ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性シンガー・ラッパー

T-Pain – Oblivion [2017 Nappy Boy, RCA]

地元のラップ・グループで活動したあとソロに転向。インターネット上に公開したエイコンの”Looked Up”のカヴァー、”I'm Fucked Up”が本人の耳に入ったことをきっかけに、彼が率いるコンヴィクトと契約した、フロリダ州タラハシー出身のシンガー・ソングライターでプロデューサー、T-ペインことファヒーム・タラハシード・ナジム。

2005年にメジャー・デビュー曲”I'm Sprung”を発表すると、音程を補正するソフトウェア、オートチューンを使用してロボットのような声に加工したヴォーカルと、電子楽器を組み合わせた独特の作風がウケ、全米総合シングル・チャートの8位になる大ヒットとなる。また、同曲を含むアルバム『Rappa Ternt Sanga』も50万枚を売り上げるなど、大きな成功を収めた。

その後も、2016年までに3枚のアルバムと10枚以上のシングルをリリース。中でもヤング・ジョックをフィーチャーした2006年の”Buy U a Drank (Shawty Snappin')”はシングル・チャートを制覇し、同曲を収めたアルバム『Epiphany』もアルバム・チャートの1位に上り詰めるなど、商業的に成功。また、自身名義の作品以外にも、クリス・ブラウンの”Kiss Kiss”やフロー・ライダーの”Low”、ピットブルの”Hey Baby (Drop It to the Floor)”など、多くのヒット曲に客演。オートチューンを使ったスタイルが流行するあまり、ジェイZから”D.O.A.”(デス・オブ・オートチューンという意味)という曲で攻撃されるまでになった。

本作は、そんな彼にとって6年ぶり5枚目のフル・アルバム。コンヴィクトを離れてリリースした初めてのアルバムだが、彼のスタイルは変わらない。プロデュースは彼自身に加え、近作を一緒に制作しているドレ・ムーンやDJマスタードなどが担当。クリス・ブラウンやニーヨといった、これまでにコラボレーションしてきた面々がゲストとして参加した、充実の内容になっている。

アルバムの収録曲で最初に目を惹いたのは、クリス・ブラウンをフィーチャーした”Classic You”だ。ピアノっぽい音色を使った荘厳なトラックの上で、絶妙な掛け合いを聴かせるスロー・ナンバー。”Kiss Kiss”ではダイナミックなダンス・ナンバーを披露した二人が、ゆったりとしたテンポのトラックの上で、甘く切ない歌声で魅了する光景は、10年という時間の重みと、波乱万丈の人生を歩んできた二人の密度の濃い人生が反映されているようで面白い。

一方、同曲に続く”Straight”は、彼の得意な電子楽器を多用したトラックと、オートチューンを強くかけたロボット・ヴォイスを強調したスタイルのミディアム・ナンバー。過去の作品で多用された手法を、6年ぶりの新作で採用しつつ、メロディやトラックを微妙にアレンジして、マンネリ化しないように工夫を凝らしている点は凄いと思う。

また、本作に先駆けてリリースされた”Textin' My Ex”は、色っぽい歌声と洗練された歌唱で人気があるシンガー・ソングライター、ティファニー・エヴァンスを起用したスロー・ナンバー。ドレ・ムーンが作ったトラックは、『Epiphany』でも見られたシンセサイザーを軸にしたものだが、低音が中心の柔らかい音を使って、ロマンティックな雰囲気に仕立てている。オートチューンを使ったT-ペインの人間っぽくない歌声と、ティファニー・エヴァンスのしなやかなヴォーカルの組み合わせが光っている。

そして、もう一つのシングル曲である”Goal Line”はメンフィス出身のラッパー、ブラック・ヤングスタを招いた曲。”Textin' My Ex”を制作したドレ・ムーンが用意したトラックは、ミーゴスやフューチャーを思い起こさせるトラップのビート。低音を強調して個性的なラップを際立たせた手法が功を奏し、シンプルだが親しみやすいヒップホップ作品に仕上がっている。

