ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Big Boi ‎– Boomiverse [2017 Epic]

ジョージア州サバンナ生まれのラッパー、ビッグ・ボーイこと、アントワン・アンドレ・パットンは、アトランタのハイスクールに通っていたころ、同じクラスだったアンドレ3000と知り合い、ヒップホップ・デュオを結成。オーガナイズド・ノイズがリミックスを担当したTLCの”What About Your Friends” に客演したことで、一気に名を上げる。その後、彼らは、正式にヒップホップ・グループ、アウトキャストを結成。TLCも所属するラ・フェイスと契約する。

93年にアルバム『Southernplayalisticadillacmuzik』でデビューすると、2006年までに6枚のアルバムと、3曲の全米ナンバー・ワン・ヒット”Ms. Jackson”、”Hey Ya!”、”The Way You Move”を含む多くのシングルを発表。中でも、二人のソロ作品をセットにした2003年の2枚組のアルバム『Speakerboxxx/The Love Below』は、全世界で2000万枚以上売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上初となる(そして2017年時点では唯一の)グラミー賞の主要4部門を獲得した作品となった。

しかし、2006年の『IdleWild』以降は活動が停滞。二人はソロ活動に軸足を移し始める。

ビッグ・ボーイも、2010年に初のソロ作品『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』をデフ・ジャムから発表。アルバム・チャートで3位を獲得する成功を収めると、その後も複数のアルバムやミックステープを発表。その一方で映画にも出演するなど、活躍の場を広げてきた。

このアルバムは、2015年にエレクトロ・ミュージックのユニット、ファントグラムとのコラボレーション・ユニット、ビッグ・グラムス名義で発表した『Big Grams』以来、自身名義としては2012年の『Vicious Lies and Dangerous Rumors』以来となるオリジナル・アルバム。ダンジョン・ファミリーの盟友、オーガナイズド・ノイズを中心に、スコット・ストーチやマニー・フレッシュ、DJダヒなど、新旧の名プロデューサーとコラボレーションしながら、彼の個性を強く反映したポップで斬新なヒップホップを聴かせてくれる。

本作の収録曲で、異彩を放っているのはオーガナイズド・ノイズがプロデュースした”Kill Jill”だろう。日本人プロデューサー、アウラ・クオリックのトランス・ナンバー”DATA 2.0”をサンプリングしたこの曲は、初音ミクのヴォーカルを声ネタに使った異色の楽曲。初音ミクの透き通った歌声と、淡々と歌う姿、精巧な人形のような不気味さを感じさせる。映画「キル・ビル」をもじったタイトルやMVなど、日本を意識した要素の多い作品だが、日本人の目には奇異に映ってしまうのはご愛敬。こんな奇抜な曲でも、いつも通りコミカルなラップを聴かせるビッグ・ボーイの熟練の技にも注目してほしい。

これに対し、マルーン5のアダム・レヴィーンとスリーピー・ブラウンをフィーチャーした”Mic Jack”は、若き日のマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーが活躍していた、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを彷彿させるアップ・ナンバー。軽快なビートをバックに、親しみやすいメロディを軽やかに歌うアダムやブラウンの存在が光っている。アウトキャストの名義で発売した彼のソロ曲”The Way You Move”にも通じる、往年のソウル・ミュージックのポップなサウンドとキャッチーなメロディを、現代風にアレンジした良曲だ。

一方、彼と同じアトランタ出身のラッパー、グッチ・メインが参加し、ピンプCの声を引用した”In The South”では、リル・ウェインやT.I.のように、トラップ・ビートに乗せて、ワイルドなラップを披露している。ロックやソウル・ミュージックのエッセンスを取り入れた奇想天外な曲が目立つビッグ・ボーイだが、この曲のような流行のトラックもきっちりと乗りこなしている。マイアミ生まれ、アトランタ育ちのプロデューサーTM88が作るビートも格好良い。

また、新作『Cannabis』も好調なエリック・ベリンガーを起用した”Overthunk”も見逃せない曲だ。オーガナイズド・ノイズが提供したビートは、ジャーメイン・デュプリが作りそうなバウンズ・ビート。その上で、ゆっくりと粘り強く歌うエリックと、トゥイスタを連想させる早口のラップを披露するビッグ・ボーイの対照的なパフォーマンスが光る佳曲。アウトキャストの作品でも、見せてくれた高速ラップのスキルが健在なことを再確認させてくれる。クリエイターとしての実力だけでなく、ラッパーとしてのスキルの高さもずば抜けている彼ならではの作品だ。

今回のアルバムでも、過去の作品同様、我々の想像の斜め上を行く奇想天外なサウンドと、トラップやバウンズ・ビートといったアメリカ南部出身のラッパーが得意とするスタイルを両立した、バラエティ豊かな楽曲を揃えている。相方のアンドレ3000が、斬新なサウンドで周囲を驚かせていたことを考えると、ビッグ・ボーイの作品は少々保守的にも映るが、流行のビートでさえ斬新な音楽に仕立て上げるられるのが、彼の面白いところだと思う。

