melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Funk

Matador! Soul Sounds - Get Ready [2018 Color Red Records, P-Vine]

90年代後半、クラブ・イベントで演奏するためにニュー・マスターサウンドを結成し、以後20年、躍動感と高揚感が魅力の本格的なファンクを聴かせてきた、ウェールズ出身のギタリスト、エディ・ロバーツ。3人編成でありながら、大規模なバンドにも見劣りしない力強い演奏で、大小さまざまな会場を沸かせてきた、ニューヨーク発のファンク・バンド、ソウライブのドラマー、アラン・エヴァンス。出身地も演奏スタイルも違うが、ともにジャズやファンクへの深い愛情を感じさせる作風で、多くのファンを魅了してきた二人が手を組んだのが、このマタドール!ソウル・サウンド。

他のメンバーには、モニカやファーギーのような有名ミュージシャンの作品にも関わっているケヴィン・スコットや、クリスチャン・フランキやマーク・ストーンといった実力派のアーティストの録音にも参加しているクリス・スピーズ、オルゴンやニュー・マスター・サウンズの楽曲にも起用されているエイドリオン・ドゥ・レオンや、ロータスの作品にも名を連ねているキム・ドーソンなど、個性豊かな面々が顔を揃えている。

アルバムの1曲目は、本作に先駆けてリリースされたシングル曲”Get Ready”、DJプレミアやピート・ロックの作品を彷彿させる複雑なビートと、ジミー・スミスやシャーリー・スコットを思い起こさせるダイナミックでポップなオルガンの演奏が光る佳曲。ジャズとヒップホップを融合した作風は、ニュー・マスターサウンドともソウライブとも一味違う。

これに対し、両者が在籍するバンドの作風を積極的に取り入れたのが”The State Of Affairs”だ。ファンクを基調にしたビートはニュー・マスターサウンドの作風に近いし、グラント・グリーンを連想させる軽やかなギターの演奏は、ソウライブの楽曲っぽい。両者が相手の在籍するバンドのスタイルを演奏し、一つの楽曲に融合させた遊び心が印象的だ。

また、”Get Ready”のB面に収録されていた”Mr Handsome”は、チャールズ・ライト&ワッツ103rdストリート・バンドの”Express Yourself”やジェイムス・ブラウンの”Hot Pants”などを連想させる、軽快なビートと陽気なオルガンの演奏が心地よいアップ・ナンバー。ドラムの音数を増やした複雑なビートでありながら、聴き手に軽やかな印象を与えるのは、アランの高い演奏技術の賜物か?ヒップホップ世代にも馴染みのあるビートを取り入れつつ、リラックスして楽しめる軽妙な演奏に昇華するスキルは流石としか言いようがない。

そして、陽気な楽曲が多い本作では異色の、ロマンティックな雰囲気が魅力なのが”Computer Love”だ。ベティ・ライトやグウェン・マクレーのようなアメリカ南部のソウル・ミュージックにも通じる、洗練されたビートの上で、全盛期のジョージ・ベンソンが演奏しているかのような艶めかしい音色を響かせるギターが魅力の作品。シンセサイザー全盛期の時代だからこそ、彼らのような楽器の音を丁寧に聴かせる音楽が新鮮に聴こえる。

このアルバムの面白いところは、アメリカのミュージシャンが好んでカヴァーする黒人音楽と、イギリスのミュージシャンが積極的に演奏する黒人音楽を一つの演奏に同居させているところだろう。今も多くのファンを魅了する60年代のソウル・ミュージックやファンク、ジャズを土台にしながら、好みが異なる両国のミュージシャンの個性を上手に反映している点が特徴だ。しかも、単に両者の趣味趣向を足して2で割った音楽を作るのではなく、アレンジの幅を広げる手段にしている点にも着目すべきだろう。

経験と知識が豊富な二人だからこそ作れた、独創的なファンク作品。往年の黒人音楽の豊かな表現のい美味しいところを抽出し、一枚のアルバムに凝縮した聴きどころだらけの良盤だ。

