ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Jazz

Diggs Duke - Civil Circus [2015 Following Is Leading]

一人で様々な楽器を使いこなす技術力と、ジャズとソウル・ミュージックやヒップホップを融合させた独創的な音楽性で、新しい音楽に敏感な人々の間で注目を集めていた、インディアナ州ゲイリー出身のアーティスト、ディグス・デュークことジョナサン・ディグス・デューク。

2013年には、初めてのフル・アルバム『Offering For Anxious』を、ジャイルズ・ピーターソンのレーベル、ブランズウッドから発売。ディアンジェロやプリンスを思い起こさせる、様々な音楽を飲み込み、自分の音楽に昇華した作風が話題となり、ジャズ・ファンに留まらず、ヒップホップやR&Bが好きな人にも愛聴された。

このアルバムは、2015年の終わりに発表された、彼にとって2枚目のフル・アルバム。彼が立ち上げたフォローイング・イズ・リーディングから、配信限定(CD-R盤もある)でリリースされたもので、2017年に日本のウルトラ・ヴァイヴからCD盤が発売された。

今回のアルバムも、前作同様、全ての曲が彼自身のプロデュースによるもの。しかし、ほぼ全ての楽器を一人で演奏していた前作に対し、本作では多くのミュージシャンを起用。彼の鋭い音楽センスを活かしつつ、彼とは異なるキャリアを積んできた面々の感性を取り込むことで、よりバラエティ豊かになった音楽を聴かせている。

アルバムの最初に入っている”Busker”は、テナー・サックスにジャラニ・ブルックス、ドラムにウォーレンG.クラダップIII世、ベースにルーク・スチュアートを招いた、3人編成による録音。3人の演奏にエフェクトをかけて、ダブやエレクトロニカのように幻想的な雰囲気に仕立て上げた曲だ。エフェクトを活かすため、サックスのフレーズをシンプルにした手法は、マイルス・デイヴィスがエレクトリック・サウンドに適応するために、音数を絞った演奏を吹き込んだ『Bitches Brew』の表現を連想させる。

これに対し、ダンテ・ポープをヴォーカルに起用した”Compensation”は、19世紀に公民権運動を題材にした多くの作品を残している、作家で詩人のポール・ローレンス・ダンバーの詩に曲をつけたもの。ニーナ・シモンなど、多くのミュージシャンに引用されてきた、有名な文学作品を取り入れつつ、フルートやギターを使った抽象的なサウンドで、前衛的なR&Bに仕立て上げたセンスが面白い。全ての楽器を彼自身が演奏したトラックも聴きどころだ。

一方、本作では最長の5分半に及ぶ大作、”Ambition Addiction”は、ヴォーカルにレイチェル・ブロットマンを招いたミディアム・ナンバー。音と音の隙間を意識したトラックは、ジェイムス・ブレイクを彷彿させる、エレクトロ・ミュージックとジャズやソウル・ミュージックが融合した伴奏の上で、繊細な歌声を響かせる2人の姿が印象的な曲だ。電子楽器を使った抽象的なビートと、フルートやギターの演奏を組み合わせた温かい演奏を、うまく使い分けたアレンジ技術は圧巻の一言だ。

そして、本作では2番目に長い4分弱の曲”Warming Warning”は、電子楽器を多用したポップなサウンドが光るミディアム・ナンバー。70年代のスティーヴィー・ワンダーを思い起こさせる音色のエレクトリック・ピアノや、パーカッションのように軽快な音を鳴らす電子ドラムを使ったバック・トラックと、しなやかなディグスのヴォーカルと、グラマラスな歌声のフィーチャリング・シンガー、ジャダ・アーヴィンの対照的な個性が上手く噛み合った、ソウルフルな曲だ。ローファイな音色の電子楽器を使うことで、昔のソウル・ミュージックの雰囲気を再現した手法が格好良い。

