melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

赤西仁 – A la carte [2018 Go Good, Universal]

ジャクソン5のリード・シンガーからキャリアをスタートし、キング・オブ・ポップとして音楽史にその名を刻んだマイケル・ジャクソンを筆頭に、メヌードを経て中南米を代表するシンガーに上り詰めたリッキー・マーティンや、イン・シンクのリード・ヴォーカルから、大統領の前でパフォーマンスを披露する、アメリカ屈指のソウル・シンガーになったジャスティン・ティンバーレイクなど、世界各地で大きな足跡を残している、ボーイズ・グループ出身のアーティスト達。彼らのようにボーイズ・グループで経験を積み、ソロ・アーティストとして大きく飛躍した日本人の一人が、元KAT-TUNの赤西仁だ。

2001年にグループの一員として活動を開始すると、レコード・デビューの前でありながら、東京ドームでのライブを成功させるなど、規格外の活躍を見せる。その後、2006年にシングル”Real Face”でメジャー・デビュー。B'zの松本孝弘の手によるハードなロックのサウンドにダンス・ミュージックの要素を組み合わせた楽曲と、やんちゃな雰囲気の中にも大人の色気を感じさせるパフォーマンスが注目を集め、アメリカの音楽情報サイト、ローリング・ストーンが2013年に発表した「男性ヴォーカル・グループの名曲50選」に、日本のグループでは唯一選出された。また、シングル自体も100万枚を超える売り上げを記録するなど、華々しいデビューを飾った(余談だが、同作は2018年7月末現在、日本国内で100万枚以上の売り上げを記録した、最後のデビュー・シングルである)。

その後も、歌手や俳優として一線で活躍を続けるが、海外志向が強い彼は2010年にグループを脱退し、ソロに転向。翌年には念願のアメリカ・ツアーを決行し、海外向けのアルバムをリリースするなど、自身の夢に向かって歩み始める。また、2014年以降は個人事務所を設立。楽曲の配信を開始し、中国公演を成功させるなど、目標に向けて着実に結果を残してきた。

このアルバムは、彼にとって初のリアレンジ・アルバム。これまでにリリースした作品をアレンジし直した楽曲に、新曲を加えている。過去の作品同様、彼自身がプロデュースを担当。その一方で、共同制作者にDJスウィングを迎え、アルバムの発売に先駆けて収録曲をライブで披露するなど、2018年の彼のスタイルを強調した作品になっている。

本作の1曲目は、唯一の新曲である”Feelin'”。制作にDr.スウィングが参加したこの曲は、ジェイソン・デルーロやジャスティン・ビーバーの音楽を思い起こさせる、鮮やかな音色の上物と、跳ねるようなハウスのビートが格好良いアップ・ナンバー。流れるようなメロディを歌う、赤西のセクシーな歌声が聴きどころ。

続く”Go Higher”は、2013年のアルバム『#JustJin』の限定版に収録されている曲のリメイク。太い低音が印象的なR&B色の強い原曲を、鋭い高音の伴奏を強調したEDMの要素を含むヒップホップにリメイク。スマートでありながら、芯の強いヴォーカルと激しいダンスが魅力の彼にふさわしい、華やかでスタイリッシュなダンス・ナンバーに仕上がっている。

これに対し、2015年のアルバム『Me』の収録曲をリメイクした”Dayum”は、四つ打ちのビートにギターやハンド・クラップを乗せた賑やかなダンス・ナンバーの原曲を、重いドラムとピアノの音色の伴奏を組み合わせたトラックでスタイリッシュなR&Bに再構築した作品。複数のビートを組み合わせて、楽曲に起伏をつけるアレンジは、歌とダンスで勝負するライブを意識したものか。30代前半で20年近いキャリアを誇る彼の艶めかしい歌声にも注目してほしい。

そして、本作に先駆けてリリースされた”Baila”は2014年のEP『Mi Amor』の楽曲のリメイク。曲名の「Baila」を連呼するイントロでリスナーの期待を掻き立てる演出が心憎い。原曲ではホーンの音色などを盛り込んでいたが、今回のリアレンジ版では、ビートを強調したシンプルなアレンジに仕上げている。

このアルバムを聴いていて強く感じたことは、彼のアーティストとしての高い表現力だ。声量よりも繊細で色っぽい表現をウリにするヴォーカルと、複雑で激しいダンスを武器にする彼。このアルバムでは、そんな彼の持ち味が活きる、洗練されたメロディと、尖った音のトラック、複数のビートを組み合わせたアレンジの曲が並んでいる。

