ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

R&B

Sevyn Streeter - Girl Disrupted [2017 Atlantic Records]

2001年にガールズ・グループTG4の一員としてデビューしたものの解散。その後、リッチ・ハリソンが手掛けるリッチ・ガールズの一員として再デビュー。アトランティックにシングルを残したものの再び解散。そして今回、ソロに転向し、3度目のデビューを果たしたフロリダ州ハインズ・シティ出身のシンガー・ソングライター、セブン・ストリーターズこと、アンバー・デニス・ストリーターズ。彼女にとって、初のフル・アルバムとなるのが本作だ。

ソロ転向後は、ディディ(=ショーン・コムズ)の”I Know”や”Help Me”、クリス・ブラウンの”Party Hard”や、ザ・ゲームの”Quicks Groove”など、人気ミュージシャンの作品にヴォーカルやソングライティングで参加してきた彼女。本作では、そこで培った経験を活かし、トレンドを的確に捉えた、キャッチーで親しみやすいR&B作品を聴かせてくれる。

アルバムの曲目を見て、最初に目を惹いたのはザ・ドリームがゲストで参加した”Present Situation”だ。2016年に『The Life of Pablo』で音楽界を騒がせたカニエ・ウエストとマイク・ディーンがプロデュースを担当。ドリームがソングライティングで参加している。トラックは電子音を組み合わせた抽象的なもので、『The Life of Pablo』の手法を拡張、発展させた作品だ。リアーナの”Umbrella”など、音数を絞り、歌をじっくりと聴かせるメロディが得意な、ザ・ドリームの持ち味が発揮された曲もいい味を出している。

また、個人的には最もびっくりしたのが、ヤング・バーグがプロデュースしたフェイス・エヴァンスのカヴァー”Soon As I Get Home”だ。95年にリリースされたバラードを、コンピューターを駆使したアップ・テンポのダンス・ナンバーにリメイクしている。トラックにサンプリングを多用したバラードを、打ち込みを音楽によるダンス・ナンバーへと生まれ変わらせる二人の若く、柔軟な発想(といっても、本作発表時点で31歳だが)に驚かされる。一歩間違えれば、ティーンエイジャー向けのアイドル・ソングになってしまいそうなアレンジを、きちんとR&Bとして聴かせている点も見逃せない。

そして、オーガスト・アルシナをフィーチャー、ジャスティン・ビーバーやエド・シーランの作品にも携わっているベニー・ブランコがプロデュースで参加した”Been A Minute”は、ベイビーフェイスやR.ケリーを連想させるシンプルなバック・トラックと流麗なメロディが心地よいスロー・ナンバー。アッシャーを連想させる甘くしなやかな歌声を響かせるオーガスト・アルシナが存在感を発揮している。彼女のキュートな歌声を活かした、キュートでポップな名バラードだ。

それ以外の曲で、面白いのがタイ・ダラ・サインとキャム・ウォレスをフィーチャーした ”Fallen”だ。ニュー・エディションの"If It Isn't Love"をサンプリングしたこの曲は、太いシンセサイザーの音色を活かしたトラックが心地よいスロー・ナンバー。ロマンティックなメロディとキュートなヴォーカルの組み合わせは、ニヴェアやマイアを連想させる。可愛らしさの中にも、大人の色気を感じさせる佳曲だ。脇を固めるキャム・ウォレスとタイ・ダラ・サインのパフォーマンスもいい味を出している。

彼女のスタイルは、メアリーJ.ブライジやビヨンセのような本格的なディーヴァというより、大衆性を保ちながら、じっくりと歌を聴かせるモニカやブランディに近いものだと思う。シンセサイザーを多用したトラックや、歌うように言葉を紡ぐラッパーを起用する手法は、R&Bのトレンドを意識したものだし、その上で、可愛らしい軽妙な歌声を聴かせるやり方も、彼女の声質やキャラクターにマッチしている。この絶妙なバランスが彼女の強みだと思う。

近年少なくなった、大衆性と歌唱力を兼ね備えた女性シンガーによる佳作。リアーナやビヨンセとは異なるアプローチで、魅力的なR&Bを聴かせてくれる希少な作品だと思う。

Producer
Kanye West, Mike Dean, Hit-Boy, Benny Blanco etc

Track List
1. Livin
2. Present Situation feat. The-Dream
3. My Love For You
4. Anything U Want feat. Wiz Khalifa, Jeremih & Ty Dolla $ign
5. Ol Skool feat. Jeremih & DeJ Loaf
6. Soon As I Get Home
7. Before I Do
8. Been A Minute feat. August Alsina
9. Translation
10. Peace Sign feat. Dave East
11. Fallen feat. Ty Dolla $ign & Cam Wallace
12. How Many
13. Everything In Me






TLC - TLC [2017 852 Musiq, Sony Music Red, Warner, Cooking Vinyl]

