85年にシングル『Mr. Postman』でデビュー。その後は”There's Nothing Like This”や”Music”、”Say Nothin’”などのヒット曲を残しつつ、7枚のアルバムを録音してきた、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、オマーことオマー・クリストファー・ライフォーク。2012年には大英帝国勲章を授与されるなど、イギリスを代表するソウル・シンガーに上り詰めた彼にとって、4年ぶりとなるフル・アルバムが本作だ。

過去のアルバムでは、ウータン・クランのオール・ダーティ・バスタードやエリカ・バドゥなど、アメリカの有名なミュージシャンが数多く参加していたが、2013年に発表した前作『The Man』は、キャロン・ウィーラーのようなイギリス出身のシンガーや、ピノ・パラディーノやヒドゥン・ジャズ・オーケストラといった演奏畑の面々を招いた、どちらかといえばオマーの歌にスポットを当てた作品だった。あれから4年ぶりの新作となるこのアルバムでは、彼より10歳以上も若いミュージシャンをゲストに呼んで、これまでの作品とは一味違う、新しいスタイルの楽曲に挑戦している。

アメリカのジャズ・ピアニスト、ロバート・グラスパーとイギリスのラッパー、タイをフィーチャーしたオープニング・ナンバー”Vicky's Tune”は、グライムのビートを取り入れたアップ・ナンバー。過去の作品でもガラージや2ステップなど、若者に人気の新しいビートを取り入れてきた彼だが、本作でもしっかりとトレンドを押さえている。だが、何より面白いのは、この曲が生演奏で作られていること。スタジオ録音では希少な(ジャズ・ピアニストなのに!!)、ロバート・グラスパーの激しいアドリブや、オマー自身がドラムを叩いた高速で正確無比なビートは絶対に聴き逃せない、彼の高いスキルが楽しめる名曲だ。

続く”Insatiable”はロンドン出身のソウル・シンガー、ナターシャ・ワッツが参加したミディアム・ナンバー。90年代に一世を風靡したブラン・ニュー・ヘヴィーズのサウンドを彷彿させる、ヒップホップっぽいリズミカルなビートと、生演奏であることを強調したようなラフで軽快なベースやキーボードなどの伴奏が格好良い佳曲。太く温かいオマーの歌声と、爽やかで洗練されたナターシャのヴォーカルの好対照な個性が光っている。

それ以外では、マーヴィン・ゲイの『I Want You』の作者としても有名な、デトロイト出身のソウル・ミュージック界の大御所、リオン・ウェアを招いたロマンティックなミディアム・ナンバー”Gave My Heart Its So Interlood”や、ロンドン出身の女性デュオ、フロエトリーの一員、フローシストことナタリー・スチュアートがラップで参加した、音ネタを効果的に使ったヒップホップのビートが格好良い”Feeds My Mind”、キューバ出身の女性シンガー、マイラ・アンドラーデが客演した、ラテン音楽風のギターの音色が格好良い、三拍子を使った色っぽいソウル・ナンバー”De Ja Vu”など、生バンドを使いつつ、一工夫を凝らした個性的な曲が存在感を発揮している。

もっとも、このアルバムでは斬新な曲だけでなく、デビュー当時から演奏している、生バンドの温かい音色と、人間にしか出せないゆらゆらと揺れるようなグルーヴを大事にしたソウル・ミュージックもちゃんと収めている。その一つが、前年にリリースされたミニ・アルバムのタイトル曲”I Want It To Be”で、彼の代表曲”There's Nothing Like This”を思い起こさせる、太いベース・ラインと、キーボードなどのリズミカルな伴奏、ふくよかで柔らかい彼の歌声を堪能できるミディアム・ナンバーだ。

彼の音楽の面白いところは、これだけバラエティ豊かな音楽を作っているにも関わらず、バック・トラックの大半を生バンドの演奏で録音していることだろう。特に、オマー自身が担当することも多いドラムは、ヒップホップからジャズ、変拍子やガラージまで、色々なスタイルを取り入れてきた。その衰えることのない探求心の強さと、難解なビートを実現する技術力の高さが、彼の音楽に時代のトレンドを取り込んだ柔軟さと、何年経っても色褪せない普遍性を与えているように映る。

デビューから30年以上の時が経ち、祖国から叙勲を受けるほどの成功を収めた彼だが、まだまだ進化は止まりそうにない。確かな実力と、新しい音楽を受け入れる好奇心が揃った彼にしか作れない、2017年のソウル・クラシックだと思う。

Track List
1. Vicky's Tune feat. Robert Glasper & Ty
2. Insatiable feat. Natasha Watts
3. Gave My Heart Its So Interlood feat. Leon Ware
4. Feeds My Mind feat. Floacist
5. De Ja Vu feat. Mayra Andrade
6. Girl Talk feat. The Moteane - Lyefooks
7. This Way That Way
8. Hold Me Closer
9. I Want It To Be
10. Doobie Doobie Doo
11. Grey Clouds
12. Destiny feat. Jean Michel Rotin





LOVE IN BEATS
OMAR
FREESTYLE RECORDS
2017-01-27