ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Mavis Staples - If All I Was Was Black [2017 Anti]

本作のリリース時点で78歳と、現役のミュージシャンでは屈指の高齢でありながら、今も精力的に活動しているシカゴ出身のシンガー・ソングライター、メイヴィス・ステイプルズ。

2017年も彼女は、カナダのロック・バンド、アーケイド・ファイアが制作した、アメリカ自由人権協会のためのチャリティー・シングルに参加したり、ブラーのデーモン・アルバーンによる音楽ユニット、ゴリラズのアルバムに客演したりするなど、80歳が目前に迫りながら、親子ほどの年齢差があるミュージシャン達と、積極的にコラボレーションしてきた。

このアルバムは、2016年の『Livin' On A High Note』以来、約1年半ぶりとなる通算16枚目のスタジオ・アルバム。前作に引き続き、ブッカーTやベティ・ラヴェットなどの作品を配給しているアンタイ・レコードからリリースされている。また、プロデュースは2013年の『One True Vine』でも制作に携わっている、ウィルコのジェフ・トゥイーディーが担当。演奏には、彼女の近作でドラムを担当しているステファン・ホッジや、キーボード奏者のスコット・ライゴンなどが参加。今回のアルバムでも、前作の路線を踏襲した、アメリカ南部のカントリー・ミュージックやロックの要素を取り入れた、泥臭いソウル・ミュージックに取り組んでいる。

アルバムの1曲目は、ジェフが制作した”Little Bit”。軽い音を使ったパーカッションから太い音色の伴奏へと展開していく構成が、アン・ピーブルズの”I Can't Stand the Rain”やスライ・ストーンの作品を連想させる重厚なミディアム・ナンバー。ドン・ブライアントウィリアム・ベルの作品を思い起こさせる、重心が低く、太く泥臭い伴奏をバックに、地声を効果的に使った貫禄のある歌唱を聴かせるメイヴィスの姿が心に残る良曲だ。歌も伴奏も、70年代のハイ・レコードやフェイム・レコードの作品と勘違いしそうな、重々しくドロドロとした本格的なサザン・ソウルに仕上がっている。

続く”If All I Was Was Black”は、メイヴィスも制作に携わったミディアム。乾いた音色のギターをバックに、朗々と歌う姿が印象的な曲だ。現代のアメリカ社会に警鐘を鳴らす歌詞の曲でありながら、歌や伴奏はどこか牧歌的なところに、彼女達のパフォーマンスが持つ強い説得力と、多くの問題を抱えながら、前に向かって歩み続けるアメリカ人の気質を感じる。

また、ジェフがヴォーカルとして参加している”Ain't No Doubt About It”は、友を信じ続けることの素晴らしさを讃えたミディアム・ナンバー。太いベースの音色が心地よい伴奏をバックに、語りかけるような歌を聴かせる姿は、オーティス・レディングの”(Sittin' On) The Dock of the Bay”にも通じるものがある。しかし、この曲が表現するのは、失恋ではなく友情。しかも、60年代とは異なる形で、社会が分断されつつあるアメリカで、他者と結び付くことの尊さを訴えるという。この大胆な発想が面白い。

そして、本作の最後を締める”All Over Again”では、ギターの伴奏をバックに、訥々と歌う姿が魅力のフォーク・ソング。本作を通して投げかけられた多くの問題に対し、「諦めず何度も挑戦しよう」と周囲を鼓舞するメッセージ性の強い曲だ。力強い歌声が魅力のメイヴィスが、ギターの演奏の上で語り掛けるように歌う姿からは、ギターを手に音楽という形で多くのメッセージを投げかけてきた、ボブ・ディランの姿がダブって見える。

