ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Liz Aku - Ankhor [2017 Sonar Kollective]

ドイツのプロダクション・チーム、ジャザノバがベルリンに設立した音楽レーベル、ソナー・コレクティブ。同社が新たに送り出したのは、ベルギーのゲント出身のシンガー・ソングライター、リズ・アクだ。

彼女の武器は、強くしなやかな歌声と、高い技術を誇るバンド・メンバーによる繊細だが強靭なサウンド。そんな彼女は、シャーデーを彷彿させる神秘的な雰囲気と、ビラルやディアンジェロを連想させる、ジャズやヒップホップを取り込んだ作風で人気のシンガーだ。

本作は、彼女にとって初のフル・アルバム。マオリ族のサイケデリック・ロック・ミュージシャン、ビリーTKの息子で、自身も電子音楽の作品を数多く残している、ニュージーランド出身のプロデューサー、マラTKとの共同プロデュース作品だ。また、バンド・メンバーには、ピアノのデイヴィッド・ソーマエレや、ベースのジュアン・マンセンスなど、実力に定評のある面々を揃えている。

アルバムの1曲目”The Drum Major Instinct”は、マラTKをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。セルジュ・ヘルトージュのしっとりとしたギターの演奏と、マラTKが生み出す電子音を組み合わせ、フォーク・ソングの素朴さとR&Bの洗練されたサウンドを両立している。リズの涼しげな歌声が、透き通った音色の伴奏を際立たせている。

また、”Secret Change”は、ジュアンのベースとジョルディ・ギーエンズのドラムが生み出す変則的なビートと、マラTKが生み出すエレクトロ・サウンドが一体化した、クレイグ・デイヴィッドのアルバムに入っていそうなガラージ色の強い曲。バンドによる演奏と、柔らかい音色のシンセサイザーを多用することで、癖のあるトラックを聴きやすくしている点も面白い。音数を減らしメロディをシンプルにすることで、ビートの衝突を避けながら、歌声をきちんと聴かせているヴォーカルのアレンジも魅力的だ。

そして、ズールー・ムーンを招いた”Ankhor”は、デイヴィッドの美しいピアノの演奏から始まるミディアム・ナンバー。古いレコードからサンプリングしたような、温かい音色を使ったビートと、ポロポロと鳴り響くピアノの伴奏が切ない雰囲気を醸し出している。ラップを交えつつ、気怠そうに歌うリズの歌唱は、エリカ・バドゥやアンジー・ストーンにもよく似ている。エリカ・バドゥやディアンジェロのような、ソウルとヒップホップを融合させた音楽をより洗練させたような印象を受ける曲だ。

それ以外にも、見逃せない曲が”Hunger”だ。電子音を多用したきらびやかな伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせたトラックが印象的な、ミディアム・ナンバー。サーラ・クリエイティブ・パートナーズやプラチナム・パイド・パイパーズを連想させる先鋭的なビートと、荒々しい歌唱の組み合わせは、ジョージ・アン・マルドロウの音楽を彷彿させる。本作の収録曲では異色だが、とても格好良い曲だ。

彼女の魅力は、透き通った歌声を活かしたしなやかなヴォーカルと、ジャズやソウル、ヒップホップや電子音楽を混ぜ合わせた先鋭的だけど聴きやすいサウンドだと思う。フォークソングと電子音楽を混ぜ合わせたり、生バンドにガラージの要素を取り入れたり、ヒップホップの手法を取り入れたりと、色々なスタイルに挑みながら、自身の持ち味である、流麗で洗練されたヴォーカルに個性を加えている。その手法は、エリカ・バドゥやインディア・アリーにも似ているが、エリカよりもシンプルで聴きやすく、アリーよりも個性的という、ありそうでなかったものだ。

ヒップホップや電子音楽の手法を取り入れて、感性の鋭い若者にアピールしつつ、緻密で洗練された演奏技術によって、大人の鑑賞にも耐えうる作品に纏め上げている。コンピューターと生演奏を対立項にするのではなく、両者を上手に使い分けることで新鮮で優雅な音楽に仕立てた、大人のための新しいR&B作品だと思う。

