melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Soul

The Temptations - All The Time [2018 Universal]

1961年にシングル”Oh Mother of Mine”でレコード・デビューを果たして以来、”My Girl”や”Cloud Nine”、”Papa Was a Rollin' Stone”や”Treat Her Like a Lady”など、今も多くの人に愛される名曲を数多く残している、デトロイト発のヴォーカル・グループ、テンプテーションズ。

現在は、デビュー当時からバリトンを担当しているオーティス・ウィリアムスを中心に、若いメンバー(といっても全員40歳以上だが)と一緒に活動。日本を含む世界各地のステージに立ち続けるなど、今も現役の人気グループとして、音楽業界の一線で活躍している。

このアルバムは、2010年の『Still Here』以来、約8年ぶりの新作となるスタジオ・アルバム。ブルーノ・マーズサム・スミスといった、現代のR&Bシンガーのヒット曲のカヴァーと、彼らのオリジナル曲を収めた、バラエティ豊かな作品になっている。

本作の1曲目は、2014年にロンドン出身の白人のソウル・シンガー、サム・スミスが発表した”Stay With Me”。全英、全米のシングル・チャートを制覇した切ない雰囲気のスロー・ナンバーを、5人の温かい歌声で、優しい雰囲気のバラードに仕立て直している。原曲のミュージック・ビデオでも、曲中で聖歌隊が登場するなど、ゴスペルの影響を匂わせる演出があったが、今回のカヴァーはその要素を強調したものになっている。

続く”Earned It”は、イギリスの同名の官能小説を題材にした、2015年のアメリカの映画 「Fifty Shades Of Grey」のサウンドトラックに収められている、ウィークエンドの楽曲のカヴァー。ストリングスを効果的に使った威圧感のある伴奏や、往年のリズム&ブルースを彷彿させるスウィング、ゴスペルでは頻繁に用いられるコール&レスポンスなど、昔の黒人音楽のエッセンスと現代のポピュラー音楽の要素を組み合わせた楽曲は、当時の音楽を熟知した彼らによって、本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わっている。伴奏をギターやベースを用いたシンプルなバンド・サウンドに変え、コール&レスポンスを強調したアレンジは、60年代初頭の彼らの音楽を彷彿させる、ポップでダイナミックなものだ。

また、マックスウェルが2009年にリリースした”Pretty Wings”のリメイクは、繊細さと大胆さを兼ね備えた彼の歌唱を忠実に再現した作品。メロディやアレンジは原曲のものを活かしつつ、声域の異なる5人のヴォーカルを巧みに使い分けることで、楽曲に起伏をつける演出が光っている。

そして、彼らのオリジナル曲である”Waitin’ On You”は、5人のしなやかなヴォーカルを活かした、流麗なメロディが心地よいスロー・ナンバー。変則的なリズムを刻むベースとドラムの伴奏と洗練されたメロディのおかげか、他のアーティストの作品のカヴァー以上に、現代のR&Bっぽく聴こえる。

このアルバムの面白いところは、高いヴォーカル・スキルを使って、既存の音楽を新鮮な音楽に聴かせているところだろう。そして、彼らの音楽が新鮮に映るのは、若いアカペラ・グループのように大胆な改変を行わず、あくまでも原曲の良さを生かしつつ、それに合ったヴォーカル・アレンジを施していることが大きい。この、アカペラの原点に立ち返りつつ、現代の楽曲を意識したアレンジが、ソロ・アーティストがヒット・チャートの大半を占める現代のポップス・シーンでは新鮮に映るのだろう。

アジア出身のヴォーカル・グループを中心に、個性豊かなメンバーのマイク・リレーを武器にしたグループが主流の時代に、美しい歌声と精密なヴォーカル技術を活かした巧妙なアレンジで勝負した意欲作。DAWソフトのような、高機能が機材がなかった時代、自分達の声を駆使して多彩な音楽を生み出してきたベテランの豊かな経験が遺憾なく発揮されている。

Producer
Otis Williams, Dave Darling

Track List
1. Stay With Me
2. Earned It
3. Pretty Wings
4. Thinking Out Loud
5. Waitin’ On You
6. Remember The Time
7. Be My Wife
8. Still Feel Like Your Man
9. When I Was Your Man
10. Move Them Britches



All the Time
Temptations
Ume
2018-05-04




Young Gun Silver Fox ‎– AM Waves [2018 Légère Recordings]

60年代、70年代のソウル・ミュージックと、現代のR&Bを融合した作風で音楽好きを唸らせている、ロンドンを拠点に活動するR&Bバンド、ママズ・ガン。同バンドの中心人物であるアンディ・プラッツと、エイミー・ワインハウスやケリス、トミー・ゲレロなど、名だたるアーティストと仕事をしてきたプロデューサーのショーン・リー、強烈な個性と多芸っぷりでファンの多い二人が組んだ音楽ユニットが、このヤング・ガン・シルバー・フォックスだ。

