melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Kintaro - Commando Existentral & Universal EP [2018 Alpha Pup Records, DIW]

サンダーキャットの名義で多くの傑作を残しているステファン・ブルーナーや、名うてのドラマーとして、カマシ・ワシントンケンドリック・ラマーまで、様々なアーティストと共演しているロナルド・ブルーナーを兄弟に持ち、自身もマット・マーシャンズ率いるR&Bバンド、インターネットの一員として活動してきた、シンガー・ソングライター兼キーボード奏者の、キンタローことジャミール・ブルーナ。

カリフォルニア州ロスアンジェルス出身のジャミールは、2013年から2016年までインターネットの一員として活動。その縁もあり、タイラー・ザ・クリエイターやエイサップ・ロッキー、ゴールドリンクといった、ヒップホップ・ミュージシャンの作品に数多く関わってきた。

また、その一方で、2017年には初のミックス・テープ『Commando Existentral』を発表。同年には初のEP『Universal EP』をリリースするなど、アーティストとしても頭角を現してきた。

本作は、2017年に公開した2枚の録音作品を1枚のCDに収めた企画盤。収録された全ての曲をプロデュースし、ソングライティングや演奏、ヴォーカルも担当するなど、彼自身が大部分の工程に携わった力作となっている。

本作の目玉は、何といってもアンダーソン・パークをフィーチャーした”MK”。グラマラスなベースの音色とロックのビートを組み合わせたバック・トラックはゴリラズの作風に近い印象。テナーのパーク、バリトンのジャミールという違いはあるものの、しゃがれた声を絞り出すスタイルで共通する両者による息の合ったデュエットが面白い。

同作の収録曲で、もう一つ記憶に残ったのは”Alien Trap”。タイトルに違わないトラップのビートに、宇宙人が出るSF映画を彷彿させるふわふわとした電子音や、エフェクトをかけた声のラップを組み合わせたヒップホップ作品。この曲のように奇抜な音色を組み合わせた作品には、斬新なサウンドを強調しすぎて、何度も聴くのは辛いものが少なくないが、この曲では聴き手に強い印象を与えるポイントに絞り込んで使うことで、楽曲としての完成度を高めている。余談だが、曲中に流れるチャイムの音色は、アメリカでも使われているのだろうか。

これに対し、『Commando Existentral』の収録曲では”Song For Us Bounce”が目を惹く。電子楽器を多用した刺々しい音色と、声域全体を使った歪なメロディを歌うヴォーカルの組み合わせは、パーラメントの『Mothership Connection』を思い起こさせる。時代が違うとはいえ、大人数のバンドで生み出されたP-ファンクのサウンドを、一人で鳴らす彼の技術には驚かされる。

そして、このスタイルをさらに深めたのが”Song Joint Flip Lit”。乾いた音を鳴らす電子楽器を使ったトラックは、ネプチューンズのサウンドによく似ている。しかし、その上に乗っかるのはファレルが歌うような軽妙なメロディとは対極の、不可思議なメロディ、個性的なサウンドで一世を風靡した、ネプチューンズとファンカデリックの音楽を一つの作品に同居させた、大胆な発想が光る楽曲だ。

彼の音楽の面白いところは、シンセサイザーを軸に据えつつ、多彩な表現を繰り出している点だろう。トラップに始まりロックやファンク、R&Bなど、色々なジャンルの音楽を取り入れ、自分の作品の糧にしている。この豊かな感性と高い構成力が彼の良さだと思う。

二人の兄に勝るとも劣らない、高い演奏技術と音楽センスが遺憾なく発揮された良作。サンダーキャットやフライング・ロータスの音楽が好きな人なら絶対に夢中になるだろう。音楽に対する深い造詣と鋭い視点、具体的な作品に落とし込む技術が心に残る作品だ。

