ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

SHINee - Five [2017 SM entertainment Universal]

日本のSMAPとともに、東アジアのボーイズ・グループの存在感を世界に知らしめた神話(シンファ)にはじまり、韓国人ミュージシャンの海外戦略に大きな影響を与えたBoAや東方神起など、多くの人気タレントを送り出してきた韓国最大手の芸能事務所、SMエンターテイメント。同社から2008年にデビューしたのが、5人組のボーイズ・グループ、シャイニーだ。

デビュー作『The Shinee World』を発表した彼らは、韓国の音楽賞の新人部門を総なめにする一方、事務所の先輩である東方神起や少女時代のツアーに帯同したり、事務所主催のツアーに参加したりするなどして、地道に経験を積んでいく。また、2010年以降は、自分達の名義でも日本を含むアジア地域で多くのライブを敢行。着実に評価を高めてきた。また、ライブと並行して2016年までに韓国で6枚、日本で4枚のアルバムをリリース。特に、2012年に発表した”Sherlock”は二つの曲を繋ぎ合わせる手法と、90年代初頭のニュー・ジャック・スウィングの手法を取り入れた作風、美しいコーラス・ワークが注目を集め、同曲を収録したEPがビルボードのワールド・アルバム・チャートの5位に入ったほか、ローリング・ストーン誌の特集「ボーイズ・グループの名曲トップ50」に、事務所の先輩である東方神起や、日本勢では唯一ランク・インしたKAT-TUNなどを押しのけて、アジア勢では最高位となる12位で紹介される。

このアルバムは、日本盤としては2016年の『D×D×D』以来、約1年ぶり、韓国盤も含めると『1 of 1』のリパッケージ盤『1 and 1』以来、約3か月ぶりとなる5枚目の日本語版アルバム。最年長者のオンユが、2018年から兵役に就き、その後も他のメンバーが続く予定のため、本作は長いブランクを前にした彼らの、キャリアを総括するような作品になっている。

本作のオープニングを飾る”Gentleman”は、スウェーデンのプロデューサー、アンドレアス・オーバーグらが曲を作り、SMAPやクリス・ハートなどの作品でもペンを執っているいしわたり淳治が詞をつけたミディアム・ナンバー。60年代のシカゴ・ソウルを彷彿させるホーンのような音色が心を掻き立てるトラックをバックに、美しいハーモニーやコール&レスポンスを繰り出す作品。「新しい世界のドア、レディ・ファーストがマイ・マナー」という歌い出しや、「踊ろう、僕がエスコートしてあげる」というフレーズのとおり、聴き手を彼らの世界に引き込んでくれる。ゴスペラーズやラッツ&スターが得意としていた本格的なコーラス・ワークと、彼らのスター性が同居した面白い曲だ。

また、デンマークのプロデューサー、イラガーク・ラムハルトが曲を書いた”Get The Treasure”は、ハウス・ミュージックとR&Bの要素を混ぜ合わせたアップ・ナンバー。キラキラとした音色のシンセサイザーを駆使した伴奏と、滑らかなテナー・ヴォイスのコンビネーションが素敵な良曲。「ルーレットは回る」「伸るか反るかどうする?」という歌詞の通り、躍動感溢れるトラックと、緊迫感に満ちたヴォーカルの組み合わせが光っている。

また、韓国で2016年に発表されたシングル”1 of 1”は、カナダのソング・ライター、マイク・ディレイなどが制作を担当。イントロを聴いた瞬間、ガイの”Teddy’s Jam”を連想してしまう、軽快に跳ねるビートと、女性に語り掛けるように歌う軽妙なヴォーカルが魅力のアップ・ナンバーだ。サラ・サクライが作る甘酸っぱい雰囲気の歌詞は、80年代後半から90年代前半にかけて多くのヒット曲を残した、ニュー・エディションやベイビーフェイスの作風を連想させる。

そして、本作に先駆けて発表された”Winter Wonderland”は、スウェーデンのプロデューサー、エリック・リボムと日本のプロデューサー、田中秀典の共作によるバラード。東方神起や嵐にも楽曲を提供しているエリックが生み出すメロディは、起承転結がはっきりした展開と、日本人の琴線を突くメロディが心地よい。しなやかなテナー・ヴォイスを駆使した美しいコーラス・ワークは、R&Bグループのそれとは少し違うが、年齢、性別を問わず人の心を引き付ける不思議な魅力を持っている。日本を含む、アジア各国に多くのファンがいるという話も納得の内容だ。

