ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性シンガー・ラッパー

Lais – Give Me One More [2017 Lavish Rcords]

ドレイクやパーティーネクストドアのようなヒップホップ、R&B畑のアーティストから、ジャスティン・ビーバーのようなポップ・スター、バッドバッドノットグッドのようなファンク・バンドに、ケイトラナダのようなクリエイター、フランク・デュークスやボイ・ワン・ダなどのプロデューサーまで、多彩な才能を輩出し、世界の音楽市場で存在感を強めているカナダ出身のミュージシャン達。

同国発の音楽は、メジャー・レーベルが扱うものに留まらず、インターネットなどを経由して公開されるインディーズのミュージシャンでも台頭。インターネット上で発表した楽曲がブレイクのきっかけとなったドレイクのほか、モーリス・ムーアやJRDN(ジョーダン)のような、コアな音楽ファンをターゲットにしたミュージシャンも数多く登場している。

2017年12月に4作目の録音作品『Give Me One More』を発表したライズも、そんなカナダ出身のアーティストの一人。パキスタン生まれの彼は3歳の時にアメリカに移住、13歳のときにトロントへ移り住み、以後同地を拠点に活動していた。そんな彼は、2014年に初のミックス・テープ『Session One』を発表。同作がアメリカの音楽情報サイトに取り上げられると、その繊細でスタイリッシュな作風が注目を集めた。以後、新作がリリースされるごとに、アメリカの音楽雑誌などで紹介されてきた気鋭の若手だ。

今回のアルバムでも、これまでの録音同様、地元のプロデューサーを数多く起用し、自身もペンを積極的に執るなど、自身が制作に深くかかわった、意欲的な作品になっている。

本作の収録曲で最初に目を引くのは、彼自身がソングライティングとプロデュースを担当した”Outside of Us”。洗練されたトラックはドネル・ジョーンズやカール・トーマスっぽくも聴こえるし、ささやきかけるように歌うスタイルはマックスウェルの姿がダブって見える、2000年代初頭に流行した大人向けのしなやかなR&Bの手法を踏襲したアップ・ナンバー。川のせせらぎのようにしなやかなメロディのバックで、色々なギミックを盛り込んだトラックが鳴り響く面白い作品だ。

これに対し、アルバムに先駆けて公開された”Lil Lavish”は、重いドラムやベースの音を軸にしたトラックをバックに、けだるい歌声を披露するミディアム・ナンバー。ラップを織り交ぜることで、曲にメリハリをつけつつ、陰鬱な雰囲気を演出する技術が光る良曲だ。彼の作品を数多く手掛けているローズの作るトラックは、レコードからサンプリングしたような音を盛り込むことで、90年代のヒップホップのような空気を醸し出している。

そして、ライズとローズに加えシャーが制作に参加した”Instances”は、ダフト・パンクを起用したウィークエンドのヒット・シングル”I Feel It Coming”によく似ている、エレクトロ・ミュージックを取り入れたモダンなビートと、繊細な歌声の組み合わせが心地よいアップ・ナンバー。煌びやかな伴奏をバックに、淡々と歌う姿が印象的な、どこか物悲しい雰囲気のダンス・ミュージックになっている。

しかし、本作のハイライトは何といってもスロー・ナンバーの”Induce”だろう。ピアノやシンセサイザーの音色を巧みに組み合わせたロマンティックなトラックの上で、甘くささやきかけるライズの姿が魅力的なバラードだ。シンプルなトラックに乗せて、艶めかしい歌声を聴かせる手法はマーカス・ヒューストンやトレイ・ソングスのようなR&Bシンガーを彷彿させる。

彼の音楽は、アメリカのR&Bをベースにしつつ、そこに含まれる様々な技法の組み合わせを変えることで、同国の音楽とは一味違う楽曲に仕立てている。また、歌とラップを両立する技術や、武骨な声のラップ、ヴォーカルで見せる繊細な表現や甘い歌声など、多彩な表現を使い分けられることが、彼の音楽にバラエティをもたらしていると思う。

4作目にして、高い完成度と表現の幅を兼ね備えた楽曲を披露した稀有なアルバム。90年代、2000年代のR&Bが持つ、シンプルだけど煌びやかなサウンドを取り入れた、懐かしさと新鮮さを感じる佳作だ。

Producer
Laffey, Lais, ROZE, SHER

Track List
1. Hit Me
2. Outside of Us
3. Lil Lavish
4. Instances
5. Diamonds Tell No Lies
6. Induce
7. Baby Love






