ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Selina Albright - Conversations [2017 Selina Albright]

80年代後半から90年代にかけて、スムース・ジャズ界の名サックス・プレイヤーとして活躍していたジェラルド・アルブライトを父に持ち、自身もジャズ・シンガーとして活動してきたコロラド州デンバー出身、現在はテキサス州ダラスを拠点に活動するシンガー・ソングライター、セリーナ・アルブライト。彼女にとって初めてのフル・アルバムにして、初の本格的なR&B作品。

本作が初のフル・アルバムといっても、2000年代後半から父の録音でヴォーカルを務め、2013年には自身名義のシングル『Brighter』がイギリスのソウル・ミュージック・チャートで4週連続で1位を取るなど、実績豊富な彼女。このアルバムでは、エラ・フィッツジェラルドやダイナ・ワシントンと並んで、ホイットニー・ヒューストンやレイラ・ハザウェイから影響を受けてきたと公言している彼女らしい、ダイナミックなヴォーカルを聴かせている。

アルバムの1曲目はエリック・ロバーソンやカーク・フランクリンなどの作品を手掛けてきたジェイムス・ロバーソンとの共作による”Eat Something”。ジェニファー・ハドソンの”Why Is It So Hard”や、キキ・ワイアットの”Tap Out”など、多くの有名ミュージシャンのレコーディングに携わっている日本人ギタリスト、松野啓太が奏でる甘く艶っぽい音色のギターで幕を開けるこの曲は、SWVの『New Beggining』や、タミアの『Tamia』といった、90年代後半に流行したR&B作品に収録されていそうな、洗練されたトラックと、起承転結のはっきりとしたしなやかなメロディが印象的なミディアム・ナンバー。流れるようなメロディは、父の作風にも少し似ているが、芯の強い声でじっくりと歌っているあたりは、パワフルな歌声のシンガーを目標にする彼女の持ち味が出ていると思う。

一方、サックス奏者のランディ・エリスをフィーチャーした”If I Were a Boy”は、サックスにパーカッションとギターという、シンプルな編成の伴奏の上で、じっくりと歌い上げたバラード。少し線は細いが、高音を軸にした広い音域と、大胆に強弱をつけた表現は、ビヨンセのそれとよく似ていると思う。

これに対し、ジェイムス・ロバーソンが手掛けたミディアム・ナンバー”Victim”は、コンピューターを駆使して作られたモダンなビートの上で、力強い歌声を響かせた曲。スマートだが力強い歌声や、起承転結のはっきりしたメロディは、ブランディやモニカといった90年代に音楽シーンを席巻した女性シンガー彷彿させるが、重低音を効果的に使ったトラックのおかげで、2017年の新しい音楽に聴こえるから面白い。

そして、本作のハイライトと言っても過言でないのが、父であるジェラルド・アルブライトを招いた”Let Go”、ウィル・ダウニングやシャンテ・ムーアなど、多くの実力派シンガーに曲を提供してきたクリス”ビッグ・ドック”デイヴィスがペンを執った曲は、ドラムやベースとキーボードを使った、シンプルなトラックの上で、大人の色気をみせる流麗なミディアム・ナンバー。中盤以降に絶妙なタイミングでしなやかな演奏を聴かせるジェラルドの存在が、楽曲のロマンティックな雰囲気を盛り上げている。

今回のアルバムは、彼女が敬愛するシンガーの一人に挙げた、レイラ・ハザウェイの近作に近い路線の、シンプルで無駄のない伴奏と、洗練されたメロディが光る、大人向けの作品に仕上がっている。そんな彼女の作品の面白いところは、R&Bと並行してジャズも歌ってきた経験を活かして、複雑な表現とパワフルなヴォーカルを両立している点だと思う。

シャンテ・ムーアやレイラ・ハザウェイの流れを汲む、力強い歌声と洗練された表現力が魅力の本格的なR&B作品。女性ヴォーカルの美しい歌声を思う存分堪能できる数少ないアルバムだと思う。

