AAAのメンバーとして、”恋音と雨空”や”逢いたい理由”などのヒット曲を残し、紅白歌合戦への出演や東京ドーム公演といった大舞台も経験する一方、一人のヒップホップ・アーティストとしても、Mother Ninjaや西風雲といったユニットを経て、着実に実績を残してきたのが、SKY-HIこと日高光啓だ。

ウィットに富んだ歌詞と、爽やかで耳当たりの良い声が魅力の彼は、ポップスの要素を取り入れた本格的なヒップホップ・アーティストとして、AAAのファンやヒップホップ好きに留まらない、様々な人々からの支持を集めてきた。また、2017年には上海や香港、ニューヨークやロンドン、パリでの公演を含むワールド・ツアーを成功させている。

そんな彼が、2018年8月7日から2週間限定で無料公開したのが、このミックス・テープ『Free Tokyo』(21日以降は有料で配信)だ。これまでにもアルバム『Marble』を600円で販売し、Ed Sheeranの”Shape of You”や、Logicの”1-800-273-8255”のトラックに自身のラップを乗せた作品を、自身のYouTubeのアカウントから発表するなど、大胆な発想と行動が話題になってきた彼。この作品は、日本のアーティストとしては史上初、海外でもBTSのJ-Hopeの『Hope World』くらいしか例のない、「無料で配布された商業作品」になっている。

アルバムの1曲目に収めらているタイトル・トラック”Free Tokyo”は、ピアノっぽい音色の演奏の伴奏に乗せて、自身の半生を綴ったラップが心に残る作品。「左耳の障害が俺にくれたフロウ&ライム」「AK(69)やAnarchy、Norikiyoにはなれないし、だからこそいつでも自分でいれることが大事」といったフレーズは、華やかな舞台で活躍し、新しい音楽と試みで周りを驚かせてきた彼の葛藤と、真摯に音楽に向きあってきた姿を反映している。

続く”Name Tag”は、”Free Tokyo”の曲中でも言及されていたSALUと、韓国のソウル出身、現在は大阪を拠点に活動するMoment Joonを招いた曲。リズム・マシーンを駆使した変則ビートと、日本のヒップホップ界では珍しい出自の三者による「出自ではなく、自分の実力で評価を勝ち得る」ことを綴ったリリックが面白い作品。なかでもMoment Joonのパートは「あ、銃の話?撃ったことのない癖に?」「俺の財布には札の代わりに在留カード、黙って働く、それが日本が提示する〇〇(聞き取れず「条件」などの意味か?)」など、日本に移住した韓国人という独特の立ち位置にいる彼にしか描けない、個性的なものになっている。

また、本作の収録曲では唯一、陽気な雰囲気の”I Think, I Sing, I Say”は、Paloalto率いるHi-Lite Records所属の韓国人ラッパーReddyを起用したもの。シンセサイザーの軽やかな伴奏に乗せて、「世界には色々な人がいるけど、俺はみんなを尊重するし、自分で考えて、歌うし、言葉を発するよ」(大意)という前向きなメッセージを打ち出した曲。日本語と韓国語、異なる言語で言葉を紡ぐ二人が、同じ方向を向いてメッセージを投げかける姿が印象的だ。

そして、本作の最後を締めるのが”The Story Of "J"”は、ホラー映画を思い起こさせるおどろおどろしい伴奏が心に残る楽曲。「全部聞かないとわからない、昔の話、覚えてない」というサビのフレーズの通り、最後まで聴かないと内容を誤解してしまう、細部まで作り込まれたラップが光る曲。Eminemの”Stan”にも通じる、起伏のあるストーリー性と、絶妙な言葉選びが光っている。

今回のアルバムは、これまでのソロ名義やグループでの活動を踏まえつつ、これらの活動と一線を画したものになっている。今年の3月に発売したベスト・アルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』や、6月に発表したシングル”Snatchaway/Diver's High”では、バンドの演奏を盛り込んだトラックを取り入れ、2018年のツアー「SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-」では、大人数のバンドを帯同している。しかし、本作では、トラックの殆どをコンピュータで組み立てるなど、近年のスタイルとは大きく異なるものになっている。

また、私的な事柄を扱ったものや、複雑怪奇な表現を織り込んだリリック、通好みのラッパーを起用したゲスト陣などは、ヒップホップとポップス、両方の世界で活躍する彼の作品としては、非常にヒップホップ界寄りで、尖ったものになっている。この、過去の作品とは一線を画した独特の制作スタイルが、日本では異例の無料配信を実現したのだと思う。

発売日翌日の彼のブログでは、日本の音楽業界に対する危機意識が鋭い筆舌で語られていたが、この問題意識に対する一つの答えを、作品という形で表明した歴史的なアルバム。CD、テレビ、ラジオ、ライブ、そしてインターネット、あらゆるメディアを舞台に表現者として活躍してきた彼にしか生み出せない、作品の内容と配布方法、両方の視点から新しい音楽のビジネスの可能性を打ち出した歴史に残る名作だ。

Producer
Sky-Hi

Track List
1. Free Tokyo
2. Name Tag feat. SALU & Moment Joon
3. What are you talking about? feat. Hideyoshi & Novel Core
4. I Think, I Sing, I Say feat. Reddy
5. Dystopia
6. The Story Of "J"