ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性シンガー・ラッパー

October London - Color Blind: Hate & Happiness [2017 October London, Cadillacc Music]

2016年に、スヌープ・ドッグの”Revolution”に客演したことで一躍有名になり、同じ年に初のEP『Color Blind: Love』を発表。50年代のドゥー・ワップや70年代のスウィート・ソウルから影響を受けたロマンティックな作風で、配信限定ながら音楽ファンの間で話題になった、インディアナ州のサウスベント出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドン。今年に入ってからもスヌープの新作『Never Left』に収録されている”Go On”にフィーチャーされるなど、精力的に活動している彼の、半年ぶり2枚目のEP。

前作同様、配信限定の作品のため、プロデューサーなどは不明だが、作風は前回のアルバムに引き続き、往年のソウル・ミュージックの要素を随所に取り入れた、甘く、ロマンティックなものになっている。

アルバムのオープニングを飾る”One Shot to Love”は、デイヴィッドT.ウォーカーを彷彿させる艶めかしいギターの伴奏と、流麗なストリングスが印象的なミディアム・ナンバー。R.ケリーなどが採用したことで、若者の間でも有名になったシカゴ発祥のダンス音楽、シカゴ・ステッパーズっぽい洗練されたリズムに乗って、リラックスした歌唱を聴かせるオクトーバー・ロンドンが格好良い佳曲だ。

続く”Top Down”は、彼がブレイクするきっかけを作った、スヌープ・ドッグをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。アリシア・キーズの”You Don’t Know My Name”を思い起こさせる、甘いコーラスを多用したトラックの上で、優しくラップするスヌープの存在感が光る曲。スヌープに合わせるかのように、R.ケリーを思い起こさせるラップっぽい歌唱を披露する、オクトーバー・ロンドンのヴォーカルも心地よい。スウィート・ソウルの雰囲気を残しつつ、ヒップホップ寄りのR&Bに落とし込んだアレンジ技術が魅力的な楽曲だ。

これに対し、”Dramatic”はマーヴィン・ゲイの”Inner City Blues”を連想させる、哀愁を帯びたアップ・ナンバー。触れたら崩れそうな、繊細なファルセットを多用したヴォーカルは、70年代のマーヴィン・ゲイにそっくりだ。しかし、古いレコードからサンプリングしたような温かい音色を使った、重いビートとシンセサイザーの音色を駆使した伴奏のおかげで、当時の雰囲気を残しつつ、現代の音楽として聴かせている点は見逃せない。

そして、本作では唯一のバラードが”Driving Me to Drink”だ。三拍子を取り入れた優雅な伴奏に乗って、悠々と歌う姿が印象的。低音を中心に、声域をフルに使ったダイナミックなヴォーカルと、 荒々しいピアノや、スティーブ・クロッパーを思い起させる武骨なギターを組み合わせた伴奏が素敵な楽曲だ。アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングスのような泥臭いR&Bシンガーが好きな人にはたまらないと思う。

今回の作品でも、前作同様、ドゥー・ワップやスウィート・ソウル、シカゴ・ステッパーズなど、色々なスタイルのソウル・ミュージックを取り入れた、懐かしさと新鮮さの同居した素敵な音楽が揃っている。彼の音楽は、サンプリングやアレンジで往年のサウンドを再現しているだけでなく、声の出し方や、言葉同士のつなぎ方など、細かいところにまで気を配ることで、当時の音楽の雰囲気を再現しているのだと思う。だからこそ、自身名義の作品以外でも、ソウルフルなパフォーマンスを披露できるのではないだろうか。

ソウル・ミュージックを丹念に研究し、現代の音楽と融合した、本格的なヴォーカル作品。ヒップホップを通して往年のソウル・ミュージックを知った人にこそ是非聴いてほしい。歌の面白味が堪能できる傑作だ。

Track List
1. One Shot to Love
2. Top Down feat. Snoop Dogg
3. Dramatic
4. Driving Me to Drink
5. Somebody's Getting My Love
6. Where's the Justice
7. Sail Away






Sir The Baptist - Saint or Sinner [2017 Atlantic]

過去にはサム・クックやカーティス・メイフィールドなどの名シンガーを育て、近年はカニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーなどの人気ヒップホップ・アーティストを輩出している、イリノイ州最大の都市シカゴ。同地の出身で気鋭のラッパー兼プロデューサーとして注目を集めているのが、サー・ザ・バプティストこと、ウィリアム・ジェイムス・ストークスだ。

シカゴ近郊のブロンズビルで、バプテスト教会の牧師の父と宣教師の母の間に生まれた彼は、6歳のときにピアノを始め、10歳になるとドラムも叩くようになる。また、父親が運営する教会でゴスペルにも親しむなど、恵まれた環境でその才能を伸ばしてきた。そんな彼は、10代のころから映画やCM用の音楽などを制作するなど、その実力を発揮するようになる。

