ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

New Street Adventure - Stubborn Sons [2017 Acid Jazz]

2007年に、当時バーミンガム大学の学生だったニック・コルビンが中心となって結成した、3人組(現在は5人組)のロック・バンド、ニュー・ストリート・アドベンチャー。同年には、ドラムを加えた4人体制で、初の録音作品となるEP『 An Excuse to Talk』を発表。その後は、大小様々なステージを経験しながら、複数の作品をリリース。バーミンガムに拠点を置く実力派バンドとして、学生を中心に幅広い世代の人々の支持を集めた。

そして、2010年には活動拠点をロンドンに移し、メジャー・デビューを目指して活動を本格化する。まず、2011年には、サウス・ロンドン出身のソウル・シンガー、ノエル・マッコイをプロデューサーに招き、ホーンセクションを大胆に取り入れたソウル・ミュージック色の強いEP『Just the Kind of People』をリリース。60年代の黒人音楽を現代のロックと融合した個性的なサウンドで、新しい音楽に敏感な人々の間で話題となった。だが、この時期を境に、メンバーが頻繁に入れ替わるなど、平坦とは言えない道を歩み始める。

しかし、2012年に自主制作のEP『Say It Like You Mean It was』を発売すると状況は一転、同作からのシングル・カットされた”Hangin' on / hangin' up”がBBCのプレイリスト入り、彼らの知名度は急上昇。2014年にはブラン・ニュー・ヘビーズなど、多くの有名ミュージシャンを輩出してきた、ロンドンに拠点を置くアシッド・ジャズ・レコードと契約を結ぶ。そして、同年には初のフル・アルバム『No Hard Feelings 』を発表。世界各地の熱心なロック・ファン、ソウル・ファンを魅了した彼らは、この作品を切っ掛けに、日本を含む世界各地のロック・フェスなどに招待されるようになった。

本作は、彼らにとって2枚目のフル・アルバム。1作目を手掛けているザ・ミルクのミッチー・アイリングをプロデューサーに迎え、前作同様、ソウル・ミュージックのエッセンスをふんだんに盛り込んだ、ポップだけど味わい深いロックを聴かせている。

アルバムの1曲目を飾る”(What's So Good About) Happiness”は、本作に先駆けて2016年に7インチがリリースされたシングル曲。重いドラムと図太い音のベースが生み出すダイナミックなグルーヴの上で、乾いた音色のギターと、温かい音色のキーボードが鳴り響く、懐かしい雰囲気のアップ・ナンバー。硬い声質を活かした、グラマラスだけど、どこか逞しいニックのヴォーカルは、エルビス・コステロにちょっと似ている。

これに対し、ミディアム・テンポのバラードの”Why Should We Do Anything”は、小刻みに演奏されるベースや、キーボードを使ったメロウなフレーズが、70年代、80年代にアイズレー・ブラザーズが世に送り出した名曲”Footsteps in the Dark”や”Between The Sheets”を思い起こさせる作品。流麗なメロディを、あえて肩の力を入れて荒っぽく歌うことで、パワフルなロック・バラードのように聴かせている点が面白い。

一方、ソウル・ミュージックの要素を強く押し出したのは”Hard Living (No Easy Way Out)”だ。ピアノやドラムがリズミカルに音を刻む演奏をバックに、ニックがグラマラスな歌声で伸び伸びと歌ったアップ・ナンバー。モータウンのミュージシャン達やカーティス・メイフィールドといった、アメリカ北部のソウル・シンガー達から影響を受けた楽曲だが、太く温かい音色の伴奏とポップなメロディ、甘くふくよかな歌声を使った軽妙なメロディは、メイヤー・ホーソンにもちょっと似ている。

そして、本作の収録曲の中でも屈指のクオリティと言っても過言ではないのが、ミディアム・バラードの” If That's All You Got”だ。小刻みに演奏されるベース・ラインや、ロマンティックなキーボードのフレーズは”Why Should We Do Anything”と似ているが、ロマンティックなメロディを丁寧に歌うニックや、随所で曲を盛り上げる緻密なコーラスなど、ヴォーカル・パートがよりソウル・ミュージックっぽくなっている。

