melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

The Internet - Hive Mind [2018 Columbia]

フランク・オーシャンタイラー・ザ・クリエイターといった、鋭いセンスと強烈な個性が魅力のアーティストを多数輩出し、アメリカのヒップホップ界に新しい風を吹き込んだ、カリフォルニア州のロス・アンジェエルス発のヒップホップ集団、オッド・フューチャー。

同クルーのサウンドを支えるプロデューサー、マット・マーシャンと、飛びぬけた個性が武器の女性シンガー、シド(2016年にクルーを脱退)、が中心になって2011年に結成した、ソウル・バンドが、ジ・インターネットだ。

シドとマットの音楽ユニットとして始まったこのグループは、後に彼らのツアーに帯同していたパトリック・ペイジなどのメンバーを加え、正式なバンドとして活動を開始。2011年にはフランク・オーシャンも制作に参加した『Purple Naked Ladies』を発表すると、スライ&ザ・ファミリー・ストーンを彷彿させる前衛的な音楽性と、ロータリー・コネクションのミニー・リパートンを彷彿させるシドの透き通った歌声が注目を集める。その後も、精力的にライブを行いながら2013年に『Feel Good』を、2015年には『Ego Death』を録音。後者はグラミー賞にノミネートするなど、高い評価を受けた。

本作は、彼らにとって3年ぶり4枚目となるスタジオ・アルバム。サンダーキャットの弟としても知られるジャミール・ブルーナがグループを離脱し、シドがクルーを離れる一方、シド、マット、スティーヴがソロ作品を発表するなど、前作よりもパワー・アップしたバンドの能力が遺憾なく発揮された作品になっている。

本作に先駆けて発表されたシングル曲”Roll (Burbank Funk)”は、リック・ジェイムスやスレイヴの作品を思い起こさせる、太いベースの音色とスタイリッシュなビートが心地よいアップ・ナンバー。洗練されたダンス・ナンバーと思いきや、随所でエフェクターを使用した幻想的なサウンドに意表を突かれる曲。朴訥としたスティーヴ・レイシーのヴォーカルが、スライ・ストーンっぽく聴こえるのも面白い。

続く”Come Over”はシドがリード・ヴォーカルを担当したミディアム・ナンバー。重いベースや乾いたギターの音色をバックに、透き通った歌声を響かせるシドの姿が光る良曲。繊細なメロディの楽曲だが、あえて荒っぽく演奏することで、ファンクやヒップホップにも通じるラフな雰囲気を醸し出している。

また、ブラジル音楽の要素を盛り込んだアップ・ナンバー”La Di Da”は、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムがプロデュースしたセルジオ・メンデスの2006年作『Timeless』を彷彿させる軽妙なメロディとパンチの効いたビートが格好良い作品。エフェクトを効かせたギターや、荒っぽい演奏のホーンが、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの作品を思い起こさせる。

そして、彼らの個性が最も発揮された曲が、マット・マーシャンとスティーヴ・レイシーが制作を主導した”Beat Goes On”だ。60年代後半のサイケデリック・ロックを彷彿させる、エフェクターを駆使した幻想的な演奏とヴォーカルに70年代初頭のジェイムス・ブラウンを思い起こさせる躍動感のあるビートが格好良いアップ・ナンバー。2分半で曲が終わったと思いきや、ドラムン・ベースの上でゆったりと歌うR&B作品に切り替わる奇抜な演出と高い演奏技術に驚かされる。

今回のアルバムは、前作の路線を踏襲しつつ、表現の幅を広げたものだ。R&Bやヒップホップを軸に、ファンクやサイケデリック・ロック、ブラジル音楽やエレクトロ・ミュージックなど、様々な音楽を取り込み、一つの作品に融合するスタイルは前作と変わらないものの、引用の斬新さと楽曲の完成度はこれまでの作品を大きく上回っている。この変化は、各人がソロ活動を通して自身の持ち味を磨き上げ、音楽の幅を広げたことによるものが大きいと思う。

様々なジャンルのミュージシャンが刺激し合い、新しい音楽を生み出していた70年代のソウル・ミュージックが持つ、刺激的な雰囲気を現代に蘇らせた稀有な存在である彼ら。、音楽はジャンルで括るようなものではなく、自由で楽しいものであることを教えてくれる良作だ。

Producer
The Internet

Track List
1. Come Together
2. Roll (Burbank Funk)
3. Come Over
4. La Di Da
5. Stay the Night
6. Bravo
7. Mood
8. Next Time / Humble Pie
9. It Gets Better (With Time)
10. Look What U Started
11. Wanna Be
12. Beat Goes On
13. Hold On





ハイヴ・マインド
ジ・インターネット
SMJ
2018-07-25


Jay Park - Ask Bout Me [2018 AOMG, Leon, Roc Nation]