彼らの音楽の面白いところは、80年代後半から90年代前半のR&Bという、若い人には馴染みの薄い音楽を取り入れつつ、彼らに愛されるポップス作品に落とし込んでいるところだろう。日本でもゴスペラーズやFOHのような、R&Bをベースにしたヴォーカル・グループはあるが、ポップ・スターというポジションで、このような音楽を作るグループは珍しい。

また、彼らのもう一つの強みは、結成以来、変わらない5人による隙のないコンビネーションだと思う。メンバーのソロ作品を除くほぼ全ての曲で、5人全員が一丸になって、美しいハーモニーやマイク・リレーを披露する彼らのパフォーマンスは、誰か一人が欠けても同じ音楽にはならないし、新しいメンバーや外部のシンガーを加えても同じクオリティのものにはならない。完成度の高いものだ。

誰もが厳しい競争にさらされる、韓国の音楽シーンの中で、音楽に誠実に向き合ってきた彼らの姿勢が垣間見える優れたヴォーカル作品。5人が揃ったステージは二度と見れない今、彼らが残してくれた素敵な音楽を大切にしたい。そう思わせる説得力のあるアルバムだ。

Producer
Lee Soo Man etc

Track List
1. Gentleman
2. Mr. Right Guy
3. ABOAB
4. 君のせいで
5. Do Me Right
6. Become Undone
7. Get The Treasure
8. 1 of 1 (Japanese Ver.)
9. Nothing To Lose
10. Melody
11. Winter Wonderland
12. Diamond Sky





FIVE(通常盤)
SHINee
Universal Music =music=
2017-02-22


Eminem - Revival [2017 Aftermath, Shady, Interscope]

97年に発表した自主制作のアルバム『The Slim Shady EP』で表舞台に登場。同作のヒットを受けて出演した、ラジオ・ショーで披露したフリースタイルがDr.ドレに認められ、彼のレーベル、アフターマスと契約。99年に『The Slim Shady EP』に新曲を追加した『The Slim Shady LP』でメジャー・デビューすると、アメリカ国内だけで400万枚、全世界で600万枚を超える大ヒットとなった、ミズーリ州セントジョセフ生まれ、ミシガン州デトロイト育ちのラッパー、エミネムことマーシャル・ブルース・マーザーズ三世。

その後も彼は、『Marshall Marthers LP』や『The Eminem Show』などのヒップホップ・クラシックをリリース。特に前者は、発売初週の売り上げが179万枚、最終的にはアメリカ国内だけで1250万枚を売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上最高となる売り上げ記録を残す。

また、彼の活動は音楽にとどまらず、自身の半生をもとにした映画『8 Mile』で主演俳優と音楽を担当。彼が歌う主題歌”Lose Yourself”がアカデミー賞を獲得するなど、高い評価を受けている。また、99年に立ち上げた自身が運営するレーベル、シェイディを本格的に始動し、50セントやオービー・トライスなどを世に送り出してきた。

そんな、2000年代にはトップ・ミュージシャンとして音楽業界をけん引してきた彼だが、2010年代に入ると活動は抑え気味に。ロイス・ダ59とのコラボレーション作品や自身名義の『Marshall Marthers LP 2』などを発表するなど、ゆっくりとしたペースで、着実にヒット作を残していった。

このアルバムは、彼にとって4年ぶりとなる9枚目のフル・アルバム。プロデュースは、デビュー前からのパートナー、Dr.ドレに加え、リック・ルービンやジャスト・ブレイズが担当。ゲスト・シンガーとしてビヨンセやエド・シーラン、ケラーニなどが参加した、ビック・ネームにふさわしい、豪華なものになっている。

アルバムの1曲目は、本作からのリード・シングル”Walk On Water”。多くのヒップホップ・ミュージシャンと仕事をしてきたリック・ルービンと、ホーリー・ブルック名義で複数のヒット作を残しているスカイラー・グレイがプロデュースを担当。ビヨンセの丁寧な歌唱が心を掻き立てるミディアム・ナンバーに仕上げている。Dr.ドレとエミネムのコラボレーション曲”I Need a Doctor”や、エミネムの”Asshole”にも関わっている、スカイラー・グレイの哀愁を帯びたメロディが光る良曲だ。

