melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Khruangbin & Leon Bridges - Texas Sun [2020 Dead Ocean]

タイの音楽とアメリカのサイケデリック・ロックやフォーク音楽を融合したユニークな作風が注目を集め、2015年に初のスタジオ・アルバムをリリースして以来、着実にファンを増やしてきたテキサス出身の3人組、クルアンビン。

タイ語で「空飛ぶエンジン」(=飛行機)という意味の同バンドは、タイの音楽が持つ独特のファンクネスやサイケデリック要素を活かした演奏スタイルと、ベース担当のローラ・リーがヴォーカルを担当する歌もの、インストゥルメンタルの作品の両方をこなせる音楽性の幅が強味。2019年には初の来日公演とフジロックフェスティバルへの出演を成功させるなど、その人気は世界に広がっている。

本作は2018年の『Con Todo El Mundo』や同作のダブ盤『Hasta El Cielo』以来となる新作。今回はゲスト・ヴォーカルとして現代のサム・クックとも称される同郷のグラミー賞シンガー、リオン・ブリッジスを招き、彼らが得意とするファンクと、リオンが取り組んできた往年のスタイルのソウル・ミュージックを組み合わせた作品に挑戦している。

アルバムのオープニングを飾るタイトル曲”Texas Sun”は、淡々とリズムを刻むドラムとベース、一音一音をつま弾くように演奏するギターの上で、しんみりと歌うリオンの姿が心に残るミディアム・ナンバー。ソウル・ミュージックやファンクというよりも、フォーク・ソングのように一つ一つの言葉を丁寧に紡ぎだすヴォーカルの存在感が光る曲だ。ビル・ウィザースや映画「シュガーマン」で取り上げられたロドリゲスのような、フォーク・ソングとソウル・ミュージックの美味しいところを取り込んだ音楽性が面白い。

続く”Midnight”は、フォーク・ソングの要素を取り入れつつ、色々な楽器の音色を取り入れて華やかな雰囲気を演出したスロー・ナンバー。ソウル・ミュージックとフォーク・ソングの融合という意味では”Texas Sun”にも似ているが、こちらはビル・ウィザーズの『Just As I Am』のようなフォーク色の強いものではなく、『Still Bill』のように色々な音を取り入れたソウル、ポップス色の強いものになっている。

これに対し、”C-Side”では太いベースの音色と、派手なパーカッションの音色を組み合わせた演奏が光るアップ・ナンバー。ランD.M.C.の”Peter Piper”を彷彿させる煌びやかな上物と、腰を刺激するグルーヴが格好良い。この伴奏の上で、『What’s Going On』のマーヴィン・ゲイやマックスウェルのようにしっとりと歌うリオン・ブリッジのヴォーカルも気持ちいい。今までありそうでなかったタイプの曲だ。

そして、本作の最後を締める”Conversion”は、リオン・ウェアの『Leon Wear』や『Musical Massage』を連想させる艶めかしい伴奏と、オーティス・レディングの”Try A Little Tenderness”をもっとシックにしたような、切ない雰囲気のヴォーカルが心に響くスロー・ナンバー。リオン・ブリッジの作品ではあまり耳にしない70年代のソウル・ミュージックのような洗練されたサウンドと、クルアンビンの音楽ではあまり耳にしない60年代以前の武骨なヴォーカルの組み合わせが新鮮だ。相手の持ち味を取り込み、自身の魅力を引き出した、コラボレーションの醍醐味を楽しめる楽曲だ。

本作は、白人のサイケデリック・バンドと黒人のソウル・シンガーのコラボレーションでありながら、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやジミ・ヘンドリックス、ファンカデリックのような、黒人のサイケデリック・ミュージックとは一線を画したものになっている。それは、彼らが東南アジアのファンクやサイケデリック・ロックという、外国人のフィルターを噛ませた音楽から影響を受けていることや、リオン・ブリッジが60年代以前の泥臭いソウル・ミュージックを土台にしていることが大きいと思う。もっと言えば、他の人とは異なるユニークなスタイルを武器にしている両者が組んだからこそ、単なるサイケデリック音楽+ソウル・ミュージックの組み合わせとは一味違う、バラエティ豊かな音楽が生まれたのだろう。

単なる懐古趣味とは対極の、故い音楽を温ねて新しい音楽を想像した魅力的なソウル作品。4曲と言わず、もっと多くの作品を録音してほしい、そう思わせる説得力と魅力にあふれた傑作だ。

Track List
1. Texas Sun
2. Midnight
3. C-Side
4. Conversion



Texas Sun
KHRUANGBIN & LEON BRIDGES
DEAD OCEANS
2020-02-07

iKon - I Decide EP [2020 YG Entertainmen,avex]

