同じハイスクールに通う友人の父が経営するエージェントと契約したことをきっかけに、俳優として芸能活動をスタート。学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』などでレギュラーを務めたあと、ミュージシャンに転身して、複数のミックス・テープをリリース。ルーペ・フィアスコやトレイ・ソングスといった有名ミュージシャンも参加したこれらの作品が、音楽好きの間で注目を集めたことをきっかけに、ユニヴァーサル傘下のヤング・マネー、キャッシュ・マネーと契約を結んだ。カナダのトロント出身のシンガー・ソングライター、ドレイクことオーブリー・ドレイク・グラハム。

その後は、2017年までに4枚のフル・アルバムと複数のミックス・テープやコンピレーション・アルバムを発表。それらの作品は、彼に、全米チャートの1位やグラミー賞、ブリット・アワードを含む、多くの栄光をもたらした。本作は、そんな彼にとって、2016年の『Views』から僅か1年という短い期間を経て発表された22曲入りの新作がこのアルバム(プレスリリース等では「プレイリスト」と表記)。

今回の新作では、2016年10月にリリースされたシングル曲”Fake Love”が収録されている一方、同時期にリリースされた”Sneakin'”や”Two Birds, One Stone”、2017年に発表されたニッキー・ミナージュやリル・ウェインとのコラボレーション曲”No Frauds”等は収録されていない。だが、22曲81分超と、リリースの間隔を短くしつつ、リスナーの集中力も維持するために曲数を絞った作品が多い現代では珍しい、CD1枚の収録可能時間を超える大作に取り組んでいる。

アルバムに先駆けて発表されたのは”Fake Love”のほか、”Passionfruit”、”Free Smoke”の計3曲。まず、本作の収録曲で一番最初に公開された"Fake Love"だが、この曲は彼の作品に何度も参加しているニューヨーク出身のプロデューサー、ヴィニールズが手掛けた曲。エイコンやリアーナが使いそうな、南国風の煌びやかな音色のシンセサイザーを上物に使ったミディアム・ナンバー。遅いテンポのビートとラップ寄りの歌唱(歌うようなラップ?)は、ウォーの”Cisco Kid”にもちょっと似ている、爽やかな季節に似合いそうだ。

一方、ピアノの弾き語りから始まる”Free Smoke ”は、こちらも彼の曲を数多く手掛けているボイ・ワンダーがトラックを担当。遅いテンポのビートと重低音を基調にしたダークな雰囲気のトラックをバックに、刺々しい言葉を畳みかけるラップ・ナンバー。息継ぎも少なめに言葉を繋ぐ技術が光る曲だ。

そして、今回が初参加となるローグがプロデュースした”Passionfruit”は、少し遅いテンポの四つ打ちのビートを取り入れたハウス風のダンス・ナンバー。"Fake Love"でも使われたカリプソっぽい明るい音色やハンド・クラップを織り交ぜたトラックが心地よい楽曲。少し毛色は違うがアリーヤの"Rock The Boat"にも似た涼し気なメロディも聴きどころだ。

もちろん、本作が初披露の楽曲にも魅力的なものが揃っている。全部を紹介するわけにはいかないので、特に気になった曲に絞って紹介すると、ロンドン出身のラッパー、ギブスが参加した”No Long Talk”は緊迫感溢れるトラックの上で、青龍刀のように太く鋭い言葉を畳みかけるラップが格好良い楽曲。彼は、オーケストラっぽいフレーズを持ち込んだ"Kmt"でも、巧みなラップ技術を披露している。一方、今後の動向が気になるカニエ・ウエストがラップとプロデュースで参加した”Glow”は、ドレイクが歌に徹したロマンティックなスロー・ナンバー。歌とラップの両方を経験している二人らしい、息の合ったパフォーマンスとトラックが面白い。また、それ以外でも、アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグをフィーチャーしたスロー・ナンバー”Ice Melts”も見逃せない曲だ。テンポを落としたトラップ・ビートを使い、歌うようにラップをする二人の姿が印象的だ。

このアルバムがリリースされる前、彼は自身の作品がグラミー賞の「ラップ部門だけ」にノミネートしていることを不満だと表明していたが、本作を聴けば、それも納得だと思う。彼の音楽には、メロディのついたラップや、多くの言葉を畳みかける歌など、歌orラップに分類するのが難しい曲も少なくない。良くも悪くも、歌とラップという分類を越えた曲が多いのだ。それは今回の作品も同じで、トラックの持ち味を引き出す、ジャンルにとらわれないパフォーマンスが多く収められている。

今回のアルバムは、「プレイリスト」と呼んでいるものの、その内容はCD等で販売されているフル・アルバムと何ら変わるものではないと思う。R&Bとラップという分類が過去のものになる時代、本作はその端緒となる優れた"プレイリスト"だと思う。

補足&訂正(3/27)
3月31日にフィジカル・リリースもされるようです。
あと、2017年時点のCDの収録可能時間は最大89分でした。
以上、補足、訂正いたします。

Producer
Drake, Oliver El-Khatib, 40 etc

Track List
1. Free Smoke
2. No Long Talk feat. Giggs
3. Passionfruit
4. Jorja Interlude
5. Get It Together feat. Black Coffee, Jorja Smith
6. Madiba Riddim
7. Blem
8. 4422 feat. Sampha
9. Gyalchester
10. Skepta Interlude
11. Portland feat. Quavo, Travis Scott
12. Sacrifices feat.2 Chainz, Young Thug
13. Nothings Into Somethings
14. Teenage Fever
15. KMT feat. Giggs
16. Lose You
17. Can't Have Everything
18. Glow feat Kanye West
19. Since Way Back feat. PARTYNEXTDOOR
https://www.youtube.com/watch?v=qr5PH2Idnkk 20. Fake Love
21. Ice Melts feat. Young Thug
22. Do Not Disturb





More Life
Drake
Republic
2017-03-31