ともアメリカのヒップホップとも一定の距離を置きながら、ヒップホップの実験精神とポップスの親しみやすさを両立した音楽は、後の作品に多くの影響を与えている。余談だが、彼らの所属するヒップホップ・クルー、Funky Grammar Unitは、EAST END、RHYMESTER、KICK THE CAN CREWなど、多くの人気グループを輩出している。

GOOD TIMES(通常盤)
RIP SLYME
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-08-04



Suite Chic – Uh Uh feat. AI (2003)

平成を通じて、常に多くの足跡を残してきたシンガーの一人が、安室奈美恵だ。単なるポップ・スターの枠に留まらず、ファッション・リーダーとして多くの女性のスタイルに影響を与え、キャリアの絶頂期に結婚、出産というブランクを経て、再び音楽業界の一線に戻ってきた彼女は、その一挙手一投足が人々の生き方に影響を与えてきた。そんな彼女が音楽で新境地に挑んだのが、2003年のSuite Chic。m-floのVerbalと音楽プロデューサーの今井了介の「日本のJanet Jacksonは誰だろう?」という会話をきっかけに生まれたこのプロジェクトは、彼女の作品でも珍しい、本格的なR&B作品。中でも、ラッパー、シンガーのAI、音楽プロデューサーのYAKKOと制作したこの曲は、アメリカ南部のヒップホップを取り入れた変則ビートと、矢継ぎ早に繰り出されるヴォーカルを組み合わせた、日本のポップスでは異色の作品。「カラオケで仲間と共有する音楽」の時代から「音源や映像、ライブで魅せる音楽」の時代へと移り変わっていった2000年代を象徴している。

WHEN POP HITS THE FAN (CCCD)
SUITE CHIC
エイベックス・トラックス
2003-02-26



Issa – Chosen Soldier(2007)

日本のポップスの特徴的なところに、ドラマやアニメとタイアップした曲が多いことがある。その中でも、仮面ライダーの熱狂的なファンであるDA PUMPのISSAが担当した映画「仮面ライダーTHE NEXT」の主題歌は、ISSAの手による作品のストーリーに沿った歌詞もさることながら、CHEMISTRYや倖田來未などを手掛けてきた日本屈指のR&Bプロデューサー、今井大介が手掛けるトラックが印象的な作品。Usherの”Year”やCiaraの”Goodies”でも取り入れていた当時の流行のサウンド、クランクを使って重厚で陰鬱な雰囲気を演出したアレンジは、楽曲のクオリティを高めつつ、映画と一体になることが求められるタイアップ曲の難しさを、高い次元でクリアしている。




TERIYAKI BOYZ – TOKYO DRIFT(2006)

2000年以降、ミュージシャンにとってファッションは新しい意味を持つようになっていった。単なる自分を飾るツールではなく、自分のイメージを増幅し、活動の場を広げる手段として、多くのミュージシャンが、これまで以上に積極的にファッションを活用するようになっていった。そんな時代に、ファッション業界での実績を活かして、音楽の世界に進出したのがA BATHING APEのデザイナーとして活躍していたNIGO。彼がm-floのVerbalなどと組んだ音楽ユニット、TERIYAKI BOYZは、ファッションを通して交流を深めたKanye WestPharrell Williamsといった海外の有名クリエイターをプロデューサーに招き、アメリカの最先端のサウンドを日本に輸入してみせた。映画「ワイルド・スピード」の主題歌として作られたこの曲も、一回聴いただけでPharrell の音とわかる軽快なビートの上で、4人が巧みなラップを繰り出した佳曲。余談だが、NIGOとVerbalは2019年にもPharrell Williamsをプロデューサー迎えた楽曲を、HONEST BOYZの名義で映画「名探偵ピカチュウ」の主題歌として提供している。




BIGBANG – HARU HARU(2008)

「日本人アーティストの重要曲なのに、なんで韓国のアイドル・グループの曲が?」そう思った人も少なくないだろう。2008年に韓国で最も売れたといわれるBIGBANGのシングル、実は作曲、アレンジ、プロデュースを北海道出身の音楽クリエイター、DAISHI DANCEが担当しているのだ。「踊れるバラードを作りたい」というリーダーのG-Dragonの希望に応えたこの曲は、ピアノの音色を使った切ない雰囲気の伴奏と四つ打ちのビート、ラップを担当するG-DragonとT.O.P.の絶妙な掛け合い、サビを歌う3人の美しい声が生み出す絶妙なバランスが心に残る良曲。メロディやアレンジの随所に、浜崎あゆみっぽさを感じるのは、G-Dragonの要望なのだろうか。彼らの作品の中でも異彩を放っているこの曲は、外国人が日本の音楽のどんなところを評価しているのかを端的に示している。楽曲の世界観を丁寧に描いたミュージック・ビデオも必見。