Producer
Selina Albright, James Roberson, Chris "Big Dog" Davis

Track List
1. Eat Something
2. Possible
3. If I Were a Boy
4. Talk to Her
5. Highest High
6. Wifey Anthem (You Don't Have to Fight at Home)
7. Search My Name
8. Victim
9. Let Go
10. Uncharted Love






Don Bryant - Don't Give Up on Love [2017 Fat Possum Record, Unive]

60年代から主に裏方として活躍し、クワイエット・エレガンスやウィリー・クレイトンなど、名だたるシンガー達に楽曲を提供してきた、テネシー州メンフィス出身のシンガー・ソングライター、ドン・ブライアント。中でも、後に夫婦となるアン・ピーブルスに提供した”I Can't Stand The Rain “は、リズム・マシンを使ったモダンでしっとりとしたトラックと、妖艶なヴォーカルを活かしたメロディで、90年代に入ってからも、ミッシー・エリオットやウータン・クランなどにサンプリングされる名曲となった。

一方、彼自身のキャリアに目を向けると、60年代から複数のレーベルでシングル盤を発表。そして、69年には初のソロ・アルバム『Precious Soul』を、アル・グリーンやアン・ピーブルスなどの作品を世に送り出してきた、メンフィスに拠点を置く黒人音楽の名門、ハイ・レコードからリリース。マーヴィン・ゲイの”(You're A) Wonderful One”や、サム&デイヴの”Soul Man”、ジェイムズ・ブラウンの”Try Me”といった、ソウル・ファンにはお馴染みの名曲を熱く歌い上げ、多くの人に鮮烈な印象を残していった。

その後は、来日公演を経験するなど、人気アーティストの一人として精力的に活動するものの、79年にハイ・レコードが終焉を迎えると、それも停滞。90年代以降は、ゴスペル・アルバムなどをコンスタントに発売しているが、その規模は絶頂期に比べると小さなものであった。

そんな彼は、2016年になると37年ぶりの来日公演を敢行。往年の力強いヴォーカルが健在であることを日本のファンにアピールした。また、ライブの熱気も冷めやらぬまま、スタジオでの制作活動も再開。あの『Precious Soul』から、実に48年ぶりとなる、本格的なソウル・アルバムを録音した。

プロデュースは、ウィリアム・ベルの2016年作『This Is Where I Live』などに携わっているボー・キーズのスコット・ボマーと、R.L.バーンサイドやウォーター・ライアーズなどの作品で、エンジニア等を務めているブルース・ワトソンが担当。配給はR.L.バーンサイドやブラック・キーズなどのアルバムを配給している、ミシシッピ州オックスフォードのファット・ポッサム・レコード。演奏者には、ウィリー・ミッチェルの『On Top』でドラムを叩いたハワード・グライムスや、アルグリーンの『Let's Stay Together』で鍵盤楽器を担当していたチャールズ・ホッジ、モータル・ミラーズのジョン・ポール・キースなど、60年代、70年代のハイ・レコーズを支えてきた名手と、彼らの音楽を聴いて育った若いミュージシャンが一堂に会した、彼の新作にふさわしい豪華な顔ぶれになっている。

アルバムの1曲目は、O.V.ライトの代表曲としても知られる”A NICKEL AND A NAIL”。原曲よりもテンポを落とし、低音を強調したドラムやベースを軸にした演奏の上で、粘っこく歌うドンの姿は、O.V.以上に熱く泥臭いものだ。O.V.が歌うオリジナルが発表された頃は、彼の持つ強烈な声の力に気圧された人が多いと聞くが、本作のパフォーマンスはそれ以上の迫力を持っていると思う。

一方、3曲目の”IT WAS JEALOUSY”は、74年に発売されたオーティス・クレイのシングル『You Did Something To Me』のカップリング曲のセルフ・カヴァー。原曲と比べると、ギターやストリングスなどの中音域を分厚くし、より優雅でロマンティックなものに仕立て直している。ドンの歌声も、他の曲に比べると少し甘く、優しいものだ。歌手としては全く異なるタイプだが、甘く色っぽい歌声は、ハイ・レコーズを代表する名シンガー、アル・グリーンを連想させる。

