ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Soul

Boyz II Men - Under The Streetlight [2017 MasterWorks, Sony]

これまでに6000万枚以上のレコードを売り上げ、ボーイズ・グループとしては歴代トップ10、黒人男性だけで構成されたグループとしてはジャクソン5に次ぐ2位という記録を残しているフィラデルフィア出身のヴォーカル・グループ、ボーイズIIメン。

85年に同じハイスクールに通う5人によって結成されたこのグループは、当時流行していたニュー・エディションを意識したスタイルで活動を始めると、たちまち地元で話題になる。その後、公演でフィラデルフィアを訪れていたベル・ヴィヴ・デヴォー(ニュー・エディションのメンバーで構成されたグループ)の前で演奏を披露したことをきっかけにプロへの道を歩み始め、91年にモータウンからアルバム『Cooleyhighharmony』でメジャーデビュー。アメリカ国内だけで900万枚を売り上げる大ヒットとなる。

また、翌年には映画「ブーメラン」のサウンドトラックに収録されている”End of the Road”が全米総合シングル・チャートで13週連続1位という大記録を残すと、94年にはアルバム『II』をリリース。アメリカ国内だけで1200万枚を売り上げるなど、こちらも大きな成功を収める。また、同作からシングル・カットされたシングル”I'll Make Love to You”が全米総合シングル・チャートで連続14周1位という記録を残している。

そして、95年にはマライア・キャリーとのコラボレーション曲”One Sweet Days”をリリース。この曲は全米総合シングル・チャートの1位を16週間守り抜き、2017年にルイス・フォンスイの”Despacito”が同じ記録を樹立するまで、唯一無二の記録としてその名を残した。

しかし、2000年代に入ると周囲の人々との音楽性の食い違いや、ファンから求められる音楽と自分達のスタイルのギャップなどに苦しみ、活動が停滞するようになる。

そんな中でリリースされたがこのアルバム。2014年の『Collide』以来、約3年ぶり通算12枚目のLPとなる本作では、「クラシカルで、ハーモニーを大切にしたサウンド」をコンセプトに掲げ、50年代、60年代のソウル・クラシックのカヴァーを中心に収録。ゲストとしてテイク6やブライアン・マックナイト、ジミー・マーチャントのような実力派シンガーを招いた、本格的なヴォーカル・アルバムに仕上げている。

アルバムの1曲目を飾るのは、50年代に一世を風靡したヴォーカル・グループ、フランキー・ライモン&ティーンエイジャーズが56年に発表した大ヒット曲”Why Do Fools Fall In Love”のカヴァー。今回はジミー・マーチャントを招き、10代半ばの少年たちが世に放った名曲を円熟した歌声と正確無比なハーモニーで歌い直している。シンプルな編成のバンドをバックに、ポップなメロディを軽やかに歌い上げるリード・シンガーと、息の合ったコーラス・ワークのコンビネーションが光っている。変声期前後の少年達が歌っていたオリジナルとは一味違う、老練なパフォーマンスが素敵な作品。

続く”A Thousand Miles Away ”は、ニューヨークのクイーンズ発のコーラス・グループ、ハートビートが57年にリリースした作品のリメイク。美しいコーラスに拘ったスタイルで30年以上活動し、日本にも多くのファンがいるアラバマ州ハンツビル出身のヴォーカル・グループ、テイク6とのコラボレーション。ボーイズIIメンの3人とテイク6の6人、合計9人による荘厳なコーラスが心地よいスロー・ナンバー。ソウル・ミュージックと言えば、パワフルなヴォーカルが魅力の作品が多いが、この曲では9人の高い歌唱力を活かした、緻密なコーラス・ワークで勝負している。

また、リトル・アンソニー&インペリアルズが58年に発表した”Tears On My Pillow”のカヴァーは、90年代から活躍しているバラーディア、ブライアン・マックナイトを招いた作品。この曲もオリジナルは少年グループによる録音だが、こちらはブライアン・マックナイトの滑らかな歌声を軸にした上品なバラードに纏め上げている。この曲や”Why Do Fools Fall In Love”のような、キッズ・グループの作品を、声域も技術も異なる大人が歌うのは一筋縄にはいかないが、彼らは曲に応じてコラボレーション相手を変えることで、楽曲の隠れた魅力を引き出しながら、自分達の音楽に染め上げている。

