melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

【番外編】インフラ勉強会半年記念イベントに参加してきた

「おい、melOn、つまらない前々回は資格試験の話で、今回は勉強会の話か?音楽の四方山話はどこへ行った!?」

最近、ブログのタイトルを裏切る内容が続いて、大変申し訳ありません。
今後は音楽の話も増やしていきますので、今回だけはご容赦を。

去る6月23日(土)、都内某所で行われたインフラ勉強会の半年記念イベントに参加してきました。
自分はゴリゴリのシステム屋さんではないですが、自分の腕を磨き、見識を深めるため、色々なイベントに顔を出したり、参加したりしてきました。

今回、参加したのはそのうちの一つ「インフラ勉強会」の設立半年記念のイベント。
自分はあまり積極的に参加していないですが、泥酔した状態で発表をしたり、あちこちに喧嘩を売ったり情報交換に参加したりと色々関わってきました。

当日は、護身用具自己紹介グッズと、ご縁があっていただけるというネットワーク機器を持ち帰るための袋を用意して渋谷へ・・・。


余談ですが、丈夫な布袋を買った渋谷のロフトでは、最近日本デビューを果たしたアイドル・グループ、SEVENTEENとのコラボレーション・カフェをやってました。ファンの女性で入場制限がかかってましたね。

IMG_4922

さて、今回のイベント、会費はPaypalで事前に支払い、入館受付時に必要な画面はQRコードを使って呼び出し、会場では参加者は全員名札を使用していました。

このシステムは非常に便利で、支払いに時間を取られることもなければ、金銭の授受にまつわるトラブルも避けられるなど、とても快適でした(もちろん、100人規模のイベントだからできる面も大きいでしょうが)。

あと、当日は名札(カードホルダーを持ち込んでいる人もいた)を着用して、名前やTwitterなどのアカウント、飲酒等の可否などを表明できたのは良かったです。発言内容は覚えていても、直接お会いする機会のない人と話すことが多いので、目印になるものがあると便利ですね。

自分も当日、PC経由で色々な文字列を表示させる名札と、自前の名刺(こちらはあまり使わなかったけど)を用意しました。

IMG_4925
IMG_4908


さて、今回のイベントは半年記念ということで、技術の話題よりも設立経緯や現在に至る流れについてのまとめが主流でした。

ざっくりいえば、少数のメンバーで始めた勉強会は、とびぬけた技術を持った人だけでなく、色々な技術、経験を持った人が学べる場、発表する場として、着実に拡大し、現在では2500人が登録するまでになったということです。

また、発表テーマも多岐に渡っていて、PCパーツショップで働いていた方のパーツ講座や、メイドカフェから中継する簿記講座(余談ですが、この回の次が自分の発表でした)、分厚い書籍の輪読会など、各人がの興味や特技を活かして、色々な勉強会を開いています。ただ、初心者向けの企画は少なくなってきているので、その点は課題という指摘もありました。

それ以外にも、、技術者向けの書籍を発表しているような方が、一発表者として参加したり、参加者として登壇者に鋭い質問を投げかけたりする一方で、新しい分野に挑戦している方が、基本的だけど上級者が見落としがちなポイントについて確認したりと、登壇者を含む、参加者同士のコミュニケーションで、コンテンツがを作っている点にも言及されてました。

発表の内容以外に目を向けると、当日は、大阪でも同時に開催し、東京で行なっている発表を大阪で視聴したり、大阪の発表を東京で視聴したりしている点も斬新でした。また、配信内容自体は一般公開していたので、都市部に来れない方や、子育て中の方が、両会場以外のところから参加している(これはチャットやSNS経由で確認できた)のも面白かったです。

