ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

SZA - Ctrl [2017 Top Dawg RCA]

2014年4月、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどが所属する、トップ・ドッグ初の女性シンガーとして、デビュー作となるEP『Z』をリリースした、ミズーリ州セントルイス生まれ、ニュージャージー州メイプルウッド育ちのシンガー・ソングライター、SZA(シザ)ことソラーナ・イマーニ・ロウェ。

放送局のプロデューサーでムスリムの父と、大手通信会社勤務でクリスチャンの母の間に生まれた彼女は、一般のアメリカ人向けの教育と並行して、ムスリムとしての教育も受けてきた。そのため、9.11のテロ事件が起きた後には、身に着けていたヒジャブを巡って、いじめを受けたこともあるなど、苦労もしてきたようだ。

その後、進学した大学では海洋生物学を専攻。世界を股にかける科学者になることを夢見たが、資金の問題もあり一度断念。お金を稼ぐために音楽活動を始めたという。

そんな彼女は、2011年に、当時のボーイフレンドの会社が、ケンドリック・ラマーのライブのスポンサーをしていた縁で、レーベルのオーナーであるテレンス・ヘンダーソンの知己を得る。そして、彼のレーベルでレコーディングをする機会を得た彼女は、2012年には自身初のミックステープとなる『See.SZA.Run』を録音。ドレイクフランク・オーシャンにも匹敵する先鋭的な作風で、熱心な音楽ファンの間で注目を集めた。また、翌年には2枚目のミックステープ『S』を公開。こちらも高い評価を受けた。

今回のアルバムは、彼女にとって初のフル・アルバムで、メジャー・デビュー作でもある。ブライソン・ティラーカリードなどの作品を扱っているRCAからの配給で、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどのレーベル・メイトのほか、ファレル・ウィリアムスやフランク・デュークスといった売れっ子プロデューサーが多数参加した、豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目に入っている”Supermodel”は、ファレルとニコ・シーガルがプロデュースした作品。ファレルがかかわった曲では珍しい、爪弾くように演奏されるギターをバックに訥々と歌う姿が印象的な、フォーク・ソングっぽい作品。しかし、フォーク・ソングの要素を盛り込みながら、太いベースの音や力強いヴォーカルで、きちんとソウル・ミュージックに落とし込む技は流石の一言。シザの歌唱力と、ファレル達のプロデュース能力の高さを再確認させられる曲だ。

続く”Love Galore”は、2015年に”Ok Alright”で共演しているトラヴィス・スコットをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。メンフィス出身のプロデューサー、サンクゴット4コディが制作を担当。90年代のR&Bを連想させる、柔らかい音色のシンセサイザーを使ったトラックと、シザのキュートな歌声が光るミディアムだ。ドレイクを彷彿させる、ラップのような歌い方も格好良い。脇を固めるトラヴィス・スコットのラップも存在感を発揮している。全体的に、インターネットのシドの作品とよく似た雰囲気の、90年代テイスト溢れる曲だ。

また、新作『Damn.』も好評なケンドリック・ラマーを招いた”Doves In the Wind”は、ラスヴェガス出身のキャメロン・オスティーンがプロデュース。古いレコードからサンプリングしたような、太く温かい音色のビートをバックに、可愛らしい歌声でラップをするように言葉を繋ぐミディアム・ナンバー。シザのヴォーカルにあわせて、高音を多用してゆっくりとラップをするケンドリック・ラマーの器用な一面も面白い。”Love Galore”同様、90年代の音楽の影響が垣間見えるが、ヒップホップ寄りのビートと、若き日のモニカやブランディを連想させるキュートな歌唱が印象的な曲だ。

そして、本作に先駆けて公開された”Drew Barrymore”は、彼女が客演したリアーナの”Consideration”を一緒に制作している、カーター・ラングやタイラン・ドナルドソンと共作したもの。スロー・テンポのトラックに乗せて、エネルギーを発散するかのように、自由かつ大胆に歌う彼女の姿が印象的な曲。ゆったりとしたテンポのトラックや、荒々しいメロディ、奔放なヴォーカルは”Consideration”とよく似ているが、こちらのほうがビートの音圧が低い分、リスナーの耳を歌に引き付けやすいと思う。

本作の面白いところは、90年代以降の色々なR&B作品のエッセンスを取り入れつつ、過去の楽曲とは違う独自色を打ち出しているところだ。その象徴ともいえるのが”Drew Barrymore”のような曲で、メロディやトラックにリアーナの”Consideration”の要素を盛り込みつつ、ヴォーカルに気を惹かせる編曲で、きちんと差別化を図っている。柔軟な発想で色々なスタイルを取り込みつつ、細部まで気を配ったアレンジが彼女の魅力だと思う。