今回のアルバムは、T-ペインの持ち味であるオートチューンを使ったロボット・ヴォイスを使いつつ、新しい表現にも積極的に取り組んだ面白い作品だ。低音を強調したトラップやR&Bっぽいトラックなど、自身のスタイルをベースにしつつ、色々なサウンドに取り入れて、自分に合った音楽が生み出すことができるのは、彼自身が個性豊かなミュージシャン達と一緒に楽曲を作ってきたプロデューサーの顔を持っているからだろう。

強烈な個性を持つアーティストの顔と、流行を的確に捉えつつ、具体的な作品に落とし込むプロデューサーの顔を持つ彼だからこそ生み出せる、2017年版のT-ペインの音楽。単なる一発屋では終わらない、彼の確かな実力が堪能できる作品だ。

Producer
T-Pain, Dre Moon, DJ Mustard, Illangelo

Track List
1. Who Died
2. Classic You feat. Chris Brown
3. Straight
4. That's How It Go
5. No Rush
6. Pu$$y on the Phone
7. Textin' My Ex feat. Tiffany Evans
8. May I feat. Mr. TalkBox
9. I Told My Girl feat. Manny G
10. She Needed Me
11. Your Friend
12. Cee Cee from DC feat. Wale
13. Goal Line feat. Blac Youngsta
14. 2 Fine feat. Ty Dolla Sign
15. That Comeback with Ne-Yo
16. Second Chance (Don't Back Down) feat. Roberto Cacciapaglia



a

Oblivion [Explicit]
Nappy Boy/Konvict Muzik/RCA Records
2017-11-17


Sam Smith - The Thrill of It All [2017 Capitol]

エイミー・ワインハウスやワン・ダイレクション、アデルやマーク・ロンソンなどの相次ぐ成功で、再び注目を集めているイギリス出身のミュージシャン達。その一人で、2015年にアデル以来、実に5年ぶりとなる、外国出身者によるグラミー賞のベスト・ニュー・アーティストを獲得したことも記憶に新しい、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、サム・スミスことサミュエル・フレデリック・スミス。

仲立人の家に生まれた彼は、ジャズ・バンドやミュージカルを通して音楽の世界に足を踏み込む。その後、2012年にエレクトロ・バンド、ディスクロージャーの”Latch”のゲスト・ヴォーカルでレコード・デビューすると、その後は自身の名義で複数のシングルをリリース。ブラック・ミュージックを扱うイギリスのラジオ・チャンネル、BBCレディオ1エクストラでお披露目する機会を得るなど、ブルー・アイド・ソウル(白人が歌うソウル・ミュージック)の旗手として、広く知られるようになった。

そして、2014年には初のアルバム『In the Lonely Hour』をリリース。複数の国のヒット・チャートで1位を獲得し、全世界で1200万枚も売り上げる大ヒット作となる。また、同作からシングル・カットされた楽曲の多くが全英チャートを制覇、これらの実績を引っ提げて、日本を含む世界各地でライブを行うなど、英国を代表するシンガーの一人として、縦横無尽の活躍を見せてきた。

このアルバムは、前作から3年ぶりの新作となる2枚目のフル・アルバム。プロデュースは前作にも関わっているスティーヴ・フィッツモーリスやジミー・ネイプスなどが担当。それ以外にも、スターゲイトやティンバランドなどの有名プロデューサーが参加した、人気ミュージシャンらしい豪華な布陣になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、本作に先駆けてシングル・カットされた”Too Good At Goodbyes”。スターゲイトのミッケル・エリクセンがソングライティングで参加したこの曲は、生バンドのしっとりとした雰囲気が魅力的なトラックをバックに、じっくりと歌い込むサムの姿が印象的なミディアム・バラード。ニーヨやビヨンセに美しいメロディの楽曲を提供してきたエリクセンのセンスが加わることで、サムの洗練されたヴォーカルが際立った良曲だ。

これに対し、テイラー・スウィフトやジョン・レジェンドなどの作品を手掛けているアメリカの音楽プロデューサー、タイラー・ジョンソンを招いた”One Last Song”は、ディクシー・チックスやテイラー・スウィフトのような、カントリーやフォーク・ソングよりのミュージシャンの作品に近い、ゆったりとしたリズムが心地よい曲。ジャズやミュージカル音楽からキャリアをスタートしたサムだけあって、朴訥とした雰囲気のフォーク・ミュージックもきちんと乗りこなしている。

