melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

The Carters - Everything Is Love [2018 Roc Nation, Parkwood Entertainment, Sony Music]

総合エンターテイメント企業のロック・ネイションや、音楽ストリーミング・サービスのTIDALなどを経営しながら、コンスタントに新作を発表し、ヒップホップ界をけん引する、ジェイZことショーン・カーター。2003年に初のソロ・アルバム『Dangerously in Love』を発表して以来、稀代の名シンガー、エッタ・ジェイムスを演じきった映画「キャデラック・レコード」や、ストリーミング限定(後にダウンロード版やCD盤も発売)した『Lemonade』など、新しいことに挑戦し、成功してきた、ビヨンセことビヨンセ・ジゼル・ノウルズ-カーター。

このアルバムは、21世紀の音楽業界で最も成功している夫婦による、初のコラボレーション作品。

これまでにも、ビヨンセの”Crazy In Love”や”Déjà Vu”などで共演してきた二人だが、アルバム1枚を一緒に録音するのは今回が初。事前のプロモーションをほとんど行わず、『Lemonade』に続いてTIDALで先行配信されるなど、斬新な試みに挑んできた彼女達らしい作品になっている。

本作に先駆けて公開された”Apeshit”は、ファレル・ウィリアムスがプロデュースした楽曲。使われている楽器の音色こそ、ファレルが多用するシンセサイザーのものだが、彼が提供したビートはミーゴスグッチ・メインのアルバムに入っていそうなトラップ。その上では、ラップのような抑揚を抑えたメロディを歌うビヨンセと、普段通りのダイナミックなラップを繰り出すジェイZという、今までの作品ではなかったタイプのパフォーマンスを披露している。トラップのビートを取り入れているからか、ファレルのプロデュース作品にも関わらず、彼のかわりにミーゴスのクェーヴォとオフセットがコーラスで参加している点も新鮮だ。

これに対し、TLCメアリーJ.ブライジの作品にも携わっているD’マイルと、アーティストとソングライターの両方で活躍しているタイ・ダラ・サインを起用した”Boss”は、ヒップホップの要素を取り入れたスロー・バラード。タイ・ダラ・サインの端正なコーラスは、ヨーロッパの教会音楽にも少し似ている。ビヨンセのヴォーカル・パートは、滑らかなメロディとラップを組み合わせたもの。近年流行のスタイルを、自分の音楽に咀嚼したパフォーマンスに注目。

一方、ジェイZのラップに重きを置いた”713”はクール&ドレがプロデュースを担当。威圧的にも感じるキーボードの伴奏が印象的なビートに乗せて、パンチの効いたパフォーマンスを繰り出すジェイZの姿が聴きどころ。キーボードの伴奏を強調したトラックに引っ掛けて、Dr.ドレの”Still Dre”やコモンの”The Light”などのフレーズを引用した点も面白い。

それ以外では、内田裕也やジョー山中が在籍していた日本のサイケデリック・バンド、フラワー・トラベリング・バンドの”"Broken Strings”をサンプリングした”Black Effect”も見逃せない。昔のレコードから、ヴォーカルや楽器の演奏など、様々なフレーズを抜き出して組み合わせる手法は、ヒップホップではお馴染みのものだが、サンプルの組み合わせ方を変えることで新しい音楽に聴かせている。

本作の面白いところは、既に多くのアーティストが取り組んできた手法を用いながら、他の作品とは一線を画した独自の音楽に仕立て上げているところだろう。歌とラップを組み合わせる手法やサンプリング、トラップといった、流行のスタイルを盛り込みつつ、少し変化をつけることで、独自性を打ち出している。この引用とアレンジのセンスの良さが、二人の音楽の醍醐味だ。

音楽業界のトップをひた走る二人の、鋭い感性と作品に落とし込む技術が光る良作。「ヒップホップはみんな同じ」と思っている人にこそ聴いてほしい、流行のサウンドを用いながら、他のアーティストとは一味違う新鮮に聴こえるセンスと技術が楽しめると思う。

Producer
Beyoncé, Jay-Z, Cool & Dre, Pharrell Williams, D'Mile etc

Track List
1. Summer
2. Apeshit
3. Boss
4. Nice
5. 713
6. Friends
7. Heard About Us
8. Black Effect
9. Lovehappyt
t


EVERYTHING IS LOVE [Explicit]
Parkwood Entertainment/Roc Nation
2018-06-18


The Temptations - All The Time [2018 Universal]

1961年にシングル”Oh Mother of Mine”でレコード・デビューを果たして以来、”My Girl”や”Cloud Nine”、”Papa Was a Rollin' Stone”や”Treat Her Like a Lady”など、今も多くの人に愛される名曲を数多く残している、デトロイト発のヴォーカル・グループ、テンプテーションズ。

