ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Leela James - Did It for Love [2017 Shesangz, BMG]

2000年代の初め頃に、プロのミュージシャンとしてのキャリアをスタート。ブラック・アイド・ピーズやメイシー・グレイのライブでオープニング・アクトを務めるなどして経験を積んだ後、2005年にサム・クックの同名曲のカヴァーを含むアルバム『A Change Is Gonna Come』でメジャー・デビュー。60年代のソウル・シンガーを彷彿させる力強いヴォーカルと、ヒップホップの手法を取り込んだバック・トラックを組み合わせた楽曲で、老若男女幅広い世代から注目を集めた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、リーラ・ジェイムス。

その後も、スタックスやシャナチーといったR&B、ソウル・ミュージックの名門レーベルから、2016年までに通算5枚のアルバムと多くのシングルを発表。その中でも、ジェイムズ・ブラウンやローリング・ストーンズの名曲を歌った2009年の『Let's Do It Again』や、エッタ・ジェイムスの楽曲をカヴァーした2012年の『Loving You More...』などは、原曲を知らない若い世代に、往年の名曲の魅力を知らしめるきっかけになった。

このアルバムは、2014年の『Fall for You』以来、約3年ぶりとなる通算6枚目のフル・アルバム。配給元は前作と同じBMGで、プロデューサーには、BJ ザ・シカゴ・キッドの『In My Mind』など、多くのヒット作を手掛けている、レックス・ライドアウトを中心に多くの実力者が参加。今回も過去の作品同様、グラマラスな歌声と、重厚な伴奏が合わさったダイナミックなソウル・ミュージックを楽しませてくれる。

アルバムの1曲目”Hard For Me”は、シャーリー・マードックなどとも仕事をしているキーボード奏者、イーヴァン・ブリックが制作を担当したスロー・ナンバー。色々な音色のキーボードを組み合わせてた、オーケストラっぽい豪華な伴奏をバックに、艶っぽい歌声を響かせるスロー・ナンバー。エッタ・ジェイムスやアレサ・フランクリンにも見劣りしない迫力と、バーバラ・メイゾンやグラディス・ナイトにも通じるセクシーな歌唱が心地よい佳曲だ。

続く”Don’t Mean A Thang”は、”Hard For Me”にも携わっているカルヴィン・フレイザー(デトロイトのギタリストとは同名の別人と思われる)が手掛けるアップ・ナンバー。ドラムを軸に据えたスタイリッシュなビートに乗せて、妖艶な歌唱を聴かせている。落ち着いた雰囲気の伴奏と流麗なメロディ、ふくよかで色っぽい歌声の組み合わせはクリセット・ミッチェルの人気曲”Like a Dream”を連想させる。

そして、本作の目玉が、シングル化された”Don't Want You Back”だ。彼女とレックスが主導したロマンティックなバラードは、カニエ・ウエストのプロデュース作品を思い起こさせる、ソウル・ミュージックっぽい音色を加工してコラージュしたようなトラックに乗せ、派手ではないが味わい深いメロディをじっくりと歌い上げた作品。オーケストラの使い方が、ディオンヌ・ワーウィックやローラ・リーの作品にもちょっと似ている。

また、味わい深さでいえば、エリック・ベネイの最新作『Eric Benét』にも関わっている、ジャイラス・モジーがソングライターに名を連ねるミディアム・バラード”I Remember”も捨てがたい。ドラムとベースを強調した落ち着いた雰囲気のトラックに乗せ、色っぽいファルセットを聴かせる妖艶な雰囲気の楽曲。ストリングスやギターの演奏を随所に挟み込んで、楽曲にメリハリをつけつつ、ロマンティックな雰囲気を強調している点も注目してほしい。

最後に取り上げたいのは、本作では珍しいアップ・ナンバー”Good To Love You”だ。R.ケリーの”Step In The Name of Love”を彷彿させるスタイリッシュなビートを取り入れたこの曲は、90年代に一世を風靡した男性ヴォーカル・グループ、ブラックストリートのリード・シンガー、デイヴ・ホリスターと組んだ曲。豊かな歌声をウリにした音楽スタイルや、レーベルの先輩後輩(デイヴ・ホリスターの2016年作『The MANuscript 』はシャナチー配給)など、音楽的には近しい二人だけあって、相性は抜群。豊かな声量を誇る二人が、自慢の喉を軽々と操り、ダイナミックな歌を聴かせるパフォーマンスは贅沢としか形容できない。