Producer
Eddie Roberts, Alan Evans

Track List
1. Get Ready
2. Stingy Love
3. Too Late
4. The State Of Affairs
5. Anything For Your Love
6. Mr Handsome
7. El Dorado
8. Cee Cee
9. Soulmaro
10. Covfefe
11. Theme For A Private Investigator
12. Computer Love
13. Ludvig
14. Move Move Move




ゲット・レディ
マタドール! ソウル・サウンズ
Pヴァイン・レコード
2018-03-02

Vulfpeck - Mr. Finish Line [2017 Vulf Record]

ミシガン大学に併設されている音楽学校に通っていた学生達が結成、母校に併設されている音楽ホールでのパフォーマンスをきっかけに活動を開始した、アナーバー発の4人組ファンク・バンド、ヴァルフパーク。

ディープ・パープルやT.レックス、クウィーンなどを手掛けている名プロデューサー、レインホルド・マックの知己を得た彼らは、ドイツ向けの楽曲を制作。2011年に動画投稿サイトで公開した”Beastly”を皮切りに、ストリーミング・サイトや音楽配信サイト、フィジカル・リリースなど、様々な媒体を経由して作品を発表。ファンク・ブラザーズやレッキン・クルー、マッスル・ショールズ・サウンド・セクションのような、60年代から70年代にかけて、音楽シーンを彩ってきた名バンドを思い起こさせる、ダイナミックな演奏で多くのリスナーを沸かせてきた。

このアルバムは、2016年にリリースされた『The Beautiful Game』以来となる、通算3枚目のスタジオ・アルバム。制作と演奏は、これまでの作品同様ジャック・スタートンを中心としたメンバーの手によるもの。しかし、驚くべきは膨大な人数のゲスト達。デイビッドT.ウォーカーやブーツィー・コリンズのようなビッグ・ネームを中心に、チャールズ・ジョーンズやジェイムス・ギャドソンといった大ベテランや、ココOのような同世代のアーティストまで、幅広い世代の実力派ミュージシャン達が、この作品のために集結している。

アルバムの1曲目”Birds Of A Feather, We Rock Together”は、彼らの作品に何度も携わっているアントワン・スタンリー・スタントリーをフィーチャーした作品。70年代のアイズレー・ブラザーズを連想させる流麗な伴奏と、マックスウェルや初期のロビン・シックを思い起こさせる繊細なヴォーカルの組み合わせが心地よいスロー・ナンバー。音数を絞ることで、一つ一つの楽器を丁寧に聴かせるアレンジと、滑らかな演奏が気持ちよい曲だ。

続く”Baby I Don’t Know Oh Oh”は、60年代から70年代にかけて複数の録音を残し、近年はジョス・ストーンなどの作品にかかわっているシンガー・ソングライターのチャールズ・ジョーンズをヴォーカルに起用したスロー・ナンバー。各メンバーが楽器を叩くような演奏を聴かせるバック・トラックは、を他の曲とは一線を画している。泥臭いヴォーカルと、荒々しい伴奏の組み合わせはウィリアム・ベルの2016年作『This Is Where I Live』 にも似ているが、少しパワーが足りないのが気にかかる。

そして、本作の目玉といっても過言でないのが”Running Away”と”Grandma”の2曲だ。マーヴィン・ゲイの『I Want You』やビル・ウィザーズの『Still Bill』などで、気持ちいいグルーヴを聴かせてきたジェイムス・ギャドソンと、ビリー・プレストンやメリー・クレイトンの作品に携わりながら、自身の名義でも多くの作品を録音してきた、20世紀を代表するギタリスト、デイビッドT.ウォーカーを招いた楽曲。

”Running Away”は、静かにリズムを刻むジェイムスのドラムと、艶めかしい音色を響かせるデイビッドのギターが心に浸みるミディアム・バラード。マーヴィン・ゲイを連想させるジョーイ・ドシックの繊細なヴォーカルが心に残る。

