ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Skreally Boy – Lo<3 [2017 Hit2Def]

2017年の終わり、12月22日に突如リリースされた、フランスのシンガー・ソングライター兼ビート・メイカー、スクレリー・ボーイの新作。

自身のホームページを持たず、SNSのプロフィール欄には「あなたの心の中に住んでます」と書くなど、ロマンチストなのか、食わせ者なのかよくわからない謎の男。だが、サンダーキャットケイトラナダを思い起こさせる、シンセサイザーを多用した前衛的な音色を使いこなし、ジェイ・ディラを彷彿させる音と音の隙間を効果的に聴かせるビートを組み上げる。かと思いきや、マックスウェルやロビン・シックを連想させる滑らかで繊細なシルキー・ボイスに、ベイビーフェイスなどの流れをくむ90年代フレーバーの強い流麗なメロディを組み合わせるなど、他のアーティストとは一味違う、独自の作風を確立。2014年にアルバム『Karma』でデビューして以来、2017年までに4枚のフル・アルバムとEPを発表するなど、精力的に活動してきた。

このアルバムは、2017年の5月にリリースしたEP『+++』から約7か月という、短い間隔で制作された通算5枚目のアルバムにして2枚目のフル・アルバム。前作同様、フランスのビート・メイカー、プラチナム・ウェーブとの共同プロデュース作品で、彼自身もリッチー・ビーツの名義で制作を担当。彼らに加え、3010やクライシーといった、フランスで活動する実力派ミュージシャンが複数参加した、力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”XXX”は、ビートからヴォーカルまで、ほぼ全てを彼一人で作り上げたミディアム・ナンバー。ピアノを使った不協和音が不気味な印象を与えるイントロから、同じ音色を使った細やかな伴奏のトラックへと変化していく流れが面白い曲。これに続くヴォーカルは、クリス・ブラウンの新作を思い起こさせる、畳み掛けるように次々と言葉を繰り出すラップ寄りのもの。ラップのエッセンスを取り入れたヴォーカルは、粗削りなイメージを持たれがちだが、線は細いがしなやかなヴォーカルのおかげで、違った雰囲気に聴こえる。マックスウェルの声とクエヴォのフロウが融合し、トキモンスタのビートを乗りこなしたような、不思議な雰囲気の曲だ。

また、3010が客演した”Hype”は、トレイ・ソングスアッシャーの近作を彷彿させる、バウンズ・ビートを取り入れつつ、上品に纏め上げたトラックと、滑らかな歌声を活かして丁寧に歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。艶やかなテナー・ヴォイスから、武骨な地声を使ったヴォーカルを巧みに使い分ける姿が格好良い。楽曲の途中で挟まる軽妙なラップもいい味を出している。アメリカのR&Bのトレンドを踏襲しつつ、細かいアレンジに気を配ることで、彼らとは一味違う作品に仕立て上げられている。

そして、本作の発売1週間前にミュージック・ビデオが公開された”Asonzo ”は、レゲトンやアフリカのヒップホップのテイストを盛り込んだ陽気なトラックと、哀愁を帯びたメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。明るいビートと切ないメロディを組み合わせた音楽といえば、ケヴィン・リトルの”Turn Me On”やウェイン・ワンダーの”No Letting Go”など、多くのヒット曲が作られている。だが、この曲では、音色こそ陽気なものの、それを組み合わせて作られたトラックはトレイ・ソングスやマーカス・ヒューストンを連想させるシックなもの、その上に乗るヴォーカルも、繊細なテナー・ヴォイスを活かしたスタイリッシュなものだ。中南米やアフリカの音楽の要素盛り込みつつ、あくまでも都会的で洗練された楽曲に纏め上げたセンスが光る楽曲だ。

それ以外の曲ではフランスのヒップホップ・アーティスト、クライシーと組んだ”06:00”も面白い。サックスやピアノの音を混ぜ合わせたトラックは、ヒップホップというよりジャズやシャンソンの香りすら漂う、退廃的で幻想的な雰囲気のもの。そこに、か細い歌声で切々と言葉を紡ぐ二人のヴォーカルが合わさった楽曲は、インターネット経由で流れるR&Bというより、場末のバーで流れる小洒落たポピュラー・ミュージックといった趣だ。

