ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Jidenna - The Chief [2017 Wonderland Records, EPIC]

会計士の母と、ナイジェリア地域のイボ人(アフリカ大陸西部に住む民族)を研究する学者の父の間に生まれ、彼自身も一時期はナイジェリアに住んでいたという、アメリカ中西部の小都市、ウィスコンシン・ラピッズ出身のシンガー・ソングライター、ジデーナことジデーナ・セオドア・モビソン。

アメリカに戻った後は、同じハイスクールに通う友人とラップ・グループ、ブラック・スペーズを結成。同グループでは、学校の卒業制作としてアルバム1枚を録音している。同校を卒業した後、彼はアイビー・リーグの一つであるスタンフォード大学へと進む。大学時代は、リチュアリスティック・アート(直訳すると「儀式主義の芸術」だが、おそらく宗教などの特定の文化や制度と結びついた形式の芸術のことだと思われる)を専攻する一方で、サウンド・エンジニアリングなどの制作技術を習得している。卒業後は、教師の仕事をしながら本格的な音楽活動を開始。そして、2012年にジャネル・モネイが設立したワンダーランド・レコードと契約する。

2015年にデビュー・シングル『Classic Man』をリリースすると、全米R&Bチャートの6位、総合チャートの22位を獲得。デビュー曲ながら、ダブル・プラチナ・ディスクを獲得する大ヒットになった。また、同年には初のEP『Wondaland Presents:The Eephus』を発売。こちらもR&Bチャートの5位、総合チャートの22位と、R&Bシンガーのデビュー作としては異例のヒットを記録した。そして、同年のソウル・トレイン・アワードやグラミー賞では、複数の部門にノミネート。このうち、ソウル・トレイン・アワードでは新人賞を獲得している。

今回のアルバムは、前作から約2年の間隔を経て発表された、彼にとって初めてのフル・アルバム。 前作の発売後に発表されたシングルの収録曲のうち、”Knickers”と”Extraordinaire”を除く4曲のほか、ナナ・クワベナやロマン・ジャンアーサーといったワンダーランド所属のアーティストを中心に、多くの人気ミュージシャンやプロデューサーが参加した新曲を収録。華々しいデビューを飾った彼にふさわしい、豪華な作品に仕上げている。

さて、収録曲に目を向けると、アルバムの2曲目に収められている”Chief Don't Run”が存在感を発揮している。ナナ・クワベナがプロデュースしたトラックはカニエ・ウエストの”Jisus Walk”を彷彿させる、重いドラムとベースの上に、ゴスペル・クワイアっぽい荘厳なコーラスが乗っかったもの。このビートの上で、カニエ・ウエストの近作やかつてのエイコンを彷彿させる、ラップのようなヴォーカルを聴かせるジデーナが、重々しい伴奏の曲を聴きやすいものにしている。ゲスト・シンガーにロマン・ジャンアーサーの名前が入っている点も見逃せない。

これに対し、彼自身がプロデュースを担当した”Bambi”は、アフリカの民謡っぽいメロディを引用したトラックが、エイコンっぽくも聴こえる曲。ほのぼのとした雰囲気のトラックは、彼のふくよかで柔らかく、温かい歌声との相性が抜群に良い。ナイジェリアに住み、アメリカの大学でアートを学んできた彼にしか作れない、視野の広さと引用の巧みさが光るミディアム・ナンバーだ。

一方、2015年にシングルで発売された”Long Live The Chief”は、ウェイルやライムフェストなどの作品を手掛けている、ワシントンD.C.を拠点に活動するプロダクション・クルー、ベスト・ケプト・シークレットが制作した楽曲。ブリブリと唸りを上げるシンセ・ベースがキモのトラックに乗せて、荒々しいラップを聴かせるヒップホップ・ナンバーだ。ワイルドな声と、言葉数を絞って一つ一つのフレーズをじっくり聴かせるライムは、彼が敬愛するKRSワンのスタイルを踏襲したもの。80年代から続くラップの手法と、現代のトレンドを取り込んだトラックが融合した、懐かしさと新鮮さが同居した楽曲だ。