現在は、デビュー当時からバリトンを担当しているオーティス・ウィリアムスを中心に、若いメンバー(といっても全員40歳以上だが)と一緒に活動。日本を含む世界各地のステージに立ち続けるなど、今も現役の人気グループとして、音楽業界の一線で活躍している。

このアルバムは、2010年の『Still Here』以来、約8年ぶりの新作となるスタジオ・アルバム。ブルーノ・マーズサム・スミスといった、現代のR&Bシンガーのヒット曲のカヴァーと、彼らのオリジナル曲を収めた、バラエティ豊かな作品になっている。

本作の1曲目は、2014年にロンドン出身の白人のソウル・シンガー、サム・スミスが発表した”Stay With Me”。全英、全米のシングル・チャートを制覇した切ない雰囲気のスロー・ナンバーを、5人の温かい歌声で、優しい雰囲気のバラードに仕立て直している。原曲のミュージック・ビデオでも、曲中で聖歌隊が登場するなど、ゴスペルの影響を匂わせる演出があったが、今回のカヴァーはその要素を強調したものになっている。

続く”Earned It”は、イギリスの同名の官能小説を題材にした、2015年のアメリカの映画 「Fifty Shades Of Grey」のサウンドトラックに収められている、ウィークエンドの楽曲のカヴァー。ストリングスを効果的に使った威圧感のある伴奏や、往年のリズム&ブルースを彷彿させるスウィング、ゴスペルでは頻繁に用いられるコール&レスポンスなど、昔の黒人音楽のエッセンスと現代のポピュラー音楽の要素を組み合わせた楽曲は、当時の音楽を熟知した彼らによって、本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わっている。伴奏をギターやベースを用いたシンプルなバンド・サウンドに変え、コール&レスポンスを強調したアレンジは、60年代初頭の彼らの音楽を彷彿させる、ポップでダイナミックなものだ。

また、マックスウェルが2009年にリリースした”Pretty Wings”のリメイクは、繊細さと大胆さを兼ね備えた彼の歌唱を忠実に再現した作品。メロディやアレンジは原曲のものを活かしつつ、声域の異なる5人のヴォーカルを巧みに使い分けることで、楽曲に起伏をつける演出が光っている。

そして、彼らのオリジナル曲である”Waitin’ On You”は、5人のしなやかなヴォーカルを活かした、流麗なメロディが心地よいスロー・ナンバー。変則的なリズムを刻むベースとドラムの伴奏と洗練されたメロディのおかげか、他のアーティストの作品のカヴァー以上に、現代のR&Bっぽく聴こえる。

このアルバムの面白いところは、高いヴォーカル・スキルを使って、既存の音楽を新鮮な音楽に聴かせているところだろう。そして、彼らの音楽が新鮮に映るのは、若いアカペラ・グループのように大胆な改変を行わず、あくまでも原曲の良さを生かしつつ、それに合ったヴォーカル・アレンジを施していることが大きい。この、アカペラの原点に立ち返りつつ、現代の楽曲を意識したアレンジが、ソロ・アーティストがヒット・チャートの大半を占める現代のポップス・シーンでは新鮮に映るのだろう。

アジア出身のヴォーカル・グループを中心に、個性豊かなメンバーのマイク・リレーを武器にしたグループが主流の時代に、美しい歌声と精密なヴォーカル技術を活かした巧妙なアレンジで勝負した意欲作。DAWソフトのような、高機能が機材がなかった時代、自分達の声を駆使して多彩な音楽を生み出してきたベテランの豊かな経験が遺憾なく発揮されている。

Producer
Otis Williams, Dave Darling

Track List
1. Stay With Me
2. Earned It
3. Pretty Wings
4. Thinking Out Loud
5. Waitin’ On You
6. Remember The Time
7. Be My Wife
8. Still Feel Like Your Man
9. When I Was Your Man
10. Move Them Britches



All the Time
Temptations
Ume
2018-05-04




Jorja Smith - Lost & Found [2018 FAMM]

2016年に、ディジー・ラスカルの”Sirens ”をサンプリングした”Blue Lights”を公開して表舞台に登場。シャーデー・アデューやエンディア・ダヴェンポートを彷彿させる透き通った歌声と、ムラ・マサやナオの音楽を思い起こさせる、エレクトロ・ミュージックの要素を取り入れたサウンドで、カナダのドレイクや、イギリスのストームジー、アメリカのカリ・ウチスなど、様々な国のアーティストから絶賛された、イギリスのウエスト・ミッドランズにあるウォルソール出身のシンガー・ソングライター、ジョルジャ・アリシア・スミス。

