melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Sebastian Kole – Soup [2016_Motown]

ジェニファー・ロペス feat. フロー・ライダーの”Goin' In”やアレシア・カラの”Here”などを手掛けてきた、アラバマ州バーミンガム出身のソング・ライター、セバスチャン・コールにとって初となるソロ・アルバム。

彼は、子供のころからゴスペルに親しみ、アラバマ大学では音楽技術を専攻してきたという、ソウル・シンガーの保守本流みたいな経歴を歩みながら、プロデビュー後はジェニファー・ロペスやマルーン・ファイブといった、幅広い層から親しまれているミュージシャンとも仕事をしてきたという異色の経歴の持ち主。この幅広い経験は、自身の作品でも存分に発揮されていて、2016年にモータウンからリリースされた本作では、50~60年代のソウル・ミュージックをベースにしつつ、R&Bなどの新しいブラック・ミュージックや、シンディー・ローパーやカーペンターズといった白人のポピュラー・ミュージックからエッセンスを取り入れた、ポップでありながら本格的なソウル・ミュージックを聴かせてくれる。

オープニングを飾る”Home”は、往年のドゥー・ワップ・グループを思い出させる重厚なアカペラのコーラスの上で、スモーキー・ロビンソンを彷彿させるしっとりとしたメロディが光るミディアム・ナンバー。洗練されたメロディにゴスペル仕込みのダイナミックなヴォーカル乗るスタイルは、初期のジョン・レジェンドにも似ているが、アレンジがシンプルな分、彼の方が歌の力強さが際立っているように思う。また、続く”Love Doctor”はロックっぽい荒々しいギターとシンセサイザーが光るアップ・ナンバー。R&Bというよりも、ブラッドオレンジやツイン・デンジャーなどのオルタナティブ・ロックに近いトラックだが、豊かな声量と表現力で本格的なソウルに纏め上げているところに、彼の実力の高さが伺える。

この他にも、R&Bのトラックの上にフォークソングを思い起こさせるギター・リフを織り込んだ”Carry On”や、アリシア・キーズを彷彿させるピアノの弾き語りと、ゴスペルで鍛え上げた強烈なヴォーカルを活かしたミディアム・バラード”Pour Me”など。色々なスタイルの音楽を取り入れた楽曲を揃えることで、表現の幅を広げつつ、幅広い層にアピールできる作品になっている点も心憎い。

ソウル・ミュージックをベースにしつつ、メロディ・ラインやトラックに新旧様々なジャンルのスタイルを取り入れたことで、音楽性の幅とファンの裾野を広げた面白い作品。ソングライターとしての能力も素晴らしいが、それ以上に魅力的な歌声と表現力を持つ、これからの成長が楽しみなアーティストだ。

Track List
1. Home
2. Love Doctor
3. Forgive Me For Trying
4. Carry On
5. Priceless
6. Choose You Again
7. Purple Heart Blvd
8. Pour Me
9. Love’s On The Way
10. Giants
11. Stay
12. Naked (Feat. Alessia Cara)



Soup
Sebastian Kole
Motown
2016-10-07

John Legend - Darkness and Light [2016_Columbia]

2004年のデビュー以来、アッシャーやファレル・ウィリアムズと並んで、R&B業界のトレンドを生み出し続けてきたシンガー・ソングライター、ジョン・レジェンドの2014年以来となる5枚目のオリジナル・アルバム。

前作『Love In The Future』は、シンセサイザーの音色を多用したサウンドや、ボビー・コールドウェルの”Open Your Eyes”のカヴァーに代表される洗練されたメロディの楽曲など、それ以前のアルバムとは大きく異なる作風で注目を集めた彼。本作では、過去のアルバムの路線を踏襲しつつ、2016年のトレンドにも適応した、新しいジョン・レジェンドを披露している。

まず、このアルバムで最初に聴いてほしいのは、チャンス・ザ・ラッパーが参加した先行リリース曲”Penthouse Floor”だ。ストリーミング配信が中心のミュージシャンとしては、初めてグラミー賞候補になった、2010年代の音楽シーンを象徴するラッパーが参加したこの曲。シンセ・ベースやシンセ・ドラムを使ったビートの上に、シンセサイザーやギターのフレーズがふわふわと漂う、宅録ではないかと思うくらいシンプルなサウンドが特徴的だ。このトラックの上で、ゴスペルから強い影響を受けたパワフルなヴォーカルが響く演奏は、エレクトロ・ミュージックと、楽器の演奏や生の歌声を重視したヴィンテージ・ミュージックが同時に流行している、2016年という時代を象徴した楽曲だと思う。また、この曲に先駆けてリリースされた”Love Me Now”も、前作に近い路線の打ち込み中心のトラック。だが、こちらは2006年の『Once Again』の収録曲を彷彿させるバート・バカラックなどの、60年代に流行した白人音楽家のスタイルを取り入れたポップなメロディを伸び伸びと歌っている。サム・スミスやアデルといった、黒人音楽の影響を受けた白人シンガーの活躍する時代。彼が白人のポピュラー・ミュージックを取り入れるのも自然な流れだと思う。