全曲を通して聴いた印象は、デビュー当時からの武器であったヴォーカルが、経験を積んで表現の幅と安定感が増したということ。元々、奇抜なトラックやキャッチーなメロディで勝負するタイプのシンガーではなかったが、新作を発表するごとに、ファルセットを効果的に使った色っぽい楽曲がら、地声を響かせるパワフルな作品まで、一筋縄ではいかない高い難易度の曲を着実に乗りこなし、自分の色に染め上げてきた。本作は、その総決算と呼んでも過言ではない作品で、高い表現力が求められる楽曲を着実に歌い込みつつ、力強さと大人の女性の色気が同居した、彼女らしさに溢れる音楽に仕立て上げてくれた。

アレサ・フランクリンやチャカ・カーンの系譜に立つ、恵まれた歌声と高い技術を持ちつつ、彼女独特の大人の色気を感じさせるパフォーマンスで、先人と差別化したも両立した、本格的なヴォーカル作品。往年のソウル・ミュージックが好きな人はもちろん、ビヨンセやリアーナを通してブラック・ミュージックを知った人にも是非聴いてほしい。「歌」や「声」奥深さと面白みを思う存分堪能できると思う。

Producer
Leela James, Rex Rideout, Evan Brice, Butta-N-Bizkit, Calvin Frazier, Jairus Mozee

Track List
1. Hard For Me
2. Don’t Mean A Thang
3. Don’t Want You Back
4. Real Talk – Relationships (Interlude)
5. I Remember
6. Good To Love You feat. Dave Hollister
7. There 4 U
8. This Day Is For You
9. Take Me
10. All Over Again
11. Our Love
12. Did It For Love





Did It for Love
Leela James
Bmg Rights Managemen
2017-03-31

 

Tanika Charles - Soul Run [2017 Record Kicks‎]

アルバータ州エドモントン出身、当時のボーイフレンドとの別れを契機にオンタリオ州トロントへと移住。プロのミュージシャンとして新たな一歩をスタートした、シンガー・ソングライターのタニカ・チャールズ。当初は、ベドウイン・サウンドクラッシュやサンダーヘイストといった、地元を拠点に活躍するアーティストのバック・コーラスが主な活動の舞台だったが、後にミス・チャールズ(Ms. Chawlz)の名義で、自身のステージにも立つようになる。

その後、2010年にはデビュー作となるEP『What! What? What!?』を自主制作で発表。60年代以前のソウル・ミュージックやリズム&ブルースを取り入れた音楽性と、マーサ・リーヴスやグラディス・ナイトを彷彿させる力強いヴォーカルが、熱心なソウル・ミュージックの愛好家や、ヴィンテージ・ミュージックに熱い視線を送っている若い人々の間で注目を集めた。その後も、2015年に本作からの先行シングル『Soul Run / Endless Chain』を配信限定で発表。2016年には上の2曲を含むフル・アルバム『Soul Run』を自主制作で発表(CD盤やアナログ盤の存在は未確認)。カナダのグラミー賞とも呼ばれているジュノ・アワードで、R&B/ソウル・レコーディング・オブ・ザ・イヤーの最終候補作に選ばれている。

この新人離れした偉業に目を付けたのが、イタリアのミラノを拠点に置くインディー・レーベル、レコード・キックス。英国のベイカー・ブラザーズやニュー・マスターサウンズ、アメリカのサード・コースト・キングスといった、往年のファンクやソウル、リズム&ブルースから強い影響を受けたミュージシャン達の作品を数多く配給してきた企業。同社の配給の元、フィジカル・リリースという形で世界デビューを果たした。

さて、アルバムの中身に目を向けると、本作からの先行シングルでアルバムの実質的な1曲目でもある”Soul Run”は、畳みかけるようなドラムやベースが心を掻き立てるアップ・ナンバー。脇を固めるギターやコーラスの艶めかしい演奏や緻密なパフォーマンスが、演奏に一体感を与えている点も見逃せない。少し毛色が異なるが、ジーン・チャンドラーやマーサ・リーヴスのような、60年代にデトロイトやシカゴから多くのヒット曲を送り出したシンガー達に通じるところがあるキャッチーで高揚感のある楽曲だ。