彼の音楽は、アメリカのR&Bの変遷に目を配りつつ、R&Bのトレンドとは微妙に距離を置いた、独特の作風が印象的だ。エレクトロ・ミュージックや往年のポピュラー・ミュージックといった、様々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れ、R&Bでありながら、先鋭的なサウンドと懐かしい雰囲気を両立している点も大きいだろう。この、雑駁さと一貫性を同時に実現する編集能力と、緻密な表現を可能とするヴォーカルの技術が、彼の音楽を作り上げていると思う。

マックスウェルやロビン・シックの系譜に立つヴォーカルと、ベイビーフェイスやトリッキー・スチュアートを連想させる美しいメロディを生み出す技術、そこに様々な音楽を取り入れる見識の広さとセンスが合わさったことで生まれた高い水準の作品。アメリカのミュージシャンとは異なるアプローチで、R&Bの可能性を広げた良作だと思う。

Producer
Platinumwav & Richie Beats etc

Track List
1. XXX
2. Hype feat. 3010
3. R.
4. 888
5. 02:22 (Freestyle)
6. J.Blues (skit1)
7. Asonzo
8. B.J (Boca Junior)
9. 06:00 feat. Krisy
10. U2
11. No Lov3 feat. Joke
12. Home Alone feat. Gracy Hopkins
13. J.Blues (Skit 2)
14. Bleu
15. I-Motion
16. Diamants






本年もよろしくお願いします。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
皆さんにとって、昨年はどんな年だったでしょうか。

私個人は、楽しいこともあり、つらいこともあり、環境の変化もありました。
個人的な事情で、やりたいことが十分にできなかったこともありましたが、
色々な出会いや経験を通して、少しでも前に進めたかな?と思える1年でした。

このブログでいえば、2017年には記事数が250を超え、「1000枚シングルやアルバムを紹介する」という目標の4分の1をなんとか達成できたのも、嬉しいことでした。特に、日本人アーティスト(T-Grooveの『Move Your Body』)や、日本語の作品(Sky-Hiの『Marble』)を、ほかの国のアーティストと差別することなく、取り上げることは、開設時点からの懸案だったので、その課題を乗り越えられたのは、一つの前進だと思っています。

まあ、本年も肩ひじ張ることなく、やめることもなく、マイペースに続けていきたいと思っていますので、どうか最後までお付き合いください。

本年もよろしくお願いします。

おまけ Pink Lady - Kiss In The Dark [1979 Victor]

実は、年末年始によく聞いていたのが、ピンク・レディーのアルバム。

2017年12月、防弾少年団のMic Drop(Remix)に抜かれるまで、アジア人グループによる最大のヒット曲だったのが、彼女達が79年にリリースした”Kiss In The Dark”だと知り、じっくりと聴いてみたいと思ったのがきっかけでした。

マイケル・ロイドが作詞と作曲を担当したこの曲は、当時流行していたディスコ音楽の手法がふんだんに使われた、良質なダンス・ナンバー。英語詞を取り入れたことで、海外のファンを増やしたものの、コミカルな日本語の歌詞が失われたことで、日本の市場からはあまり評価されていない曲のようです。

ただ、グルーヴ、伴奏、歌、そのすべてがハイレベルで、どこの国に出しても引けを取らない、本格的なダンス・ミュージックであることに違いはありません。特に、この曲を含む、彼女達がアメリカでリリースしたアルバム『Pink Lady In USA』では、アメリカのポピュラー・ミュージック界に深く根差した、ソウル・ミュージックのDNAをベースに、それを再解釈したスタイルで日本の音楽界を席巻したピンクレディが、彼女達の原点ともいえるディスコ音楽に取り組んだ良作であることに違いはありません。

ディスコ音楽が再び脚光を浴びている2018年、日本発のディスコ・クラシックとして再び流行してくれないかなあ。と思う素晴らしいアルバムのひとつです。レコードは結構高いですが、CDは簡単に買えるので、ぜひ手に取ってみてください。




