ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Musiq Soulchild & Syleena Johnson – 9ine [2013 Shanachie]

2001年のデビュー以来、フィラデルフィア発の次世代シンガーとして、”Just Friends(Sunny)”や”Half Crazy”などのヒット曲を立て続けに送り出してきたミュージック・ソウルチャイルド。かたやシカゴ・ブルース界の重鎮シル・ジョンソンの娘として、自身の名義でも7枚のアルバムを発表してきたシリーナ・ジョンソン。シカゴとフィラデルフィア、両都市を代表する新世代シンガーのコラボレーション作品が、2013年に発売された本作だ。

両者によるレコーディング作品での競演は、意外にもこれが初めて。だが、生バンドと機械を使ったトラックの両方に強く、ミディアム、スロー・テンポを中心にじっくりと歌い込む音楽スタイルという共通点を持っている、二人の歌の相性は想像以上に良い。そんな二人の作品は、カルヴィン・リチャードソンによるボビー・ウーマックのカヴァー集や、リーラ・ジェイムズによるエッタ・ジェイムズのカヴァー集など、本格的なソウル作品も手掛けてきたニュージャージーのシャナチー・レコードということもあり、主役の歌をじっくり聴かせるアルバムになっている。

物腰柔らかなミュージックと、逞しいシリーナの歌声を結びつけた本作の基調となるスタイルは、意外にもレゲエ。ルチアーノやジュニア・リードにもリディム(レゲエのトラックのこと)を提供している、DJフレヴァーによるトラックは、80年代の終盤、ベレス・ハモンドやウェイン・ワンダーなどの作品でよく見られた、チープな音色のシンセサイザーを使ったもので、高性能なDAWソフトが普及した21世紀の音楽に聴き慣れた耳には、新鮮に映るから面白い。レゲエのゆったりとした雰囲気と、インディー・レーベルらしいチャレンジ精神に溢れる楽曲で、2人の実力派シンガーの意外な一面を引き出している。

アルバムの看板となる”Feel The Fire”は、いかにもダンス・ホール・レゲエらしい、勇ましい雄叫びから始まるミディアム・ナンバー。いつもより色っぽいシリーナのヴォーカルが聴きどころだ。一方、ミュージックとシリーナが肩の力を抜いてゆったりと歌い上げる”Slow Love”や、まったりとしたトラックの上で、シリーナの母性を感じさせる柔らかい歌唱が光る”Pieces Of You”、のんびりとした演奏をバックに、普段の2人からは想像できない、肩の力を抜いたデュエットを披露する”Bring Me Down”など、DJフレヴァーが生み出す緩やかなビートをバックに、肩の力を張らない、リラックスした雰囲気の中で伸び伸びとソウルフルな歌声を響かせている。

作品全体を通して聞くと、少し単調に聞こえる部分もあるが、それは高い水準でまとまった本作の統一感の裏返しで、退屈さとは違うものだと思う。2人の実力派シンガーの、普段とは違う一面と、高い歌唱力が楽しめる。

Producer
Flava McGregor

Track List
1. Alright
2. Feel The Fire
3. The Hunger
4. Slow Love
5. So Big
6. Never Had
7. Pieces Of You
8. Bring Me Down
9. Promise
10. Feel The Fire (Dancehall Stylee)





9ine
Musiq Soulchild & Syleena Johnson
Shanachie
2013-09-24

Damar Jackson – Ninety3Until EP [2016 Unknown Collective]

ダフトパンクやマーク・ロンソン、メイヤー・ホーソンなどの活躍で、往年のソウル・ミュージックが再び注目を集める中、少々影が薄くなった感じもする、90年代に流行した打ち込みやサンプリングが主体のR&B。だが、当時活躍していたミュージシャンの近況に目を向けると、ブランディやジョーはコンスタントに新作を発表しながら、ステージにも立ち続け、アフター7 やアズ・イェットなどの、90年代に活躍していたヴォーカル・グループは、実に十数年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースするなど、リアルタイムで彼らの音楽に慣れ親しんだ世代を主なターゲットに、活発な動きを見せている。

そんな中、90年代のR&Bから強い影響を受けたという若いシンガー・ソングライター、デイマー・ジャクソンが、5曲入りのミニ・アルバムを携えて音楽シーンに姿を現した。

フランスの古城のような美しい建築と、「ハング・ジャイル」と呼ばれるほど劣悪な待遇で有名な、ボルガール刑務所があるルイジアナ州の都市、デリッダー出身の彼は、子供のころから教会で歌い、キーボードを中心に多くの楽器を習得してきた多芸多才なミュージシャン。影響を受けたアーティストに、ドネル・ジョーンズやルーシー・パールの名を挙げる彼は、90年代のR&Bから影響を受けた楽曲を作りながら、ボビー・ヴァレンティノやクリセット・ミッシェルなどと同じステージに立ってきた、経験豊かな新人。

さて、このアルバムに耳を傾けると、オープニングを飾る”Calling Me”では、R.ケリーの”Bump n' Grind”とジョーの”I Wanna Know”を混ぜ合わせたような、緊張感あふれるビートをバックに、去りゆく恋人への思いをつづった、切羽詰まった男の心境が見事に表現されている。この曲ひとつを取っても、彼が90年代のR&Bをしっかりと研究してきたことがよく伝わってくる。

続く”Crazy”はLSGの”My Body”を薄口にしたような、程よくドロドロとしたトラックがたまらないスロー・ナンバー。ヴォーカルに少しだけエフェクターをつかって、キース・スウェットのような癖のある声を再現したところに、彼の遊び心とセンスの良さを感じる。