また、”Birds Of A Feather, We Rock Together”でもマイクを握っている、アントワン・スタンリーをヴォーカルに招いた”Grandma”は、太い音色を使ったグラマラスな伴奏と、強靭なヴォーカルの組み合わせが心に浸みるバラード。豊かな声量を存分に聴かせながら、エロティックに聴かせるスタイルは、往年の名シンガー・ソングライター、リオン・ウェアの姿を彷彿させる。リオン・ウェアの『Musical Massage』やジョニー・ブリストルの『Bristol's Creme』などで、ロマンティックな演奏を披露してきた大先輩を招き、当時のサウンドを2017年に再現している。

彼らの音楽の面白いところは、ミシガン州の出身でありながら、所謂モータウン・サウンドに捉われず、色々なスタイルを取り込んでいるところだろう。本作でも、モータウンを支えた名シンガー、リオン・ウェアやジョニー・ブリストルの作品で演奏していた面々を起用しているもの、そのスタイルはモータウンが西海岸に移った70年代の作風を取り入れている。それ以外にも様々な地域で流行したジャズやファンクのエッセンスを曲の随所に取り込み。自分達の糧にしていることは、本作で披露された多彩な演奏スタイルからもよくわかる。そんな音楽性はもっと評価されるべきだろう。

過去の名作に慣れ親んだ若い世代が、現代人の感性でそれらの音楽を解釈した魅力的な作品。ジャズ、ソウル、ファンク、ヒップホップ、色々なジャンルの要素が詰まった本作からは、多くの人から受け入れられるポテンシャルを感じる。

Producer
Jack Startton

Track List
1. Birds Of A Feather, We Rock Together feat. Antwaun Stanley
2. Baby I Don’t Know Oh Oh feat. Charles Jones
3. Mr. Finish Line feat. Christine Hucal, Theo Katzman
4. Tee Time
5. Running Away feat. David T. Walker, James Gadson, Joey Dosik
6. Hero Town feat. Michael Bland
7. Business Casual feat. Coco O
. 8. Vulf Pack
9. Grandma feat. Antwaun Stanley, David T. Walker, James Gadson
10. Captain Hook feat. Baby Theo, Bootsy Collins, Mushy Kay







N.E.R.D. - No One Ever Really Dies [2017 I am Other, Columbia]

2014年にソロ名義でリリースした”Happy”が世界的なヒットとなり、その後も、映画「ミニオンズ」シリーズや「ドリーム」などの映画のサウンドトラックをプロデュース。それ以外にも、ダフト・パンクやカルヴィン・ハリスの作品で自慢の喉を披露している、売れっ子ミュージシャンのファレル・ウィリアムス。そして、彼と組んだプロダクション・チーム、ネプチューンズの名義で、ジェイZやノー・ダウト、宇多田ヒカルなどにヒット曲を提供してきたチャド・ヒューゴ。彼らにシェイ・ヘイリーなどのメンバーを加えたバンドが、このN.E.R.D.だ。

デビュー前から、ネプチューンズが携わった作品のレコーディングやライブなどで腕を振るってきた彼らは、2002年にアルバム『In Search Of...』を発表。乾いた音色を使った軽快なトラックが魅力のネプチューンズとは全く異なる、荒々しいギターの演奏が光る”Rock Star”などのヒット曲を残すが、 商業的には今一歩の結果に終わる。その後、2004年に『Fly or Die』をリリース。同作からシングル・カットされた”She Wants to Move”がQ-ティップやデ・ラ・ソウルなどが名を連ねる、ネイティブ・ダンの面々を起用したリミックス・ヴァージョンも含めヒット。また、2008年には『Seeing Sounds』、2010年には『Nothing』を発売している。

