ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Alternative R&B

Kelela - Take Me Apart [2017 Warp]

ケレラことケレラ・ミザンクリストスはワシントンD.C.出身のシンガー・ソングライター。

エチオピア系アメリカ人の彼女は、2010年ごろからロス・アンジェルスを拠点に音楽活動を開始。大学を卒業したあとは、カフェなどでジャズ・スタンダードを歌うシンガーとしての活動を皮切りに、メタル・バンドやエレクトロ・ミュージックのユニットなど、色々なジャンルの音楽グループで経験を積んできた。

そんな彼女は、エレクトロ・ミュージックのユニット、ティーンガールズ・ファンタジーが2012年にリリースしたアルバム『Tracer』に収録されている”EFX”に参加したことをきっかけに、キングダムなどが所属するフェイド・トゥ・マインドと契約。2013年に初のミックス・テープ『Cut 4 Me』をリリースすると、ソランジュやビヨークを彷彿させる先鋭的な音楽性で、熱心な音楽ファンや評論家から高い評価を受けた。

その後も、ロンドンに拠点を置くクラブ・ミュージックの名門、ワープ・レコードから複数のシングルを発表する一方、ゴリラズの『Humanz』やソランジュの『A Seat At The Table』といった、各国の人気ミュージシャンの作品に参加。一度聴いたら忘れられない個性的な歌声と、神秘的な雰囲気で存在感を発揮してきた。

本作は、彼女にとって初のフル・アルバム。彼女のシングルを配給してきたワープからのリリースで、収録曲は2017年に入ってから録音されたもの。プロデューサーにはロンドンを拠点に活動するジャム・シティやロス・アンジェルス在住のアリエル・レックシェイドなど、各国の実力派クリエイターを起用し、彼女の豊かな表現力と繊細な歌声を活かした、魅力的なポップスを聴かせている。

アルバムのオープニングを飾る”Frontline”はジャム・シティのプロデュース、ロックネイション所属のシンガー・ソングライター、サミュエル・デューが制作に参加したミディアム・ナンバー。ジャーメイン・デュプリやティンバランドが90年代に録音したような、チキチキというハットの音色が印象的なビートの上で、フェイス・エヴァンスを彷彿させるグラマラスな歌声を響かせた作品。90年代のR&Bのエッセンスを取り入れることで、電子音を多用したビートを聴きやすくする発想が面白い。

続く”Waitin”は、ジャム・シティとアリエル・レックシェイドに加え、カナダ出身のシンガー・ソングライター、モッキーが制作に携わっている国際色豊かな作品。シンセサイザーを駆使したスタイリッシュなトラックの上で、しなやかな歌声を聴かせるアップ・ナンバー。軽妙なメロディを盛り込んだスタイルは『All For You』を出した頃のジャネット・ジャクソンにも少し似ている。尖った雰囲気を残しつつ、ポップに纏め上げた佳作だ。

また、本作に先駆けて発表された”LMK”は、ソランジュの作品にも携わっているクウェスとジャム・シティの共同プロデュース作品。電子音を効果的に使った軽快でモダンなトラックの上で、軽やかな歌声を聴かせるミディアム・ナンバー。音楽性はイギリスの女性シンガー、ナオのそれに近いが、繊細で甘酸っぱいヴォーカルはデビュー当時のブランディやマイアにも少し似ている。ロマンティックなメロディと洗練されたビートが格好良い、キャッチーな曲だ。

そして、ニューヨークを拠点に活動するプロダクション・チーム、ダブル・ダッチを招いた”Blue Light”は、シンセサイザーの音を重ねた荘厳な伴奏が印象的なミディアム・ナンバー。ファルセットを上手に使ってセクシーな歌声が心地よいと思っていたら、ビヨビヨと唸るような電子音を取り入れた先鋭的なトラックへと切り替わる奇抜な作品。斬新な演出を盛り込みつつ、始まりから終わりまで、一つの曲として聴かせる彼女の手腕が光っている。

このアルバムの面白いところは、エレクトロ・ミュージック分野で実績を上げているミュージシャンをプロデューサーに起用しつつも、マニア向けの前衛音楽ではなく、親しみやすいポップス作品に落とし込んでいるところだろう。恐らく、彼女の声質やヴォーカル・スタイルが、マイアやジャネット・ジャクソンのような可愛らしく聴きやすい、ポップ・スターの素質を備えている点が大きいと思う。

ウィークエンドSZAなど、エレクトロ・ミュージックとR&Bを融合したスタイルのミュージシャンの活躍が目立つ中で、ポップスの手法を取り入れる卓越した技術で存在感を示す彼女。常に新しいスタイルが生まれ、作品化されているエレクトロ・ミュージックの面白さを分かりやすく伝えてくれる傑作だ。