大学を卒業した後は、広告会社のマーケティング・ディレクターとして、音楽プロデューサーのロドニー・ジャーキンスと一緒にマクドナルドの案件を担当するなど、多くのプロジェクトに関わるようになる。しかし、26歳の時にミュージシャンに転身。2015年にチャーチPplをフィーチャーした自主制作のシングル”Raise Hell”を発表する。R&Bやヒップホップに、ゴスペルや説法の要素を盛り込んだ斬新なスタイルは音楽ファンの度肝の抜き、翌年のベット・アワードで「インパクト・トラック・オブ・ザ・イヤー(最もインパクトのあった曲)」にもノミネートした。

また、2016年には、アルバム未発売の新人ながら、多くの音楽フェスティバルやテレビ番組に出演。そこで知り合ったジェイZから高く評価され、彼が主催する音楽ストリーミングサイト「TIDAL」のイベントや、彼の妻であるビヨンセの公演のオープニング・アクトなどに起用されるなど、多くの人の目に留まる場へも進出するようになった。

本作は、そんな彼にとって初のフル・アルバム。彼の代表曲である”Rise Hell”を再録音したものや、2016年に発表したシングル”What We Got”を収録しているほか、ミシェル・ウィリアムズやキキ・ワイアット、キラー・マイクやレイJといった人気ミュージシャンがゲストに名を連ねる豪華なアルバムになっている。

さて、収録曲の中で一番最初に公開されたのが2曲目に入っている”Raise Hell”だ。アトランタ出身のラッパー、キラー・マイクが参加した新バージョンで、トラックもコーラスなどを追加し音のバランスを変えることで、ビートの躍動感やゴスペルのダイナミックさが強調されている。アウトキャストやオーガナイズド・ノイズの作品を彷彿させる、原曲のローファイなビートとロックの要素を盛り込んだアレンジのおかげで、キラー・マイクのラップが最初から入っていたように聞こえる点も面白い。

一方、カーク・フランクリンやクラーク・シスターズなどのゴスペル作品を手掛け、メアリーJ.ブライジやケリー・プライスなどのR&B作品にも携わってきた、シンガー・ソングライターでプロデューサーのドナルド・ロウレンスとコラボレーションした”Raise Hell”は、ギターの演奏やクワイア、コール・レスポンスなどを取り入れた、ゴスペル色の強い曲。曲の途中でビートを変え、歌とラップを違和感なく繋ぐアレンジ技術が光っている。

また、ミシェル・ウィリアムズをフィーチャーした”Southern Belle”は、ピアノの伴奏と、武骨な歌声が格好良いミディアム・ナンバー。ゆっくりとしたテンポのビートに乗って、ラップと歌をスムーズに繋ぐスタイルは、ドレイクとも少し似ているが、こちらの方がヴォーカルが太く、メロディもダイナミック。絶妙なタイミングで絡むミチェルのヴォーカルや、サビを盛り上げるクワイアも格好良い。歌詞がゴスペルのような内容のゴスペル・ラップという音楽はあるが、ゴスペルとヒップホップのが完全に融合した曲は珍しく、新鮮に聴こえる。

そして、本作では異色の、ディスコ音楽の要素を取り込んだ曲が、レイJトジョーダン・ミッチェルが参加した”Replay”だ。洗練されたビートと滑らかなヴォーカルはタキシードブルーノ・マーズの作品を思い起こさせる。曲の途中でビートを止めたり、ワザと粗っぽい声で歌ったりして、曲にメリハリをつけている点も面白い。ゴスペルの要素もきちんと盛り込みつつ、キャッチーでセクシーなディスコ音楽に纏め上げている。

今回のアルバムは、リル・ヨッティブライソン・ティラーのような、気鋭の若手と比べても見劣りしない斬新なトラックを土台に、ドレイクやパーティネクストドアのように歌とラップの両方を巧みに使い分けつつ、随所にゴスペルや説法の要素を盛り込んだ、クリスチャン・ミュージックが盛んなアメリカでも珍しい作品だ。こんな音楽を作れるのは、彼がマーケティングの仕事を通して、色々な要素を盛り込みつつ、要点を漏れなくリスナーに届ける編集技術を身に着けてきたのが大きいのではないかと思う。

音楽に関する豊富な経験と、ビジネスの場で磨かれた流行を読み解くセンス、両者を組み合わせて一つの作品に落とし込む実務能力の三つが揃ったことで完成した、新しいタイプのヒップホップ作品。カニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーのように、音楽界に新しい風を吹き込んでくれそうだ。