また、ロス・アンジェルスを拠点に活動するプロダクション・チーム、オーディブルズに所属するドミニク・ジョーダンと、コネティカット出身のソングライター、プーペーア制作に携わっているる”Burning”は、ピアノをバックに瑞々しい歌声を響かせるバラード、滑らかな歌声はマックスウェルやレミー・シャンドにも通じる洗練されたものだが、生楽器を多用したことでどこか柔らかい印象を受ける。

そして、本作の収録でも異彩を放っているのが、ティンバランドがプロデュースした”Pray”だ。ティンバランドに加え、彼と一緒にジョデシィのデヴァンテの元で腕を磨いてきたダリル・ピアソンが制作に携わったこの曲は、チキチキというハイハット以外は、シックに纏められた伴奏というティンバランドっぽくないスタイルの作品。しかし、ゴスペルの影響を感じさせるダイナミックで粘り強いヴォーカルや、荘厳でキャッチーなメロディなど、ジョデシィのような「歌」をウリにするアメリカのR&Bの影響が随所に盛り込まれている点は面白い。

今回のアルバムでは、前作に引き続き、往年のソウル・ミュージックを現代に合わせて再解釈した、美しいメロディと豊かな表現力、しなやかなアレンジが光る良曲を揃えている。スターゲイトやティンバランドなど、多くのヒットメイカーを起用して、彼らの持つ音楽への造詣の深さと、現代のブラック・ミュージックのトレンドを押さえる嗅覚の良さを取り入れつつ、ソウル・ミュージックがベースになっている自分のスタイルに昇華出来ているのは、スティーヴ・フィッツモーリスやジミー・ネイプスのような、前作にも携わってる面々と二人三脚でやっていることも大きいだろう。

斬新なサウンドや強烈な個性がなくても、高い歌唱力や演奏技術があれば、人の心を動かす音楽が作れることを再確認させてくれる良作。若い人には新鮮さを感じさせつつ、大人の鑑賞にも堪える稀有な作品だと思う。

Producer
Steve Fitzmaurice, Jimmy Napes, Timbaland  etc

Track List
1. Too Good At Goodbyes
2. Say It First
3. One Last Song
4. Midnight Train
5. Burning
6. Him
7. Baby, You Make Me Crazy
8. No Peace feat. YEBBA
9. Palace
10. Pray
11. Nothing Left For You
12. The Thrill Of It All
13. Scars
14. One Day At A Time



a

Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

Chris Brown - Heartbreak on a Full Moon [2017 RCA]

2005年、自身の名前を冠したアルバム『Chris Brown』でメジャー・デビュー。スコット・ストーチとショーン・ギャレットがプロデュースしたシングル”Run it”がトリプル・プラチナムに認定されると、マイケル・ジャクソンやアッシャーの系譜を継ぐものとして一躍注目を集めた、ヴァージニア州タパハノック出身のシンガー・ソングライター、クリス・ブラウンことクリストファー・モーリス・ブラウン。

その後も、2016年までに6枚のフル・アルバムと多くのシングルを発表。その殆どが全米総合アルバム・チャートの1位を獲得しながら、一方でラッパーのタイガとのコラボレーション・アルバムを発表するなど、精力的に活動。21世紀を代表するポップ・アイコンの一人として、多くのアーティストから目標として掲げられる存在になった。

このアルバムは、2015年の『Royality』に続く、彼にとって通算8枚目のフル・アルバム。ボーナス・トラックを含めると2枚組45曲という大作で、プロデューサーには、スコット・ストーチやボーイ・ワン・ダなどのヒット・メイカーが集結。ゲストとして、R.ケリーやリル・ヨッティなど、新旧の人気ミュージシャンが参加した豪華な作品になっている。