アルバム『MADE』が全世界で500万枚を売上げ、2000年代、10年代を代表するボーイズ・バンドとして君臨し続けたビッグバンを筆頭に、「ガール・クラッシュ」という言葉が生まれる前から、「同世代の女性が憧れるガールズ・グループ」というスタイルで唯一無二の地位を築き上げた2NE1、彼女たちの路線を踏襲し、世界的な成功を納めたブラックピンクなど、多くの名グループを送り出してきた韓国の名門YGエンターテイメント

2016年に同社が送り出した男性グループ、iKONは、ソングライティングとラップを担当するB.I.、Bobbyを中心に、個性豊かな面々からなる7人組。中でも、ラップ担当の二人は、クラブ・シーンからのし上がってきた腕自慢のMCが多数参加している人気オーディション番組「Show Me The Money」で奮闘。デビュー前のアイドルの卵が、百戦錬磨のラッパー達を押しのけて優勝するという快挙を成し遂げた。

また、グループはデビュー後に韓国、日本、中国の三ヶ国で新人賞を獲得。2018年にリリースした”Love Senario”は、「観客と一緒に歌うヒップホップ」という、斬新なコンセプトと親しみやすいメロディが高く評価され大ヒット。全米アルバム・チャートを制覇したBTSや、アジアを中心に絶大な人気を誇るトゥワイスの作品を押しのけ、同年の韓国で最も売れたシングル曲になった。

しかし、2019年には自身のトラブルが原因で、リーダーのB.I.が脱退。その後は、グループの活動が停滞する中で、88ライジングが主催するイベントに出演するなど、試行錯誤の日々が続いた。

本作は、彼らにとって約1年ぶりとなる新作。本来は2019年中にリリースされる予定だったが、B.I.の脱退に伴って一度お蔵入りになったものだ。今回リリースされたものでは、彼が歌ったパートを別のメンバーの歌で録り直し、新曲を追加したものになっている。

アルバムのオープニングを飾る”Ah Yeah”はマーチング・バンドのリズムを取り入れたミディアム・ナンバー。規則正しいマーチのリズムの上で、あえてリズムを崩したように歌うスタイルがヒップホップっぽい。“Love Senario”で見せたヒップホップと異ジャンルの融合を押し進めつつ、よりラップを強調した作風の楽曲だ。

続く“Dive”はアコースティック・ギターとハーモニカの音色をアクセントに使ったアップ・ナンバー。前奏はカントリー音楽のそれそのものだが、ヴォーカル・パートは80年代の韓国の歌謡曲の要素をふんだんに盛り込んでいる。カントリー音楽の音やラップを効果的に使うことで、韓国人にとって耳なじみのあるメロディを新鮮な音楽のように聴かせるテクニックが心憎い。“Love Senario”の続編にも聴こえるこの曲は、日本人にも懐かしく感じられる心地よさが印象的だ。

これに対し“All the world”はアナログ・シンセサイザーの透き通った音色を効果的に使った、ダンス・ナンバー。ピコピコという電子音を挟み込みんだトラックは、アフリカ・バンバータのような80年代のヒップホップや、スレイヴのような70年代のディスコ・ブギーに近いものだ。日本でも人気があるタキシードディム・ファンクのサウンドを、韓国向けにアレンジした手腕が魅力だ。

そして、今回の再始動に合わせて書き下ろされた”Flower”は、ヴォーカルのドンヒョクが制作、プロデュースした曲。ギターの伴奏から始まるこの曲は、切ない雰囲気のメロディから爽やかなサビへと続く展開が聴きどころ。ビッグバンの人気曲”声を聞かせて”の路線を踏襲した佳曲だ。

今回のアルバムは、大成功を収めた前作『Return』で見せた、ヒップホップと他のジャンルの音楽の融合を進めつつ、6人組としての新たなスタイルを模索したものだ。特に、「歌うようにラップする」スタイルが魅力だったB.I.の穴を埋める5人のヴォーカルと、グループ唯一のラッパーとして重責を担うことになったBobbyの役割分担を工夫した跡が見受けられる。また、B.I.が残してきた楽曲を採用しつつ、グループの楽曲の大部分を手掛けてきた彼抜きで作った新曲を追加するなど、6人組として新たな一歩を踏み出そうとする意欲もうかがえる。

グループに対する逆風に真正面から立ち向かい、変わらない魅力と新たな一面を披露してくれた逸品。ヒップホップがポップスを組み合わせた作風を進化させた6人の姿が堪能できる良作だと思う。

Producer
B.I., Millenium, Diggy, HRDR etc

Track List
1. Ah Yeah
2. Dive
3. All The World
4. Holding On
5. Flower





K. Michelle ‎– All Monsters Are Human [2020 eOne]

2009年に、R.ケリーがプロデュース、ミッシー・エリオットのラップをフィーチャーしたシングル”Fakin’ It”で華々しいデビューを飾ったK.ミシェルことキンバリー・ミシェル。

エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンを育てた音楽の都、テネシー州メンフィスで生まれ育った彼女は、早いころからブリトニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイクを鍛えてきた指導者のもとで、歌や楽器の腕を磨いてきた。

デビュー後も、R.ケリーやアッシャーグッチ・メインといったトップ・アーティストの作品に参加してきた彼女は、2013年に初のスタジオ・アルバム『Rebellious Soul』をアトランティックから発表。すると、当時としては珍しい、本格的な女性ヴォーカル作品ということもあり、熱心な音楽ファンの耳目を集めた。

その後も、2020年までの7年間に、3枚のスタジオアルバムと6枚のミックステープ、無数のシングルをリリース。その一方でヘッドライナーやオープニング・アクトとして6本のツアーをこなし、近年はリアリティーショウにも出演するなど、八面六臂の活躍を見せてきた。

2017年の『Kimberly: The People I Used to Know』以来となる本作は、長年ビジネスをともにしてきたアトランティックを離れ、SWV112の作品を配給しているeOneからのリリース。といっても、プロデューサーやソングライターの顔ぶれは過去の作品に関わってきた面々。自身がソングライティングなどに携わっている体制も変わっていない。そういうこともあり、過去の作品の路線を踏襲しつつ、大手のレーベルでは難しい、自身の個性を強く打ち出した作品になっている。

アルバムからの先行シングルである”Supahood”は、デトロイト出身の女性ラッパー、キャッシュ・ドールとマイアミ出身の女性ラップ・デュオ、シティ・ガールズをフィーチャーしたヒップホップ作品。シンセサイザーの音色を使い、少ない音数で独特の存在感を放つトラップのビートをバックに、ラップのような抑揚の歌唱を披露している。歌とラップを使い分ける歌手でも、ラップの時は声が細くなることが多いが、歌の時と変わらない太く力強い声を聴かせる技術は圧巻としか言いようがない。

もう一つの先行シングルである”The Rain”はボビー・VからT.I.まで、多くのアーティストと仕事をしてきたベテラン・プロデューサー、ジャジー・ファーの作品。”Supahood”と同じように、トラップのビートを使った曲だが、こちらはじっくりと歌を聴かせるタイプのバラード。電子音主体の音数が少ないビートの上でじっくりと歌う姿は、性別こそ違うがジャジー・ファーと同じアトランタ出身のプロデューサー、ジャーメイン・デュプリが手掛けたジャギド・エッジの音楽にも似ている。

それ以外の曲では”That Game”と”Love On Me”の2曲が魅力的だ。前者がグッチ・メインやヤング・バックなどを手掛けている辣腕クリエイター、ドラマ・ボーイのプロデュース曲。太いシンセサイザーの音色を使った跳ねるようなビートの上で、少し甘いヴォーカルを聴かせる彼女の姿が聴きどころ。若者向けの音色を使ったアレンジの上で、力強い歌声を丁寧に操る彼女の姿が心に残る。

一方、後者は近年、ジェレミーやブライソン・テイラーなどの作品も手掛けているヒップホップ畑のプロデューサー、リー・メジャーの作品。ハウスミュージックやディスコ音楽のような、四つ打ちのトラックが心地よいアップテンポの曲だ。ドラムやベースの音を太くしたり、テンポを少しゆったりしたものにすることで、彼女のパワフルな歌声と豊かな表現力を活かしている。表現者と制作者の絶妙なチームプレイが堪能できる良曲だ。

本作の良さは、パワフルな声を自在に操る彼女の持ち味と、現代のR&Bのサウンドを融合したところだろう。現代では少なくなった声量と表現力が魅力のヴォーカリストを、音数の少ないトラックと一体化しつつ、80年代に流行したブラック・コンテンポラリーや90年代にヒットしたチキチキビートとは異なる音楽に聴かせる。この演出がアルバムを新鮮なものにしている。

現代では数少なくなった「歌を聴かせる」本格的なヴォーカル作品でありながら、最新のサウンドを積極的に取り入れてた稀有なアルバム。常に進化を続けるR&Bの良さを再認識できる佳作だ。


Producer
Ayo The Producer, Shappell Edwards, Drumma Boy, Jazze Pha, Lil Ronnie etc

Track List
1. Just Like Jay
2. That Game
3. The Rain
4. All The Lovers
5. Something New
6. Ciara's Prayer
7. OMG
8. Supahood
9. Love On Me
10. Don't Like You
11. Table For One
12. Can't Let (You Get Away)
13. The Worst




All Monsters Are Human
K. Michelle
Ent. One Music
2020-01-31

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