ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性シンガー・ラッパー

Deni Hines - Soul Sessions [2016 Bitchin' Productions]

70年代から80年代にかけて多くのヒット曲を残したシンガー、マルシア・ハインズを母に持ち、自身も早くからバック・コーラスやR&Bグループ、ロックメロンズなどの活動で頭角を現してきた、シドニー出身のシンガー・ソングライター、デニ・ハインズことデニ・シャロン・ハインズ。

90年代に入ると、オーストラリアのインディペンデント・レーベル、マッシュルーム・レコードと契約。同レーベルから96年に発表したソロ・デビュー曲”Imagination”と、同曲を収めたフル・アルバムが各国でヒットした。特に、アルバムはイアン・グリーンやマーティン・ウェアといった英国の有名プロデューサーを起用し、ロンドンで録音されたこともあり、UKソウルの傑作と評されることもあった。

その後は、2015年までに2枚の編集盤を含む5枚のアルバムを発売。2006年には母マルシアとのデュエット曲”Stomp”を発表して話題を読んだ。また、2008年以降はツアーと並行してテレビ番組などの仕事も担当。母同様、様々な分野で活躍していた。

そして、彼女にとって10年ぶりの新作となるこのアルバム。2006年にリリースしたジェイムス・モリソンとのコラボレーション作『The Other Woman』以来となる新作は、新旧のソウル・クラシックと、彼女が過去に発表した曲。そして新曲を含んだもの。オーストラリア国内のスタジオで、同国のミュージシャン達と録音した本作は、人間にしか出せない繊細な表現と、彼女のダイナミックな歌唱が光る本格的なソウル作品になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、テキサス州フォート・ワース出身のサックス奏者、キング・カーティスの67年のヒット曲”Memphis Soul Stew”と、ルーファス&チャカ・カーンが74年に発表した大ヒット曲”You Got The Love”のメドレー。ワイルドで泥臭いサウンドが魅力の前者で、往年のソウル・ミュージックを懐かしむ人達の心を惹きつけながら、洗練されたサウンドとパワフルなヴォーカルで彼女達の世界へと一気に引き込む構成に圧倒される。彼女の歌は、10年の時を経て、さらに進化したようだ。

そして、これに続く”What About Love”は、アルバムに先駆けて発表された彼女の新曲。力強いドラムの演奏から始まる曲は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの”Everyday People”を彷彿させる、軽快な演奏が心地よいアップ・ナンバー。ポップなメロディを力強い歌唱で本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わらせるデニのヴォーカルも魅力的。

また、2017年にシングル化されたもう一つの新曲”I Got Your Back”は、彼女がロックメロンズ時代にカヴァーしたビル・ウィザーズや、彼と同じ時代に活躍したジャクソン5などを思い起こさせる、ポップで柔らかい音色の伴奏と、ふくよかで滑らかな歌声が心地よいミディアム・ナンバー。しなやかなメロディのR&Bや、パワフルな歌声を響かせるバラードが多かった彼女なので、この曲で見せるチャーミングな歌声はちょっと意外に感じる。

だが、本作の主役はなんと言ってもカヴァー曲。アレサ・フランクリンの”Rock Steady”や、その妹アーマ・フランクリンの”Piece of My Heart”といった、女性歌手が歌うソウル・クラシックから、ホイットニー・ヒューストンの”Exhale”や、ジル・スコットの”A Long Walk”のような、比較的最近のシンガーの曲、そして、マイケル・ジャクソンの”P.Y.T. (Pretty Young Thing)”やスティーヴィー・ワンダーの”Jesus Children of America”といった男性シンガーの曲まで、幅広く取り上げている。いずれの曲も、器用な歌唱と力強い歌声、彼女を支えるバンド・メンバーのテクニックが光っているが、この中でも特に強烈な印象を残したのが、マイケル・ジャクソン”P.Y.T. (Pretty Young Thing)”のカヴァー。2002年にモニカが”All Eyes On Me”でサンプリングで再び脚光を浴びた、ポップで軽快なダンス・ナンバーだが、彼女は原曲の雰囲気を損ねることなく。グラマラスな歌声でパワフルに歌い上げている。

