melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Mavis Staples ‎– Livin' On A High Note [2016 Anti]

60年代以降のソウル・ミュージック界を支えてきたベテランが次々と鬼籍に入る中、アレサ・フランクリンやシル・ジョンソンと並んで一線で活躍し続けるシンガーの一人に、メイヴィス・ステイプルズがいる。家族と結成したゴスペル・グループ、ステイプル・シンガーズの一員として、ヴィージェイやスタックスといった名門レーベルから多くの傑作を発表し、70年代には”I’ll Take You There”や”Let’s Do It Again”などを残してきた、シカゴが送り出した名シンガーの一人だ。

ステイプル・シンガーズ解散後は、ソロ活動を本格的に始動。ボブ・ディランとのデュエット曲や、ライ・クーダがプロデュースしたアルバムを発表するなど、ジャンルの枠を超えた活躍を見せてきた。

2013年の『One True Vine』以来となるこのアルバムでは、オルタナティブ・ロック・バンド、シー&ヒムのメンバー、M.ワードがプロデュースを担当。彼の他にも、ベン・ハーパーやボン・イヴェールのジャズティン・ヴァーノン、ニック・ケイヴといったオルタナティブ・ロックのミュージシャンや、アロー・ブラックなどの若いソウル・ミュージシャンが集まり、当時の音楽を踏まえつつ、現代の音楽のエッセンスを注ぎ込んだ、2016年仕様のソウル・ミュ-ジックを作ってくれた。

ベンジャミン・ブッカーのペンによる”Take Us Back”では、60年代にタイムスリップしたのではないかと思うほど、泥臭くて粘っこいサウンドを提供。それをバックに、彼女は地声を中心にした重厚で貫禄のある歌声を響かせている。また、アロー・ブラック作の”Tommorow”では、オーティス・レディングの”(Sittin’ On) Doc Of The Bay”を彷彿させる、一音一音つま弾くように鳴らされるギターをアクセントに、目の前の人に語り掛けるように歌うミディアム・ナンバー。また、70年代に数枚のシングル盤を残した通好みのソウル・シンガー、ダニー・ジェラルドが参加した”Dedicated”では、シンプルな編成のバンドによるゆったりとした演奏をバックに、耳元で囁くような優しい歌い方で、リスナーの心を夢の世界に運んでくれる。

デビューから50年以上の時を経て、御年70を超えたメイヴィスの歌は、緩やかとはいえ加齢の影響が隠せなくなっている。だが、力任せに歌うことが難しくなった分、膨大な数のレコーディングやステージで培った力加減の妙や表現の幅が、彼女の表現に幅をもたらすと同時に、親子ほどの年の差があるミュージシャンとのコラボレーションからも、往年のソウル・ミュージックのエッセンスを見つけ出し、自分の作品に取り込んでしまう柔軟さをもたらしたように見える。

60年代、70年代のソウル・ミュージック・シーンを体験しているミュージシャンが少なくなっているが、当時の音楽のDNAは、後の世代に着実に伝えられている。そして、なんらかのきっかけがあれば、往年のソウル・ミュージックは形を変えて蘇ってくれる。そんな希望を感じた。

Producer
M.Ward

Track List
1. Take Us Back
2. Love And Trust
3. If It’s A Light
4. Action
5. High Note
6. Don’t Cry
7. Tomorrow
8. Dedicated
9. History Now
10. One Love
11. Jesus Lay Down Beside Me
12. MLK Song




Livin' On A High Note
Mavis Staples
Anti
2016-02-19

Alicia Keys – Here [2016 RCA]

R&Bシンガーらしからぬ華奢な身体から放たれる力強い歌声と、クラシック音楽の教育を受けたという本格的なピアノの演奏を組み合わせたスタイルで、2001年のデビュー以降、発表したアルバムのほとんどがナンバー・ワン・ヒットを獲得してきたニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、アリシア・キーズ。彼女にとって、2012年の『As I Am』以来となるオリジナル・アルバムが本作だ。

今回のアルバムでは、彼女にとって公私両面のパートナーであるスウィズ・ビーツが大半の曲をプロデュース。DMXやイブを輩出したラフライダーズの一員としてデビューして以来、作風の幅を広げつつ、ビヨンセやジェニファー・ハドソンなどのR&Bシンガーも手掛けるようになった実績豊富なヒット・メイカーが、知的なたたずまいとパワフルな歌声を兼ね備えた彼女にマッチした、シンプルだが味わいのあるプロダクションを提供している。

アルバムのオープニングを飾る”The Gospel”は、ウータン・クランの”Shaolin Brew”のトラックを使った、泥臭いサウンドが格好良いミディアム・ナンバー。不気味で陰鬱、でもどこか温かいRZAのトラックの上で荒々しいヴォーカルを聴かせる姿は、音楽性は大きく異なるがメイヴィス・ステイプルズやオーティス・レディングなどのサザン・ソウル・シンガーにも通じる躍動感がある。この路線は、スウィズ・ビーツがプロデュースした”Pawn It All”でも見られ、跳ねるようなドラムの音の上で、耳元に絡みつくようなドロドロとした歌を聴かせている。

