melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

TLC – 『Joyride』 『Haters』 [2016 Warner]

92年、ニュージャック・スウィングのビートの上で、T-ボズとチリの個性的なヴォーカルとレフト・アイやんちゃなラップが飛び出す”Ain't 2 Proud 2 Beg”でデビューするや否や、若者の心を一気に掴み、続くセカンド・アルバムでは、オーガナイズド・ノイズが生み出す温かい音色のビートと、ドロドロとしたヴォーカルに乗せ、歌詞に強烈な人生訓を込めた”Waterfalls”で大ヒットを記録。三作目に収録された”No Scrubs”では新進気鋭のプロデューサー、ケヴィン”シェイクスピア”ブリッグスを起用し、変則ビートとキャッチーなメロディを融合させた楽曲を、あえて感情を押し殺して平坦に歌い上げることで、黒人音楽業界を席巻していた変則ビートの可能性を切り開いた三人組ガールズ・グループ、TLC。2003年にラッパーのレフトアイを失ってから、活動が停滞していた彼女らが2014年以来となる新曲を発表した。

2016年10月に突然、音楽配信サイト限定で発表された2曲のシングル『Joyride』と『Hater』には、正直なところ戸惑った。プロデューサー等のクレジットは一切なく、発売元も日本限定のベスト・アルバムを出したことが1回あっただけのワーナー・ミュージックということで、レーベルを移籍しての再出発か、それとも単発的な契約か、もしかしたら、ただの未発表曲なのか、情報が少ないがゆえに色々と勘ぐってしまった。

しかし、実際にこれらの曲を耳にすると、そんなことはどうでもいいと思えてしまう。”Joyride”はエフェクターの使い方こそ珍しいが、ギターやハンド・クラップなどのフレーズをループさせて、ホーン・セクションをアクセントに使った、90年代中期のショーン・コムズやトラック・マスターズを連想させるキャッチーなトラックが印象的なミディアム・ナンバー。T-ボズの粘っこいアルトと、チリのハスキーなコーラスが、レイド・バックした雰囲気のメロディの上で絡み合うスタイルは、トラックに使われている音色こそ違うが『CrazySexyCool』に収録されていても不思議ではない。また、もう一つの新曲”Hater”は電子音をアクセントに使った変則ビートの上に、明るいメロディとラップが乗ったミディアム・バラード。ダラス・オースティンやジャーメイン・デュプリの影響を感じるサウンドは、『FanMail』の没曲と言われたら信じてしまいそうな、チキチキビートを効果的に使ったバラードだ。

今回の2曲は、90年代に彼女らの曲に親しんだ人々にとっては懐かしく思える、良くも悪くも全盛期のTLCの影を引きずった曲だと思う。今後も過去の実績を引きずって生きるのか、それとも、今回の作品からさらに進化した新しいTLCを見せるのか、現時点ではわからないが、期待して待ちたいと思う。

Producer
Non Credit








Mary J. Blige – Thick Of It [2016 Capitol]

おそらく、90年代以降の音楽業界では、作品のクオリティとセールスの両面で最も安定した成果を残し続けている女性シンガーの一人、メアリー・J.ブライジの、2014年以来となるオリジナル・アルバムからの先行シングル。

彼女といえば、1991年のデビュー以降、ショーン・コムズにはじまり、ローリン・ヒルにDr.ドレ、ザ・ドリームにサム・スミスと、作品ごとにその時代をリードするクリエイターと組んできた。だが、その一方で、流行のサウンドからは一歩距離を引いた、保守的なメロディとアレンジの作品が中心で、音楽業界の台風の目でありながら、ゲームのルールを変えるような影響力を発揮することはなかった。

今回の新曲は、ジョン・レジェンドの『Love In The Future』やニーヨの『Non-Fiction』などを手掛けてきた、ダリル”DJ”キャンパーをプロデューサーに迎え、ジャズミン・サリヴァンが楽曲制作に参加したミディアム・バラード。ジャズミンが生み出すメロディは、ラップと歌の中間のようなもので、粗削に聴こえる分、聴き手には親しみやすい。だが、高声から低声までフルに使って、話し声の起伏や強弱を『歌』に変えなければいけないこの手の曲は、歌い手の視点に立つと大変厄介なものだと思う。

だが、こんな新しいタイプの曲でも、メアリーの歌声は怯むことなく、自分の色に染め上げている。彼女の特徴ともいえる、太く強靭なファルセットや強烈だが丸みを帯びた地声を器用に使い、ラップや話し声が持つ抑揚や起伏に対応しつつ、きちんとメロディを聴かせることに成功している。しかも、ラップの起伏を歌に取り入れることで、表現の幅をこれまで以上に広くしているようにも見える。

デビュー当初の弾けるようなヴォーカルから、恵まれた歌声を器用に使いこなす大人のシンガーへ、着実に進化し続ける姿を楽しめる。さて、新作はどんな内容になるのだろうか。今から楽しみだ。

Producer
Darhyl "DJ" Camper Jr.


