melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

男性シンガー・ラッパー

The Weeknd - After Hours [2020 XO, Republic]

2010年代を代表するヒップホップ・アーティストのドレイクや、人気動画投稿者から世界的なポップ・スターに上り詰めたジャスティン・ビーバーなど、現代のポップス・シーンを牽引するカナダ出身のアーティスト達。彼らは、英語圏でありアメリカに近い土地でありながら、アメリカより安全で豊かな生活を送れるという地理的なメリットを活かし、豊かで多彩な音楽文化を育んできた。

ウィークエンドこと、エイベル・マッコネン・テスファイもそんなカナダ発の世界的なアーティストの一人。エチオピア系移民の両親を持つ彼は、ジャスティンやドレイクのように、インターネット上に公表した自作曲が注目を集め、メジャー・レーベルとの契約を獲得。2012年にユニヴァーサル傘下のリパブリックに設立した自身のレーベル、XOからデビュー・アルバム『Kiss Land』をリリースすると、シンセサイザーを駆使した抽象的なサウンドと、繊細なヴォーカルが高く評価され、アメリカとカナダでゴールド・ディスクを獲得するなど、華々しいデビューを飾った。

そんな彼が大きく飛躍するきっかけになったのは、2016年に発表した三枚目のアルバム『Starboy』と同作のタイトル・トラック。“Get Lucky”などのヒット曲で世界を席巻したフランスの音楽ユニット、ダフト・パンクとコラボレーションした同曲は、プリンスのような色気とマイケル・ジャクソンのポップ・センス、レディオヘッドを連想させる幻想的なサウンドで多くの人の心を掴んだ。

本作は、2018年のEP『My Dear Melancholy』から約2年の間隔でリリースされた、彼にとって通算4枚目のスタジオ・アルバム。多くのゲストを招いた『Starboy』から一転、気心の知れたプロデューサーを中心に、初期の作品のような音数を絞ったビートや、ウィークエンドの繊細なヴォーカルにスポットを当てた本編に、多くのゲストを招いたボーナス・トラックを追加したという、異色のアルバムになっている。

アルバムに先駆けて発表された”Heartless”はアトランタを拠点に活動するプロデューサー、メトロ・ブーミンと制作した楽曲。トラップが得意なメトロ・ブーミンらしい、変則的なビートと、教会音楽のように荘厳なシンセサイザーの伴奏が印象的。リル・ウジ・バートが参加したリミックス版では、ドラムのかわりに大地をうねるようなベース・ラインを強調したアレンジになっている。

これに対し、スウェーデンの作家、マックス・マーティンと共作した”Scared to Live”は、オルガンのような音色の伴奏が印象的なバラード。繊細な歌声が魅力の彼には珍しい、朗々と歌う姿が心に残るソウルフルな楽曲だ。ボーナス・トラックとして収められたライブ・ヴァージョンでは、バンドの演奏をバックにダイナミックなパフォーマンスを披露する姿が楽しめる。

また、マックス・マーティンがペンを執った“Blinding Lights”は、A-haの”Take On Me”を彷彿させる、疾走感のあるビートと、アナログ・シンセサイザーっぽい音色の伴奏が格好良いアップ・ナンバー。リミックス版は、アナログ・シンセサイザーの音色こそ使っているものの、ゆったりとしたテンポの伴奏と、じっくりと歌いこむウィークエンドのヴォーカルが光る切ない雰囲気のバラードに仕上がっている。

そして、本作のリリース直後にリカットされた”In Your Eyes”は、『Starboy』に収録されているダフト・パンクとのコラボレーション曲”I Feel It Coming”の路線を踏襲した楽曲。YMOやクラフトワークのような80年代の電子音楽を思い起こさせるモダンな音色のシンセサイザーを多用した伴奏をバックに切々と歌う彼の姿が魅力のミディアム・ナンバーだ。『Starboy』で彼のことを知ったファンなら、きっと気に入ると思う良曲だ。

