melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

女性シンガー・ラッパー

Teyana Taylor - K.T.S.E. [2018 GOOD, Def Jam]

音楽プロデューサーとして多くのヒット作を生み出すだけでなく、ミュージシャンとしても数多くの傑作を残し、レコード・レーベルのオーナーとしてジョン・レジェンドやビッグ・ショーンを成功させ、ファッション・デザイナ-としてルイ・ヴィトンとのコラボレーション・モデルを発表するなど、多芸っぷりを発揮し続けるカニエ・ウエスト。彼が率いるグッド・ミュージックから初めてアルバムをリリースした女性シンガーが、テヤーナ・テイラーだ。

ニューヨークのハーレム出身の彼女は、9歳のころからマイクを握り、多くのオーディションで好成績を収めるなど、アマチュア・ミュージシャンの世界では知られる存在だった。

そんな彼女は、ビヨンセの2006年のシングル”Ring the Alarm”の振付を担当したことで表舞台に出ると、翌年にはネプチューンズ率いるスター・トラックと契約。2008年には初のシングル”Google Me”を、2009年には初のミックステープ『From a Planet Called Harlem』を発表した。

また、2012年にはカニエ・ウエストの作品に客演したことをきっかけに、彼が率いるグッド・ミュージックへと移籍。2014年にはアルバム『VII 』を発売している。

このアルバムは、前作から4年ぶりとなる2枚目のスタジオ・アルバム。多くのプロデューサーやゲスト・ミュージシャンを招いた前作から一転、本作ではレーベルのボス、カニエ・ウエストが制作を統括。カニエとテイラーを中心に、ロドニー・ジャーキンスやマイク・ディーンなどの売れっ子を起用。ゲストとしてカニエとタイ・ダラ・サインだけが参加したシンプルな編成で、彼女の歌声にスポットを当てている。

1分弱という短い長さの”No Manners”から続く実質的な1曲目”Gonna Love Me”は、ノア・ディーンやマイク・ゴールドスタインが制作に関わったミディアム・ナンバー。インディア・アリーを彷彿させるアコースティック・ギターの伴奏と、デルフォニックスやマイケル・ジャクソンが70年代に残したソウル・クラシックのフレーズを組み合わせた伴奏が新鮮な楽曲だ。芯の強い声で、涼しげに歌うテイラーの存在が光っている。

これに対し、カニエ・ウエストが客演した”Hurry”は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの”Can't Strain My Brain”のギターとベースをさりげなく引用したバック・トラックが印象的な作品。60年代のソウル・ミュージックをサンプリングして、当時の音楽の雰囲気を再現したトラックの上で、切々と歌う彼女の姿が聴きどころ。ヒップホップ色の薄い伴奏に合わせ、往年のフォーク・シンガーのように淡々と言葉を紡ぐテイラーと、ソウル・ミュージックの伴奏の上でも平常運転のラップを聴かせるカニエの対比が面白い。

また、ダークチャイルドことロドニー・ジャーキンスを起用した”3Way”は、本作の収録曲では珍しい90年代のR&B作品を引用したバラード。シスコの”How Can I Love U 2nite”を使ったこの曲では、スタイリッシュな伴奏の上で、じっくりと歌い込む彼女の姿が堪能できる。ジョーの”Don't Wanna Be a Player”や、デスティニーズ・チャイルドの”Say My Name”といった、スロー・テンポの名曲を数多く手掛けてきたロドニーらしい、歌い手の表現力を引き出す美しいメロディが素敵だ。ゲストのタイ・ダラ・サインのシスコを意識した歌に、思わずニヤリとしてしまう。

そして、エレクトロ畑のクリエイター、エヴァン・マストを制作に招いた”Rose In Harlem”は、カニエがプロデュースしたトゥイスタの”Slow Jamz”を思い起こさせる変則ビートだが、こちらの曲は泥臭いバラード。地声を多用した鬼気迫るヴォーカルと、スタイリスティックスの楽曲を早回しした、おどろおどろしい声ネタの組み合わせが心に残る。

今回のアルバムでは、シンセサイザーを多用した前作から一転、カニエが得意とするサンプリングを駆使しつつ、歌とメロディをきちんと聴かせるR&B作品に仕上げている。流麗なメロディとダイナミックなヴォーカルは、トニ・ブラクストンやモニカなど、多くのシンガーが取り組み、音楽史に残る傑作を生み出してきた90年代のR&Bによく似ている。そこに、カニエ達の手によって2000年代以降の新しいサウンドを盛り込んだ点が本作の面白いところだ。この懐かしさと新しさを共存させた作風が本作の魅力だろう。