そして、本作の収録曲では唯一、女性シンガーを起用した”Anyone Who Knows What Love Is”は、ニューオーリンズ出身の歌姫、アーマ・トーマスが64年にリリースした作品のカヴァー。アメリカの 人気テレビ・ドラマ「グリー」のメルセデス・ジョーンズ役でも有名な女優のアンバー・ライリーを招き、アメリカの音楽史に残るディーヴァの作品に正面から取り組んだ、本作の収録曲では異色の録音だ。ほかの作品では見られない、パワフルな歌唱を披露する3人も素晴らしいが、若き日のアーマが降臨したような、堂々とした歌いっぷりのアンバーの存在が輝いている。彼女が担当したパートが、本作のハイライトといっても過言ではない。

今回のアルバムでは、50年代から60年代のソウル・ミュージックを数多く取り上げているが、収録曲に耳を傾けると、往年のサウンドを忠実に再現したものとも、現代風にアレンジしたものとも異なる、独創的な解釈に驚かされる。伴奏を生演奏にすることで、往年のソウル・ミュージックを彷彿させるシンプルだけど温かく、ポップでコミカルなものにまとめられている。しかし、現代のシンガーに合わせてヴォーカルは艶やかで洗練されたものになっているのは、2017年に本作をリリースする彼らのバランスが発揮されたものといっても過言ではないだろう。

その実力で、ポピュラー・ミュージック界に多くの足跡を残してきたヴォーカル・グループが、豊かな経験と高い技術をフルに活かして、自分達のルーツ・ミュージックに取り組んだ意欲作。今時のR&Bやヒップホップが好きな人にこそ聴いて欲しい、それぞれの時代に個性豊かな作品を残してきた、黒人音楽の世界の一端を垣間見れる面白いアルバムだと思う。

Track List
1. Why Do Fools Fall In Love feat. Jimmy Merchant
2. A Thousand Miles Away feat. Take 6
3. Stay
4. I Only Have Eyes For You
5. Up On The Roof
6. I’ll Come Running Back To You feat. Brian McKnight
7. Tears On My Pillow feat. Brian McKnight
8. A Sunday Kind Of Love feat. Brian McKnight
9. Anyone Who Knows What Love Is feat. Amber Riley
10. Ladies Man



a

Under the Streetlight
Masterworks
2017-10-20

B. Thompson - Love. Funk. Happiness. [2017 Diggy Down Recordz]

ネバダ州のラス・ヴェガス出身、現在はニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター、B.トンプソン。声をロボット風に加工する楽器、トーク・ボックスを駆使した独特のスタイルで音楽の歴史に名前を残したロジャー・トラウトマンを遠い親戚に持ち、彼自身も2013年の『Evolution』や、2014年の『For The Love』など、2枚のフル・アルバムを含む複数の作品を発表。その他にも、シャギーの”It Wasn’t Me”や、松下優也の”She's A Liar”などでペンを執り、シンガーとしてフランスのプロダクション・チーム、ドッグ・マスターや日本のT-グルーヴの作品に参加するなど、歌手として作家として、世界を股にかける活躍を見せてきた。

このアルバムは、彼自身の名義では3年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム。過去の2作品同様、フランスのディギー・ダウンからのリリースで、同レーベルからアルバムを発売しているフランスのプロダクション・チーム、タッチ・ファンクや、初のフル・アルバム『Move Your Body』も好評な日本のT-グルーヴ、イギリスの音楽ユニット、ドゲット・ブラザーズのグレッグ・ドゲットなど、彼と縁の深いクリエイターが集結。シンセサイザーなどの電子楽器と、ギターやベースなどを巧みに使い分けた、スタイリッシュなソウル・ミュージックに取り組んでいる。

アルバムに先駆けて公開された”Anything”は、そのT-グルーヴとグレッグ・ドゲットの共作。ブリブリと唸るベースに、乾いたギター、透き通ったシンセサイザーの音色を組み合わせたトラックが格好良いアップ・ナンバー。洗練された伴奏の上で、柳のようにしなやかな歌声を操る彼の姿が聴きどころだ。妖艶な雰囲気すら感じられるディスコ・ブギーに合わせて、緩急をつけたヴォーカルと、一つ一つの音の聴こえ方にまで気を配ったトラックの組み合わせる技術にも注目してほしい。T-グルーヴのアルバムからの再録曲”Move Your Body”や”Call It Love”を聴いたときにも感じたが、両者の相性の良さは格別だ。