2015年にリリースした初のスタジオ・アルバム『West End Coast』は、ボビー・コールドウェルやTOTOに代表される、電子楽器などを多用し、ソウル・ミュージックやジャズのエッセンスを盛り込んだ音楽性が魅力のロック、AORの手法をソウル・ミュージックに取り込むという逆転の発想でリスナーの度肝を抜いた彼ら。3年ぶりの新作となるこのアルバムでも、前作に引き続き、ロックとソウルを融合したスタイリッシュな音楽を聴かせている。

本作のオープニングを飾るシングル曲”Midnight In Richmond”は、シンセサイザーを使った煌びやかな伴奏と、流れるようなメロディが心地よいアップ・ナンバー。ちょっと荒っぽくかき鳴らされるギターや、肩の力を抜いてゆったりとリズムを刻むドラムが、楽曲にリラックスした雰囲気をもたらしている。

これに対し、本作のリリース後にシングル・カットされた”Take It Or Leave It”は、ブラッドストーンやニュー・バースにも通じる、洗練されたグルーヴと、爽やかなメロディが魅力のミディアム・ナンバー。太く柔らかい音色の楽器を使うことで、グルーヴを強調しつつ、ゆったりとした雰囲気を醸し出している点が特徴だ。

また、本作では珍しい、力強いベースの音色が印象的な”Caroline”は、ジーン・チャンドラーの”Does She Have A Friend?”にも少し似ている、力強い低音とロマンティックなメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。伴奏の音数を絞り、ベースの音に重ねることで、低音を強調しつつ、落ち着いた雰囲気の伴奏の上で、朗々と歌い上げるアンディの姿は、洗練されたサウンドとダイナミックな歌唱表現が同居した80年代のソウル・ミュージックを彷彿させる。

そして、本作の最後を飾る”Lolita”は、彼らの作風を象徴するような、明るい雰囲気のアップ・ナンバー。軽やかにリズムを刻む、乾いた音色のギターや、グラマラスな響きを聴かせるベースが心地よいサウンドをバックに、サラサラと流れるようなメロディを歌うスタイルが心に残る。これからの季節に似合いそうな音楽だ。

彼らの音楽の面白いところは、アフリカ系アメリカ人の音楽であるソウル・ミュージックやジャズの要素を直接取り入れるのではなく、これらの音楽を白人が研究し自分達の音楽に組み替えた、AORやフュージョンのスタイルを参照しているところだ。本格的なソウル・ミュージックを聴かせる、ママズ・ガンのアンディをフロントに据えながら、サウンドには白人の解釈を通したAORなどの技法をふんだんに混ぜ込んでいる。この、他者のフィルターを介した音楽を利用することで、自分達の感性だけでは生み出せない、独創的な音楽を生み出していると思う。

ビリー・プレストンがビートルズでの経験を活かして、ゴスペルにロックのエッセンスを盛り込んだように、人種の異なるミュージシャンの音楽を参照することで、自分達の音楽に新しい視点を加えた異色のユニット。暑い季節を涼しくしてくれる、グラマラスなヴォーカルと洗練された伴奏が光る、洒脱さが魅力のソウル作品だ。

Producer
Shawn Lee

Track List
1. Midnight In Richmond
2. Lenny
3. Take It Or Leave It
4. Underdog
5. Mojo Rising
6. Just A Man
7. Love Guarantee
8. Caroline
9. Kingston Boogie
10. Lolita




AMウェイヴズ
ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス
Pヴァイン・レコード
2018-05-02


T-Groove & Two Jazz Project - Nu Soul Nation [2018 LAD Publishing & Records, Kissing Fish Records]

小説家やデザイナーとしても活動しているエリック・ハッサンと、ギターやベースなど、複数の楽器を使いこなせるクリスチャン・カフィエロによるフランスの音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクト。2017年には、初のスタジオ・アルバムとなる『Move Your Body』を発表し、ヨーロッパを中心に多くの国で高い評価を受け、その後もG.リナの”想像未来”やウッディファンクの”N.Y.B.”をリミックスして話題になった、日本の音楽プロデューサー、T-グルーヴことユウキ・タカハシ。

住んでいる土地も年齢も経歴も違う彼らは、2016年ごろからリミックスなどを通して結びつき、同年には両者の連名による初のスタジオ・アルバム『Experiences』もリリースしてきた。

本作は彼らにとって、2枚目のコラボレーション・アルバム。配信版の配給は、両者の作品を取り扱ったこともあるポルトガルのLADパブリッシング、CD盤やアナログ盤の配給は、安藤裕子や比屋定篤子などの作品を販売している日本のキッシング・フィッシュが担当している。