また、アルバムに先駆けて公開された、収録曲のライブ・パフォーマンス映像を観ると、アジア系シンガーの魅力であるスマートなヴィジュアルに、KAT-TUN時代のやんちゃ坊主のような雰囲気と、30代を迎えて際立つようになった大人の色気が合わさった、現在の彼の魅力を引き出すアレンジに仕上げていることに気づかされる。この、自身の魅力を理解しつつ、それに合った音や舞台を用意できる技術と人間関係が、彼の音楽を特別なものにしていると思う。

新しい音を取り入れつつ、あくまでも「赤西仁」であり続ける彼の現在の姿を象徴した一枚。音とビジュアルの両方で自分の魅力を引き出し、観客を魅了する姿は、マイケル・ジャクソンやリッキー・マーティンと並べても見劣りしない。現代のアジアを代表するポップ・スターだと思う。

Producer
Jin Akanishi

Track List
1. Feelin'
2. Go Higher (Rearranged)
3. Ain't Enough (Rearranged)
4. Slow (Rearranged)
5. Dayum (Rearranged)
6. Baila (Rearranged)
7. Mami Loca (Rearranged)
8. One Last Time (Rearranged)
9. Heart Beat (Rearranged)
10. Opaque (Rearranged)
11. Can't Get Enough (Rearranged)
12. Summer Loving (Rearranged)
13. Hey What's Up? (Rearranged)
14. Mi Amor (Rearranged)





A la carte(初回限定盤)(DVD付)
赤西仁
ユニバーサル ミュージック
2018-08-01

Ciara – Level Up Remix feat. Missy Elliot & Fatman Scoop [2018 Beauty Records, Warner]

2004年に、リル・ジョンのプロデュース、ピーティー・パブロがゲストとして参加した”Goodies”を発表。初めてのシングルが全米ナンバー・ワン・ヒットという華々しいデビューを飾った、シアラことシアラ・プリンセス・ハリス。

テキサス州のオースティンに生まれた彼女は、軍人である父の仕事の都合もあり、色々な街を移り住む子供時代を送っていた。そんな彼女は、ハイスクール時代にデスティニーズ・チャイルドやマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを見て、シンガーを志す。学生時代の彼女は歌やダンスのトレーニングに励む一方、チア・リーダーにも所属するなど、精力的に活動していた。

デビュー・シングルと同名のアルバム『Goodies』が全世界で200万枚以上売れた後も、ほぼ2,3年に1作のペースで新作を発表。ジャスティン・ティンバーレイクと組んだ”Love Sex Magic”や、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした”I'm Out”などのヒット曲を残してきた。

この曲は、2018年7月に発売されたシングル曲のリミックス版。2000年代にはリアーナの”SOS”や、ショーン・キングストンの”Beautiful World”といった、全米ナンバー・ワン・ヒットを手掛けてきたJ.R.ロテムがプロデュースを担当。2000年代のダンス・ホール・レゲエを思い起こさせる変則的で激しいビートはそのままに、ミッシー・エリオットとファットマン・スクープのパートを追加した、賑やかなダンス・ナンバーになっている。

原曲の派手なトラックはそのままに、変則ビートに物怖じすることなく、喉が千切れそうな勢いで声を張り上げるファットマン・スクープと、癖のあるビートも難なく乗りこなすミッシー・エリオット。スタイルの異なる二人のラッパーが加わったリミックスはとても華やか。しかし、三者の個性が時にぶつかり合い、時に絡み合いながら、破綻することなく一つの楽曲にまとまっている。この爆発するようなエネルギーを活かしつつ、一つの作品に収めた構成が面白い。

単なるパーティー・チューンかと思いきや、尖った個性の三者の持ち味を引き出しつつ、一つの楽曲に纏め上げた良質なR&B作品。移籍後第一弾となるニュー・アルバムへの期待が膨らむ充実の内容だ。

Producer
J.R. Rotem

Track List
Ciara – Level Up Remix feat. Missy Elliot & Fatman Scoop






VanJess - Silk Canvas [2018 VanJess]

ナイジェリア生まれ、カリフォルニア州育ちのジェシカとイヴァンナの姉妹によるヴォーカル・グループ、ヴァンジェス。

2009年頃から活動を開始。当初はレディ・ガガやアリアナ・グランデのヒット曲を、息の合った歌で本格的なR&B作品に生まれ変わらせていた。その後は、2012年あたりから「Louder than Words」や「Lights Camera Cure」などのプロジェクトに関わりながら、多くのステージを経験。2016年以降は2か月に1曲のペースで、オリジナルのシングルをリリースしてきた。

