トニ・ブラクストンの妹であり、彼女も在籍していた姉妹グループ、ブラクストンズの一員でもある、トレイシー・ブラクストン。

メリーランド州出身の彼女は、牧師の父とオペラ歌手から宣教師に転じた母を持ち、幼いころから姉妹と一緒に教会で歌うなど、恵まれた環境で腕を磨いてきた。

1989年にアリスタと契約した彼女達は、1990年に初のシングル“Good Life”をリリース。R&Bチャートに入るなど、一定の成果を収めたが、91年にトニがベイビーフェイスのプロデュースでデビューするためグループを脱退。トレイシー達は4人組としてグループを再開するが、95年にトレイシーもグループを離脱してしまう(そのため、96年のアルバム『So Many Ways』には参加していない)。

そんな彼女が表舞台に戻ってきたのは、2011年に制作されたリアリティ・ショウ。その後は、2014年に初のソロ・アルバム『Crash & Burn』を録音し、翌年には、トニも参加した5人体制のブラクストンズによるクリスマス・アルバム『Braxton Family Christmas』を発売。表舞台での経験が乏しいことが信じられない、豊かな表現力を発揮してきた。

本作は彼女にとって2枚目のソロ・アルバム。前作にも携わっていたデイブ・リンゼイが、全ての曲のプロデュースを担当。彼女自身も曲作りに参加し、ゲストにはトニ達ブラクストン姉妹も参加するなど、 前作も見劣りしない、豪華なものになっている。

本作の1曲目である”On Earth”は、四つ打ちのビートを採用したタイトル・トラック。セオ・パリッシュやムーディーマンの曲にも似ている、陰鬱で洗練されたビートの上で、滑らかに歌うトレイシーの姿が光るダンス・ナンバーだ。音数が少ないトラックと、起伏を抑えたメロディを乗りこなしつつ、きちんと表情をつける歌唱が聴きどころ。

続く”Lifeline”は、バス・ドラムを軸にしたシンプルなR&Bのトラックと、低い音域を強調した艶めかしいヴォーカルの組み合わせが魅力のスロー・ナンバー。重厚で色っぽい歌声を活かすスタイルは、トニ・ブラクストンの90年代の作品にも似ている。

しかし、本作の目玉は何と言っても”Broken Things”だろう。この曲は、ブラクストンズとして一緒に活動したトニ、トワンダ、トリーナの3人が参加したバラード(テイマーのみ不参加)。曲調の関係もあって、5人で録音した“Good Life”に比べると落ち着いた雰囲気だが、声質や歌い方の微妙な違いを効果的に使って、各人の個性と4人の一体感を表現している。4人でこの完成度ということは、5人が揃ったらどんな曲に仕上がっていたのだろうか。

また、本作では唯一ラッパーが客演した”To The Side”は、チキチキというハットの音を効果的に使った現代的なビートと、トレイシーの持つ大人の色気を引き出した、艶やかなメロディが魅力のスロー・ナンバー。クリス・ブラウントレイ・ソングスのアルバムに入っていそうなワイルドで大人っぽい雰囲気の曲でも、彼女が歌うと違って聴こえる。

彼女の作品は、他のブラクストン姉妹の作品同様、ブラクストンズやトニの作風を踏襲した、美しいメロディで歌声の魅力を丁寧に伝えるものだ。しかし、彼女の場合は他の姉妹の作品と違うのは、四つ打ちのビートや落ち着いた雰囲気のメロディの曲が目立つことだ。5人姉妹の中ではソロ作品を出していないトワンダを除くと、最もデビューが遅かったこともあり、他の姉妹と差別化を図るために工夫を凝らしたのだろう。そのことが、結果的に彼女の独自性を打ち出している。

ソウル・ミュージックの歴史上、最も成功した姉妹であるブラクストンズ。その中では一番最後に表舞台に登場した彼女だが、実力は他の4人に見劣りしないことを再認識させられる良作。90年代のトニ・ブラクストンのような、歌をじっくり聴かせるタイプのR&Bが好きな人には見逃せないアーティストだ。

Producer
Dave Lindsey

Track List
1. On Earth
2. Lifeline
3. Boy Bye
4. Broken Things feat. Toni Braxton, Towanda Braxton, Trina Braxton
5. Out The Box
6. To The Side feat. Ridge Long
7. White Noise
8. I Wont Cry




On Earth [Explicit]
Soul World Entertainment, LLC.
2018-08-24