これに対し、タッチ・ファンクの二人が制作を担当した”Block Widow”は、ブーツィー・コリンズを彷彿させる歯切れの良いベースとギターのコンビネーションが気持ち良いミディアム・ナンバー。爽やかなメロディを艶めかしい声で歌うブライアンの姿が印象的だ。重く、硬い声質のルイ・ベーグルスのラップが、滑らかな歌声の良さを引き立てている。

また、ドイツのプロデューサー、セルジオ”DOC”バロン作のバラード”One Night Stand”も、見逃せない曲だ。ロジャー・トラウトマンの”I Want to Be Your Man”を思い起こさせる、シンセサイザーを駆使した都会的な雰囲気のトラックと、しっとりとしたヴォーカルの組み合わせが心地よい、ロマンティックな曲だ。80年代のソウル・ミュージシャンは、躍動感あふれるダンス・ミュージックだけでなく、豪奢な雰囲気のバラードでも名曲を残してきたが、彼らはその歴史をきちんと踏襲している。

そして、フランスのプロダクション・チーム、ファンカスティックが手掛けた”She Made It All The Way” は、80年代のヒップホップを思い起こさせる軽快な曲。シュガーヒルズ・ギャングの”Rapper's Delight”を連想させる、ギターのカッティングが格好良いビートをバックに、軽妙なヴォーカルを披露する姿が光るアップ・ナンバーだ。ゲストのロイド・ポップが繰り出すコミカルなラップが楽曲の楽しい雰囲気を強調している。個人的には一押しの曲だ。

今回のアルバムは、ロジャーを彷彿させるセクシーなヴォーカルと、個性豊かなミュージシャン達が生み出す化学反応が聴きどころだ。本作の面白いところは、アメリカ、イギリス、日本、フランス、ドイツと、色々な国のミュージシャンが携わっているにも関わらず、収録曲からはミュージシャンの出身国が想像できないことろだろう。しかし、それぞれの曲に参加ミュージシャンの個性はしっかりと反映されており、ブギーのような80年代のディスコ・ミュージックを土台にしつつ、バラエティ豊かな曲を聴かせているから不思議だ。

レコードの誕生から約1世紀、音楽に国境はない時代が来たことを再認識させてくれる充実した内容の作品。往年のディスコ・ミュージックが好きな人や、現代のハウス・ミュージックが好きな人にぜひ聴いて欲しい。そして、参加ミュージシャンの作品を検索してほしい。音楽の世界の広さと奥深さを教えてくれる名盤だ。

Producer
DJ Ness D, Greg Doggett, T-Groove, Hic Box, Wadz etc

Track List
1. Funk Reminder
2. Anything
3. Lovely Butterfly
4. Block Widow feat. Louie Bagels
5. What Am I Gonna Do
6. Gasoline feat. Mr. Skinny
7. One Night Stand
8. Move Your Body
9. Breakin' All The Rules feat. Hic Box
10. Nobody Does It Better
11. Sex
12. Hedt It Up Feat. Rene Rose
13. Sexy Silhouette
14. She Made It All The Way feat. Lloyd Popp
15. Break Your Plans
16. Call It Love
17. Sexy Silhouette (Tesla 55 remix)
18. Heat It Up Feat. Rene Rose (T-Groove remix)
19. Black Widow Feat. Shawn Biel, Louie Bagels & Mr. Chill G (Hip Hop version)






Stokley - Introducing Stokley [2017 Concord]

1991年に、同じミネソタ州出身の人気プロダクション・チーム、ジャム&ルイスが経営するパースペクティブ・レコードからリリースしたアルバム『Meant to Be Mint』でメジャー・デビュー。以後、ニュー・ジャック・スウィングからネオ・ソウル、ロックやジャズまで、様々なスタイルを吸収しながら、多くのファンを魅了してきたセント・ポール出身のソウル・バンド、ミント・コンディション。

メンバーの入れ替わりやレーベルの移籍を繰り返しながら、2016年までに9枚のオリジナル・アルバムと多くのシングルを発表。多くの作品が全米R&Bチャートに登場する人気バンドとなった。

ストークリー・ウィリアムスは結成から30年以上、バンドのリード・ヴォーカルを務めてきた、グループの核ともいえる人物。ヴォーカル以外にもドラムやパーカッション、キーボードなど、複数の楽器を使いこなし、演奏者やソングライター、プロデューサーとして、アッシャーやジャネット・ジャクソン、プリンスなど、多くの人気ミュージシャンの作品に携わってきた。

