ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Roy Woods – Say Less [2017 OVO Sound, Warner]

レーベルのボス、ドレイクを筆頭に、2017年も多くのヒット作を発表してきた、カナダのOVOサウンド。同レーベルが、2017年も暮れに差し迫った12月に送り出したのが、気鋭の若手シンガー、ロイ・ウッズことデンゼル・スペンサーの、初のスタジオ・アルバムだ。

2014年、19歳の時にレーベルと契約を結んだ彼は、2017年までに2枚のEPと1本のミックステープ、複数のシングルをリリース。配信限定の作品ながら、ビルボードのR&Bチャートに入るなど、才能溢れる若手の一人として注目を集めた。

本作は2016年のEP『Nocturnal』以来、約1年半ぶりの新作となる、16曲入りのスタジオ・アルバム。彼にとって、初のフィジカル・リリースとなる作品で、制作にはナインティーン85やマーダ・ビーツといった、過去作にも携わっているプロデューサーのほか、パリを拠点に活動するStwoや、アトランタ出身のFKi 1stといった、外国のクリエイターも参加。それ以外にも、ゲスト・ミュージシャンとしてレーベル・メイトのパーティネクストドアDvsnなどが名を連ねるなど、期待の若手のアルバムにふさわしい、豪華な陣容になっている。

アルバムの1曲目は、前作にも携わっているトロント出身のプロデューサー、プレジデント・ジェフが手掛けた”Medusa”。重いビートと、ふわふわとしたシンセサイザーの伴奏を組み合わせたトラックは、パーティネクストドアの作品によく似ている。また、滑らかなテナーを引き立たせる繊細なメロディは、”Starboy”などのヒットで世界を席巻したウィークエンドを思い起こさせる。カナダから世界に羽ばたいた先達の手法を取り入れつつ、彼らの美味しいところを凝縮した、魅力的なミディアム・ナンバーだ。

また、彼と同年代のカナダ人プロデューサー、ルカ・ポリッジと共作した”Say Less”は、幻想的なシンセサイザーの音色が心地よい、ミディアム・テンポのバラード。しなやかな声で語り掛けるように歌うヴォーカルはラップのような歌唱スタイルのドレイクやパーティネクストドアにも通じるものがあるが、彼の曲はよりメロディを強調している。若き日のテヴィン・キャンベルを彷彿させる甘酸っぱいメロディをベースに、ヒップホップのエッセンスを盛り込んだ、21世紀版”Can We Talk”といった趣の佳曲だ。

そして、FKi 1stが制作に参加した”Monday to Monday”は、躍動感のあるビートと甘いメロディのコンビネーションが光るミディアム・ナンバー。オルガンっぽい音色のキーボードの伴奏と、歌とラップを織り交ぜてリハリをつけた構成が光る、ロマンティックな雰囲気の楽曲。電子楽器を駆使したトラックと、歌とラップを織り交ぜたスタイルは、ドレイクやパーティネクストドアの作品でも多用されているものだ。だが、彼の曲はアトランタ出身のプロデューサーと組むことで、トラップやクランクの要素を盛り込み、クリス・ブラウンアッシャーを彷彿させるアメリカ南部のテイストが強い作品に仕上げている。

だが、本作の目玉はなんといっても、本作に先駆けて公開された”What Are You On?”だろう。音楽の分野では有名なフランス人プロデューサー、Stwoと組んだこの曲は、ダンスホールレゲエやレゲトンを彷彿させる、軽妙で色鮮やかなビートが印象的。繊細な歌声を使った、しなやかなヴォーカルは、ケヴィン・リトルやウェイン・ワンダーにも少し似ているが、彼の歌の方がより爽やかな印象を受ける。

今回のアルバムは、これまでの作品で培ったノウハウをベースに、それを発展させたものだ。シンセサイザーを多用したスタイリッシュなトラックと、繊細な歌声を活かしつつ、ラップの要素を取り込んだメロディでメリハリをつけたスタイルは、今作でも変わらない。しかし、アトランタのクリエイターを起用してアメリカの音を取り込むなど、従来の路線を踏襲しつつ、それを拡張したような音楽に取り組むことで、1時間に及ぶ大作をマンネリに感じさせないよう工夫している。この、個別の楽曲とアルバム全体のクオリティを同時に考える視野の広さと制作能力が、若手とは思えないハイ・レベルな作品を生み出していると思う。

