エイミー・ワインハウスやワン・ダイレクション、アデルやマーク・ロンソンなどの相次ぐ成功で、再び注目を集めているイギリス出身のミュージシャン達。その一人で、2015年にアデル以来、実に5年ぶりとなる、外国出身者によるグラミー賞のベスト・ニュー・アーティストを獲得したことも記憶に新しい、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、サム・スミスことサミュエル・フレデリック・スミス。

仲立人の家に生まれた彼は、ジャズ・バンドやミュージカルを通して音楽の世界に足を踏み込む。その後、2012年にエレクトロ・バンド、ディスクロージャーの”Latch”のゲスト・ヴォーカルでレコード・デビューすると、その後は自身の名義で複数のシングルをリリース。ブラック・ミュージックを扱うイギリスのラジオ・チャンネル、BBCレディオ1エクストラでお披露目する機会を得るなど、ブルー・アイド・ソウル(白人が歌うソウル・ミュージック)の旗手として、広く知られるようになった。

そして、2014年には初のアルバム『In the Lonely Hour』をリリース。複数の国のヒット・チャートで1位を獲得し、全世界で1200万枚も売り上げる大ヒット作となる。また、同作からシングル・カットされた楽曲の多くが全英チャートを制覇、これらの実績を引っ提げて、日本を含む世界各地でライブを行うなど、英国を代表するシンガーの一人として、縦横無尽の活躍を見せてきた。

このアルバムは、前作から3年ぶりの新作となる2枚目のフル・アルバム。プロデュースは前作にも関わっているスティーヴ・フィッツモーリスやジミー・ネイプスなどが担当。それ以外にも、スターゲイトやティンバランドなどの有名プロデューサーが参加した、人気ミュージシャンらしい豪華な布陣になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、本作に先駆けてシングル・カットされた”Too Good At Goodbyes”。スターゲイトのミッケル・エリクセンがソングライティングで参加したこの曲は、生バンドのしっとりとした雰囲気が魅力的なトラックをバックに、じっくりと歌い込むサムの姿が印象的なミディアム・バラード。ニーヨやビヨンセに美しいメロディの楽曲を提供してきたエリクセンのセンスが加わることで、サムの洗練されたヴォーカルが際立った良曲だ。

これに対し、テイラー・スウィフトやジョン・レジェンドなどの作品を手掛けているアメリカの音楽プロデューサー、タイラー・ジョンソンを招いた”One Last Song”は、ディクシー・チックスやテイラー・スウィフトのような、カントリーやフォーク・ソングよりのミュージシャンの作品に近い、ゆったりとしたリズムが心地よい曲。ジャズやミュージカル音楽からキャリアをスタートしたサムだけあって、朴訥とした雰囲気のフォーク・ミュージックもきちんと乗りこなしている。

また、ロス・アンジェルスを拠点に活動するプロダクション・チーム、オーディブルズに所属するドミニク・ジョーダンと、コネティカット出身のソングライター、プーペーア制作に携わっているる”Burning”は、ピアノをバックに瑞々しい歌声を響かせるバラード、滑らかな歌声はマックスウェルやレミー・シャンドにも通じる洗練されたものだが、生楽器を多用したことでどこか柔らかい印象を受ける。

そして、本作の収録でも異彩を放っているのが、ティンバランドがプロデュースした”Pray”だ。ティンバランドに加え、彼と一緒にジョデシィのデヴァンテの元で腕を磨いてきたダリル・ピアソンが制作に携わったこの曲は、チキチキというハイハット以外は、シックに纏められた伴奏というティンバランドっぽくないスタイルの作品。しかし、ゴスペルの影響を感じさせるダイナミックで粘り強いヴォーカルや、荘厳でキャッチーなメロディなど、ジョデシィのような「歌」をウリにするアメリカのR&Bの影響が随所に盛り込まれている点は面白い。

今回のアルバムでは、前作に引き続き、往年のソウル・ミュージックを現代に合わせて再解釈した、美しいメロディと豊かな表現力、しなやかなアレンジが光る良曲を揃えている。スターゲイトやティンバランドなど、多くのヒットメイカーを起用して、彼らの持つ音楽への造詣の深さと、現代のブラック・ミュージックのトレンドを押さえる嗅覚の良さを取り入れつつ、ソウル・ミュージックがベースになっている自分のスタイルに昇華出来ているのは、スティーヴ・フィッツモーリスやジミー・ネイプスのような、前作にも携わってる面々と二人三脚でやっていることも大きいだろう。

斬新なサウンドや強烈な個性がなくても、高い歌唱力や演奏技術があれば、人の心を動かす音楽が作れることを再確認させてくれる良作。若い人には新鮮さを感じさせつつ、大人の鑑賞にも堪える稀有な作品だと思う。

Producer
Steve Fitzmaurice, Jimmy Napes, Timbaland  etc

Track List
1. Too Good At Goodbyes
2. Say It First
3. One Last Song
4. Midnight Train
5. Burning
6. Him
7. Baby, You Make Me Crazy
8. No Peace feat. YEBBA
9. Palace
10. Pray
11. Nothing Left For You
12. The Thrill Of It All
13. Scars
14. One Day At A Time



a

Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03