今回のアルバムは、1分から2分の曲が中心で、全体では30分に満たない、EPに近い作品だ。しかし、ソウル・ミュージックやエレクトロニカ、アフロ・ミュージックまで色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り込み、曲の全てをハイライトのように聴かせる彼の創作能力のおかげで、1時間超の大作にも負けないくらい、多くの見せ場を作っている。

最初から最後まで、全てがヤマといっても過言ではない、密度の濃い作品。このアルバムを聴いて、彼の音楽に興味を持った人がいたら、ぜひ彼のホームページを覗いてほしい。そこには、未だCD化されてない、多くの名曲があるのだ。

Producer
Diggs Duke

Track List
1. Busker
2. Compensation
3. Ambition Addiction
4. Stoplight Lessons
5. Postcard
6. Street Preacher
7. Bumper To Bumper
8. Warming Warning
9. Damn Near Home
10. We Don't Need Love






Patti LaBelle - Bel Hommage [2017 GPE]

1962年に、同じハイスクールに通う友人と結成したヴォーカル・グループ、パティ・ラベル&ザ・ブルーベルズのリード・シンガーとしてデビュー。71年には、メンバーの脱退とラベルへの改名を経てリリースされたシングル『Lady Marmalade』が全米チャートを制覇(97年のオール・セインツによるカヴァーや、2002年の映画「ムーラン・ルージュ」でのリメイクもヒット)。それ以外にも、数多くのヒット曲を残してきた。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、パティ・ラベルことパトリシア・ルイス・ホルト。

77年にソロへと転向すると、『I'm in Love Again』や『Winner in You』、『Flame』など、多くのヒット作を発表。グラミー賞を2度獲得する一方で、女優業にも挑戦。エミー賞にノミネートするなど、マルチな才能を発揮してきた。

本作は、2007年の『Miss Patti's Christmas』以来となる、10年ぶりのフル・アルバム。直近の3作品はポップスやソウル・ミュージックの名曲をカヴァーした『Classic Moments』や、ゴスペルに挑戦した『The Gospel According to Patti LaBelle』、彼女にとって2枚目のクリスマス・アルバムとなる『Miss Patti's Christmas』など、コンセプトが明確な作品だった。今回のアルバムも過去作の路線を踏襲。3名のホーン・セクションを含む本格的なジャズ・バンドによる演奏をバックに、ソウル・ミュージックの世界で培った力強い歌声と豊かな表現力を惜しげもなく披露した、本格的なジャズ・ヴォーカル作品に纏め上げている。

アルバムの1曲目”The Jazz In You”は、60年代に活躍した女性シンガー、グロリア・リンの持ち歌としても知られるミディアム・ナンバー。原曲の怪しげな雰囲気はそのままに、キャリア60年を超える大ベテランらしい妖艶な歌声で、よりエロティックな楽曲に仕上げている。70歳を超えるベテランとは思えない、艶めかしいヴォーカルを堪能してほしい。

これに対し、アート・ブレイキーの代表曲で、今もテレビ番組等で頻繁に使用されている”Moanin'”のカヴァーは、ジョー・ヘンドリックスが歌詞をつけたヴォーカル・ヴァージョンを披露。ヴォーカル入りの演奏としては、ランバート、ヘンドリックス&ロスが62年にレコーディングしたものが有名だが、彼女のヴァージョンでは、リズムやメロディをあえて崩すことで、ソウル・ミュージックの世界で鍛え上げた歌の技術を活かした、ダイナミックな演奏に纏め上げている。原曲のメロディを大胆に改変することで、ヴォーカルの表現力を強調した手法は、オーティス・レディングがローリング・ストーンズの”Satisfaction”やテンプテーションズの”My Girl”をカヴァーした時のことを思い起こさせる。