Producer

Jam City, Ariel Rechtshaid, Kwes, Mocky, Kingdom etc

Track List
1. Frontline
2. Waitin
3. Take Me Apart
4. Enough
5. Jupiter
6. Better
7. LMK
8. Truth Or Dare
9. S.O.S.
10. Blue Light
11. Onanon
12. Turn To Dust
13. Bluff
14. Altadena





Take Me Apart
Kelela
Warp Records
2017-10-06

Syd - Always Never Home [2017 The Internet, Columbia]

フランク・オーシャンタイラー・ザ・クリエイターなどを擁するオッド・フューチャーの一員として活動し、同クルーのメンバーでもあるマット・マーシャンと結成したバンド、ジ・インターネットでグラミー賞にもノミネートしているロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、シドことシド・バレット。

2017年には、ソロ名義では初のフル・アルバムとなる『Fin』コロンビアからリリース。全ての曲で彼女自身がペンを執る一方、ジ・インターネットの中でも特に先進的な作風で注目を集めているスティーヴ・レイシーや、ヒットメイカーのアンソニー・キルホッファーやヒット・ボーイなど、バラエティ豊かなクリエイターを起用。新しい音楽に敏感なファンや批評家から高く評価された。

その後も、シカゴ出身のラッパー、ヴィック・メンサや韓国のR&Bシンガー、ディーンの作品に客演するなど、様々なミュージシャンとコラボレーションを重ねてきた彼女。本作は、そんな彼女にとって前作から7ヶ月ぶりの新作となる3曲入りのEPだ。

このEPでも、過去の作品同様、彼女自身が全ての曲の制作に関わっている。しかし、共作者の顔ぶれは大きく変わっており、アムステルダム在住のクリエイター、フル・クレイトやジ・インターネットの元メンバーで、サンダーキャットの兄弟としても知られているジャミール・ブルーナなどが参加、新しいサウンドを積極的に取り入れている。

本作の1曲目は、ニッキーミナージュの”Anaconda”や モニカの”Call My Name”などを手掛けているブルックリン出身のプロデューサー、アノニマスを起用した”Moving Mountains”。アノニマスが手掛けてきた、モニカやシアラの作品のような、キラキラとしたシンセサイザーの音色を使ったトラックと、シドの語り掛けるような歌唱のコンビネーションが魅力のミディアム・ナンバーだ。流行のサウンドを使ったトラックは彼女の作品ではそれほど多くなかったので、逆に新鮮に感じられる。

続く、”Bad Dream / No Looking Back”は、ジョデシーの”What About Us”をサンプリングしたミディアム・ナンバー(余談だが、同曲はザップの”Computer Love”をサンプリングしているため、この曲のソングライターにはロジャー・トラウトマン達の名前も入っている)。ゾなどの作品に携わっているグウェン・バンとケンドリック・ラマードレイクを手掛けているリッチ・リエラの二人がプロデュースしたこの曲は、これまでの彼女の楽曲以上に抽象的なメロディが印象的。彼女が透き通った声で囁きかけるように歌う摩訶不思議なメロディと、随所に小技を仕込んだ陰鬱なトラックが光る佳曲だ。

そして、本作の最後を飾る”On the Road”は、フル・クレイトとジャミール・ブルーナが制作にかかわっている曲。テルミンのようなフワフワとした音色のシンセサイザーを使った浮遊感のあるトラックに乗って、地声を多用した重々しいヴォーカルを聴かせるダークな雰囲気のミディアム・ナンバー。曲の途中でビートを変えることで楽曲に起伏を付けつつ、曲の雰囲気に一貫性を持たせるヴォーカルとアレンジのテクニックは流石としか言いようがない。

この作品では、今まで組んだことのないプロデューサー(といってもジャミールはジ・インターネットの同僚だが)を迎えて、自身のスタイルをベースにしつつ、新しい曲調に挑戦している。シアラやモニカのようなシンセサイザーを多用した現代的なR&Bのサウンドに、ケンドリック・ラマーやドレイクが採用するような電子楽器を駆使したヒップホップ色の強いトラック、ケイトラナダやサンダーキャットのようなエレクトロ・ミュージック色の強いビートなど、色々な音を積極的に取り入れながら、しっかりと自分の色に染め上げる技術は、強烈な個性でのし上がった彼女にしかできないものだと思う。

ビヨンセやメアリーJ.ブライジとは違うアプローチで、自身の個性を確立した彼女の持ち味を発揮しつつ、新しい一面をしっかりとみせてくれた魅力的なEP。これは次回作も期待できそうだ。