Pink Lady in USA
ピンク・レディー
インディペンデントレーベル
2002-12-15

[まとめ]2017年によく聴いたアルバム・ベスト10を纏めてみた

2017年も、残り数日、今年発売されたアルバムも一通り出揃いました。2017年も色々な作品がリリースされ、強烈な印象や歴史に残る大記録を打ち立てていきました。また、自分自身、例年以上に色々な音楽に触れられて、とても充実した1年でした。そこで、今年、リリースされた作品の中から、頻繁に聴き返したアルバムを10枚、取り上げてみました。これも甲乙つけ難い作品なので、順位はなし、並びは順不同です。


T-Groove - Move Your Body [Diggy Down Recordz]

2017年を代表する傑作といえば、なんといっても八戸出身で、現在は東京を拠点に活動するプロデューサー、T-グルーヴこと高橋佑貴の初のフル・アルバムを差し置いて、他にないでしょう。ブライアン・トンプソンやウィンフリーなど、高い歌唱力を武器にファンを魅了するシンガー達を招き、70年代後半から80年代にかけて一世を風靡した、ディスコ音楽の煌びやか雰囲気と、現代のクラブ・ミュージックが持つスタイリッシュなサウンドを融合したスタイルが、強く心に残りました。インターネットの配信サービス経由で火が付いた、日本を拠点に活動するクリエイターが、アメリカで活躍するシンガーを起用し、フランスのレーベルからリリースした本作は、「日本人が作るソウル・ミュージック」であり、「アメリカ人が歌うヨーロッパ・スタイルのディスコ・ミュージック」でもある。活動拠点が単なる物理的な位置以上の意味を持たなくなった「個人の時代」を象徴する名盤だと思う。





Boyz II Men - Under The Streetlight [MasterWorks, Sony]

2017年には、久しぶりの来日公演を成功させる一方、ルイス・フォンシの”Despacito”が、彼らの持つ「ビルボード総合シングル・チャートの16週連続1位」の記録に並んだことで、名前を見る機会の多かったボーイズIIメン。彼らにとって、2014年の『Collide』以来となる新作は、50年代、60年代に流行したドゥー・ワップの名曲のカヴァー集。線が細くしなやかな歌声と、複雑なコーラス・ワークをウリにしている、彼らの持ち味がいかんなく発揮された良作。伴奏を生バンドで録音し、3人で活動する彼らのために、ブライアン・マックナイトやテイク6が馳せ参じている点も見逃せない。1曲目の”Why Do Fools Fall In Love”から、前作に収録された曲のリメイク”Ladies Man”まで、気を休める隙のない完璧なパフォーマンスが堪能できる。ポップスの歴史に残る名ヴォーカル・グループの実力と貫禄が感じられる充実した内容。本作の面々で日本のステージに立ってほしいけど、それは贅沢な願いなんだろうなあ。


Under the Streetlight
Masterworks
2017-10-20



Mike City - Feel Good Agenda Vol.1 [BBE]

2000年代前半に、カール・トーマスの”I Wish”やビラルの”Love It”、サンシャイン・アンダーソンの“Heard It All Before”といったヒット曲を手掛け、流れるようなメロディと温かい歌声を組み合わせた、独特のスタイルで、売れっ子プロデューサーの仲間入りを果たしたマイク・シティ。その後も、プロデューサーとして色々な作品に携わってきた彼の、実に20年ぶりとなる新作。最初から最後まで、すべての曲でハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートを取り入れ、実力に定評のある歌手達の魅力を引き出す洗練されたメロディと組み合わせた作品は、どれも抜群の出来だ。フェイス・エヴァンスやメイサ・リーク、カール・トーマスといった、彼と縁の深い面々が集結した曲は、どれをシングル化しても納得のクオリティ。ダンス・ミュージック=EDMというイメージが強くなった時代だからこそ、新鮮に感じられる上品なトラックと、高い表現力を持ったヴォーカリストの組み合わせが生み出した、大人のためのクラブ・ミュージック。


▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]
▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]