また、スコット・ボマーとドンの共作であるタイトル・トラック”DON’T GIVE UP ON LOVE”は、しっとりとした伴奏と、哀愁を帯びた歌声が魅力のバラード。ホーンやストリングスをふんだんに使ったロマンティックなバンドを背に、聴き手を包み込むような優しい歌声を響かせるスロー・ナンバー。絶妙な力加減で、主役の歌声を引き立てるバンド・メンバーの演奏技術が心憎い。

そして、本作のハイライトと呼んでも過言ではないのが、アルバムに先駆けて発表されたミディアム・ナンバー”HOW DO I GET THERE”だ。オルガンをバックに熱い歌声を張り上げるオープニングから一転、『Precious Soul』の時代を思い起こさせる重厚なベースと力強いドラムをバックに、感情を剥き出しにした激しい歌を繰り出している。ダイナミックで荒々しいヴォーカルにもかかわらず、メロディが崩れないのは、経験を重ねたベテランのなせる業だろう。

今回のアルバムは、ハイ・レコードで活躍したベテラン・ミュージシャンや、彼らから影響を受けた若手アーティスト達を集め、生演奏の持つ響きと、彼の歌声を強調した、過去の作品以上に『Precious Soul』を意識した録音だと思う。だが、”A NICKEL AND A NAIL”や”IT WAS JEALOUSY”のカヴァーが象徴するように、彼自身が往年の名シンガーより遥かに年を重ね、音楽の作られ方や聴かれ方も原曲とは異なる時代に作られた本作は、アデルやメイヤー・ホーソンなどの成功で再び脚光を浴びている、60年代、70年代のソウル・ミュージックを意識しつつ、彼らと同じように、ソウル・ミュージックに慣れ親しんできたロック・ミュージシャンの手法を取り入れた、ライブ感溢れるシンプルなアレンジになっている。

往年のソウル・シンガーが持つ、豊かな声を活かしつつ、年月の重ねて身につけた老練な技と、色々な舞台を経験している新旧の名演奏達の高度な演奏テクニックが融合した、シンプルで無駄のない、だけど味わい深い作品。「ネオ」とは一味も二味も違う、本物のヴィンテージ・ミュージック味わいたい人に是非オススメしたい。

Producer
Scott Bomar, Bruce Watson

Track List
1. A NICKEL AND A NAIL
2. SOMETHING ABOUT YOU
3. IT WAS JEALOUSY
4. FIRST YOU CRY
5. I GOT TO KNOW
6. DON’T GIVE UP ON LOVE
7. HOW DO I GET THERE
8. CAN’T HIDE THE HURT
9. ONE AIN’T ENOUGH
10. WHAT KIND OF LOVE





ドント・ギヴ・アップ・オン・ラヴ
ドン・ブライアント
Hostess Entertainment
2017-06-07

Niia - I [2017 Atlantic]

マサチューセッツ州のニードハム出身。幼いころからクラシック・ピアノと歌の教育を受け、13歳になると人前で歌うようになったという、シンガー・ソングライターでピアニストのニイアことニイア・ベルティーノ。イタリア出身で、オペラ歌手の娘という母の下で鍛えられた彼女は、ハイスクール時代からジュリアード音楽院やバークリー音楽大学のプログラムに参加し、腕を磨いていた。

高校卒業後は、ニューヨークのニュースクール大学に進学。同大学ではジャズ・ヴォーカルを専攻している。また、大学在学中には元フージーズのワイクリフ・ジョンと出会い、2007年には彼が発表したシングル『Sweetest Girl (Dollar Bill)』にフィーチャリング・ヴォーカルとして参加している。同曲は総合チャートで最高12位に登り詰め、プラチナ・ディスクに認定される大ヒットとなった。