ここで、いち参加者の立場から、当日の発表も踏まえて、インフラ勉強会のメリットを簡単にまとめたいと思います。

1.性別、年齢、学歴、職歴が異なる人達と知り合うきっかけになる
インフラ勉強会の登壇者、参加者には色々な人がいます。PCショップでパーツを売っていた人や、大学院で畑違いの分野の研究をしていた人、ソフトウェア会社で開発をしている人から、コンプライアンスに煩い大企業で管理の仕事をしている人などなど、参加者のバックグラウンドは多種多様です。ただ、多くの人はITインフラ(以外のテーマも多いけど)への興味という共通点を持って参加しています。職場や学生時代の友人、ご近所付き合いとは違う形で他人とコミュニケーションを取れる勉強会は、ともすれば同じような価値観の人と付き合いがちな私達にとって、視野を広げたり考えを柔軟にする良い機会だと思います。

2.自分のペースで参加できる
オンラインのインフラ勉強会は、平均すると1回1時間弱、1日1コマ~3コマ、週7日のペースで開かれています。これは、職業訓練の学校や通信教育に比べると非常に多い分量です。これは見方を変えれば「全部の勉強会に参加している人、参加できる人はいない」って意味でもあります。自分が興味のあるもの、必要あるものに絞ってマイペースに参加できることは大きいと思います。実際、育児などを理由に、外部のセミナーに参加できない方が、インフラ勉強会で登壇したことは何度もあります(過去には、発表中に子供や奥さんの声が聞こえたことも)。この敷居の低さが始めやすく、途中で挫折しても復帰しやすい雰囲気づくりに一役買っていると思います。

3.自分なりのアプローチで貢献できる
「インフラ勉強会」と銘打ってますが、勉強会のテーマは多岐に渡ります。特定の技術に関するものから、ソフトウェアのハンズオン(手を動かしながら学ぶ機会)、資格試験の反省会まで、その範囲は多岐に渡ります。自分の得意な分野、学びたい分野、伝えたいことのある分野で、他の人に有益な情報を提供できるのは大きいと思います。

最後に
最後になりましたが、運営の皆さん、懇親会や二次会で声をかけてくださった皆さん。ネットワーク機器や書籍をくださった@hmatsuさん。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 いただいた書籍や機材の写真。

AEB2E6B7-5D50-4293-875C-95E959D1ECAA
88EF6FA4-9364-4060-B697-A57BC6B603A7
2117C995-410D-4760-94DC-7F9B7DED5E12
DDF66D9A-55D8-472C-8C62-6F7F8946453F
 

CHEMISTRY – Heaven Only Knows/13ヶ月 - EP [2018 Sony]

2001年に、100万枚以上を売り上げたシングル”Pieces of Dream”で華々しいデビューを飾った、日本発の二人組男性ヴォーカル・グループ、ケミストリー。

モーニング娘。などを輩出した、テレビ番組「ASAYAN」の「男子ヴォーカリストオーディション」(余談だが、同企画の最終選考には、後にEXILEで活躍するATSUSHIやNESMITHの名前もあった)を勝ち上がった、東京都出身の川畑要と、広島県出身の堂珍嘉邦の二人からなるこのグループ。彼らは、各人の実力の高さと、デュオになったときに発揮される化学反応から、プロデューサーの松尾潔によってケミストリー(=化学反応)と名付けられた。

同年には初のスタジオ・アルバム『The Way We Are』を発売。300万枚を売り上げ、男性ヴォーカル・グループのデビュー・アルバムの最多セールスを記録し、年末の紅白歌合戦にも出場。翌年には日韓共催の2002年FIFAワールド・カップの公式テーマ・ソング”Let's Get Together Now”をリリース。名実ともに、日本を代表するヴォーカル・グループとして知られるようになった。

その後も、様々なプロデューサーを起用しながら、多くの楽曲を発表。日本のポピュラー・ミュージックを好む堂珍と、欧米のヒップホップやR&Bに傾倒する川畑の個性が絶妙なさじ加減で混ざりあった、日本人好みの美しいメロディとヴォーカルが魅力的な作品を残してきた。

本作は、2017のシングル”Windy/ユメノツヅキ”以来となる、彼らの36枚目のシングル。前作に引き続き、彼らの可能性を見出し、一流のアーティストに育て上げた、松尾潔がプロデュースと作詞を行っている。

