melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

R&B

BTS - Map of The Soul : 7 [2020 BigHit, Columbia, Virgin]

2016年の『Wings』が、韓国人アーティストの作品では当時の最高記録となるアルバム・チャート26位に入ったBTS。すると、2017年の『Love Yourself : Her』がアジア人歌手初のアルバム・チャート1桁順位となる7位に入るスマッシュ・ヒット。また、同作に収録されている”Mic Drop”スティーヴ・アオキが再構築したリミックス版は、坂本九、PSY以来となるアジア人による全米でのミリオン・セラーを達成。一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。

その後も、2018年から2019年にかけて発表された3枚のアルバム『Love Yourself : Tear』『Love Yourself : Answer』『Map of The Soul : Persona』が立て続けに全米アルバム・チャートを制覇。シュープリームスやワン・ダイレクション、バックストリート・ボーイズといった、ポップス史を代表する名グループに並ぶ大記録を残し、同作を掲げたライブ・ツアーは欧州、南北アメリカ、アジア、中東の代表的なスタジアムを片っ端から満員にするという偉業を成し遂げた。また、2019年の『Map of The Soul : Persona』は韓国国内のアルバム・セールス記録を更新するとともに、アジア人歌手の作品としては史上初となる、全世界で1年間に最も売れたアルバムという大記録も打ち立てるなど、21世紀を代表するヴォーカル・グループ呼ぶにふさわしい輝かしい足跡を残してきた。

本作は『Map of The Soul : Persona』から約9ヶ月の間隔を経てリリースされた、彼らの通算4枚目のスタジオ・アルバム。前作の続編という位置づけだが、同作に収録された7曲のうち4曲を(うち1曲は前作のイントロ)を前半に配置し、後半に新曲を加えた構成になっており、むしろ前作を本作の予告編のように聴かせる構成になっている。

アルバムの実質的な1曲目となる”Boy with Luv”はフィーチャリング・アーティストにホールジーを招いたアップ・ナンバー。ブリトニー・スピアーズやチェイン・スモーカーズを手掛けてきたメラニー・フォンタナが制作に参加した楽曲は、彼らの若く溌溂とした声を活かした、さわやかでしなやかなメロディが心地よい。洗練されたトラックとみずみずしい歌声の組み合わせは、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やラフ・エンズの”No More”にも少し似ている。ケミストリーやEXILEのプロデューサーとしても知られている松尾潔さんが得意とする「美メロ」の路線を踏襲した曲なので、彼らのファンはチェックすべきだろう。

また、エド・シーランが制作に参加した”Make It Right”は、両者の持ち味が遺憾なく発揮されたアップ・テンポ寄りのミディアム・ナンバー。短いフレーズに多くの言葉を詰め込みつつ、メロディをきちんと聴かせる、エドの作風と、シンプルで味わい深いサビを丁寧に聴かせるBTSのスタイルが融合した佳曲だ。2019年にエド・シーランはコラボレーション・アルバム『No.6 Collaborations Project』を発表しているが、こちらに収められていても違和感のない内容だ。個人的にはエドとのデュエット・ヴァージョンも聴いてみたいと思うのは自分だけだろうか。

これに対し、本作が初出となる”Black Swan”はクリス・ブラウンミュージック・ソウルチャイルドの作品も手掛けている。オーガスト・リゴがソングライティングに参加したバラード。表現を止めることを「1度目の死(2度目の死は生命の終わり)」と評したアメリカの舞踏家、マーサ・グレアムの言葉にインスパイアされた作品は、クラシック音楽で用いられるような繊細なギターの音色を効果的に使ったアレンジと、空気を切り裂くように激しい歌唱とラップの組み合わせが印象な作品。「そっとしてくれ」「もう逃してくれ」という言葉は、音楽業界の頂点に上り詰めてしまったことからくる重圧なのか、それとも、兵役(最年長のJinは2022年までに兵役に就かなければいけない)によって表現の機会が奪われてしまうことへの恐怖なのか、色々な解釈ができる曲だ。

