フランク・オーシャンやタイラー・ザ・クリエイターなど、気鋭のミュージシャン達が名を連ねるロス・アンジェルスのヒップホップ・クルー、オッド・フューチャー。そんな彼らの先進的な楽曲をサウンド面から支え、自身も同じクルーのシド・ザ・キッドと結成したヒップホップ・グループ、ジ・インターネットの名義で3枚のアルバムをリリース。2015年に発売した『EGO DEATH』をグラミー賞ベスト・アーバン・コンテンポラリーアルバム部門にノミネートさせた(2017年1月31日時点)、アトランタ出身のプロデューサー、マット・マーシャンズことマシュー・マーティン。彼にとって、自身の名義では初となるオリジナル・アルバムが、この『The Drum Chord Theory』だ。

配信限定でリリースされた作品のため、演奏者等の細かい情報は手元にないが、アルバムを通して聴いた印象では、収録曲の大半で彼自身が制作、演奏、ヴォーカルを担当している模様。ゲストも、ジ・インターネットのシド・ザ・キッドやスティーヴ・レイシー(同名のジャズ・サックス奏者とは別人)、チャイルディッシュ・ガンビーノの2016年作『Awaken, My Love!』でも強烈なヴォーカルを聴かせてくれたカリ・ファウクスなど、彼に近しい面々や、アンダーグラウンド・シーンの実力者で固め、少数精鋭で臨んでいる。

今回のアルバムは、ナズの『Illumatic』やギャングスターの『Daily Operation』を彷彿させる、昔の黒人音楽の温かい音色を使ったビートと、最新のシンセサイザーが生み出す奇抜な電子音を組み合わせた、先鋭的だけどどこか懐かしいサウンドが特徴的。その上に、妖怪のようなおどろおどろしいヴォーカルが乗っかることで、奇抜なトラックに更なる個性を付け加えている。

まず、アルバムのオープニングを飾る”Spend the Night / If You Were My GF”は、90年代初頭のヒップホップを彷彿させるビートに、ポロポロと弾かれるエレクトリック・ピアノの伴奏とドロドロとしたヴォーカルが合わさった泥臭いミディアム・ナンバー。楽曲の後半で突然、エイドリアン・ヤングっぽい電子音がブリブリと鳴り響くトラックに替わり、メイシー・グレイ風のアクの強い女性ヴォーカルが歌い出す展開が唐突過ぎて面白い。

その後は、DJプレミアが作りそうなサンプリング音を使ったビートに、ピコピコという電子音やノイズを組み合わせたコミカルな上物が乗っかったトラックの上で、軽妙な歌を聴かせる”Where Are Yo Friends?”、タイプの異なる複数のシンセサイザーの音色を重ね合わせ、幻想的な雰囲気に纏め上げたトラックの上で、甘く語りかけるように歌うミディアム”Baby Girl”、レコードから抜き出したような温かい音色のドラムの上で、シンセ・ベースがブンブンと鳴り響き、刺々しい音色のシンセサイザーが、不協和音の一歩手前みたいな荒々しい伴奏を奏でる奇抜なトラックをバックに、スティーヴ・レイシーとコミカルなデュエットを披露する”Found Me Some Acid Tonight”など、一度聴いたら簡単には忘れられない、奇抜でキャッチーな曲が並んでいる。

だが、本作のハイライトといえば、なんといってもシングル・カットされた2曲、”Dent Jusay”と”Diamond in da Ruff”だろう。

シドとスティーヴ・レイシーが参加した前者は、ロックのビートと、ちょっと不気味な音色のシンセサイザーによる伴奏を組み合わせたトラックの上で、シドのクールな歌声とマットの甘いバリトン・ヴォイスが響き渡るアップ・ナンバー。ロックのビートを使ったR&Bということで、アウトキャストの”Hey Ya!”の影がチラつく部分もあるが、こちらの曲は滑らかなヴォーカルを聴かせる、R&B寄りの楽曲だ。

一方、”Diamond in da Ruff”は、カラっとしたギターの音色を強調したトラックの上で、軽やかな歌唱を楽しませてくれる爽やかなアップ・ナンバー。声質やトラックはかなり異なるが、2000年代初頭にブレイクした3人組、シティ・ハイのことを思い出させる曲だ。また楽曲の終盤では突然、着信音(しかも、某有名スマホの初期設定で使われているやつ!!)が鳴り響き、シンセサイザーを多用した、80年代のディスコ音楽風のトラックに切り替わるというサプライズも盛り込んでいる。

こうやって聴くと、彼のトラックはジ・インターネットのキャッチーで奇抜なヒップホップを意識しながら、メジャー・レーベルと契約しているグループ名義のアルバムでは作りにくい、より実験的な音楽に挑んでいるように見える。サンプリングと電子楽器の組み合わせ一つをとっても、既にほかの作品で披露しているものだが、今回のアルバムでは、ロックの要素やPファンクのエッセンスを付け加えることで、従来の曲とは違ったテイストに聴かせている。個人的な感想だが、このアルバムは歌ものとラップの違い以上に、「キャッチー」で「奇抜」なジ・インターネットの音楽のうち「奇抜」の要素を抜き出して、より強調したように感じられた。

実績豊富なミュージシャンが自由に創作する機会を与えられるとどんなことができるか、それを示したような、ダイナミックで奇想天外な展開を楽しめる名作。このアルバムを作ったときの経験が、今後の彼の作品にどのように反映されるか、今からワクワクしてしまう。

Track List
1. Spend the Night / If You Were My GF
2. What Love Is
3. Where Are Yo Friends?
4. Baby Girl
5. Southern Isolation
6. Found Me Some Acid Tonight (feat. Steve Lacy)
7. Alotta Women / Useless (feat. Kari Faux)
8. Down
9. Dent Jusay (feat. Syd & Steve Lacy)
10. Callin' on Me
11. Diamond in da Ruff
12. Elevators (Bonus)