2018年以降のR&Bシーンの台風の目になるだろう、才能あふれる若手による充実した内容の作品。21歳でこのアルバムを作ってしまった彼は、今後はどんな作品を残すのだろうか、今から期待と不安で胸が膨らむ逸材だ。

Producer
Dzeko, FKi 1st, FrancisGotHeat, Murda Beatz, Nineteen85 etc

Track List
1. Medusa
2. Little Bit of Lovin
3. Say Less
4. Take Time feat. 24hrs
5. Something New
6. Top Left
7. BB
8. Back It Up feat. PartyNextDoor
9. Glasses
10. The Way You Sex
11. Monday to Monday
12. What Are You On?
13. Balance feat. Dvsn and PnB Rock
14. In the Club
15. B-Town
16. Undivided





Say Less [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2017-12-01

BTS - Mic Drop (Steve Aoki Remix) feat. Desiigner [2017 Big Hit Entertainment RED Music]

2013年にアルバム『2 Cool 4 Skool』でメジャー・デビュー。高い技術を持った7人による複雑なダンスと、甘酸っぱいヴォーカル、若い感性を生かした切れ味鋭いラップで、一躍人気グループに躍り出たBTS(漢字圏では「防弾少年団」表記)。

2016年のシングル”Blood Sweat & Tears”と、同曲を収録したアルバム『Wings』が世界的なヒットになった彼らは、2017年に入ってからも”Blood Sweat & Tears”に日本語詞をつけたシングル”血、汗、涙”や、新曲を収めたEP『LOVE YOURSELF 承“Her”』を発表。後者は、アジア地域出身のミュージシャンでは史上初となる、ビルボード総合アルバム・チャートのトップ10入り(7位)を果たした。

この曲は、同作に収録されている楽曲に、リミックスを施したリカット・シングル。鉄板焼きチェーン「ベニハナ」の創業者として知られるロッキー青木の息子で、アクロバティックなパフォーマンスと、キャッチーで高揚感のあるサウンドで定評のある世界屈指の人気DJ、日系アメリカ人のスティーヴ・アオキがリミックスを担当。ゲスト・ミュージシャンとして、ニューヨーク出身の若干20歳(発売当時)のラッパー、デザイナーが参加した、三者の鋭い感性が火花を散らすダンス・ナンバーになっている。

この曲は、韓国のアーティストとしては、スヌープ・ドッグと組んだPSYの2014年のシングル”Hangover”が26位に入って以来、アジア地域出身のヴォーカル・グループとしては、日本のピンク・レディ-が79年に発表した”Kiss In The Dark”が、39位に入って以来のトップ40入りとなる、全米総合シングル・チャートの28位を記録。2017年にアメリカでリリースされたヴォーカル・グループのシングルでは、最大のヒット作になった。

オリジナル・バージョンでは、重いバス・ドラムを強調したヒップホップ色の強いトラックの上で、攻撃的なパフォーマンスを聴かせてくれたが、この曲ではEDMのDJとして名を上げたスティーヴ・アオキらしい、鋭利なシンセサイザーの音色が格好良いトラックに差し替えられている。冒頭のラップ・パートはデザイナーの扇動的なパフォーマンスに差し替えられたほか、中盤のラップ・パートも疑似的な掛け合いになっている。攻撃的な音色のトラックに差し替えられたことで、7人のヴォーカルも原曲以上に躍動感のあるものに聴こえるなど、大きく雰囲気を変えている。