本作に先駆けてリリースされた”Strong Love”は、T-グルーヴの”Family”でヴォーカルを担当し、今年2月に発売されたアルバム『Not Made For These Times』でも艶やかな歌声を披露している、シカゴ出身のシンガー・ソングライター、ジョヴァンを招いた作品。メアリー・ジェーン・ガールズの”All Night Long”を彷彿させる、太い低音とゆったりとしたテンポが心地よいビートをバックに、じっくりと歌い込むジョヴァンの高い技術が印象的。一聴しただけで練り込まれたものとわかる表現を、優雅に歌い上げるジョヴァンの姿が光る作品だ。同じシングルに入っているハウス・ミュージック寄りのアップ・ナンバー”The More I Do”や、跳ねるようなベースの演奏が光るミディアム”Just Wanna”を含め、彼の参加曲にはハズレがない。

それ以外の曲では、エノイス・スクロギンスをフィーチャーした”Funky Show Time ”が面白い。49歳のときに初めてのスタジオ・アルバム『One For Funk And Funk For All』を発表した、遅咲きの名シンガーと組んだ2017年のシングル曲は、彼が得意とする、リック・ジェイムスのような80年代のファンク・ミュージックの要素を盛り込んだミディアム。キーボードの美しい音色とベースの演奏を強調した、スタイリッシュなトラックが格好よいミディアム・ナンバー。ドラムの音の跳ね具合が、ファンクの躍動感を演出している。きらびやかな上物と、ダイナミックなグルーヴの組み合わせは、両者のソウル・ミュージックに対する深い造詣を伺わせる。

また、 トロント出身のシンガー・ソングライター、ポーラ・レタンを起用した“Bring It Back Around”は、本作では異色のスロー・ナンバー。シンセサイザーの伴奏を駆使した作風は、アイズレー・ブラザーズやアンジェラ・ウィンブッシュが80年代後半に残してきたロマンティックなバラードを彷彿させる。しかし、当時の音楽との決定的な違いは豊かな低音。柔らかい音色のベースを用いて、楽曲に安定感を与えつつ繊細で滑らかなヴォーカルを引き立てている点は見逃せない。事あるごとに、70年代後半から80年代に作られた黒人音楽への愛を示してきた、彼らの持ち味が発揮された良質なスロー・ジャムだ。

そして、収録曲の約半数に携わっている、マリー・メニーが参加した曲の中では、”Diamonds”のエクステンデッド・ヴァージョンが光っている。前作『Experiences』からシングル・カットされた、彼らの人気曲のロング・ヴァージョンだ。前作に収録されたものと比べると、バス・ドラムの音が強調され、腰に訴えかける刺激的なグルーヴを堪能できるものになっている。シャーデーを思い起こさせる神秘的な雰囲気を醸し出すヴォーカルも気持ち良い。「ロング・ヴァージョン」を作った彼らの思いが垣間見える良曲だ。

今回のアルバムは、前作以上にディスコ・ミュージックの面白さをアピールした作品になっている。軽快な音を響かせるギターや、シンセサイザーを多用した高級感溢れる伴奏、優雅で洗練されたヴォーカルを活かした曲作りは前作と変わらない。しかし、本作では上品な雰囲気を残しつつ、ベースやドラムの音を適度に強調することで、ソウル・ミュージックの持つ躍動感と親しみやすさを盛り込むことに成功している。

また、もう一つの面白いところは、この作品に複数の国の人が関わっていることだろう。日本とフランスのクリエイターが曲を作り、アメリカやカナダなどのヴォーカルが歌を吹き込み、ポルトガルや日本のレコード会社が配給する。そこには、「日本人らしさ」「フランス人らしさ」という枠を超えて、「ソウル・ミュージックへの愛」を「私達の音楽」で表現し、広めようと尽力する人達がいる。この2点が本作の大きな特徴だろう。

アメリカで生まれ、その後世界各地に広まり、それぞれの土地で独自の進化を遂げたソウル・ミュージック。そんな各地のミュージシャンが、21世紀に入り、通信技術などの発展で互いに結びつくようになったことで生まれた奇跡の1枚。世界各地で自分達の音楽を模索する、ソウル・ミュージック・ラバーの存在を再認識させてくれる作品だ。

Producer
Two Jazz Project, Yuki "T-Groove" Takahashi

Track List
1. New Humanist Whisper feat. Marie Meney
2. Funky Show Time (Extended Version) feat. Enois Scroggins
3. The More I Do feat. Jovan Benson
4. Soul Nation feat. Brae Leni
5. Bring It Back Around feat. Paula Letang
6. Venus feat. Marie Meney
7. Soho Sunset feat. Enois Scorggins
8. Stay With Me feat. Marie Meney
9. Diamonds (Extended Version) feat. Marie Meney
10. Strong Love feat. Jovan Benson
11. The Groove Revolution feat. Brae Leni & Marie Meney
12. Just Wanna feat. Jovan Benson
13. Under The Pressure feat. Enois Scroggins & Marie Meney
14. Take This Love (Album Version) feat Marie Meney
15. Last Humanist Whisper feat. Enois Scroggins





Nu Soul Nation
T-GROOVE & TWO JAZZ PROJECT
Kissing Fish Records
2018-05-02


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