ALIVE
BIGBANG
YGEX
2012-03-28



Jin Akanishi – Good Times(2014)

平成の30年間を通して、常に日本の音楽業界に影響力を持ち続けてきたプロダクションの一つがジャニーズ事務所だ。同事務所はSMAP、Kinki Kids、嵐、関ジャニ∞など、個性豊かな人気グループを次々と送り出し、日本のポップス史に多くの金字塔を打ち立ててきた。そんな彼らの成功を支えてきたのが、優秀なタレントを育て、切磋琢磨させる事務所の環境にあったことを再確認できるのが、元KAT-TUNの赤西仁が退所直後に発表したこの曲。アメリカのR&Bを取り入れつつ、自分のヴォーカルやダンスのスタイル、ファンが彼に抱くイメージを作品に落とし込むプロデュース能力と、それを一緒に形にしてくれる優れた仲間を集められる人望、個人事務所という負荷の高い環境にいながら、それを微塵も感じさせない安定したパフォーマンスを観ていると、彼らの成功の秘訣が、厳しい環境で鍛えられ、自らの能力を高め続けてきた一人一人のタレントの努力にあることがよくわかる。彼の音楽は、アイドルはIDOL(=偶像)ではなく、たゆまぬ努力を続ける一人の人間なのだということを教えてくれる。

Me(+2) 通常盤
赤西仁
Go Good Records
2015-06-24



T-Groove – Move Your Body(2017)

インターネットの登場は、リスナーが音楽に接する機会を増やすだけでなく、アーティストと世界を繋ぐ機会も増やした。東京を拠点に活躍するT-Grooveこと高橋佑貴も、そんな時代を象徴するクリエイターの一人。彼はミュージシャンになる前から、マイナーなディスコ音楽を紹介するブロガーとして知る人ぞ知る存在だったが、音楽の世界で成功するきっかけになったのもインターネットだった。音楽ストリーミングサイトに投稿した楽曲が海外のミュージシャンやレコード・レーベルの目に留まり、フランスのレーベルからレコードデビューを果たした。デビュー・アルバムのタイトル・トラックであるこの曲は、Roger Troutmanの遠戚であるアメリカのシンガー、B. Thompsonを招いたダンス・ナンバーで、彼のディスコ音楽への深い造詣が遺憾なく発揮されている。日本を拠点に活動するクリエイターがアメリカのシンガーを起用した楽曲でフランスのレーベルからデビューする。インターネットの普及によって、インターネットの力で世界との距離が縮まった平成という時代を象徴する作品だろう。
Cosmic Crush -T-Groove Alternate Mixes Vol. 1
T-Groove
ビクターエンタテインメント
2019-03-06



星野源 – Pop Virus(2018)

90年代後半以降、R&Bの要素を盛り込んだポップスは数多く作られてきたが、その多くはヒップホップ色が強い、荒々しいサウンドをウリにするものだった。そんな中で、2018年に星野源がリリースしたこの作品は、D’Angeloの音楽を思い起こさせる、電子楽器と生音を組み合わせながら、人間の演奏が生み出す揺らぎや、音と音の隙間を効果的に聴かせるスタイルでリスナーの度肝を抜いた。日本を代表する人気ミュージシャンが、R&Bの中でも特に難解で実験的なサウンドに取り組みながら、老若男女問わず楽しめる音楽に落とし込む彼の才覚が光っている。大衆向けのポップスとマニア向けの音楽を両立した稀有な作品だと思う。

POP VIRUS (CD)(通常盤)(特典なし)
星野 源
ビクターエンタテインメント
2018-12-19



今回は敢えてヒット曲に拘らず、平成という時代に起きた色々な変化を象徴する音楽を取り上げてみました。ここで挙げたアーティストのほかにも、沢山のミュージシャンが新しい音楽に取り組み、世界を変えていったのが平成という時代だと思います。令和の時代ではどんな音楽が生まれ、私達を楽しませてくれるのか、これからも追いかけ続けたいと思います。

Mariah Carey – Caution [2018 Epic]

91年にアルバム『Mariah』で表舞台に現れて以来、華々しい実績を残してきたマライア・キャリー。2017年にルイス・フォンシの”Despacito”に並ばれるまで、20年以上の間に渡って、全米シングル・チャートの連続1位の単独記録を保有していた95年のシングル”One Sweet Day”を筆頭に、ポップスの世界にヒップホップの手法を持ち込んだ”Honey”、ウータン・クランの鬼才、オール・ダーティー・バスタードを起用したリミックスも話題になった”Fantasy”など、アルバムをリリースする度にクラシックを残してきた。