そして、本作の発売と同時にシングル・カットされた”ON”は、ロック・マフィアの名義でジャスティン・ビーバーやマイリー・サイラスなどの曲を手掛けてきたアントニーナ・アルマートを制作者に招いたミディアム・バラード。マーチング・バンドのビートを取り入れたアレンジと、ゆったりとしたメロディの組み合わせが面白い曲。世界屈指のポップスターに上り詰めた彼らが、頂点に立ったからこそ感じる不安と、それに立ち向かおうとする意思を力強いドラムの上で歌ったものだ。ライブではどんな演出で披露されるのか、今から楽しみになる。

本作の大きな変化は、これまでの作品で見られた奇抜でインパクトの強い曲が減り、シンプルで味わい深い曲が増えていること。その一方で、歌詞の中身は過去の作品で見られた青年の葛藤のような要素が影を潜め、世界を股にかけるトップ・アーティストになったことに伴う苦悩を歌ったものが増えたことだ。もちろん、彼らのような経歴のアーティストは珍しいものではなく、有名なところでは「リアル・スリム・シェイディ」から2000年代を代表するミュージシャンに上り詰めたエミネムがいる。しかし、彼と大きく異なるのは、ブレイク後のエミネムのリリックが、従来通り皮肉の効いたものでありながら、核となるメッセージに迷いが見られたのに対し、BTSの歌詞には葛藤や苦悶はあっても迷いが見られないことだ。それは「防弾少年団」というグループ名が示す通り、彼らの作品が若い世代を守るための音楽という軸を持っているからだろう。その点は「俺はインシンクじゃないんだよ、俺に期待するな」(“The Way I Am”の歌詞より)と歌いながら、自身の軸となる価値観を表明できなかったエミネムのようなアーティストとの大きな違いだろう。

このアルバムで、アメリカの音楽史上、初めて4枚のアルバムをヒット・チャートの1位に送り込んだヴォーカル・グループという快挙を成し遂げた彼等。しかし、彼らがどれだけ年を重ねようとも、多くの記録を残そうとも、彼らの音楽は若い人々を世間の逆風から守る防弾チョッキであることは変わらないことを改めて表明してくれた名盤。ポップスの王道を走るサウンドと、彼らにしか書けない独創的な歌詞が組み合わさった唯一無二の傑作だ。

Producer
Pdogg, Hiss Noise, F. Gibson, Arcades, Bad Milk, McCoan, Suga, El Capitxn, Ghstloop, Tom Wiklund, Sleep Deez, Bram Inscore, Supreme Boi, Jimin

Track List
1. Intro : Persona
2. Boy With Luv Feat.Halsey
3. Make It Right
4. Jamais Vu
5. Dionysus
6. Interlude : Shadow
7. Black Swan
8. Filter
9. My Time
10. Louder than bombs
11. ON
12. UGH!
13. Zero O'Clock
14. Inner Child
15. Friends
16. Moon
17. Respect
18. We are Bulletproof : the Eternal
19. Outro : Ego





MAP OF THE SOUL : 7(輸入盤)
BTS(防弾少年団)
Dreamus
2020-02-26


K. Michelle ‎– All Monsters Are Human [2020 eOne]

2009年に、R.ケリーがプロデュース、ミッシー・エリオットのラップをフィーチャーしたシングル”Fakin’ It”で華々しいデビューを飾ったK.ミシェルことキンバリー・ミシェル。

エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンを育てた音楽の都、テネシー州メンフィスで生まれ育った彼女は、早いころからブリトニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイクを鍛えてきた指導者のもとで、歌や楽器の腕を磨いてきた。

デビュー後も、R.ケリーやアッシャーグッチ・メインといったトップ・アーティストの作品に参加してきた彼女は、2013年に初のスタジオ・アルバム『Rebellious Soul』をアトランティックから発表。すると、当時としては珍しい、本格的な女性ヴォーカル作品ということもあり、熱心な音楽ファンの耳目を集めた。

