ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Musiq Soulchild - Feel The Real [2017 eOne]

映画「ナッティー・プロフェッサー2」のサウンドトラックに収録された”Just Friends(Sunny)”で注目を集め、同曲を収録したファースト・アルバム『Aijuswanaseing』が全米R&Bアルバムチャートの4位に入り、プラチナ・ディスクにも認定された、ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター、ミュージック・ソウルチャイルドことターリブ・ジョンソン。

その後も、2016年までに8枚のアルバムを発表。うち、2作目の『Juslisen』と4作目の『Luvanmusiq』は全米総合アルバム・チャートの1位を獲得。往年のソウル・ミュージックを現代の音楽に還元した作風が認められ、人気ミュージシャンの一人になった。

このアルバムは、前作から僅か1年という短い間隔で発表された9枚目のフル・アルバム。前作に引き続き、ワイクリフ・ジョンラトーヤなど、多くのベテラン・ミュージシャンのアルバムを配給しているeOneからのリリース作品。だが、何よりも驚くのはその曲数。彼のキャリアでは初の2枚組24曲という大作だが、マンネリに陥ることなく、彼の豊かな想像力と歌唱力を遺憾なく発揮している。

本作の1曲目は、マイケル・ジャクソンの”Butterfly”の作者としても知られているイギリスの女性デュオ、フロエトリーのマーシャ・アンブロジウスとコラボレーションした曲。”Butterfly”を思い起こさせるゆったりとしたテンポのトラックをバックに、朗々と歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。遅いテンポのトラックの上で敢えてメロディを崩して歌うミュージックの歌唱が格好良い。曲の途中、絶妙なタイミングで入り込み、素晴らしい掛け合いを聴かせるマーシャの存在も見逃せない。

これに対し、ベル・ヴィウ・デヴォーの新曲でもペンを執ったサイラス・デシールドが制作を担当した”Start Over”は、ストリングスを使ったスロー・テンポの伴奏に乗って、しなやかな歌声を響かせるバラード。太く柔らかいミュージックの歌声を際立たせる、流れるようなメロディと温かい音色のトラックの組み合わせは、彼の代表曲”Halfcrazy”を思い起こさせる。デビューから15年以上の時が経っても、変わらない彼の良さと、時間をかけて磨き上げたヴォーカル技術が光る良い曲だ。

また、2枚目の1曲目に収められている”Humble Pie”は、前作にも参加しているウィリー・ヒンと作ったミディアム・ナンバー。ダニー・ハザウェイやマーヴィン・ゲイを思い起こさせる、柔らかい音色を駆使した優雅な伴奏に乗って、軽やかな歌を聴かせるダンス・ナンバー。曲の途中にラップのようなメロディを挟み込み、メリハリをつけている点が面白い。2007年に発表したヒット曲”B.U.D.D.Y.”の手法を踏襲した、ヒップホップとソウル・ミュージックが融合したスタイルが魅力の佳曲だ。

そして、本作の最後を飾るのがアルバムからの先行シングル”Simple Things”だ。ギターとシンセサイザーを組み合わせたロマンティックな演奏に乗せて、ロマンティックなメロディを丁寧に聴かせるスロー・ナンバー。ミュージックのみずみずしい歌声が、流麗なメロディの良さを引き立てている。斬新なメロディも奇抜な演奏もない、シンプルな楽曲だが、それ故に彼の声と制作能力の高さが際立っている。

今回のアルバムには、過去のアルバムの2倍近い量の曲を収めている。それだけの曲を準備するエネルギーも凄いが、それ以上に意外なのは、奇抜な作品や実験的な楽曲を集めたものではなく、従来のスタイルを踏襲しつつ、それを磨き上げたものになっていることだ。だが、そんな作品でも最後まで聴き手を飽きさせることなく、楽しませることができるのは、彼の音楽がジョーブライアン・マックナイトのように、一つのスタイルを磨き上げ、確固たる個性を確立したものだからだろう。

ソウル・ミュージックとヒップホップを融合した独特の作風を突き詰め、一つの芸風として確立したことを感じさせる佳作。ノスタルジーとも目新しさとも違う、楽曲の魅力で勝負している稀有なアーティストだと思う。