これに対し、彼自身がプロデュースした”Untouchable”は、唸るようなギターの音色が格好良い、ロック色の強い作品。サビで流れる威圧感のあるギターから、エミネムの軽妙なラップを引き立てるように、シンセサイザー中心のビートを組んだメロディ部分へとつながる展開も面白い。エミネムの武器である、コミカルでキャッチーなヒップホップが堪能できる作品。

また、エド・シーランをゲスト・ヴォーカルに招き、エミリー・ハインが制作を担当した”Rive”は、エドの物悲しい歌声が鳴り響くサビと、ギターの弾き語りを組み込んだ、フォークソングっぽいトラックの上で、荒っぽいラップを聴かせるエミネムの姿が印象的。ポップス畑のシンガーと組んだ作品には、他にイギリスのシンガー・ソングライター、ダイドを起用した”Stan”などがあるが、こちらの曲ではギターやベースの音を強調し、ポップス寄りの作品に仕上げている。

そして、ジャスト・ブレイズが制作に参加し、ゲスト・ヴォーカルとしてアリシア・キーズを招いた”Like Home”は、アリシア・キーズの楽曲を彷彿させる、ピアノの伴奏が光るロマンティックな作品。クラシック音楽の影響をうかがわせる荘厳なトラックに乗って、次々と言葉を繰り出すエミネムの姿が格好良い。ジェイZやナズ、ドレイクなど、個性豊かなラッパーとコラボレーションしながら、ブレる気配のない安定したアリシアの歌唱が、エミネムの個性を際立たせている。本作の目玉といっても過言ではない曲だ。

今回のアルバムは、前作同様、音楽業界の頂点を極めた後、自身の新しいアーティスト像を模索するエミネムの姿が姿が印象的な佳作だ。線の細い白人青年による、皮肉たっぷりのラップと、「スリム・シェイディ」という別人格を使い分けることで、成功への階段を駆け上がってきた彼。だが、今の彼は音楽界でもトップクラスの富豪であり、多くのヒット作を残しているトップスター。デビュー当初の異端児キャラとはミスマッチが起きているのも事実だ。それを乗り越えるため、色々なスタイルを取り入れて、新しい音楽を模索したのが今回のアルバムだろう。

反抗的な青年が大人になり、地位と名誉を掴んだあと、新たな目標を模索する。多くの大人が抱えている課題に、彼のスタイルで取り組んだ佳作。成長期から成熟期へと突入したエミネムの、「次」が楽しみになる面白い作品だ。

Producer
Dr. Dre, Rick Rubin, Just Blaze, Eminem, Emile Haynie, etc

Track List
1. Walk On Water feat. Beyonce
2. Believe
3. Chloraseptic feat. Phresher
4. Untouchable
5. Rive feat. Ed Sheeran
6. Remind Me (Intro)
7. Remind Me
8. Revival (Interlude)
9. Like Home feat. Alicia Keys
10. Bad Husband feat. X Ambassadors
11. Tragic Endings feat. Skylar Grey
12. Framed
13. Nowhere Fast feat. Kehlani
14. Heat
15. Offended
16. Need Me feat. Pink
17. In Your Head
18. Castle
19. Arose1.1.



a

Revival
Eminem
ユニバーサル ミュージック合同会社
2017-12-16


N.E.R.D. - No One Ever Really Dies [2017 I am Other, Columbia]

2014年にソロ名義でリリースした”Happy”が世界的なヒットとなり、その後も、映画「ミニオンズ」シリーズや「ドリーム」などの映画のサウンドトラックをプロデュース。それ以外にも、ダフト・パンクやカルヴィン・ハリスの作品で自慢の喉を披露している、売れっ子ミュージシャンのファレル・ウィリアムス。そして、彼と組んだプロダクション・チーム、ネプチューンズの名義で、ジェイZやノー・ダウト、宇多田ヒカルなどにヒット曲を提供してきたチャド・ヒューゴ。彼らにシェイ・ヘイリーなどのメンバーを加えたバンドが、このN.E.R.D.だ。

デビュー前から、ネプチューンズが携わった作品のレコーディングやライブなどで腕を振るってきた彼らは、2002年にアルバム『In Search Of...』を発表。乾いた音色を使った軽快なトラックが魅力のネプチューンズとは全く異なる、荒々しいギターの演奏が光る”Rock Star”などのヒット曲を残すが、 商業的には今一歩の結果に終わる。その後、2004年に『Fly or Die』をリリース。同作からシングル・カットされた”She Wants to Move”がQ-ティップやデ・ラ・ソウルなどが名を連ねる、ネイティブ・ダンの面々を起用したリミックス・ヴァージョンも含めヒット。また、2008年には『Seeing Sounds』、2010年には『Nothing』を発売している。

