melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

R&B

Teyana Taylor - K.T.S.E. [2018 GOOD, Def Jam]

音楽プロデューサーとして多くのヒット作を生み出すだけでなく、ミュージシャンとしても数多くの傑作を残し、レコード・レーベルのオーナーとしてジョン・レジェンドやビッグ・ショーンを成功させ、ファッション・デザイナ-としてルイ・ヴィトンとのコラボレーション・モデルを発表するなど、多芸っぷりを発揮し続けるカニエ・ウエスト。彼が率いるグッド・ミュージックから初めてアルバムをリリースした女性シンガーが、テヤーナ・テイラーだ。

ニューヨークのハーレム出身の彼女は、9歳のころからマイクを握り、多くのオーディションで好成績を収めるなど、アマチュア・ミュージシャンの世界では知られる存在だった。

そんな彼女は、ビヨンセの2006年のシングル”Ring the Alarm”の振付を担当したことで表舞台に出ると、翌年にはネプチューンズ率いるスター・トラックと契約。2008年には初のシングル”Google Me”を、2009年には初のミックステープ『From a Planet Called Harlem』を発表した。

また、2012年にはカニエ・ウエストの作品に客演したことをきっかけに、彼が率いるグッド・ミュージックへと移籍。2014年にはアルバム『VII 』を発売している。

このアルバムは、前作から4年ぶりとなる2枚目のスタジオ・アルバム。多くのプロデューサーやゲスト・ミュージシャンを招いた前作から一転、本作ではレーベルのボス、カニエ・ウエストが制作を統括。カニエとテイラーを中心に、ロドニー・ジャーキンスやマイク・ディーンなどの売れっ子を起用。ゲストとしてカニエとタイ・ダラ・サインだけが参加したシンプルな編成で、彼女の歌声にスポットを当てている。

1分弱という短い長さの”No Manners”から続く実質的な1曲目”Gonna Love Me”は、ノア・ディーンやマイク・ゴールドスタインが制作に関わったミディアム・ナンバー。インディア・アリーを彷彿させるアコースティック・ギターの伴奏と、デルフォニックスやマイケル・ジャクソンが70年代に残したソウル・クラシックのフレーズを組み合わせた伴奏が新鮮な楽曲だ。芯の強い声で、涼しげに歌うテイラーの存在が光っている。

これに対し、カニエ・ウエストが客演した”Hurry”は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの”Can't Strain My Brain”のギターとベースをさりげなく引用したバック・トラックが印象的な作品。60年代のソウル・ミュージックをサンプリングして、当時の音楽の雰囲気を再現したトラックの上で、切々と歌う彼女の姿が聴きどころ。ヒップホップ色の薄い伴奏に合わせ、往年のフォーク・シンガーのように淡々と言葉を紡ぐテイラーと、ソウル・ミュージックの伴奏の上でも平常運転のラップを聴かせるカニエの対比が面白い。

また、ダークチャイルドことロドニー・ジャーキンスを起用した”3Way”は、本作の収録曲では珍しい90年代のR&B作品を引用したバラード。シスコの”How Can I Love U 2nite”を使ったこの曲では、スタイリッシュな伴奏の上で、じっくりと歌い込む彼女の姿が堪能できる。ジョーの”Don't Wanna Be a Player”や、デスティニーズ・チャイルドの”Say My Name”といった、スロー・テンポの名曲を数多く手掛けてきたロドニーらしい、歌い手の表現力を引き出す美しいメロディが素敵だ。ゲストのタイ・ダラ・サインのシスコを意識した歌に、思わずニヤリとしてしまう。

そして、エレクトロ畑のクリエイター、エヴァン・マストを制作に招いた”Rose In Harlem”は、カニエがプロデュースしたトゥイスタの”Slow Jamz”を思い起こさせる変則ビートだが、こちらの曲は泥臭いバラード。地声を多用した鬼気迫るヴォーカルと、スタイリスティックスの楽曲を早回しした、おどろおどろしい声ネタの組み合わせが心に残る。

今回のアルバムでは、シンセサイザーを多用した前作から一転、カニエが得意とするサンプリングを駆使しつつ、歌とメロディをきちんと聴かせるR&B作品に仕上げている。流麗なメロディとダイナミックなヴォーカルは、トニ・ブラクストンやモニカなど、多くのシンガーが取り組み、音楽史に残る傑作を生み出してきた90年代のR&Bによく似ている。そこに、カニエ達の手によって2000年代以降の新しいサウンドを盛り込んだ点が本作の面白いところだ。この懐かしさと新しさを共存させた作風が本作の魅力だろう。