アリシア・キーズシリーナ・ジョンソンの作品を通して、R&Bシンガーとの親和性を示唆してきたカニエ・ウエストの才能と、振付師や俳優など、R&Bシンガーの枠に囚われない豊かな才能を持つテイラーの表現力が遺憾なく発揮された良作。90年代、2000年代前半の美しいメロディのR&Bの魅力を現代に蘇らせつつ、それを2018年の流行の音と一体化させた素晴らしいR&Bだ。

Producer
Kanye West,Mark Batson, Mike Dean, Darkchild, Evan Mast etc

Track List
1. No Manners
2. Gonna Love Me
3. Issues / Hold On
4. Hurry feat. Kanye West
5. 3Way
6. Rose In Harlem
7. Never Would Have Made It
8. WTP





K.T.S.E. [Explicit]
Getting Out Our Dreams Inc. (G.O.O.D.) Music / IDJ
2018-06-23

Jorja Smith - Lost & Found [2018 FAMM]

2016年に、ディジー・ラスカルの”Sirens ”をサンプリングした”Blue Lights”を公開して表舞台に登場。シャーデー・アデューやエンディア・ダヴェンポートを彷彿させる透き通った歌声と、ムラ・マサやナオの音楽を思い起こさせる、エレクトロ・ミュージックの要素を取り入れたサウンドで、カナダのドレイクや、イギリスのストームジー、アメリカのカリ・ウチスなど、様々な国のアーティストから絶賛された、イギリスのウエスト・ミッドランズにあるウォルソール出身のシンガー・ソングライター、ジョルジャ・アリシア・スミス。

彼女は子供の頃からトロージャンのレゲエ作品や、カーティス・メイフィールドなどのソウル・ミュージックを聴いて育ったという。また、父がソウル・バンドで活動していたこともあり、早くから音楽への強い興味を示していた。

そんな彼女は2016年に、音楽投稿サイト経由で”Blue Lights”を発表。同年にマーヴェリック・セイブルをフィーチャーした”Where Did I Go?”を公開。その後も、4曲入りのEP『Project 11』をリリースし、ドレイクのUKツアーに帯同するなど、一気にブレイクを果たした。

また、2017年に入るとドレイクのアルバム『More Life』に参加する一方、国際女性デーに”Beautiful Little Fool”を発売、年末にはMOBOアワードやブリット・アワードにノミネートし、後者を獲得するなど、華々しい活躍を見せてきた。

本作は、そんな彼女の初のフル・アルバム。自身のレーベル、FAMMからの配給だが、CD盤やアナログ盤も作られた力作。全ての収録曲で彼女自身がソングライティングを主導し、プロデューサーには、既発曲を一緒に作ったチャーリー・ペリーに加え、アメリカ出身のジェフ・クレインマンや、オーケストラで活動するマーキー・キト・リビングなど、世界各地で活躍する個性的なクリエイターが参加。21歳の瑞々しい歌声と若い感性を最大限引き出した良作になっている。

まず、本作に先駆けてリリースされた彼女のデビュー曲”Blue Lights”は、ディジー・ラスカルの”Sirens”のフレーズを引用し、ガイ・ボネット&ロナルド・ロマネリの”Amour, Émoi... Et Vous” の演奏をサンプリングしたトラックのミディアム・ナンバー。シンセサイザーを多用した哀愁を帯びた上ものが印象的なトラックは、ジャンルも作風も違うがロジックの”1-800-273-825”に似た雰囲気。事前情報がなければディジー・ラスカルの曲を借用したとはわからないジョルジャの歌唱は、歌とラップを織り交ぜた、ドレイクに近いもの。しかし、エリカ・バドゥから泥臭さを抜いたような、滑らかな歌声のおかげで、繊細なR&Bに聴こえる。

また、同じ年にリリースされた”Where Did I Go?”は、ペリーがプロデュースした作品。太く柔らかい音色のベースを強調したトラックは、エリカ・バドゥやエスペランザ・スポルディングのようなジャズの要素を取り込んだミディアム・ナンバー。彼女達に近しい声質の持ち主とはいえ、より爽やかなヴォーカルの彼女が歌うと、ポップで聴きやすい音楽に映る。