Producer
Kintaro

Track List
1. Alt Pln
2. Mk feat.Anderson .Paak
3. West
4. Trap You
5. Alien Trap
6. Aussie feat.Tru Sound
7. Chillin
8. Next To You
9. Song For Us Bounce
10. Song Joint Flip Lit
11. Soul Boy
12. Untitled Bullshit
13. Once More With This “Put In Work Bullshit”
14. Beez In Duh Trap Final (BONUS TRACK)






T-Groove & Two Jazz Project - Nu Soul Nation [2018 LAD Publishing & Records, Kissing Fish Records]

小説家やデザイナーとしても活動しているエリック・ハッサンと、ギターやベースなど、複数の楽器を使いこなせるクリスチャン・カフィエロによるフランスの音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクト。2017年には、初のスタジオ・アルバムとなる『Move Your Body』を発表し、ヨーロッパを中心に多くの国で高い評価を受け、その後もG.リナの”想像未来”やウッディファンクの”N.Y.B.”をリミックスして話題になった、日本の音楽プロデューサー、T-グルーヴことユウキ・タカハシ。

住んでいる土地も年齢も経歴も違う彼らは、2016年ごろからリミックスなどを通して結びつき、同年には両者の連名による初のスタジオ・アルバム『Experiences』もリリースしてきた。

本作は彼らにとって、2枚目のコラボレーション・アルバム。配信版の配給は、両者の作品を取り扱ったこともあるポルトガルのLADパブリッシング、CD盤やアナログ盤の配給は、安藤裕子や比屋定篤子などの作品を販売している日本のキッシング・フィッシュが担当している。

本作に先駆けてリリースされた”Strong Love”は、T-グルーヴの”Family”でヴォーカルを担当し、今年2月に発売されたアルバム『Not Made For These Times』でも艶やかな歌声を披露している、シカゴ出身のシンガー・ソングライター、ジョヴァンを招いた作品。メアリー・ジェーン・ガールズの”All Night Long”を彷彿させる、太い低音とゆったりとしたテンポが心地よいビートをバックに、じっくりと歌い込むジョヴァンの高い技術が印象的。一聴しただけで練り込まれたものとわかる表現を、優雅に歌い上げるジョヴァンの姿が光る作品だ。同じシングルに入っているハウス・ミュージック寄りのアップ・ナンバー”The More I Do”や、跳ねるようなベースの演奏が光るミディアム”Just Wanna”を含め、彼の参加曲にはハズレがない。

それ以外の曲では、エノイス・スクロギンスをフィーチャーした”Funky Show Time ”が面白い。49歳のときに初めてのスタジオ・アルバム『One For Funk And Funk For All』を発表した、遅咲きの名シンガーと組んだ2017年のシングル曲は、彼が得意とする、リック・ジェイムスのような80年代のファンク・ミュージックの要素を盛り込んだミディアム。キーボードの美しい音色とベースの演奏を強調した、スタイリッシュなトラックが格好よいミディアム・ナンバー。ドラムの音の跳ね具合が、ファンクの躍動感を演出している。きらびやかな上物と、ダイナミックなグルーヴの組み合わせは、両者のソウル・ミュージックに対する深い造詣を伺わせる。

また、 トロント出身のシンガー・ソングライター、ポーラ・レタンを起用した“Bring It Back Around”は、本作では異色のスロー・ナンバー。シンセサイザーの伴奏を駆使した作風は、アイズレー・ブラザーズやアンジェラ・ウィンブッシュが80年代後半に残してきたロマンティックなバラードを彷彿させる。しかし、当時の音楽との決定的な違いは豊かな低音。柔らかい音色のベースを用いて、楽曲に安定感を与えつつ繊細で滑らかなヴォーカルを引き立てている点は見逃せない。事あるごとに、70年代後半から80年代に作られた黒人音楽への愛を示してきた、彼らの持ち味が発揮された良質なスロー・ジャムだ。

