ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Steve Lacy – Steve Lacy’s Demo EP [2017 Three Quarter]

2015年にリリースした3枚目のアルバム『Ego Death』が、グラミー賞のベスト・アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門にノミネートしたことも記憶に新しい、オッド・フューチャー所属のシド・ザ・キッドやマット・マーシャンズが率いるR&Bバンド、ジ・インターネット。2017年に入ってからは、1月にはマットが『The Drum Chord Theory』を、2月にはシドが『Fin』を発表するなど、各メンバーが活発な動きを見せているが、彼らに続き、最年少ながら、ギターやベースの演奏から楽曲制作まで、幅広く担当しているスティーヴ・レイシーが、初のソロ作品をマットの作品も配給しているスリー・クォーターから配信限定で発表した。

2015年から正式加入した後発のメンバーながら、『Ego Death』ではシングル・カットされた"Special Affair"を含む6曲のソング・ライティングやプロデュースを担当。その後も、学業と並行して色々なアーティストのレコーディングに携わり、2017年には『The Drum Chord Theory』の収録曲のうちシングル化された”Diamond in Da Ruff”と”Dent Jusay”を含む3曲を、『Fin』ではシングル・カットされた”All About Me”を含む2曲を手掛けるなど、最年少メンバーとは思えない大活躍を見せている。

2人の後を追いかける形で発表されたスティーヴの作品は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやファンカデリック、カーティス・メイフィールドなどの影響を感じさせる、ギターの音色を効果的に使った幻想的なサウンドが印象的なアルバム。ドラマーらしい、温かい音色を使ったバラエティ豊かなビートが魅力の『The Drum Chord Theory』や、アリーヤを彷彿させる冷たく、透き通った歌声が魅力を活かした、スタイリッシュな作風が面白い『Fin』に続き、メンバーの個性が発揮された作品になっている。

本作では、収録されている6曲すべてが、彼自身の作詞作曲、プロデュースによる録音。1曲目に選ばれた”Looks”は、ホーン・セクションのないアース・ウィンド&ファイアといった趣の、カラっとしたギターのカッティングが心地よいアップ・ナンバー。デモ故か1分半で終わってしまうのが口惜しい。

続く”Ryd”は、エフェクターで歪められたギターと変則的なビートを刻むドラムの組み合わせが奇抜なミディアム・ナンバー。ロマンティックなメロディが奇想天外なトラックでおどろおどろしい音楽に聴こえてしまう演出は、一聴の価値があると思う。

一方、マットのアルバムに収録されても不思議ではない温かい音色を使ったトラックが心地よい”Dark Red”は、ヒップホップのビートの上で、ジョージ・クリントンを連想させる個性的な歌唱が幻想的な伴奏と合わさって不思議な雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。『The Drum Chord Theory』を昔のソウル・ミュージックと融合させたような、懐かしさと新しさが入り混じった楽曲だ。

そして、”Thangs”はスティーヴが得意なベースを効果的に使った、ヒップホップともポップスとも形容しがたい不思議な楽曲。黒人音楽と同じくらい、ロックなどにも親しんできた、アウトキャストのアンドレ3000にも似た作風の佳曲だ。また、前曲同様、ベースを器用に操る姿が印象的な”Haterlovin”は、テンポの速いブレイク・ビーツに乗せて、複雑なグルーヴを正確に演奏しきる姿が格好良いジャズ・ファンク。18歳の若手とは思えない、老練な演奏に恐ろしささえ感じさせる本作の目玉だ。

最後に、アルバムのトリを飾るのが”Some”。ベースとギターを操りながら、ファレルを彷彿させるセクシーなファルセットを織り交ぜたヴォーカルを披露する、耳障りの良いアップ・ナンバーだ。彼のアルバムでは珍しく、ドネル・ジョーンズやカール・トーマスの音楽を連想させる流麗なメロディと、ザ・ルーツのように堅実で安定した演奏を聴かせているが、楽器の響きで曲に表情を付けたり、楽曲の終盤に新しいメロディを盛り込んだりするなど、聴き手を引き付ける小技もしっかりと盛り込んでいる。

実際に影響を受けたのかどうかはわからないが、彼の音楽には、スライ・ストーンやジョージ・クリントン、プリンスやデーモン・アルバーンといった、一つのジャンルに囚われない、柔軟な発想で新しい音楽を生み出したミュージシャン達の影が見え隠れする。今回のEPでは、ソウル・ミュージックやPファンク、ヒップホップなど色々な音楽の要素を含んだ曲を披露しているが、いずれの曲も、色々なスタイルの手法が混在した、特定のジャンルで形容することが難しいものばかりで、「スティーヴの音楽」になっていると思う。

デモ音源とはいえ、その発想の柔軟さ、楽曲の完成度は非常に高い。そして、これが18歳の青年の手による録音だというから二重に驚いた。彼はこれから、どんなミュージシャンに成長し、どんな作品を生み出してくれるのか、今後がとても楽しみな逸材の登場だと思う。

Producer
Steve Lacy

Track List
1. Looks
2. Ryd
3. Dark Red
4. Thangs
5. Haterlovin
6. Some






 

ブログ開設から4か月&100日突破!!2月のアクセス数と人気記事を振り返ってみたよ!!