これに続く”February 3rd”は、プロデューサーにフランク・オーシャンケヴィン・アブストラクトの作品にも関わっているジェフ・クレインマンを招いた楽曲。オルゴールのような音色を取り入れて、繊細で神秘的、だけど少しポップな雰囲気を演出したミディアム・ナンバーだ。高音に軸足を置いて、丁寧に歌い込むスタイルは、ミニー・リパートンにも少し似ている。

そして、本作の隠れた目玉がオーストラリア在住のエレクトロ・ミュージックのプロデューサー、マーキー・キト・リビングを起用した”On Your Own”。バス・ドラムを強調したビートは、ヒップホップのスタイルだが、それに組み合わせる複雑な構成の伴奏はドラムン・ベースの手法という個性的な作品。ムラ・マサナオのような、エレクトロ・ミュージックとヒップホップを組み合わせたアレンジが印象的だ。

彼女の面白いところは、エンディア・ダヴェンポートやシャーデー・アデューのような、大胆なヴォーカル・アレンジと洗練された歌唱を使い分ける技術と、透き通った歌声を持ちながら、バック・トラックではエレクトロ・ミュージックの新しい手法を積極的に取り入れているところだ。アメリカのR&Bシンガーにも、電子音楽の技法を組み入れた作風の人は一定数いるが、彼女の場合は、他のイギリスのR&Bシンガー同様、より電子音楽に歩み寄ったサウンドを取り入れている。この、懐かしい歌声と、現代的なアプローチが彼女の個性を確立するのに一役買っていると思う。

アメリカやカナダとは一線を画した、独自の進化を遂げたイギリスのR&Bの現在を象徴するようなアルバム。電子音楽が好きな人には、ヴォーカルの多彩な表現が、R&Bが好きな人には電子音楽の柔軟な発想が新鮮に感じられる面白い作品だ。

Track Data
1. Lost & Found
2. Teenage Fantasy
3. Where Did I Go?
4. February 3rd
5. On Your Own
6. The One
7. Wandering Romance
8. Blue Lights
9. Lifeboats (Freestyle)
10. Goodbyes
11. Tomorrow
12. Don't Watch Me Cry





LOST & FOUND
JORJA SMITH
COOKI
2018-06-08

Lee Hi – Lee Hi Japan Debut Album [2018 YGEX]

ハードなラップとビートを武器に、アイドル・グループの新しいロール・モデルを提示した1TYMEや、”江南スタイル”で非英語曲のダウンロード・セールス記録を樹立したPSY、”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”などのヒット曲を残し、アジアのヴォーカル・グループの存在を世界に知らしめたBIGBANGなど、多くの名アーティストを輩出してきた韓国のYGエンターテイメント。同社では数少ない女性ソロ・シンガーの一人が、ソウル近郊の富川(プチョン)市出身のシンガー・ソングライター、リー・ハイだ。

2012年に韓国のオーディション番組「K-Pop Star」の第1シーズンで優勝した彼女は、同年にYGエンターテイメントと契約。2013年にデビュー作『First Love』を発表すると、その透き通った歌声と繊細な表現が高い評価を受け、ビルボード誌の特集「21Under 21」(これから飛躍が期待される、21人の21歳未満のアーティスト)にジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデと一緒に取り上げられた。また、2016年には2枚目のアルバム『Seoulite』を発表。その一方で、事務所主催のツアーで、日本のステージも経験。BIGBANGや2Ne1、Epik Highといった看板アーティストや、WinnerやiKon(当時はTeam B名義)といった勢いのある若手が活躍するステージで存在感を発揮してきた。

本作は、そんな彼女の日本デビュー作。これまでに発表してきた2枚のアルバムの収録曲に加え、彼女が携わってきたコラボレーション曲や、客演作品、既発曲に日本語詞をつけた新録曲などを収めた2枚組のスタジオ・アルバム。本作の発表時点で21歳という若さながら、多くの録音を残してきた彼女のキャリアを総括したものになっている。

