ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Alternative R&B

The New Respects - Here Comes Trouble EP [2017 Credential Recordings, Universal ]

ソウルやR&B、ヒップホップといったブラック・ミュージックの歴史の中で、常に一定の影響力を発揮していたのがロックの存在だ。古くはアイズレー・ブラザーズやバーケイズ、その後もベティ・デイヴィスやザ・ルーツ、近年ではブラッドオレンジやソランジュなど、多くのミュージシャンがロックの要素を取り入れて、自分の作品に個性を付加していった。

今回、初のEP『Here Comes Trouble』 をリリースした男女混成の4人組、ニュー・リスペクツもその系譜に立つグループ。テネシー州ナッシュビル出身の彼らは、2016年にシングル『Hey!』でデビュー。ソランジュの"Dance In The Dark"のポップなメロディとザ・ルーツの"Game Theory"を彷彿させるロックとヒップホップを融合させたサウンドが印象的なポップ・ナンバーを聴かせてくれた。本作は、それに続く作品。

収録曲されているのは2017年にシングル化された2曲を含む5曲。"Hey!"は未収録だが、同曲に負けず劣らずの佳曲を揃えている。

アルバムのオープニングを飾る"Money"は本作のからの先行シングル。ジュラシック5を思い起こさせるコミカルなヒップホップのビートを生演奏で再現した伴奏をバックに、ティーナ・マリーを連想させる荒々しいヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバー。ニルヴァーナやレッド・ホット・チリ・ペッパーズにも通じる荒削りなサウンドとヒップホップを混ぜ合わせたセンスが面白い。

続く、"Frightening Lighting"は"Hey"のスタイルを踏襲した"Heat Wave"のような初期のモータウン作品を彷彿させるポップなメロディが魅力的なアップ・ナンバー。唸るようなギターの音色を含め、重く荒々しいサウンドの間にキュートなコーラスを混ぜ込むなど、ワイルドなロックのサウンドと、リズム&ブルースの軽妙な曲調を両立した曲に仕上がっている。

3曲目に納められている"Come as You Are"は乾いた音色の伴奏と、ダイナミックなヴォーカルの組み合わせが心地よい バラード。スケールは異なるが、オーティス・レディングの"Try a Little Tenderness"にも通じる壮大な楽曲だ。

そして、4曲目の"Shoes"はテイラー・スウィフトの"Shake It Off"にそっくりなアップ・ナンバー。軽快で親しみやすいメロディと、電子音やハンドクラップを盛り込んだ明るいサウンドが印象的な楽曲。シングル・カットされていないのが不思議なくらい陽気でキャッチーな曲だ。

そして、アルバムの最後を飾る"Trouble"は本作から2曲目のシングル曲。力強いドラムの音色と、全身を震わせるように歌うヴォーカルはクイーンの"We Will Rock You"の影響も垣間見えるが、こちらはもっと荒削りな印象。

全体的な印象だが、ロックのアルバムとしては80年代以前の作品の影響が強い、厳しくいえば「古臭い」録音だが、それをヒップホップやR&Bと融合することで、新しい音楽のように聴かせていると思う。この点については賛否が分かれそうだが、過去の作品を研究、引用して自分の作品の糧にすることが多いブラック・ミュージックの発想をロックに適用して作品に落とし込んだセンスとスキルは非常に面白いと思う。

何度も言うが、演奏技術と曲の完成度は高さは目を見張るものがある。現時点では気になる点もあるが、同時にR&B界のザ・ルーツになり得る可能性を感じさせる、将来有望な新人のデビュー作だと思う。

Track List
1. Money
2. Frightening Lighting 
3. Come as You Are
4. Shoes
5. Trouble





Here Comes Trouble
Universal Music LLC
2017-03-10

 

Nao - For All We Know The Remixes EP [2017 Little Tokyo Recordings]

ノッティンガム生まれ、イースト・ロンドン育ち、ダイドやジョージ・マーティンも卒業したロンドンの名門校、ギルドホール音楽演劇学校を卒業している、シンガー・ソングライターで音楽プロデューサーのナオことネオ・ジェシカ・ジョシュア。

バック・コーラスやガールズ・グループ、ボクセッツとしての活動でキャリアを積みながら、2014年には初のEP『So Good』をリリース。透き通った歌声を活かしたしっとりとした美しいメロディに、電子音楽の影響が色濃い尖ったビートを組み合わせた独特のスタイルで、BBCのプレイリストに登録されるなど、注目を集めた。

その後も、ディスクロシュアやムラ・マサといった、イギリスのエレクトロ・ミュージックのミュージシャンとコラボレーションしながら複数のシングルやEPを発表。BBC主催の音楽賞、サウンズ・オブ2016の第3位に輝くなど、着実に評価を高めていった彼女は、2016年に初のフル・アルバム『For All We Know』をリリース。ダンス・チャートを中心に各国のヒット・チャートに名前を刻み、彼女をブリット・アワードのベスト・フィメール・ソロ・アーティストの候補に導いた。