そして、収録曲の約半数に携わっている、マリー・メニーが参加した曲の中では、”Diamonds”のエクステンデッド・ヴァージョンが光っている。前作『Experiences』からシングル・カットされた、彼らの人気曲のロング・ヴァージョンだ。前作に収録されたものと比べると、バス・ドラムの音が強調され、腰に訴えかける刺激的なグルーヴを堪能できるものになっている。シャーデーを思い起こさせる神秘的な雰囲気を醸し出すヴォーカルも気持ち良い。「ロング・ヴァージョン」を作った彼らの思いが垣間見える良曲だ。

今回のアルバムは、前作以上にディスコ・ミュージックの面白さをアピールした作品になっている。軽快な音を響かせるギターや、シンセサイザーを多用した高級感溢れる伴奏、優雅で洗練されたヴォーカルを活かした曲作りは前作と変わらない。しかし、本作では上品な雰囲気を残しつつ、ベースやドラムの音を適度に強調することで、ソウル・ミュージックの持つ躍動感と親しみやすさを盛り込むことに成功している。

また、もう一つの面白いところは、この作品に複数の国の人が関わっていることだろう。日本とフランスのクリエイターが曲を作り、アメリカやカナダなどのヴォーカルが歌を吹き込み、ポルトガルや日本のレコード会社が配給する。そこには、「日本人らしさ」「フランス人らしさ」という枠を超えて、「ソウル・ミュージックへの愛」を「私達の音楽」で表現し、広めようと尽力する人達がいる。この2点が本作の大きな特徴だろう。

アメリカで生まれ、その後世界各地に広まり、それぞれの土地で独自の進化を遂げたソウル・ミュージック。そんな各地のミュージシャンが、21世紀に入り、通信技術などの発展で互いに結びつくようになったことで生まれた奇跡の1枚。世界各地で自分達の音楽を模索する、ソウル・ミュージック・ラバーの存在を再認識させてくれる作品だ。

Producer
Two Jazz Project, Yuki "T-Groove" Takahashi

Track List
1. New Humanist Whisper feat. Marie Meney
2. Funky Show Time (Extended Version) feat. Enois Scroggins
3. The More I Do feat. Jovan Benson
4. Soul Nation feat. Brae Leni
5. Bring It Back Around feat. Paula Letang
6. Venus feat. Marie Meney
7. Soho Sunset feat. Enois Scorggins
8. Stay With Me feat. Marie Meney
9. Diamonds (Extended Version) feat. Marie Meney
10. Strong Love feat. Jovan Benson
11. The Groove Revolution feat. Brae Leni & Marie Meney
12. Just Wanna feat. Jovan Benson
13. Under The Pressure feat. Enois Scroggins & Marie Meney
14. Take This Love (Album Version) feat Marie Meney
15. Last Humanist Whisper feat. Enois Scroggins





Nu Soul Nation
T-GROOVE & TWO JAZZ PROJECT
Kissing Fish Records
2018-05-02


Eric Bellinger - Eazy Call [2018 YFS Empire]

ジャクソン5が歌ったことでも有名な、”Rockin’ Robin”の作者としても知られるボビー・デイを祖父に持ち、自身もソングライターとして活躍しているエリック・ベリンガー。

音楽グループAKNU(A Kind Never Understoodの略)の一員として、音楽の世界に足を踏み込んだ彼は、その後、ソングライターに転身して多くの楽曲を制作、ジャスティン・ビーバーからタイリースまで、様々なスタイルのミュージシャンに曲を提供してきた。

本作は、2017年4月にリリースされた『Cannabliss』以来、約1年ぶりとなる新作。前作の発表後も、テイマー・ブラクストンの『Bluebird Of Happiness』やラポーシャ・ラナエ『Already All Ready』‎に携わるなど、多忙な日々を送っていた彼。本作では「未発表曲によるグレイテスト・ヒッツ」をテーマに掲げ、多作な彼が厳選した新曲を収めている。