今回のアルバムでは、ソウル・クラシックス、90年代以降のR&B、ポップス寄りの曲、そして自身の曲をバランスよく選んで、曲調にバラエティを持たせつつ、名うての演奏者達による伴奏で、楽曲に安定感と豊かな表情を与えている。そして、最大の強みは彼女のヴォーカル。デビュー当時から芯の強く、しなやかな歌声が魅力的だったが、ジャズに取り組むなど、キャリアを重ねる中で、その表現の幅は大きく広がり、ディープなソウル・ナンバーや軽快なディスコ音楽まで、あらゆる音楽を自分の色に染め上げられる技を獲得している。

年齢を重ねるごとに、新しい一面を見せ続ける、ベテラン・ディーヴァの本領が発揮された佳作。原曲を知る人にも知らない人にも楽しめる、新しいタイプのカヴァー・アルバムだ。

Producer
Insider Trading & Eddie Said

Track List
1. Memphis Soul Stew / You Got The Love
2. Rock Steady
3. What About Love [Album Version]
4. P.Y.T. (Pretty Young Thing)
5. I Got Your Back
6. Been So Long
7. Exhale
8. A Long Walk
9. Runnin'
10. Piece of My Heart
11. Jesus Children of America
12. If





ザ・ソウル・セッションズ
デニ・ハインズ
Pヴァイン・レコード
2016-11-16


Faith Evans & The Notorious B.I.G. - The King & I [2017 Rhino, Warner Music]

1992年に、映画『Who's the Man?』のサウンド・トラックに収められている”Party and Bullshit”で華々しいデビューを飾った、ノートリアスB.I.G.ことクリストファー・ジョージ・レイトア・ウォレス。その後、1994年には、"Juicy"や"Big Poppa"などを収録したファースト・アルバム『Ready To Die』を発表。90年代を代表するヒップホップ・クラシックとして、様々なフォーマットで幾度となく再発された。また、それ以外にも、メアリーJブライジの”Real Love(Remix)”や、クレイグ・マックの”Flava in Ya Ear(Remix)”など、多くの曲に客演。彼の体型のような、ふくよかだが軽妙なラップで、聴く者に鮮烈な印象を残した。そして、1997年には、2枚目のアルバム『Life After Death』をリリース。こちらは最終的に、ダイアモンド・ディスク(売り上げ1000万枚を超える作品)に認定される、ヒップホップ史上屈指のヒット作になった。しかし、同年10月に凶弾で倒れ、帰らぬ人になる。だが、死後もその人気は衰えることなく、99年には『Born Again』を、2004年の『Duets: The Final Chapter』をリリースしている。

一方、フェイス・エヴァンスは90年代初頭からアルBシュアなどのバック・コーラスとして活動。そこでの活躍がショーン・コムズの目を惹き、彼が設立したバッド・ボーイ・レコード初の女性シンガーとして契約する。その後は、メアリーJブライジの『My Life』や、アッシャーのデビュー作『Usher』などに、ソングライターやバック・コーラスとして参加しながら経験を積み、95年にアルバム『Faith』とシングル『You Used To Love』でデビュー。その後は、2016年までに8枚のアルバムと多くのヒット曲を残している。

この二人は94年に結婚。一人の子供を儲けており、彼の生前には”One More Chance/Stay With Me”などでコラボレーションしているが、アルバム単位の共演は今回が初。ビギーのパートは既発曲からの引用で、そこにフェイス・エヴァンスが新しいヴォーカルを追加した、疑似デュエット作品になっている。

アルバムには、二人が所属していたバッド・ボーイのオーナー、Pディディ(=ショーン・コムズ)のほか、チャッキー・トンプソンやスティーヴィーJといった同レーベル出身のプロデューサー、DJプレミアのような、二人と縁の深い人や、ジャスト・ブレイズのような、今回が初の共作となる人まで、バラエティ豊かなプロデューサーが集結。ゲスト・ミュージシャンにも、ビギーが結成したヒップホップ・グループ、ジュニア・マフィア出身のラッパー、リル・キムやリル・シーズ(余談だが彼はビギーの従弟でもある)、バッド・ボーイ初の男性ヴォーカル・グループ112のほか、スヌープ・ドッグやバスタ・ライムズといった90年代から活躍している大物まで、豪華な面々が並んでいる。