Zion. T - OO [BLACK LABEL, YG ENTERTAINMENT]

このブログで定期的に取り上げてきた、韓国出身のミュージシャン達。2017年は、BTSがチェインスモーカーズとのコラボレーション曲を収めた『Love Yourself: Her』や、スティーヴ・アオキがリミックスを担当した”Mic Drop(Remix)”で、欧米の市場を席巻し、日本では、日本人メンバーを含む多国籍のガールズ・グループ、TWICEが『#Twice』などのヒット作を残すなど、今や同国の音楽は従来のK-Popという枠組みでは捉えられなくなっている。そんな同国のアーティストの作品の中でも、特に記憶に残ったのが、今年の頭にリリースされたザイオン.Tのアルバム。ビッグバンやPSYなどを輩出し、韓国のポップスを世界に知らしめたYGエンターテイメントの看板プロデューサー、テディ・パクが同社の傘下に設立した、ブラック・レーベルからリリースされた本作は、生楽器の音色を効果的に使った柔らかい伴奏をバックに、美しいメロディと繊細な歌声を聴かせる、マックスウェルやラウル・ミドンのようなソウル・ミュージック色の強い作品。過去に何度もコラボレーションしているビッグバンのG-ドラゴンがひっそりと参加しているのも心憎い。兵役を間近に控えた28歳(本稿の執筆時点)でありながら、韓国屈指の大手事務所から声がかかったのも納得のクオリティ。これから、彼がシンガーとして、ソングライターとしてどんな作品を残していくのか、期待に胸が膨らむ。


Zion.T アルバム - OO
Zion.T
YG Entertainment
2017-02-17

 

Asiahn – Love Train [Asia Bryant Music, Universal]

配信限定のリリースで、動画投稿サイトを使ったプロモーションをほとんど行っていない作品ながら、とても印象に残ったのが、2017年の初頭にリリースされた、西海岸出身のシンガー・ソングライター、エイジア・ブライアントの初のEP。Dr.ドレのコンプトンなど、多くの人気ミュージシャンの作品に参加してきた彼女の作品は、アリーヤを彷彿させる繊細なソプラノ・ヴォイスと、シンセサイザーを駆使した先鋭的なトラックを組み合わせた、懐かしさと新鮮さが同居した作品。今年はラプソディーやニッキー・ミナージュのような女性ラッパーや、尖った作風のSZAやケラーニ、シドなどの活躍が目立ったが、彼女のようにメロディをじっくりと聴かせるタイプのミュージシャンの佳作も多かった。2018年は、彼女のようなアーティストがブレイクするのだろうか?今からちょっと楽しみ。




PJ Morton - Gumbo [Morton Music]

近年はマルーン5のキーボード担当として、八面六臂の活躍を見せる、ニュー・オーリンズ出身のシンガー・ソングライター、PJモートン。世界屈指の人気ロック・バンドの一員として、多忙な日々を送っている彼が、5年ぶりにリリースした新作も素晴らしかった。マルーン5の活動で培った、多くの人の心をつかむセンスと、彼のルーツである南部のソウル・ミュージックが融合した融合したサウンドは、時代や地域性の違いこそあるが、『Talking Book』や『Songs in the Key of Life』で、人種や年齢を超えて幅広い層から支持された70年代のスティーヴィー・ワンダーを思い起こさせる。トラップやベース・ミュージックなど、常に新しいサウンドが生まれ続ける音楽の世界だが、昔から使われている歌や楽器の演奏技術を突き詰めることで、聴き手の心を揺さぶる作品が作れることを証明してくれた傑作。


Gumbo
Morton Records
2017-04-21



Lalah Hathaway - Honestly [Hathaway Entertainment]