Producer
Musiq Soulchild, BLAQSMURPH, Christopher Bradley, Phil Cornish, Gmjr, J'rell etc

Disc 1
1. Feel The Real feat. Marsha Ambrosius
2. Benefits
3. Serendipity feat. Willie Hyn
4. Sooner Or Later
5. My Bad feat. Willie Hyn
6. Start Over
7. Hard Liquor
8. Shudawudacuda
9. Broken Hearts
10. Love Me Back
11. I'm Good
12. Jussa Lil Bih feat. BLAQGxLD
Disc 2
1. Humble Pie
2. Party Life
3. One More Time feat. The Husel, Willie Hyn
4. Let Go
5. Test Drive
6. Like The Weather
7. Fact Of Love
8. Heaven Only Knows
9. The Moon feat. Neil deGrasse Tyson
10. We Go Together Now
11. Sunrise Serenade feat. BLAQGxLD, Chris Theory
12. Simple Things



a


Feel the Real
Musiq Soulchild
Ent. One Music
2017-09-15

Eamon - Golden Rail Motel [2017 Huey Ave Music]

2003年に発表した、放送禁止用語を繰り返す強烈なサビが話題になったデビュー曲”F**k It (I Don't Want You Back)”が各国のヒット・チャートを制覇。同曲を下敷きにしたアンサーソングも作られるなど、2000年代を代表するヒット曲として歴史にその名を刻んだ、ニューヨークのスタテン・アイランド出身のシンガー・ソングライター、イーモンこと、イーモン・ジョナサン・ドイル。

イタリア人やアイルランド系アフリカ人の血を引く彼は、ドゥー・ワップ・グループのメンバーだった父の影響もあり、9歳のころから父のグループのステージで歌うようになり、15歳になるとソングライターとしてもメアリーJブライジなどと仕事をするようになったという早熟の天才でもある。

デビュー・シングルに続き、2004年にジャイヴから発売した初のアルバム『I Don't Want You Back』も全米総合チャートの3位を獲得する大ヒットとなった彼は、その後もゴーストフェイスの『More Fish』などに客演。2006年には2枚目のアルバム『Love and Pain』をリリースするが、こちらは商業的には不本意な結果に終わる。

その後、ジャイヴを離れた彼は、ロス・アンジェルスに移住し、SMCエンターテイメントと契約。ラッパーのラグド・マンやヒップホップ・グループのジェディ・マインド・トリックスなど、色々なスタイルのミュージシャンとコラボレーションを重ねながら、次のリリースに向けて着々と準備を進めてきた。

そして、2017年に自身名義の楽曲を複数発表した後、満を持して発表したのがこのアルバム。ジェディ・マインド・トリックスのストゥープや、コニー・プライス&キーストーンズのダン・ユービックなどがプロデューサーとして参加した本作は、彼の持ち味である、ドゥー・ワップや往年のソウル・ミュージックから強い影響を受けた泥臭いメロディやグラマラスなヴォーカルに、ヒップホップなどの要素を取り入れた現代的なサウンドが合わさった、懐かしさと新鮮さが入り混じった作品になっている。

本作のオープニングを飾る”Before I Die”は、ジョン・レジェンドの”Get Lifted”を思い起こさせる、泥臭いバック・トラックが印象的なスロー・ナンバー。ギターなどの音色とヒップホップのビートを組み合わせた荒々しいサウンドが新鮮だ。ラップを織り交ぜつつ、サビでは激しい雄叫びを上げるイーモンのヴォーカルも格好良いが、声質が軽いのが玉に瑕。

続く”Be My Girl”は、今年四月に本作に先駆けてリリースされたシングル曲。ピアノの伴奏で幕をロマンティックなサウンドをバックに、力強い歌声を響かせるミディアム・ナンバーだ。ピアノとドラムが中心のシンプルな伴奏に、ゴスペルのコール&レスポンスを織り込んだアレンジが彼のダイナミックなヴォーカルの良さを引き出している。60年代以前の音楽のエッセンスをふんだんに取り入れつつ、楽器の音色やメロディを工夫して現代の音楽に仕立て上げている点が面白い。

