2008年にジェイZがライブ・ネイションとの合弁企業として設立すると、リアーナやザ・ドリーム、T.I.などの人気ミュージシャンの作品を配給し、近年は女性ラッパーのラプソディや、元2PMのジェイ・パクと契約するなど、猛烈な勢いで勢力を拡大しているロック・ネイション

ジャスティン・スカイは、2016年に21歳の若さで同社と契約したブルックリン出身のシンガー・ソングライター。アフリカ系とインド系のジャマイカ人をルーツに持つ彼女は、動画投稿サイトにアップロードしたパフォーマンスが注目を集め、2013年に18歳の若さでアトランティックと契約。配信限定ながら2枚のEPと1枚のミックス・テープを発表し、R&Bチャートに名を刻む一方、ケラーニやロジックとともに、フォーブス誌の「30Under30」で取り上げられるなど、気鋭の若手アーティストとして、高く評価されてきた。

このアルバムは、2016年末にリリースした移籍後初の録音作品『8 Ounces』以来、約1年ぶりとなる新作。彼女にとって初のフル・アルバムで初のフィジカル・リリースとなる本作は、前作同様、ユニヴァーサル傘下のリパブリックが配給を担当。プロデューサーにはフランク・デュークスやヒット・ボーイ、ケイジーベイビーなどのヒット・メイカーを中心に、バラエティ豊かな面々が参加。これまでの作品同様、彼女自身も制作にかかわった力作になっている。

本作の収録曲で目を引くのは、アルバムに先駆けて発表された”U Don't Know ”だ。カイリー・ミノーグやエミリー・サンデーなどを手掛けているイギリスの音楽プロデューサー、クリス・ロコが制作を担当、ナイジェリア出身のヒップホップ・アーティスト、ウィズキッドがゲストとして参加した国際色豊かなダンス・ナンバーだ。クリスが用意したトラックは、ウィズキッドの作品を思い起こさせるレゲトンの要素を含むアフロ・ビート。軽快なリズムが魅力のダンス・ナンバーを艶めかしいメロディと伴奏で、妖艶なダンス・ナンバーに仕立て上げている。

これに続く”Back For More”は、ニッキー・ミナージュやリル・ウェインなどの楽曲に携わっている、シカゴのプロデューサー、ヤング・バーグを制作に起用し、同じくシカゴ出身のシンガー、ジェレミーをフィーチャーしたアップ・ナンバー。エイコンやケヴィン・リトルを彷彿させる、ソカやダンスホール・レゲエのエッセンスを盛り込んだビートが、ラテン音楽が流行っている現代のアメリカっぽい。地声を使ったパワフルな歌唱から、滑らかな高声を使った美しいメロディまで、切れ目なく繋ぐジャスティンの歌唱力と、R.ケリーを思い起こさせるジェレミーのセクシーなヴォーカルのコンビネーションが聴きどころ。しっとりとしたメロディと、軽やかなトラックが一体化した面白い曲だ。

また、エミリー・サンデーやリトル・ミックス、ワン・ダイレクションなどに楽曲を提供しているプロダクション・チーム、TMSのメンバーがペンを執った”Don't Think About It”は、エムトゥーメイの”Juicy Fruit”を彷彿させるゆったりとしたトラックが心地よいミディアム・ナンバー。22歳とは思えない、大人の色気を感じさせるヴォーカルと、歌とラップを使い分けて曲にメリハリをつけるセンスが光っている。年齢以上に老練したヴォーカルを聴かせる彼女のスキルと、ポップス分野で多くの名曲を残してきた制作者のスキルが生み出した本作の目玉といっても過言ではない楽曲だ。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが、ロス・アンジェルス出身のプロデューサー、ビジネス・ボーイとカナダのミシサガ出身のグラミー賞アーティスト、パーティーネクストドアとジャスティンの3人で制作したのが”You Got Me”だ。重いビートの上で、歌とラップを織り交ぜたヴォーカルを聴かせるスタイルは、パーティーネクストドアの作品を思い起こさせるもの。しかし、この曲では、サビの部分で豊かな歌声を響かせるなど、ヒップホップ寄りのパーティーネクストドアの楽曲というより、クリセット・ミッシェルリーラ・ジェイムスに近い、本格的な女性ヴォーカルのR&B作品になっている。流行の音を積極的に取り込む鋭い感性と、力強いヴォーカルが合わさった。魅力的な佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女の持ち味である先鋭的な音を取り込むセンスを活かしつつ、より多くの人に受け入れられるような、ポップな楽曲が目立っている。ワン・ダイレクションなどを手掛けているイギリスのプロデューサーを起用し、アフロ・ビートやレゲトンのエッセンスを組み込んだ楽曲で、意外性を感じさせつつ、要所要所で20代前半とは思えない、セクシーな歌を披露する。この若い感性を生かした斬新な作風と、円熟した歌唱技術の同居が、この作品のウリだと思う。

初めてのフル・アルバムとは思えない高い完成度と、最初から最後まで新鮮さを感じさせる楽曲のラインナップが素晴らしい。2018年の初頭にリリースされた作品だが、今年一年を通して楽しめそうな密度の濃い作品だ。

Producer
Pete Kelleher, Ben Kohn, Tom Barnes, Frank Dukes, Hit-Boy, Bizness Boi,Yung Burg etc

Track List
1. Wasteland
2. Goodlove
3. U Don't Know feat. Wizkid
4. Back For More feat. Jeremih
5. Don't Think About It
6. You Got Me
7. Heaven
8. Push Ya
9. Lil' Boy
10. Best For Last