ビリー・ホリデーからウータン・クランまで、色々な音楽に親しんできた豊かな感性が生み出す新鮮な音楽と、それを形にする豊かな表現力、そして、細部にまで気を配った演出が一体化した、懐かしいようで新鮮な作品。今時のR&Bが好きな人はもちろん、それ以前の時代のヴォーカル作品が好きな人にもお勧めできる、魅力的な作品だ。

Producer
Anthony "Top Dawg" Tiffith, Best Kept Secret, Frank Dukes, Pharrell Williams, Terrace Martin etc

Track List
1. Supermodel
2. Love Galore feat. Travis Scott
3. Doves In the Wind feat. Kendrick Lamar
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude) feat. James Fauntleroy II
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds feat. Isaiah Rashad
14. 20 Something





Ctrl
Sza
RCA
2017-06-09

G-Dragon - KWON JI YONG’ [2017 YG Entertainment]

2006年に5人組のヴォーカル・グループ、ビッグ・バンの一員として、グループ名を冠したシングル『Big Bang』で韓国のYGエンターテイメントからデビューした、G-ドラゴンことコン・ジヨン。同年に発表したファースト・アルバム『Big Bang』が韓国のヒット・チャートで1位を獲得すると、同国を代表する人気グループの一つになった。

そんな彼らの転機になったのは、2012年に発表したシングル”Fantastic Baby”。EDMとR&Bやヒップホップを組み合わせたサウンドと、個性的な映像が注目を集め、男性ヴォーカル・グループのMVとしては史上初めてYouTubeでの再生回数が2億回を突破。レーベル・メイトであるPSYの”江南スタイル”とともに、韓国のポップスが注目を集めるきっかけを作った。また、日本での3年連続のドーム・ツアーやアジア人初のウェンブリー・アリーナ公演など、ライブも精力的に行い。2016年と2017年には、フォーブス誌『最も稼ぐセレブリティ トップ100』で、アジア人ミュージシャンで唯一ランク・イン。2017年には同誌が選ぶ「30歳以下の重要人物30人」に、欧米以外の地域出身のミュージシャンでは唯一選ばれるなど、名実ともにアジアを代表するアーティストに上り詰めた(余談だが、彼ら以外で選ばれたミュージシャンには、ウィークエンドリル・ヨッティブライソン・ティラー、彼らと同じYGに所属するタブロとのコラボーレーションも記憶に新しいガラントなどがいる)。

G-ドラゴンは、パフォーマンスだけでなく、楽曲制作やライブの演出にも携わっている、同グループの中心人物。”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”等のヒット曲を手掛ける一方、2009年には初のソロ・アルバム『Heartbreaker』を発表。また、2013年には2枚目のアルバム『Coup d'Etat』をリリース(それ以外に、メンバーのT.O.P.とのコラボレーション作品を1枚、SOLとのコラボレーション作品を1枚発売している)。商業的に一定の成功を収めただけでなく、アジア出身のミュージシャンによるヒップホップ作品として、一部の音楽専門サイトから批評された珍しい例となった。

今回の作品は、自身名義では4年ぶりの新作となる5曲入りのEP。これまでのアルバム同様、彼自身がソングライティングに関っている。その一方、制作にはテディ・パクやストーニー・スカンク等の、YGエンターテイメント所属のクリエイターや、フランク・デュークスやマーダ・ビーツ、ブライアン・リーといったアメリカやカナダで活躍するプロデューサーが参加。彼が傾倒しているアメリカのR&Bやヒップホップの手法を積極的に取り入れた作品に仕上げている。

アルバムの1曲目に入っている”Middle-Fingers-Up”は、彼の作品に初参加の24がトラック制作を担当。グウェン・ステファニなどのポップ・シンガーが使いそうな明るく華やかなトラックと、ジヨンのコミカルなラップが印象的な曲。おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかなトラックは、彼の楽曲では珍しいが、しっかりと自分のものにしている。ポップ・スターとしての実力の高さを感じさせる佳曲だ。

これに続く”Bullshit”は、テディ・パクやフューチャー・バウンスなどが参加。リル・ジョンなどアルバムでよく耳にするクランクや、フューチャーやT.I.などの作品で使われるトラップのビートのエッセンスを取り入れた、ワイルドなヒップホップ・ナンバー。アメリカの音楽をしっかりと研究して、自分の声質やスタイルに合わせてアレンジする技術が光っている。色々なインタビューの場で、アメリカの黒人音楽への憧憬を口にしてきた彼らしく、しっかりとアメリカの音楽をキャッチアップしている。