一方、ジェイムス・ムーディーがペンを執り、ブロッサム・ディアリーが歌入りの演奏を吹き込んだことでヴォーカル作品としても有名になった”Moody's Mood”のカヴァーは、デトロイト出身のシンガー・ソングライター、ケムをゲストに迎えたデュエット作品。エイミー・ワインハウスやクウィーン・ラティファなど、多くのシンガーに歌われてきた人気曲を、あえてオリジナルに忠実なスタイルで歌うことで、ソウル・シンガーとしてのキャリアの中で習得した大胆さと、ジャズ・シンガーに求められる繊細さを同居させた、彼女にしかできないパフォーマンスに落とし込んでいる。

そして、本作の目玉ともいえるのが、ビリー・ホリデーが1946年に発表したバラード”Don't Explain”だ。エッタ・ジェイムスやサラ・ボーハムなど、多くの名シンガーが挑戦してきた有名曲を、彼女はピアノ・トリオ+トランペットのシンプルな編成をバックに歌唱。地声からファルセット、ピアニッシモからフォルテッシモまで、使える声域と強弱をフル活用して、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。シンプルな編成のバンドによる、絶妙なさじ加減の伴奏が、リスナーの耳を彼女の歌声に集中させている点にも注目してほしい。

今回のアルバムは、ポップスからゴスペルまで、色々な音楽に取り組んできた彼女のキャリアを総括するような、色々な表現が楽しめる作品だ。おそらく、ソウル・ミュージックに比べると圧倒的に少ない数の楽器で、一つ一つの音をじっくりと聴かせるジャズのスタイルを彼女なりに解釈し、細部まで気を配りつつ、要所要所で大胆な表現を聴かせたことが功を奏したのだと思う。

ポップ・シンガーから希代の名歌手に上り詰めた彼女だからこそできる、少女のように豊かな表情とベテランらしい老練さを両立した珠玉のヴォーカル・アルバム。アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスとは異なるアプローチで「歌」を究めた、ヴォーカル作品の傑作だろう。

Producer
Armstead Edwards, Zuri Edwards, Patti LaBelle, Jamar Jones

Track List
1 The Jazz In You
2. Wild Is The Wind
3. Moanin'
4. Till I Get It Right
5. Moody's Mood feat. Kem
6. Softly As I Leave You
7. Peel Me A Grape
8. Don't Explain
9. I Can Cook
10. Folks Who Live On The Hill
11. Go To Hell
12. Song For Old Lovers
13. Here's To Life

Bel Hommage
Patti Labelle
Gpe Records
2017-05-05


Trombone Shorty - Parking Lot Symphony [2017 Blue Note]

4歳のときに楽器を始め、十代の頃からスタジオ・ミュージシャンとして活動している、音楽の都、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のトロンボーン奏者、トロンボーン・ショーティことトロイ・アンドリューズ。自身の名義では11枚目、ブルー・ノートに移籍してからは初となるフル・アルバム。

スタジオ・ミュージシャンとしては、ドクター・ジョンやギャラクティックのようなニューオーリンズ出身の人気アーティストだけでなく、エリック・クラプトンやマーク・ロンソンのような他地域出身の大物ミュージシャンまで(余談だが、メイヴィス・ステイプルズの2016年作『 Livin' On A High Note』でも演奏している)、色々な人の作品に携わる一方、自身の名義でも2002年に初のリーダー作となる『Trombone Shorty's Swingin' Gate,』を発表。その後も、複数の名義で多くのアルバム(ライブ録音を含む)を残してきた。

彼が生まれ育ったニューオーリンズは、ジャズやスワンプ・ポップ、ニューオーリンズ・ファンクなど、色々な音楽を育んだ都市として知られている。そんな土地で育った彼の音楽も、同地の豊かな音楽シーンを反映したものだ。今回のアルバムでは、自作の曲に加えて、ミーターズやアーニーK.ドゥーといった地元出身のファンク・バンドやソウル・シンガーの曲もカヴァー。トロンボーンの他に、歌やピアノも披露した意欲作になっている。