アリシア・キーズシリーナ・ジョンソンの作品を通して、R&Bシンガーとの親和性を示唆してきたカニエ・ウエストの才能と、振付師や俳優など、R&Bシンガーの枠に囚われない豊かな才能を持つテイラーの表現力が遺憾なく発揮された良作。90年代、2000年代前半の美しいメロディのR&Bの魅力を現代に蘇らせつつ、それを2018年の流行の音と一体化させた素晴らしいR&Bだ。

Producer
Kanye West,Mark Batson, Mike Dean, Darkchild, Evan Mast etc

Track List
1. No Manners
2. Gonna Love Me
3. Issues / Hold On
4. Hurry feat. Kanye West
5. 3Way
6. Rose In Harlem
7. Never Would Have Made It
8. WTP





K.T.S.E. [Explicit]
Getting Out Our Dreams Inc. (G.O.O.D.) Music / IDJ
2018-06-23

June's Diary - All of Us [2018 Music of Sound]

90年代から2000年代にかけて、4枚のスタジオ・アルバムと”Say My Name”や”Survivor”などのヒット曲を残し、スパイス・ガールズやTLC、シュープリームスに匹敵する偉大なガールズ・グループとして、多くの足跡を残してきたデスティニーズ・チャイルド。

そのメンバーは、ビヨンセを筆頭に、全員がソロでも大きな成功を収めているが、いち早くソロで結果を残したのが、ネリーとのデュエット曲”Dilemma”を全世界で700万枚以上売ったケリー・ローランドだ。

ジューンズ・ダイアリーは、彼女がプロデュースする5人組のガールズ・グループ。アメリカの黒人向け放送局、BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョンの略)のオーディション番組を勝ち上がった面々によって結成されたこのグループは、2016年に”All of Us”でレコード・デビュー。その後も、R.ケリーやエクスケイプのツアーに帯同し、シャンテ・ムーアのアルバムに客演するなど、地道に経験を積んできた。

このアルバムは、彼女達に取って初のEP。プロデュースはケリー・ローランドやプロ2ジェイ、ハーモニー・サミュエルズが担当。ゲストとしてトリナやジャシー・スモレットが参加した、豪華なものになっている。

1曲目は、プロ2ジェイが制作に参加した”Good Time”。フィンガー・スナップとホーンの音色を組み合わせたバック・トラックと息の合ったコーラス・ワークが光るミディアム・ナンバーだ。4人組時代に、美しいハーモニーで勝負した作品を何度も録音していたデスティニーズ・チャイルドのスタイルを踏襲しつつ、バラードではなくダンサブルな楽曲で勝負した面白い作品だ。

続く”Take Me”は、前の曲から一転、シンセサイザーの音色を効果的に使った軽妙なビートと、甘酸っぱいメロディ、キュートな歌声の組み合わせたアップ・ナンバー。2000年代前半には、3LWやドリームなど、多くのグループが取り入れて成功してきた、ヒップホップのサウンドとポップなメロディを組み合わせたスタイルを2018年に再現した良曲だ。アメリカよりも、日本や韓国といったアジア圏でウケそう。

また、彼女達のデビュー曲である”All of Us”はケリー・ローランドがプロデュースを担当、ゲスト・ミュージシャンとしてトリナが参加したミディアム・ナンバー。アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を彷彿させるシンセサイザーの伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせ、彼女達の爽やかな歌声を乗せたロマンティックなバラードだ。SWVやエクスケイプ、TLCやブラック・アイヴォリーなど、多くのガールズ・グループが取り組み、成功してきた、ヒップホップとバラードを融合させた作品だ。

そして、ジャシー・スモレットを招いた”Hurt People”は、彼が2018年にリリースした『Sum of My Music』に収められているシングル曲のリメイク。ジャシーがリード・ヴォーカルを担当し、5人が脇を固めた本格的なコーラス作品になっている。原曲以上のトラックをよりシンプルなものに作り替え、6人の歌声が織りなす精密なアレンジとダイナミックな表現を際立たせている。5人の可愛らしい歌声が、ニーヨの音楽を思い起こさせる、爽やかなメロディの良さを際立たせている。

彼女達のヴォーカルは、後見人のケリー・ローランドに近い、爽やかでスタイリッシュなものだ。しかし、ケリー同様、歌の安定感は抜群で、メロディの良さを丁寧に引き出している。この、新人らしい溌剌さと可愛らしさ、新人離れした完成度の高いパフォーマンスが彼女達の魅力だと思う。

今やアメリカでは稀少な存在になった「R&Bを歌うポップ・スター」の座を受け継ぐ貴重なガールズ・グループ、新しいサウンドが生まれても、人間の声が生み出す音楽の魅力は変わらないことが再確認できる、良質なアルバムだ。

Producer
Pro2Jay, Harmony Samuels, Kelly Rowland etc

Track List
1. Good Time
2. Take Me
3. Have You Ever
4. His Phone
5. All of Us feat. Trina
6. Hurt People with Jussie Smollett