1曲目の”Heaven Only Knows”は、”Let's get together now”などを制作した川口大輔が作曲を担当。ドラムを軸としたシンプルなトラックと、しなやかなメロディが心に残るアップ・ナンバーだ。流麗なメロディに豊かな表情を吹き込む二人のヴォーカルが聴きどころ。ヴォーカルを引き立てる洗礼されたトラックとスタイリッシュなメロディは、彼らのデビュー曲”Pieces of Dream”にも通じるものがある。

続く”13ヶ月”は、オーディションの最終選考の課題曲”最後の夜”のアレンジや、彼らの人気曲”You Go Your Way”の作曲を手掛けた豊島吉宏が作曲に参加したバラード。良曲の路線を引き継ぐ、しっとりとしたメロディが印象的な作品。

そして、本作の隠れた目玉が70年代、80年代のディスコ音楽を現代のクラブ・ミュージックと融合した作風で注目を集めている、八戸出身のクリエイター、T-Grooveがリミックスを担当した”Heaven Only Knows”だ。跳ねるようなベースの演奏や軽快にリズムを刻むギター、軽やかなパーカッションの音色が心地よいダンス・ナンバーだ。シンセサイザーを効果的に使った尖ったアレンジの多いT-Grooveの仕事では珍しい、生演奏の柔らかい音色を活かしたトラックは、山下達郎の”Sparkle”のような、ロックやソウル・ミュージック、歌謡曲の要素が程よく入り混じった、親しみやすさとお洒落な作品になっている。日本のレコード会社が制作したディスコ音楽のコンピレーション・アルバムを監修するなど、ディスコ音楽を中心に、色々な音楽に造詣が深いT−Grooveの持ち味が遺憾無く発揮された名リミックスだ。

本作から強く感じるのは、メロディや歌声を大切にするメンバーとプロデューサーの松尾潔氏の音楽への思い入れだ。音楽ライターからキャリアをスタートし、「美メロ」という言葉を生み出して、美しいメロディと、楽曲の魅力を引き出すシンガー達にスポットを当ててきた松尾氏らしい、美しいメロディと楽曲の世界観を引き立てるリリック。それを歌うシンガーの豊かな表現力が合わさった楽曲は、彼が90年代から紹介してきたルーサー・ヴァンドロスやR.ケリーのような、メロディが魅力のアメリカのR&Bを彷彿させる。また、そこに日本のポピュラー音楽が原点の堂珍と、アメリカのヒップホップを愛聴してきた川畑の解釈が加わることで、アメリカの歌手とは一味違う、彼ら独自の音楽になっている。この絶妙なバランスが、彼らの音楽の面白いところだろう。


三者の個性と、細部にまで心を配った曲作り、大胆かつ丁寧なヴォーカルが光る良作。80年代や90年代の黒人音楽が好きな人には懐かしい、現代の斬新なサウンドのR&Bに慣れ親しんだ人には新鮮に聴こえると思う。

Producer
松尾潔

Track List
1. Heaven Only Knows
2. 13ヶ月
3. Heaven Only Knows (T-Groove Remix)
4. Heaven Only Knows -Instrumental-
5. 13ヶ月 -Instrumental-






【番外編】データベーススペシャリスト試験に落ちたので、原因を考えてみた

はい、6月20日は高度情報処理技術者試験の合格発表日でした。

ITに関わる仕事をしている人にとって、年中行事のような資格試験ですが、自分も現在の仕事になって、毎回何らかの区分を受けています。

これまでの受験歴は
H27秋:基本情報→合格
H28春:応用情報→合格
H28秋:セスペ→午後1で不合格
H29春:DBSP→午後2で不合格
H29秋:情報処理安全確保支援士→合格

