2017年は、10月に発表したEP『Love Yourself: Her』が、アジア出身の歌手では歴代最高位となる、ビルボードの総合アルバム・チャートの7位、イギリスの総合アルバム・チャートの14位に入り、同作に収められている”Mic Drop”スティーヴ・アオキによるリミックスが、ヴォーカル・グループの楽曲としては同年最高位となる、ビルボードの総合シングル・チャート28位を記録するなど、多くの足跡を残してきた、韓国出身の7人組ダンス・ヴォーカル・グループ、BTS(漢字圏では「防弾少年団」表記)。

2018年に入ると、グループのラップ担当であるJ-Hopeが、配信限定のミックステープ『Hope World』を公開。韓国出身のソロ・アーティストでは最高記録となる、ビルボードの総合アルバム・チャートの38位を含め、複数の国のヒット・チャートに入るなど、大きな成功を収めた。また、このアルバムは、従来のダウンロード販売やストリーミング配信だけでなく、複数のサイトを経由して無料で配布されたにも関わらず、同じ内容の有料版が、アメリカ国内だけで8000枚も売れたことで注目を集めた。

そして、2017年にはここ日本でも、ユニヴァーサル傘下のデフ・ジャム・ジャパンと契約。2016年にリリースされた彼らの代表曲”Blood Sweat Tears”に日本語の歌詞をつけた”血、汗、涙”や、『Love Yourself: Her』の収録曲の日本語版を収めた”MIC Drop/DNA/Crystal Snow”などを発表。両作がプラチナ・ディスクに認定される大ヒットになった。

このアルバムは、彼らがデフ・ジャム・ジャパンに移籍してからリリースした、2枚のシングルの収録曲に加えて、『Love Yourself: Her』に収録されている”Best Of Me”と”Go Go”の日本語版、本作が初出となる新曲”Let Go”を収録。欧米での正式なリリースがないにも関わらず、ビルボードの総合アルバム・チャートの43位やカナダの総合アルバム・チャートの40位など、複数の国のヒット・チャートに名を刻み、「欧米のアルバム・チャートに初めて入った、男性グループの日本語作品」という珍記録を打ち立てている。

本作の実質的な1曲目は”Best Of Me”。2017年にグラミー賞の最優秀新人賞にノミネートし、同年に発売したアルバム『Memories...Do Not Open』が複数の国でゴールド・ディスクを獲得したことも話題になった、ニューヨーク出身の音楽ユニット、チェインスモーカーズがプロデュースを担当したアップ・ナンバー。一回聴いただけで彼らの作品とわかる、爽やかで軽快なビートの上で、甘酸っぱい歌声を響かせる7人の姿が印象的。シュガとラップモンスターの硬い声質が、ヴォーカルの甘い歌の良さを引き出している。個人的な感想だが、この曲がシングル化されなかったことが不思議で仕方ない。

続く、 “血、汗、涙”は2017年5月に発売された、彼らの移籍後第1弾シングル。ラテン音楽やレゲトンの要素と、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックの手法を組み合わせたロマンティックなビートと、艶めかしい歌声が心に残るダンス・ナンバー。余談だが、この曲のミュージック・ビデオは、日本盤シングルのリリースに合わせて撮りなおされたもの。7人のパフォーマンスにスポットを当てた韓国語版に対し、日本語版では楽曲のコンセプトを強調したストーリー性の強いものになっているので、是非見比べてほしい。

また、それに続く”DNA”は、2018年2月に行われた平昌オリンピックの開会式で、PSYの”Gangnam Style”やビッグバンの”Fantastic Baby”と一緒に使われたことも話題になった曲。彼らの代表曲の一つであり、アメリカや日本だけでなく、フランスやオーストラリアのヒット・チャートにもその名を刻んだ、韓国のポップス史に残るヒット曲でもある。口笛のような音色のとギターの音を組み合わせたトラックは、エレクトリック・ミュージックを土台にしつつ、ダンス・ミュージックの高揚感を適度に抑えたポップス寄りの作品。複雑なリズムとメロディを軽やかに乗りこなす、7人の姿が印象的。歌、ダンスともに、極めて難易度の高い作品だが、苦しさを顔に出すことなく、楽曲のメッセージを運命の人(=ファン)へと伝えるメンバーの姿が心に残る。アメリカの硬派なヒップホップやR&Bから影響を受けつつ、ポップス界のス―パ・スターとして、世界中のファンに愛を送り続ける7人の良さが発揮された曲だ。