また、数少ないミディアム・ナンバー”Dance”は、彼に多大な影響を与えたルーシー・パールの”Dance Tonight”のリメイク。シンセサイザーが中心の伴奏は、ルーシー・パールのそれとは異なるが、ラファエル・サディークのように、場面ごとに異なる声色を使い分けるデイマーと、クレジットには名前が載っていないが、ドーン・ロビンソンのパートを歌う女性ヴォーカルの、少し気怠い雰囲気もきちんと取り入れている。オリジナルの空気を見事に再現した良質なカヴァーだ。

一方、本作のハイライトであるスロー・ナンバー”Juicy”では、ジャギド・エッジを彷彿させるバスドラムとチキチキという音を強調したビートの上で、エフェクターを効かせた声を幾重にも重ねた、一人ヴォーカル・グループと呼びたくなるような演奏。キース・スウェットが作るようなロマンティックなメロディが光る素晴らしいバラードだ。

アルバム全体を通して聞くと、ブルーノ・マースやジョン・レジェンドが過去の音楽を参考にしつつ、現代の音楽シーンで通用する独自のサウンドを生み出したように、デイマーも90年代のR&Bを踏襲しつつ、そこから21世紀に通用するサウンドが生み出せないか、模索しているように見える。
粗削りな部分がちらほら見えるのは気になるが、彼の緻密な研究と大胆な発想には、それ以上に期待が持てる。今後の展開が楽しみな、魅力的な新人だと思う。
Producer
Damar Jackson

Track List
1. Calling Me
2. Crazy
3. Dance
4. Juicy
5. Good Thing







Lloyd – Tru EP [2016 Young Goldie Music]

ジャ・ルールやアシャンティを輩出したマーダー・インク(後にザ・インクと改称)初の男性シンガーとして、2004年にアルバム『Southside』で華々しくデビューしたアトランタ出身のシンガー・ソングライター、ロイド。その後は、ザ・インクが活動を休止するなど、必ずしも順風満帆とは言えない環境の中で、2作目の『Street Love』がゴールドディスクを獲得し、3作目の『Lesson In Love』が全米R&Bアルバム・チャートを制覇するなど、着実に実績を積み上げてきた。

そんな彼の3年ぶりとなる新作は、ロス・アンジェルスに拠点を置くエンパイア・レコードから発売された、5曲入りのミニ・アルバム。若き日のマイケル・ジャクソンにも似た若々しい(子供のような?)ハイ・テナーと、柳のようにしなやかな歌唱は今回も健在で、その声を活かしたロマンティックでセクシーな楽曲を聴かせてくれる。

プロデューサー等のクレジットは不明だが、音楽性はこれまでの作品を踏襲したもの。アルバムに先駆けて発表されたタイトル曲”Tru”では、ギターのような音色を使った悲し気なイントロから、ドラム主体のシンプルなトラックに移り、その上で泣き崩れるようなヴォーカルが繰り出されるミディアム・バラード。彼のデビュー曲”Southside”を彷彿させる、ドラマティックな楽曲だ。一方、ラッパーの2チェインズをゲストに迎えた同曲のリミックス・ヴァージョンでは、メロディをR.ケリー風のエロティックなものにアレンジするとともに、デジタル・パーカッションの音色と語り掛けるようなラップをアクセントに加えて、よりキャッチーなものに纏め上げている。

また、リック・ロスが参加した”Heavenly Body”では、エムトゥーメイを連想させるリズム・マシーンとシンセサイザーの伴奏で、甘美な雰囲気と軽妙さを演出したビートをバックに、甘い歌声を張り上げるスウィートなミディアム・ナンバー。絶妙なタイミングで楽曲を引き締めるリック・ロスのラップも素晴らしい。そして、リル・ウェインを招いたスロー・ナンバー”Holding”は、アッシャーの”Confessions”を思い出させるチキチキ・ビートの上で、力強く歌声を張り上げるバラード。彼の若々しい歌声と、リル・ウェインのコミカルなラップのおかげで、ダイナミックな楽曲でありながら、どこか親しみやすさを感じるのは面白い。どちらの曲も、数多くのラッパー、シンガーと競演してきた両者らしい、バランス感覚の良さが光る名演だ。

だが、今作で特筆すべきは唯一のアップ・ナンバー”Excited”だ。ブリブリと唸るベースの音色が、スレイヴやギャップ・バンドなどのファンク・バンドを思い起こさせるダンス・ナンバー。シンセサイザー主体の乾いたサウンドが、ロイドの流れるようなヴォーカルとマッチした、クールな雰囲気が印象的だ。

本作の収録曲を聴く限り、レーベルを移籍しても、彼の音楽は安定しているように思える。年齢に比べて若く聴こえる甘く爽やかな声をベースにした、繊細なヴォーカルの魅力を引き出すため、デジタル機材を中心にした、シンプルなトラックを選び、癖のある声がウリのラッパーを起用して楽曲に起伏をつけるスタイルは、本作でも変わらない。鋭意制作中というニュー・アルバム『Out My Window』への期待を膨らませてくれる、充実した内容だ。

Track List
1. Tru
2. Heavenly Body feat. Rick Ross
3.Holding feat. Lil Wayne
4. Excited
5. Tru (Remix) feat. 2 Chainz





Tru - EP [Explicit]
Young Goldie Music / EMPIRE
2016-12-09

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