で、今回は2度目のチャレンジ。
結果はというと、悔しいことに不合格でした。

受験票を紛失したため細かい点数はわかりませんが、午前2試験が自己採点で80点以上取れていたので、落ちたのは午後1か午後2試験だと思います。

そこで、今回は自分の勉強法を振り返ってみて、悪かった点、今後の課題と対策を考えてみたいと思います。

1.学習時間
具体的な時間は測っていないけど、前年の受験時よりは確実に少なくなっていました。
単純に仕事が忙しくなったのもあるけど、勉強会に出たり、友人に会ったり、色々なコミュニティに参加したりと、行動範囲が変わったことで、試験勉強に割く時間が相対的に少なくなってました。

あと、今振り返ってみると、安全確保支援士に合格したことで、悪い意味で心に余裕ができた、端的に言えば、試験を舐めてかかって、勉強しなくなったと思います。

基本的に、高度情報技術者試験で求められる能力は、試験区分ごとに互いに独立しているので、ある試験に合格したことが、(知識面で有利であっても)他の区分で有利になることはないと感じました。

2.学習方法
学習方法自体は前回から変わらず。

通勤中:
参考書を読む、データベーススペシャリストドットコムの過去問道場で午前試験の過去問題を解く
職場(休憩中):
資格と関係のない本を読む(単純に職場で試験勉強している人が好きになれないので)
自宅:
午後試験の過去問演習、参考書を読む、データベーススペシャリストドットコムの過去問道場で午前試験の過去問題を解く

というサイクルでした。
ただし、前回の受験時も午前試験は8割以上取れていたので、学習は午後対策に重きを置いてました。

具体的には、
通勤時:
参考書で解き方や知識を確認、集中力が切れたら午前試験対策に切り替え
自宅:
午後試験の過去問演習と間違えたところの復習
という流れでした。

ただ、今振り返ってみると、午後試験の演習は明らかに甘い印象でした。
午後1試験の対策は、8年分の問題は一通り解いたものの、間違えた箇所は解説を読んだだけで、同じ問題が再出題された場合に確実に解ける状態ではありませんでした。
そして、一番の失敗は、午後2試験の対策で、時間が取れなかったこともあり、一問も解かないまま当日の試験に臨んでいました。
この、「午後1試験で確実に解ける問題を増やす」ことと「午後2試験の複雑な問題に対応する知識と思考パターンを身に着ける」ことを怠ったことが今回の失敗だなと思いました。

試験の感想

午前2試験
平常運転、データベーススペシャリスト試験は知識問題が出しにくいのか、同じような問題が頻繁に出題されるので、比較的解きやすい印象。

午後1試験
問1(販売管理システムの設計)、問2(データベースの制約)を選択。個人的には物理的な設計に苦手意識があったので、問2,問3(物理データベースの設計)は避けたかったが、比較的解きやすそうな問2を選択。今見ても雑な解答しか出せなかったので、多分これが敗因。仕事でデータベースを弄ることが少ないので、この分野に苦手意識があったのですが、今回はこの部分が致命傷になったっぽいです。

午後2試験
問1(データベースの設計と実装)を迷わず選択。産業用機器の販売管理システムという王道の問題でした。が、模範解答を見る限り、自分の読み落としが何か所か見つかったので、その点については参考書の解説待ち、サブタイプの考え方など、理解の甘い部分が何か所か見つかったので、その点は今後の課題です。

今回の反省

端的に言えば
・試験を侮っていた
・苦手部分を放置していた
・演習回数が少なかった
この三つだと思います。

今後の方針
とりあえず、秋期は新しい試験、ネットワークスペシャリストに挑戦。データベースの勉強は試験後まで保留の予定。
ネットワークスペシャリストは、自分にとって初めての分野で、データベース以上に経験の浅い分野なので、手を動かしながら早めに知識を固めていこうと思います。


補足
情報処理技術者の試験対策では、毎回翔泳社の参考書を使用。
翔泳社の参考書は、出版社のサイトから過去問題の解答例と解説がダウンロードできるので、午後試験が明暗を分ける高度情報処理技術者試験の対策ではかなり役立つと思います(論文系は除く)


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