ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性シンガー・ラッパー

Denai Moore - We Used To Bloom [2017 Because Music]

2013年に4曲入りのEP『Saudade』でレコード・デビュー。翌年にはイギリス出身の音楽プロデューサー、Sbtrktのアルバム『Wonder Where We Land』に収録された”The Light”に客演したことで注目を集め、2016年にはアメリカのソウル・ミュージシャン、クリスチャン・アンドリュー・ベリシャージによるユニットJMSNのアルバム『It Is.』に収められている”Fantasize”に客演したことも話題になった、ジャマイカ生まれロンドン育ちのシンガー・ソングライター、デナイ・ムーア。

2014年に初のフル・アルバム『Elsewhere』をリリースしている彼女にとって、3年ぶり2枚目のアルバムが本作。前作同様、収録曲のほぼ全てで彼女がペンを執った意欲作になっている。

本作に先駆けて公開された”Trickle”は、ドラムの音圧を抑え、シンセサイザーを中心に据えた伴奏の上で、訥々と歌い上げる姿が印象的なミディアム・ナンバー。使っている音色こそ違うが、シャーデーやインディア・アリーにも通じる、さわやかなメロディが光る佳曲だ。

これに対し、”Leave It Up To You”は、電子音を強調したトラックと、繊細なヴォーカルのコンビネーションが魅力的なミディアム・ナンバー。電子音楽とソウル・ミュージックを融合させた作品といえば、サンファケイトラナダを思い出すが、彼らの楽曲と比べると音数は少なくシンプルで、ヴォーカルを丁寧に聴かせている。電子音楽のエッセンスを巧みに取り込んで、先鋭的なサウンドとシンプルだが味わい深いメロディを両立した、面白いソウル・ミュージックだ。

そして、”Does It Get Easier?”はシンセサイザーを駆使した幻想的なサウンドと、彼女の透き通った歌声の組み合わせが心地よいミディアム・ナンバー。シンセサイザーを駆使して、涼しげな雰囲気のR&Bにまとめ上げたこの曲は、シザシドの作品にも少し似ている。R&Bやヒップホップが好きな人は、この曲から聴いてほしい。アメリカのR&Bを意識しつつ、彼女の持ち味を活かした楽曲に落とし込んでいる。

そして、本作の収録曲では唯一、フィーチャリング・アーティストを起用した”All The Way”はロンドン生まれのシンガー・ソングライター、クワブスを起用したスロー・ナンバー。シンセサイザーを多用した重厚で荘厳なサウンドの上で、細くしなやかな歌声を響かせるデナイと、ジェラルド・レバートを彷彿させる、太く柔らかいヴォーカルを披露するクワブスのコンビネーションが光っている。クワブスのグラマラスなヴォーカルが、デナイの繊細な声の魅力を引き出しつつ、楽曲にソウルフルな雰囲気を与えている。

彼女の音楽の面白いところは、ソウル・ミュージックやR&Bをベースにしつつ、ロックや電子音楽の手法を取り入れ、聴きやすさと斬新さを両立している点だと思う。その手法はR&Bやヒップホップを軸に、色々な音楽を取り込んで、独自の音楽を構築するインターネットに通じるものがある。

R&Bの可能性を切り開いた、新鮮さと普遍性を両立したアルバム。マックスウェルアリシア・キーズのように、幅広い年代の人々から長気に渡って親しまれそうな、味わい深い音楽だ。

Track List
1. Let It Happen
2. Desolately Devoted
3. Trickle
4. Twilight
5. Do They Care?
6. Leave It Up To You
7. Bring You Shame
8. Does It Get Easier?
9. Poor Person
10. All The Way feat. Kwabs





We Used to Bloom
Denai Moore
Because Music / Sire
2017-06-23

SZA - Ctrl [2017 Top Dawg RCA]

2014年4月、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどが所属する、トップ・ドッグ初の女性シンガーとして、デビュー作となるEP『Z』をリリースした、ミズーリ州セントルイス生まれ、ニュージャージー州メイプルウッド育ちのシンガー・ソングライター、SZA(シザ)ことソラーナ・イマーニ・ロウェ。

放送局のプロデューサーでムスリムの父と、大手通信会社勤務でクリスチャンの母の間に生まれた彼女は、一般のアメリカ人向けの教育と並行して、ムスリムとしての教育も受けてきた。そのため、9.11のテロ事件が起きた後には、身に着けていたヒジャブを巡って、いじめを受けたこともあるなど、苦労もしてきたようだ。

