ドレイクやウィークエンドのブレイクもあり、近年、アメリカの音楽シーンで存在感を増しているカナダ出身のアーティスト。その中でも、特に活躍著しいのがトロント出身のシンガー・ソングライター、ドレイクと彼が率いるレーベル、OVOサウンドの面々だ。

彼のほかにも、パーティーネクストドアやマジッド・ジョーダンなどの売れっ子シンガーを輩出し、40やT-マイナスといった、アメリカの有名ミュージシャンを相手に仕事をしているプロデューサーを抱える同レーベル。その影響力は、今や北米地域に留まらず、全世界に及んでいる。

そんなOVOで現在、最も精力的に活躍しているアーティストの一人が、オンタリオ州の40万人都市、ブランプトン出身のロイ・ウッズことデンゼル・スペンサーだ。彼は2014年に若干19歳でレーベルと契約したあと、僅か2年の間に、本作を含め2枚のEPと1枚のLPをリリースしている、気鋭のシンガー・ソングライター。2015年にはドレイクをフィーチャーした”Drama”を含むEP『Exis』を、2016年7月にはカナダ出身のプロデューサーが数多く参加した初のフル・アルバム『Waking At Dawn』を、配信限定の作品にも関わらず、ビルボードのR&Bチャートの上位に送り込むなど、破竹の勢いでヒット作を生み出してきた。

その前作から5か月という短い間隔で発表された、彼にとって2枚目のEP『Nocturnal』は、これまでの作品同様、カナダ出身のミュージシャンと録音した作品。本作では、過去の2作にも参加しているトロント出身のプロデューサー、サニー・ダイアモンズやフランシス・ゴット・ヒートなどが集結。ポスト・ドレイクと言っても過言ではない、デジタル楽器を駆使した近未来的で洗練されたR&Bを聴かせてくれる。

彼の音楽の特徴は、コンピューターを駆使した洗練されたトラックと、ラップのように多くの言葉を詰め込んだメロディ。レーベルのボス、ドレイクとよく似たスタイルだが、ドレイクに比べて10歳近く若いロイは、デビュー当初のアッシャーやテヴィン・キャンベルを彷彿させる甘酸っぱい声で、爽やかに歌い上げているのが大きな違いだ。

アルバムのオープニングを飾る”Magic”は、ふわふわとしたシンセサイザーのリフとゴム毬のように跳ねるビートが特徴的なスロー・ナンバー。ネリーやT-ペインを彷彿させる、メロディがついたラップのような歌唱が印象的な切ない雰囲気の楽曲だ。続く”Four Seasons”は、ギターとハンド・クラップを軸にした隙間の多いバウンズ・ビートに乗せて、若々しい声で言葉を畳み掛ける哀愁たっぷりのメロウなヒップホップ。艶のある歌声が、高速ラップにメロディを感じさせてくれる。

だが、本作のハイライトはその後の3曲だ。まず、レーベル・メイトのマジッド・ジョーダンが参加した”Chilli Peppers”は、シンセサイザーを使った幻想的な伴奏と、ジニュワインのバラードを思い起こさせる歯切れのよいビートとメロディのコンビネーションが印象的なスロー・バラードだ。泥臭い歌声のマジッドと、ロイの可愛らしい歌声の対比も面白い。続く”Involved”は、Akonの”I Wanna Love You”を暗くしたような、ドラムとシンセサイザーが中心のシンプルなトラックの上にキャッチーなメロディを乗せたミディアム・ナンバー。彼の曲では珍しく、熱く猛々しいヴォーカルを聴かせている。

そして、アトランタ出身のラッパー、メイドインTYOが参加した”Instinct”は、シンセサイザーをパーカッションの代わりに使ったモダンなビートの上で、訥々と言葉を紡ぎ出すメイドインTYOと、言葉の数を絞って、歌っぽく聴かせたロイの対比が光るミディアム・バラード。彼が影響を受けた、ネリーの作品のように、言葉の量を増やしたラップっぽいメロディのヴォーカルと、歌のようにメロディがついたラップを組み合わせた、シックだがキャッチーな楽曲だ。

シンセサイザーを駆使した、シンプルで飾らないトラックと、流麗なメロディに乗せてラップのように多くの言葉を詰め込むヴォーカルは、ドレイクの登場以降、R&Bの主流になった手法だ。だが、そこに若々しく、艶のある声を乗せたスタイルとなると、彼だけの個性といってもいいと思う。「ドレイク以降」のR&Bとして、見逃すことができない佳作。次の作品こそ、フィジカル・リリースをしてほしいな。

Producer
Sunny Diamonds, Francis Got Heat

Track List
1. Magic
2. Four Seasons
3. Chilli Peppers feat. Majid Jordan
4. Involved
5. Instinct feat. MadeinTYO
6. Love You
7. Dangerous





Nocturnal [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2016-12-24