今回のEPは、『For All We Know』に収録された楽曲を、外部のクリエイターが大胆に組み替えたリミックス・アルバム。彼女自身が制作を主導し、既に具体的なイメージが定着している原曲を、気鋭の若手を含む実力派のクリエイター達が、大胆な発想で再構築した点が聴きどころだ。

 重低音が鳴り響く荘厳なビートと、ナオの繊細な歌声の組み合わせが印象的だった"In The Morning"を担当したのは、彼のシングル曲"Firefly"でも共演しているイギリスのプロデューサー、ムラ・マサ。彼はこの曲をカラフルな音色のシンセサイザーと、跳ねるようなビートを組み合わせた、ダンスホール・レゲエに改変。シリアスな雰囲気のミディアム・バラードを、陽気なダンス・ミュージックに生まれ変わらせている。同じメロディを使っても、アレンジ一つでここまで違う曲に聴こえるのかと、びっくりしてしまった。余談だが、個人的にはオリジナルよりこっちのバージョンの方が、R&Bに慣れ親しんだ自分の耳には聴きやすい。

続く、"Feels Like[原曲はFeel Like (Perfume)]"を担当したのは、過去に彼女の作品を手がけているロクセ。オリジナル・ヴァージョンは、エリカ・バドゥやマックスウェルの作品を連想させる生楽器風の温かい音色を使ったシックなビートで、彼女のヴォーカルの魅力を引き出したミディアム・バラードだったが、本作では一転、リル・ジョンやT.I.の新曲と勘違いしそうなバウンズ・ビートを使ったヒップホップ・ナンバーに生まれ変わっている。新たに録ったと思われるラップ風のヴォーカルと一緒に、奇抜なビートを自然体で乗りこなすストームジイのラップも面白い、アメリカ南部のヒップホップと、エレクトロ・ミュージックの親和性を裏付けた名録音。

2016年に発表したアルバム『99.9%』の斬新さも記憶に新しいケイトラナダを起用した"Get To Know Ya"は、レゲトンのリズムを上物に使ったハウス・トラック。クリスティーナ・ミリアンやマイアの楽曲を連想させるダンス・ポップの要素を含んだR&Bナンバーを、分厚い重低音が心地よいDJ向けのダンス・ナンバーに変えたセンス自体は珍しくないが、原曲とは全く異なるタイプのビートとヴォーカルを一体化させた技術は見逃せない。

ギターの音色と電子音を組み合わせたトラックが印象的だった"DYMM"はサム・ギャライトリーがリミックス。電子音楽版ジェイ・ディラといった趣の、音と音の隙間を有効に使った、抽象的なヒップホップのビートが格好良い、アメリカのヒップホップと親和性が高いアレンジが記憶に残る楽曲だ。

そしてSBTRKTによる"Bad Blood"は、刺々しいシンセサイザーの音色と終始鳴り続ける重低音が印象的な、フライング・ロータスやサンダーキャットに代表されるビート・ミュージックのスタイルを踏襲したリミックス。オリジナル盤では散見されていたが、このアルバムではあまり採用されていない、アメリカの電子音楽シーンを意識したアレンジが楽しめる。

このアルバムのようなリミックス作品の難しさは、既に一定の評価を受けている楽曲を再編集して、原曲の隠れた魅力や、新しい解釈を引き出さなければいけないことだ。リミックス作品の中には、原曲のイメージに引きずられて、無難にまとめたり、斬新な解釈を求めて、原曲の持ち味を削ってしまうものも少なくない。だが、今回の作品では、それぞれのアーティストが、彼女の美しい歌声やスタイリッシュなメロディ、繊細なトラックを活かしつつ、彼女の作品では使われてこなかった音色やビートを組み合わせることで、ナオの音楽の意外な一面を引き出している。

たった5曲のEPだが、ナオの音楽の可能性とイギリスのエレクトロ・ミュージック・シーンの奥深さを痛感させられる貴重な作品だと思う。ヴォーカリストとクリエイター、両方の才能を兼ね備えたナオだが、外部のプロデューサーと組めば、今以上の実力を発揮できる、そんな期待を抱かせてくれる名企画だ。

Producer
Nao, Calvert, Royce Wood Junior, Jungle GRADES etc

Track List
1. In The Morning (Mura Masa Edit)
2. Feels Like (LOXE Remix) feat. Stormzy
3. Get To Know Ya (Kaytranada Flip)
4. Dywm (Sam Gellaitry Remix)
5. Bad Blood (SBTRKT Remix)





FOR ALL WE KNOW
NAO
RCA
2016-07-29

Steve Lacy – Steve Lacy’s Demo EP [2017 Three Quarter]