この路線を踏襲したのが、4曲目の”I Got Soul”。温かい音色のオルガンを使った伴奏がシャロン・ジョーンズやメイヤー・ホーソンの作品ような現代のヴィンテージ・ミュージックを連想させるスロー・ナンバー。泥臭い伴奏の上で荒々しいヴォーカルを聴かせつつ、可愛らしい女性コーラスを使って聴きやすい印象を持たせる手法は、オーティス・レディングやドン・ブライアントなどが活躍していた60年代、70年代のアメリカ南部のソウル・ミュージックを思い起こさせる。

そして、見逃せないのが本作の収録曲では珍しいアップ・ナンバーの”Run”だ。シュープリームスの”You Can't Hurry Love”を連想させる軽快な演奏をバックに、軽やかな歌を披露するポップス寄りの曲。古くはビートルズ、最近ではエイミー・ワインハウスやアデルなど、往年のソウル・ミュージックを取り入れたロックやポップスはいつの時代も人気だが、この曲ではソウル・ミュージックのヴォーカル・スタイルでこのようなポップスのスタイルを吸収、再解釈。力強い歌唱を活かしたポップなソウル・ナンバーに仕上げている

自身名義では12年ぶりの新作となった今回のアルバムは、ドゥー・ワップからヒップホップまで、色々な音楽に携わってきた彼の経験と持ち味がいかんなく発揮された良作だ。ディアンジェロからブルーノ・マーズまで、往年のソウル・ミュージックと現代の黒人音楽の融合にチャレンジしてきたミュージシャンは枚挙に暇がない。その中でも、彼の場合、幼いころからドゥー・ワップという黒人音楽の中でも歴史の長いジャンルと、ヒップホップという新しいジャンルの両方に触れてきたからか、ヴォーカルの表現やアレンジの引き出しが多く、それらを違和感なく組み合わせて独自性を発揮しているように映る。

古今東西のブラック・ミュージックに精通し、それらを組み合わせて往年のソウル・ミュージックに新しい解釈を加えた、シンプルだけど飽きの来ないスルメのような作品。”F**k It (I Don't Want You Back)”で成功した一発屋だと思っている人にこそ、ぜひ聴いて欲しい。

Producer
Eamon, Stoupe, Snipe Young, Dan Ubick

Track List
1. Before I Die
2. Be My Girl
3. Lock Me Down
4. I Got Soul
5. Burn It Up
6. Mama Don't Cry
7. You and Only You
8. Hands Make You Dance
9. Run
10. Requiem





Golden Rail Motel
Eamon
Huey Ave Music
2017-09-15

The Isley Brothers & Santana - Power Of Peace [2017 Sony Legacy]

57年にシングル”The Cow Jumped Over the Moon”で表舞台に登場して以来、60年もの間、音楽業界の一線で活躍しているソウル・グループ、アイズレー・ブラザーズ。一方、66年の結成以降、50年以上、コンスタントに作品を発表し、多くのステージに立ち続けたロック・バンド、サンタナ。この音楽業界屈指のキャリアを誇る、2組のベテランによる初のコラボレーション作品が『Power Of Peace』だ。

アイズレー・ブラザーズにとっては2006年の『Baby Makin' Music』以来、実に10年ぶり(ただし、2013年にはロナルドのソロ作品『This Song Is For You』がeOneから発売されている)、サンタナにとっては2016年の『Santana IV』以来のアルバムとなる本作。ロナルド(ヴォーカル)とアーニー(ギター)のアイズレー兄弟と、カルロス(ギター)とシンディ・ブラックマン(ギター)のサンタナ夫妻に加え、名うてのスタジオ・ミュージシャン達が参加。『Santana IV』や彼らのステージでも披露された、ソウル・ミュージックとロックの距離が近かった時代の、ダイナミックでワイルドな黒人音楽に取り組んでいる。