その一方で、私生活は決して安定していたとはいえず、2000年代に入ると低迷。しかし、2005年にはアルバム、『The Emancipation Of Mimi』を発表。彼女の豊かな表現と、電子楽器を駆使したヒップホップのビートを融合したスタイルで復活。デビュー当時からの武器である天性の歌声と、キャリアを積んで磨きがかかった技術で、アメリカを代表する歌手として活躍している。

このアルバムは、彼女にとって4年ぶりとなる通算15枚目のスタジオ作品。ソニー傘下のEpicに移籍して録音された本作は、先行シングルを担当したDJマスタードを筆頭に、ティンバランドやナインティーン85といったヒップホップ界のヒットメイカーや、宇多田ヒカルとのコラボレーションも話題になった、エレクトロ・ミュージック畑のクリエイター、スクリレックスなど、尖ったサウンドが魅力のプロデューサーを迎え、新しい音に挑戦した作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”GTFO”は、ナインティーン85がプロデュースしたミディアム・ナンバー。空を浮かぶようなふわふわとしたシンセサイザーの音色は、アリーヤの”Rock The Boat”にも似ている。浮遊感のあるトラックの良さを活かしつつ、豊かな表情を吹き込むマライアのテクニックが印象的。パワフルな歌声だけでなく、繊細な表現も使いこなす2018年の彼女の歌を堪能できる佳曲だ。

続く”With You”は、DJマスタードが制作に携わった本作からの先行シングル。ピアノの伴奏を軸にしたシンプルなトラックと、彼女の歌声にフォーカスを当てた構成は、ジャム&ルイスがプロデュースした”Through the Rain”に通じるところがある、ヒップホップ畑のクリエイターらしい聴きどころをしっかり聴かせる構成と、彼女のダイナミックなヴォーカルが心に残る曲だ。

これに対し、スリック・リックとブラッド・オレンジをフィーチャーした”Giving Me Life”は、ヒップホップのビートと甘いメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。ソランジュティナーシェなどの作品を手掛けているロック・ミュージシャン、ブラッド・オレンジが制作に参加したこの曲は、シンセサイザーを使って組み立てたトラックの上で、セクシーな歌声を披露するマライアの存在感が特徴的。キャムロンの”Oh Boy”をサンプリングした”Boy”を思い起こさせる本作の隠れた目玉だ。

そして、日本盤限定のボーナス・トラックとして収録されたのが”Runway”だ。世界屈指のDJであり、ジャスティン・ビーバーをフィーチャーした”Where Are U Now”などの、ポップスのヒット曲も残しているスクリレックスを起用した本作は、彼女の”Butterfly”と”We Belong Together”を引用したからか、90年代後半から2000年代前半にかけて、大人の色気と巧みな表現技術を身に着けた彼女の音楽を彷彿させる曲になっている。日本向けの配信版に収められている、Kohhのラップを加えたリミックス・ヴァージョンも見逃せない。

今回のアルバムは、これまでの路線を踏襲しつつ、現代のトレンドに合わせてメロディやトラックをアレンジした、良くも悪くも安定した作品になっている。病と闘いながら着実に前に向かって進んできた彼女の歩みと、今後への強い意志を感じさせる粒ぞろいの楽曲を揃えたところが、本作の面白いところだろう。

波乱万丈の人生を歩みながら、多くの名曲を残してきた彼女の豊かな経験と高い表現力が存分に楽しめる、質の高いアルバム。ベテランらしい老練さを身に着けながら、デビュー当時と変わらない美しい歌声を聴かせてくれるマライアの偉大さを確認できる内容だ。

Producer
Mariah Carey, DJ Mustard, Nineteen85, No I.D., Blood Orange, Skrillex etc

Track List
1. GTFO
2. With You
3. Caution
4. A No No
5. The Distance feat. Ty Dolla Sign
6. Giving Me Life feat. Slick Rick&Blood Orange
7. One Mo' Gen
8. 8th Grade
9. Stay Long Love feat. Gunna
10. Portrait
11. Runway
12. Runway feat.KOHH




Caution
Mariah Carey
Epic
2018-11-16

Joji - Ballads 1 [2018 88rising, 12Tone, Warner]

2018年11月、アジア出身のソロ・アーティストとしては最高記録となる、ビルボードの総合アルバム・チャートの3位を記録したことで、一躍時の人となったジョージことジョージ・ミラー。

オーストラリア人と日本人の両親の間に生まれた彼は、大阪生まれの大阪育ち、神戸のインターナショナル・スクールで学んできたという日本人。そんな彼は、同世代の人々と同じように、早くからインターネットに馴れ親しみ、音楽活動の前には面白動画やコメディ・ラップなどを投稿していた。しかし、健康問題を理由に動画投稿からは引退。アメリカに移住し、大学生活の傍ら、音楽活動に打ち込むようになる。