今回のアルバムは、デビュー当初の先鋭的なサウンドに回帰しながらも、『Starboy』以降のテクノ・ポップやヒップホップを取り入れた路線の曲も収録することで、大衆性と独創性を両立したものだ。マックスウェルにも通じる繊細なファルセット・ヴォイスと、フライング・ロータスやサンダー・キャットにも見劣りしない尖ったサウンドを土台にしつつ、ポップな曲から先鋭的な曲まで、幅広い作品を並べている。この、豊かな想像力とヒットのツボを確実に突く鋭い嗅覚のバランスが、彼の音楽を魅力的なものにしているのだと思う。

プリンスの先鋭的なサウンドと、マイケル・ジャクソンの大衆性を、高いレベルで両立したアルバム。『Starboy』のキャッチーさと、初期作品の鋭いセンスを両立した、彼の新境地ともいえる作品だ。

Producer
The Weeknd, Kevin Parker, Max Martin, Metro Boomin, Ricky Reed etc

Track List(通常版のもの)
1. Alone Again
2. Too Late
3. Hardest To Love
4. Scared To Live
5. Snowchild
6. Escape From LA
7. Heartless
8. Faith
9. Blinding Lights
10. In Your Eyes
11. Save Your Tears
12. Repeat After Me (Interlude)
13. After Hours
14. Until I Bleed Out




After Hours
The Weeknd
Republic
2020-03-20

Joji - Ballads 1 [2018 88rising, 12Tone, Warner]

2018年11月、アジア出身のソロ・アーティストとしては最高記録となる、ビルボードの総合アルバム・チャートの3位を記録したことで、一躍時の人となったジョージことジョージ・ミラー。

オーストラリア人と日本人の両親の間に生まれた彼は、大阪生まれの大阪育ち、神戸のインターナショナル・スクールで学んできたという日本人。そんな彼は、同世代の人々と同じように、早くからインターネットに馴れ親しみ、音楽活動の前には面白動画やコメディ・ラップなどを投稿していた。しかし、健康問題を理由に動画投稿からは引退。アメリカに移住し、大学生活の傍ら、音楽活動に打ち込むようになる。

音楽活動に力を入れるようになった彼は、中国のハイヤー・ブラザーズや、インドネシアのリッチ・ブライアンなど、アジア出身のミュージシャンをアメリカでブレイクさせている西海岸のレーベル88ライジングと契約。電子音楽やロックなど、様々なジャンルの音楽を消化したサウンドと、作詞、作曲、アレンジの全てをこなせる高い技術で頭角を現した。

本作は、ジョージ名義では2017年の『In Tongues』以来、約1年ぶりの新作となる、初のフル・アルバム。彼自身が全ての曲の制作に関わる一方、サンダーキャットやRLグライムといった、名うてのクリエイターがプロデューサーとして名を連ねた、新人らしからぬ豪華な作品になっている。

セルフ・プロデュースによる”Attention”から続く先行シングル”Slow Dancing in the Dark”は、パトリック・ウィンブリーがプロデュースを担当したスロー・ナンバー。ソランジュの”Don't Touch My Hair”などのヒット曲に携わっていることでも知られるパトリックのアレンジは、シンセサイザーの響きを効果的に聴かせたもの。ヴォーカルを引き立てる音数を絞った伴奏でありながら、前衛音楽のような抽象的な作品にはせず、ポップで聴きやすいR&Bに纏め上げた手腕が光っている。

これに続く”Test Drive”は、トラップやEDMの分野で知られるRLグライムが制作に参加したバラード。ハットを細かく刻んだリズムと、哀愁を帯びたピアノの伴奏を組み合わせたトラックが心に残る。変則ビートを取り入れたスタイルは、ティンバランドがプロデュースしたアリーヤの『One in a Million』にも通じるものがあるが、こちらは歌や伴奏をじっくりと聴かせる作品。現代の尖ったヒップホップをソウル・ミュージックに昇華している。

また、電子音楽畑のクラムス・カジノとジャズ出身のサンダーキャットを起用した”Can't Get Over You”は、80年代のテクノ・ポップを思い起こさせる粒の粗い音を使ったビートと、少しだけエフェクターをかけたヴォーカルが醸し出すレトロな音と、ニーヨやにも通じるらしい爽やかで洗練されたメロディの組み合わせが新鮮な作品。昔の音色を現代の音楽に昇華するスタイルは、サンダーキャットの『Drunk』にも少し似ている。