彼らの音楽は、ソウル・ミュージックへの造詣の深さと愛情を示しながら、現代の機材や流行を意識した、懐かしさと新鮮さが同居したものになっている。イギリスには、古くはビートルズやローリング・ストーンズ、近年ではエイミー・ワインハウスやアデルなど、ブラック・ミュージックの要素を取り入れた作風で成功を収めたミュージシャンが沢山いるが、彼らはその流れを汲みつつ、自分達の声質や楽器の響きを活かしたワイルドでポップな作品に仕上げることで、独自性を打ち出しているのだと思う。

精密だけど荒々しい、ダイナミックだけど繊細なパフォーマンスが魅力的な、ブルー・アイド・ソウルの佳作。メイヤー・ホーソンやイーライ・ペイパーボーイ・リードなどの、ソウル・ミュージックから影響を受けたミュージシャン達の音楽が好きな人にお勧めだ。

Producer
Mitch Ayling

Track List
1. (What's So Good About) Happiness
2. Smooth Talker
3. Rascal
4. One and the Same
5. Why Should We Do Anything
6. Hard Living (No Easy Way Out)
7. Something More Than This
8. If I Had You Back In My Life
9. If That's All You Got
10. Can't We Just Be Friends





Stubborn Sons
New Street Adventure
Pias America
2017-03-24

B.O.B - Ether [2017 No Genre, Empire]

ノースカロライナ州ウィンストン・サラム生まれ、ジョージア州アトランタ郊外の都市ディケーター育ちのラッパーでプロデューサー、B.O.Bことボビー・レイ・シモンズJr.。子供のころからトランペットで才能を発揮し、13歳のころにはラップを始める。その後、ミュージシャンを目指すためハイスクールの9年生(日本の高校1年生に相当)の時に学校を中退。そして、18歳の時にアトランタ出身のラッパー、T.I.が経営するクラブでラップを披露したところ、そのスキルを評価され、ジム・ジョンシンのレーベル、レベル・ロックを介してアトランティックと契約する。

2007年に初のEP『Eastside』を発表すると、80年代のヒップホップやエレクトロ・ミュージックを取り入れたキャッチーな作風が注目を集める。また、その後に発表したEPやミックス・テープも、全ての作品で好評を得ている。そして、2010年に初めてのフル・アルバム『B.o.B Presents: The Adventures of Bobby Ray』をリリース。このアルバムは総合チャートとラップチャート、R&Bヒップホップ・チャートを制覇し、ダブル・プラチナ・ディスクにも認定。グラミー賞やソウル・トレイン・アワードなど、多くの音楽賞を獲得、またはノミネートする大ヒット作となった。

その後も、2012年に『Strange Clouds』を2013年に『Underground Luxury』を発売。それぞれ、プラチナ・ディスクとゴールド・ディスクに認定されるヒットになった。その一方で、彼は、多くのミックス・テープやEPを発表。それ以外にも、ジェシーJの”Price Tag”やT-ペインの”Up Down (Do This All Day)”など、様々なミュージシャンの曲に客演するなど、ヒップホップ界屈指のハード・ワーカーっぷりを見せていた。

前作から約4年ぶりとなる、通算4枚目のフル・アルバムとなる本作は、彼が2013年にアトランタに設立したレーベル、ノー・ジャンルから発表。エンパイアの配給でリリース。2015年にリリースした4本のミックス・テープや、それらを纏めた編集盤『Elements』などを送り出してきた同レーベルの、初めてのフィジカル・リリース作品でもある。

過去作では外部のプロデューサーとの共作が中心だったが、今回のアルバムでは、大半の曲をセルフ・プロデュース。残りの曲も、マイク・ウィル・メイク・イット率いるイヤー・ドラマーズ・エンターテイメント所属の30ロックや、デフ・ジャムと契約を結んでいるビッグ・クリットなど、話題の作品に多数関わっている実力派と組んで制作している。

