ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Two Jazz Project & T-Groove - COSMOS 78 [2017 LAD Publishing & Records]

探偵小説などを書いている、マルセイユ出身の小説家でデザイナーのエリック・ハッサンと、ベースやギターの演奏家であるクリスチャン・カフィエロによる音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクト。そして、八戸出身、東京在住の音楽プロデューサー、ユウキ・タカハシによる音楽プロジェクト、T-グルーヴ。両者によるコラボレーション作品。

結成から10年を超え、『Hot Stuff』や『Experiences』といった、ジャズや電子音楽、ソウル・ミュージックなどを融合した、独創的なスタイルの傑作を残してきたトゥー・ジャズ・プロジェクトと、日本在住の若いクリエイターでありながら、UKソウル・チャートの2位を獲得したトム・グライドの“Party People”や、サン・ソウル・オーケストラの”Can't Deny It”のアレンジやリミックスに携わり、自身の名義でもソーシー・レディをフィーチャーした”Spring Fever”などのヒット曲を残しているT-グルーヴ。

これまでにも、いくつかの作品を一緒に録音してきた彼らのEPは、「ファンタスティック・レトロ・フューチャリスト・ファンク・オデッセイ」をテーマにしたコンセプト・アルバム。制作にはトゥー・ジャズ・プロジェクトの楽曲でも素敵なパフォーマンスを披露してきた、女性シンガーのマリー・メニーとサックス奏者のディダーラ・ラ・レジー、T-グルーヴの作品で躍動感溢れるベースを聴かせてくれたタカオ・ナカシマも参加。隙の無い強力な布陣でクールなダンス・ミュージックを作り上げている。

本作に先駆けて発表された”Night Flight”は、オクラホマ州出身のシンガー、エノイス・スクロギンスをフィーチャーした曲。フランスのディスコ音楽レーベル、ブーギー・タイムスからデビューするなど、ヨーロッパでの知名度が高い彼は、これまでにも2016年のシングル『Soho Sunset 』、2017年のシングル『Funky Show Time』などで共演している旧知の間柄。自身の作品ではグラマラスでファンキーな歌唱が魅力のエノイスだが、この曲ではバリー・ホワイトを彷彿させる優雅な歌声を聴かせてくれる。マリーの透き通った歌声と絶妙なタイミングで入り込むディダーラのサックスも格好良い。

これに続く”Space Machine”は、マリーがメイン・ヴォーカルを担当。ハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートや、シンセサイザーを多用した伴奏は、ドナ・サマーの”I Feel Love”のような、黎明期のテクノ・ミュージックを彷彿させる楽曲。ディム・ファンクやダフト・パンクなど、70年代や80年代のディスコ音楽を咀嚼した作品を発表しているミュージシャンは少なくないが、ハイ・エナジーの要素を取り入れた曲は珍しい。

また”Passion”は、ピアノっぽい音色のキーボードを活かしたトラックが、ロリータ・ハロウェイのようなハウス・ミュージック寄りのディスコ音楽を連想させる佳曲。涼しげな声でメロディを歌いながら、曲間では急に色っぽい声を出すマリーの意外な一面が面白い。

そして、本作唯一のインストゥルメンタル作品”Cosmos 78”はニュー・オーダーの”Blue Monday”を思い起こさせるロー・ファイな電子音が格好良いテクノ色の強い曲。電子音とファンク寄りの太いベースを一つの音楽に組み合わせる技術が光っている。

アルバムの最後を飾るのは、マリーがヴォーカルを担当した”You Are My Universe”。温かい音色のキーボードやサックスを効果的に使ったサウンドは、ディミトリ・フロム・パリのような、きらびやかでおしゃれな雰囲気のハウス・ミュージックの影響も垣間見える。マリーの豊かな声量と表現力も見逃せない。

彼らの音楽の醍醐味は、機械を使った精密なビートと、ギターやキーボード、パーカッションといった人間が演奏する楽器を組み合わせながら、それを一つの音楽に落とし込むセンスだと思う。それが可能なのは、各人の技術の高さと感性の鋭さによる部分が大きいが、その中でも、ギターやベースを担当する、クリスチャン・カフィエロやタカオ・ナカシマによるダイナミックかつ緻密な演奏が、機械を使ったビートと人の手による生演奏を一体化するのに大きく貢献していると思う。また、各人の演奏を一つの作品に纏め上げる、録音、編集技術の妙も大きいだろう。