そして、本作の収録曲では一番最初に公開された”Yeah Right”は彼のセルフ・プロデュース作品。オルゴールのような可愛らしい音色を効果的に使ったロマンティックなトラックと、甘いメロディ、機械で加工した武骨な歌声を組み合わせた異色のバラード。ゴツゴツとしたヴォーカルを、柔らかいメロディのソウル・ミュージックのアクセントに使った演出が新鮮。彼の独創的な発想と確かな技術を端的に示している。

このアルバムの魅力は、アメリカのR&Bの潮流を押さえつつ、その枠を軽々と超える大胆な切り口の楽曲を並べているところだ。トラップやネオ・ソウル、エレクトロ・ミュージックといった、アメリカのR&Bミュージシャンが多用する手法を用いながら、甘いメロディや、加工されたゴツゴツとした歌声といった、他のアーティストの作品では見られない演出が随所にみられるのは面白い。

また、ヒップホップのビートの要素を取り入れながら、90年代のR&Bのような、メロディをじっくりと聴かせる曲が揃っている点も珍しい。おそらく、アメリカ国外で生まれ育ち、コメディなどの動画も作ってきた経歴が、アメリカのR&Bとは一線を画した個性的な音楽を生み出しているのだろう。

ヴォーカル・グループはともかく、本格的なR&Bやヒップホップを歌えるシンガー・ソングライターとなると、まだまだ存在感が弱い東アジア。同地域から、母国でのプロ経験を積まず、直接アメリカでデビュー、成功した彼は、「アジア人に厳しい」と言われていたアメリカのR&B市場に、偉大な記録を残した。ユニークな切り口と確かな実力に裏打ちされた独創的な音楽は「アジア人にしか作れないR&B」の可能性を感じさせる。個性的なキャリアに裏打ちされた、唯一無二の新鮮なR&Bが楽しめる傑作だ。

Producer
Joji, Patrick Wimberly, RL Grime, Clams Casino, Thundercat, Rogét etc

Track List
1.Attention
2.Slow Dancing In The Dark
3.Test Drive
4.Wanted U
5.Can’t Get Over You Feat. Clams Casino
6.Yeah Right
7.Why Am I Still In La Feat. Shlohmo & D33J
8.No Fun
9.Come Thru
10.R.I.P. Feat. Trippie Redd
11.Xnxx
12.I’ll See You In 40






BALLADS 1
JOJI
Warner Music
2018-11-09

Zion.T - ZZZ [2018 Black Label, YG Entertainment]

2016年にYGエンターテイメント傘下のブラック・レーベルに移籍後すると、翌年に発表したEP『OO』がビルボードのヒートシーカーズ・チャート(総合アルバム・チャートの100位以内、およびジャンル別チャートの10位以内に一度も入ったことのないアーティストが対象のチャート)に入るスマッシュ・ヒットとなり、2017年にはロンドン公演、2018年初頭には北米ツアーを敢行するなど、日本よりも欧米で人気のあるシンガー・ソングライター、ザイオン.Tこと、キム・ヘス。

2017年末に発表したシングル”Snow”が韓国チャートを制覇し、2018年にはサマー・ソニックに出演して日本デビューを果たすなど、着実に成果を上げてきた彼。個性的な音楽性とアプローチで、これまでに日本に進出した韓国人アーティストとは異なる方面からファンを増やしてきた。

本作は、『OO』から約1年半の間隔を経てリリースされた通算3枚目のEP。楽曲制作では、ピージェイやジョー・リーといったブラック・レーベルの同僚を起用し、ゲストにはレッド・ベルベットのスルギやヒョゴのオ・ヒュクといった、YGエンターテイメントのアーティストの作品ではあまり名前を見ない面々を招いている。