アルバムからの先行シングル”4LiT”は、かつてのボスであるT.I.と、2015年にアルバム『Free TC』で大ブレイクを果たした、サウス・ロス・アンジェルス出身のラッパータイ・ダラ・サインをフィーチャーした豪華な作品。日本の公共放送が紀行番組で使いそうな、尺八っぽい音色を使ったシックなビートに乗せて、三者三様のフロウ(といってもタイ・ダラ・サインは歌に近いが)を聴かせている。曲の随所で、コーラスのように歌声を挟み込むタイ・ダラ・サインのセンスが光っている。

これに対し、ニュー・オーリンズ出身の大物ラッパー、リル・ウェインを招いた”E.T.”は、リル・ウェインの作風を意識した、シンセサイザーを多用したトラックが格好良い曲。血管が浮き出そうな勢いで、鬼気迫る勢いでラップを畳みかけるリル・ウェインのフロウが聴きどころ。彼を引き立てるように、淡々と言葉を繋ぐB.O.Bのラップと、彼の手による陰鬱で荒々しいトラックもいい味を出している。

一方、本作の翌週にアルバム『E.B.B.T.G.』のリリースを控えているアトランタ出身のラッパー、ヤング・サグと組んだ”Xantastic”は、キラキラとした音色のシンセサイザーと、サビで流れる甘い歌声が80年代のソウル・ミュージックを思い起こさせるスロー・ナンバー。プロデュースは30ロックだが、ソウル・ミュージックのエッセンスを大胆に取り入れる手法は、これまでのB.O.Bの作風に最も近いかも。ガラガラとした声で、荒々しいラップを披露するヤング・サグのスタイルが、甘い雰囲気の曲のアクセントになっている。

そして、本作の隠れた目玉が、アトランタ出身の超大物シンガー、シーロ・グリーンとアッシャーを招いた”Big Kids”だ。色々な音色のドラムと、ピアノのような音色を使った伴奏を組み合わせた、ロマンティックなミディアム・ナンバー。アッシャーのアルバムに収録されていそうな、流麗なメロディが印象的だが、プロデュースはB.O.B自身。都会的な作風のアッシャーと、奇抜さや泥臭さが魅力のシーロ、音楽性の異なる2人をうまくつなぎ合わせ、一つの曲に落とし込むB.O.Bの編集能力の高さが発揮された佳曲だ。

本作は、アトランティックを離れ、自身のレーベルから発表した、初めてのオリジナル・アルバム。 環境の変化は決して小さくないようで、有名なプロデューサーを多数起用した過去の作品と比べると、セルフ・プロデュースの割合が増え、外部のプロデューサーも比較的若い面々が中心だ。また、音楽性も、ソウル・ミュージックなどを大胆に取り込んだポップなものから、アトランタ出身のラッパーに多い、シンセサイザーを多用したバウンズ・ビートやトラップ寄りの作品が目立っている。しかし、流行の音を取り入れつつ、軽妙でポップな曲に仕立て上げる技術は、彼独自のものだと思う。

ポップだけど本格的なヒップホップで、多くの成功を収めてきた彼。本作はそのフィルターを通して、アトランタを含むアメリカ南部のヒップホップを編集し一つの作品に纏め上げた、キャッチーだけど奥が深い作品。ヒップホップは難しい、怖いってイメージを持っている人にこそ聴いてほしい、「初めてのヒップホップ」に最適な1枚。このアルバムを聴いて気になったアーティストがいたら、ぜひその人の作品も手に取ってほしい。

Producer
B.o.B, 30 Roc

Track List
1. Fan Mail
2. E.T. feat. Lil Wayne
3. Middle Man
4. Peace Piece feat. Big K.R.I.T.
5. Finesse
6. Xantastic feat. Young Thug
7. Tweakin feat. Young Dro
8. 4 LiT feat. T.I., Ty Dolla $ign
9. Substance Abuse
10. Avalanche
11. I Know feat. WurlD
12. Big Kids feat. Cee-Lo, Usher





Ether
B.O.B
No Genre
2017-05-12

Selina Albright - Conversations [2017 Selina Albright]

