melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

女性シンガー・ラッパー

Jhené Aiko - Chilombo [2020 ARTium, Def Jam, Universal]

短時間に多くの曲を制作できるヒップホップに押され、苦しい立場に置かれているアメリカのR&B。そんな状況でも、積極的に新しい音を取り入れて、新曲を発表し続けているのがミラJとジェネイ・アイコの姉妹だ。

昨年、姉のミラJは12カ月間連続のアルバムリリースという離れ業を行って話題になったが、その一方で、妹のジェネイ・アイコも着実に新曲をリリースしてきた。

このアルバムは、彼女にとって2017年の『Trip』以来となる、約3年ぶりのスタジオ・アルバム。これまでの作品同様、カニエ・ウエストやコモンなどを手掛けてきたシカゴ出身の名プロデューサー、ノーI.D.が経営するデフ・ジャム傘下のアーティアムからリリースされた本作。しかし、彼やベニー・ブランコ、カシミア・キャットやフランク・デュークスのような有名プロデューサーが多数参加した前作から一転、本作はフィッシカッツやミカ・パウエルといった、彼女に近しいクリエイターが楽曲を手がけた、彼女の個性にフォーカスを当てた作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目は、本作に先駆けてリリースされた“Triggered(Freestyle)”。音数を極限まで絞ったビートに、しっとりとした上物を被せたロマンティックなトラックが印象的な曲。「フリースタイル」と銘打たれている通り、メロディは荒削りだが、優れた嗅覚とセンス、豊富な語彙から生まれた歌はよく練り込まれた作品にも見劣りしないものだ。

続く"None of Your Concern"は、2007年にカニエ・ウエストのレーベルからデビューした、彼女と同じ西海岸のカリフォルニア州出身のラッパー、ビッグ・ショーンが客演したスロー・ナンバー。今にも泣き崩れそうな勢いで物悲しいメロディを歌いこむアイコと、淡々と言葉を紡ぐラップで彼女を支えるショーンのコンビネーションが光る良曲だ。

また、"P*$$Y Fairy (OTW)"は、重厚な低音を強調したビートと、アルトに近い音域をじっくりと歌う彼女の姿が魅力のスロー・ナンバー。SWV“Used Your Heart”のような、落ち着いた雰囲気のメロディとアレンジが心を揺さぶる。シンプルな構成のメロディとトラックは、ディアンジェロの“Untitled”にも似ている。彼女のキャリアを代表する名バラードだと思う。

そして、アトランタ出身の人気ラッパー、フューチャーと、ロスアンジェルス出身のR&Bシンガー、ミゲルを招いた“Happiness Over Everything (H.O.E.)”は、様々な音色を使って3人の個性を引き立てたトラックが心地よいミディアム・ナンバー。もっさりとした声で軽妙なフロウを聞かせるフューチャー、アッシャーのように爽やかな声でメロディを歌うミゲル、アリーヤを彷彿させる透き通った声と、繊細だけど芯の強い歌唱が印象的なアイコの個性が上手く混ざり合った魅力的な曲だ。

今回のアルバムは、彼女の個性にスポットを当て、それを最大限に引き出すことに注力したものだ。過去の2作品で見せた繊細だけどしなやかなヴォーカルを活かすため、トラックメイカーを絞り、彼女の個性を引き出すことに重きを置いたシンプルなトラックと、繊細な歌声を活かすメロディ。彼女の良さを引き出すために作られた楽曲の存在が、本作の良さに繋がっていると思う。

アーティストの良さを巧みに引き出すプロデューサーと、楽曲の魅力を最大限に引き出すシンガーのコラボレーションが生み出した、稀有な作品。R&Bにとって冬の時代と言われることもあるが、そんな苦境を感じさせない力作だ。

Producer
Jhené Aiko,Fisticuffs, Lejkeys, Micah Powell

Track List
1 .Lotus
2. Triggered (Freestyle)
3. None Of Your Concern feat.Big Sean
4. Speak
5. B.S. feat. H.E.R.
6. P*$$Y Fairy (OTW)
7. Happiness Over Everything (H.O.E) feat.Future, Miguel
8. One Way St. feat. Ab-Soul
9. Define Me (Interlude)
10. Surrender feat.Dr. Chill
11. Tryna Smoke
12. Born Tired
13. LOVE
14. 10k hours feat. Nas
15. Summer 2020 (Interlude)
16. Mourning Doves
17. Pray For You
18. Lightning & Thunder feat.John Legend
19. Magic Hour
20. Party For me (Outro)





Chilombo
Jhené Aiko
Def Jam
2020-03-13

K. Michelle ‎– All Monsters Are Human [2020 eOne]

2009年に、R.ケリーがプロデュース、ミッシー・エリオットのラップをフィーチャーしたシングル”Fakin’ It”で華々しいデビューを飾ったK.ミシェルことキンバリー・ミシェル。

エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンを育てた音楽の都、テネシー州メンフィスで生まれ育った彼女は、早いころからブリトニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイクを鍛えてきた指導者のもとで、歌や楽器の腕を磨いてきた。

デビュー後も、R.ケリーやアッシャーグッチ・メインといったトップ・アーティストの作品に参加してきた彼女は、2013年に初のスタジオ・アルバム『Rebellious Soul』をアトランティックから発表。すると、当時としては珍しい、本格的な女性ヴォーカル作品ということもあり、熱心な音楽ファンの耳目を集めた。

その後も、2020年までの7年間に、3枚のスタジオアルバムと6枚のミックステープ、無数のシングルをリリース。その一方でヘッドライナーやオープニング・アクトとして6本のツアーをこなし、近年はリアリティーショウにも出演するなど、八面六臂の活躍を見せてきた。

2017年の『Kimberly: The People I Used to Know』以来となる本作は、長年ビジネスをともにしてきたアトランティックを離れ、SWV112の作品を配給しているeOneからのリリース。といっても、プロデューサーやソングライターの顔ぶれは過去の作品に関わってきた面々。自身がソングライティングなどに携わっている体制も変わっていない。そういうこともあり、過去の作品の路線を踏襲しつつ、大手のレーベルでは難しい、自身の個性を強く打ち出した作品になっている。

アルバムからの先行シングルである”Supahood”は、デトロイト出身の女性ラッパー、キャッシュ・ドールとマイアミ出身の女性ラップ・デュオ、シティ・ガールズをフィーチャーしたヒップホップ作品。シンセサイザーの音色を使い、少ない音数で独特の存在感を放つトラップのビートをバックに、ラップのような抑揚の歌唱を披露している。歌とラップを使い分ける歌手でも、ラップの時は声が細くなることが多いが、歌の時と変わらない太く力強い声を聴かせる技術は圧巻としか言いようがない。

もう一つの先行シングルである”The Rain”はボビー・VからT.I.まで、多くのアーティストと仕事をしてきたベテラン・プロデューサー、ジャジー・ファーの作品。”Supahood”と同じように、トラップのビートを使った曲だが、こちらはじっくりと歌を聴かせるタイプのバラード。電子音主体の音数が少ないビートの上でじっくりと歌う姿は、性別こそ違うがジャジー・ファーと同じアトランタ出身のプロデューサー、ジャーメイン・デュプリが手掛けたジャギド・エッジの音楽にも似ている。

それ以外の曲では”That Game”と”Love On Me”の2曲が魅力的だ。前者がグッチ・メインやヤング・バックなどを手掛けている辣腕クリエイター、ドラマ・ボーイのプロデュース曲。太いシンセサイザーの音色を使った跳ねるようなビートの上で、少し甘いヴォーカルを聴かせる彼女の姿が聴きどころ。若者向けの音色を使ったアレンジの上で、力強い歌声を丁寧に操る彼女の姿が心に残る。

一方、後者は近年、ジェレミーやブライソン・テイラーなどの作品も手掛けているヒップホップ畑のプロデューサー、リー・メジャーの作品。ハウスミュージックやディスコ音楽のような、四つ打ちのトラックが心地よいアップテンポの曲だ。ドラムやベースの音を太くしたり、テンポを少しゆったりしたものにすることで、彼女のパワフルな歌声と豊かな表現力を活かしている。表現者と制作者の絶妙なチームプレイが堪能できる良曲だ。

本作の良さは、パワフルな声を自在に操る彼女の持ち味と、現代のR&Bのサウンドを融合したところだろう。現代では少なくなった声量と表現力が魅力のヴォーカリストを、音数の少ないトラックと一体化しつつ、80年代に流行したブラック・コンテンポラリーや90年代にヒットしたチキチキビートとは異なる音楽に聴かせる。この演出がアルバムを新鮮なものにしている。

現代では数少なくなった「歌を聴かせる」本格的なヴォーカル作品でありながら、最新のサウンドを積極的に取り入れてた稀有なアルバム。常に進化を続けるR&Bの良さを再認識できる佳作だ。


Producer
Ayo The Producer, Shappell Edwards, Drumma Boy, Jazze Pha, Lil Ronnie etc

Track List
1. Just Like Jay
2. That Game
3. The Rain
4. All The Lovers
5. Something New
6. Ciara's Prayer
7. OMG
8. Supahood
9. Love On Me
10. Don't Like You
11. Table For One
12. Can't Let (You Get Away)
13. The Worst




All Monsters Are Human
K. Michelle
Ent. One Music
2020-01-31

Mariah Carey – Caution [2018 Epic]