アルバムに先駆けて発表されたシングル曲”Hello Tutorial”は、SMエンターテイメント所属の女性グループ、レッド・ベルベットのスルギをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。ビッグバンや2Ne1の楽曲を手掛け、今年に入ってからはビッグバンのV.I.のアルバムからの先行シングル、”1,2,3!”を手掛けたことでも話題になったソ・ウンジンが制作に参加した曲だ。ミリオン・セラーを達成した前作のシングル曲”The Song”を彷彿させる柔らかいメロディを歌うザイオン.Tと、彼の声を優しく包むような柔らかいシンセサイザーの伴奏、線は細いが芯の強い声が印象的なスルギのヴォーカルの組み合わせが心に残るバラード。YGに移籍する前には、スルギの所属事務所の先輩にあたる、シャイニーのジョンヒョンの作品に客演したことがあるものの、傘下のレーベルとはいえYG所属のアーティストがSMの所属アーティストとコラボレーションするのは異例。G-ドラゴンやPSY、ダイナミック・デュオといった、韓国を代表する大物アーティストの作品に関わってきた彼の個性と社交性が遺憾なく発揮された楽曲だ。

これに対し、Eセンスと組んだ”Malla Gang”は、90年代のマスター・Pやティンバランドの音楽を思い起こさせる、バウンス・ビートを取り入れたヒップホップ作品。刺々しい音色を使うことが多いバウンス・ビートの作品では珍しい、バンドの生演奏のようにも聞こえる柔らかい音を使ったトラックが新鮮だ。しなやかなテナー・ヴォイスを活かした小回りの利くザイオン.Tのラップが堪能できる。ラップから歌へと、切れ目なく繋ぐ技術も光っている。Eセンスの荒っぽいラップが楽曲に起伏をつけている点も面白い。

また、一時はYG傘下のハイランドに在籍していたこともあるオルタナティブ・ロック・バンド、ヒョゴのオ・ヒュクが客演した”Sleep Talk”は、マーヴィン・ゲイの”Got To Give It Up”を連想させる、スタイリッシュでセクシーなグルーヴが心地よいアップ・ナンバー。マックスウェルを思い起こさせる繊細な声で囁きかけるように歌うザイオン.Tと、ブラッド・オレンジにも似た声で気だるそうに歌うオ・ヒュクのコンビネーションが聴きどころ。往年のソウル・ミュージックのエッセンスを盛り込みつつ、現代の新しい音楽として聴かせる両者の手腕には感服する。

そして、本作の隠れた目玉は、CD盤のボーナス・トラックである”Snow”だ。2017年末に発表されたこの曲は、韓国を代表するバラードの歌い手、イ・ムンセとのコラボレーション作品。ストリングスとキーボードの音色を組み合わせた伴奏の上で、切ないメロディに豊かな表情を吹き込む二人のヴォーカルが魅力的だ。歌謡曲の世界で育ったイ・ムンセと、ヒップホップの世界でキャリアを積んできたザイオン.Tという、世代も音楽性も異なる二人が、一つのメロディを異なる解釈で歌い上げている点に注目してほしい。アメリカのR&Bでは少なくなった、メロディを丁寧に歌い込むスタイルが心に残る曲だ。

今回のアルバムでは、『OO』で見せたアコースティック楽器の音色を積極的に取り入れつつも、ソウル・ミュージックのアレンジは影を潜め、ヒップホップの制作手法を用いた現代的な作品に仕上げている。しかし、過去のアルバムのように電子楽器を使わず、柔らかい音色のアコースティック系の楽器の音色を使ってヒップホップのビートを組み立てている点は新鮮だ。おそらく、彼の繊細な声と表現を活かすために、今回のような手法を取ったのだろう。

ジャズやボサノバの歌手を連想させるきめ細やかな表現力で、日本や欧米で人気のパワフルな歌い越えのR&Bシンガーとは一線を画した独創的なR&Bが堪能できる良作。何回も時間をかけて聴きたくなる、大人の鑑賞に堪えうる緻密で完成度の高いアルバムだ。

Producer
Zion.T, Joe Rhee, Oh Hyuk, Park Jun Woo, PEEJAY, Seo Wonjin, Slom, Yoon Suk Chul

Track
1. Ideal
2. Hello Tutorial feat. SEULGI from Red Velvet
3. My Luv
4. Malla Gang feat. E SENS
5. Uh Huh
6. Sleep Talk feat. Oh Hyuk
7. Untold Story
8. SNOW feat. Lee Moon Sae





記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