アルバムの1曲目は、チェンバー・ブラザーズの68年のヒット曲”Are You Ready People”(原題は”Are You Ready”)のカヴァー。ストリングスなどを使った分厚い演奏のオリジナルに対し、こちらではツイン・ギターやパーカッションなど、演奏者を絞った伴奏を取り入れている。荒々しいパーカッションの演奏が乱れ飛ぶ前奏から、鋭いギターの音色が耳に突き刺さるハードな伴奏へとつながる展開が格好良い。『It's Our Thing』や『Get Into Something』でも披露していた、ロナルドの激しいシャウトも聴きどころだ。

これに続くのは、ヴァージニア州ポーツマス出身のシンガー・ソングライター、スワンプ・ドッグが70年に発表した”Total Destruction To Your Mind”のカヴァー。原曲もギターやベースの音色を強調した、泥臭いロック・ナンバーだったが、彼らはそれをより攻撃的な作品にリメイク。鍵盤を叩くようなキーボードの伴奏や、荒っぽいヴォーカルはオリジナルを踏襲しているが、ダイナミックなギター・ソロを加えるなど、よりハードなアレンジを施している。バーケイズのような泥臭さと荒々しさが同居したロック・サウンドと、ロナルドの柔らかい歌声、スワンプ・ドッグのキャッチーなメロディを一つに融合させた面白い作品だ。

そして、スティーヴィー・ワンダーが73年に発表した楽曲”Higher Ground”のリメイクは、原曲よりもテンポを落とし、ドロドロとしたファンク・チューンにまとめ上げたミディアム・ナンバー。ハモンド・オルガンの伴奏を目立つように配置するなど、原曲の雰囲気を残しながら、ジミ・ヘンドリックスを思い起こさせる荒々しいギターの音色を加えるなど、オリジナルとは一味違うアレンジを施している。原曲を知らない人が聴いたら、ジミ・ヘンドリックスの曲のカヴァーと勘違いしてもおかしくない、ワイルドで幻想的なパフォーマンスが格好良い曲だ。

それ以外の曲で、ぜひ聞いてほしいのが、本作が初出となる”I Remember”だ。97年にシンディが制作したスロー・ナンバーは、シンディのキュートなヴォーカルと、ロナルド・アイズレーの滑らかなハイ・テナーの相性の良さが光る、ロマンティックなメロディの曲だ。曲の起承転結が明確な点や、しっとりとしたメロディは、アイズレー・ブラザーズやサンタナというよりも、アース・ウィンド&ファイアの”Reasons”や”After The Love Has Gone”にも近い印象。シンディの可愛らしいヴォーカルを優しく包み込む、ロナルドの貫禄あふれる歌声もいい味を出している。

今回のアルバムでは、スティーヴィー・ワンダーや、チェンバー・ブラザーズ、インプレッションズなど、60年代、70年代のソウル・ミュージックの名曲や、そのスタイルを踏襲した新曲を中心に、色々なスタイルの作品を収録している。しかし、どの曲も彼らの手による大胆なアレンジが施されており、何度も繰り返し聴かないと元ネタがわからないほど、大きく変わった曲も少なくない。だが、どれだけ奇想天外な解釈を加えても、当時の音楽によく似た雰囲気を感じることができるのは、刺々しいギターの音色や、力強いドラムの演奏、そして滑らかでグラマラスなロナルドのヴォーカルなど、彼らが経験し、演奏してきた、70年代のソウル・ミュージックのエッセンスを、丁寧に取り入れているからだろう。

色々なジャンルの音楽が花開き、融合と分裂を繰り返しながら互いに刺激を与えあっていた60年代後半から70年代の音楽の醍醐味を思う存分堪能できる傑作。人間が演奏する音楽の奥深さを感じてほしい。

Producer
Carlos Santana, Cindy Blackman Santana

Track List
1. Are You Ready People
2. Total Destruction To Your Mind
3. Higher Ground
4. God Bless The Child
5. I Remember
6. Body Talk
7. Gypsy Woman
8. I Just Want To Make Love To You
9. Love, Peace, Happiness
10. What The World Needs Now is Love Sweet love
11. Mercy Mercy Me (The Ecology)
12. Let The Rain Fall On Me
13. Let There Be Peace On Earth





パワー・オブ・ピース
サンタナ&アイズレー・ブラザーズ
SMJ
2017-08-09

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