音楽活動に力を入れるようになった彼は、中国のハイヤー・ブラザーズや、インドネシアのリッチ・ブライアンなど、アジア出身のミュージシャンをアメリカでブレイクさせている西海岸のレーベル88ライジングと契約。電子音楽やロックなど、様々なジャンルの音楽を消化したサウンドと、作詞、作曲、アレンジの全てをこなせる高い技術で頭角を現した。

本作は、ジョージ名義では2017年の『In Tongues』以来、約1年ぶりの新作となる、初のフル・アルバム。彼自身が全ての曲の制作に関わる一方、サンダーキャットやRLグライムといった、名うてのクリエイターがプロデューサーとして名を連ねた、新人らしからぬ豪華な作品になっている。

セルフ・プロデュースによる”Attention”から続く先行シングル”Slow Dancing in the Dark”は、パトリック・ウィンブリーがプロデュースを担当したスロー・ナンバー。ソランジュの”Don't Touch My Hair”などのヒット曲に携わっていることでも知られるパトリックのアレンジは、シンセサイザーの響きを効果的に聴かせたもの。ヴォーカルを引き立てる音数を絞った伴奏でありながら、前衛音楽のような抽象的な作品にはせず、ポップで聴きやすいR&Bに纏め上げた手腕が光っている。

これに続く”Test Drive”は、トラップやEDMの分野で知られるRLグライムが制作に参加したバラード。ハットを細かく刻んだリズムと、哀愁を帯びたピアノの伴奏を組み合わせたトラックが心に残る。変則ビートを取り入れたスタイルは、ティンバランドがプロデュースしたアリーヤの『One in a Million』にも通じるものがあるが、こちらは歌や伴奏をじっくりと聴かせる作品。現代の尖ったヒップホップをソウル・ミュージックに昇華している。

また、電子音楽畑のクラムス・カジノとジャズ出身のサンダーキャットを起用した”Can't Get Over You”は、80年代のテクノ・ポップを思い起こさせる粒の粗い音を使ったビートと、少しだけエフェクターをかけたヴォーカルが醸し出すレトロな音と、ニーヨやにも通じるらしい爽やかで洗練されたメロディの組み合わせが新鮮な作品。昔の音色を現代の音楽に昇華するスタイルは、サンダーキャットの『Drunk』にも少し似ている。

そして、本作の収録曲では一番最初に公開された”Yeah Right”は彼のセルフ・プロデュース作品。オルゴールのような可愛らしい音色を効果的に使ったロマンティックなトラックと、甘いメロディ、機械で加工した武骨な歌声を組み合わせた異色のバラード。ゴツゴツとしたヴォーカルを、柔らかいメロディのソウル・ミュージックのアクセントに使った演出が新鮮。彼の独創的な発想と確かな技術を端的に示している。

このアルバムの魅力は、アメリカのR&Bの潮流を押さえつつ、その枠を軽々と超える大胆な切り口の楽曲を並べているところだ。トラップやネオ・ソウル、エレクトロ・ミュージックといった、アメリカのR&Bミュージシャンが多用する手法を用いながら、甘いメロディや、加工されたゴツゴツとした歌声といった、他のアーティストの作品では見られない演出が随所にみられるのは面白い。

また、ヒップホップのビートの要素を取り入れながら、90年代のR&Bのような、メロディをじっくりと聴かせる曲が揃っている点も珍しい。おそらく、アメリカ国外で生まれ育ち、コメディなどの動画も作ってきた経歴が、アメリカのR&Bとは一線を画した個性的な音楽を生み出しているのだろう。

ヴォーカル・グループはともかく、本格的なR&Bやヒップホップを歌えるシンガー・ソングライターとなると、まだまだ存在感が弱い東アジア。同地域から、母国でのプロ経験を積まず、直接アメリカでデビュー、成功した彼は、「アジア人に厳しい」と言われていたアメリカのR&B市場に、偉大な記録を残した。ユニークな切り口と確かな実力に裏打ちされた独創的な音楽は「アジア人にしか作れないR&B」の可能性を感じさせる。個性的なキャリアに裏打ちされた、唯一無二の新鮮なR&Bが楽しめる傑作だ。

Producer
Joji, Patrick Wimberly, RL Grime, Clams Casino, Thundercat, Rogét etc

Track List
1.Attention
2.Slow Dancing In The Dark
3.Test Drive
4.Wanted U
5.Can’t Get Over You Feat. Clams Casino
6.Yeah Right
7.Why Am I Still In La Feat. Shlohmo & D33J
8.No Fun
9.Come Thru
10.R.I.P. Feat. Trippie Redd
11.Xnxx
12.I’ll See You In 40






BALLADS 1
JOJI
Warner Music
2018-11-09

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