このアルバムは、前作から約7年ぶりとなる通算5枚目となるスタジオ・アルバム。リアーナケンドリック・ラマー、エド・シーランといった、今をときめく人気ミュージシャンが顔を揃えた、ヒット・メイカーらしい豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目は、ファレルに加え、トリッキー・スチュアートのところで活動していた、カーク・ハレルが制作に携わった”Lemon”。ゴムボールのように跳ねるビートと、ピコピコという電子音を組み合わせたトラックは、クリプスの”Grindin'”などで一世を風靡した、2000年代初頭のネプチューンズを思い起こさせる。しかし、ドラムン・ベースを連想させるビートや、曲調を次々と切り替えてリスナーの度肝を抜く手法は、ヒップホップの枠に捉われないN.E.R.D.っぽい。変則的なビートをしっかりと乗りこなすリアーナの存在も見逃せない。

これに対し、グッチ・メインウェイルという、重くパンチの効いた声が魅力のラッパー二人が参加した”Voilà”は、乾いたギターの音色が心地よいアップ・ナンバー。ギターやベースを使って、ロックの要素を盛り込むスタイルは、デビュー作のころから変わらないN.E.R.D.らしいものだ。肩の力を抜いたラップで、軽快な伴奏に溶け込んだ2人のラップもいい味を出している。

また、フューチャーを招いた”1000”は、アーハの”Take on Me”を思い起こさせる、軽快な伴奏が格好良いアップ・ナンバー。途中で細かく刻んだ声ネタを盛り込んだり、クイーンの”We Will Rock You”を連想させるフレーズが飛び出すのも面白い。大胆な発想で強烈な印象を残しつつ、ポップスとして完成させる彼らのスキルが発揮された良曲だ。

そして、本作の隠れた目玉が、ケンドリック・ラマーをフィーチャーした”Don't Don’t Do It!”だ。カーティス・メイフィールドの”Tripping Out”を彷彿させる、しっとりした伴奏の上で切ない歌声を聴かせたと思いきや、途中からパンク・ロックに切り替わる奇想天外な曲。今をときめくケンドリック・ラマーが、唸るようなギターの演奏をバックに歌う光景は必聴。

個性的なサウンドで多くのヒット曲を生み出してきた、ネプチューンズやファレルの作品とは一味違う、ドラムン・ベースやグライム、パンク・ロックといった、色々な音楽のエッセンスを取り入れた音楽性が魅力のN.E.R.D.。久しぶりの新作でも、彼らの持ち味は変わっていない。

しかし、今回の作品では”Lemon”のように、ヒップホップのトレンドと呼応したような作品が目立っている。それは、彼ら地震がトレンドを意識したことも大きいが、ブラッドオレンジソランジュをプロデュースし、ゴリラズのアルバムに多くのラッパーが参加したように、ロックやエレクトロ・ミュージックとヒップホップやR&Bの距離が縮まり、混ざり合った曲が増えたことも大きいと思う。そんな、色々なジャンルの音楽が混ざり合った時代を先取りしつつ、流行とは一定の距離を置いた作品に落とし込んでいることが、彼らの音楽の魅力だと思う。

新しいトレンドを生み出してきた彼らの、本気が伺える佳作。これまでの作品同様、商業的に大きく成功するタイプの作品ではないが、今後のヒップホップやR&Bのトレンドを先取りした演奏が楽しめる。音楽のファッションショーといった趣のアルバムだ。

Producer
Pharrell Williams, Chad Hugo, Kuk Harrell, Mike Larson, Rhea Dummett

Track List
1. Lemon feat. Rihanna
2. Deep Down Body Thurst
3. Voilà feat. Gucci Mane and Wale
4. 1000 feat. Future
5. Don't Don’t Do It! feat. Kendrick Lamar
6. ESP
7. Lightning Fire Magic Prayer
8. Rollinem 7's feat. André 3000
9. Kites feat. Kendrick Lamar and M.I.A.
10. Secret Life Of Tigers
11. Lifting You feat. Ed Sheeran




No One Ever Really Dies
N.E.R.D
Sony
2017-12-15

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