ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

THE BAWDIES - NEW [2017 Victor Entertainment]

小学校の頃からの同級生だったというROY(Vo,B)、JIM(G,Cho)、MARCY(Dr,Cho)に、高校で同じクラスになったTAXMAN(G,Vo)を加えた4人によるロック・バンド、ボウディーズ。彼らはメジャー・デビューの前から海外ツアーやフジ・ロック・フェスティバルを経験するなど、ライブに定評のある実力派のロック・バンドとして、その名を轟かせてきた。

2009年にラヴ・サイケデリコのナオキがプロデュースした曲を含むアルバム『THIS IS MY STORY』でメジャー・デビューすると、50年代、60年代のロックン・ロールを取り入れた武骨なサウンドと洗練されたビジュアルのギャップが注目を集めCDショップ大賞を受賞。その後も精力的にライブやレコーディングを行い、2011年には初の武道館公演を敢行、2015年には2度目の武道館公演とヨーロッパ・ツアーを行っている。

このアルバムは、2015年の『Boys!』以来、2年ぶりとなる通算6枚目(カヴァー集の『Going Back Home』を含むと7枚目)のオリジナル・アルバム。プロデューサーには、これまでの作品にも携わっているNAOKIとペトロールズの長岡亮介を起用。彼らは演奏でも参加し、4人が生み出すパワフルなサウンドに彩りを添えている。

アルバムのオープニングを飾るのは、本作からの先行シングル”THE EDGE”。彼ら自身のプロデュースによるこの曲は、「崖っぷち」というタイトルの通り、荒々しいサウンドと余計な音をそぎ落としたシンプルなアレンジが格好良い曲。4人のパワフルな演奏が魅力の彼らだが、この曲では彼らの持ち味が一際強調されている。

また、”45s”は2016年にリリースされたゴー・ゴー・バニラズとのスプリット・シングル『Rockin' Zombies』に収録されていた楽曲。後輩との共演を意識したのか、彼らの初期作品に近い、粗削りな演奏と勢いのある歌唱が印象的。パンク・ロックの爆発するようなエネルギーとロックンロールの野太いサウンド、リズム&ブルースの躍動感が融合した良曲だ。

そして、ペトロールズの長岡亮介がプロデュースした”SUNSHINE”は、50年代、60年代のポピュラー・ミュージックが持つ温かい雰囲気を取り込んだミディアム・ナンバー。乾いたギターの音色としゃがれたロイの歌声が、チャック・ベリーを彷彿させる。パンク・バンド=アップ・ナンバー中心というイメージを良い意味で裏切る、彼らの音楽への造詣の深さが垣間見える佳曲だ。

それ以外の曲では、メジャー・デビュー以降、多くの作品に携わってきたナオキがプロデュースした”NEW LIGHTS”も見逃せない曲だ。ラヴ・サイケデリコの曲を思い起こさせる、気怠い雰囲気とモータウンやスタックスの音楽を連想させる、太くて温かい音色が印象的なミディアム・ナンバー。ラジオや書籍、ライブの開園前BGMなどでエッタ・ジェイムスやボビー・パターソン、レイ・チャールズなどを取り上げてきた彼らしい、リズム&ブルースやソウル・ミュージックへの愛着が感じられる作品だ。

今回のアルバムでは、年季を重ねて若手から中堅へと立場が変わっていく中で、自身の原点に立ち返った作品だと思う。ソニックスやオーティス・レディングなど、様々なジャンルのミュージシャンを貪欲に研究する情熱と、一音目が鳴った瞬間に聴衆を自分達の世界に引き込む存在感、最初から最後まで衰えることのないエネルギッシュなパフォーマンスは、デビュー当時の嗜好を残しつつ、年季を重ねて実力をつけた現在の彼ららしいものだと思う。

ロック・バンドという手法で、オーティス・レディングやエッタ・ジェイムスのような往年の黒人ミュージシャンが持つ、エネルギッシュで躍動感あふれるサウンドを再現した面白い作品。普段はあまり現代のロックを聴かない、昔の音楽を中心に聴く人にこそ手に取って欲しい。