Gregory Porter - Nat "King" Cole & Me [2017 Blue Note, Decca]

グレゴリー・ポーターはカリフォルニア州サクラメントに生まれ、同州のベイカーズで育ったシンガー・ソングライター。

牧師の母のもとに生まれた彼は、フットボールの実績を認められ、生活費を含む一切の面倒を見てもらえるフルブライト奨学金を得て大学に進むなど、将来を嘱望されていた。しかし、大学時代に負った怪我が原因でスポーツの道を断念。ニューヨークに移住し、料理人をしながら音楽の道を模索するようになる。

音楽活動を続ける中で、高いパフォーマンスの技術が周囲の耳目を引くようになった彼は、2010年に初のフル・アルバム『Water』をリリース。音楽ファンだけでなく、批評家からも高い評価を受け、グラミー賞にノミネートするなど、大きな成功を収める。その後も、ブルー・ノートを含む複数のレーベルから作品を発表した彼は、豊かな低音と滑らかな高音、それらを組み合わせた巧みな表現を武器に、2010年代を代表するジャズ・シンガーの一人に挙げられるまでになった。

このアルバムは、2016年にブルー・ノートから発売された『Take Me to the Alley』以来、約1年ぶりの新作となる通算5枚目のスタジオ・アルバム。収録曲の全てが1940年代から60年代にかけて、多くのヒット作を残した、シンガー・ソングライター、ナット・キング・コールの楽曲に取り組んだカヴァー集。配給元にジャズの名門、デッカが加わり、制作には6回もグラミー賞を獲得しているプロデューサーのヴィンス・メンドーサのほか、ベースのルーベン・ロジャースやドラムのユリシーズ・オーウェンズといった名うてのミュージシャンが参加。グレゴリーが敬愛するナットの名曲と真摯に向き合った、本格的なカヴァーを披露している。

アルバムの1曲目は、50年に発表された”Mona Lisa”。ドラムの音を抜きオーケストラをバックに、甘い歌声を響かせるスロー・ナンバー。羽毛布団のように柔らかい音色のオーケストラと、メロディをじっくり歌うグレゴリーのコンビネーションは、50年代の音楽の持つ上品で優雅な雰囲気を忠実に再現している。

続く”Smile”は、54年にリリースされた彼の代表曲。喜劇王チャップリンが作曲した映画『モダン・タイムズ』のテーマ曲に歌詞をつけたこの曲は、「笑っている限りは明るい明日が来る」という風刺映画のテーマ曲が元ネタとは思えない、前向きな歌詞と美しいメロディが多くのアーティストに愛され、カヴァーされてきた作品。今回の録音では、流れるようなストリングスの音色をバックに、恵まれた歌声を活かした、力強さと優しさを兼ね備えたヴォーカルを披露している。

また、彼のキャリアの絶頂期である64年にリリースされた”Love”はピアノ、ベース、ドラムの所謂ピアノ・トリオによる伴奏を取り入れた演奏。原曲よりシンプルな編成で、アップ・テンポにアレンジした演奏の上で軽やかな歌を聴かせる姿が印象的。メロディを崩して歌うグレゴリーのスタイルも、オリジナルのメロディを大きく弄らずに歌ったナットのバージョンとは一味違うものだ。ジョス・ストーンやダイアナ・クラールなど、様々なジャンルのミュージシャンが歌ってきた名曲に、大胆なアレンジを加えることで、新鮮な作品に聴かせた発想が光っている。

そして、キューバの作曲家、ファレス・オズヴァルドの作品をカヴァーした演奏が元ネタの”Quizás, Quizás, Quizás”は、パーカッションの音色を効果的に使った、妖艶なラテン・ナンバーをオーケストラの伴奏に乗ってしっとりと歌い上げた斬新なアレンジが光る曲。サビの一部に原曲の面影を感じる箇所もあるが、それ以外は、ラテン音楽がオリジナルとは思えない、ジャズやブルースのエッセンスを取り込んだ50年代風のスロー・ナンバーに仕上げた、ヴィンスのアレンジが功を奏した良曲だ。元々、色々なタイプの曲に対応できる歌手だが、グレゴリーはふくよかな歌声をじっくりと聴かせる曲がよく似合う。