40歳を超え、プロとしてのキャリアも24年目を迎えながら、常に進化を続け、ポップスの一ジャンルとして楽しめる、新鮮なヒップホップを聴かせてくれている。ヒップホップやラップに苦手意識を持っている人にこそ聴いてほしい、そんなアルバムだ。

Producer
Big Boi, Organized Noize, Dr. Luke, DJ Dahi, DJ Khalil, Mannie Fresh, Scott Storch etc

Track List
1. Da Next Day
2. Kill Jill feat. Jeezy & Killer Mike
3. Mic Jack feat. Adam Levine
4. In The South feat. Gucci Mane & Pimp C
5. Order Of Operations
6. All Night
7. Get Wit It feat. Snoop Dogg
8. Overthunk
9. Chocolate
10. Made Man feat. Killer Mike & Kurupt
11. Freakanomics feat. Sleepy Brown
12. Follow Deez feat. Curren$y & Killer Mike


a
a

Boomiverse
Big Boi
Epic
2017-06-16

Mike City - Feel Good Agenda Vol.1 [2017 BBE]

99年にリリースされたカール・トーマスの”I Wish”が、全米ヒップホップ・R&Bチャートで6週連続の1位を獲得(その後、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”に奪われるものの、再度取り返している)する大ヒットになったことで名を上げ、その後もサンシャイン・アンダーソンの” Heard It All Before”や、ブランディの”Full Moon”、デイヴ・ホリスターの”One Woman Man”などヒット曲を手掛けてきた、フィラデルフィア出身のプロデューサー、マイク・シティことマイク・フラワーズ。近年はレイラ・ハザウェイやフェイス・エヴァンスなどの作品にも携わっている彼の、98年作『City Limits』以来となるフル・アルバムが本作だ。

前作は、自身がヴォーカルをとっていたが、本作では多くのゲスト・ヴォーカルを起用。カール・トーマスやレイラ・ハザウェイのような、彼とは縁の深いミュージシャンを中心に、フェイス・エヴァンスやメイサ・リークなど、人気と実力に定評のあるシンガーが集結している。

彼の出世作となった”I Wish”を歌っている、カール・トーマスをフィーチャーした”100 Miles”は、シンセサイザーを使った煌びやかなバック・トラックが印象的なアップ・ナンバー。”I Wish”の時はシンプルなメロディを丁寧に歌っていたカールだが、この曲では”She Is”に近いしなやかなメロディの上で美しい声を響かせている。ルイ・ヴェガやマスターズ・アット・ワークを思い起こさせるお洒落なトラックも心地よい。

一方、フェイス・エヴァンスが参加した”When I Luv”は、跳ねるようなベースの演奏と華やかな伴奏が格好良い曲。パワフルな歌声が魅力のフェイスには珍しい、クールなヴォーカルが光るダンス・ナンバーだ。自作のトラックの上で、軽やかなヴォーカルを披露するマイクの存在が、楽曲に軽快なイメージを与えている。ダフト・パンクの”Get Lucky”にも通じる、ディスコ音楽の影響が見え隠れする良曲だ。

また、2017年のアルバム『Love Is A Battlefield』も好評な、メイサ・リークを起用した”Head Over Heels”は、太いシンセサイザーの音色を使ったハウス・ナンバー。”100 Miles”同様、華やかな伴奏が印象的だが、メイサの流れるようなヴォーカルのおかげで、洗練されたダンス・ミュージックのように聴こえる。この曲でもマイクが歌声を披露しているが、こちらの曲では、スタイリッシュなメイサの歌唱を引き立てるように、軽妙なヴォーカルを聴かせてくれる。

そして、レイラ・ハザウェイを招いた”You’re In Heaven”は、本作では珍しいミディアム・テンポの楽曲。キラキラとしたキーボードと切れ味の良いギターの伴奏をバックに、じっくりとメロディを歌い込むj二人の姿が素晴らしい。” Heard It All Before”や”One Woman Man”を連想させる、ゆったりとしたメロディとミディアム・テンポのトラックが気持ちいい。

今回のアルバムは、カール・トーマスやフェイス・エヴァンスのように、恵まれた歌声と高い歌唱技術を兼ね備えたシンガーを集めて、ハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートと、シンセサイザーを駆使したスタイリッシュな伴奏を組み合わせたという、アーティストとシンガー、両方にとって異色の作品だと思う。高い歌唱力がウリのシンガーを集めたハウス・ミュージック作品は、90年代から数多くあったが、味わい深い歌声の歌手を揃えて、今回のような作品を録音したものは非常に珍しい。おそらく、マイクが20年以上の長い間、R&Bの世界でじっくりと「歌」を聴かせる作品をたくさん手掛けてきた経験が、この作品に反映されているのだと思う。