この曲の面白いところは、細部にまで気を使った制作体制だろう。リミキサーに起用されたスティーヴ・アオキは、2017年の『Steve Aoki Presents Kolony』こそ、多くのラッパーを起用した、ヒップホップ色の強いアルバムだったが、それまでに出した録音は四つ打ちのビートを使ったものが中心だったクリエイター。DJとしての実績こそ世界屈指だが、トップ40に入った楽曲は本作が初めてなのだ。また、ゲスト・ミュージシャンのデザイナーも、全米総合シングル・チャートを制覇した"Panda"など、複数のヒット曲を残しているが、スタジオ・アルバムを発表していない若手。このような、高いポテンシャルを秘めた面々を起用したことが、作品のクオリティを上げていると思う。

また、この曲にはデザイナーをフィーチャーしたシングル版に加え、MVやライブなどで披露されている、7人だけでパフォーマンスしたヴァージョンが作られているのも重要なポイントだ。他のミュージシャンとコラボレーションした作品は色々なアーティストが録音しているが、演奏者のスケジュールの関係で披露されなくなる曲も多い。この問題に、彼らは複数のバリエーションを用意することで対応していることも、この曲の知名度を上げていると思う。

EDMを取り入れたビッグバンの”Fantastic Baby”やPSYの”江南スタイル”のヒットによって、世界中で聴かれるようになった韓国のポピュラー・ミュージック。その後も、ディプロやスクリレックスがG-ドラゴンやCLとコラボレーションするなど、ヒップホップやR&Bに接近し、世界に打って出ようと野心を燃やすエレクトリック・ミュージックのクリエイターにとって、韓国のミュージシャン達は欠かせないパートナーになりつつある。本作は、その流れを踏襲しつつ、アメリカの大衆向けのポップスとして纏め上げた、K-Popとエレクトリック・ミュージックが目指した臨界点のような楽曲。"Sukiyaki"や”江南スタイル”とは異なる作風だが、これらの曲と同様に、ポップスの歴史の転換点として語り継がれると思う。

Producer
Steve Aoki Pdogg Supreme Boi “hitman”bang J-Hope RM Desiigner Tayla Parx Flowsik Shae Jacobs

Track List 1. Mic Drop (Steve Aoki Remix)





Talib Kweli - Radio Silence [2017 Javotti Media]

98年にモス・デフと組んだラップ・グループ、ブラック・スターの名義のアルバム『Mos Def & Talib Kweli Are Black Star』で華々しいデビューを飾ると、詩的な表現と哲学者を彷彿させる深い思索が光るラップで、注目を集めたタリブ・クウェリ。

ニューヨーク州ブルックリン出身の彼は、社会学者の父と言語学者の母の間に生まれ、後に大学教授として教鞭を執る弟を持つなど、アカデミックな家庭環境で育ってきた。そんな彼は、デ・ラ・ソウルの作品に触れたことで音楽へと興味を持ち、90年代中頃から、シカゴのラップ・グループ、ムードなどの作品に参加。レコーディングやライブを通して実力を蓄えてきた。

また、2002年に初のソロ・アルバム『Quality』を発表すると、その後はコンスタントに数多くのソロ作品やコラボレーション・アルバムを発表。マーリー・マールやKRSワンが活躍していた、90年代初頭のニューヨークのヒップホップ・シーンを思い起こさせる、サンプリングを効果的に使ったトラックと、現代社会やそこで生きる人々が抱える、様々な問題に鋭く切り込んだラップで評価を高めていった。

このアルバムは、今年4月に発売したニューヨーク出身のラッパー、スタイルスPとのコラボレーション・アルバム『The Seven』以来、自身名義の作品としては2015年の『Fuck the Money』以来となる、通算8枚目のフル・アルバム。前作同様、自身のレーベル、ジャヴォッティ・ミュージックからのリリースとなる本作は、プロデューサーとしてケイトラナダやオー・ノーが参加し、ゲスト・ミュージシャンとしてロバート・グラスパーアンダーソン・パックが名を連ねるなど、斬新なサウンドで音楽シーンを盛り上げてきた面々が集結した、新しい音へと挑戦する彼の野心を感じさせる作品になっている。