”Gangnam Style”が、非英語曲の最多ダウンロード販売を記録したPSYや、アジア人では初めてアメリカとイギリスのアルバム・チャートを制覇したBTSなど、海外での成功が目立つ韓国発のアーティスト達。欧米の流行を取り入れ、自国の文化と融合した独自の音楽が発展する過程では、ビッグバンや2Ne1の作品を手掛けてきたテディ・パクや、エピック・ハイのタブロのような、欧米出身の韓国人や韓国系ミュージシャンが貢献してきた。

ジェイ・パクことパク・ジェボムは、そんな韓国系アメリカ人のアーティストの一人。ワシントン州のエドモンズ生まれ、シアトル育ちの彼は、ハイスクール時代からブレイク・ダンスに夢中だったという。そんな彼は、母親が好きな歌手が在籍していたことがきっかけで、JYPエンターテイメントのオーディションに応募し合格。韓国に移り、大学に通いながらデビューを目指していた。

そんな彼は、2008年にボーイズ・グループ2PMのリーダーとしてデビューするものの、アメリカとは異なる文化を持つ韓国での活動に苦しみ直ぐに脱退。アメリカに帰国する。

その後は、ハイスクール時代からの仲間と組んだクルー、AOMGで活動しながらシンガー・ソングライターやプロデューサーとして活動。高いスター性と本格的なヒップホップを同居させたスタイルで、テレビからクラブ・イベントまで、幅広い舞台で活躍。2017年には、アジア系のミュージシャンとしては初めて、ジェイZが率いるロック・ネイションと契約した。

本作は、彼が率いるAOMGとロック・ネイションの共同配給による初のEP。プロデュースはチャ・チャ・マローンやグルーヴィー・ルームといったAOMGの面々が担当する一方、ゲスト・ミュージシャンにはレーベル・メイトのヴィック・メンサを中心に、2チェインズやリッチ・ザ・キッドといった、アメリカ各地の実力派ラッパーが集結した豪華なものになっている。

アルバムの1曲目”FSU”は、元2Ne1のミンジーの”Flashlight”を手掛け、2017年にはジェイ・パクのレーベル、ハイヤー・ミュージックからアルバム『Everywhere』を発表している韓国のプロダクション・チーム、グルーヴィールームが制作を担当。リビア出身のラッパー、ガシと、アトランタ出身のリッチ・ザ・キッドをフィーチャーしている作品。トラップのビートに乗って、歌ともラップとも言い難い独特の抑揚のメロディを繰り出している。ヴォーカル・グループ出身らしいパクの甘い歌声と、ゲストの太い声のラップの組み合わせが面白い。

これに対し、AOMGの一員であるチャ・チャ・マローンが制作に加わった”Sexy 4 Eva”は、トラップの要素を盛り込んだトラックに、ロマンティックなメロディを組み合わせたスロー・バラード。シンセサイザーを使ったヒップホップのトラックと甘酸っぱい歌声の組み合わせは、アッシャークリス・ブラウンに似ている。だが、彼らの曲に比べると、よりしなやかなメロディが印象的。ヒップホップの要素と、じっくりと歌を聴かせる韓国のポップスの手法が上手く混ざった佳曲だ。

また、チャ・チャ・マローンがプロデュースを担当し、韓国の人気ラッパー、シックKがラップを吹き込んだ、2017年のシングル”Yacht”のリメイクでは、ロック・ネイション所属のヴィック・メンサがゲストで参加。甘い音色のシンセサイザーと、パクの色っぽい歌声の組み合わせが心地よい、ロマンティックな雰囲気のミディアム・ナンバーだ。絶妙なタイミングで入り込み、曲を引き締めるヴィック・メンサのラップをがいい味を出している。

そして、本作の最後を締めるのが2チェインズを起用した”Soju”(韓国語で「焼酎」の意味)。チャ・チャ・マローンとウージーが作るチキチキ・ビートの上で、セクシーな歌声を響かせるスタイルは、ジニュワインやジョデシーが一時代を築いた90年代のR&Bを思い起こさせる。全体的にどこか懐かしい雰囲気の曲だ。所々で使われるオートチューンが、トークボックスっぽく聴こえるのも面白い。ジェイZにそっくりなフロウを聴かせる、2チェインズのラップも思わずニヤリとしてしまう演出。余談だが、こちらの曲にはサイモン・ドミニクやチャンモといった、韓国ヒップホップ界の新旧の実力者が参加したリミックスが存在する。両者のラップを聴き比べてほしい。

本格的なアメリカ・デビュー作となる今回のアルバムは、ゲストをアメリカのラッパーで固めて、自身のパートも英語で歌う一方、AOMGの面々を中心に韓国のプロデューサーを起用するなど、アメリカと韓国、両方の国の音楽を取り入れた少々意外なものだ。ロック・ネイションという名門レーベルと契約しながら、昔からの付き合いのあるクリエイターを多数起用する。ヒップホップの世界ではしばし見られる手法を、アジア系の彼が行う姿からは、自分達のキャリアと音楽に対する絶対的な自信を感じさせる。