アルバムを聴いて最初に興味を持ったのは、メイスをフィーチャーした”Not a Love Song”。シンセサイザーを使ったスタイリッシュなビートの上で、歌ともラップとも形容しがたい、独特の節回しのメロディを繰り出す姿が魅力のミディアム・ナンバー。ドレイクを筆頭に多くのミュージシャンが用いている、現代のR&B、ヒップホップ界隈ではお馴染みのスタイルだが、力強い歌声と器用な歌唱技術を兼ねそなえた彼が披露すると違ったものに聴こえる。2018年の流行に合わせてトラックを用意し、流行の歌唱法を取り入れたエリックに対し、あくまでも自分が得意なスタイルで臨むメイスの姿に、ベテランの矜持を感じる。

これに続く”Main Thang”は、ロス・アンジェルスを拠点に活動するラッパー、ドン・ケネディをフィーチャーした作品。電子楽器を組み合わせてヒップホップのビートを作る手法や、しっとりとしたメロディを甘酸っぱい声で歌うスタイルは、クリス・ブラウンとよく似ている。もっさりとしたバリトン・ヴォイスでラップを披露するドン・ケネディの存在が、エリックのテナーの魅力を引き出している点も見逃せない。

また、本作に先駆けて発表された”Goat 2.0”は、2016年のアルバム『Eric B for President: Term 1』に収録されている同名曲のリメイク。ワシントンD.C.出身のナイジェリア系アメリカ人ラッパー、ウェイルを招いて、彼の代表曲を再録している。楽曲自体は、曲の途中で音を止めるなど、トラックを微妙に弄っているものの、大部分は原曲と同じ。低く、太い声を使って歌うようにラップを繰り出すウェイルの存在が、高い声で甘く歌うエリックのパート合わさって楽曲にメリハリをつけている。

そして、本作の収録曲で異彩を放っているのが、ニーヨと共演した”Dirty Dancin'”。エリックの作品では珍しい、カリプソのビートを取り入れたアップ・ナンバー。甘く爽やかなヴォーカルが魅力の二人による共演は、声域の違いを意識して聴かないと、どっちが歌っているか判別できないくらい一体感がある。ソングライターとして頭角を現し、自身名義の作品でも成功を収めるという経歴を歩んだ二人による、面白いコラボレーションだ。

今回のアルバムは、従来の作風を踏襲した、手堅い作品が目立つ。コンピュータを多用し、ミディアム・テンポのトラックをバックに歌とラップを織り交ぜたパフォーマンスを繰り広げる。また、バラエティ豊かなゲストも、彼のスタイルに大きな影響を与えるものではなく、楽曲の一部とした作品としている。この、一歩間違えればマンネリ化とも捉えられかねない方法で、50分を超えるアルバムを最後まで楽しませる手腕には唯々驚くしかない。

30代前半と比較的若い年齢ながら、自身名義の曲も含め、多くの録音作品にかかわってきた、彼の豊かな経験と老練な作曲、歌唱技術が遺憾なく発揮された佳作。人の声が生み出す豊かな音楽表現を存分に味わえる充実した内容のアルバムだ。

Producer
Ayo The Producer, Blast, Keyzbaby, London On Da Track, Nic Nac, Qorey, Scootie & Sleep Deez etc

Track List
1. Legs
2. Not a Love Song feat. Ma$e
3. Main Thang feat. Dom Kennedy
4. She feat. AD
5. Role Play feat. Scootie
6. Silent Treatment
7. Goat 2.0 feat. Wale
8. Dirty Dancin' feat. Ne-Yo
9. Y.A.K. feat. Chevy Woods & Sammie
10. Ain't Ya Ex feat. Mila J & Tink
11. Money Float
12. By Now
13. Luck
14. Bagged
15. Eric Bellinger





Eazy Call [Explicit]
YFS (Your Favorite Song) / EMPIRE
2018-04-06

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