ダフトパンクやマークロンソンなど、70年代、80年代のディスコ音楽を意識した作品を発表するアーティストがひしめき合うなか、楽器の演奏と機械のビートを組み合わせた、モダンでファンキーな作風で、彼らとは一味違う「21世紀のディスコ音楽」を提示してくれた傑作。ディスコ音楽やクラブ・ミュージックが好きな人なら、思わずニヤリとしてしまう演出が盛り沢山の面白いアルバムだ。一つでも気になる曲があったら、ほかの作品も手に取ってほしい。そのクオリティの高さに驚くと思う。

Producer
Yuki T-Groove Takahashi & Two Jazz Project

Track List
1. Night Flight feat. Enois Scroggins & Marie Meney & Didier La Regie
2. Space Machine feat. Marie Meney & Didier La Regie
3. Passion feat. Marie Meney & Didier La Regie
4. Cosmos 78
5. You Are My Universe feat. Marie Meney & Didier La Regie




COSMOS 78
LAD Publishing & Records
2017-05-12

Deni Hines - Soul Sessions [2016 Bitchin' Productions]

70年代から80年代にかけて多くのヒット曲を残したシンガー、マルシア・ハインズを母に持ち、自身も早くからバック・コーラスやR&Bグループ、ロックメロンズなどの活動で頭角を現してきた、シドニー出身のシンガー・ソングライター、デニ・ハインズことデニ・シャロン・ハインズ。

90年代に入ると、オーストラリアのインディペンデント・レーベル、マッシュルーム・レコードと契約。同レーベルから96年に発表したソロ・デビュー曲”Imagination”と、同曲を収めたフル・アルバムが各国でヒットした。特に、アルバムはイアン・グリーンやマーティン・ウェアといった英国の有名プロデューサーを起用し、ロンドンで録音されたこともあり、UKソウルの傑作と評されることもあった。

その後は、2015年までに2枚の編集盤を含む5枚のアルバムを発売。2006年には母マルシアとのデュエット曲”Stomp”を発表して話題を読んだ。また、2008年以降はツアーと並行してテレビ番組などの仕事も担当。母同様、様々な分野で活躍していた。

そして、彼女にとって10年ぶりの新作となるこのアルバム。2006年にリリースしたジェイムス・モリソンとのコラボレーション作『The Other Woman』以来となる新作は、新旧のソウル・クラシックと、彼女が過去に発表した曲。そして新曲を含んだもの。オーストラリア国内のスタジオで、同国のミュージシャン達と録音した本作は、人間にしか出せない繊細な表現と、彼女のダイナミックな歌唱が光る本格的なソウル作品になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、テキサス州フォート・ワース出身のサックス奏者、キング・カーティスの67年のヒット曲”Memphis Soul Stew”と、ルーファス&チャカ・カーンが74年に発表した大ヒット曲”You Got The Love”のメドレー。ワイルドで泥臭いサウンドが魅力の前者で、往年のソウル・ミュージックを懐かしむ人達の心を惹きつけながら、洗練されたサウンドとパワフルなヴォーカルで彼女達の世界へと一気に引き込む構成に圧倒される。彼女の歌は、10年の時を経て、さらに進化したようだ。

そして、これに続く”What About Love”は、アルバムに先駆けて発表された彼女の新曲。力強いドラムの演奏から始まる曲は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの”Everyday People”を彷彿させる、軽快な演奏が心地よいアップ・ナンバー。ポップなメロディを力強い歌唱で本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わらせるデニのヴォーカルも魅力的。

また、2017年にシングル化されたもう一つの新曲”I Got Your Back”は、彼女がロックメロンズ時代にカヴァーしたビル・ウィザーズや、彼と同じ時代に活躍したジャクソン5などを思い起こさせる、ポップで柔らかい音色の伴奏と、ふくよかで滑らかな歌声が心地よいミディアム・ナンバー。しなやかなメロディのR&Bや、パワフルな歌声を響かせるバラードが多かった彼女なので、この曲で見せるチャーミングな歌声はちょっと意外に感じる。