本作の収録曲で最初に目を引いたのは、ジェネイ・アイコとR.ケリーを招いた”Juicy Booty”。ポロウ・ダ・ドンがプロデュースしたこの曲は、スヌープ・ドッグやモニカがサンプリングし、フィンガズやビッグ・ロブがカヴァーしたことでも話題になった、ワン・ウェイの82年のヒット曲”Cutie Pie”と、ロジャー・トラウトマンとコラボレーションした2パックの代表曲”California Love”をサンプリングした、80年代テイストが光るミディアム・ナンバーだ。いわゆる「往年の名曲」の持つゆったりとした雰囲気を残しつつ、若い世代に人気のクリス・ブラウンらしい、キャッチーで華やかな作品に仕上げている。爽やかなジェネイ・アイコの歌声と、艶めかしいR.ケリーの歌唱が楽曲に彩を添えている。

これに続く”Questions”は、トレイ・ソングスの”1*1”も手掛けているピップ・ケンボがプロデュースを担当。2003年に発表されると、各国のヒット・チャートにその名を刻み、トリニダード・トバゴのダンス・ミュージック、ソカが注目されるきっかけを作ったケヴィン・リトルの代表曲”Turn Me On”のビートをそのまま引用している。サンプリングを多用したヒップホップやトラップに比べると、テンポが速く、音数が少ないビートに合わせ、軽やかなメロディを歌う姿が印象的だ。

これらの曲に対し、アッシャーとグッチ・メインが参加した”Party”は、シンセサイザーを駆使したトラックを採用した、これまでの彼の作品に近いタイプの楽曲。彼に多くの影響を与えたアッシャーとの絡み合いは、両者のスタイルが近しいことを再確認させてくれる。グッチ・メインのハードなラップが、楽曲のアクセントになっている。

また、この路線を踏襲したのが、ヨーガッティー、ブーギー・ウィット・ダ・フーディー、コダック・ブラックの3人を起用した”Pills & Automobiles”。アトランタ出身のプロデューサー、OGパーカーが用意したトラックは典型的なトラップ。個性豊かでハードなラップが魅力のゲスト・ミュージシャンと、軽やかなヴォーカルがウリのクリス・ブラウンによるマイク・リレーを披露している。

今回の作品では、彼の豊かな想像力とエネルギーが余すことなく発揮され、2時間半を超える大作ながら、最後まで退屈することなく楽しめる。シングル曲を中心に一部の曲で新しい試みを盛り込みながら、それ以外の曲ではこれまでの作風を維持することで、新鮮さと安定感が適度に両立されている。

マイケル・ジャクソンやアッシャーの後を追いかけながら、彼らとは異なる自分の個性を打ち出そうとする彼の野心がうかがえる作品。ベテランの円熟したパフォーマンスと、若い感性が両立された稀有なアーティストだと思う。

Producer
Polow da Don, Pip Kembo, ISM, A1, OG Parker etc

Disc 1
1. Lost & Found
2. Privacy
3. Juicy Booty feat. Jhene Aiko & R. Kelly
4. Questions
5. Heartbreak On A Full Moon
6. Roses
7. Confidence
8. Rock Your Body
9. Tempo
10. Handle It feat. Dej Loaf & Lil Yachty
11. Sip
12. Everybody Knows
13. To My Bed
14. Hope You Do
15. This Ain't
16. Pull Up
17. Party feat. Gucci Mane & Usher
18. Sensei
19. Summer Breeze
20. No Exit
21. Pills & Automobiles feat. YoGotti, A Boogie Wit da Hoodie & Kodak Black
22. Hurt The Same

Disc 2
1. I Love Her
2. You Like
3. Nowhere
4. Other Ni**as
5. Tough Love
6. Paradise
7. Covered In You
8. Even
9. High End feat. Future & Young Thug
10. On Me
11. Tell Me What To Do
12. Frustrated
13. Enemy
14. If You're Down
15. Bite My Toungue
16. Run Away
17. This Way
18. Yellow Tape
19. Reddi Whip
20. Hangover
21. Emotions
22. Only 4 Me feat. Ty Dolla $ign & Verse Simmonds
23. Grass Ain't Greener




Heartbreak on a Full Moon
Chris Brown
RCA
2017-11-03

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