2015年にリリースした3枚目のアルバム『Ego Death』が、グラミー賞のベスト・アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門にノミネートしたことも記憶に新しい、オッド・フューチャー所属のシド・ザ・キッドやマット・マーシャンズが率いるR&Bバンド、ジ・インターネット。2017年に入ってからは、1月にはマットが『The Drum Chord Theory』を、2月にはシドが『Fin』を発表するなど、各メンバーが活発な動きを見せているが、彼らに続き、最年少ながら、ギターやベースの演奏から楽曲制作まで、幅広く担当しているスティーヴ・レイシーが、初のソロ作品をマットの作品も配給しているスリー・クォーターから配信限定で発表した。

2015年から正式加入した後発のメンバーながら、『Ego Death』ではシングル・カットされた"Special Affair"を含む6曲のソング・ライティングやプロデュースを担当。その後も、学業と並行して色々なアーティストのレコーディングに携わり、2017年には『The Drum Chord Theory』の収録曲のうちシングル化された”Diamond in Da Ruff”と”Dent Jusay”を含む3曲を、『Fin』ではシングル・カットされた”All About Me”を含む2曲を手掛けるなど、最年少メンバーとは思えない大活躍を見せている。

2人の後を追いかける形で発表されたスティーヴの作品は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやファンカデリック、カーティス・メイフィールドなどの影響を感じさせる、ギターの音色を効果的に使った幻想的なサウンドが印象的なアルバム。ドラマーらしい、温かい音色を使ったバラエティ豊かなビートが魅力の『The Drum Chord Theory』や、アリーヤを彷彿させる冷たく、透き通った歌声が魅力を活かした、スタイリッシュな作風が面白い『Fin』に続き、メンバーの個性が発揮された作品になっている。

本作では、収録されている6曲すべてが、彼自身の作詞作曲、プロデュースによる録音。1曲目に選ばれた”Looks”は、ホーン・セクションのないアース・ウィンド&ファイアといった趣の、カラっとしたギターのカッティングが心地よいアップ・ナンバー。デモ故か1分半で終わってしまうのが口惜しい。

続く”Ryd”は、エフェクターで歪められたギターと変則的なビートを刻むドラムの組み合わせが奇抜なミディアム・ナンバー。ロマンティックなメロディが奇想天外なトラックでおどろおどろしい音楽に聴こえてしまう演出は、一聴の価値があると思う。

一方、マットのアルバムに収録されても不思議ではない温かい音色を使ったトラックが心地よい”Dark Red”は、ヒップホップのビートの上で、ジョージ・クリントンを連想させる個性的な歌唱が幻想的な伴奏と合わさって不思議な雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。『The Drum Chord Theory』を昔のソウル・ミュージックと融合させたような、懐かしさと新しさが入り混じった楽曲だ。

そして、”Thangs”はスティーヴが得意なベースを効果的に使った、ヒップホップともポップスとも形容しがたい不思議な楽曲。黒人音楽と同じくらい、ロックなどにも親しんできた、アウトキャストのアンドレ3000にも似た作風の佳曲だ。また、前曲同様、ベースを器用に操る姿が印象的な”Haterlovin”は、テンポの速いブレイク・ビーツに乗せて、複雑なグルーヴを正確に演奏しきる姿が格好良いジャズ・ファンク。18歳の若手とは思えない、老練な演奏に恐ろしささえ感じさせる本作の目玉だ。

最後に、アルバムのトリを飾るのが”Some”。ベースとギターを操りながら、ファレルを彷彿させるセクシーなファルセットを織り交ぜたヴォーカルを披露する、耳障りの良いアップ・ナンバーだ。彼のアルバムでは珍しく、ドネル・ジョーンズやカール・トーマスの音楽を連想させる流麗なメロディと、ザ・ルーツのように堅実で安定した演奏を聴かせているが、楽器の響きで曲に表情を付けたり、楽曲の終盤に新しいメロディを盛り込んだりするなど、聴き手を引き付ける小技もしっかりと盛り込んでいる。

実際に影響を受けたのかどうかはわからないが、彼の音楽には、スライ・ストーンやジョージ・クリントン、プリンスやデーモン・アルバーンといった、一つのジャンルに囚われない、柔軟な発想で新しい音楽を生み出したミュージシャン達の影が見え隠れする。今回のEPでは、ソウル・ミュージックやPファンク、ヒップホップなど色々な音楽の要素を含んだ曲を披露しているが、いずれの曲も、色々なスタイルの手法が混在した、特定のジャンルで形容することが難しいものばかりで、「スティーヴの音楽」になっていると思う。

デモ音源とはいえ、その発想の柔軟さ、楽曲の完成度は非常に高い。そして、これが18歳の青年の手による録音だというから二重に驚いた。彼はこれから、どんなミュージシャンに成長し、どんな作品を生み出してくれるのか、今後がとても楽しみな逸材の登場だと思う。

Producer
Steve Lacy

Track List
1. Looks
2. Ryd
3. Dark Red
4. Thangs
5. Haterlovin
6. Some






 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