その後、進学した大学では海洋生物学を専攻。世界を股にかける科学者になることを夢見たが、資金の問題もあり一度断念。お金を稼ぐために音楽活動を始めたという。

そんな彼女は、2011年に、当時のボーイフレンドの会社が、ケンドリック・ラマーのライブのスポンサーをしていた縁で、レーベルのオーナーであるテレンス・ヘンダーソンの知己を得る。そして、彼のレーベルでレコーディングをする機会を得た彼女は、2012年には自身初のミックステープとなる『See.SZA.Run』を録音。ドレイクフランク・オーシャンにも匹敵する先鋭的な作風で、熱心な音楽ファンの間で注目を集めた。また、翌年には2枚目のミックステープ『S』を公開。こちらも高い評価を受けた。

今回のアルバムは、彼女にとって初のフル・アルバムで、メジャー・デビュー作でもある。ブライソン・ティラーカリードなどの作品を扱っているRCAからの配給で、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどのレーベル・メイトのほか、ファレル・ウィリアムスやフランク・デュークスといった売れっ子プロデューサーが多数参加した、豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目に入っている”Supermodel”は、ファレルとニコ・シーガルがプロデュースした作品。ファレルがかかわった曲では珍しい、爪弾くように演奏されるギターをバックに訥々と歌う姿が印象的な、フォーク・ソングっぽい作品。しかし、フォーク・ソングの要素を盛り込みながら、太いベースの音や力強いヴォーカルで、きちんとソウル・ミュージックに落とし込む技は流石の一言。シザの歌唱力と、ファレル達のプロデュース能力の高さを再確認させられる曲だ。

続く”Love Galore”は、2015年に”Ok Alright”で共演しているトラヴィス・スコットをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。メンフィス出身のプロデューサー、サンクゴット4コディが制作を担当。90年代のR&Bを連想させる、柔らかい音色のシンセサイザーを使ったトラックと、シザのキュートな歌声が光るミディアムだ。ドレイクを彷彿させる、ラップのような歌い方も格好良い。脇を固めるトラヴィス・スコットのラップも存在感を発揮している。全体的に、インターネットのシドの作品とよく似た雰囲気の、90年代テイスト溢れる曲だ。

また、新作『Damn.』も好評なケンドリック・ラマーを招いた”Doves In the Wind”は、ラスヴェガス出身のキャメロン・オスティーンがプロデュース。古いレコードからサンプリングしたような、太く温かい音色のビートをバックに、可愛らしい歌声でラップをするように言葉を繋ぐミディアム・ナンバー。シザのヴォーカルにあわせて、高音を多用してゆっくりとラップをするケンドリック・ラマーの器用な一面も面白い。”Love Galore”同様、90年代の音楽の影響が垣間見えるが、ヒップホップ寄りのビートと、若き日のモニカやブランディを連想させるキュートな歌唱が印象的な曲だ。

そして、本作に先駆けて公開された”Drew Barrymore”は、彼女が客演したリアーナの”Consideration”を一緒に制作している、カーター・ラングやタイラン・ドナルドソンと共作したもの。スロー・テンポのトラックに乗せて、エネルギーを発散するかのように、自由かつ大胆に歌う彼女の姿が印象的な曲。ゆったりとしたテンポのトラックや、荒々しいメロディ、奔放なヴォーカルは”Consideration”とよく似ているが、こちらのほうがビートの音圧が低い分、リスナーの耳を歌に引き付けやすいと思う。

本作の面白いところは、90年代以降の色々なR&B作品のエッセンスを取り入れつつ、過去の楽曲とは違う独自色を打ち出しているところだ。その象徴ともいえるのが”Drew Barrymore”のような曲で、メロディやトラックにリアーナの”Consideration”の要素を盛り込みつつ、ヴォーカルに気を惹かせる編曲で、きちんと差別化を図っている。柔軟な発想で色々なスタイルを取り込みつつ、細部まで気を配ったアレンジが彼女の魅力だと思う。

ビリー・ホリデーからウータン・クランまで、色々な音楽に親しんできた豊かな感性が生み出す新鮮な音楽と、それを形にする豊かな表現力、そして、細部にまで気を配った演出が一体化した、懐かしいようで新鮮な作品。今時のR&Bが好きな人はもちろん、それ以前の時代のヴォーカル作品が好きな人にもお勧めできる、魅力的な作品だ。

Producer
Anthony "Top Dawg" Tiffith, Best Kept Secret, Frank Dukes, Pharrell Williams, Terrace Martin etc

Track List
1. Supermodel
2. Love Galore feat. Travis Scott
3. Doves In the Wind feat. Kendrick Lamar
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude) feat. James Fauntleroy II
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds feat. Isaiah Rashad
14. 20 Something





Ctrl
Sza
RCA
2017-06-09

Ella Mai - Ready [2017 Interscope Records]