そして、”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”のプロデューサーであるテディ・パクが、アレンジにもかかわっている”Superstar”は、ドレイクの『More Life』を意識したような、陽気で軽妙なトラックが格好良い。カリプソのような明るいビートに合わせて、歌とラップを使い分ける姿は、ドレイクやパーティネクストドアのようなOVO所属のミュージシャンの楽曲を連想させる曲だ。歌とラップ、両方を高いレベルでこなせる彼の持ち味が発揮されている。

だが、本作からシングル・カットされたのは、意外にも唯一のバラード”Untitled 2014”だ。チョイス37などが制作に携わったこの曲は、ピアノの伴奏をバックにしっとりと歌う、日本や韓国のポップスによく見るタイプの曲。色々な国の幅広い年代から受け入れられてきた彼だけあって、こういう曲も卒なくこなしている。

しかし、本作の目玉はなんといっても”Divina Commedia”だろう。ドレイクやトラヴィス・スコット、元ワン・ダイレクションのゼインなどの作品を手掛けてきた、フランク・デュークスやマーダ・ビーツと共作したこの曲は、ドレイクやパーティネクストドアのアルバムに入っていそうな。音数の少ないトラックと、歌とラップを織り交ぜたヴォーカルが印象的な曲。声質が軽く、歌とラップを使い分ける技術を持った彼と、このタイプの曲の相性は抜群だと思う。

今回のEPも、これまでの作品同様、彼が目標としている、アメリカのヒップホップやR&Bを意識した曲が並んでいる。だが、本作で大きく変わったのは、ミッシー・エリオットとコラボレーションした”Niliria”やディプロが手掛けた”Coup d'Etat”など、変則ビートに多くの言葉を詰め込むスタイルのアーティストではなく、フランク・デュークスの作品ような、言葉数を絞って、丁寧に歌やラップを聴かせた曲にシフトした点だと思う。過去のインタビューでも「アメリカの音楽を取り入れながら、自分に合わせてアレンジしている(抜粋)」と述べてきた彼だけあって、これまでの作品でも、新しい音を取り入れるだけでなく、自分のスタイルと相性の良いサウンドを選別したり、自分向けにアレンジしたりしてきたが、今回のアルバムはその傾向が顕著になっていると思う。

また、収録曲の大半を手掛ける韓国のプロデューサーの作品が、アメリカのプロデューサーの作品のそれに近づいている点も見逃せない。もともと、欧米のヒップホップ、R&Bに傾倒していた人が多いYGエンターテイメントだったが、「ビック・バンのようなセルフ・プロデュースができるグループ」を掲げ、アメリカのR&Bを直訳したスタイルで世界的にブレイクしたBTSに触発されたかのように、アメリカの音楽を大胆に取り込んだ点は面白い。

動画投稿サイトや、サブスクリプション・サービスが普及し、欧米のポップスとアジアのポップスが同じ土俵に並べられるようになった2017年らしい作品。テイラー・スウィフトやジャスティン・ビーバーと並べても遜色のない、本格的なポピュラー・ミュージックだと思う。



Track List
1. Middle-Fingers-Up
2. Bullshit
3. Superstar
4. Untitled 2014
5. Divina Commedia




PARTYNEXTDOOR - Colour 2 EP [2017 OVO Sound, Warner]

ジャマイカ系の母とトリニダード系の父の間に生まれ、10代の頃から音楽活動を行っていた、オンタリオ州ミンサガ出身のシンガー・ソングライター、パーティネクストドアことジャーロン・アンソニー・ブラストウェイト。

インターネット上に公開した自作曲やミックステープが高い評価を受け、彼と同じカナダ出身の人気ミュージシャン、ドレイクが率いるOVOと契約。同レーベルの作品を配給しているワーナーからのメジャー・デビューを果たした。

OVOと契約した後は、2016年までに2枚のフル・アルバムと2枚のEPをリリース。それ以外にも多くの曲にフィーチャリング・アーティストやソングライターとして参加してきた。なかでも、2016年に発売した2枚目のアルバム『PartyNextDoor 3』は、アメリカとイギリスのR&Bチャートを制覇(アメリカではヒップホップチャートでも1位)。同作からシングル・カットされた”Come and See Me”はグラミー賞やビルボード・ミュージック・アワードにもノミネートするなど、破竹の勢いで音楽業界の頂点へと昇り詰めていった。