Producer
Anonxmous, Gwen Bunn, Ricci Riera, Full Crate, Jameel "Kintaro" Bruner

Track List
1. Moving Mountains
2. Bad Dream / No Looking Back
3. On the Road






Tawiah - Recreate [2017 Lina Limo]

2000年代の中頃から、コリーヌ・ベリー・レイやギルモッツなどのバック・コーラスで経験を積み、マーク・ロンソンのツアーにバンド・メンバーとして帯同するなどして実力をアピールしてきた、サウス・ロンドン出身のシンガー・ソングライター、タビアンこと、ビバーリー・タビアン。

演劇や舞踏を扱うブリット・スクールでパフォーミング・アートを学んだ彼女は、学校を卒業したあと、ジョディ・ミリナーとの共作で初の録音作品となるEP『In Jodi's Bedroom』を発表。ソウル・ミュージックに電子音楽やヒップホップを癒合した作品が評価され、ジャイルズ・ピーターソンが主催する音楽賞で新人賞を獲得している。

その後も、自身名義の作品をリリースしながら、エリック・ロウやブラッド・オレンジ、ポール・オークンフォードやティエストなどの作品に客演。BBCのドキュメンタリー番組にも取り上げられるなど、ジャンルの枠にとらわれない活躍で、着実に知名度を上げていった。

このアルバムは、自身名義の作品としては2011年のシングル『Sweet Me』以来、約6年ぶりとなる新曲。彼女の作品では初めて、インディー・レーベルが配給を担当している。また、プロデューサーにはロックバンド、ヘジラのメンバーで、エイミー・ワインハウスやマシュー・ハーバートなどの作品にも携わっているサム・ベスタを起用。彼女自身も積極的にペンを執り、密度の濃い音楽を聴かせている。

イントロの後に収められた本作の実質的な1曲目”Queens”は、コンピュータを多用した抽象的なサウンドと抑揚を抑えた淡白な歌唱が印象的なミディアム・ナンバー。ピアノやギターの演奏を混ぜ込んで、アコースティックな音楽のように聴かせつつ、人間の演奏ではあまり用いない変則的なビートで楽曲に斬新な印象を与えている。

続く”Don't Hold Your Breath”は、ヘジラのアレックス・リーヴやパーソナル・ライフのネイザン・アレンなどを招き、バンド演奏によるバック・トラックを採用したミディアム・ナンバー。ドラム・ロールを多用した重々しいビートをバックに、繊細な声質を活かした慎重な歌唱を聴かせている。生演奏を取り入れつつ、電子音楽のようなシンプルで先鋭的な音楽に聴かせるスキルは圧巻のものだ。

また、これに続く”Falling Short”は、本作の収録曲で唯一、楽曲制作の全てを彼女一人で行ったもの。 電子音を組み合わせたトラックは、デビュー作の収録曲を彷彿させる。テンポや調を随所で変える奇抜なバック・トラックを器用に乗りこなしつつ、ビートにはヒップホップの、上物にはエレクトロ・ミュージックの、ヴォーカルにはソウル・ミュージックのエッセンスを取り入れ、独特の作品に落とし込んでいる。

そして、本作の最後を飾る”Move With Me”は、彼女の作品では珍しい、シンプルなアレンジでメロディをじっくりと聴かせるタイプの曲。シャーデー・アデューを思い起こさせる透き通った歌声を、流麗なメロディに乗せて丁寧に届ける姿が光る曲だ。

今回の作品では、実質4曲というEPの形態を取りながら、彼女の先鋭的な音楽センスや、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックといった、様々な音楽への深い造形、そして、しなやかな歌声を活かした繊細な表現が高いレベルで融合している。その作風は、サンファホセ・ジェイムスといったジャズや電子音楽とソウル・ミュージックを組み合わせたスタイルで、黒人音楽に新しい解釈を加えたアーティストの系譜を継いだものだといっても過言ではない。その中でも、彼女の場合、ヒップホップやソウル・ミュージックではあまり用いない奇抜なアレンジも積極的に取り入れつつ、メロディをしっかりと聴かせている点が大きな特徴だと思う。

色々なスタイルのミュージシャンが混在し、融合し、互いに刺激を与えあいながら新しいスタイルを生み続けているイギリスのブラック・ミュージック界隈を象徴する斬新な作品。R&Bやヒップホップに野蛮とか古臭いというイメージを持っている人にこそ聴いてほしい。

Producer
Sam Beste, Tawiah

Track List
1. Recreate Intro
2. Queens
3. Don't Hold Your Breath
4. Falling Short
5. Move With Me




Recreate
Tawiah
Imports
2017-08-18

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