「ブロガーにとって、最初の100日(3か月という説もあり)は下積みの期間。黙って記事を増やす時期だ。」と言われ、はや4か月。ついに、開設から100日を超えました(3月1日時点で102日目)。

といっても、レビューした作品の数は80弱と、最終目標の1000本はおろか、その一里塚である100本にも到達できなかったのは、正直悔しいですし、高品質の記事を量産するために必要な執筆速度や文章のクオリティを3か月間で身に着けることができなかった自分自身に怒りさえ感じています。

ですが、終わったことに怒りを燃やしても仕方ありません。今回は、毎月1回の恒例行事となりつつある、前月までの結果の分析と、今後の方針と具体的な計画について書こうと思います。

まず、最初に先月までのPV数やUU数のデータを見てみます。


PV数 前月比 UU数 前月比 記事数
2016年11月 31
9
9
2016年12月 768 2477% 153 1700% 23
2017年1月 2498 325% 507 331% 27
2016年2月 3544 142% 789 156% 25
総計 6841
1458
84


2月は日数が少ないので、PV数が伸びにくいとは思っていましたが、ここまで伸び率が落ちるとは、正直予想していませんでした。12月から1月にかけての伸び率が以上だったので、今後は2月の結果をベースに考えたほうがよさそうですね。

一方、記事数に目を向けると、2月は28日間で25記事(+まとめ記事1つ)と1日1記事のペースを固められたように思います。ただ、自分が書いた文章を読み返すと、わかりにくかったり、勘違いしていた箇所があったりと、まだまだ修行不足なのは否めないなと思いました。 実際、2月のアクセス数を日別でみると、下は70PV/日から上は180PV/日まで、曜日等の影響があるとはいえ、かなりの落差があるんですね。

落差をなくすことはできないとしても、いろいろな時間帯に利用される方が読んでもらえるよう、題材や書き方を工夫していこうと思います。

そして、2月の人気記事トップ5ですが、正直、こちらのほうが予想外でした。
具体的な順位と投稿日、アクセス数は以下の通りです。

1. Syd - Fin [2017 The Internet, Columbia] [2017年2月6日 102PV]



2. Charlie Wilson - In It To Win It [2017 RCA] [2017年2月19日 93PV]



3. Thundercat ‎– Drunk [2017 Brainfeeder] [2017年2月25日 88PV]



4. Ray BLK - Durt [2016 Ray BLK Self Release] [2017年2月24日 84PV]



5. Gavin Turek – Good Look For You EP [2017 Madame Gold] [2017年2月26日 83PV]



今月の記事別アクセス数は、インターネットのシドのソロ・アルバムが圧倒的な数字で1位、その下をほかの新譜が追いかける形でした。実は、下旬の途中まではマット・マーシャンズの『The Drum Chord Theory』がずっと上位にいたのですが、最終週で急に失速。ランク外の6位という結果に収まってしまいました。また、その下にはケヴィン・アブストラクトのような若手や、リアーナパーティネクストドアといった中堅どころ、ウィリアム・ベルのようなベテラン勢が並ぶ一方、サンファホゼ・ジェイムズは思うようにアクセスが伸びなかったことにも驚きました。
 
細かい分析は今後の課題にしますが、今回のまとめを作るなかで感じたことは、これからももっと新譜や旧譜をもっと聞きこんで、鋭い記事をもっと書いていきたいなと思いました。

それでは、風邪がひどいので私はここで・・・
明日からもどうかよろしくお願いします。 

3/1日時点の記事数
84/1000
ゴールはまだまだ遠い。 

They. - Nü Religion: HYENA [2017 Mind of Genius, Warner Bros. ]

その先進的な音楽性が評価され、グラミー賞の候補にも選ばれるなど、2016年を代表するアルバムの一つになった、ガラントの『Ology』。同作を配給している、ロス・アンジェルスのインディー・レーベル、マインド・オブ・ジニアスから、第2のガラントと呼んでも過言ではない、先鋭的な作風が魅力のデュオ、ゼイ.の初めてのフル・アルバムが配信限定でリリースされた。

このグループは、コロラド州デンバー出身のダンテ・ジョーンズと、テキサス州サンアントニオ生まれ、ワシントンD.C.育ちのドリュー・ラヴが、2015年にロス・アンジェルスで結成。同年には、本作にも収録されている”Motley Crew”、”Bad Habits”、”Back It Up”の3曲からなるEP『Nü Religion』をマインド・オブ・ジニアスからリリースして、新しい音に敏感なリスナーや批評家の間で注目を集めた。また、同じ年には、レーベル・メイトでもある音楽プロデューサーのズと、ロス・アンジェルスを拠点に活動する電子音楽家のスクリレックスの二人とコラボレーションしたシングル『Working for It』を発表。エレクトロ・ミュージックとR&Bを融合させた奇抜なサウンドで、イギリスやオーストラリアのヒットチャートにもその名を刻んだ。その後も、2017年までに4枚のシングルを発表。そのうち、”Working for It”を除く既発曲と新録曲を1枚のアルバムに纏めたのが、今回紹介する『Nü Religion: HYENA』だ。

