「ブロガーにとって、最初の100日(3か月という説もあり)は下積みの期間。黙って記事を増やす時期だ。」と言われ、はや4か月。ついに、開設から100日を超えました(3月1日時点で102日目)。

といっても、レビューした作品の数は80弱と、最終目標の1000本はおろか、その一里塚である100本にも到達できなかったのは、正直悔しいですし、高品質の記事を量産するために必要な執筆速度や文章のクオリティを3か月間で身に着けることができなかった自分自身に怒りさえ感じています。

ですが、終わったことに怒りを燃やしても仕方ありません。今回は、毎月1回の恒例行事となりつつある、前月までの結果の分析と、今後の方針と具体的な計画について書こうと思います。

まず、最初に先月までのPV数やUU数のデータを見てみます。


PV数 前月比 UU数 前月比 記事数
2016年11月 31
9
9
2016年12月 768 2477% 153 1700% 23
2017年1月 2498 325% 507 331% 27
2016年2月 3544 142% 789 156% 25
総計 6841
1458
84


2月は日数が少ないので、PV数が伸びにくいとは思っていましたが、ここまで伸び率が落ちるとは、正直予想していませんでした。12月から1月にかけての伸び率が以上だったので、今後は2月の結果をベースに考えたほうがよさそうですね。

一方、記事数に目を向けると、2月は28日間で25記事(+まとめ記事1つ)と1日1記事のペースを固められたように思います。ただ、自分が書いた文章を読み返すと、わかりにくかったり、勘違いしていた箇所があったりと、まだまだ修行不足なのは否めないなと思いました。 実際、2月のアクセス数を日別でみると、下は70PV/日から上は180PV/日まで、曜日等の影響があるとはいえ、かなりの落差があるんですね。

落差をなくすことはできないとしても、いろいろな時間帯に利用される方が読んでもらえるよう、題材や書き方を工夫していこうと思います。

そして、2月の人気記事トップ5ですが、正直、こちらのほうが予想外でした。
具体的な順位と投稿日、アクセス数は以下の通りです。

1. Syd - Fin [2017 The Internet, Columbia] [2017年2月6日 102PV]



2. Charlie Wilson - In It To Win It [2017 RCA] [2017年2月19日 93PV]



3. Thundercat ‎– Drunk [2017 Brainfeeder] [2017年2月25日 88PV]



4. Ray BLK - Durt [2016 Ray BLK Self Release] [2017年2月24日 84PV]



5. Gavin Turek – Good Look For You EP [2017 Madame Gold] [2017年2月26日 83PV]



今月の記事別アクセス数は、インターネットのシドのソロ・アルバムが圧倒的な数字で1位、その下をほかの新譜が追いかける形でした。実は、下旬の途中まではマット・マーシャンズの『The Drum Chord Theory』がずっと上位にいたのですが、最終週で急に失速。ランク外の6位という結果に収まってしまいました。また、その下にはケヴィン・アブストラクトのような若手や、リアーナパーティネクストドアといった中堅どころ、ウィリアム・ベルのようなベテラン勢が並ぶ一方、サンファホゼ・ジェイムズは思うようにアクセスが伸びなかったことにも驚きました。
 
細かい分析は今後の課題にしますが、今回のまとめを作るなかで感じたことは、これからももっと新譜や旧譜をもっと聞きこんで、鋭い記事をもっと書いていきたいなと思いました。

それでは、風邪がひどいので私はここで・・・
明日からもどうかよろしくお願いします。 

3/1日時点の記事数
84/1000
ゴールはまだまだ遠い。