Angie Stone – Coverd In Soul [2016 Goldenlane]

シュガーヒル・レコードからデビューしたヒップホップ・ユニット、シーケンスの時代も含めると、30年以上のキャリアを誇るシンガー・ソングライター、アンジー・ストーン。彼女にとって、2015年の『Dream』以来となる新作は、彼女に影響を与えた楽曲を取り上げたカヴァー・アルバム。

このアルバムでは、ファイヴ・ステアステップスの”O-O-H Child”やスティーヴィー・ワンダーの”I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever)”のような、ソウル・シンガーの楽曲の他、フィル・コリンズの”In the Air Tonight”やキャロル・キングの”It's Too Late”といった、シンガー・ソングライターやロック・ミュージシャンの作品。そして、 “Wish I Didn't Miss You”や “Brotha”などの彼女のヒット曲を収録。新旧様々な楽曲を新しい解釈で演奏している。

アルバムに先駆けて発表された、カナダのロック・バンド、ゲス・フーの69年のヒット曲”These Eyes”のカヴァーでは、ゆったりとしたメロディと伴奏が光る楽曲を、シンセサイザーのリフと原曲よりテンポを速めた演奏で、ギャップ・バンドの”Outstanding”を彷彿させる、レイド・バックした雰囲気のR&Bナンバーに作り変え、虚空に響く物悲しい歌声が印象的だったフィル・コリンズの”In the Air Tonight”は、ドラムとパーカッションを強調したシンプルな伴奏と、パワフルなヴォーカルを惜しげもなく聴かせることで、本格的なソウル・バラードに生まれ変わらせている。また、イギリスのファンク・バンド、ホット・チョコレートの代表曲”Every 1's a Winner”のカヴァーでは、エリック・ゲイルズをゲストに招き、同曲のトレード・マークともいえる派手なギター・リフを盛り込みつつ、シンセ・ベースを使った太いグルーヴを強調して、ディム・ファンクなどのヒットで再び盛り上がっているディスコ・ブギー風の楽曲にリメイクしたり、彼女の2001年のヒット曲”Wish I Didn't Miss You”のリメイクでは、艶っぽいギターと、軽妙なパーカッションを強調したロマンティックなアレンジで、オージェイズの”Backstabbers”を彷彿させる、上品でセクシーなダンス・ナンバーに改編するなど、原曲の持ち味を残しつつ、現代のソウル・ミュージックの流行に合わせたアレンジを施している。

もっとも、このアルバムの一番の醍醐味は、アンジーの豊かな低声の低声と個性的な高声だろう。スティーヴィー・ワンダーやボブ・マーレイなど、ポップなメロディの楽曲を中心に取り上げているにも関わらず、どの曲も重厚でパワフルなヴォーカルが印象的なソウル・ミュージックに聴こえる。というのも、彼女の歌は、現代では少数派となってしまった力強い低音と、かすれ声のような高音部が場面に応じて効果的に使い分けられ、刹那的でありながら安定感のある、独特のヴォーカルになっている。また、かすれ声のようでありながら、どこか優し気な歌い方は、リスナーにとって、親近感と安心感を与えている。

既にイメージが固まっているヒット曲という素材を、アレンジの妙味と、豊かな歌唱力で自分の色に染め上げた面白いカヴァー集。彼女の演奏を聴くと、誰もが持っている「声」と「歌」がどれだけ奥深いものか、改めて考えさせられる。

Producer
Jürgen Engler, Peter Amato

Track List
1. These Eyes
2. Smiling Faces Sometimes
3. In the Air Tonight
4. I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever)
5. O-O-H Child
6. Every 1's a Winner
7. Red, Red Wine
8. Is This Love
9. It's Too Late
10. Wish I Didn't Miss You (Exclusive Soul Sessions)
11. Baby (Exclusive Soul Sessions)
12. Brotha (Exclusive Soul Sessions)






Covered in Soul
Angie Stone
Goldenlane
2016-08-05


 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