彼らの音楽の特徴は、ジャンルに囚われず様々な音楽の要素を摂取する中で培われた視野の広さと柔軟性。2人へのインタビューによると、ジェイムズ・ブラウンやニュー・エディションの影響を受けている一方で、ニルヴァーナのカート・コヴァーンやシンガー・ソングライターのエド・シーランなどからも多くのインスピレーションをもらっているらしい。そして、そんな彼らの楽曲だが、大半が2人+外部のクリエイターという体制で作られている。

アルバムの実質的な1曲目、2人による書き下ろし曲である”Africa”は、カニエ・ウエストの近作を連想させる、色鮮やかな電子音を配したエレクトロ・トラックが面白いヒップホップ。歌うというよりも、言葉を投げると形容したほうが正確な、ラップとも歌とも異なる独特の言葉遣いが印象的だ。

一方、それに続く”Deep End”は2016年に発表された楽曲。変則ビートとマイク・エリゾンドのパワフルなギターを組み合わせたトラックと、喉がちぎれそうな勢いで切々と歌うヴォーカルが印象的な曲。ロックの世界では定番の組み合わせであるパワー・コードを使って、新鮮なトラックを作るセンスは、色々な音楽に慣れ親しんできた彼ららしさが発揮されたものだ。

そして、2015年のEPにも収録された”Motley Crew”は、ガラントの音楽にも似た、前衛的なトラックと、哀愁を帯びた歌声が切ない雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。シンセサイザーとギター、そしてエフェクターを上手に組み合わせた、幻想的なトラックの上で、カート・コヴァーンやエド・シーランのような繊細さがウリのロック・シンガーを彷彿させる、ある種の暴力性すら感じさせる荒々しい歌声が物悲しいメロディを際立たせるミディアム・バラードだ。

それ以外にも、見逃せない曲はたくさんあるが、その中でも特に注目して欲しいのは、90年代から活躍する女性シンガー・ソングライター、ポーラ・コールが作曲で参加した”Dante's Creek”だ。ギターやエフェクターをアクセントに使ったサイケデリックなトラックは他の曲と同じだが、ポーラが参加することで流麗になったメロディに合わせて、その傾向は大幅に弱まっている。むしろ、チキチキ風のビートを取り入れつつも、最小限の加工を加えたギターの音色をじっくりと聴かせる伴奏をバックに、それに合わせてヴォーカルが切々と歌う、フォーク・ソングの弾き語りっぽいスタイルの曲で、ロックやポップスの要素とヒップホップやR&Bのエッセンスが高い次元で融合している。ヒップホップのミュージシャンによる、フォークソングの再解釈ともいえる名曲だ。

今回のアルバムを含め、彼らの残した録音を聴いていて感じるのは、近年流行しているオルタナティブR&Bをベースにしつつも、ストーンズ・スロウのミュージシャン、マッドリヴやメイヤー・ホーソンといったアーティストのように、ヒップホップやR&Bの要素を強く反映されているということだ。”Motley Crew”にしろ、”Dante's Creek”にしろ、ギターの演奏やガレージ・ロックのメロディを盛り込んでいるが、楽曲の土台となるビートは、一つのフレーズを繰り返すヒップホップの手法がベースになっているし、ビートに合わせて歌うときの節回しは、R&Bのマナーに従っている。その上で、ガレージ・ロックなどのメロディやアレンジを取り入れたり、シンセサイザーやエフェクターで各楽曲、およびアルバム全体に統一感を与えているのは大きい。

フランク・オーシャンやガラントにも言えることだが、彼らは音楽の趣味と人種や家庭環境が必ずしも一致しなくなった、21世紀のアメリカを象徴するアーティストだと思う。今回のアルバムは、アンダー・グラウンドのヒップホップが好きな人には魅力的な作品だと思うが、今後の方向性によっては、オッド・フューチャー一派やOVO勢を脅かす、コアなファンにも大衆にも愛されるミュージシャンに化ける可能性があると思う。そんな可能性を感じさせる斬新なR&B作品だ。

Producer
They., Mike Elizondo

Track List
1. Nü Religion: Hyena (Intro)
2. Africa
3. Deep End
4. Motley Crew
5. Truth Be Told
6. What You Want
7. Silence
8. Back Around
9. Bad Habits
10. Say When
11. All
12. Dante's Creek
13. Back It Up
14. U-RITE





Nü Religion: Hyena [Explicit]
Mind of a Genius/Warner Bros.
2017-02-24

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