このアルバムは、彼女達にとって初のスタジオ・アルバム。2017年以降にリリースされた楽曲をほぼ全て収録した本作は、配信限定の自主制作アルバムながら、リトル・シムズやG-イージーなどの作品に携わっているアイアムノーバディーや、自身もミュージシャンとして活躍する一方、ヴァネッサ・ホワイトなどの作品にも参加しているクロエ・マルティーニといった、気鋭のクリエイターが集結。尖ったサウンドと落ち着いた歌声が織りなす、独特の世界を展開している。

本作の収録曲で最初に目を惹くのは、2曲目の”Control Me”。本作の発売と同時にシングル・カットされたこの曲は、ドイツのデュッセルドルフ出身、現在はロス・アンジェルスを拠点に活動するアイアムノーバディーが制作を担当。ずっしりと重い電子ドラムの音と、音量こそ小さいが輪郭のはっきりしたストリングスのような伴奏を組み合わせた神秘的なトラックの上で、歌というより、詩を読むような硬い声で言葉を紡ぐ二人の姿が心に残るミディアム・ナンバー。ニッキー・ジョヴァンニを彷彿させる鋭い声質のメロディから、エリカ・バドゥを思い起こさせる艶めかしい歌声のサビに繋がる展開が聴きどころ。

これに続く”Touch the Floor”は、クロアチア出身のクロエ・マルティーニなどがプロデュースし、キングストン出身のシンガー兼サックス奏者、マセーゴをフィーチャーした作品。ウェイン・マーシャルの”Check Yourself”などに使われたことでも知られるリディム、”Masterpiece”っぽいビートのダンス・ナンバーだ。癖の強いビートにも関わらず、ラップではなく、ジャネイを連想させる、高音中心の爽やかなメロディを丁寧に歌う二人の姿が光っている。難解なトラックを優雅に歌う二人の高い実力が心に残る良曲だ。サックスで参加したマセーゴもいい味を出している。

また、”Touch the Floor”のプロデューサーにも名を連ねている、ジェイ・オエバデージョとアイアムノーバディーが共同で制作した”Addicted”は、シンプルなトラックとゆったりとしたメロディが心地よいミディアム・ナンバー。音数を最小限に絞ったビートと洗練された歌声の組み合わせは、シーザシドといった、現代の人気R&Bシンガーの音楽に通じるものがある。似ているようで微妙に違う声質の二人の歌声が、ソロ・シンガーの曲にはない、複雑なメロディを生み出している。

そして、プラチナ・ディスクに認定されたヒット曲や、グラミー賞のノミネートも経験しているワシントンD.C.出身のラッパー、ゴールドリンクを招いた”Through Enough “は、電子楽器で90年代のヒップホップのビートを再現した刺激的なトラックが格好良い曲。スタイリッシュなヒップホップのビートに、流れるようなヴォーカルの組み合わせた手法は、ジャネイの”Hey Mr. D.J.”に凄く似ている。ケイトラナダとも組んだことがあるゴールドリンクが、電子音を多用した、洗練されたビートも違和感なく乗りこなしている点も面白い。BTSの”Paradice”を手掛けたことも話題になった、ローファイルことタイラー・アコードが作ったトラックも含め、全ての面で本作の目玉と言っても過言ではない曲だ。

このアルバムを聴いていると、洗練されたメロディと巧みな節回しで多くのリスナーを魅了したジャネイやフロエトリーといった女性デュオのことを思い出す。しかし、ヴァンジェスが偉大な先輩たちと違うのは、電子楽器の音色を強調した前衛的な作風でありながら、ヒップホップのリズミカルなビートと、R&Bの複雑でダイナミックなメロディを同居させているところだ。最先端のサウンドを積極的に取り入れながら、昔のR&Bを思い起こさせるスタイルが、彼女達の音楽の魅力だと思う。

斬新なトラックに対応するため、ラップのような起伏の少ないメロディにシフトする歌手が多い中、複雑なビートに美しいメロディを乗せる二人の高いヴォーカル・スキルは、もはや自主制作の枠を超えている。じっくりと歌を聴かせる90年代以前のR&Bのスタイルを踏襲しつつ、最先端のサウンドを取り入れた彼女達の音楽は、新しい音が好きな人も、昔のR&Bが好きな人も魅了しそうだ。

Producer
Chloe Martini, KAYTRANADA, Lophiile, Louie Lastic, Ogee Handz, Jay "Kurzweil" Oyebadejo etc

Track List
1. My Love
2. Control Me
3. Touch the Floor feat. Masego
4. Filters
5. Honeywheat
6. Addicted
7. Cool Off the Rain (Interlude)
8. Through Enough feat. GoldLink
9. Another Lover
10. 'Til Morning
11. Best Believe
12. The One
13. Easy feat. Berhana & Leikeli47
14. Rewind Time feat. Little Simz






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