ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Tuxedo - Tuxedo II [2017 Stones Throw]

2017年初頭に約1年半ぶりの新作となる3曲入りのEP『Fux with the Tux』を発表。70年代終盤から80年代前半にかけて一斉を風靡した、電子楽器を多用したディスコ・ミュージックを現代のトレンドに合わせて再構築した楽曲で健在っぷりをアピールした、メイヤー・ホーソンとジェイク・ワンによるユニット、タキシード。同EPの発表からわずか1ヶ月という短い期間を経て、彼らにとって2枚目のフル・アルバムとなる新作『Tuxedo II』がリリースされた。

『Fux with the Tux』にも収録されている3曲"Fux With The Tux"、"Special"、"July"は別の記事で触れているので、ここでは簡単な説明に留めて置くが、実際に音を聴いてみた印象では、これらの既発曲はEPのヴァージョンをそのまま再録しているようだ。新しい発見といえば、"Fux With The Tux"の途中で挟まるMCがスヌープ・ドッグだったことだ。飄々とした声で煽るスタイルは、彼らしいといえば彼らしいが、大物な上、フォロワーの多いラッパーなので、ちょっと予想外だった。

さて、新録曲に目を向けると、2曲目に収められている"2nd Time Around"は"Fux With The Tux"の路線を踏襲したアップ・ナンバー。80年代のディスコ音楽を彷彿させるアナログ・シンセサイザーっぽい音色を使ったモダンなトラックと洗練されたメロディが光る楽曲。ゲヴィン・トゥレックの爽やかなバック・コーラスが、メイヤー・ホーソンの甘い歌声を引き立てている点も見逃せない。続く"Take A Picture"も同系統の曲だが、こちらはギターやホーンを加えたバック・トラックで、バーケイズなどのファンク・バンドを思い起こさせる華やかな雰囲気が印象的だ。

一方、中盤の2曲"Rotation"や"Shine"はギャップ・バンドの"Outstanding"やケニ・バーグの"Risin' to the Top"を連想させる。スタイリッシュな伴奏が心地よいミディアム・ナンバー。"Rotatiom"はキラキラとしたシンセサイザーのリフをアクセントに使った煌びやかな演奏をバックに、ゆったりとしたメロディを丁寧に歌った"Outstanding"風の楽曲。レイドバックしたトラックのせいか、サビの歌声がLVやネイト・ドッグのような西海岸のヒップホップ・シンガーっぽく聴こえるのがちょっと面白い。そして、"Shine"は太いベースの音と、ピアノっぽいキーボードや煌びやかなシンセサイザーの伴奏が高級感を漂わせる楽曲。ゲヴィンの甘酸っぱい歌声と絡み合うメイヤーのヴォーカルが、普段以上に色っぽいエロティックな楽曲だ。

それ以外の曲でも、色々な音色のシンセサイザーを使い分けた極彩色の演奏が印象的なインストゥルメンタル・ナンバー”Scooter’ s Groove”や、この曲の手法をヴォーカル曲に取り入れたディスコ・ブギーの”U Like It”など、前作でも見せたディスコ音楽への愛着を惜しげもなく披露した良質なトラックが揃っている。

ブルーノ・マーズの『24K』やマーク・ロンソンの『Uptown Special』のような大ヒット作から、ストーンズ・スロウの同僚だったディム・ファンクもメンバーに名を連ねるユニット、ナイト・ファンクの『Nite-Funk EP』や本作にも参加しているゲヴィン・トゥレックの『Good Look For You EP』のようなコアなファン向けのアルバムまで、多くの作品が70年代末から80年代中盤のディスコ音楽から刺激を受けている。その中で、2人の作品が多くのファンを引き付けてきたのは、機材選びからヴォーカルのアレンジまで曲の全てに気を配って、当時の雰囲気を忠実に再現してきたからだと思う。

もちろん、彼らの作品は過去の音楽の単純なトレースではなく、当時の手法を使いながら、現在のリスニング環境や二人の持ち味を意識して作られている。だからこそ、往年の音楽の手法を取り入れても、しっかりと独自性を発揮しているのだと思う。彼らの作品は偶然の産物ではない、実力によって構築されたものだと再認識させられる、良質なソウル・ミュージックのアルバムだと思う。

Producer
Tuxedo

Track List
1. Fux With The Tux feat. Snoop Dogg
2. 2nd Time Around
3. Take A Picture
4. Rotational
5. Shine
6. Scooter’ s Groove
7. U Like It
8. Back In Town
9. Special
10. Livin’ 4 Your Lovin’
11. July





Tuxedo II
Tuxedo
Stones Throw
2017-03-24

Mindless Behavior ‎– #officialMBmusic [2016 Conjunction Entertainment, EMPIRE]

2010年にシングル『My Girl』(テンプテーションズの同名曲とは別のオリジナル作)でデビュー。 その後は2011年に1枚目のアルバム『#1 Girl』を、2013年には2作目のフル・アルバムとなる『All Around the World』をインタースコープから発売。それぞれ全米アルバム・チャートの7位と6位に送り込んだロス・アンジェルス発のボーイズ・グループ、マインドレス・ビヘイビヴァ。その後は、メンバーの脱退など、苦労が続いたが、オリジナル・メンバーのプリンストンに、新メンバーのEJとマイク・リヴァーを加えた新体制で録音した3枚のアルバムが本作。