EDMやトラップのような、華やかで高揚感のあるサウンドとは一味違う。クールで洗練された大人向けのダンス・ミュージック。ダフト・パンクやマーク・ロンソン、ブルーノ・マーズなどの音楽が好きな人にはぜひ聴いてほしい、おしゃれでロマンティックなR&Bだ。

Producer
Mike City

Track List
1. I Rock Wit U feat. Dwele
2. Everybody Loves A Winner
3. 100 Miles feat. Carl Thomas
4. When I Luv feat. Faith Evans
5. Been Too Afraid feat. Teedra Moses
6. Head Over Heels feat. Maysa
7. Up To It
8. More Of Me feat. Crystal Johnson
9. Here Together feat. Terri Walker
10. You’re The Kind
11. Sang & Dance feat. Junior
12. You’re In Heaven feat. Lalah Hathaway





▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]
▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]

October London - Color Blind: Hate & Happiness [2017 October London, Cadillacc Music]

2016年に、スヌープ・ドッグの”Revolution”に客演したことで一躍有名になり、同じ年に初のEP『Color Blind: Love』を発表。50年代のドゥー・ワップや70年代のスウィート・ソウルから影響を受けたロマンティックな作風で、配信限定ながら音楽ファンの間で話題になった、インディアナ州のサウスベント出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドン。今年に入ってからもスヌープの新作『Never Left』に収録されている”Go On”にフィーチャーされるなど、精力的に活動している彼の、半年ぶり2枚目のEP。

前作同様、配信限定の作品のため、プロデューサーなどは不明だが、作風は前回のアルバムに引き続き、往年のソウル・ミュージックの要素を随所に取り入れた、甘く、ロマンティックなものになっている。

アルバムのオープニングを飾る”One Shot to Love”は、デイヴィッドT.ウォーカーを彷彿させる艶めかしいギターの伴奏と、流麗なストリングスが印象的なミディアム・ナンバー。R.ケリーなどが採用したことで、若者の間でも有名になったシカゴ発祥のダンス音楽、シカゴ・ステッパーズっぽい洗練されたリズムに乗って、リラックスした歌唱を聴かせるオクトーバー・ロンドンが格好良い佳曲だ。

続く”Top Down”は、彼がブレイクするきっかけを作った、スヌープ・ドッグをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。アリシア・キーズの”You Don’t Know My Name”を思い起こさせる、甘いコーラスを多用したトラックの上で、優しくラップするスヌープの存在感が光る曲。スヌープに合わせるかのように、R.ケリーを思い起こさせるラップっぽい歌唱を披露する、オクトーバー・ロンドンのヴォーカルも心地よい。スウィート・ソウルの雰囲気を残しつつ、ヒップホップ寄りのR&Bに落とし込んだアレンジ技術が魅力的な楽曲だ。

これに対し、”Dramatic”はマーヴィン・ゲイの”Inner City Blues”を連想させる、哀愁を帯びたアップ・ナンバー。触れたら崩れそうな、繊細なファルセットを多用したヴォーカルは、70年代のマーヴィン・ゲイにそっくりだ。しかし、古いレコードからサンプリングしたような温かい音色を使った、重いビートとシンセサイザーの音色を駆使した伴奏のおかげで、当時の雰囲気を残しつつ、現代の音楽として聴かせている点は見逃せない。

そして、本作では唯一のバラードが”Driving Me to Drink”だ。三拍子を取り入れた優雅な伴奏に乗って、悠々と歌う姿が印象的。低音を中心に、声域をフルに使ったダイナミックなヴォーカルと、 荒々しいピアノや、スティーブ・クロッパーを思い起させる武骨なギターを組み合わせた伴奏が素敵な楽曲だ。アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングスのような泥臭いR&Bシンガーが好きな人にはたまらないと思う。

今回の作品でも、前作同様、ドゥー・ワップやスウィート・ソウル、シカゴ・ステッパーズなど、色々なスタイルのソウル・ミュージックを取り入れた、懐かしさと新鮮さの同居した素敵な音楽が揃っている。彼の音楽は、サンプリングやアレンジで往年のサウンドを再現しているだけでなく、声の出し方や、言葉同士のつなぎ方など、細かいところにまで気を配ることで、当時の音楽の雰囲気を再現しているのだと思う。だからこそ、自身名義の作品以外でも、ソウルフルなパフォーマンスを披露できるのではないだろうか。

ソウル・ミュージックを丹念に研究し、現代の音楽と融合した、本格的なヴォーカル作品。ヒップホップを通して往年のソウル・ミュージックを知った人にこそ是非聴いてほしい。歌の面白味が堪能できる傑作だ。

Track List
1. One Shot to Love
2. Top Down feat. Snoop Dogg
3. Dramatic
4. Driving Me to Drink
5. Somebody's Getting My Love
6. Where's the Justice
7. Sail Away






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