同曲のヒットで知名度を上げた彼女は、MTVの企画で世界各地のステージを経験。帰国後は、ニューヨークでも大規模な公演を成功せさせている。

また、2013年には、自身の名義によるデビュー・シングル『Made For You』を発表。クールな歌声を活かした楽曲はもちろん、ヒストリーXなどの仕事で知られる、トニー・ケイトが制作したMVも注目を集めた。その翌年には、ロビン・ハンニバルのプロデュースで初のEP『Generation Blue』をリリース。洗練されたメロディと滑らかなヴォーカルで、若者の間だけに留まらず、幅広い年代の人々から高い評価を受けた。

そして、アトランティックと契約した彼女が、2017年に発表したのが本作。前作同様、Rhye(ライ)やケンドリック・ラマーなどを手掛けてきたロビン・ハンニバルが全曲をプロデュース。彼女の繊細な歌声と、流麗なメロディを生み出すセンスを活かした、スタイリッシュな作品に仕上げている。

イントロを挟んだアルバムの実質的な1曲目”Hurt You First”は、アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を思い起こさせる、シンセサイザーを使ったしっとりとした伴奏の上で、シャーデーのヴォーカリスト、シャーデー・アデュを彷彿させる透き通った歌声を響かせるミディアム・ナンバー。怪しげな雰囲気の演奏に乗って、爽やかなヴォーカルを聴かせる彼女の存在感が光る佳曲だ。

一方、キーボードやストリングスを使ったロマンティックな演奏が魅力のバラード”Sideline”は、丁寧な歌唱が心地よいスロー・ナンバー。生演奏っぽいドラムやキーボードの柔らかい音色と、優しく語り掛けるように歌うニイアの姿が心に残る名演だ。繊細な歌声を振り絞って力強く歌うサビの部分は、シェリル・クロウやジョニ・ミッチェルのような、女性フォーク・シンガーのパフォーマンスを思い起こさせる。

また、ジャズミン・サリヴァンが参加したリミックス・ヴァージョンでは、鋭い低音を強調したR&Bっぽいトラックに変更。曲の途中でジャズミンが地声のような低い声のラップを聴かせている。オリジナル・ヴァージョンと比べると、ヒップホップやR&Bに寄った作風が格好良い。

そして、見逃せないのは、スロー・ナンバーの”Last Night In Los Feliz”だ。シンセ・ドラムとピアノを核にしたシンプルな伴奏の上で、囁きかけるように歌う姿が美しいバラード。ピアノの演奏と、高音を軸にした繊細なヴォーカルの組み合わせは、アリシア・キーズの”Diary”にも少し似ている。

それ以外にもう一つ、是非きいてほしい曲が”Girl Like Me”だ。ギターとシンセサイザーを組み合わせた、シンプルなトラックに乗せて、しなやかな歌声を響かせるミディアム・ナンバー。こちらの曲も、”Sideline”のような、フォーク・ソングやジャズのエッセンスを取り入れたスタイリッシュな仕上がりが魅力的だ。

彼女の音楽性はライのそれを彷彿させる、洗練されたメロディと色っぽい歌声が光るものだ。だが、彼女の場合、そこにフォーク・ソングやジャズといった、色々な音楽の要素を取り込むことで、R&Bが好きな人だけに留まらない、色々な人の心に訴えかける大衆性も兼ね備えていると思う。

あらゆる音楽を飲み込み、スタイリッシュでセクシーなR&Bに還元するスタイルは、デビュー当時のシャーデーを彷彿させる。シャーデーやライのような、しなやかで美しいメロディのR&Bが好きな人にはぜひ聞いてほしい。洗練された作風が魅力のR&B作品だ。

Producer
Robin Hannibal

Track List
1. Prelude
2. Hurt You First
3. Sideline
4. Nobody
5. Last Night In Los Feliz
6. Girl Like Me
7. Day & Night
8. Constantly Dissatisfied
9. California
10. All I Need
11. Mulholland
12. Sideline feat. Jazmine Sullivan



a

I
Niia
Atlantic
2017-05-05

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