このアルバムは、前作から約7年ぶりとなる通算5枚目となるスタジオ・アルバム。リアーナケンドリック・ラマー、エド・シーランといった、今をときめく人気ミュージシャンが顔を揃えた、ヒット・メイカーらしい豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目は、ファレルに加え、トリッキー・スチュアートのところで活動していた、カーク・ハレルが制作に携わった”Lemon”。ゴムボールのように跳ねるビートと、ピコピコという電子音を組み合わせたトラックは、クリプスの”Grindin'”などで一世を風靡した、2000年代初頭のネプチューンズを思い起こさせる。しかし、ドラムン・ベースを連想させるビートや、曲調を次々と切り替えてリスナーの度肝を抜く手法は、ヒップホップの枠に捉われないN.E.R.D.っぽい。変則的なビートをしっかりと乗りこなすリアーナの存在も見逃せない。

これに対し、グッチ・メインウェイルという、重くパンチの効いた声が魅力のラッパー二人が参加した”Voilà”は、乾いたギターの音色が心地よいアップ・ナンバー。ギターやベースを使って、ロックの要素を盛り込むスタイルは、デビュー作のころから変わらないN.E.R.D.らしいものだ。肩の力を抜いたラップで、軽快な伴奏に溶け込んだ2人のラップもいい味を出している。

また、フューチャーを招いた”1000”は、アーハの”Take on Me”を思い起こさせる、軽快な伴奏が格好良いアップ・ナンバー。途中で細かく刻んだ声ネタを盛り込んだり、クイーンの”We Will Rock You”を連想させるフレーズが飛び出すのも面白い。大胆な発想で強烈な印象を残しつつ、ポップスとして完成させる彼らのスキルが発揮された良曲だ。

そして、本作の隠れた目玉が、ケンドリック・ラマーをフィーチャーした”Don't Don’t Do It!”だ。カーティス・メイフィールドの”Tripping Out”を彷彿させる、しっとりした伴奏の上で切ない歌声を聴かせたと思いきや、途中からパンク・ロックに切り替わる奇想天外な曲。今をときめくケンドリック・ラマーが、唸るようなギターの演奏をバックに歌う光景は必聴。

個性的なサウンドで多くのヒット曲を生み出してきた、ネプチューンズやファレルの作品とは一味違う、ドラムン・ベースやグライム、パンク・ロックといった、色々な音楽のエッセンスを取り入れた音楽性が魅力のN.E.R.D.。久しぶりの新作でも、彼らの持ち味は変わっていない。

しかし、今回の作品では”Lemon”のように、ヒップホップのトレンドと呼応したような作品が目立っている。それは、彼ら地震がトレンドを意識したことも大きいが、ブラッドオレンジソランジュをプロデュースし、ゴリラズのアルバムに多くのラッパーが参加したように、ロックやエレクトロ・ミュージックとヒップホップやR&Bの距離が縮まり、混ざり合った曲が増えたことも大きいと思う。そんな、色々なジャンルの音楽が混ざり合った時代を先取りしつつ、流行とは一定の距離を置いた作品に落とし込んでいることが、彼らの音楽の魅力だと思う。

新しいトレンドを生み出してきた彼らの、本気が伺える佳作。これまでの作品同様、商業的に大きく成功するタイプの作品ではないが、今後のヒップホップやR&Bのトレンドを先取りした演奏が楽しめる。音楽のファッションショーといった趣のアルバムだ。

Producer
Pharrell Williams, Chad Hugo, Kuk Harrell, Mike Larson, Rhea Dummett

Track List
1. Lemon feat. Rihanna
2. Deep Down Body Thurst
3. Voilà feat. Gucci Mane and Wale
4. 1000 feat. Future
5. Don't Don’t Do It! feat. Kendrick Lamar
6. ESP
7. Lightning Fire Magic Prayer
8. Rollinem 7's feat. André 3000
9. Kites feat. Kendrick Lamar and M.I.A.
10. Secret Life Of Tigers
11. Lifting You feat. Ed Sheeran




No One Ever Really Dies
N.E.R.D
Sony
2017-12-15

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