舞台俳優として活躍していたハイスクール時代、詩が好きな女の子に惹かれたことをきっかけにラップを開始。次第にラップそのものに夢中になり、自身のヒップホップ・グループ、ウエスト・コヴィーナを結成した、カリフォルニア州ラ・ハブラ出身のジョンウェインことジョナサン・ウェイン。

その後、ロス・アンジェルスで行われるクラブ・イベント、ロウ・エンド・セオリーにも出演するようになった彼は、そこでストーンズ・スロウのオーナー、ピーナッツ・バター・ウルフとの知己を得る。

また、2008年には、自主制作による初のフル・アルバム『From The Vault Pt. 1』を配信限定でリリース。その後も、2016年までに20枚近いアルバムとミックス・テープを発売。ラッパーらしからぬ風貌と異色の経歴を活かした、斬新で独創的な作品を送り出してきた。

今回のアルバムは、2016年に発表したLP2枚組『Here You Go』以来となるフル・アルバム。自身のレーベルであるオーサーズ・レコーディングとダディ・ケヴ率いるオーダー・レーベルが配給を担当。プロデュースには彼自身のほか、ディレイテッド・ピープルズやビート・ジャンキーズで活躍するDJバブや、西海岸出身の辣腕プロデューサー、ディビアスなどが名を連ねている。

アルバムの収録曲で目を惹くのは、ジ・インターネットのパトリック・ペイジやジャミール・バーナーが演奏で参加した”Live From The Fuck You”だろう。セシル・テイラーやアルバート・アイラーの音楽を連想させる、不規則で掴みどころのない伴奏をバックに、言葉を繋ぐジョンウェインの姿が光る曲。音の高低や強弱を際立たせて、前衛的なサウンドを強調している点が面白い。ラップを楽器のように使う発想はとても新鮮だ。

これに対し、ストリングス奏者のソフィーと、ベーシストのジュアン・アルデレート・デ・ラ・ペナを招いた”Out Of Sight”は、オルゴールのような音色を使ったトラックが印象的な曲。子守唄のような優しい声で語り掛けるラップが眠りを誘う心地よい作品だ。浮遊感が魅力のトラックだが、随所に色々なフレーズを挟み込むことで、きちんと起伏を付けている心配りが憎い。リスナーの心を落ち着かせ、夢の世界に誘う珍しいヒップホップだ。

一方、DJバブがプロデュース、キーボードをキーファー、ベースをパトリック・ペイジが担当している”City Lights”は、ディレイテッド・ピープルズのような西海岸のヒップホップ・アーティストを思い起こさせる作品。管楽器やピアノなどの音色を使った伴奏が、古いレコードをサンプリングしたような雰囲気を醸し出している。ほかの曲に比べると地声を多く使い、迫力のあるラップを聴かせているジョンウェインが、2パックやノートリアスB.I.G.に少し似ている点も面白い。

そして、アルバムの最後を飾るのが、ディビアスが手掛ける”These Words Are Everything”だ。ギターやハープ、電子音や缶を叩く音(?)などを組み合わせた摩訶不思議なトラックをバックに、太い声を響かせる奇抜な曲。前衛的なトラックの上で、アイス・キューブを連想させる力強いラップを披露するジョンウェインの姿が格好良い。

彼の音楽の面白いところは、不規則なリズムや奇抜な音色を取り入れつつ、曲に応じて色々なラップを聴かせてくれるところだろう。トラックでは、マッドリヴやフライング・ロータスのような先鋭的なビート・メイカーにも負けない柔軟な発想を見せつつ、ラップではディレイテッド・ピープルズやアルカホリックスのような正統派スタイルから、エミネムやカジモトにも負けない個性的なフロウまで、曲調に合わせている色々なスタイルを使い分けている点は、他のアーティストにはない彼の魅力だと思う。

カニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーなど、貧困や暴力とは距離を置いた環境で育ったラッパーが活躍の場を広げるなか、その方向性を突き詰めたような、文化系で芸術家肌の感性が光る面白い作品だと思う。「ヒップホップってこんな音楽でしょ?」という固定観念を持っている人にこそ聴いてほしい、ヒップホップの持つ可能性を感じさせるアルバムだ。

Producer
Jonwayne, Eets, Oliver the 2nd, DJ Babu, Dibia$e

Track List
1. Ted Talk feat. D-Styles
2. Live From The Fuck You
3. Human Condition
4. Out Of Sight
5. The Single
6. Paper feat. Shango
7. City Lights
8. Rainbow feat. Danny Watts
9. Afraid Of Us feat. Zeroh
10. Blue Green feat. Low Leaf
11. Hills feat. Zeroh
12. These Words Are Everything