これに対し、同曲に続く”Two Steps”は、ギターのカッティングや可愛らしいコーラス、アドリブを盛り込んだオルガンの伴奏などが、重厚なグルーヴにポップな雰囲気を吹き込んでいるアップナンバー。コブシを効かせたタニカの歌声が、シャロン・ジョーンズにちょっと似ている点は面白いが、全般的な印象は彼女をもっとポップにした感じだ。

そういう意味では、シャロン・ジョーンズのような音楽が好きな人には”Sweet Memories”の方が好みに合うかもしれない。ホーン・セクションを贅沢に使った伴奏とパーカッションを効果的に使ったリズム隊、色っぽい歌声と力強い歌唱を巧みに織り交ぜたタニカのヴォーカルは、シャロン・ジョーンズが終生貫いてきた、生演奏と豊かな歌唱力で勝負したスタイルの延長線上にあるような楽曲だ。

一方、それ以外の収録曲で見逃せないのは、軽妙なリズムを刻むベースが印象的なミディアム・ナンバー”Money”だ。バレット・ストロングなどが、同名のヒット曲を数多く発表しているが、こちらはオリジナル曲。軽快なベースの演奏にスポットを当てたポップなトラックと、高音を中心に伸び伸びと歌うヴォーカルの組み合わせが、フォンテラ・バスの”Rescue Me”を思い起こさせる陽気なソウル・ナンバー。この曲のようにポップなソウル・ナンバーが好きな人には”Endless Chain”と”Waiting”の2曲もオススメ。特に、シングル盤のB面にも収録されてる”Endless Chain”は、肩の力を抜いた伴奏やコーラスを

アルバム全体を通して感じた印象は、シャロン・ジョーンリー・フィールズの作品のように、60年代以降のソウルやファンクの要素をふんだんに取り入れている一方、ヴォーカルのスタイルはフォンテラ・バスやローラ・リーのような大衆性と華やかさ、可憐さを兼ね備えたポピュラー・ミュージック寄りのソウル・シンガーを意識しているように感じた。ポップ・スターに求められる華やかさを兼ね備えたソウル・シンガーといえば、ジャスミン・カラやジョス・ストーン、ジェニファー・ハドソンなどがいるが、彼女らに比べるとロックやヒップホップの影響が薄く、往年のソウル・ミュージックで用いられる手法を現代向けにアップデートすることで、独自性を打ち出している点で、大きく異なっていると思う。

ドレイクパーティネクストドアウィークエンドなど多くのライバルがひしめき合うカナダの黒人音楽シーンから飛び出してきた魅力的な新星。BADBADNOTGOODなどとコラボレーションしたら面白いことになりそうだけど、次はどんな一手を打ってくるのかな?

Producer
Michael Warrenn, Slakah the Beatchild, Christopher Sandes etc

Track List
1. Intro
2. Soul Run
3. Two Steps
4. Sweet Memories
5. More Than A Man
6. Money
7. Love Fool
8. Heavy
9. Endless Chain
10. Waiting
11. Darkness And The Dawn





Soul Run
Tanika Charles
Record Kicks
2017-05-05

 

Raul Midón - Bad Ass and Blind [2017 Artistry Music Limited

ニューメキシコ州のエンブドで、アルゼンチン系の父とアフリカ系アメリカ人の母の間に生まれ、幼い頃に視力を失ったシンガー・ソングライターのラウル・ミドン。だが、彼は音楽の分野で才能を発揮し、4歳の時にドラムを習得。その後、ギターの厳しい訓練を経てさらに才能を開花、マイアミ大学のジャズ専攻を優秀な成績で卒業するまでになった。

大学を卒業した彼は、セッション・ミュージシャンとして活動する一方、2005年までに自主制作で3枚のアルバム発表する。当時の彼は、シャキーラやフリオ・イグレシアスといったラテン系のミュージシャンと一緒に仕事をすることが多く、シャキーラのツアーにも帯同したことがあるようだ。その後、彼はソロ・シンガーとしてデビューするためにニューヨークへ移住。ハウスDJのルイ・ヴェガなどと活動をともにするようになり、彼の来日公演にも参加している。このようにして、活躍の場を広げていった彼は、キャピトル傘下のマンハッタン・レコードと契約、メジャー・レーベルとのディールを手にする。