All of Us
Music Of Sound LLC
2018-06-30

W-inds. - 100 [2018 FLIGHT MASTER, PONY CANYON]

安室奈美恵やSPEED、三浦大知が在籍していたFOLDERなど、多くのダンス・ヴォーカル・アクトを輩出してきたライジング・プロダクション。同社の所属タレントの中でも、特に異彩を放っているのが、千葉涼平、橘慶太、緒方龍一の3人組、ウィンズだ。

2001年に”Forever Memories”でメジャー・デビューを果たした彼らは、本格的なダンスとヴォーカル、R&Bやヒップホップを取り入れつつ、それに囚われないポップな楽曲で一躍ブレイク。『w-inds.〜1st message〜』や『ageha』などのアルバムがオリコン・チャートの1位を獲得する一方、2000年代半ば以降は、東アジアを中心に海外でも活躍。台湾では4枚のアルバムを現地のヒット・チャートの1位に送り込み、日本出身のアーティストの最多記録を打ち立てるなど、日本を代表するダンス・ヴォーカル・グループとして認められてきた。

このアルバムは、彼らにとって1年ぶり、13枚目のスタジオ作品。発売時点の3人の年齢の合計(千葉:34歳,橘:33歳,緒方:33歳)からタイトルを取ったこのアルバムは、彼らにとって初の完全セルフ・プロデュース作品。本職のクリエイターに師事し、本格的な制作スペースを整備してきた橘を中心に、音楽に強い思い入れを持つ3人の熱意が感じられる力作になっている。

本作の1曲目、”Bring back the summer”は、乾いた音色のギターとシンセサイザーを組み合わせたトラック、ファルセットを多用したヴォーカルが、ファレル・ウィリアムスの音楽を彷彿させるミディアム。ファレルに比べると声量のある橘慶太のヴォーカルと、シンプルで洗練されたビートが印象的。バック・トラックの微妙な響きの違いにも気を配る、彼の良さが発揮された佳作だ。

続く”Dirty Talk”は2018年3月にリリースされた本作からの先行シングル。テディ・ライリーやベイビーフェイスが採用し、90年代初頭に一世を風靡したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを取り入れたアップ・ナンバーだ。甘く爽やかな歌声を引き立てる甘酸っぱいメロディと、テディ・ライリーが90年代半ばに結成したヴォーカル・グループ、ブラックストリートの1作目を連想させる、ヒップホップのアレンジを盛り込んだニュー・ジャック・スウィングのトラックが面白い。音楽に対する造詣の深さと鋭い感性、高い表現力が生み出した魅力的な曲だ。

また、本作のリリースと同時にミュージック・ビデオが公開された”Temporary”は、華やかで高揚感のあるサウンドが魅力の電子音楽、EDMの要素を盛り込んだミディアム・バラード。甘い歌声とロマンティックなメロディ聴かせるメロディ部分から、派手なシンセサイザーの伴奏に続く手法は、アッシャーの”Love In This Club”や、ジャスティン・ビーバーを招いたジャックUの”Where Are U Now”に通じるものがある。欧米のエレクトリック・ミュージックと日本のポップスのバラードをうまく混ぜ合わせた、彼らのバランス感覚が光る作品。

そして、本作の収録曲では一番最初にリリースされた”Time Has Gone”は、限界まで音数を絞ったシンプルなアレンジと、繊細なファルセットが魅力のミディアム・ナンバー。90年代後半のイギリスのR&Bを思い起こさせる、洗練されたトラックと味わい深いメロディが魅力的な作品だが、低音の響きやヴォーカルの聴かせ方は今時のアメリカのR&Bっぽい。日本人の琴線に訴えるメロディと欧米のサウンドを融合した良曲だ。

彼らの音楽の凄いところは、日本のポップスの魅力と、アメリカやヨーロッパのヒップホップの心地よいところを、一つの音楽に同居させているところだ。それは、プロダクションの技術を基礎から身に着けた橘慶太の制作能力と、10年以上、歌とダンスに心血を注いできた3人の高いパフォーマンス・スキルがあるから可能だったと思う。

アメリカやヨーロッパの音楽とは一味違う、「日本のR&B」の個性を確立した貴重な作品。1枚のアルバムをじっくり聴き込んでも、各国の個性豊かなアーティストの作品と聴き比べても面白い、細部にまで気を配った曲作りが面白い良盤だ。

Producer
W-inds. Keita Tachibana etc

Track List
1. Bring back the summer
2. Dirty Talk
3. Temporary
4. I missed you
5. Celebration
6. We Gotta Go
7. Time Has Gone
8. Stay Gold
9. The love
10. All my love is here for you
11. Drive All Night
12. Sugar





100(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
w-inds.
ポニーキャニオン
2018-07-04

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