今回のアルバムは、そんな彼にとって初のソロ・アルバム。エスペランザ・スポルディングやタジ・マハルなど、通好みのミュージシャンの作品を数多く配給してきたコンコードからのリリースだ。全ての楽曲で彼自身が制作とプロデュースを担当し、彼以外にもフェイス・エヴァンスなどの作品を手掛けてきたカルヴィン・ハギンスや、ミュージックレディシの作品に携わってきたイヴァン・バリアスがソングライターやプロデューサーとして起用。ロバート・グラスパーやエステール、ウェイルといった人気ミュージシャンがゲストとして招かれた、豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目は、本作に先駆けて公開された”Level”。ロス・アンジェルスを拠点に活動するプロダクション・チーム、A-チームと共作したスロー・ナンバーだ。ヒップホップの軽やかなビートと、力強い歌声を引き立てるシンプルだけど味わい深いメロディ、緩急をつけながらじっくりと歌うストークリーのヴォーカルが一体化した良質なバラードは、ラップのような歌い方を取り入れた曲が流行する中で、メロディを丁寧に聴かせるヴォーカル曲はある意味珍しい。

また、グラミー賞のR&B部門で受賞経験もあるジャズ・ピアニスト、ロバート・グラスパーが参加した”Art In Motion”は、カルヴィン・ハギンスとイヴァン・バリースがペンを執ったスロー・ナンバー。そよ風のような柔らかくて優しいメロディが心地よい作品だ。美しいメロディを引き立てるロバート・グラスパーの艶っぽいピアノの演奏と、ストークリーのセクシーなヴォーカルが曲の魅力を引き出している。

また、エステールとのデュエット曲”U & I”は、カルヴィン・ハギンスとイヴァン・バリースが制作に携わっている、しっとりとした雰囲気のミディアム・ナンバー。長い間、音楽業界の一線で活躍している両者だが、コラボレーションは今回が初めてだ。デビュー当時のメアリーJ.ブライジを思い起こさせる、古いレコードから抜き出したような温かい音色のビートをバックに、モニカを彷彿させる甘く切ない歌声を披露するエステールの存在が光る作品。エステールのみずみずしいヴォーカルと、ストークリーの包み込むような大人の色気の組み合わせも魅力的だ。

そして、本作の最後を飾るのは、ジャマイカのクラレンドン教区出身のシンガー、オミを招いた”Wheels Up”だ。ケヴィン・リトルを連想させる爽やかで軽妙なヴォーカルが魅力のオミと、ベテランらしい老練な歌唱が素敵なストークリーのコンビネーションが格好良いアップ・ナンバーだ。スティール・パンなどの音色を取り入れた、カリプソっぽい明るく楽しい雰囲気の伴奏が気持ち良い。20年以上の長い間、色々なスタイルに取り組んできたストークリーだが、中南米の音楽との相性の良さは予想外だった。

初のソロ作品となる今回のアルバムでは、ミント・コンディションを彷彿させる、一つ一つの楽器の出音にまで気を配った、丁寧な作りのスロー・ナンバーやミディアム・ナンバーを中心に、グループの作品では使いにくい音色やアレンジも取り入れた良作になっている。スティール・パンやサンプリング風の音色、ジャズなどのエッセンスを吸収することで、グループで築き上げたストークリーのイメージを残しつつ、自分のスタイルを確立しているあたりは、色々なアーティストと仕事をしてきた彼らしさが発揮されていると思う。

演奏と歌唱で多くのファンを魅了していたミント・コンディションの良さを残しつつ、グループ名義の作品とは一味違うアプローチを聴かせてくれる面白い作品。流行の音楽には抵抗があるけど、新しい音には興味のある、好奇心旺盛な大人にお勧めの、安定感と新鮮さが魅力の佳作だ。

Producer
Stokley Williams, Carvin "Ransum" Haggins, Johnnie "Smurf" Smith, Ivan "Orthodox" Barias, Sam Dew

Track List
1. Level
2. Organic
3. Think About U
4. Cross The Line
5. Art In Motion feat. Robert Glasper
6. Hold My Breath
7. Victoria
8. U & I feat. Estelle
9. Way Up feat. Wale
10. Be With U
11. Forecast
12. Victoria (reprise)
13. We/ Me
14. Now
15. Wheels Up feat. Omi






Introducing Stokley
Stokley
Concord Records
2017-06-23

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