1992年、ニュー・ジャック・スウィングを取り込んだダイナミックなサウンドと、個性的な歌声を持つT-ボスとチリのヴォーカル、そして、レフト・アイのエネルギッシュなラップが一つの音楽の中で炸裂したダンス・ナンバー”Ain't 2 Proud 2 Beg”で、華々しいデビューを飾り、続く”Baby-Baby-Baby”では一転、ロマンティックなバラードを披露してR&Bチャートを制覇した、T-ボス、レフト・アイ、チリによるアトランタ発の3人組ガールズ・グループ、TLC。

上の2曲を含むデビュー・アルバム『Ooooooohhh... On the TLC Tip』が、アメリカ国内だけで400万枚以上のセールスを上げ、SWVやアン・ヴォーグと並ぶアメリカを代表するガールズ・グループの一つになった彼女らは、94年に2枚目のアルバム『CrazySexyCool』を発表。同郷のプロダクション・チーム、オーガナイズド・ノイズが制作した”Waterfalls”や、当時所属していたラ・フェイスの共同経営者で、アメリカを代表するヒット・メイカーの一人だったベイビーフェイス作のバラード”Diggin' on You”などを収めた同作は、アメリカ国内だけで1100万枚以上を売り上げ、女性ヴォーカル・グループ初のダイアモンド・ディスクを獲得。「史上最も売れた女性グループのアルバム」として、ポピュラー・ミュージックの歴史にその名を刻んだ。

紆余曲折を経て、99年には3枚目のアルバム『FanMail』を発表。アメリカ国内だけで600万枚、日本でも100万枚を売り上げるなど、健在っぷりをアピールしたが、2002年にレフト・アイが事故死。以後、ステージには何度か立っているものの、グループとしての活動は停滞する。

本作は、レフト・アイの没後に発表された2002年の『3D』から、実に15年ぶりとなる5枚目のアルバム。有名なプロデューサーを起用して、レフト・アイが生前に録音した音源を使った前作に対し、本作はT-ボスとチリの2人が中心になって制作している。

アルバムに先駆けてリリースされた“Way Back”は、今回が初共演となるスヌープ・ドッグをフィーチャー。アッシャーの”Mind Of Man”やラトーヤの”I'm Ready”などを手掛けてきたD’マイルがプロデュース。ミディアム・テンポのトラックに乗せて、甘くゆったりと歌う姿は”Diggin' on You”や”Baby-Baby-Baby”を彷彿させる。ミディアム・バラードの途中でラップを挟むスタイルは”Waterfalls”を思い起こさせるが、この曲でラップを披露しているのは、どんな曲でもアグレッシブなラップを聴かせるレフト・アイではなく、柳のように飄々と言葉を繋ぐスヌープ。TLCとスヌープの相性の良さに驚かされると同時に、レフト・アイの存在の大きさを再確認させられる。

また、今回のアルバムで異彩を放っているのがブラック・アイド・ピーズの”Where Is The Love”などに携わってきた、ロン・フェアのプロデュース作品。アース・ウィンド&ファイアの”September”やボビー・ヘブの”Sunny”のフレーズを引用したアップ・ナンバー。往年の名曲を引用したトラックは過去の作品でもあったが、メロディに取り込んだ楽曲はこれが初めて。新録曲を手掛けながら、再発ビジネスにも関わっているロンの持ち味が発揮されたキャッチーな曲だ。

また、本作の収録曲では一番最初に公開された”Hater”は、シャキーラやピンクに楽曲を提供しているマイケル・バスビーが手掛けた作品。彼女達が得意とするミディアム・テンポの楽曲だが、これまでのアルバムには少なかった明るい雰囲気に仕上げている。レフト・アイのかわりにラップ・パートも担当する二人の姿が印象的。二人の対称的な声質を活かしたポップでキャッチーなものだ。

そして、クリス・ブラウンなどの楽曲を手掛けているコリー・マークスが制作を担当したシングル”Joy Ride”は、彼女らの持ち味を活かした粘り強いメロディが魅力のミディアム。ヒップホップのビートをベースに、ギターやホーンの伴奏を盛り込んだトラックは『CrazySexyCool』の収録曲を連想させる。

今回のアルバムでは、彼女達の代表曲に多いミディアム・テンポの作品を中心に揃えつつ、時代の変化に合わせて新しい音色やフレーズを盛り込み、2017年のTLCの音楽として楽しめるものに纏めている。また、2人のヴォーカルも往時の雰囲気を残しつつ、経験を重ねてしなやかさを増していると思う。しかし、90年代の雰囲気を残している分、レフト・アイが欠けた穴の大きさが目立っており、素晴らしいパフォーマンスでありながら、どこか物足りなさを感じさせる。シュープリームスに始まり、ディスティニーズ・チャイルドやフィフス・ハーモニーまで、メンバーが入れ替わったり脱退したりしたグループは少なくないが、一人が欠けただけで大きく雰囲気が変わってしまうのは、三人全員がグループにとって欠かせない存在だった彼女達だけだと思う。