このアルバムで彼女が披露したのは、ステイプル・シンガーズや自身の名義で、多くのクラシックを残してきた60年代、70年代の録音を連想させる柔らかい音色と、強烈だが前向きなメッセージを含む歌詞だ。しかし、当時の作品と大きく違うのは、御年70歳を超え、当時に比べると衰えを隠せない歌声と、それを補って余りある老練な歌唱力を身に着けた点。40年という長い月日は、彼女や周囲の人々、社会に色々な変化をもたらしてきた。しかし、彼女はその流れに頑強に抗ったり隠したりするわけでも、変化に流されるわけでもなく、2017年に合わせた音とメッセージを送っている。もちろん、それは、ジェフ・トゥイーディーを含む、参加ミュージシャン達の高いプロデュース能力による部分も大きいが、それ以上に、長いキャリアの中で培った、自身の特性を見極め、使いこなす技術による部分も大きいと思う。

50年以上の間、常に現役のシンガーとして活動してきた彼女の、豊富な経験と実績が遺憾なく発揮された魅力的なソウル作品。「実戦に勝る修行はない」を地で行くようなキャリアを歩んできた彼女らしい、したたかさな歌唱が堪能できる傑作だと思う。この調子で80歳、90歳の彼女の歌が聴けたらいいなあ。

Producer
Jeff Tweedy

Track List
1. Little Bit
2. If All I Was Was Black
3. Who Told You That
4. Ain't No Doubt About It
5. Peaceful Dream
6. No Time For Crying
7. Build A Bridge
8. We Go High
9. Try Harder
10. All Over Again






If All I Was Was Black
Mavis Staples
Anti
2017-11-24

Lalah Hathaway - Honestly [2017 Hathaway Entertainment]

90年に自身の名前を冠したアルバム『Lalah Hathaway』で表舞台に登場。それ以来、絹のように滑らかで繊細な歌声と、丁寧で緻密な歌唱を武器にファンを増やしてきた、イリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター、レイラ・ハザウェイ。

“A Song For You”や”The Ghetto”などのソウル・クラシックを残し、カーティス・メイフィールドやジーン・チャンドラーと並んで、シカゴを代表するシンガー・ソングライターとして今も愛されているダニー・ハザウェイを父に持つ彼女は、シカゴの芸術学校を卒業するとヴァージン・レコードと契約。バークリー音楽院で学びながら、プロとしてのキャリアをスタートする。

デビュー作である『Lalah Hathaway』で見せた、20代前半(当時)とは思えない落ち着いた歌唱と、洗練された演奏で音楽通を唸らせた彼女は、R&Bチャートの18位に入るなど一気にブレイク。その後は、2016年までに7枚のアルバムを録音する一方、メアリーJ.ブライジやチャカ・カーンなど、多くの有名ミュージシャンの作品に参加。中でも、2015年に発売されたケンドリック・ラマーの『To Pimp a Butterfly』や、2012年にリリースされたロバートグラスパーの『Black Radio』は、ヒット・チャートと音楽賞、両方で高い成果を上げる傑作となった。また、彼女自身も2015年のアルバム『Lalah Hathaway Live』と同作に収められている”Angel”や”Little Ghetto Boy”でグラミー賞など、複数の音楽賞を獲得。着実に成果を残してきた。

このアルバムは、彼女にとって『Lalah Hathaway Live』以来、約2年ぶりとなるフル・アルバム。スタジオ録音の作品としては『Where It All Begins』以来、実に7年ぶりのアルバムとなる本作は、ソランジュやジル・スコット、SiRなどを手掛けている、カリフォルニア州イングルウッド出身のシンガー・ソングライター、ティファニー・ガッシュがプロデューサーとして参加。ゲストの人数は最小限に抑え、彼女の歌にスポットを当てた、本格的なR&B作品を披露している。

アルバムのオープニングを飾る”Honestly”は、レイラとティファニーによる共作曲。重い低音とビヨビヨというシンセサイザーの音色を使ったトラックが、モダンな印象を与える曲だ。この曲の上で、繊細だがふくよかな歌声を駆使して、メロディを丁寧に歌う姿が光っている。起承転結のはっきりしたメロディは、父、ダニーや彼女が残してきた作品にも似た雰囲気を持っているが、電子楽器を多用することで、現代のR&Bとして聴かせている。