そして、6曲目の”Mic Drop”は『Love Yourself: Her』に収録されているオリジナル版を基にした作品。自分達の実績と実力をアピールし、ライバル達の耳に刺さる厳しい言葉を投げつけて、格の違いを見せつけるという、ヒップホップの世界では定番の題材に取り組んだ曲だ。日本のジブラや韓国のエピック・ハイといった、ハードなヒップホップを愛聴しているラップ担当の3人の本領が発揮された、カッコいいヒップホップ。ウィットに富んだ言い回しが命のラップ詞を、本人達のメッセージを変えることなく、日本語に翻訳したケムマキ(彼は、ジブラが率いていたヒップホップ・クルー、UBGに所属していたラッパーでもある)の技術がなければ実現できなかった曲だろう。余談だが、この曲のミュージック・ビデオは、リミックス版の映像を再編集したもの。曲中に何度か出てくる男性の影は、同曲をプロデュースしたスティーヴ・アオキのもの。興味を持った人はリミックス版と比較してほしい。

本作を聴いて感じた彼らの魅力は、音楽に対する深い愛情とストイックな姿勢に裏打ちされたハイレベルなパフォーマンスだ。韓国で人気のヒップホップ番組「Show Me The Money」で優勝したこともある、iKonのボビーが指摘しているように、「アイドル・グループの中には、歌が苦手だからという理由でラップをしている奴がいる」ということは、しばし指摘されている。一方、ラップが得意な歌手の中には、彼らが影響を受けたアメリカの音楽を意識するあまり、歌やダンスがおろそかになり、グループとしての一体感を損ねてしまうこともある。それに対し、BTSの7人は、ラッパーのJ-Hopeがダンスでもグループをリードし、”Mic Drop”では、ラップをしながら複雑なダンスをこなすなど、ダンス・ヴォーカル・グループでありながら、本格的なラップも聴かせられるという、極めて珍しいスタイルを確立している。

また、彼らを支えるクリエイター、ビッグ・ヒットのインハウス・プロデューサー、Pドッグが作る楽曲の存在も見逃せない。ヒップホップやエレクトロ・ミュージックを土台にしながら、随所に軽妙でキャッチーなフレーズを織り込むなど、新鮮さと大衆性を一つの作品に同居させている。そして、日本語詞を担当しているケムマキは、自身のMC経験を活かしつつ、メンバーの個性や楽曲の方向性に合わせて、ヒップホップやR&Bの要素を適度に取り込みつつ、多くの人に愛されるヴォーカル・グループの音楽に落とし込んだことは大きい。

ワン・ダイレクションやフィフス・ハーモニー、ビッグバンといった一時代を築いた人気グループが活動を休止し、イギリスのリトル・ミックスのような新しいグループが台頭する中、「韓国を代表する」や「アジア屈指の」という呼称を必要としない、世界のどこに出しても通用する音楽ができる稀有なグループだろう。

Producer
Pdogg, Andrew Taggart, UTA, SOMA GENDA

Track List
1. INTRO : Ringwanderung
2. Best Of Me -Japanese ver.-
3. 血、汗、涙 -Japanese ver.-
4. DNA -Japanese ver.-
5. Not Today -Japanese ver.-
6. MIC Drop -Japanese ver.-
7. Don’t Leave Me
8. Go Go -Japanese ver.-
9. Crystal Snow
10. Spring Day -Japanese ver.-
11. Let Go
12. OUTRO : Crack




FACE YOURSELF(通常盤)
BTS (防弾少年団)
Universal Music =music=
2018-04-04