2005年にアルバム『State Of Mind』でデビューした彼は、2014年までに5枚のアルバムを発売。2012年以降はインディ・レーベルからのリリースだが、2014年に発表した『Don't Hesitate』では、マーカス・ミラーやダイアン・リーヴスといったジャズ界の大御所が集結するなど、現在もミュージシャンを中心に根強い支持を集めている。

本作は、前作から約3年ぶりの新作となる、彼にとって通算7枚目のスタジオ・アルバム。再発レーベルとして有名なイギリスのチャーリー・レコードの新録部門、アーティストリー・ミュージックが配給を担当し、スタンリー・ジョンソンやオスカー・カストロ・ニーヴスといったギタリストの作品を手がけている、マリア・エーレンライヒをプロデューサーに招いた、大人向けのポピュラー・ミュージック作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る"Bad Ass and Blind"は、ハービー・ハンコックの"Cantaloupe Island"とスティーヴィー・ワンダーの"Too High"のフレーズを織り込んだリズミカルでキャッチーなアップ・ナンバー。中盤で三拍子のパートやハンド・クラップの乱れ撃ち、ラップを披露するなど、彼の多芸な一面が垣間見れる佳曲だ。

一方、これに続く"Red, Green, Yellow"は、爽やかなヴォーカルと軽やかなギターの音色が心地よいポップ・ナンバー。伸び伸びと歌うラウルの姿と、ラテン音楽やソウル・ミュージックの影響が薄い、流れるようなメロディが心地よい楽曲だ。

そして、"Wings of Mind"はジャズの影響が色濃い軽妙なアップ・ナンバー。ハットからバスドラムまで、全てを活用して絶妙なさじ加減のビートを刻むドラムに、ブンブンと唸るベース。ソロ・パートもきっちりとこなす職人肌のトランペットやピアノをバックに、絹のように滑らかで艶やかな歌声を響かせている。中盤で披露するギター・ソロも、グラント・グリーンやガトー・バルビエリのような、丁寧で正確だが優雅で色っぽい。多くの音楽に向き合ってきたキャリアの重みと確かな技術を感じさせるものだ。

これに対し、"If Only"はサンタナのようなラテン色の強いロック音楽と、ジャズやソウル・ミュージックの要素を混ぜ合わせたミディアム・バラード。妖艶なギター・ソロやマックスウェルの姿がダブって見える繊細なヴォーカルと、彼の豊かな表現力を脇から支える、緻密だが多彩な表情を見せる演奏が一体化した、非の打ち所がない完璧な曲だ。

そして、見逃せないのが本作の最後を飾る"Fly Like An Eagle"だ。ベースなどの伴奏にシンセサイザーを使った本作では珍しいタイプの曲で、モダンなバック・トラックに乗せて、荒々しい歌声を響かせる、往年のブルースやソウルの要素と現代のR&Bの要素が同居した佳曲だ。

2005年に『State Of Mind』を発表した頃の彼は、高度なギターの演奏技術と、繊細なヴォーカルが同居した、ギタリスト版スティーヴィー・ワンダーとも、第2のテリー・キャリアーとも言えそうな作風だった。だが、それから十数年、彼の音楽性はどんどん広がり、色々なジャンルのルーツ・ミュージックを飲み込んだ、懐かしいようで新しい、彼独自の音楽スタイルを確立したように映る。

斬新な音楽が次々と登場する中、着実な活動で見識と技術を深め、他のミュージシャンとは異なる個性的な作品を生み出した彼。どのジャンルにも属さない、だけど、どのジャンルが好きな人でも楽しめる、現代のポップ・スタンダードだと思う。

Producer
Raul Midón, Maria Ehrenreich

Track List
1. Bad Ass and Blind
2. Red, Green, Yellow
3. Pedal To The Metal
4. Wings of Mind
5. If Only
6. Sound Shadow
7. Jack (Robert Lorick)
8. You & I
9. All That I Am
10. Gotta Gotta Give
11. Fly Like An Eagle





バッド・アス・アンド・ブラインド [日本語帯・解説付] [輸入CD]
ラウル・ミドンj
ARTISTRY / King International
2017-03-10

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