続く、”Don't Give Up”は、今年発売されたデビュー・アルバム『All Things Work Together』も記憶に新しい、ヒューストン出身のクリスチャン・ラッパー、レクレーがゲストとして参加した作品。 シンセサイザーの音を重ね合わせて、荘厳な雰囲気を醸し出したトラックの上で、低い声域を強調したヴォーカルを聴かせるレイラのパフォーマンスが光る曲だ。厳かな雰囲気のトラックに乗って、軽やかに言葉を繰り出すレクレーの姿も格好良い。厳粛な雰囲気とダイナミックなグルーヴが一体化した良曲だ。

また、ティファニー・ガッシュとのデュエット曲”What U Need”は、メアリーJ.ブライジの作品を彷彿させる、ヒップホップの要素を取り込んだ重厚なトラックが魅力的な楽曲。シンセサイザーを使った重いビートに乗って、艶めかしい歌声を響かせるミディアム・ナンバーだ。サビで聴かせる硬い声による荒っぽい歌唱が、メアリーJ.ブライジにそっくりなところも面白い。脇を固めるティファニーの歌唱が、彼女のパフォーマンスを引き立てている点も見逃せない。

そして、本作の収録曲では少し異色なのが”Won't Let It Go”だ。アコースティック・ギターの演奏を軸に据えたバック・トラックに乗せて、淡々と歌う彼女の姿が魅力のミディアム・バラード。しなやかなメロディはダニーの作品を思い起こさせるが、サビのところでヒップホップのライブのようなコール&レスポンスを盛り込んで見せるなど、ほかの曲とは一味違う演出が加わっていて面白い。21世紀を生きる彼女の感性と、往年のジャズやソウル・ミュージックのエッセンスがうまく混ざり合った佳曲だ。

今回のアルバムは、流麗なメロディに繊細さと強靭さを兼ね備えた歌声、きめ細やかな歌の表現が合わさった、シンプルで味わい深い楽曲が揃っている。そこに、シンセサイザーを駆使した現代的なサウンドを得意とするティファニー・ガッシュのプロダクション技術が加わり、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる美しいメロディと、2017年のR&B作品らしいモダンなサウンドが同居した、懐かしさと新しさが同居した作品に仕上がっているのが面白いところだ。この、往年のソウル・ミュージックをベースにしながら、新しい音を積極的に取り入れる姿勢が、彼女の魅力なのだろう。

リスナーに新鮮な印象を与えつつ、繰り返し聴きたいと思わせる普遍性も兼ね備えた面白い作品。ヒップホップに慣れ親しんだ若い人から、新しい音楽に抵抗のある年配の人まで、あらゆる世代の人に触れてほしい、2017年のクラシックだと思う。

Producer
Lalah Hathaway, Tiffany Gouche

Track List
1. Honestly
2. Don't Give Up feat. Lecrae
3. Change Ya Life
4. What U Need feat. Tiffany Gouche
5. Call On Me
6. Won't Let It Go
7. Storm
8. y o y
9. I Can't Wait



Honestly
Lalah Hathaway
8th Floor Production
2017-11-03

Golden Bridge - T.B.C. [2017 Spirit Soul]

2014年にシングル”Move Your Body”(後述のアルバムの収録曲とは別のインストゥメンタル作品)を発表。70年代、80年代のディスコ音楽を中心に、色々なスタイルのブラック・ミュージックを吸収、昇華した作風でファンを増やしてきた、プロデューサーのT-Grooveこと高橋佑貴。バークリー音楽院を卒業後、東京とボストンを拠点に活動。コモンやナズ、キース・スウェットなどの楽曲を取り上げた『Re:Live -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS』が注目を集め、ソーシィー・レディーや山口リサなど、様々な国のアーティストとコラボレーションしてきた、monologこと金坂征広。両者が新たに結成した音楽ユニットが、このゴールデン・ブリッジ。(グループ名の由来は、両者の名字「”金”坂」と「高”橋”」だろうか?)