一方、ナズの代表曲の一つ”One Love”のトラックを引用し、ロイ・エアーズが演奏に参加した”She Don't Really Care_1 Luv”では、Q-Tip作のふわふわとしたビートと一体化するような、肩の力を抜いた軽妙な歌唱を披露している。肩の力を抜いても、音程や起伏を正確に歌い切る技術は本作の聴きどころだ。また、エミリー・サンデーがソングライティングに参加した”Kill Your Mama”では、ギター一本というシンプルな伴奏をバックに、ポップス寄りのメロディを朗々と歌い上げ、エディ・ブリッケル&ニュー・ボヘミアンズとA$AP Rockyが参加した”Blended Family (What You Do For Love)”では、緻密だがどこか粗削りなバンド・サウンドをバックに、語り掛けるようなヴォーカルを聴かせている。また、彼のアルバムでデュエットも披露しているファレル・ウィリアムズが手掛けた”Work On It”では三拍子のリズムを乗りこなすという荒業も見せている。

だが、それ以上に見逃せないのは、彼女の楽曲を彩るピアノの演奏だろう。モーツァルトなどのクラシック音楽に若いころから触れてきた彼女にしかできない、88個の鍵盤全部を使ったダイナミックな演奏は、もはやもう一人のヴォーカルのような存在で、彼女の音楽に豊かな表情をもたらしている。

個性豊かな楽曲に、きちんと適応する高い技術と豊かな表現力、そして、それを支えるスタッフが揃ったことで生まれた、噛めば噛むほど味が出るスルメのようなアルバム。「自分のスタイル」を確立することのお手本のような作品だ。

Producer
Alicia Keys, Swezz Beats

Track List
1. The Beginning (Interlude)
2. The Gospel
3. Pawn It All
4. Elaine Brown (Interlude)
5. Kill Your Mama
6. She Don't Really Care_1 Luv
7. Elevate (Interlude)
8. Illusion Of Bliss
9. Blended Family (What You Do For Love)
10. Work On It
11. Cocoa Butter (Cross & Pic Interlude)
12. Girl Can't Be Herself
13. You Glow (Interlude)
14. More Than We Know
15. Where Do We Begin Now
16. Holy War
17. Hallelujah
18. In Common





Here
Alicia Keys
RCA
2016-11-11

TLC – 『Joyride』 『Haters』 [2016 Warner]

92年、ニュージャック・スウィングのビートの上で、T-ボズとチリの個性的なヴォーカルとレフト・アイやんちゃなラップが飛び出す”Ain't 2 Proud 2 Beg”でデビューするや否や、若者の心を一気に掴み、続くセカンド・アルバムでは、オーガナイズド・ノイズが生み出す温かい音色のビートと、ドロドロとしたヴォーカルに乗せ、歌詞に強烈な人生訓を込めた”Waterfalls”で大ヒットを記録。三作目に収録された”No Scrubs”では新進気鋭のプロデューサー、ケヴィン”シェイクスピア”ブリッグスを起用し、変則ビートとキャッチーなメロディを融合させた楽曲を、あえて感情を押し殺して平坦に歌い上げることで、黒人音楽業界を席巻していた変則ビートの可能性を切り開いた三人組ガールズ・グループ、TLC。2003年にラッパーのレフトアイを失ってから、活動が停滞していた彼女らが2014年以来となる新曲を発表した。

2016年10月に突然、音楽配信サイト限定で発表された2曲のシングル『Joyride』と『Hater』には、正直なところ戸惑った。プロデューサー等のクレジットは一切なく、発売元も日本限定のベスト・アルバムを出したことが1回あっただけのワーナー・ミュージックということで、レーベルを移籍しての再出発か、それとも単発的な契約か、もしかしたら、ただの未発表曲なのか、情報が少ないがゆえに色々と勘ぐってしまった。

しかし、実際にこれらの曲を耳にすると、そんなことはどうでもいいと思えてしまう。”Joyride”はエフェクターの使い方こそ珍しいが、ギターやハンド・クラップなどのフレーズをループさせて、ホーン・セクションをアクセントに使った、90年代中期のショーン・コムズやトラック・マスターズを連想させるキャッチーなトラックが印象的なミディアム・ナンバー。T-ボズの粘っこいアルトと、チリのハスキーなコーラスが、レイド・バックした雰囲気のメロディの上で絡み合うスタイルは、トラックに使われている音色こそ違うが『CrazySexyCool』に収録されていても不思議ではない。また、もう一つの新曲”Hater”は電子音をアクセントに使った変則ビートの上に、明るいメロディとラップが乗ったミディアム・バラード。ダラス・オースティンやジャーメイン・デュプリの影響を感じるサウンドは、『FanMail』の没曲と言われたら信じてしまいそうな、チキチキビートを効果的に使ったバラードだ。

今回の2曲は、90年代に彼女らの曲に親しんだ人々にとっては懐かしく思える、良くも悪くも全盛期のTLCの影を引きずった曲だと思う。今後も過去の実績を引きずって生きるのか、それとも、今回の作品からさらに進化した新しいTLCを見せるのか、現時点ではわからないが、期待して待ちたいと思う。

Producer
Non Credit








記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