2005年にエイベックス主催のオーディションを勝ち上がったメンバーで結成、同年にシングル”BLOOD on FIRE”でメジャー・デビューを果たした、男女混成のダンス・ヴォーカル・グループ、AAA。

以後も、コンスタントに作品を発表し、2017年までに57枚のシングルと、11枚のフル・アルバムをリリース。複数の作品でゴールド・ディスクやオリコン・チャートの1位を獲得し、2016年と17年にはドーム・ツアーを敢行。2010年以降は7年連続で紅白歌合戦に出場(余談だが、彼らは紅白歌合戦の歴史で唯一、赤組と白組の両方で出演しているグループでもある)するなど、日本を代表するダンス・ヴォーカル・グループとして活躍してきた。

Sky-Hiこと日高光啓は、同グループでヴォーカルとラップを担当。メジャー・デビューの前からクラブ・イベントやMCバトルなどに出演し、デビュー曲の”BLOOD on FIRE”の頃からラップ詞を手掛けるなど、外部のソングライターを起用してきたグループの中で、早くからアーティストとしての才能を発揮してきた。また、2011年以降はSky-Hi名義でも活動を始め、これまでに14枚以上のシングルと3枚のフル・アルバムを発表。それ以外にも、餓鬼レンジャーやtofubeatsなど、様々なジャンルのミュージシャン達の作品に客演、ラッパーとしての実力をいかんなく発揮してきた。

本作は彼にとって初のデジタル・アルバム。2つの新曲と8つの既発曲からなる作品で、初の海外公演を控えた彼のキャリアを総括しつつ、新たなスタイルにも挑戦した意欲作になっている。

このアルバムでお披露目となった新曲”Marble”は、KMのプロデュース作品。ファイヤー・ホーンズのトランペット奏者、アツキ・ヤマモトを招いた曲は、ポロポロと爪弾かれるキーボードの演奏と、柔らかいトランペットの音色が、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのような洒脱さを感じさせる。軽やかなサウンドが魅力の上で、茶目っ気たっぷりのラップを聴かせるスカイ・ハイも面白い。畳み掛けるようにラップを繰り出すメロディ部分から、軽妙な歌を聴かせるサビへと繋ぐ展開は、ラップとヴォーカルを両方経験している彼ならではの演出だ。

続く”Bitter Dream”は、91ウエストがプロデュースを担当した作品。乾いた音色のギターの演奏が印象的なトラックに乗って、軽やかなラップを披露するアップ・ナンバー。ラテン音楽のような陽気で軽快なサウンドを活かしたリズミカルなラップが格好良い曲だ。

それ以外の曲では、2014年にリリースしたシングル曲のリメイク”Smile Drop’16”が印象的。敢えて押韻に拘らないスタイルを取り入れることで、AAAの作品ともスカイ・ハイ名義の作品とも異なる、歌とラップを織り交ぜた、荒々しい雰囲気とキャッチーなフレーズ、強いメッセージ性が一体化したパワフルなヴォーカル作品に仕上がっている。

また、キック・ザ・カン・クルーのクレヴァがプロデュースした”As A Sugar”は、クレヴァの持ち味である奇想天外なトラック・メイクのスキルが発揮された曲。ベートーヴェンの”運命”を彷彿させる畳み掛けるようなストリングスの演奏バックに、次々と言葉を放つスカイ・ハイのラップ技術が素晴らしい。

彼の魅力は「Sky-Hi」と「AAAの日高光啓」を切り分けることなく、一人のアーティストの中に同居させる絶妙なバランス感覚だと思う。「教室の人気者」や「近所の気さくなお兄さん(お姉さん)」のような華やかで親しみやすいグループの雰囲気を残しつつ、ウィットに富んだ言い回しと軽妙な表現で聴き手を唸らせる本格的なヒップホップを聴かせる技術は、マッチョなキャラクターをウリにするステレオタイプなラッパーとは一線を画していると思う。

また、歌とラップの両方が求められるグループで活動することで、場面に応じてスタイルを切り替える技を身に着けている点も彼の強みだと思う。歌とラップを使い分けるには人は、日本のAIや、カナダのドレイク、韓国のG-ドラゴンなど、高い評価と商業面での成功を収めた人も少なくないが、日本を拠点に活動する男性ラッパーに限れば、とても珍しい存在だと思う。

日本のポップスのトレンドを踏襲しつつ、それを通好みのヒップホップと融合するセンスと技術が光る面白い作品。マッチョなイメージやアンチ・メジャーをウリにするヒップホップ・アーティストが多い中、本格的なヒップホップをメインストリームのポップスのいちスタイルに昇華した彼の存在はとても貴重だと思う。

Producer
KM, 91 West, Sunny Boy ,UTA, KREVA etc

Track List
1. Marble
2. Bitter Dream(Colorful Urban Mix)
3. Double Down
4. Smile Drop’16
5. Nanairo Holiday
6. As A Sugar
7. Stray Cat
8. Limo
9. Tokyo Spotlight
10. Over The Moon