肝心の内容だが、なにはともあれ、R&Bやソウル・ミュージックが好きな人にとって見逃せないのは、2つのカヴァー曲だろう。

ミーターズの74年作『Rejuvenation』に収められている”It Ain't No Use”のカヴァーは、11分に及ぶ大作だった原曲の魅力を、4分間に凝縮したミディアム・テンポのファンク・ナンバー。トロイのヴォーカルはオリジナル・ヴァージョンで歌っていたレオ・ネセントリのものと比べると、線が細く、退廃的な雰囲気すら感じさせる。だが、ニューオーリンズのファンク・ミュージックが持つ、一人一人の演奏者の音色を活かした奔放なサウンドと、のんびりとしているようで緻密で躍動感に溢れたグルーヴは、原曲を忠実に再現している。演奏者のキャラクターによって、同じ曲でも全く違う演奏に仕上がる、ニューオーリンズ音楽の特徴が反映された楽曲だ。

一方、アーニーK.ドゥーが70年に発表したヒット曲”Here Come The Girls”のカヴァーは、マーチング・バンドのエッセンスを取り込んだビートの上で、洗練された歌声を響かせるミディアム・ナンバー。セカンド・ライン(ニューオーリンズで死者を埋葬したあと演奏される陽気なダンス音楽)の要素を取り込んでおり、落ち着いた雰囲気の中にも、どこか陽気な部分が感じられる。

それ以外のオリジナル曲に目を向けると、彼自身がヴォーカルを担当した”Dirty Water”が特に魅力的な作品だ。トロンボーンをピアノとマイクに持ち替え、弾き語りスタイルで切々と言葉を紡ぎ出す姿がいとおしいミディアム・ナンバーだ。甘いヴォーカルはベイビーフェイスに、流麗なメロディはサム・スミスの作風を思い起こさせる。

また、本作では希少なスロー・ナンバー”No Good Time”は、彼自身がキーボードも担当。カシーフやフレディ・ジャクソンといった、80年代に活躍した著名なソウル・シンガーの作品を思い出す洗練されたメロディや伴奏に乗せて、甘い歌声を聴かせてくれる、ブラック・コンテンポラリーっぽい曲だ。曲の中盤でホーン・セクションによるロマンティック演奏が、ムーディーな雰囲気を掻き立てている。このアルバムの収録曲の中では、最もニューオーリンズっぽくない録音だが、確かな演奏技術で、あらゆる手法を自分達の音楽に取り込む作風は、間違いなくニューオーリンズの演奏家のスタイルだと思う。

近年のブルー・ノートは、ハンク・モブレイやアート・ブレイキーの録音を送り出してきた、ハード・バップやモダン・ジャズを探求するレーベルから、ノラ・ジョーンズやロバート・グラスパーに代表されるような、ジャズを軸に、色々な音楽を幅広く取り込もうとするミュージシャンを輩出する、総合音楽レーベルへと姿を変えようとしている。本作は、その方針をストレートに体現したもので、ニューオーリンズという、色々な音楽が生まれ、共存している街のミュージシャンらしい、ソウルやファンク、ポップスやロックの要素を取り込んだ、ごった煮のようなジャズ作品に仕上がっている。

「ジャズ」や「ソウル」という一つの枠にとらわれない、色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り込んだ、雑駁なようで一本筋の通った良作。普段ジャズを聴かないorジャズしか聴かない人に手に取ってほしい。

Producer
Chris Seefried
Track List
1. Laveau Dirge No. 1
2. It Ain't No Use
3. Parking Lot Symphony
4. Dirty Water
5. Here Come The Girls
6. Tripped Out Slim
7. Familiar
8. No Good Time
9. Where It At?
10. Fanfare
11. Like A Dog
12. Laveau Dirge Finale





パーキング・ロット・シンフォニー
トロンボーン・ショーティ
ユニバーサル ミュージック
2017-05-03

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