その後も、2020年までの7年間に、3枚のスタジオアルバムと6枚のミックステープ、無数のシングルをリリース。その一方でヘッドライナーやオープニング・アクトとして6本のツアーをこなし、近年はリアリティーショウにも出演するなど、八面六臂の活躍を見せてきた。

2017年の『Kimberly: The People I Used to Know』以来となる本作は、長年ビジネスをともにしてきたアトランティックを離れ、SWV112の作品を配給しているeOneからのリリース。といっても、プロデューサーやソングライターの顔ぶれは過去の作品に関わってきた面々。自身がソングライティングなどに携わっている体制も変わっていない。そういうこともあり、過去の作品の路線を踏襲しつつ、大手のレーベルでは難しい、自身の個性を強く打ち出した作品になっている。

アルバムからの先行シングルである”Supahood”は、デトロイト出身の女性ラッパー、キャッシュ・ドールとマイアミ出身の女性ラップ・デュオ、シティ・ガールズをフィーチャーしたヒップホップ作品。シンセサイザーの音色を使い、少ない音数で独特の存在感を放つトラップのビートをバックに、ラップのような抑揚の歌唱を披露している。歌とラップを使い分ける歌手でも、ラップの時は声が細くなることが多いが、歌の時と変わらない太く力強い声を聴かせる技術は圧巻としか言いようがない。

もう一つの先行シングルである”The Rain”はボビー・VからT.I.まで、多くのアーティストと仕事をしてきたベテラン・プロデューサー、ジャジー・ファーの作品。”Supahood”と同じように、トラップのビートを使った曲だが、こちらはじっくりと歌を聴かせるタイプのバラード。電子音主体の音数が少ないビートの上でじっくりと歌う姿は、性別こそ違うがジャジー・ファーと同じアトランタ出身のプロデューサー、ジャーメイン・デュプリが手掛けたジャギド・エッジの音楽にも似ている。

それ以外の曲では”That Game”と”Love On Me”の2曲が魅力的だ。前者がグッチ・メインやヤング・バックなどを手掛けている辣腕クリエイター、ドラマ・ボーイのプロデュース曲。太いシンセサイザーの音色を使った跳ねるようなビートの上で、少し甘いヴォーカルを聴かせる彼女の姿が聴きどころ。若者向けの音色を使ったアレンジの上で、力強い歌声を丁寧に操る彼女の姿が心に残る。

一方、後者は近年、ジェレミーやブライソン・テイラーなどの作品も手掛けているヒップホップ畑のプロデューサー、リー・メジャーの作品。ハウスミュージックやディスコ音楽のような、四つ打ちのトラックが心地よいアップテンポの曲だ。ドラムやベースの音を太くしたり、テンポを少しゆったりしたものにすることで、彼女のパワフルな歌声と豊かな表現力を活かしている。表現者と制作者の絶妙なチームプレイが堪能できる良曲だ。

本作の良さは、パワフルな声を自在に操る彼女の持ち味と、現代のR&Bのサウンドを融合したところだろう。現代では少なくなった声量と表現力が魅力のヴォーカリストを、音数の少ないトラックと一体化しつつ、80年代に流行したブラック・コンテンポラリーや90年代にヒットしたチキチキビートとは異なる音楽に聴かせる。この演出がアルバムを新鮮なものにしている。

現代では数少なくなった「歌を聴かせる」本格的なヴォーカル作品でありながら、最新のサウンドを積極的に取り入れてた稀有なアルバム。常に進化を続けるR&Bの良さを再認識できる佳作だ。


Producer
Ayo The Producer, Shappell Edwards, Drumma Boy, Jazze Pha, Lil Ronnie etc

Track List
1. Just Like Jay
2. That Game
3. The Rain
4. All The Lovers
5. Something New
6. Ciara's Prayer
7. OMG
8. Supahood
9. Love On Me
10. Don't Like You
11. Table For One
12. Can't Let (You Get Away)
13. The Worst




All Monsters Are Human
K. Michelle
Ent. One Music
2020-01-31

W-inds. - DoU -EP [2020 Flight Master, Pony Canyon]