今回のカヴァー集では、彼の持ち味であるふくよかで温かい歌声を活かし、シンプルだがよく練り込まれた演奏をバックに、丁寧な歌唱を聴かせる作品が目立っている。声の太さこそ違うものの、聴き手を包み込むような優しい歌声を武器に、多くの足跡を残してきたナット。彼の音楽を研究し、自分の声質や歌唱スタイルと似た部分を取り入れつつ、異なる部分については自分に合わせてアレンジしたグレゴリーの試みが、見事に成功していると思う。また、現代のジャズとは大きく違う、グルーヴよりも上品で洗練された伴奏の作品が多かった50年代の音楽を、当時のテイストを残しつつ、現代のリスナーの耳にも合うよう、細かい調整をかけている。この、歌と演奏、両方の視点から、当時の音楽を現代向けにアレンジしたことが、本作の面白い点だと思う。

ナットの音楽の普遍的な魅力を引き出しつつ、2017年を生きる彼の音楽に還元した良質なカヴァー集。60年代以降の音楽に比べ、目を向けられることの少ない50年代以前の音楽の良さを現代に伝える貴重な録音だと思う。

Producer
Vince Mendoza

Track List
1. Mona Lisa
2. Smile
3. Nature Boy
4. L-O-V-E
5. Quizas, Quizas, Quizas
6. Miss Otis Regrets
7. Pick Yourself Up
8. When Love Was King (arrangement of an original Gregory Porter composition from Liquid Spirit)
9. The Lonely One
10. Ballerina
11. I Wonder Who My Daddy Is
12. The Christmas Song





ナット・キング・コール&ミー
グレゴリー・ポーター
ユニバーサル ミュージック
2017-10-27


Bruno Mars - Finesse(Remix) feat. Cardi B [2018 Atlantic]

本作に収録されている”24K Magic”や”That's What I Like”が立て続けにヒットし、2016年11月にリリースされた作品ながら、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』に続く、2017年にアメリカで2番目に売れたアルバムとなったブルーノ・マーズの『24K Magic』。次々と新作が発表されるアメリカの音楽市場で、長く親しまれる作品となったこのアルバムから、新たにシングル化されたのが、この”Finesse”だ。

ブルーノが率いるプロダクション・チーム、シャンプー・プレス&カールとステレオタイプスがプロデュースしたこの曲は、ガイやベル・ビヴ・デヴォーなどを思い起こさせる、跳ねるようなビートと電子楽器の音色が格好良い、90年代初頭に流行したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを連想させる、軽快なトラックとキャッチーなメロディが光るダンス・ナンバー。今回のリミックス版では、原曲のトラックやメロディは大きく弄らず、2017年のシングル”Bodak Yellow”がローリン・ヒル以来、約20年ぶりとなる女性ラッパーによる全米ナンバー・ワン・ヒットとなった、カルディBのパフォーマンスを加えたものになっている。

カルディBといえば、男性顔負けのハードなラップが持ち味。だが、この曲では彼女のアグレッシブな側面は残しつつ、ニュー・ジャック・スウィングを意識したビートに合わせ、リスナーを煽って見せるなど、いつもより軽やかで表情豊かな一面を見せている。また、そんな彼女のラップと呼応するように、ブルーノもしなやかで色っぽいヴォーカルを聴かせている。この曲で聴けるパンチの効いたラップとダイナミックなヴォーカルの組み合わせは、斬新なサウンドと、それに負けないパワフルなパフォーマンスで、多くの人の度肝を抜いた、デビュー当時のガイを思い起こさせるものだ。

この曲は、彼が『24K Magic』で見せた、80年代終盤から90年代初頭に流行したR&Bへの、強い傾倒を象徴する作品の一つだ。しかし、この曲が単なる当時の音楽の焼き直しに終わらないのは、共同制作者であるステレオタイプスの豊かな経験による部分が大きい。彼らはジェイソン・デルーロやオマリオンなどの作品を手掛ける一方、韓国のSHINeeやEXO、日本の赤西仁といった、アジアで絶大な人気を誇るミュージシャン達と多くの楽曲を作ってきた。テディ・ライリーがEXOに楽曲を提供し、ゴスペラーズや三代目J Soul Brothersなどがニュー・ジャック・スウィングの手法を取り入れた楽曲を発表するなど、現在も80年代や90年代に流行したスタイルのR&B作品がヒットしているアジアでの経験が、彼らの音楽を単なる当時のリメイクでは終わらない、現代の若いリスナーに向けた新鮮な作品にしていると思う。

各地の文化に合わせ、色々なスタイルの音楽が生まれ、他の地域に波及している2010年代を象徴するようなヒット曲。日本のリスナーには懐かしさすら感じさせるサウンドとメロディが心に残る良質なリミックスだ。

Producer
Shampoo Press & Curl, The Stereotypes

Track List
1. Finesse(Remix) feat. Cardi B




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