2015年ごろに音楽活動を開始。多くのステージや客演を経験する一方で、ファッション・リーダーとして情報サイトにも登場するなど、様々な分野で活躍。若者の間で人気を博してきた、ジョージア州メイブルトン生まれ、アトランタ育ちのラッパー、リル・ヨッティこと、マイルス・パークス・マッコルン。

2015年に発表したEP『Summer Songs』が、自主制作による配信限定の作品ながら、キャッチーで斬新な作風で注目を集め、その後に発売された3枚のEPも一定の成果を残した。また、2016年にはカニエ・ウエストが経営するブランドでモデルを務める一方、モータウンキャピトル、クオリティ・コントロールと同時に契約(ただし、前2社はユニバーサル傘下)。同年には2枚のミックス・テープをリリースしてヒットさせた。そして、2017年には、アメリカの雑誌フォーブスが選ぶ「30歳以下の重要人物30人」に19歳の若さで選ばれるなど、早くから将来を嘱望されてきた(余談だが、10代のアーティストは、彼以外にラッパーのデザイナー、シンガー・ソングライターのデイヤがいる。また、20代のミュージシャンでは、ウィークエンドガラントブライソン・ティラーなどが取り上げられている)。

本作は、彼にとって待望のファースト・アルバム。プロデューサーには、ディプロやステレオタイプス、レックス・ルガーなどのヒット・メイカーが名を連ね、ゲスト・ミュージシャンとして、ミーゴスやYGなどが参加した、新人の作品としては異例の、豪華な面々が集結したものになっている。

アルバムに先駆けて発表された”Peek A Boo”は、アトランタ出身のリッキー・ラックスがプロデュース、グイネット群出身で、レーベルの大先輩でもあるミーゴスが客演した、ジョージア州の出身の3人による作品。90年代終盤、ジャーメイン・デュプリなどが頻繁に作っていた、ドラムのテンポを落としつつ、シンバルを通常の半分の間隔で刻むことで、アップ・テンポの音楽のように聴かせるトラック、いわゆるバウンズ・ビートと、対照的な声質を活かした二人のラップが格好良い曲。太いバリトン・ボイスのミーゴスがサビで煽ったあとに、ヨッティが荒々しい声で飄々と言葉を繋いでいくマイク・リレーを堪能してほしい。

これに対し、コンプトン出身のYGと、オークランド出身のカマイヤーを招き、レックス・ルーガーがトラックを制作した”All Around Me”は、ゆったりとした雰囲気のトラックと、三者三様のラップが印象的なミディアム・ナンバー。オートチューンで声を加工したヨッティがサビを担当し、YGのワイルドなラップと、カマイヤーのセクシーなフロウを引き立てている。シンセサイザーを駆使したトラックと、オートチューンで加工した声によるリラックスした雰囲気のヴォーカルは、T-ペインにも少し似ている。

彼がヴォーカルを披露した曲で、もう一つ見逃せないのが、バーミンガム出身の女性ラッパー、ステフロン・ドンを起用した ”Better”だ。エイコンの”Don’t Matter”を連想させる、レゲエとヒップホップを融合したトラックと、肩の力を抜いた歌声が心地よいミディアム・ナンバー。レゲエのリズムをきっちりと乗りこなすステフロンのラップも格好良い。ジャスティン・ビーバーやダニティ・ケインなど、多くの人気ミュージシャンに携わってきた、ステレオタイプスの手掛けるトラックも光っている。

そして、アルバムに先駆けて公開されたもう一つの楽曲”Bring It Back”は、フリー・スクールのプロデュース作品。デュラン・デュランやデイヴィッド・ボウイのような、80年代のロック・ミュージシャンのヒット曲を思い起こさせる、電子ドラムやシンセサイザーの音色を多用した、ロック寄りの楽曲。音数を絞った伴奏に乗って、朗々と歌う姿はカニエ・ウエストの『808s & Heartbreak』っぽくも聴こえる。

彼の面白いところは、飄々と言葉を繋ぐラップと、地声で歌うヴォーカルを使い分けながら、オートチューンも使いこなすという風に、変幻自在にスタイルを変えるヴォーカルと、バウンズ・ビートやトラップだけでなく、レゲエやロック、アフリカ音楽まで乗りこなす器用さだと思う。その手法は、まるでファッション・ショーに出演するモデルが、様々なデザインの服と一体になりながら、しっかりと自分の個性を表現する姿とダブって見える。

積極的に個性を主張しなくても、他人とは違う自分らしさを表現することは可能だということを証明したような、自然体のラップと、色々な音楽を取り入れる器用さが魅力の佳作。過剰なくらい個性を際立たせることが良しとされたヒップホップの世界に、新しい価値観を吹き込んでくれそうだ。

Producer
Digital Nas, Ricky Racks, Lex Luger, K Swisha, The Stereotypes, Diplo, Free School etc

Track List
1. Like A Star
2. DN Freestyle
3. Peek A Boo feat. Migos
4. Dirty Mouth
5. Harley
6. All Around Me feat. Kamaiyah, YG
7. Say My Name
8. All You Had To Say
9. Better feat. Stefflon Don
10. Forever Young feat. Diplo
11. Lady In Yellow
12. Moments In Time
13. Otha Sh*t (Interlude)
14. X-Men
15. Bring It Back
16. Running With A Ghost
17. FYI (Know Now)
18. Priorities
19. No More
20. Made Of Glass
21. Momma (Outro) feat. Sonyae Elise





Teenage Emotions
Lil Yachty
Quality Control
2017-05-26