モーリス・モブレイはゲイリー・グリットネスの名義での活動で知られるアーティスト。

フランス北部の工業都市、ナンシー出身の彼は、電子音楽とファンク、ディスコ音楽を融合した独特の作風で注目を集め、ニューヨークを拠点に多くのクラブ・ミュージックのレコードをリリースしているアーケインから、複数の作品をリリースしてきた。

本作は、モーリス・モブレイ名義で制作した初のスタジオ・アルバム。シンセサイザーやリズム・マシーンを駆使して曲を作っていたこれまでの作品に対し、本作ではギターなどの楽器も使用。複数の楽器を組み合わせて、80年代のソウル・ミュージックの魅力を、現代を生きる彼の感性で再解釈している。

本作の1曲目はタイトル・トラックの”Movin’ On”。煌びやかなシンセサイザーを駆使したバックトラックの上で、大人の色気を感じさせる歌声を響かせるモーリスの姿が印象的なアップ・ナンバー。ジョージ・ベンソンを彷彿させる艶めかしいギターも心地よい。

続く”Stop Playin’ Games”は、マスターピースやハイ・ファッションの作品を連想させるディスコ・ブギー。電子楽器を駆使したスタイリッシュな伴奏は、当時の音楽以上に、80年代の煌びやかな雰囲気を再現している。グラマラスな歌声でダイナミックな歌唱を披露する姿は、他の曲では聞けないものになっている。本作の収録曲では最も当時の音楽に近い。

これに対し、ニューヨーク出身のピアニスト、ドン・ブラックマンが82年に発表した『Don Blackman』の収録曲”Since You Been Away So Long”のカヴァーは、原曲のゆったりとした雰囲気のメロディの魅力を丁寧に引き出した演奏が魅力。女性ヴォーカルがなくなり、電子ドラムの音が重くなるなど、モーリスの制作環境に合わせたアレンジを施しつつ、原曲の流麗なメロディをじっくりと演奏し、歌う姿が光っている。

また、スティーリー・ダンの”Glamour Profession”は、 80年のアルバム『Gaucho』の収録曲のカヴァー。ディスコ音楽が音楽業界を席巻していた時代に、シンガー・ソングライターがディスコ音楽の要素を取り入れた楽曲を、電子音楽畑のモーリスがリメイクしている。80年代後半から90年代初頭のエレクトロ・ミュージックを思い起こさせる、太い電子音を使った伴奏は、ゲイリー名義の作品に近い。しかし、ソウル・シンガーとは違う、モーリスのあっさりとした歌い方が、原曲のメロディの良さを引き出している。ディスコ音楽風のポップスだった原曲を、本格的なクラブ・ミュージックに再構築した意欲作。

このアルバムは、元々ハウス・ミュージックなどを制作していたクリエイターの手によるものということもあり、80年代前半の華やかなディスコ・ミュージックの雰囲気を残してはいるものの、パワフルなヴォーカルよりも、スタイリッシュなトラックにフォーカスを当てたものになっている。また、ヴォーカルやコーラスを彼一人で担当し、楽器も一人で担当するなど、大人数のバンドによる派手な演奏が魅力のソウル・ミュージックとは一線を画した、現代のテクノ・ミュージックなどに近いものになっている。この、別のジャンルの音楽の制作手法を用いることで、既存の音楽に新しい解釈を加えている点が本作の面白いところだろう。

ソウル・ミュージックを聴いて育ったエレクトロ・ミュージックのクリエイターによる、独自の視点が魅力のソウル作品。アメリカのタキシードや日本のT-グルーヴのように、80年代のディスコ・ミュージックの魅力を現代に伝えるアーティストだ。

Producer
Morris Mobley

Track List
1. Movin’ On
2. Stop Playin’ Games
3. Since You Been Away So Long
4. Midnight Stroll
5. Glamour Profession
6. Rolodexes
7. First Class Hangin’
8. Charge It To The Game



Movin’ On
Morris Mobley
MMM Records/BBQ
2018-07-29