Producer
BAWDIES, 長岡亮介, NAOKI

Track List
1. THE EDGE
2. HELLO
3. 45s
4. DANCING SHOES[“NEW” Version]
5. RAINY DAY
6. SUNSHINE
7. POPULAR GIRL
8. MAKE IT SNOW[“NEW” Version]
9. MY EVERYTHING
10. SHAKE, SHOUT & SOUL
11. HOT NIGHT, MOON LIGHT
12. NEW LIGHTS





NEW (初回限定盤)
THE BAWDIES
ビクターエンタテインメント
2017-02-08

Boyz II Men - Under The Streetlight [2017 MasterWorks, Sony]

これまでに6000万枚以上のレコードを売り上げ、ボーイズ・グループとしては歴代トップ10、黒人男性だけで構成されたグループとしてはジャクソン5に次ぐ2位という記録を残しているフィラデルフィア出身のヴォーカル・グループ、ボーイズIIメン。

85年に同じハイスクールに通う5人によって結成されたこのグループは、当時流行していたニュー・エディションを意識したスタイルで活動を始めると、たちまち地元で話題になる。その後、公演でフィラデルフィアを訪れていたベル・ヴィヴ・デヴォー(ニュー・エディションのメンバーで構成されたグループ)の前で演奏を披露したことをきっかけにプロへの道を歩み始め、91年にモータウンからアルバム『Cooleyhighharmony』でメジャーデビュー。アメリカ国内だけで900万枚を売り上げる大ヒットとなる。

また、翌年には映画「ブーメラン」のサウンドトラックに収録されている”End of the Road”が全米総合シングル・チャートで13週連続1位という大記録を残すと、94年にはアルバム『II』をリリース。アメリカ国内だけで1200万枚を売り上げるなど、こちらも大きな成功を収める。また、同作からシングル・カットされたシングル”I'll Make Love to You”が全米総合シングル・チャートで連続14周1位という記録を残している。

そして、95年にはマライア・キャリーとのコラボレーション曲”One Sweet Days”をリリース。この曲は全米総合シングル・チャートの1位を16週間守り抜き、2017年にルイス・フォンスイの”Despacito”が同じ記録を樹立するまで、唯一無二の記録としてその名を残した。

しかし、2000年代に入ると周囲の人々との音楽性の食い違いや、ファンから求められる音楽と自分達のスタイルのギャップなどに苦しみ、活動が停滞するようになる。

そんな中でリリースされたがこのアルバム。2014年の『Collide』以来、約3年ぶり通算12枚目のLPとなる本作では、「クラシカルで、ハーモニーを大切にしたサウンド」をコンセプトに掲げ、50年代、60年代のソウル・クラシックのカヴァーを中心に収録。ゲストとしてテイク6やブライアン・マックナイト、ジミー・マーチャントのような実力派シンガーを招いた、本格的なヴォーカル・アルバムに仕上げている。

アルバムの1曲目を飾るのは、50年代に一世を風靡したヴォーカル・グループ、フランキー・ライモン&ティーンエイジャーズが56年に発表した大ヒット曲”Why Do Fools Fall In Love”のカヴァー。今回はジミー・マーチャントを招き、10代半ばの少年たちが世に放った名曲を円熟した歌声と正確無比なハーモニーで歌い直している。シンプルな編成のバンドをバックに、ポップなメロディを軽やかに歌い上げるリード・シンガーと、息の合ったコーラス・ワークのコンビネーションが光っている。変声期前後の少年達が歌っていたオリジナルとは一味違う、老練なパフォーマンスが素敵な作品。

続く”A Thousand Miles Away ”は、ニューヨークのクイーンズ発のコーラス・グループ、ハートビートが57年にリリースした作品のリメイク。美しいコーラスに拘ったスタイルで30年以上活動し、日本にも多くのファンがいるアラバマ州ハンツビル出身のヴォーカル・グループ、テイク6とのコラボレーション。ボーイズIIメンの3人とテイク6の6人、合計9人による荘厳なコーラスが心地よいスロー・ナンバー。ソウル・ミュージックと言えば、パワフルなヴォーカルが魅力の作品が多いが、この曲では9人の高い歌唱力を活かした、緻密なコーラス・ワークで勝負している。