本作の収録曲の中でも、特に異彩を放っているのは2曲目の”Traveling Light”だろう。カナダ出身のケイトラナダがプロデュースを担当し、カリフォルニア州出身のアンダーソン・パックをフィーチャーしたこの曲は、60年代のソウル・ミュージックを連想させる勇壮なホーンの音色と、現代的な電子オルガンの伴奏を組み合わせたトラックが印象的な曲。ホーンの音色を使ったトラックは、多くのヒップホップ作品で見られるものだが、電子オルガンの音色を組み合わせることで新鮮な印象を与えている。アンダーソン・パックの歌も、タリブの切れ味鋭いラップをうまく盛り立てている。育った環境も世代も異なる、三人の持ち味が上手く噛み合った面白い曲だ。

これに対し、マッドリブの弟としても知られる、オー・ノーがプロデュースした”She's My Hero”は、古いレコードから引用した音を活かしたトラックが光る作品。オランダのプログレッシブ・ロック・バンド、スコープが74年に発表した”Kayakokolishi”をサンプリングした、アクション・ブロンゾンの”Bonzai”のトラックを再構築したこの曲。滑らかな管楽器の音色を効果的に使った、物悲しい雰囲気のビートは、ジャスト・ブレイズのプロデュース曲にも似ているが、こちらの方がよりレコードの質感を強調している。このトラックの上で、攻撃的なラップを聴かせるタリブ・クウェリの姿は、常に社会と闘ってきた、彼の孤独さを映しているようだ。

また、BJザ・シカゴ・キッドを招いた”The One I Love”は、サンファの”Can’t Get Close”をサンプリングした電子音楽のテイストが強い作品。泥臭いヴォーカルとモダンなサウンドを組み合わせた音楽性で、グラミー賞にもノミネートしたBJザ・シカゴ・キッドのスタイルを取り込んだ、懐かしさと新鮮さが入り混じった不思議な曲だ。立て続けに言葉を繰り出すタリブのラップと、シャイ・ライツのユージン・レコーズを思い起こさせる、艶めかしいBJのヴォーカルが心を掻き立てる良作。

そして、Jローズがトラックを制作し、リック・ロスとヤミー・ビンガムが客演した”Heads Up Eyes Open”は、本作のハイライトと呼んでも過言ではない作品。ジャスト・ブレイズや9thワンダーが作りそうな、70年代のソウル・ミュージックっぽい音色を使ったトラックが印象的だが、クレジットを見る限り、昔のレコードをサンプリングしたものではないようだ。このソウルフルなビートの上で、個性豊かなラップを披露するタリブとリックのコンビネーションが格好良い。サビでキュートな歌声を聴かせるヤミーの存在が、切れ味の鋭い二人のラップを聴きやすいものにしている。

これまでのアルバムでも、色々なスタイルのトラックに取り組んできた彼。だが、本作から感じるのは、往年のソウル・ミュージックやジャズに触発された音楽で知られる、若い世代の完成を取り込んだところだと思う。ソウル・ミュージックやファンク、ジャズの音を引用してきた彼が、それらの音楽に独自の解釈を加え、新しい音楽として聴かせている若いミュージシャンと組むことで、自分の軸を残しつつ、斬新な作品に仕上げている点が面白いと思う。

知的なリリックで、独創的な世界を組み立ててきた彼が、フレッシュな感性を取り込んで、その世界観を深めた良作。ヒップホップにはまだまだ進化できる可能性があると感じさせる、魅力的なアルバムだ。

Producer
The Alchemist, J Rhodes, KAYTRANADA, LordQuest, Oh No etc

Track List
1. The Magic Hour
2. Traveling Light feat. Anderson .Paak
3. All Of Us feat. Jay Electronica & Yummy Bingham
4. Let It Roll
5. Chips feat. Waka Flocka
6. Knockturnal
7. Radio Silence feat. Amber Coffman & Myka 9
8. She's My Hero
9. The One I Love feat. BJ The Chicago Kid
10. Heads Up Eyes Open feat. Rick Ross & Yummy Bingham
11. Write At Home feat. Datcha, Bilal & Robert Glasper






RADIO SILENCE
TALIB KWELI
JAVOTTI MEDIA/3D
2017-12-01

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