だが、本作の主役はなんと言ってもカヴァー曲。アレサ・フランクリンの”Rock Steady”や、その妹アーマ・フランクリンの”Piece of My Heart”といった、女性歌手が歌うソウル・クラシックから、ホイットニー・ヒューストンの”Exhale”や、ジル・スコットの”A Long Walk”のような、比較的最近のシンガーの曲、そして、マイケル・ジャクソンの”P.Y.T. (Pretty Young Thing)”やスティーヴィー・ワンダーの”Jesus Children of America”といった男性シンガーの曲まで、幅広く取り上げている。いずれの曲も、器用な歌唱と力強い歌声、彼女を支えるバンド・メンバーのテクニックが光っているが、この中でも特に強烈な印象を残したのが、マイケル・ジャクソン”P.Y.T. (Pretty Young Thing)”のカヴァー。2002年にモニカが”All Eyes On Me”でサンプリングで再び脚光を浴びた、ポップで軽快なダンス・ナンバーだが、彼女は原曲の雰囲気を損ねることなく。グラマラスな歌声でパワフルに歌い上げている。

今回のアルバムでは、ソウル・クラシックス、90年代以降のR&B、ポップス寄りの曲、そして自身の曲をバランスよく選んで、曲調にバラエティを持たせつつ、名うての演奏者達による伴奏で、楽曲に安定感と豊かな表情を与えている。そして、最大の強みは彼女のヴォーカル。デビュー当時から芯の強く、しなやかな歌声が魅力的だったが、ジャズに取り組むなど、キャリアを重ねる中で、その表現の幅は大きく広がり、ディープなソウル・ナンバーや軽快なディスコ音楽まで、あらゆる音楽を自分の色に染め上げられる技を獲得している。

年齢を重ねるごとに、新しい一面を見せ続ける、ベテラン・ディーヴァの本領が発揮された佳作。原曲を知る人にも知らない人にも楽しめる、新しいタイプのカヴァー・アルバムだ。

Producer
Insider Trading & Eddie Said

Track List
1. Memphis Soul Stew / You Got The Love
2. Rock Steady
3. What About Love [Album Version]
4. P.Y.T. (Pretty Young Thing)
5. I Got Your Back
6. Been So Long
7. Exhale
8. A Long Walk
9. Runnin'
10. Piece of My Heart
11. Jesus Children of America
12. If





ザ・ソウル・セッションズ
デニ・ハインズ
Pヴァイン・レコード
2016-11-16


Don Bryant - Don't Give Up on Love [2017 Fat Possum Record, Unive]

60年代から主に裏方として活躍し、クワイエット・エレガンスやウィリー・クレイトンなど、名だたるシンガー達に楽曲を提供してきた、テネシー州メンフィス出身のシンガー・ソングライター、ドン・ブライアント。中でも、後に夫婦となるアン・ピーブルスに提供した”I Can't Stand The Rain “は、リズム・マシンを使ったモダンでしっとりとしたトラックと、妖艶なヴォーカルを活かしたメロディで、90年代に入ってからも、ミッシー・エリオットやウータン・クランなどにサンプリングされる名曲となった。

一方、彼自身のキャリアに目を向けると、60年代から複数のレーベルでシングル盤を発表。そして、69年には初のソロ・アルバム『Precious Soul』を、アル・グリーンやアン・ピーブルスなどの作品を世に送り出してきた、メンフィスに拠点を置く黒人音楽の名門、ハイ・レコードからリリース。マーヴィン・ゲイの”(You're A) Wonderful One”や、サム&デイヴの”Soul Man”、ジェイムズ・ブラウンの”Try Me”といった、ソウル・ファンにはお馴染みの名曲を熱く歌い上げ、多くの人に鮮烈な印象を残していった。

その後は、来日公演を経験するなど、人気アーティストの一人として精力的に活動するものの、79年にハイ・レコードが終焉を迎えると、それも停滞。90年代以降は、ゴスペル・アルバムなどをコンスタントに発売しているが、その規模は絶頂期に比べると小さなものであった。

そんな彼は、2016年になると37年ぶりの来日公演を敢行。往年の力強いヴォーカルが健在であることを日本のファンにアピールした。また、ライブの熱気も冷めやらぬまま、スタジオでの制作活動も再開。あの『Precious Soul』から、実に48年ぶりとなる、本格的なソウル・アルバムを録音した。