そして、R&Bが好きな人にはぜひ聴いてほしいのが、ロマン・ジャンアーサーがペンを執った”Little Bit More”だ。レゲトンにも似たコミカルなビートが面白いアフリカのポピュラー・ミュージック、ハイライフを取り入れたトラックの上で、柔らかい歌声を響かせたダンス・ナンバーだ。シンセサイザーを多用したアップ・テンポの曲にもかかわらず、どこか牧歌的な音楽に聴こえるのは、パーカッションを織り交ぜた華やかなリズムと、彼の優しい歌声のおかげだろうか。

本作も、既発のシングルやEP同様、アメリカのヒップホップやR&Bに、アフリカや中南米のポップスの要素を盛り込んだ、軽妙で親しみやすい曲が目立っている。先鋭的で通好みのフレーズを織り交ぜながら、色々な人に親しまれるポップな作品に仕上がっているのは、キャッチーなメロディを生み出す彼のセンスと、親しみやすい歌声のおかげだと思う。

様々なリスナーを引き付ける大衆性と、コアな音楽好きを納得させる緻密さや斬新さを兼ね備えた、親しみやすく奥深いアルバム。彼が所属するレーベルのボス、ジャネル・モネイのような音楽が好きな人は是非きいて欲しい。

Producer
Fear & Fancy, Jidenna, Nana Kwabena, The Wondaland Arts Society

Track List
1. A Bull's Tale
2. Chief Don't Run feat. Roman GianArthur
3. Trampoline
4. Bambi
5. Helicopters / Beware
6. Long Live The Chief
7. 2 Pointt
8. The Let Out feat. Nana Kwabena
9. Safari feat. Janelle Monáe, Nana Kwabena, St. Beauty
10. Adaora
11. Little Bit More
12. Some Kind Of Way
13. White N****s
14. Bully Of The Earth





Chief
Jidenna
Wondaland Records
2017-02-17

Patti LaBelle - Bel Hommage [2017 GPE]

1962年に、同じハイスクールに通う友人と結成したヴォーカル・グループ、パティ・ラベル&ザ・ブルーベルズのリード・シンガーとしてデビュー。71年には、メンバーの脱退とラベルへの改名を経てリリースされたシングル『Lady Marmalade』が全米チャートを制覇(97年のオール・セインツによるカヴァーや、2002年の映画「ムーラン・ルージュ」でのリメイクもヒット)。それ以外にも、数多くのヒット曲を残してきた。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、パティ・ラベルことパトリシア・ルイス・ホルト。

77年にソロへと転向すると、『I'm in Love Again』や『Winner in You』、『Flame』など、多くのヒット作を発表。グラミー賞を2度獲得する一方で、女優業にも挑戦。エミー賞にノミネートするなど、マルチな才能を発揮してきた。

本作は、2007年の『Miss Patti's Christmas』以来となる、10年ぶりのフル・アルバム。直近の3作品はポップスやソウル・ミュージックの名曲をカヴァーした『Classic Moments』や、ゴスペルに挑戦した『The Gospel According to Patti LaBelle』、彼女にとって2枚目のクリスマス・アルバムとなる『Miss Patti's Christmas』など、コンセプトが明確な作品だった。今回のアルバムも過去作の路線を踏襲。3名のホーン・セクションを含む本格的なジャズ・バンドによる演奏をバックに、ソウル・ミュージックの世界で培った力強い歌声と豊かな表現力を惜しげもなく披露した、本格的なジャズ・ヴォーカル作品に纏め上げている。

アルバムの1曲目”The Jazz In You”は、60年代に活躍した女性シンガー、グロリア・リンの持ち歌としても知られるミディアム・ナンバー。原曲の怪しげな雰囲気はそのままに、キャリア60年を超える大ベテランらしい妖艶な歌声で、よりエロティックな楽曲に仕上げている。70歳を超えるベテランとは思えない、艶めかしいヴォーカルを堪能してほしい。

これに対し、アート・ブレイキーの代表曲で、今もテレビ番組等で頻繁に使用されている”Moanin'”のカヴァーは、ジョー・ヘンドリックスが歌詞をつけたヴォーカル・ヴァージョンを披露。ヴォーカル入りの演奏としては、ランバート、ヘンドリックス&ロスが62年にレコーディングしたものが有名だが、彼女のヴァージョンでは、リズムやメロディをあえて崩すことで、ソウル・ミュージックの世界で鍛え上げた歌の技術を活かした、ダイナミックな演奏に纏め上げている。原曲のメロディを大胆に改変することで、ヴォーカルの表現力を強調した手法は、オーティス・レディングがローリング・ストーンズの”Satisfaction”やテンプテーションズの”My Girl”をカヴァーした時のことを思い起こさせる。