このアルバムがリリースされた2016年は、ヴォーカル・グループにとって厳しい時期だったと思う。個人でも高品質の録音機材を調達できるうえ、レーベルの垣根を越えたコラボレーションが当たり前になった時代に、同じメンバーでパフォーマンスを続けることによるマンネリ化や、人間関係のトラブルなどによる活動の停滞に気を配りながら活動を続けなければいけないヴォーカル・グループは、機動的に活動できるソロ・アーティストに比べて少数派になるのは仕方のないことだと思う。実際、彼らも本作の録音前にメイン・ヴォーカルを含む大部分のメンバーが入れ替わっている。だが、今回の作品では、グループ名義による録音という点を最大限に活用して、個性豊かなヴォーカルが複雑に絡み合う、ソロ・アーティストには作れない音楽を聴かせている。

アルバムのオープニングを飾るのは、本作に先駆けてシングルとして発売された”#iWantDat”。この曲は、ロス・アンジェルス出身のバッド・ラックとコンプトン出身のプロブレムをフィーチャーしたアップ・ナンバー。クリス・ブラウンやT.I.の楽曲を思い起こさせる、温かい音色のシンセサイザーとリズム・マシンを使ったトラックをバックに、新しいリード・ヴォーカルのEJがラップっぽい歌唱を披露している。オート・チューンを使ったバック・コーラスがシンセサイザーの音色と一体化して、一つの楽器のように機能している点も面白い。続く”FreaksOnly”もバッド・ラックがゲストで参加。こちらの曲も、温かい音色の電子楽器を活かしたトラックだが、音数を減らしてヴォーカルをじっくりと聴かせている点が大きな違いだ。

一方、”#Blur”はトラップ・ビートを取り入れたミディアム・ナンバー。スクラッチやサイレン、声ネタを挟みこんだトラックは、Tペインやリル・ウェインの楽曲を思い起こさせる。EJの気怠そうなヴォーカルもワイルドで格好良い。これに対し、”#DanceTherapy”は本作で唯一、四つ打ちのビートを取り入れたEDMっぽい華やかで高揚感のある楽曲。他の曲で使われている音色と、似ている音を出す機材を使うことで、アルバムにバラエティと統一感を与えている。色々なタイプのビートに対応する3人の適応力と、一つの音色を使って色々なスタイルのトラックを作り上げる制作陣の技術力に驚かされる。

そして、本作からシングル・カットされた、もう一つの楽曲”#OverNightBag”は、アッシャーやマーカス・ヒューストンのヒット曲を連想させる、ゆったりとしたテンポのビートとレイド・バックしたメロディが印象的なミディアム・バラード。ハンド・クラップなどを織り交ぜながらじっくりと歌を聴かせるロマンティックな楽曲だ。また、このタイプの曲が好きな人には”#ComeUp”もオススメ。こちらは、メロディはラップ寄りのラフなものだが、声の加工を抑え、EJのしっとりとした歌声と、感情を剝き出しにして歌う姿を強調したダイナミックなバラードだ。

あと、自分の中では見逃せないと思ったのは、本作では珍しいタイプのディスコ・ナンバー”#1UCall”だ。乾いた音色のギターと図太い音を響かせるシンセ・ベースを使ったトラックは、キャミオやギャップ・バンドのような80年代のファンク・バンドを彷彿させる。シンセサイザーなどを使ってディスコ・サウンドを再現するグループは珍しくないが、ディスコ・ブギーを一般向けの楽曲に落とし込む度胸と技術は凄いと思う。

今回のアルバムは、過去の2作品に比べると、魅力的な曲は多いが保守的な印象を受ける。トラップやディスコ・サウンドなど、ブラック・ミュージックのトレンドを的確に押さえてはいるものの、いずれも、他の人が成功した手法で、彼らが生み出した新しいスタイルというものは見られなかった。だが、それを差し引いても、個別の楽曲のクオリティ粒が立っていて完成度は高い。

B2Kやプリティー・リッキーのように、ポップスターとしてのわかりやすさと、R&Bのアーティストに求められる歌唱力や斬新さを絶妙なバランス感覚で両立した稀有なグループの一つ。一人では作れない、複雑なメロディや掛け合いの妙を楽しみたい人にはうってつけの佳作だ。

Producer Walter Millsap III, Walter Millsap IV, Alec Jace Millsap, Balewa Muhammad, Candice Nelson, Brian Peters, Teak Underdue etc

Track List
1. #iWantDat feat. Bad Lucc, Problem
2. #FreaksOnly feat. Bad Lucc
3. #Lamborghini
4. #Blur
5. #DanceTherapy
6. #Better feat. KR
7. #OverNightBag
8. #1UCall
9. #ComeUp
10. #SongCry
11. #Muzik





#Officialmbmusic (+ 2 Bonus Tracks)
Mindless Behavior
Conjunction
2016-08-12

 

