2003年に、アルバム『サーカスの娘』でレコード・デビュー。その後は、自身名義でも作品を発表する一方、2008年にはビクター・エンターテイメントからカヴァー集『The Nightbird ~ Goodings RINA NONSTOP COVERS~』をリリース。それ以外にも、トーフビーツの”No. 1”やドリアンの”Natsu No Owari”、土岐麻子”Fools Fall In Love”や坂本冬美の”秋まつり、お月さま”で、制作やヴォーカルを担当するなど、幅広いジャンルで活躍している東京出身のシンガー・ソングライター、G.リナ。彼女が2017年に発売したアルバム『Live & Learn』からのリカット・シングルが本作だ。

アルバムのオープニングを飾ったこの曲は、東京出身のラッパー、鎮座ドープネスをフィーチャーしたアップ・ナンバー。乾いたギターとアナログ・シンセサイザーの音色を駆使したモダンなサウンドが、リック・ジェイムスを思い起こさせるクールな楽曲だ。

しかし、本作の目玉は何といっても、フランスのディギー・ダウンからリリースされた初のソロ・アルバム『Move Your Body』好評な、青森県八戸市出身のプロデューサー、T-グルーヴこと高橋佑貴がトラックを担当したリミックス・ヴァージョンだ。

記憶違いでなければ、T-グルーヴがメジャー・レーベル発の日本語曲に携わるのは今回が初めて。しかも、これまでの作品でコラボレーションしてきた、エノイス・スクロギンスやウィンフリーのような、豊かな声量と表現力がウリの歌手とは対極の、透き通った歌声と繊細な表現が魅力の女性シンガーへのトラック提供という、一筋縄にはいかないお題に取り組んでいる。

そんな彼女の楽曲に対し、彼は普段の作品よりも少しだけベースの音を強調したトラックを提供。彼女のモダンな音楽としなやかなヴォーカルの良さを引き出している。

G.リナのヴォーカルは、ビヨンセよりもアリーヤに近い、日本でいえば、矢野顕子やカヒミカリイのようなタイプの歌手だと思う。端的に言えば、あらゆるトラックを力強い歌声で自分の色に染め上げる人ではなく、歌の持つ個性をうまく取り込むタイプのシンガーだ。そんな彼女の個性を活かし、キーボードやベースなどの演奏を少しだけ強調したトラックを制作するセンスの高さは圧巻の一言。

また、演奏者には、彼の作品では欠かせない存在であるナカシマ・タカオやドゲット・ブラザーズのグレッグ・ドゲットなどの名手を集め、グルーヴや音色は欧米向け作品と変わらないものにしている点も見逃せない。この拘る点と調整すべき点を選別する編集能力の高さが、楽曲に往年のディスコ音楽の雰囲気と、日本人ミュージシャンが作るポピュラー・ソングの繊細さを両立しているのだと思う。

確固たる個性を持ちながら、演歌歌手やアイドル、海外アーティストとの仕事でコミュニケーション・スキルを磨き上げてきた、彼女達にしか作れない本格的なダンス・ナンバー。複数のミュージシャンによる、コラボレーション作品の一つの理想形といっても過言ではないと思う。

Track List
1. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS
2. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix)
3. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (Inst)
4. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix Inst)