今回のEPは、自身の名義では『PartyNextDoor 3』以来、約1年ぶりとなる新作。もっとも、今年に入ってからも、元ワン・ダイレクションのゼインのシングル”Still Got Time”や、ドレイクのアルバム『More Life』に収録されている”Since Way Back”に客演し、ビヨンセとジェイZをフィーチャーしたDJキャレドのシングル”Shining”にソングライターとして参加するなど、精力的に活動していた彼だけに、予想以上に短い間隔で作られた印象すらある。

プロデュースは、彼とG.ライを中心に、前作にも携わっているニーンヨや40、ドレイクの『More Life』にも起用されたウォリス・レインやマージなどが参加。OVOとゆかりの深い面々が揃った、小粒だが味わい深い作品になっている。

アルバムの1曲目に収められている”Peace of Mind”は、ジャーロンとG.ライに加え、オズが制作に参加。チキチキというビートに、幻想的なシンセサイザーの上物が加わったトラックが、不思議な雰囲気を醸し出しているミディアム・ナンバーだ。ジャーロンは歌に専念しているものの、まるでミュージカルのように歌と言葉を使い分け、ラップとは違った形で、楽曲に起伏をつけている。ディアンジェロの抽象的なソウル・ミュージックと、マックスウェルの滑らかなメロディ、ドレイクのキャッチーで斬新なヒップホップが融合した面白い曲だ。

続く”Freak In You”は、ニーンヨやトップ・フレアなどが制作に携わった曲。オルゴールのような音色など、ロマンティックな音を詰め込んだトラックと、ジョデシーの”Come And Talk To Me”など、色々なR&Bのヒット曲からフレーズを引用しながら、落ち着いたメロディでじっくりと歌を聴かせる姿が印象的。サビ以外の部分のメロディを、ラップのように崩して歌うことで、ヴォーカルの表現の幅を広げている。ドゥー・ヒルやジャギド・エッジのような、90年代に多くの足跡を残したR&Bシンガー達のスタイルを取り入れながら、しっかりと2017年の自分の音楽に落とし込んでいる佳曲だ。

そして、トップ・フレアとマージが携わっている”Low Battery”は、ドレイクの”Passionfluit”を思い起こさせる、ハウス・ミュージックのビートを使ったアップ・ナンバー。”Passionfluit”は色々な音色を使い分け、カリプソなどを連想させる陽気で華やかな作品に纏め上げていたが、こちらは引き締まった低音と、しなやかなメロディが印象的な、洗練された雰囲気の曲。シンプルなトラックで彼の歌声を引き立てる手法が格好良い。多彩なビートに対応しつつ、きっちりと自分の曲に落とし込む制作技術が光っている。

そして、アルバムの最後を飾る”Rendezvous”は、『More Life』で”Nothings Into Somethings”を担当したウィリス・レーンとの共作。この曲も”Nothings Into Somethings”同様、スローテンポの曲で、歌い手のセクシーな一面を引き出す、艶めかしいメロディが特徴的。声域の幅が広く、声も太いだけでなく、ファルセットを多用したメロディからラップまでこなせる器用さを兼ね備えた彼との相性は抜群で、要所要所で色っぽいヴォーカルを聴かせながら、ラップや地声でしっかりと曲を引き締めている。

今回のアルバムは、前作の路線を踏襲した、音数の少ないトラックと、所々にラップを挟み込んで、滑らかな歌を際立たせたメロディが印象的なものだ。そのスタイルは、直近の客演仕事やソングライターとして携わった作品とは異なるものだが、ヴォーカルとして恵まれた声と技術を持ち、ラップもこなせる彼にとっては、本作のような曲が最適だと思う。また、前作と比べると、メロディが流麗でしなやかになっている。このように、自分の持ち味を生かしつつ、それにあった曲を作る技術に磨きをかけたところが、本作の面白いところだろう。

曲作りから歌やラップまで、なんでもこなせるパーティネクストドアの、更なる成長を感じさせる作品。レーベルのボス、ドレイクと並んでカナダを代表するミュージシャンになる日も近いと感じさせる。魅力的なR&B作品だ。

Producer
PARTYNEXTDOOR, G. Ry, OZ, Neenyo, 40, Top FLR, M3rge, Wallis Lane

Track List
1. Peace of Mind
2. Freak In You
3. Low Battery
4. Rendezvous






COLOURS 2 [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2017-06-03


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