プロデュースは、ウィリアム・ベルの2016年作『This Is Where I Live』などに携わっているボー・キーズのスコット・ボマーと、R.L.バーンサイドやウォーター・ライアーズなどの作品で、エンジニア等を務めているブルース・ワトソンが担当。配給はR.L.バーンサイドやブラック・キーズなどのアルバムを配給している、ミシシッピ州オックスフォードのファット・ポッサム・レコード。演奏者には、ウィリー・ミッチェルの『On Top』でドラムを叩いたハワード・グライムスや、アルグリーンの『Let's Stay Together』で鍵盤楽器を担当していたチャールズ・ホッジ、モータル・ミラーズのジョン・ポール・キースなど、60年代、70年代のハイ・レコーズを支えてきた名手と、彼らの音楽を聴いて育った若いミュージシャンが一堂に会した、彼の新作にふさわしい豪華な顔ぶれになっている。

アルバムの1曲目は、O.V.ライトの代表曲としても知られる”A NICKEL AND A NAIL”。原曲よりもテンポを落とし、低音を強調したドラムやベースを軸にした演奏の上で、粘っこく歌うドンの姿は、O.V.以上に熱く泥臭いものだ。O.V.が歌うオリジナルが発表された頃は、彼の持つ強烈な声の力に気圧された人が多いと聞くが、本作のパフォーマンスはそれ以上の迫力を持っていると思う。

一方、3曲目の”IT WAS JEALOUSY”は、74年に発売されたオーティス・クレイのシングル『You Did Something To Me』のカップリング曲のセルフ・カヴァー。原曲と比べると、ギターやストリングスなどの中音域を分厚くし、より優雅でロマンティックなものに仕立て直している。ドンの歌声も、他の曲に比べると少し甘く、優しいものだ。歌手としては全く異なるタイプだが、甘く色っぽい歌声は、ハイ・レコーズを代表する名シンガー、アル・グリーンを連想させる。

また、スコット・ボマーとドンの共作であるタイトル・トラック”DON’T GIVE UP ON LOVE”は、しっとりとした伴奏と、哀愁を帯びた歌声が魅力のバラード。ホーンやストリングスをふんだんに使ったロマンティックなバンドを背に、聴き手を包み込むような優しい歌声を響かせるスロー・ナンバー。絶妙な力加減で、主役の歌声を引き立てるバンド・メンバーの演奏技術が心憎い。

そして、本作のハイライトと呼んでも過言ではないのが、アルバムに先駆けて発表されたミディアム・ナンバー”HOW DO I GET THERE”だ。オルガンをバックに熱い歌声を張り上げるオープニングから一転、『Precious Soul』の時代を思い起こさせる重厚なベースと力強いドラムをバックに、感情を剥き出しにした激しい歌を繰り出している。ダイナミックで荒々しいヴォーカルにもかかわらず、メロディが崩れないのは、経験を重ねたベテランのなせる業だろう。

今回のアルバムは、ハイ・レコードで活躍したベテラン・ミュージシャンや、彼らから影響を受けた若手アーティスト達を集め、生演奏の持つ響きと、彼の歌声を強調した、過去の作品以上に『Precious Soul』を意識した録音だと思う。だが、”A NICKEL AND A NAIL”や”IT WAS JEALOUSY”のカヴァーが象徴するように、彼自身が往年の名シンガーより遥かに年を重ね、音楽の作られ方や聴かれ方も原曲とは異なる時代に作られた本作は、アデルやメイヤー・ホーソンなどの成功で再び脚光を浴びている、60年代、70年代のソウル・ミュージックを意識しつつ、彼らと同じように、ソウル・ミュージックに慣れ親しんできたロック・ミュージシャンの手法を取り入れた、ライブ感溢れるシンプルなアレンジになっている。

往年のソウル・シンガーが持つ、豊かな声を活かしつつ、年月の重ねて身につけた老練な技と、色々な舞台を経験している新旧の名演奏達の高度な演奏テクニックが融合した、シンプルで無駄のない、だけど味わい深い作品。「ネオ」とは一味も二味も違う、本物のヴィンテージ・ミュージック味わいたい人に是非オススメしたい。

Producer
Scott Bomar, Bruce Watson

Track List
1. A NICKEL AND A NAIL
2. SOMETHING ABOUT YOU
3. IT WAS JEALOUSY
4. FIRST YOU CRY
5. I GOT TO KNOW
6. DON’T GIVE UP ON LOVE
7. HOW DO I GET THERE
8. CAN’T HIDE THE HURT
9. ONE AIN’T ENOUGH
10. WHAT KIND OF LOVE





ドント・ギヴ・アップ・オン・ラヴ
ドン・ブライアント
Hostess Entertainment
2017-06-07

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