安室奈美恵、SPEED、DA PUMP、三浦大知、きら星のように輝くスターを輩出し、日本のR&B界を牽引してきたライジング・プロダクション。同事務所の中でも一際強い個性を放っているのが、橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる三人組、W-inds.だ。

ライジングのヴォーカル・グループには珍しい、全員が沖縄以外の出身者(橘が福岡、緒方 と千葉が北海道出身)という彼ら。2001年に”Forever Memories”でメジャー・デビューを果たすと、瞬く間に紅白歌合戦やレコード大賞の常連となる人気グループに上り詰めた。

また、2003年には台湾のチャートで日本人男性歌手として初の1位を獲得。2009年には当時から、アジア全域で絶大なる人気を博していたBIGBANGG-Dragonとのコラボレーション・シングル”Rain Is Fallin”’をリリース。アジアを代表する男性アーティストの夢の共演ということもあり、日本、韓国に留まらない話題曲となった。

そして、近年は橘がソング・ライティングやトラックメイクにも才能を発揮、本職にも負けないビート・メイクの技術で、世界でも珍しい、「セルフ・プロデュースができるダンス・ヴォーカル・グループ」として確固たる地位を築いている。

本作は昨年リリースされた”Get Down”以来、約半年ぶりとなる新作。作詞、作曲、編曲すべてが橘慶太の手による力作となっている。

タイトル曲の”DoU”は、90年代に流行したしなやかなメロディのR&Bと、トロピカル・ハウスを融合したダンス・ナンバー。色っぽいメロディやトラックに合わせて、地声からファルセットまでスムーズにつなぐヴォーカルの技術が聴きどころ。歌って踊るヴォーカルには難しいヴォーカル・アレンジを、敢えて取り入れる大胆さに驚かされる。

続く、”Candy”は彼らの真骨頂ともいえるミディアム・テンポのR&B、シンセサイザーのリフと軽快なビートが印象的なトラックはデビュー当時の彼らを彷彿させる。しかし、ヴォーカルのアレンジやそれぞれの楽器の音色は現代の彼らの音楽に合わせてアップデートされていて、過去の作品の焼き直しとは一線を画している。

そして、通常盤のみにおさめられている”We Dont’ You Talk Anymore...”は、彼らとも親交が深い、Sky-HiことAAAの日高光啓を起用したヒップホップ・チューン、Diploのサウンドを柔らかくしたような、ポップなEDMのビートの上で、ファルセットを多用した歌を聴かせる橘と、ゆったりとしたラップを披露する日高のコンビネーションが光る曲。EDMとヒップホップを組み合わせたポップスといえば、BIGBANGやBLACKPINKといった韓国の人気アーティストが得意にするスタイルだ。しかし、この曲では同じスタイルを取り入れながら、より軽妙なアレンジにすることできちんと差別化している。

本作から感じるのは、彼らの音楽に対する誠実さと探求する心の強さだ。歌やダンスのスキルに磨きをかけつつ、楽曲制作にも挑戦するメンバーのエネルギーは生半可なものではない。しかも、その制作技術も、本職のプロデューサーに師事し、細かな音の違いにも気を配るなど、人気アーティストの余技とは言えないものになっている。その一方で、本職のラッパーとの実力差が明確なラップ・パートについては、外部のラッパーを招聘することで対応するなど。きちんと他のミュージシャンとも協働している。この、「良いものを作るために、自分達で取り組むことと、外部のミュージシャンの協力を仰ぐ場面を使い分ける誠実さ」が、彼らの活躍の舞台を世界に広げ、息の長い活動を可能にしているのだと思う。

歌とダンスを高いレベルでこなし、周囲の人々と協力しながら自分たちの音楽を作る彼らの姿は、アイドルとアーティストの新しい形を示している。世界を席巻する韓国のボーイズ・バンドとは異なるスタイルで音楽の可能性を模索する、稀有なグループだ。

Producer
Keita Tachibana

Track List
1.DoU
2.Candy
3.We Don't Need To Talk Anymore... feat. Sky-Hi



DoU [初回盤][CD+DVD]
w-inds.
ポニーキャニオン
2020-01-22


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