2015年に発表した『Lalah Hathaway Live』がグラミー賞を獲得するなど、もはや「ダニー・ハザウェイの娘」という形容が不要になった感もあるレイラ・ハザウェイ。彼女の7年ぶりとなるスタジオ・アルバムは本年屈指の傑作。ジル・スコットやSiRなどの作品を手掛けているティファニー・ガッシュと一緒に制作したこのアルバムは、彼女の作品の醍醐味である、シンプルで味わい深いメロディと、シンセサイザーを多用したモダンな伴奏を巧みに組み合わせている。70年代のソウル・ミュージックを連想させる、流麗で洗練されたメロディと美しい歌声を聴かせる作品でありながら、きちんと2017年の音楽に聴こえるのは両者の経験とセンスのおかげだろう。ところで、本作のジャケットはファイナル・ファンタジーに触発されたものだと思うが、あれを提案したのは誰なのだろうか。まさか、彼女自身が日本のテレビゲームのファンなのだろうか・・・。誰か聞いてきてください。


Honestly
Lalah Hathaway
8th Floor Production
2017-11-03



Sharon Jones & The Dap-Kings ‎– Soul Of A Woman [Daptone]

2016年に、癌でこの世を去ったシャロン・ジョーンズ。病気が見つかった2013年以降、彼女は死の直前まで、治療と並行して多くの曲を録音し、ステージに立ってきた。このアルバムは、彼女の死後、残された録音を、彼女と一緒に活動してきたバンドのメンバーが完成させたアルバム。本作で聴ける、パワフルな歌声と大胆な表現からは病気による衰えは感じられない。むしろ、残された時間をフル活用して、この世に何かを残していこうとする執念すら感じられる。現代では当たり前になった、バンドの生演奏を大切にしたサウンドや、アナログ・レコードを積極的にリリースするビジネス・スタイルなどを90年代から続け、後進に多くの影響を与えてきた彼女のキャリアを総括する、密度の濃いアルバム。エイミー・ワインハウスやブルーノ・マーズなど、多くのミュージシャンとコラボレーションしてきたバンド・メンバーだが、彼女を超えるパートナーは出てこないのではないか、そんな寂しさも感じる。


SOUL OF A WOMAN [CD]
SHARON JONES & THE DAP-KINGS
DAPTONE RECORDS
2017-11-17



N.E.R.D. - No One Ever Really Dies [I am Other, Columbia]

12月中旬に発売された作品ながら、今年一番の衝撃を残したアルバム。「Hidden Figure(邦題:ドリーム)」や「Despicable Me 3(邦題:怪盗グルーのミニオン大脱走)」などのサウンドトラックで腕を振るい、カルヴィン・ハリスやサンダーキャットの作品で素晴らしいヴォーカルを聴かせてきたファレル・ウィリアムスが、相方のチャド・ヒューゴ達と結成したバンド、N.E.R.D.の名義で発表した7年ぶりのスタジオ・アルバム。アルバムに先駆けてリリースされた”Lemon”は、これまでのN.E.R.D.の楽曲とも、ファレル名義の作品とも異なる、シンセサイザーを組み合わせた変則的なビートが面白いアップ・ナンバー。それ以外の収録曲も、既存のジャンルの枠に収まらない、奇抜で前衛的なものが並んでいる。尖ったサウンドでありながら、親しみやすい印象を受けるのは、斬新なサウンドで多くのヒット曲を生み出してきたファレルとネプチューンズの持ち味が発揮されたからか?彼らの最高傑作といっても過言ではない充実の内容。2020年のトレンドを予見し、先取りしたような、彼らの嗅覚とセンスが発揮された傑作。


No One Ever Really Dies
N.E.R.D
Sony
2017-12-15



Sky-Hi - Marble [avex trax]

2017年にリリースされた日本語の作品で、特に印象に残ったのは、Sky-Hiこと日高光啓のソロ・アルバム。彼の所属するAAAが”Blood on Fire”でデビューしたころから、ユーロビートを取り込んだ尖ったサウンドと、ハイレベルな歌やダンスが格好良いグループとは思っていたけど、彼が10年以上ラップ詞を担当し、ソロ作品も残していることは見落としていた。1曲目の”Marble”から、アルバムの最後を締める”Over The Moon”まで、個性豊かな楽曲が並んでいるが、そのどれもが、アメリカのヒップホップとは一線を画す、軽妙で洒脱なサウンドと、ウィットに富んだラップを軸に組み立てられている。彼の作品の面白いところは、ジャズやポップスのエッセンスを取り込み、従来のヒップホップの手法に捉われない、誰もが楽しめるポピュラー・ミュージックに仕上げながら、要所にヒップホップの演出を盛り込むことで、ヒップホップとして聴かせているところ。アメリカの背中を追いかけつつ、独自性を模索してきた日本のヒップホップの、一つの到達点と呼んでも過言ではない傑作。





