フランク・オーシャンタイラー・ザ・クリエイターなどを擁するオッド・フューチャーの一員として活動し、同クルーのメンバーでもあるマット・マーシャンと結成したバンド、ジ・インターネットでグラミー賞にもノミネートしているロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、シドことシド・バレット。

2017年には、ソロ名義では初のフル・アルバムとなる『Fin』コロンビアからリリース。全ての曲で彼女自身がペンを執る一方、ジ・インターネットの中でも特に先進的な作風で注目を集めているスティーヴ・レイシーや、ヒットメイカーのアンソニー・キルホッファーやヒット・ボーイなど、バラエティ豊かなクリエイターを起用。新しい音楽に敏感なファンや批評家から高く評価された。

その後も、シカゴ出身のラッパー、ヴィック・メンサや韓国のR&Bシンガー、ディーンの作品に客演するなど、様々なミュージシャンとコラボレーションを重ねてきた彼女。本作は、そんな彼女にとって前作から7ヶ月ぶりの新作となる3曲入りのEPだ。

このEPでも、過去の作品同様、彼女自身が全ての曲の制作に関わっている。しかし、共作者の顔ぶれは大きく変わっており、アムステルダム在住のクリエイター、フル・クレイトやジ・インターネットの元メンバーで、サンダーキャットの兄弟としても知られているジャミール・ブルーナなどが参加、新しいサウンドを積極的に取り入れている。

本作の1曲目は、ニッキーミナージュの”Anaconda”や モニカの”Call My Name”などを手掛けているブルックリン出身のプロデューサー、アノニマスを起用した”Moving Mountains”。アノニマスが手掛けてきた、モニカやシアラの作品のような、キラキラとしたシンセサイザーの音色を使ったトラックと、シドの語り掛けるような歌唱のコンビネーションが魅力のミディアム・ナンバーだ。流行のサウンドを使ったトラックは彼女の作品ではそれほど多くなかったので、逆に新鮮に感じられる。

続く、”Bad Dream / No Looking Back”は、ジョデシーの”What About Us”をサンプリングしたミディアム・ナンバー(余談だが、同曲はザップの”Computer Love”をサンプリングしているため、この曲のソングライターにはロジャー・トラウトマン達の名前も入っている)。ゾなどの作品に携わっているグウェン・バンとケンドリック・ラマードレイクを手掛けているリッチ・リエラの二人がプロデュースしたこの曲は、これまでの彼女の楽曲以上に抽象的なメロディが印象的。彼女が透き通った声で囁きかけるように歌う摩訶不思議なメロディと、随所に小技を仕込んだ陰鬱なトラックが光る佳曲だ。

そして、本作の最後を飾る”On the Road”は、フル・クレイトとジャミール・ブルーナが制作にかかわっている曲。テルミンのようなフワフワとした音色のシンセサイザーを使った浮遊感のあるトラックに乗って、地声を多用した重々しいヴォーカルを聴かせるダークな雰囲気のミディアム・ナンバー。曲の途中でビートを変えることで楽曲に起伏を付けつつ、曲の雰囲気に一貫性を持たせるヴォーカルとアレンジのテクニックは流石としか言いようがない。

この作品では、今まで組んだことのないプロデューサー(といってもジャミールはジ・インターネットの同僚だが)を迎えて、自身のスタイルをベースにしつつ、新しい曲調に挑戦している。シアラやモニカのようなシンセサイザーを多用した現代的なR&Bのサウンドに、ケンドリック・ラマーやドレイクが採用するような電子楽器を駆使したヒップホップ色の強いトラック、ケイトラナダやサンダーキャットのようなエレクトロ・ミュージック色の強いビートなど、色々な音を積極的に取り入れながら、しっかりと自分の色に染め上げる技術は、強烈な個性でのし上がった彼女にしかできないものだと思う。

ビヨンセやメアリーJ.ブライジとは違うアプローチで、自身の個性を確立した彼女の持ち味を発揮しつつ、新しい一面をしっかりとみせてくれた魅力的なEP。これは次回作も期待できそうだ。

Producer
Anonxmous, Gwen Bunn, Ricci Riera, Full Crate, Jameel "Kintaro" Bruner

Track List
1. Moving Mountains
2. Bad Dream / No Looking Back
3. On the Road