Producer
Liz Aku, Mara TK etc

Track List
1. The Drum Major Instinct feat. Mara TK
2. Slowly
3. Deceive The Mind
4. Seasons Change
5. Secrets Die
6. Flight & Fall
7. Just What I Need
8. Ashamed
9. Hiding Alone
10. Ankhor feat. Zulu Moon
11. Hunger
12. Breathing Underwater feat. Mara TK





Ankhor
Sonar Kollektiv
2017-05-05

Moniquea - Blackwavefunk [2017 Mofunk Records]

インディアナ州ゲイリー生まれ、カリフォルニア州パサデナ育ちのシンガー・ソングライター、モニーカ。ヴォーカル・グループのリード・シンガーだった母や、友人たちの影響を受け、自身もヴォーカル・グループを結成。その後、70年代のソウル・ミュージックや、80年代のエレクトリック・ミュージックに興味を持ち、次第にそれらを取り入れたダンス・ミュージック、いわゆるディスコ・ブギーに傾倒し始める。 そんな彼女は、15歳の時にパサデナを代表するスポーツ・イベント、ローズ・ボール(大学対抗のアメリカン・フットボールの試合)で歌を披露するチャンスを得る。そして、その勢いでロス・アンジェルスに移住。現地では、様々なソウル・フェスティバルのステージを経験していった。

すると、彼女の歌唱力は地元メディアの目に留まるようになり、それを切っ掛けに全国区の媒体でも紹介されるようになる。また、そのころには、自身の作品を発表するようにもなり、2011年には自主制作のアルバム『Moniquea』を配信限定で、2014年にはパサデナ出身のプロデューサー、XLミドルトン率いるモファンク・レコードから『Yes No Maybe』を、LPやCDを含む複数のフォーマットで発表。跳ねるようなベース・ラインを中心に据えたスタイリッシュなサウンドと、グラマラスな歌声で多くの人を魅了した。

本作は、前作から3年ぶりとなる3枚目のアルバム。前作同様、モファンクからのリリースで、プロデューサーには、前作に引き続き、XLミドルトンとエディ・ファンクスターが参加しているほか、ディム・ファンクの従弟でもあるターコイズ・サマーの提供曲や、彼女自身のセルフ・プロデュースによる楽曲も収録している。

アルバムからの先行リリース曲である”Checkin' Out”は、XLミドルトンのプロデュース曲。跳ねるようなベースと、華やかなシンセサイザーのリフが格好良いダンス・ナンバー。声量を抑えて、リズミカルに言葉を繋いだヴォーカルも格好良い曲だ。全体的なイメージとしては、メアリー・ジェーン・ガールズの”Candy Man”っぽいメロディと伴奏に、豊かな低音域と、芯の強さが光るヴォーカルを組み合わせた、大人っぽい雰囲気の曲だ。

これに対し、ターコイズ・サマーが手掛けた”Knew It”は、色々な音色のシンセサイザーを使ったにぎやかな上物と、モニーカのセクシーな歌声を活かした、なまめかしいメロディが印象的な曲。沢山の音色を詰め込みつつ、曲の展開に応じて強調する音を変えることで、楽曲に起伏をつけたアレンジが新鮮だ。耳元で囁きかけるように歌う(その割には声量があるが)、モニーカの妖艶なヴォーカルも見逃せない。

また、彼女自身が制作を主導した”Check Your Sources”は、ミディアム・テンポのダンス・ナンバー。コミカルなアナログ・シンセの伴奏が面白いトラックに載せて、ラップのように言葉を繋ぐヴォーカルを聴かせている。メロディ部分では中低音域を中心に、サビの部分では高音を使うことで、曲にメリハリをつける方法が面白い。曲の途中で喋るように歌う個所を作ってファンの度肝を抜いた、ファンカデリックやリック・ジェイムスの音楽を連想させる、奇抜で個性的な曲だ。

そして、”Make You Feel My Love”は本作では唯一、ゲストミュージシャンを起用した曲。ギタリストのブライアン・エリスが参加したこの曲は、明るい音色を多用した、華やかで洗練された雰囲気のミディアム・ナンバー。曲の後半で、荒々しいギターを聴かせてくれるブライアンの存在が、楽曲のアクセントになっている。