Pitbull - Climate Change [2017 Polo Music, RCA]

2004年にリリースした4枚目のアルバム『M.I.A.M.I.』の大ヒット以降、レゲトンやクランクに留まらず、様々なダンス・ミュージックを一手に扱うヒット・メイカーとして活躍している、フロリダ州マイアミのラッパーでトラックメイカーのピットブルことアルマンド・クリスティアン・ウリア・ルイス・ペレス。彼にとって、2015年の『Dale』以来となる通算10枚目のフル・アルバム。

彼の作品といえば、ヒップホップというよりも、ダンス・ポップやEDMにカテゴライズされそうな、明るくキャッチーな四つ打ちの曲が多いのは事実。だが、彼自身はリル・ジョンやベイビー・バッシュ、チャーリー・ウィルソンなどの楽曲に客演してきた経験豊かなヒップホップ・ミュージシャン。今回のアルバムでも、ロビン・シックやR.ケリー、タイ・ダラ・サインといったR&Bやヒップホップのシーンをリードする人気アーティストを集め、ヒップホップやR&Bのマナーに乗っ取りつつ、彼らの作品では耳にすることのない、意外な一面を引き出した楽曲に取り組んでいる。

アルバムのオープニングを飾るのは、カナダのカルガリー出身のシンガー・ソングライター、ケイザをフィーチャーした”We Are Strong”。レゲトンのビートを彷彿させる明るく鮮やかなシンセサイザーの音色を駆使したトラックと、ガラスのように冷たく透き通ったケイザの歌声が心地よいアップ・ナンバーだ。

それに続く”Bad Man”は、ロビン・シックの他にエアロスミスのジョー・ペリーとブリンク182のトラビス・ベイカーが参加したアグレッシブなロック・ナンバー。地鳴りのように迫り来るトラヴィスのドラムやジョーの激しいギター・プレイも格好良いが、その上でエルビス・プレスリーのようにクールなヴォーカルを響かせるロビンと、マイクに向かってラップを畳みかけるピットブルの存在も見逃せない。

一方、ピットブルと同じ、フロリダ州出身のミュージシャン、フロー・ライダーとランチマネー・ルイスを起用した”Greenlight”は、甘酸っぱいヴォーカルと流麗なサビのメロディが印象的な、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”を思い起こさせるアップ・ナンバー。派手なトラックを活かした高揚感たっぷりの楽曲が多い本作では異色の、切ない雰囲気を漂わせる楽曲だ。

しかし、タイ・ダラ・サインをフィーチャーした”Better Me On”では一転、これまでのピットブルの作風を踏襲した、華やかなトラックとキャッチーなメロディを組み合わせたパーティー・チューンを披露している。この曲のように、シンプルで明るくキャッチーなダンス・ナンバーは他にも見られ、ジェニファー・ロペスとのコラボレーション曲”Sexy Body”や、ジェイソン・デルーロが参加した”Educate Ya”など、本作でも複数の曲で取り入れられている。

そんな中で、異彩を放つのが50歳のR.ケリーと20歳のオースティン・マホーン(いずれも本稿執筆時点)を起用した”Dedicated”だ。他の曲同様、シンプルで高揚感たっぷりのトラックを前にしながら、普段と変わらない歌唱法で、楽曲を自分の色に染め上げるケリーの姿には、耳で覚えた”Satisfaction”を自分の曲に改編したオーティス・レディングのような存在感と技術力を感じさせる。

ピットブルのアルバムは、良くも悪くも彼自身の明確な個性が発揮された、よく言えば安定した、悪く言えば単調な作品だと思う。だが、彼の場合、ベテランのR&Bシンガーからロック・ミュージシャンまで、色々なアーティストを巻き込みながら、ゲストの個性を活かしつつ、彼らの作品では見られない意外な一面を引き出すコーディネータとしてのスキルによって、楽曲にバラエティをつけていると思う。

外部のミュージシャンを起用して、収録曲に個性と起伏をつけたアルバムはこれまでにもたくさんあったが、自身の作風を固定しつつ、ゲストのキャラクターで楽曲に個性をつける手法で高い完成度のアルバムを作った例は数少ない。アーティストとプロデューサー、異なる2つの役割を高いレベルで両立している点は彼の強みだと思う。クリエイターとゲスト・ミュージシャンの個性が相乗効果を生んだ好事例だ。

Producer Armando C. Perez, Edwin Paredes, Michael Calderon etc

Track List
1. We Are Strong feat. Kiesza
2. Bad Man feat. Robin Thicke, Joe Perry & Travis Barker
3. Greenlight feat. Flo Rida & LunchMoney Lewis
4. Messin' Around with Enrique Iglesias
5. Better On Me feat. Ty Dolla $ign
6. Sexy Body (Pitbull & Jennifer Lopez)
7. Freedom
8. Options feat. Stephen Marley
9. Educate Ya feat. Jason Derulo
10. Only Ones To Know feat. Leona Lewis
11. Dedicated feat. R. Kelly & Austin Mahone
12. Can't Have feat. Steven A. Clark & Ape Drums





Climate Change
Pitbull
Mr. 305 Records
2017-03-17

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