一方、ジェイムス・ムーディーがペンを執り、ブロッサム・ディアリーが歌入りの演奏を吹き込んだことでヴォーカル作品としても有名になった”Moody's Mood”のカヴァーは、デトロイト出身のシンガー・ソングライター、ケムをゲストに迎えたデュエット作品。エイミー・ワインハウスやクウィーン・ラティファなど、多くのシンガーに歌われてきた人気曲を、あえてオリジナルに忠実なスタイルで歌うことで、ソウル・シンガーとしてのキャリアの中で習得した大胆さと、ジャズ・シンガーに求められる繊細さを同居させた、彼女にしかできないパフォーマンスに落とし込んでいる。

そして、本作の目玉ともいえるのが、ビリー・ホリデーが1946年に発表したバラード”Don't Explain”だ。エッタ・ジェイムスやサラ・ボーハムなど、多くの名シンガーが挑戦してきた有名曲を、彼女はピアノ・トリオ+トランペットのシンプルな編成をバックに歌唱。地声からファルセット、ピアニッシモからフォルテッシモまで、使える声域と強弱をフル活用して、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。シンプルな編成のバンドによる、絶妙なさじ加減の伴奏が、リスナーの耳を彼女の歌声に集中させている点にも注目してほしい。

今回のアルバムは、ポップスからゴスペルまで、色々な音楽に取り組んできた彼女のキャリアを総括するような、色々な表現が楽しめる作品だ。おそらく、ソウル・ミュージックに比べると圧倒的に少ない数の楽器で、一つ一つの音をじっくりと聴かせるジャズのスタイルを彼女なりに解釈し、細部まで気を配りつつ、要所要所で大胆な表現を聴かせたことが功を奏したのだと思う。

ポップ・シンガーから希代の名歌手に上り詰めた彼女だからこそできる、少女のように豊かな表情とベテランらしい老練さを両立した珠玉のヴォーカル・アルバム。アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスとは異なるアプローチで「歌」を究めた、ヴォーカル作品の傑作だろう。

Producer
Armstead Edwards, Zuri Edwards, Patti LaBelle, Jamar Jones

Track List
1 The Jazz In You
2. Wild Is The Wind
3. Moanin'
4. Till I Get It Right
5. Moody's Mood feat. Kem
6. Softly As I Leave You
7. Peel Me A Grape
8. Don't Explain
9. I Can Cook
10. Folks Who Live On The Hill
11. Go To Hell
12. Song For Old Lovers
13. Here's To Life

Bel Hommage
Patti Labelle
Gpe Records
2017-05-05


The Playlist Featuring Glenn Lewis ‎– Chasing Goosebumps [2017 Playlist Music]

1985年にラッパーのウィル・スミスとヒップホップ・ユニット、ジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンスを結成。87年にアルバム『Rock The House』でジャイブからメジャー・デビューを果たすと、全米R&Bチャートを制覇した”Summertime”や、全英チャートを1位を獲得した”Boom! Shake the Room”など、多くのヒット曲を世に送り出してきた、フィラデルフィア出身のDJでプロデューサーの、DJジャジー・ジェフことジェフリー・アレン・タウンズ。

グループの解散後は、故郷のフィラデルフィアに自身のプロダクション、ア・タッチ・オブ・ジャズを設立。同所を拠点に、ジル・スコットやミュージック・ソウルチャイルド、フロエトリー等の作品をプロデュースする一方、自身の名義でも『The Magnificent』シリーズを含む多くのアルバムをリリース。往年のソウル・ミュージックを彷彿させる柔らかい音色を使ったアダルティなトラックと、豪華なフィーチャリング・ミュージシャンによる個性豊かなパフォーマンスで、ユニット時代を知らない若い世代から、ヒップホップを聴いて育った大人達まで、幅広い年代の支持を集めてきた。

今回のアルバムは、彼の新プロジェクト、ザ・プレイリストの名義で発表された新作。彼の自宅に親交のあるミュージシャン達を集め、1週間で1枚のアルバムを制作するという、野心的なチャレンジの成果だ。