91年にアルバム『Mariah』で表舞台に現れて以来、華々しい実績を残してきたマライア・キャリー。2017年にルイス・フォンシの”Despacito”に並ばれるまで、20年以上の間に渡って、全米シングル・チャートの連続1位の単独記録を保有していた95年のシングル”One Sweet Day”を筆頭に、ポップスの世界にヒップホップの手法を持ち込んだ”Honey”、ウータン・クランの鬼才、オール・ダーティー・バスタードを起用したリミックスも話題になった”Fantasy”など、アルバムをリリースする度にクラシックを残してきた。

その一方で、私生活は決して安定していたとはいえず、2000年代に入ると低迷。しかし、2005年にはアルバム、『The Emancipation Of Mimi』を発表。彼女の豊かな表現と、電子楽器を駆使したヒップホップのビートを融合したスタイルで復活。デビュー当時からの武器である天性の歌声と、キャリアを積んで磨きがかかった技術で、アメリカを代表する歌手として活躍している。

このアルバムは、彼女にとって4年ぶりとなる通算15枚目のスタジオ作品。ソニー傘下のEpicに移籍して録音された本作は、先行シングルを担当したDJマスタードを筆頭に、ティンバランドやナインティーン85といったヒップホップ界のヒットメイカーや、宇多田ヒカルとのコラボレーションも話題になった、エレクトロ・ミュージック畑のクリエイター、スクリレックスなど、尖ったサウンドが魅力のプロデューサーを迎え、新しい音に挑戦した作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”GTFO”は、ナインティーン85がプロデュースしたミディアム・ナンバー。空を浮かぶようなふわふわとしたシンセサイザーの音色は、アリーヤの”Rock The Boat”にも似ている。浮遊感のあるトラックの良さを活かしつつ、豊かな表情を吹き込むマライアのテクニックが印象的。パワフルな歌声だけでなく、繊細な表現も使いこなす2018年の彼女の歌を堪能できる佳曲だ。

続く”With You”は、DJマスタードが制作に携わった本作からの先行シングル。ピアノの伴奏を軸にしたシンプルなトラックと、彼女の歌声にフォーカスを当てた構成は、ジャム&ルイスがプロデュースした”Through the Rain”に通じるところがある、ヒップホップ畑のクリエイターらしい聴きどころをしっかり聴かせる構成と、彼女のダイナミックなヴォーカルが心に残る曲だ。

これに対し、スリック・リックとブラッド・オレンジをフィーチャーした”Giving Me Life”は、ヒップホップのビートと甘いメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。ソランジュティナーシェなどの作品を手掛けているロック・ミュージシャン、ブラッド・オレンジが制作に参加したこの曲は、シンセサイザーを使って組み立てたトラックの上で、セクシーな歌声を披露するマライアの存在感が特徴的。キャムロンの”Oh Boy”をサンプリングした”Boy”を思い起こさせる本作の隠れた目玉だ。

そして、日本盤限定のボーナス・トラックとして収録されたのが”Runway”だ。世界屈指のDJであり、ジャスティン・ビーバーをフィーチャーした”Where Are U Now”などの、ポップスのヒット曲も残しているスクリレックスを起用した本作は、彼女の”Butterfly”と”We Belong Together”を引用したからか、90年代後半から2000年代前半にかけて、大人の色気と巧みな表現技術を身に着けた彼女の音楽を彷彿させる曲になっている。日本向けの配信版に収められている、Kohhのラップを加えたリミックス・ヴァージョンも見逃せない。

今回のアルバムは、これまでの路線を踏襲しつつ、現代のトレンドに合わせてメロディやトラックをアレンジした、良くも悪くも安定した作品になっている。病と闘いながら着実に前に向かって進んできた彼女の歩みと、今後への強い意志を感じさせる粒ぞろいの楽曲を揃えたところが、本作の面白いところだろう。

波乱万丈の人生を歩みながら、多くの名曲を残してきた彼女の豊かな経験と高い表現力が存分に楽しめる、質の高いアルバム。ベテランらしい老練さを身に着けながら、デビュー当時と変わらない美しい歌声を聴かせてくれるマライアの偉大さを確認できる内容だ。

Producer
Mariah Carey, DJ Mustard, Nineteen85, No I.D., Blood Orange, Skrillex etc

Track List
1. GTFO
2. With You
3. Caution
4. A No No
5. The Distance feat. Ty Dolla Sign
6. Giving Me Life feat. Slick Rick&Blood Orange
7. One Mo' Gen
8. 8th Grade
9. Stay Long Love feat. Gunna
10. Portrait
11. Runway
12. Runway feat.KOHH




Caution
Mariah Carey
Epic
2018-11-16

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