2016年に、スヌープ・ドッグの”Revolution”に客演したことで一躍有名になり、同じ年に初のEP『Color Blind: Love』を発表。50年代のドゥー・ワップや70年代のスウィート・ソウルから影響を受けたロマンティックな作風で、配信限定ながら音楽ファンの間で話題になった、インディアナ州のサウスベント出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドン。今年に入ってからもスヌープの新作『Never Left』に収録されている”Go On”にフィーチャーされるなど、精力的に活動している彼の、半年ぶり2枚目のEP。

前作同様、配信限定の作品のため、プロデューサーなどは不明だが、作風は前回のアルバムに引き続き、往年のソウル・ミュージックの要素を随所に取り入れた、甘く、ロマンティックなものになっている。

アルバムのオープニングを飾る”One Shot to Love”は、デイヴィッドT.ウォーカーを彷彿させる艶めかしいギターの伴奏と、流麗なストリングスが印象的なミディアム・ナンバー。R.ケリーなどが採用したことで、若者の間でも有名になったシカゴ発祥のダンス音楽、シカゴ・ステッパーズっぽい洗練されたリズムに乗って、リラックスした歌唱を聴かせるオクトーバー・ロンドンが格好良い佳曲だ。

続く”Top Down”は、彼がブレイクするきっかけを作った、スヌープ・ドッグをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。アリシア・キーズの”You Don’t Know My Name”を思い起こさせる、甘いコーラスを多用したトラックの上で、優しくラップするスヌープの存在感が光る曲。スヌープに合わせるかのように、R.ケリーを思い起こさせるラップっぽい歌唱を披露する、オクトーバー・ロンドンのヴォーカルも心地よい。スウィート・ソウルの雰囲気を残しつつ、ヒップホップ寄りのR&Bに落とし込んだアレンジ技術が魅力的な楽曲だ。

これに対し、”Dramatic”はマーヴィン・ゲイの”Inner City Blues”を連想させる、哀愁を帯びたアップ・ナンバー。触れたら崩れそうな、繊細なファルセットを多用したヴォーカルは、70年代のマーヴィン・ゲイにそっくりだ。しかし、古いレコードからサンプリングしたような温かい音色を使った、重いビートとシンセサイザーの音色を駆使した伴奏のおかげで、当時の雰囲気を残しつつ、現代の音楽として聴かせている点は見逃せない。

そして、本作では唯一のバラードが”Driving Me to Drink”だ。三拍子を取り入れた優雅な伴奏に乗って、悠々と歌う姿が印象的。低音を中心に、声域をフルに使ったダイナミックなヴォーカルと、 荒々しいピアノや、スティーブ・クロッパーを思い起させる武骨なギターを組み合わせた伴奏が素敵な楽曲だ。アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングスのような泥臭いR&Bシンガーが好きな人にはたまらないと思う。

今回の作品でも、前作同様、ドゥー・ワップやスウィート・ソウル、シカゴ・ステッパーズなど、色々なスタイルのソウル・ミュージックを取り入れた、懐かしさと新鮮さの同居した素敵な音楽が揃っている。彼の音楽は、サンプリングやアレンジで往年のサウンドを再現しているだけでなく、声の出し方や、言葉同士のつなぎ方など、細かいところにまで気を配ることで、当時の音楽の雰囲気を再現しているのだと思う。だからこそ、自身名義の作品以外でも、ソウルフルなパフォーマンスを披露できるのではないだろうか。

ソウル・ミュージックを丹念に研究し、現代の音楽と融合した、本格的なヴォーカル作品。ヒップホップを通して往年のソウル・ミュージックを知った人にこそ是非聴いてほしい。歌の面白味が堪能できる傑作だ。

Track List
1. One Shot to Love
2. Top Down feat. Snoop Dogg
3. Dramatic
4. Driving Me to Drink
5. Somebody's Getting My Love
6. Where's the Justice
7. Sail Away