インターネットの普及によって、各国の音楽を気軽に楽しめる時代を経て、「どこの国の音楽か」より「誰の音楽か」「どんな音楽か」が重要になったことを再認識させられる良作。アッシャーやクリス・ブラウン、トレイ・ソングスなど、多くの名シンガーが鎬を削るR&Bの世界に、彼のようなアジア系シンガーがどんな影響を与えるか、今後の展開が楽しみだ。

Producer
Cha Cha Malone, GroovyRoom, Slom & Woogie

Track List
1. FSU feat. GASHI & Rich The Kid
2. Chosen1
3. Sexy 4 Eva
4. Million
5. Yacht feat. Vic Mensa
6. Ask Bout Me
7. Soju feat. 2 Chainz






Jamie Isaac - (04:30) Idler [2018 Marathon Artists]

ジェイミー・アイザックは、ロンドン南部のクロイドン出身のシンガー・ソングライター兼プロデューサー。

アデルやジェシーJ、フロエトリーの二人を輩出した芸術学校、ブリット・スクール時代に、後にキング・クルーとしてブレイクするアーチー・イヴァン・マーシャルと出会った彼は、多くの音楽プロジェクトを経験。その一方で、映像制作や脚本作りにも強い関心を抱くなど、好奇心旺盛な青年だった。

そんな彼は、2013年のEP『I Will Be Cold Soon』を皮切りに、年間1枚のペースで新作を発表。ビル・エヴァンスからビーチ・ボーイズまで、様々な音楽から触発された個性的な作風で、好事家から注目を集めてきた。

本作は、彼にとって2枚目のフル・アルバム。前作に引き続き、ヴォーカル、ソングライティング、プロデュースを彼自身が担当する一方、演奏にはルディ・クレスウィックやジェイク・ロングといった新しい面々も参加。電子音楽やジャズ、ロックやソウル・ミュージックを取り込み、融合させた独特のスタイルを深化させている。

本作の幕開けを飾る”Wings”は、ビル・エヴァンスを彷彿させるロマンティックなピアノと、ダニー・ハザウェイやロバータ・フラックのような、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる洗練されたリズム・セクション。ボサノバを取り入れたアレンジとメロディが心に残る、お洒落なミディアム・ナンバー。ジェイミーの繊細なヴォーカルを強調しつつ、スタイリッシュに纏め上げた曲作りが素敵。

続く”Doing Better”は、ヒップホップのビートと電子音楽のエッセンスを混ぜ合わせた、スロー・テンポのR&B作品。ごつごつとしたビートはディアンジェロの、電子音楽を組み合わせた抽象的なトラックはサンダーキャットの音楽性に近しいが、スマートで滑らかなヴォーカルはマックスウェルに似ているという不思議な作品。方向性の全く異なる演奏スタイルを吸収し、独創的な音楽に還元したジェイミーのセンスが光っている。

これに対し、3曲目の”Maybe”は、ボサノバと電子音楽の要素を強調した、優雅で前衛的な作風が印象的な曲。ソウル・ミュージックの要素は皆無だが、リスナーの琴線を刺激する哀愁を帯びたメロディと繊細なヴォーカルのコンビネーションは魅力的。ロックに強いミュージシャンを招いたことで、曲中にロック・ミュージシャンらしいアドリブを盛り込んでいる点も心憎い。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが”(04:30) Idler / Sleep”、ビル・エヴァンスのような優雅なピアノが心地よい伴奏に、声楽家のような女性の歌声や、壮年の男性による「Sleep」という声を挟み込んだ奇抜なアレンジと、ファルセットを多用した切ない雰囲気のヴォーカルを組み合わせが新鮮な曲だ。斬新な曲でありながら、緊張せず、リラックスして楽しめるのは、彼の美しい歌声と、優しい音色の楽器のおかげだろうか。

彼の音楽の魅力は、ジャズや電子音楽といった、多くの人を魅了する一方で、繊細さや複雑な表現に敷居の高さを感じるジャンルの手法を、わかりやすくかみ砕き、誰もが楽しめるポピュラー音楽として再構築しているところだ。テディ・ウィルソンやデイブ・ブルーベックのようなジャズ、ブライアン・ウィルソンのような先鋭的なポップス、クラシック音楽にも造詣の深い彼は、高度な演奏技術だけでなく、一つのスタイルを複数の視点から分析して、自分の楽曲に合わせた表現に組み替えている。この、多角的なものの見方と構成能力が、彼の音楽に独自性質をもたらしているのだろう。

高度で複雑な音楽を闇鍋のように一つの作品に放り込みながら、破綻させることなく、誰もが楽しめる魅力的なポップスとして楽しめる作品に落とし込んだ面白いアルバム。電子音楽ともロックとも異なる個性的なスタイルは、あらゆる人にとって新鮮な音楽に映るだろう。

Producer
Jamie Isaac

Track List
1. Wings
2. Doing Better
3. Maybe
4. (04:30) Idler / Sleep
5. Interlude (Yellow Jacket)
6. Eyes Closed
7. Slurp
8. Counts for Something
9. Melt
10. Drifted / Rope
11. Delight




04:30 IDLER/DIGIPAK
JAMIE ISAAC
MARA
2018-06-01


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