ジョージア州サバンナ生まれのラッパー、ビッグ・ボーイこと、アントワン・アンドレ・パットンは、アトランタのハイスクールに通っていたころ、同じクラスだったアンドレ3000と知り合い、ヒップホップ・デュオを結成。オーガナイズド・ノイズがリミックスを担当したTLCの”What About Your Friends” に客演したことで、一気に名を上げる。その後、彼らは、正式にヒップホップ・グループ、アウトキャストを結成。TLCも所属するラ・フェイスと契約する。

93年にアルバム『Southernplayalisticadillacmuzik』でデビューすると、2006年までに6枚のアルバムと、3曲の全米ナンバー・ワン・ヒット”Ms. Jackson”、”Hey Ya!”、”The Way You Move”を含む多くのシングルを発表。中でも、二人のソロ作品をセットにした2003年の2枚組のアルバム『Speakerboxxx/The Love Below』は、全世界で2000万枚以上売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上初となる(そして2017年時点では唯一の)グラミー賞の主要4部門を獲得した作品となった。

しかし、2006年の『IdleWild』以降は活動が停滞。二人はソロ活動に軸足を移し始める。

ビッグ・ボーイも、2010年に初のソロ作品『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』をデフ・ジャムから発表。アルバム・チャートで3位を獲得する成功を収めると、その後も複数のアルバムやミックステープを発表。その一方で映画にも出演するなど、活躍の場を広げてきた。

このアルバムは、2015年にエレクトロ・ミュージックのユニット、ファントグラムとのコラボレーション・ユニット、ビッグ・グラムス名義で発表した『Big Grams』以来、自身名義としては2012年の『Vicious Lies and Dangerous Rumors』以来となるオリジナル・アルバム。ダンジョン・ファミリーの盟友、オーガナイズド・ノイズを中心に、スコット・ストーチやマニー・フレッシュ、DJダヒなど、新旧の名プロデューサーとコラボレーションしながら、彼の個性を強く反映したポップで斬新なヒップホップを聴かせてくれる。

本作の収録曲で、異彩を放っているのはオーガナイズド・ノイズがプロデュースした”Kill Jill”だろう。日本人プロデューサー、アウラ・クオリックのトランス・ナンバー”DATA 2.0”をサンプリングしたこの曲は、初音ミクのヴォーカルを声ネタに使った異色の楽曲。初音ミクの透き通った歌声と、淡々と歌う姿、精巧な人形のような不気味さを感じさせる。映画「キル・ビル」をもじったタイトルやMVなど、日本を意識した要素の多い作品だが、日本人の目には奇異に映ってしまうのはご愛敬。こんな奇抜な曲でも、いつも通りコミカルなラップを聴かせるビッグ・ボーイの熟練の技にも注目してほしい。

これに対し、マルーン5のアダム・レヴィーンとスリーピー・ブラウンをフィーチャーした”Mic Jack”は、若き日のマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーが活躍していた、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを彷彿させるアップ・ナンバー。軽快なビートをバックに、親しみやすいメロディを軽やかに歌うアダムやブラウンの存在が光っている。アウトキャストの名義で発売した彼のソロ曲”The Way You Move”にも通じる、往年のソウル・ミュージックのポップなサウンドとキャッチーなメロディを、現代風にアレンジした良曲だ。

一方、彼と同じアトランタ出身のラッパー、グッチ・メインが参加し、ピンプCの声を引用した”In The South”では、リル・ウェインやT.I.のように、トラップ・ビートに乗せて、ワイルドなラップを披露している。ロックやソウル・ミュージックのエッセンスを取り入れた奇想天外な曲が目立つビッグ・ボーイだが、この曲のような流行のトラックもきっちりと乗りこなしている。マイアミ生まれ、アトランタ育ちのプロデューサーTM88が作るビートも格好良い。

また、新作『Cannabis』も好調なエリック・ベリンガーを起用した”Overthunk”も見逃せない曲だ。オーガナイズド・ノイズが提供したビートは、ジャーメイン・デュプリが作りそうなバウンズ・ビート。その上で、ゆっくりと粘り強く歌うエリックと、トゥイスタを連想させる早口のラップを披露するビッグ・ボーイの対照的なパフォーマンスが光る佳曲。アウトキャストの作品でも、見せてくれた高速ラップのスキルが健在なことを再確認させてくれる。クリエイターとしての実力だけでなく、ラッパーとしてのスキルの高さもずば抜けている彼ならではの作品だ。

今回のアルバムでも、過去の作品同様、我々の想像の斜め上を行く奇想天外なサウンドと、トラップやバウンズ・ビートといったアメリカ南部出身のラッパーが得意とするスタイルを両立した、バラエティ豊かな楽曲を揃えている。相方のアンドレ3000が、斬新なサウンドで周囲を驚かせていたことを考えると、ビッグ・ボーイの作品は少々保守的にも映るが、流行のビートでさえ斬新な音楽に仕立て上げるられるのが、彼の面白いところだと思う。

40歳を超え、プロとしてのキャリアも24年目を迎えながら、常に進化を続け、ポップスの一ジャンルとして楽しめる、新鮮なヒップホップを聴かせてくれている。ヒップホップやラップに苦手意識を持っている人にこそ聴いてほしい、そんなアルバムだ。

Producer
Big Boi, Organized Noize, Dr. Luke, DJ Dahi, DJ Khalil, Mannie Fresh, Scott Storch etc

Track List
1. Da Next Day
2. Kill Jill feat. Jeezy & Killer Mike
3. Mic Jack feat. Adam Levine
4. In The South feat. Gucci Mane & Pimp C
5. Order Of Operations
6. All Night
7. Get Wit It feat. Snoop Dogg
8. Overthunk
9. Chocolate
10. Made Man feat. Killer Mike & Kurupt
11. Freakanomics feat. Sleepy Brown
12. Follow Deez feat. Curren$y & Killer Mike


a
a

Boomiverse
Big Boi
Epic
2017-06-16