このアルバムでは、カナダのトロント出身のシンガー・ソングライター、グレン・ルイスをほぼ全ての曲でメイン・ヴォーカルに起用。ソロ作品では、ヒップホップのビートとアナログ楽器の音色を組み合わせたトラックに乗せて、ダニー・ハザウェイやスティーヴィー・ワンダーを彷彿させる親しみやすく洗練された歌声を聴かせてくれた彼だけに、音楽性の近いジェフとのコラボレーションには、いやが上にも期待してしまう。

アルバムの1曲目は、フィラデルフィア出身のDJ兼スポークン・ワード・アーティスト、リッチ・メディーナをゲストに迎えた”Distraction”。アナログ・シンセサイザーの温かい音色が印象的なトラックにのせ、淡々と言葉を吐き出すメディーナの姿が印象的なミディアム・ナンバー。中盤以降を担当する、グレンのヴォーカルが、声質こそ大きく違うがR.ケリーを彷彿させる、ラップっぽいスタイルなのも面白い。ヒップホップ出身のジェフとメディーナ、ソウル・ミュージックを聴いて育ったグレンの個性が上手く噛み合った佳曲だ。

これに対し、続く2曲目の”Faceless”は、グレンの歌声を活かした優しい雰囲気のミディアム・ナンバー。柔らかい音色のベースを使い、どっしりと落ち着いた雰囲気を醸し出すトラックに載せて、艶やかな歌声を響かせている。太いベースの音や、トラックに合わせてメロディを崩す歌い方は、フィラデルフィア出身のシンガー、ミュージック・ソウルチャイルドのスタイルに似ている。フィラデルフィアでは、彼みたいな歌い方が流行っているのだろうか?どうでも良いことだが少し気になる。

また、ラッパーのデイン・ジョーダンをフィーチャーしたアップ・ナンバー”Stone Cold”は、ギターやホーンの演奏を取り入れた、この企画を象徴するような楽曲。ジャジー・ジェフが作るビートの上で、今回のプロジェクトのために集結したミュージシャン達が音を重ね合わせ、デインとグレンがマイク・リレーを聴かせている。ジャム・セッションのように各人が自分の技術をアピールしながら、長い時間かけて練り上げられたような、隙のない曲に仕上げている彼らのチームワークと構成力にはひたすら感服する。

そして、本作のハイライトと呼んでも過言ではないのが、スロー・バラードの”Take My Time”だ、アイズレー・ブラザーズの”Footsteps In The Dark”を彷彿させるしっとりとしたビートと、キーボードやホーン・セクションを使ったロマンティックな伴奏の上で、甘い声でじっくりと歌い上げるムーディな楽曲。ヒップホップの手法を用いて作られたトラック使って、デルフォニックスやイントゥルーダーズのような、70年代の甘いソウル・ミュージックを連想させるバラードを作り上げる彼らのセンスとテクニックを堪能できる魅力的なスロウ・ジャムだ。

アルバム全体を通して聴いた印象は、奇抜なトラックや斬新なメロディの曲は少なく、ヴォーカル曲だけを収めた『The Magnificent』といった趣すらある。だが、実力には定評のあるミュージシャン達が、1週間という短い時間に心血を注いで録音された楽曲は、各人が自分の持ち味を思う存分発揮しつつ、それをジェフが調整することで、新鮮ではないが、何度聞いても飽きない、緻密さと躍動感が同居した作品にまとまっている。

ジェフが長い時間をかけて培った人脈によって、個性豊かなヒップホップとソウル・ミュージックのアーティストたちが集結し、彼らの音をジェフが自身の経験を活かして、最適な形に編集する。引用と編集という、ヒップホップの技術をフル活用して作られた。大人向けの本格的なR&B作品。これは、女性シンガーで第2弾を作って欲しい傑作だ。

Producer
DJ Jazzy Jeff

Track List
1. Distraction feat. Rich Medina
2. Faceless
3. Superman
4. Die Empty
5. 1995
6. Defeated feat. Dayne Jordan
7. Mr. Grump
8. Lullaby
9. This Could Be Us
10. Stone Cold feat. Dayne Jordan
11. Good Time
12. Kelo And Kaidi Be Snoring
13. First Time Again
14. Take My Time
15. Chasing Goosebumps







記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