番外編
ここからは、アルバム未収録のシングル曲から、特に記憶に残った曲を三つ

G.Rina - 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS[plusGROUND, Victor]

こちらは東京出身の女性シンガー・ソングライター、G.リナの2017年作『Live & Learn』からリカットされた、配信限定のシングル。透き通った歌声と繊細なヴォーカルは、矢野顕子や土岐麻子のようなポップ・シンガーっぽくも聴こえるが、躍動感のあるグルーヴや豊かなヴォーカルの表現は間違いなくR&Bのもの。この曲でもロマンティックなメロディと、色っぽい歌声で、アップ・テンポなのにムーディーなR&Bを聴かせている。フリースタイルのスキルでも評価が高い、鎮座ドープネスのラップも、硬派な見た目からは想像できない、ウィットに富んだもので面白い。だが、本作の目玉はなんといってもT-グルーヴによるリミックス版。ザップを思い起こさせるファンク色の強い原曲を、四つ打ちのディスコ・ミュージックに違和感なく組み替える技は、圧巻としか言いようがない。異なるジャンルで活躍する三者の持ち味が上手く噛み合った、良質なコラボレーション曲。





Gallant & Tablo & Eric Nam – Cave Me In [Mind Of Genius, Warner Bros. Records]

2016年に発表されたアルバム『Ology』がグラミー賞にノミネートし、2017年は日本のフジ・ロックにも出演した西海岸出身のシンガー・ソングライター、ガラント。彼が今年の頭に発表したのが、エピック・ハイの中心人物、タブロとアメリカと韓国、両国を股にかけた活動を行ってる、マルチ・タレントのエリック・ナムとコラボレーションした”Cave Me In ”。彼の作品にもかかわったことがある、タイ・アコードの作るトラックは、シンセサイザーの音を幾重にも被せた神秘的なもの。その上で、どこか荒涼とした雰囲気のメロディを甘い歌声で聴かせる二人と、淡々と言葉を紡ぐタブロの姿が印象に残る佳曲。余談だが、タブロは韓国系カナダ人(契約は韓国のYGエンターテイメント)で、エリック・ナムは韓国系アメリカ人(契約は韓国のCJ E&M.)で、歌詞は全編英語でMVの撮影地は香港と、国際色豊かな点も、2017年っぽくて面白い。


Cave Me In
Mind of a Genius/Warner Bros.
2017-01-26

 

BTS - Mic Drop (Steve Aoki Remix) feat. Desiigner [Big Hit Entertainment RED Music]

11月の終わりに発表された曲ながら、最も聴いた作品。10月に発売されたEP『Love Yourself: Her』からのリカット・シングルで、韓国でこそ、シングル・チャートで最高23位、売り上げ8万ユニットと振るわなかったものの、アメリカではシングル・チャートの28位に入るなど、欧米を中心に盛り上がった曲。リミックスを担当したスティーブ・アオキは、今年の8月にリリースしたアルバム『Steve Aoki Presents Kolony』で、T-ペインやグッチ・メインといった人気ラッパーを多数起用して、ヒップホップ市場を意識する姿勢を見せていたが、R&B作品はこれが初。スティーヴらしい、刺々しい音色と高揚感のあるフレーズを組み合わせたトラックと、BTSの真骨頂ともいえる、複雑なギミックを盛り込んだ激しい歌とラップがうまく嚙み合った良作。ディスコ音楽のクリエイターを起用した、ピンク・レディーの”Kiss in the Dark”から28年、21世紀初のアジア人グループによるヒット曲は、現代のダンス・ミュージックの主流である、EDMとヒップホップを取り込んだものであるという点も面白い。







記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