また、リトル・アンソニー&インペリアルズが58年に発表した”Tears On My Pillow”のカヴァーは、90年代から活躍しているバラーディア、ブライアン・マックナイトを招いた作品。この曲もオリジナルは少年グループによる録音だが、こちらはブライアン・マックナイトの滑らかな歌声を軸にした上品なバラードに纏め上げている。この曲や”Why Do Fools Fall In Love”のような、キッズ・グループの作品を、声域も技術も異なる大人が歌うのは一筋縄にはいかないが、彼らは曲に応じてコラボレーション相手を変えることで、楽曲の隠れた魅力を引き出しながら、自分達の音楽に染め上げている。

そして、本作の収録曲では唯一、女性シンガーを起用した”Anyone Who Knows What Love Is”は、ニューオーリンズ出身の歌姫、アーマ・トーマスが64年にリリースした作品のカヴァー。アメリカの 人気テレビ・ドラマ「グリー」のメルセデス・ジョーンズ役でも有名な女優のアンバー・ライリーを招き、アメリカの音楽史に残るディーヴァの作品に正面から取り組んだ、本作の収録曲では異色の録音だ。ほかの作品では見られない、パワフルな歌唱を披露する3人も素晴らしいが、若き日のアーマが降臨したような、堂々とした歌いっぷりのアンバーの存在が輝いている。彼女が担当したパートが、本作のハイライトといっても過言ではない。

今回のアルバムでは、50年代から60年代のソウル・ミュージックを数多く取り上げているが、収録曲に耳を傾けると、往年のサウンドを忠実に再現したものとも、現代風にアレンジしたものとも異なる、独創的な解釈に驚かされる。伴奏を生演奏にすることで、往年のソウル・ミュージックを彷彿させるシンプルだけど温かく、ポップでコミカルなものにまとめられている。しかし、現代のシンガーに合わせてヴォーカルは艶やかで洗練されたものになっているのは、2017年に本作をリリースする彼らのバランスが発揮されたものといっても過言ではないだろう。

その実力で、ポピュラー・ミュージック界に多くの足跡を残してきたヴォーカル・グループが、豊かな経験と高い技術をフルに活かして、自分達のルーツ・ミュージックに取り組んだ意欲作。今時のR&Bやヒップホップが好きな人にこそ聴いて欲しい、それぞれの時代に個性豊かな作品を残してきた、黒人音楽の世界の一端を垣間見れる面白いアルバムだと思う。

Track List
1. Why Do Fools Fall In Love feat. Jimmy Merchant
2. A Thousand Miles Away feat. Take 6
3. Stay
4. I Only Have Eyes For You
5. Up On The Roof
6. I’ll Come Running Back To You feat. Brian McKnight
7. Tears On My Pillow feat. Brian McKnight
8. A Sunday Kind Of Love feat. Brian McKnight
9. Anyone Who Knows What Love Is feat. Amber Riley
10. Ladies Man



a

Under the Streetlight
Masterworks
2017-10-20

Keyshia Cole - 11:11 Reset [2017 Epic]

カリフォルニア州オークランド出身のシンガー・ソングライター、キーシャ・コールことキーシャ・ミーシャ・ミッチェル・コール。

12歳の時にMCハマーのレコーディングに参加した彼女は、それをきっかけに音楽産業への関心を強め、18歳の時にロス・アンジェルスに移住する。そして、元トニー・トニ・トーンのドウェイン・ウィギンスといった、西海岸を拠点に活動するミュージシャンと交友を深めながら、ライブやレコーディングなどで幅広く活動。2002年にはA&Mと契約を結ぶ。

そんな彼女は、2004年に映画「バーバーショップ2」のサウンドトラックに収められた”Never”でメジャー・デビュー。ルーサー・ヴァンドロスの代表曲”Never Too Much”を引用したスタイリッシュなダンス・ナンバーで注目を集める。そして翌年には初のフル・アルバム『The Way It Is』を発表。 アメリカ国内だけで100万枚を超えるセールスを上げた。