彼女は子供の頃からトロージャンのレゲエ作品や、カーティス・メイフィールドなどのソウル・ミュージックを聴いて育ったという。また、父がソウル・バンドで活動していたこともあり、早くから音楽への強い興味を示していた。

そんな彼女は2016年に、音楽投稿サイト経由で”Blue Lights”を発表。同年にマーヴェリック・セイブルをフィーチャーした”Where Did I Go?”を公開。その後も、4曲入りのEP『Project 11』をリリースし、ドレイクのUKツアーに帯同するなど、一気にブレイクを果たした。

また、2017年に入るとドレイクのアルバム『More Life』に参加する一方、国際女性デーに”Beautiful Little Fool”を発売、年末にはMOBOアワードやブリット・アワードにノミネートし、後者を獲得するなど、華々しい活躍を見せてきた。

本作は、そんな彼女の初のフル・アルバム。自身のレーベル、FAMMからの配給だが、CD盤やアナログ盤も作られた力作。全ての収録曲で彼女自身がソングライティングを主導し、プロデューサーには、既発曲を一緒に作ったチャーリー・ペリーに加え、アメリカ出身のジェフ・クレインマンや、オーケストラで活動するマーキー・キト・リビングなど、世界各地で活躍する個性的なクリエイターが参加。21歳の瑞々しい歌声と若い感性を最大限引き出した良作になっている。

まず、本作に先駆けてリリースされた彼女のデビュー曲”Blue Lights”は、ディジー・ラスカルの”Sirens”のフレーズを引用し、ガイ・ボネット&ロナルド・ロマネリの”Amour, Émoi... Et Vous” の演奏をサンプリングしたトラックのミディアム・ナンバー。シンセサイザーを多用した哀愁を帯びた上ものが印象的なトラックは、ジャンルも作風も違うがロジックの”1-800-273-825”に似た雰囲気。事前情報がなければディジー・ラスカルの曲を借用したとはわからないジョルジャの歌唱は、歌とラップを織り交ぜた、ドレイクに近いもの。しかし、エリカ・バドゥから泥臭さを抜いたような、滑らかな歌声のおかげで、繊細なR&Bに聴こえる。

また、同じ年にリリースされた”Where Did I Go?”は、ペリーがプロデュースした作品。太く柔らかい音色のベースを強調したトラックは、エリカ・バドゥやエスペランザ・スポルディングのようなジャズの要素を取り込んだミディアム・ナンバー。彼女達に近しい声質の持ち主とはいえ、より爽やかなヴォーカルの彼女が歌うと、ポップで聴きやすい音楽に映る。

これに続く”February 3rd”は、プロデューサーにフランク・オーシャンケヴィン・アブストラクトの作品にも関わっているジェフ・クレインマンを招いた楽曲。オルゴールのような音色を取り入れて、繊細で神秘的、だけど少しポップな雰囲気を演出したミディアム・ナンバーだ。高音に軸足を置いて、丁寧に歌い込むスタイルは、ミニー・リパートンにも少し似ている。

そして、本作の隠れた目玉がオーストラリア在住のエレクトロ・ミュージックのプロデューサー、マーキー・キト・リビングを起用した”On Your Own”。バス・ドラムを強調したビートは、ヒップホップのスタイルだが、それに組み合わせる複雑な構成の伴奏はドラムン・ベースの手法という個性的な作品。ムラ・マサナオのような、エレクトロ・ミュージックとヒップホップを組み合わせたアレンジが印象的だ。

彼女の面白いところは、エンディア・ダヴェンポートやシャーデー・アデューのような、大胆なヴォーカル・アレンジと洗練された歌唱を使い分ける技術と、透き通った歌声を持ちながら、バック・トラックではエレクトロ・ミュージックの新しい手法を積極的に取り入れているところだ。アメリカのR&Bシンガーにも、電子音楽の技法を組み入れた作風の人は一定数いるが、彼女の場合は、他のイギリスのR&Bシンガー同様、より電子音楽に歩み寄ったサウンドを取り入れている。この、懐かしい歌声と、現代的なアプローチが彼女の個性を確立するのに一役買っていると思う。

アメリカやカナダとは一線を画した、独自の進化を遂げたイギリスのR&Bの現在を象徴するようなアルバム。電子音楽が好きな人には、ヴォーカルの多彩な表現が、R&Bが好きな人には電子音楽の柔軟な発想が新鮮に感じられる面白い作品だ。

Track Data
1. Lost & Found
2. Teenage Fantasy
3. Where Did I Go?
4. February 3rd
5. On Your Own
6. The One
7. Wandering Romance
8. Blue Lights
9. Lifeboats (Freestyle)
10. Goodbyes
11. Tomorrow
12. Don't Watch Me Cry





LOST & FOUND
JORJA SMITH
COOKI
2018-06-08

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