しかし、本作は一番の注目曲は、アラバマ・シェイクスのヴォーカル、ブリタニー・ハワードが参加したタイトル曲”Darkness and Light”だ。スワンプ・ロックを彷彿させる、重くゆったりとしたドラムに、エフェクトを抑え気味にしたギターを加えた伴奏の上で、ゴスペル仕込みのパワフルな歌声を惜しみなく披露したこの曲は、デビュー当時の彼を思い起こさせる、泥臭いパフォーマンスが印象的だ。だが、この曲の面白いところは、泥臭いサウンドに、透き通ったシンセサイザーのリフを絡ませたことだろう。70年代のサザン・ソウルっぽいドロドロとした演奏に、音楽制作では欠かせないものになったデジタル楽器の音色を加えることで、懐かしいけど新しいR&B作品に纏め上げたことは、特筆すべきだと思う。

ダフト・パンクやマーク・ロンソンが70年代、80年代のサウンドを現代に作り変えたサウンドで成功を収め、ロバート・グラスパーがヒップホップの手法を取り入れてジャズの世界をリードするようになった2016年。時代や地域の枠を超えて、色々なジャンルの音楽が混ざり合い、新しいサウンドを生み出す時代を象徴するようなアルバム。モータウンやスタックスが広め、各地のミュージシャンに引き継がれてきたソウル・ミュージックを、2016年の音楽シーンに適合する形でリメイクした魅力的な作品だろう。

Producer
Blake Mills, John Ryan, Greg Kurstin, Miguel, BloodPop. Ludwig Göransson, The Belle Brigade, Eg White

Track List
1. I Know Better
2. Penthouse Floor (feat. Chance the Rapper)
3. Darkness and Light (feat. Brittany Howard)
4. Overload (feat. Miguel)
5. Love Me Now
6. What You Do to Me
7. Surefire 08. Right By You (for Luna)
9. Temporarily Painless
10. How Can I Blame You
11. Same Old Story
12. Marching Into the Dark





Darkness & Light
John Legend
Sony
2016-12-02


October London - Color Blind: Love [2016_October London/Cadillacc Music]

自分自身はレコードやCDといったフィジカル・メディアに思い入れがある人間なので、配信やストリーミング限定の作品はあまり取り上げたくないと思っているけど、このアルバムは別格だと思うので取り上げます!!

オクトーバー・ロンドンはインディアナ州出身のシンガー・ソングライター。スヌープ・ドッグに見初められ、彼の2016年作『Coolaid』のトリを飾る”Revolution”に起用されたことで一躍有名になりました。

この作品は、彼にとって初のフル・アルバム。スヌープの楽曲では、ギャングスタ・ラップのトラックにあわせた、重く、殺伐としたヴォーカルでしたが、自身のアルバムではスタイルを一新。往年の名シンガー達を彷彿させる豊かな声量と幅広い表現を見せつけています。

タイトル曲の”Color Blind”は50年代のドゥー・ワップ・グループを想起させるハーモニーの上で、マーヴィン・ゲイのように語り掛ける歌声が魅力のスロー・ナンバー。詳細なクレジットがないので、伴奏者は誰なのか、コーラスは多重録音なのか、といったことはわかりませんが、60年代のソウル・ミュージックでみられるバック・コーラスとリード・ヴォーカルの絡み合いが忠実に再現された心地よい一曲です。この他にも、デルフォニックスやマンハッタンズを彷彿させる甘いコーラスと伸びやかなファルセットが気持ちいいスロー・バラード”My Sweet Love”や、原曲を意識してシンセサイザーやパーカッションの音を際立たせた伴奏をバックに、スモーキーのウリである甘い歌声と美しいファルセットまで取り込んだスモーキー・ロビンソンの79年作のカヴァー”QuietStorm”など、ドゥー・ワップからスウィート・ソウルまで、50年代から70年代までのソウル・ミュージックを幅広く取り入れた、どこか懐かしい演奏を披露しています。

しかし、本作のハイライトは、アルバムに先駆けて発表された、ダークな雰囲気のバラード”Black Man In America”です。一聴でコンピューターの音とわかるような重々しく、刺々しいビートの上で、地声を絞り出すように歌うスタイルは、荒々しいサウンドをバックに、マイクに嚙みつくような激しい歌で一世を風靡した、オーティス・レディングらサザン・ソウルの流れを汲む面々から、影響をを受けたように映ります。甘いファルセットが魅力のオクトーバー・ロンドンですが、地声によるワイルドな歌唱も堂に入ったもので、この曲ではきちんと自分のスタイルに取り込み、デジタル機器が普及した世代ならではのサザン・ソウルに仕立て直してます。

確かに経験や機材の不足故か、曲によって声が固くなったり、伴奏の音数が少なくなったりしたのは気になりました。ですが、楽曲によって自在に声を変える表現の幅、ドゥー・ワップからサザン・ソウルまで引用する知識の深さ、そして彼自身の歌の魅力、全てが揃った今後の成長が楽しみな逸材です。早くレコードかCDが出てくれないかなー。

Track List
1. Color Blind
2. My Sweet Love
3. Quiet Storm
4. Bring Me Up(feat. Faith Evans)
5. Shoulder to Lean On
6. Slow Dance
7. Love in the Summer
8. Black Man in America




Color Blind: Love [Explicit]
October London / Cadillacc Music
2016-10-28


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