ポピュラー・ミュージックの歴史に残る名グループの集大成にふさわしい、充実した作品。ヴォーカル・グループの歴史上数少ない、全員が際立った個性を持っていた3人の偉大さを再確認させてくれる佳作だと思う。

Producer
Dunlap Exclusive, D'Mile etc

Track List
1. No Introduction
2. Way Back feat. Snoop Dogg
3. It’s Sunny
4. Haters
5. Perfect Girls
6. Interlude
7. Start a Fire
8. American Gold
9. Scandalous
10. Aye Muthafucka
11. Joy Ride
12. Way Back feat. Snoop Dogg (Extended Version)




TLC
TLC
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-06-30

October London - Not Your Average Album [2017 October London, Cadillacc Music]

2016年に、スヌープ・ドッグのアルバムに起用されたことで注目を集め、同じ年に配信限定でリリースしたデビュー作『Color Blind: Love』が、往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風で高く評価された、インディアナ州出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドンことジャレッド・サミュエル・アースキン。

2017年に入っても、彼の勢いは止まらず。スヌープ・ドッグのアルバム『Never Left』にシンガーとして参加する一方で、自身の名義でも4月に2枚目のEP『Color Blind: Hate & Happiness』を発表。精力的に活動している。

本作は、前作から僅か2か月という短い間隔で発売された、彼にとって初のフル・アルバム。1曲を除いてすべての曲をセルフ・プロデュース。収録曲のほぼすべてを自身の手で書いたもので、これまでの作品同様、新旧のブラック・ミュージックの美味しいところを凝集した、魅力的なヴォーカル作品に仕上がっている。

アルバムのオープニングを飾る”Late Nights”は、重いビートを軸にした泥臭いトラックと、哀愁を帯びた歌声が印象的なミディアム・ナンバー。ヒップホップのビートと荒々しいヴォーカルの組み合わせは、アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングにも似ているが、彼の歌声の方がスマートで色っぽい。ソウル・ミュージックとR&B、両方に造詣の深い彼らしい作品だ。

これに対し、”Air to Traffic Control”は、ギターの演奏を強調したトラックをバックに、時に荒々しく、時にじっくりと歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。ギターの伴奏に乗せて、次々と言葉を放っていく彼の存在感は、”Like A Rolling Stone”を歌っていたころのボブ・ディランにも通じるものがある。彼の歌手としてのポテンシャルの高さを再確認させてくれる佳曲だ。

また、本作で唯一、外部のプロデューサーを起用した”Burnin'”は、トラップとフォーク・ソングのエッセンスを混ぜ合わせたミディアム・ナンバー。L.A.リードとペブルスの息子であるアーロン・リードが手掛けたトラックは、ソウル・ミュージックの武骨さとR&Bの洗練された雰囲気が同居した不思議なもの。ファルセットを多用して、アッシャーウィークエンドのような、色っぽさと聴きやすさを同居させたヴォーカル・アレンジも光っている。新しいサウンドを取り入れつつ、それをソウル・ミュージックと融合させる二人の技術が光る曲だ。

そして、本作の最後を締める”Im Winning”は、彼の作品では異色の本格的なヒップホップ・ナンバー。ミーゴスやリル・ヨッティのアルバムに入っていそうな、本格的なトラップ・ビートをバックに、ワイルドなラップを聴かせている。曲に応じてラップと歌を使い分けるアーティストといえば、ドレイクパーティネクストドアなどがいるが、彼のラップはドレイクに近い、歌とラップで違う声を使い分けたものだ。ラッパーとしての実力は成長途中だが、今後の進化を期待させるものだ。

今回のアルバムでは、スヌープ・ドッグこそ不参加だが、過去の2作品の路線を引き継ぎつつ、外部のクリエイターを招いて新しいスタイルに挑戦するなど、野心的な姿を見せている。しかし、知名度が高まり、色々なアーティストとコラボレーションをする機会を得ても、「往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風」という彼の持ち味がブレていない点は素晴らしい。この、確固とした軸と、柔軟に新しいものを取り入れる感性の鋭さが、彼の音楽を魅力的にしていると思う。

新しいサウンドを貪欲に取り入れながら、往年のソウル・シンガーのように、じっくりと歌を聴かせてくれる希少な作品。ヴィンテージ・サウンドと流行の音が相反するものではなく、一つの作品に同居できることを証明してくれた希少な作品。CDやアナログ盤で発売してくれないかなー。

Producer
October Londonm, Aaron Lead

Track List
1. Late Nights
2. Drunk Irish Love
3. Air to Traffic Control
4. Oh Jackie
5. Im a Dog
6. Burnin'
7. Dancing With the Devil
8. Like a Bullet
9. We Can Change
10. Im Winning





Not Your Average Album [Explicit]
October London/Cadillacc Music
2017-06-07

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