本作の1曲目は『Seoulite』からの先行シングル”Breathe”。2017年12月にこの世を去ったSHINeeのジョンヒョンがペンを執った、切ない雰囲気のスロー・ナンバーだ。低音を抑え、ストリングスを贅沢に使ったアレンジは、フランク・シナトラにも通じるものがある。ジョンヒョンの繊細な感性が生み出すメロディとリリックの魅力をきちんと引き出す、リーの丁寧な歌唱が光る佳曲だ。原曲の良さを残しつつ、日本語のポップスに生まれ変わらせた日本語版も必聴。個人的には、ジョンヒョンが歌ったオリジナル版が残っているのか、気になるところだ。

また、Winnerのミノを招いた”World Tour”は、メアリーJ.ブライジの90年代の作品を連想させるアップ・テンポのヒップホップ・ソウル。サンプリング時にレコードの回転数を速くして、音に癖をつける手法はカニエ・ウエストなどの作品でよく知られているものだ。可愛らしい歌声で力強いパフォーマンスを披露するリー・ハイと、芯の強く、太い声で、パンチの効いたラップを繰り出すミノのラップも格好良い。スター性と実力を兼ね備えた二人だから歌える、本格的なヒップホップ・ソウルだ。

それ以外の曲では、レーベルの企画シングルとしてリリースされた、楽童ミュージシャンのイ・スン・ヒュンとのコラボレーション曲”I'm Different”も見逃せない曲だ。図太いシンセサイザーの音色を使うことで、ジャズのビッグ・バンドのような華やかでグラマラスな伴奏と、リズム&ブルースの要素を取り込んだ軽快なビートは、アウトキャストのようなアメリカ南部出身のヒップホップ・ミュージシャンを思い起こさせる。攻撃的で切れ味鋭いラップを得意とするiKonのボビーが、この曲ではネリーを彷彿させる軽妙なラップを披露している点も面白い。R&B以外の音楽にも造詣が深い二人の持ち味を活かした個性的な作品だ。

そして、彼女が携わった曲の中では、Epik Highが2013年に発表したシングル”Happy Ending”の日本語版が飛びぬけている。オリジナル版では韓国のロック・バンド、ローラーコースターのチョ・ウン・スンが担当していたサビのパートを、この曲ではリー・ハイが担当。破滅的な別れを迎える男性の気持ちを描いたラップ・パートに対し、二人の関係が終わったことを暗示するように淡々と歌うサビの組み合わせが面白い。不慣れな日本語の歌唱をそのまま使うことで、壊れゆく二人の関係を表現した演出が新鮮だ。

彼女の魅力は、ヒップホップの影響が乏しいヴォーカル・スタイルでありながら、本格的なR&B作品に聴こえるところだ。透き通った歌声で淡々と歌うスタイルは、力強い歌声でトラックを飲み込むビヨンセやリアーナの表現技法とは対極のものだ。にもかかわらず、聴き手にはR&Bとして受け取れるのは、ポップスの世界で受け入れられるヒップホップ、R&Bを手掛けてきたEpik Highの面々やディーンといったクリエイターの存在が大きいだろう。

新しいサウンドを取り入れながら、各国のポピュラー音楽を取り入れて進化し続けるR&Bがアジアに根差したことを感じさせる良盤。歌謡曲のエッセンスを適度に取り入れたヴォーカルや作風は、肩の力を抜いてゆっくりと楽しむのに最適だ。


Producer
Teddy Park, Tablo, DJ Tukutz, Lee Hi, Kang Euk Jin, RE:ONE, Deanfluenza etc

Track List
Disc 1
1. Breathe
2. Fool For Love
3. Up All Night feat. Tablo (from Epik High)
4. Special feat. Jennie (from BlackPink)
5. Video feat. Bobby (from iKon)
6. Rose
7. Missing U
8. Fxxk Wit Us feat. Dok2
9. Hold My Hand
10. My Star
11. It’s Over
12. Official feat. Incredivle
13. World Tour feat. Mino (from Winner)
14. Turn It Up
15. I'm Different feat. Bobby (from iKon) , Hi Suhyun
16. 1,2,3,4
17. Breathe -Japanese Version-
Disc 2
1. Rose -Japanese Version-
2. Scarecrow
3. One-Sided Love
4. Dream
5. Because
6. Am I Strange
7. Blues
8. Passing By
9. It's Cold feat. Lee Hi / Epik High
10. Happen Ending feat. Lee Hi -Japanese Version- / Epik Highhappen Ending feat. Lee Hi -Japanese Version- / Epik High
11. Here Come The Regrets feat. Lee Hi / Epik High





記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