80年代後半から90年代にかけて、スムース・ジャズ界の名サックス・プレイヤーとして活躍していたジェラルド・アルブライトを父に持ち、自身もジャズ・シンガーとして活動してきたコロラド州デンバー出身、現在はテキサス州ダラスを拠点に活動するシンガー・ソングライター、セリーナ・アルブライト。彼女にとって初めてのフル・アルバムにして、初の本格的なR&B作品。

本作が初のフル・アルバムといっても、2000年代後半から父の録音でヴォーカルを務め、2013年には自身名義のシングル『Brighter』がイギリスのソウル・ミュージック・チャートで4週連続で1位を取るなど、実績豊富な彼女。このアルバムでは、エラ・フィッツジェラルドやダイナ・ワシントンと並んで、ホイットニー・ヒューストンやレイラ・ハザウェイから影響を受けてきたと公言している彼女らしい、ダイナミックなヴォーカルを聴かせている。

アルバムの1曲目はエリック・ロバーソンやカーク・フランクリンなどの作品を手掛けてきたジェイムス・ロバーソンとの共作による”Eat Something”。ジェニファー・ハドソンの”Why Is It So Hard”や、キキ・ワイアットの”Tap Out”など、多くの有名ミュージシャンのレコーディングに携わっている日本人ギタリスト、松野啓太が奏でる甘く艶っぽい音色のギターで幕を開けるこの曲は、SWVの『New Beggining』や、タミアの『Tamia』といった、90年代後半に流行したR&B作品に収録されていそうな、洗練されたトラックと、起承転結のはっきりとしたしなやかなメロディが印象的なミディアム・ナンバー。流れるようなメロディは、父の作風にも少し似ているが、芯の強い声でじっくりと歌っているあたりは、パワフルな歌声のシンガーを目標にする彼女の持ち味が出ていると思う。

一方、サックス奏者のランディ・エリスをフィーチャーした”If I Were a Boy”は、サックスにパーカッションとギターという、シンプルな編成の伴奏の上で、じっくりと歌い上げたバラード。少し線は細いが、高音を軸にした広い音域と、大胆に強弱をつけた表現は、ビヨンセのそれとよく似ていると思う。

これに対し、ジェイムス・ロバーソンが手掛けたミディアム・ナンバー”Victim”は、コンピューターを駆使して作られたモダンなビートの上で、力強い歌声を響かせた曲。スマートだが力強い歌声や、起承転結のはっきりしたメロディは、ブランディやモニカといった90年代に音楽シーンを席巻した女性シンガー彷彿させるが、重低音を効果的に使ったトラックのおかげで、2017年の新しい音楽に聴こえるから面白い。

そして、本作のハイライトと言っても過言でないのが、父であるジェラルド・アルブライトを招いた”Let Go”、ウィル・ダウニングやシャンテ・ムーアなど、多くの実力派シンガーに曲を提供してきたクリス”ビッグ・ドック”デイヴィスがペンを執った曲は、ドラムやベースとキーボードを使った、シンプルなトラックの上で、大人の色気をみせる流麗なミディアム・ナンバー。中盤以降に絶妙なタイミングでしなやかな演奏を聴かせるジェラルドの存在が、楽曲のロマンティックな雰囲気を盛り上げている。

今回のアルバムは、彼女が敬愛するシンガーの一人に挙げた、レイラ・ハザウェイの近作に近い路線の、シンプルで無駄のない伴奏と、洗練されたメロディが光る、大人向けの作品に仕上がっている。そんな彼女の作品の面白いところは、R&Bと並行してジャズも歌ってきた経験を活かして、複雑な表現とパワフルなヴォーカルを両立している点だと思う。

シャンテ・ムーアやレイラ・ハザウェイの流れを汲む、力強い歌声と洗練された表現力が魅力の本格的なR&B作品。女性ヴォーカルの美しい歌声を思う存分堪能できる数少ないアルバムだと思う。

Producer
Selina Albright, James Roberson, Chris "Big Dog" Davis

Track List
1. Eat Something
2. Possible
3. If I Were a Boy
4. Talk to Her
5. Highest High
6. Wifey Anthem (You Don't Have to Fight at Home)
7. Search My Name
8. Victim
9. Let Go
10. Uncharted Love






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