2010年のデビュー・アルバム『Thank Me Later』がアメリカ国内だけで400万枚以上のセールスを記録し、その後に発売した3枚のアルバム全てがプラチナ・ディスクに認定されているドレイクを筆頭に、ロイ・ウッドやマジッド・ジョーダンといった個性豊かなシンガーや、ボイ・ワンダやノア・シェビブといったヒット・メイカーを擁するカナダのレーベル、OVOサウンド

同レーベルに所属するアーティストの中でも、ドレイクと並んで特に多くのヒット曲を残しているのが、ミンサガ生まれのシンガー・ソングライター、パーティーネクストドアことジャーロン・アンソニー・ウエストウェイトだ。

2013年に同レーベルの第1弾アーティストとして契約した彼は、同年のEP『PartyNextDoor』を皮切りに、2017年までに2枚のフル・アルバムと3枚のEPをリリース。うち、2枚のフル・アルバムが立て続けに全米R&Bチャートとヒップホップ・チャートを制覇し、2016年には彼が参加したドレイクの”Come & To See Me”がグラミー賞にノミネートするなど、カナダを代表するシンガーの一人に躍り出た。

この勢いは2017年に入ってからも変わらず、2月には3作目のEP『Colours』を発表。それ以外もDJキャリッドのアルバム『Grateful』にソングライターとして携わりながら、ドレイクの『More Life』やカルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol.1』にシンガーとして参加するなど、多くの作品を残している。

このアルバムは、『Colours』から僅か7か月という短い間隔でリリースされた4枚目のEP。プロデューサーには過去の作品にも携わっているフランク・デュークスや、レーベルメイトのT-マイナスのほか、ロック・ミュージシャンのアンドリュー・ワットのような、ちょっと意外な面々も参加。ゲストにはホールジーやリック・ロスが参加し、新しいスタイルに挑戦する彼を支えている。

本作の1曲目は、彼自身が作詞作曲とプロデュースを担当した”Bad Intentions”は、シンプルなトラックと柔らかい歌声が魅力のミディアム・ナンバー。ラップのように言葉数を増やしつつ、滑らかなメロディを聴かせる技術は流石としか言いようがない。歌手としてもソングライターとしても活躍している彼の持ち味が発揮された佳曲だ。

これに対し、ホールジーとコラボレーションした”Damage”は四つ打ちのビートを取り入れたアップ・ナンバー。フランク・デュークスとT-マイナスがプロデュースしたこの曲は、ヒップホップの太くて重い音色を使ったビートの上で、軽妙なメロディを聴かせるポップな曲だ。2017年に入ってからも、元ワン・ダイレクションのゼインやビッグバンのG-ドラゴンなど、世界各地のポップ・スターとヒット曲を作っているフランク・デュークスの経験が反映された、親しみさが光るダンス・ナンバーだ。

これに対し、リック・ロスをフィーチャーした”Better Man”は、デビュー作の頃から彼の作品に携わっているG.ライが制作に参加したミディアム・ナンバー。バス・ドラムの音を軸にしたシンプルなトラックをバックに、しっとりと歌うパーティーネクストドアの姿が印象的な作品だ。ラップの要素を排した流れるようなメロディを丁寧に歌う手法は、ジョーブライアン・マックナイトのような、90年代から活躍するベテラン・シンガーを彷彿させる。主役の歌を絶妙なタイミングで盛り立てるリック・ロスのラップもいい味を出している。

そして、本作の収録曲の中でも特に異彩を放っているのが、アンドリュー・ワットと共作した”The Right Way”だ。彼の作品では珍しい、ギターの演奏をバックに訥々と言葉を繋ぐフォーク・ソング寄りのミディアム・ナンバーは、テリー・キャリアーを彷彿させる温かく繊細な歌声が心地よい作品だ。シンセサイザーを駆使した現代的なトラックが多い彼だが、アコースティック・サウンドとの相性も素晴らしい。彼の意外な一面が垣間見える面白い曲だ。

今回のアルバムでは、四つ打ちを取り入れたポップな曲や、ギターの演奏をバックに歌った曲など、これまでの作品ではあまり見られなかったスタイルの曲にも取り組んでいる。しかし、本作を通して聴いた印象は、奇抜で斬新に聴こえる曲はむしろ少ないように思える。おそらく、彼が多くのレコーディングやステージを経験する中で、自身の軸となる音楽性を確立し、それを軸に作品を録音したからだと思う。

本作の発表時点で24歳にもかかわらず、色々な音楽を取り込んでもブレることのない確固とした音楽性と、新しい音楽を取り入れる柔軟さが発揮された味わい深い作品。鋭意制作中という3枚目のフル・アルバム『Club Atlantis』ではどんな音楽を聴かせてくれるのか、今から楽しみだ。

Producer
PartyNextDoor, Frank Dukes, Andrew Watt, T-Minus, G.Ry etc

Track List
1. Bad Intentions
2. Never Played Me
3. Damage with Halsey
4. Better Man feat. Rick Ross
5. Best Friends
6. The Right Way
7. Love Me Again





Seven Days [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2017-09-30