Producer
Sir the Baptist, Greg Peterca

Track List
1. Prayers on a Picket Sign
2. Raise Hell feat. Killer Mike & ChurchPpl
3. What We Got feat. Donald Lawrence & Co. and ChurchPpl
4. Southern Belle feat. Michelle Williams
5. Deliver Me feat. Brandy
6. God Is on Her Way
7. Dance With the Devil
8. Saint or Sinner
9. High With God feat. DC Young Fly
10. Marley's Son
11. Good Ole Church Girl feat. The Deacons
12. Replay feat. Ray J & Jordan Mitchell
13. Let It Move Yah
14. Second Line Ball
15. The Wall
16. Heaven feat. Donald Lawrence & Co, Keke Wyatt and ChurchPpl



a

Saint or Sinner [Explicit]
Atlantic/Tympa Chapel Records
2017-05-12

Plaza - Shadow [2017 OVO Sound, Warner]

ドレイクパーティネクストドアといった人気アーティストが所属し、世界中の音楽ファンの関心をカナダに向けさせた、トロントに拠点を置くOVOサウンド。彼らのほかにも、ロイ・ウッズやマジッド・ジョーダンなど、実力に定評のある若手を数多く擁する同レーベルが、新たに送り出したのがトロント出身のシンガー、プラザだ。

6月10日のラジオ番組で契約を発表。その二日後にデビュー作『Shadow』を発表した彼は、2016年2月に契約したdvsn以来の新人。本名や年齢など、細かい情報は不明だが、声やアーティスト写真を見る限り、かなり若い男性シンガーのようだ。

このアルバムは、彼のメジャー・デビュー作となる5曲入りのEP。2016年に自主制作で発表したEP『One』以来となる新作で、前作同様、彼の中性的で美しいテナーが堪能できるR&B作品になっている。

1曲目に収められている”Karma”は、ピアノにもオルゴールにも似ている、切ない音色を使った伴奏が印象的なミディアム・バラード。繊細なテナー・ヴォイスが楽曲の物悲しい雰囲気を強調している。甘酸っぱいヴォーカルはテヴィン・キャンベルにも似ているし、ファルセットはマックスウェルっぽくも聴こえる。また、シンセサイザーを使ってヒップホップの要素を盛り込んだトラックはレーベルの先輩、パーティネクストドアを彷彿させる。デビュー作の1曲目にふさわしい、初々しい歌唱が魅力的だ。

続く”Personal”は、ビートを強調したトラックと、中音域を多用した大人っぽいヴォーカルが素敵なミディアム・ナンバー。コンピューターを使って作った、ヒップホップのビートとシンセサイザーの伴奏を組み合わせたトラックはトレイ・ソングスなどの楽曲に、爽やかな中音域を多用したヴォーカルはソーモに少し似ている。

そして、3曲目の”Over”は”Personal”同様、ヒップホップ色の強いトラックが印象的なミディアム。シンセサイザーの音を重ねた上物は、シャーデーなどの作品を思い起こさせる神秘的なものだ。硬い声質でラップをするように歌う姿は、アンダーソン・パックに通じるものがある。

また、”Run This”はヒップホップ色の強いトラックだが、ファルセットを多用したロマンティックなヴォーカルが光るミディアム・バラード。柔らかい声で切々と歌う姿はBJザ・シカゴ・キッドやスモーキー・ロビンソンに通じるものがある。ポップで聴きやすいが、切ない雰囲気も醸し出している素敵な曲だ。

そして、アルバムの最後を飾る”Love You Again”は、重いビートと物悲しい雰囲気のメロディの組み合わせが印象的なミディアム。性別は違うが神秘的で繊細なヴォーカルはインターネットのシドにも似ている。メロディを丁寧に歌う姿が光る曲だ。

今回のEPを聴く限り、彼はドレイクやパーティネクストドアのような、歌とラップを使い分ける人ではなく、ロイ・ウッズのような歌だけで勝負していくアーティストのようだ。年齢などはわからないが、若さ溢れる爽やかな歌声と、色々な表情を見せる歌唱力は、スモーキー・ロビンソンやマイケル・ジャクソンにも通じる稀有なものを感じさせる。また、トラックは奇抜なものが少なくシンプルで、彼の歌唱力をアピールするのに一役買っている。ドレイクやパーティネクストドアを聴いた時の新鮮さと、トレイ・ソングスやエリック・ベネイのような本格的なヴォーカルを楽しめる本作は、歌とラップを使い分けるアーティストが増えた現代では、とても新しい音楽に聴こえる。

ラップと歌を使い分けるスタイルで、世界中のミュージシャンに新しい表現手法を提示したドレイクとは正反対のアプローチで、音楽の面白さを提案した佳作。次はどんな曲を聴かせてくれるのか、今から楽しみな気鋭の新人だ。

Track List
1. Karma
2. Personal
3. Over
4. Run This
5. Love You Again





a

OVO Sound/Warner Bros.
2017-06-12

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