サウスウエスト・ロンドンに生まれ、12歳の時にニューヨークへ移住。高校卒業とともに再度渡英したという、異色の経歴を持つシンガー、エラ・マイ。高校卒業後は、3人組のヴォーカル・グループを結成。イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」に挑戦するが、あえなく落選。その後は、グループを解散し、彼女はソロに転向。音楽配信サイトに自作曲を投稿するなど、地道な活動を続けていた。

そんな彼女の活動が、タイガの”Rack City”やジェレミーの”Don't Tell 'Em”などを手掛けてきた、ロス・アンジェルス出身のプロデューサー、DJマスタードの目に留まり、2016年に彼が経営する10サマーズと契約。同じ年に6曲入りのEP『10Times』を発表して、配信限定だがレコード・デビューを果たした。

今回のアルバムは、2016年に発表された2作目のEP『Change』から、僅か3か月という短い間隔でリリースされた、彼女にとって通算3枚目のEP。過去2作品同様、配信限定のリリースだが、ユニヴァーサル系列のインタースコープが配給し、プロデュースはDJマスタードが担当。ソングライターには、ブリトニー・スピアーズの作品にも携わっているタライ・ライリーや、ジル・スコットの曲も書いているジャミール・ロバーツが参加し、彼女も全ての曲でペンを執っているなど、有名アーティストのアルバムにも見劣りしない力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Boo'd Up”は、80年代のベイビーフェイスの作品を思い起こさせる、煌びやかな音色のシンセサイザーを使ったトラックと、彼女の甘い歌声を活かしたロマンティックなメロディが印象的なミディアム・ナンバー。レコーディング時点で27歳だった彼女の若く溌剌とした歌声と、色っぽい歌唱が光っている。80年代、90年代っぽい音色を使いながら、現代風の爽やかなメロディを取り入れている点も面白い。

続く”Breakfast in Bed”は、リアーナやシャンテ・ムーア等の作品に携わってきた、ニック・アウディノが参加した作品。トラックに使っている音色は”Breakfast in Bed”と似ているが、伴奏の音数を絞って、ビートを強調した、ヒップホップに近い曲。DJマスタードのトラック制作技術と、ニック達の美しいメロディを生むスキルが合わさった、心地よいミディアム・ナンバーだ。

そして、”Nobody Else”は自身の声をサンプリングしたフレーズから始まるミディアム・ナンバー。地声を多用した落ち着いた雰囲気のヴォーカルが、メアリーJ.ブライジやリアーナを思い起こさせる。ゴードン・チェンバースの手による流麗なメロディも、彼女のしなやかな歌声の魅力を引き出している。

また、ロー・ジェイムズやマイリー・サイラスなどの作品にかかわってきた、サミュエル・ジーンがソングライターに名を連ねている”My Way”は、煌びやかなシンセサイザーの音色を使ったロマンティックなミディアム・ナンバー。一方、”Breakfast in Bed”でも作者に名を連ねている、ニック・アウディノがペンを執った”Makes Me Wonder”は甘酸っぱいメロディが印象的なミディアム・ナンバー。彼女の若々しい一面が堪能できる佳曲だ。

そして、本作のハイライトが、アッシャーやメアリーJブライジなどの作品にも参加してきた、ロナルド・コルソンが制作にかかわっている”Anymore”だ。ピアノの音色を効果的に使った切ない雰囲気のトラックと、激しい感情をむき出しにしたダイナミックなヴォーカルを組み合わせた、壮大なバラードだ。

今回のEPでも、過去の2作品同様、しなやかな歌声と、地声からファルセットまで、フルに使った表情豊かなヴォーカルが堪能できる。そのスタイルは、モニカやブランディのような、スマートな歌唱と、力強い歌声を売りにする女性シンガー達を連想させる。また、ソングライターにもゴードン・チェンバースのような、美しいメロディを生み出してきた作家を並べ、トラックもヴォーカルやメロディを引き立てることに気を配った、シンブルで洗練されたものになっている。この「しなやかな歌」を聴かせることに力を注いだことが、若手シンガーの作品でありながらロマンティックで落ち着いた雰囲気と、一本筋の通った軸のようなものを感じさせているのだと思う。

ビヨンセやリアーナとはスタイルが違うが、「歌の魅力」で勝負している稀有な作品。恵まれた容姿と強靭な歌声を兼ね備えた彼女。90年代のブランディやモニカ、2000年以降のジェニファー・ハドソンやクリセット・ミッシェルが好きな人はぜひ聞いて欲しい、クールなヴォーカルとビジュアルが魅力の女性シンガーだ。

Producer
DJ Mustard

Track List
1. Boo'd Up
2. Breakfast in Bed
3. Nobody Else
4. My Way
5. Makes Me Wonder
6. Anymore



Ready [Explicit]
Universal Music LLC
2017-02-26

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