今回のアルバムも、過去の作品同様、キャッチーなメロディとシンセサイザーを多用した洗練されたトラックを軸に、所々に強烈なフレーズを盛り込んだ、70年代から80年代にかけて流行したディスコ音楽の手法を踏襲したものになっている。これに加えて、彼女の場合は、グラマラスな歌声とで表情豊かなヴォーカルのおかげで、ティーナ・マリーやチャカ・カーンのように、しなやかなサウンドとダイナミックな表現を両立させているところが特徴的だ。

グラマラスで妖艶なヴォーカルと、歌に負けない強靭なトラックが格好良いディスコ音楽。クールで透き通ったヴォーカルが魅力のナイト・ファンクとは対極のスタイルを武器にする、モニーカ流のディスコ・ブギーを堪能してほしい。

Producer
XL Middleton, Turquoise Summers, Moniquea, Eddy Funkster

Track List
1. Checkin' Out
2. Knew It
3. When You Are Away
4. I Just Don't Know
5. Check Your Sources
6. Make You Feel My Love feat. Brian Ellis
7. Why Can't You See
8. Famous





BLACKWAVEFUNK [CD]
MONIQUEA
MOFUNK RECORDS
2017-06-02

Maysa - Love Is A Battlefield [2017 Shanachie]

大学在学中にスティーヴィー・ワンダーと知り合い、卒業後は彼のバック・コーラスに参加。『Jungle Fever』のサウンドトラックなどでコーラスを担当した後、イギリスのジャズ・ファンク・バンド、インコグニートに加入。スティーヴィーの大ヒット曲をカヴァーした”Don't You Worry 'Bout A Thing”や、96年のヒット曲”Out Of The Storm”等で美しい歌声を披露してきた、ボルティモア州メリーランド出身のシンガーソングライター、メイサ・リーク。

また、95年にアルバム『Maysa』でソロ・デビューを果たすと、2016年までに12枚のアルバムと多くのシングルを発表。メリーランドを拠点に、バンド活動と並行して、多くのレコーディングやステージをこなしてきた。

本作は、2015年の『Back To Love』以来、約2年ぶりとなる通算13枚目のオリジナル・アルバム。2006年の『Sweet Classic Soul』以来、全てのアルバムを配給しているシャナチーからのリリースで、同作以来となるカヴァー集でもある。

今回のアルバムのコンセプトは『メイサが愛聴し、刺激を受けた楽曲をカヴァー』ということだが、その選曲は意外性の塊。

アイズレー・ブラザーズの”Footsteps In The Dark”や、ナタリー・コールの”Inseparable”ような、ソウル・ミュージックの古典から、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”といった、90年代の大ヒット曲。はたまた、パット・ベネターの”Love Is A Battlefield”や、ジャスティン・ビーヴァーの”As Long As You Love Me”といった、ロック、ポップス畑の歌手による有名曲まで、古今東西の名曲を並べた、バラエティ豊かなものになっている。

そして、本作ではこれらの曲を、シャンテ・ムーアやフローシストの作品でも腕を振るっていたクリス”ビッグ・ドッグ”デイヴィスや、ルーサー・ヴァンドロスなどの楽曲を手掛けてきたジェイソン・マイルズらと一緒に、原曲とは一味違うアレンジで聴かせている。

ノーナ・ゲイが92年に発表した”The Things We Do For Love”に続くのは、テヴィン・キャンベルが93年に発表した大ヒット曲”Can We Talk”のカヴァー。ベイビーフェイスとダリル・シモンズの手による甘ずっぱいメロディと、変声期を迎える前後のテヴィンの歌声が魅力的なミディアム・バラードを、御年50歳(CDの発売日時点)のメイサが歌うという、果敢な試みを見せている。録音当時ティーンエイジャーだったテヴィンと比べると、一音一音を丁寧に歌う粘り強い声と、爽やかな曲調に合わせて、力を入れすぎない歌唱が印象的だ。キーボードの伴奏を強調した原曲のアレンジを、彼女の力強いヴォーカルに合わせて、ドラムやベースを軸にしたシンプルなものに変えた点も面白い。青年の心境を表現した歌を、大人のラブソングに生まれ変わらせた技術が光る佳曲。