既にT-Grooveのアルバム『Move Your Body』やG.Rinaのシングル”想像未来”のリミックスで共演している二人が組んだ本作。レコーディングには金坂が運営するKomugiko Studioを使用。演奏には高橋と金坂に加え、管楽器でクガ・ユウが参加。一部の楽曲では海外のシンガーをゲストに迎えるなど、収録曲の少ないシングルながら、豪華で濃密な作品になっている。

1曲目の”Tribal”は、二人が共作したインストゥメンタル作品。パーカッションを強調した軽妙なビートは、ディスコ音楽から多くの影響を受けた、90年代以降のハウス・ミュージックを思い起こさせる。ヴィブラホンやギター、キーボードを組み合わせた演奏は、70年代から80年代にかけて流行した、ドナルド・バードやゲイリー・バーツのようなソウル・ミュージックを取り入れたジャズ・ミュージシャンの演奏っぽい。

続く”Baby, I Got Your Sugar”は、モデルとしても活躍している女性シンガー、アル・コープランドと、ニューヨークを拠点に活躍するヴォーカリスト、リー・ウィルソンの二人を招いたミディアムナンバー。ストリングスのような音色を使った伴奏が、70年代後半のバリー・ホワイトやアイザック・ヘイズの音楽のような上品な雰囲気を醸し出している。軽やかなメロディの曲でありながら、丁寧な歌唱で落ち着いた印象を与える二人のヴォーカルや、緻密なアレンジが光っている。

そして、ボストン出身のジャズ・シンガー、リオン・ビールを起用した”Charles River Drive”は、80年代後半に流行した音楽スタイル、ブラック・コンテンポラリーを思い起こさせるスタイリッシュなメロディとアレンジが魅力のスロー・ナンバー。初めて聞いた時は、カシーフかルーサー・ヴァンドロスの未発表曲ではないかと勘違いしてしまったくらい、高級感溢れる洗練された演奏と、貫禄はあるが親しみやすい雰囲気のヴォーカルが、聴き手の心を強く打つ作品だ。

彼らの作品の面白いところは、それぞれの曲が異なる時代やジャンルの音楽をベースにしながら、一貫したスタイルを持つ、一つのアルバムのように聴かせているところだと思う。ジャズの演奏手法やソウル・ミュージックのヴォーカル技術、ディスコ音楽やクラブ・ミュージックの構成など、色々なジャンルの手法を曲の展開に合わせて組み合わせることで、多彩なスタイルと、作品の一貫性を両立していると思う。

だが、何より凄いのは、国や地域を意識させない各人の確固たる個性と技術だと思う。日本在住のトラックメイカーとアメリカ在住の日本人演奏者、アメリカを拠点に活動するシンガーと、出自もキャリアもバラバラな面々だが、70年代から80年代にかけて流行した、スタイリッシュなソウル・ミュージックをベースを共有することで、一つの方向にまとまりつつ、各人の個性が発揮されている。

スペイン語の曲が英語圏のヒット・チャートを席巻し、アジア出身のアイドルがワールド・ツアーを行う時代を象徴する、作者の人種や出身地域よりも「作品の中身」でしている本格的なソウル作品。今後、彼らが誰を巻き込み、どんな音楽を生み出すのかとても楽しみなコラボレーション企画だ。

Producer
Yuki monolog Kanesaka, Yuki T-Groove Takahashi

Track List
1. Tribal
2. Baby, I Got Your Sugar feat. Al Copeland & Lee Wilson
3. Charles River Drive feat. Leon Beal



T.B.C.
Spirit Soul
2017-11-22

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