2016年に、スヌープ・ドッグのアルバムに起用されたことで注目を集め、同じ年に配信限定でリリースしたデビュー作『Color Blind: Love』が、往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風で高く評価された、インディアナ州出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドンことジャレッド・サミュエル・アースキン。

2017年に入っても、彼の勢いは止まらず。スヌープ・ドッグのアルバム『Never Left』にシンガーとして参加する一方で、自身の名義でも4月に2枚目のEP『Color Blind: Hate & Happiness』を発表。精力的に活動している。

本作は、前作から僅か2か月という短い間隔で発売された、彼にとって初のフル・アルバム。1曲を除いてすべての曲をセルフ・プロデュース。収録曲のほぼすべてを自身の手で書いたもので、これまでの作品同様、新旧のブラック・ミュージックの美味しいところを凝集した、魅力的なヴォーカル作品に仕上がっている。

アルバムのオープニングを飾る”Late Nights”は、重いビートを軸にした泥臭いトラックと、哀愁を帯びた歌声が印象的なミディアム・ナンバー。ヒップホップのビートと荒々しいヴォーカルの組み合わせは、アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングにも似ているが、彼の歌声の方がスマートで色っぽい。ソウル・ミュージックとR&B、両方に造詣の深い彼らしい作品だ。

これに対し、”Air to Traffic Control”は、ギターの演奏を強調したトラックをバックに、時に荒々しく、時にじっくりと歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。ギターの伴奏に乗せて、次々と言葉を放っていく彼の存在感は、”Like A Rolling Stone”を歌っていたころのボブ・ディランにも通じるものがある。彼の歌手としてのポテンシャルの高さを再確認させてくれる佳曲だ。

また、本作で唯一、外部のプロデューサーを起用した”Burnin'”は、トラップとフォーク・ソングのエッセンスを混ぜ合わせたミディアム・ナンバー。L.A.リードとペブルスの息子であるアーロン・リードが手掛けたトラックは、ソウル・ミュージックの武骨さとR&Bの洗練された雰囲気が同居した不思議なもの。ファルセットを多用して、アッシャーウィークエンドのような、色っぽさと聴きやすさを同居させたヴォーカル・アレンジも光っている。新しいサウンドを取り入れつつ、それをソウル・ミュージックと融合させる二人の技術が光る曲だ。

そして、本作の最後を締める”Im Winning”は、彼の作品では異色の本格的なヒップホップ・ナンバー。ミーゴスやリル・ヨッティのアルバムに入っていそうな、本格的なトラップ・ビートをバックに、ワイルドなラップを聴かせている。曲に応じてラップと歌を使い分けるアーティストといえば、ドレイクパーティネクストドアなどがいるが、彼のラップはドレイクに近い、歌とラップで違う声を使い分けたものだ。ラッパーとしての実力は成長途中だが、今後の進化を期待させるものだ。

今回のアルバムでは、スヌープ・ドッグこそ不参加だが、過去の2作品の路線を引き継ぎつつ、外部のクリエイターを招いて新しいスタイルに挑戦するなど、野心的な姿を見せている。しかし、知名度が高まり、色々なアーティストとコラボレーションをする機会を得ても、「往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風」という彼の持ち味がブレていない点は素晴らしい。この、確固とした軸と、柔軟に新しいものを取り入れる感性の鋭さが、彼の音楽を魅力的にしていると思う。

新しいサウンドを貪欲に取り入れながら、往年のソウル・シンガーのように、じっくりと歌を聴かせてくれる希少な作品。ヴィンテージ・サウンドと流行の音が相反するものではなく、一つの作品に同居できることを証明してくれた希少な作品。CDやアナログ盤で発売してくれないかなー。

Producer
October Londonm, Aaron Lead

Track List
1. Late Nights
2. Drunk Irish Love
3. Air to Traffic Control
4. Oh Jackie
5. Im a Dog
6. Burnin'
7. Dancing With the Devil
8. Like a Bullet
9. We Can Change
10. Im Winning





Not Your Average Album [Explicit]
October London/Cadillacc Music
2017-06-07