80年代から90年代にかけて、多くのヒット曲を生み出してきた、シンガー・ソングライター、プロデューサーのベイビーフェイス。彼の兄弟達によるヴォーカル・グループ、アフター7の実に21年ぶりとなるオリジナル・アルバムが本作だ。

プロデューサーに、ベイビーフェイスや彼の右腕であるダリル・シモンズが名を連ね、SWVやフェイス・エヴァンスの近作を配給した、eOneが配給している本作。この前情報だけでも、90年代に一世を風靡した、ベイビーフェイスの流麗でキャッチーなR&Bが現代に蘇ることを期待してしまう人は少なくないだろう。このアルバムでは、そのような往年のファンの期待に応えるかのように、90年代の彼らのスタイルを踏襲した、美しいメロディの楽曲をたっぷりと収めている。

アルバムのオープニングを飾る”Runnin’ Out”は、ベイビーフェイスの”Every Time I Close My Eyes”を思い起こさせる、シンプルで落ち着いたトラックの上で、一つ一つの言葉をシックなメロディに乗せて、丁寧に紡ぎ出してみせるロマンティックなバラード。この曲だけでも、90年代のR&Bが好きな人なら買って損はないと断言できるほど、クオリティが高いスロー・ナンバー。また、数少ないミディアム・ナンバーの一つで、ベイビーフェイスもセルフ・カヴァーした”I Want You”は、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”が好きだった人にはたまらない、甘酸っぱい雰囲気のメロディを軽やかに歌う4人の姿が魅力的な、本作を代表する楽曲だ。それ以外にも、”If I”や”Lovin’ You All My Life”、”More Than A Woman”など、ベイビーフェイスがボーイズ II メンやトニ・ブラクストンに提供してきた、大人の色気を感じさせる、ロマンティックなメロディを踏襲したスロー・ナンバーやミディアム・ナンバーが続く。いずれの曲も、ベイビーフェイス、エドモンズ兄弟の持ち味が存分に発揮された、美しいメロディと、シンプルだが味わい深いトラックが上手い具合に融合した、大人向けのR&Bに仕上がっている。

デビュー・アルバムのタイトルに引っ掛けた、2015年の『Return To The Tender Lover』では、80年代の跳ねるようなリズムの上で、華麗なメロディを泳ぐように歌い、当時のソウル・ミュージックが持つ、煌びやかな雰囲気を現代に復活させたベイビーフェイス。これに対し、90年代風の重く、落ち着いたビートの上で、流れるようなメロディを大切に歌い、当時のR&Bの持つロマンティック雰囲気が、21世紀の音楽シーンでも通じることを証明したAfter7。エドモンズ兄弟が牽引した、20世紀のR&Bが持つ美しいメロディが、長い時を経ても色褪せない、「タイムレス」なものであることを、このアルバムが証明した。ボーイズ・II・メンやテヴィン・キャンベルのヒット曲に心を奪われた世代なら見逃せない、2016年の隠れた最高傑作だろう。

Track List
1. Runnin' Out
2. Let Me Know
3. More Than Friends
4. I Want You
5. Too Late
6. Lovin' You All My Life
7. If I
8. Everything
9. Betcha By Golly Wow
10. Home

Executive Producer
Babyface, Daryl Simmons, Kevon Edmonds




Timeless
After 7
Ent. One Music
2016-10-14