その後も、2016年までに6枚のアルバムと数多くのシングルをリリース。特に彼女がデビューするきっかけとなった曲を録音し直した2006年の”Love”や、リル・キムとミッシー・エリオットを招いた翌年の”Let It Go”などは100万ダウンロードを越せる大ヒット曲となった。また、ディディやトリナ、DJキャリッドなど、多くの人気ミュージシャンの作品に客演。力強く華やかな歌声で楽曲に彩を添えてきた。

この作品は、彼女にとって2014年の『Point of No Return』以来、約3年ぶりの新作となる通算7枚目のオリジナル・アルバム。3作目以降のアルバムを配給していたインタースコープからエピックに移籍したものの、制作陣はこれまでの作品同様、有名プロデューサーが多数参加。彼女自身も積極的にペンを執り、パワフルでダイナミックなR&Bを送り出している。

アルバムに先駆けて発表されたのは、ブロンクス出身のレミー・マとフレンチ・モンタナが参加したミディアム・ナンバー”You”だ。ロンドン出身のH-マネーが制作したトラックは、古いレコードから抜き出したような温かい音色を使いつつも、FKJケイトラナダのようなエレクトロ・ミュージックのクリエイターの作品を連想させる淡々としたもの。最初から最後まで、力強い声で歌い続けるキーシャを、鋭く硬い声質を活かしたラップが魅力のレミー・マと、飄々としたラップのフレンチ・モンタナが上手く盛り立てている。

これに対し、同曲に続く”Incapable”は彼女の十八番といっても過言ではない壮大なスケールのバラード。パーティーネクストドアと一緒にDJキャリッドの”Shining”を制作した、マイアミ出身のクリエイター、ダンジャがプロデュースしたこの曲は、声ネタを使ったイントロに始まり、ギターやキーボードの伴奏を効果的に使った、生演奏風のトラックが面白い作品。メアリーJ.ブライジを彷彿させる、重厚なヴォーカルが格好良い。

そして、前作にも携わっているニューヨーク出身のプロデューサー、アマデウスを起用した”Best Friend”は、シンセサイザーを駆使した煌びやかなトラックと、その上でふくよかな歌声をじっくりと聴かせるロマンティックなバラード。しっとりとしたメロディを丁寧に歌う彼女の姿と、滑らかだけどグラマラスな歌声が印象的だ。R&Bミュージシャンの作品ではよく見るタイプのバラードだが、これを自分の音楽に昇華して、リスナーの心を満たす技術は群を抜いている。

また、オークランド出身の女性ラッパー、カーマイヤーを招いた”Ride”は、リアーナなどを手掛けているDJマスタードをプロデューサーが録音に参加。トラップやダンスホール・レゲエのエッセンスを盛り込んだビートに乗って、ゆったりと歌う姿が魅力のミディアム・ナンバーだ。妖艶なキーシャのヴォーカルと、太く重い声を活かしたカーマイヤーのパンチの効いたラップの組み合わせが光っている。

今回のアルバムでは、過去の作品同様、太くしなやかなヴォーカルが活きる、落ち着いた雰囲気のトラックと、優雅でロマンティックなメロディを強調した作品が揃っている。ヒット・チャートに名前が出てくるような他の人気ミュージシャンの曲と比べると、いささか保守的な印象さえあるが、リスナーを飽きさせないのは、彼女の豊かな表現力と色々なタイプのトラックを取り込む柔軟さのおかげだと思う。

アレサ・フランクリンからメアリーJ.ブライジまで、新旧の名歌手達が受け継いできたスタイルを踏襲しつつ、それを現代の流行に合わせて巧みにアレンジした楽曲が魅力の佳作。女性ヴォーカルのダイナミックなパフォーマンスが好きな人に聴いて欲しい、本格的なR&Bアルバムだ。

Producer
Keyshia Cole, Amadeus, Danja, H-Money, JV etc

Track List
1. Cole World (Intro) feat DJ Khaled
2. Unbothered
3. You feat Remy Ma and French Montana
4. Incapable
5. Best Friend
6. Vault
7. Act Right feat Young Thug
8. Right Time
9. Emotional
10. Ride feat Kamaiyah
11. Cole World (Outro) feat Too $hort




11:11 Reset
Keyshia Cole
Epic
2017-10-20

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