一方、豊かな声量と表現力が魅力的な、ルーサー・ヴァンドロスの86年作『Give Me the Reason』に収められているスロー・バラードを歌った”Because It's Really Love”は、原曲を強く意識したシンプルでロマンティックなアレンジで演奏している。音数が少ない原曲のメロディを、ジャズの経験も豊かなメイサが、音程や強弱を細かく調整した、力強くも軽妙な歌唱を披露している。パワフルな歌声と、絶妙な力加減を両立する彼女の歌が思う存分堪能できる名演だ。

これに対し、バーニー・ウォレルらとファンク・バンド、スペース・キャデットを結成したこともある、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ジェシー・レイがファンク・バンド、オデッセイに提供した”Inside Out”のカヴァーは、シンセサイザーとギターを強調した原曲に近いアレンジ。オリジナルを歌うオデッセイの面々に比べて、芯が太く、パワフルな歌声のメイサが、楽曲の軽妙なメロディに合わせてリズミカルに歌う姿は、ちょっと意外。ジャズともR&Bとも違う、ファンクのメロディでもきちんと乗りこなせる技術力は、他の歌手とは一味違うものだ。

そして、本作の隠れた目玉が、アイズレー・ブラザーズが77年に発表したシングル『Groove with You』のカップリング曲で、A面の曲よりも有名になった”Footsteps In The Dark”だ。”Between The Sheets”などで滑らかな歌声を響かせていたロナルドの存在が肝だった同曲を、メイサは男性のバック・コーラスとのデュエット曲にアレンジすることで、自身の持ち味を殺すことなく、原曲に近い雰囲気でカヴァーしている。ホイットニー・ヒューストンを彷彿させる貫禄を身に着けたメイサの歌を活かしつつ、繊細な男性ヴォーカルが引き立て役として加わることで、ロナルドの滑らかでエロティックな雰囲気を再現した発想には、ひたすら驚くしかない。

今回のアルバムは、シルクミュージックといった、ベテランR&Bシンガーの作品を多数扱ってきたシャナチーからのリリースだけあって、70年代から2000年以降まで、色々な時代のソウル、R&B作品の手法を参照した、懐かしさと新鮮さを感じさせる良質なカヴァー集だと思う。一部の曲では大胆な改変を披露しているものの、それ以外の曲ではオリジナルのアレンジを尊重しつつ、主役の声質に合わせて、調整して見せるスキルは「流石」としか言いようがない。

一方、主役のメイサは、これまでのキャリアで培った、ジャズ、ファンク、ソウル、R&Bの経験を活かし、時に軽妙な、時に繊細なヴォーカルを聴かせてくれる。パワフルで芯の強い声質という確固たる個性が確立された歌手だけあって、ロナルド・アイズレーやジャスティン・ビーヴァーといった、スタイルの違う歌手の作品を歌うのは簡単ではないが、ヴォーカルや演奏のアレンジで自身の声質の弱点を補いつつ、自分の色に染め上げる手法は、経験豊かなベテランらしいものだと思う。

各時代の名曲が持つ魅力を活かしつつ、メイサ・リークの作品としても楽しめる、珍しいタイプのカヴァー集。収録曲の中で気になるものを見つけた人は、ぜひ原曲のアーティストにも目を向けてほしい。R&Bやソウル・ミュージックの奥深さだけでなく、ポピュラー・ミュージックの豊かな世界の一端に触れられると思う。

Producer
Chris "Big Dog" Davis, James Jones, Jamie Jones, Jack Kugell, Jason Miles, Monte Neuble, Tim Stewart

Track List
1. The Things We Do For Love
2. Can We Talk
3. Love Is A Battlefield
4. Because It's Really Love
5. Inside Out
6. Inseparable
7. As Long As You Love Me
8. Footsteps In The Dark
9. Am I Dreaming
10. Mr. Dream Merchant




Love Is a Battlefield
Maysa
Shanachie
2017-05-26


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