さて、肝心の内容だが、2曲目の”Legacy”は、シンセサイザーを駆使したメロウなトラックが印象的なスロウ・ナンバー。ビギーの生前には少なかったタイプの曲だが、新録曲のように溶け込ませるプロデューサーの地道な作業と音楽センスが光る曲。彼が生きていたころは、音圧の強いトラックに押されていたフェイスの歌が、トラックをねじ伏せる勢いの力強いものになった点は感慨深い。20年の時を経て、同じ土俵で声を絡ませる二人の姿が印象的な曲だ。

これに対し、ジェダキスが参加した”N.Y.C.”は、レコードからサンプリングしたような音色を使ったビートとスクラッチが、90年代のヒップホップを思い起こさせる曲。曲の大部分をビギーとジェダキスのラップが占め、フェイス・エヴァンスはサビを歌うに留めた、ビギーの新作っぽい曲。トラックを含め、90年代のヒップホップの醍醐味が凝縮された佳曲だ。

それ以外では、スヌープ・ドッグをフィーチャーした”When We Party”の存在感が光っている。図太いベース音を使ったモダンなトラックは、スヌープ・ドッグのような、西海岸出身のラッパーの曲に多いスタイル。東海岸と西海岸のミュージシャンが対立し、結果的にビギーと2パックという、希代のラッパーを二人も失ってから20年弱。このような形でも、両地域を代表するラッパーが共演したのは感慨深い(まあ、似たような企画のブート盤は沢山あったが)。彼が生きていた時代のビートではなく、ディム・ファンクなどの台頭で注目を集めた、ディスコ・ブギーっぽいトラックを選ぶあたりに、常に進歩を続けているヒップホップ・ミュージシャンの矜持を感じさせる。

そしてもう一つ、見逃してほしくないのが、キラキラとした音色のシンセサイザーが印象的な”One In The Same”だ。アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を引用した”Big Poppa”や、エムトゥーメイの”Juicy Fruits”をサンプリングした”Juicy”のような、70年代後半から80年代のソウル・ミュージックの煌びやかで洗練された雰囲気を取り込んだミディアム・ナンバー。サビを歌うフェイスの色っぽい声は”One More Chance/Stay With Me”を思い起こさせるが、あの頃よりも強く、しなやかになったと思う。

亡くなったミュージシャンの「新作」は、故人の名前を意識しすぎて、生前の作品の焼き直しに陥ったり、昔の録音を現代のトレンドに適応させようとして、無理が生じるものが少なくない、ロバート・グラスパーがマイルス・デイヴィスと「競演」した『Everything's Beautiful』のような、生前の録音を編集したコラージュに近い作品は別だが、本作のような疑似デュエット作品では、生前の録音を活かしつつ、どうやって「新作」として聴かせるかが最大のネックだと思う。

これに対し、彼女達は過去のビギーの楽曲を参考にしつつ、それを現代的にアップデートしたトラックを用意することで、その課題に対応している。レコードからのサンプリングした音や、それっぽい音色を取り入れたビートを揃えたあたりからも、本作が生前の彼の音楽を意識していることが伺わせる。一方、新しく録音したフェイス・エヴァンスのヴォーカルは、長いキャリアの間で身に着けた、強くしなやかな歌声を惜しげもなく披露することで、21世紀を生きる彼女にしか作れない音楽に仕立て上げていると思う。

亡き前夫との共演を謳いながらも、彼の名前に寄りかかることなく、対等な関係で「共演」した、フェイス達、現代を生きるアーティスト達の姿が光る。懐かしいようで新鮮な作品。90年代のR&Bやヒップホップをこよなく愛した人には懐かしく、当時を知らない人には新鮮な。面白いアルバムだと思う。

Producer
DJ Premier, Just Blaze, Stevie J, Salaam Remi, Chucky Thompson, P Diddy etc

Track List
1. A Billion
2. Legacy
3. Beautiful (Interlude)
4. Can't Get Enough
5. Don't Test Me
6. Big/Faye" (Interlude) feat. Jamal Woolard
7. Tryna Get By
8. The Reason
9. I Don't Want It feat. Lil' Cease
10. I Got Married (Interlude) feat. Mama Wallace
11. Wife Commandments
12. We Just Clicked (Interlude) feat. Mama Wallace
13. A Little Romance
14. The Baddest (Interlude)
15. Fool For You
16. Crazy" (Interlude) feat. 112 & Mama Wallace
17. Got Me Twisted
18. When We Party feat. Snoop Dogg
19. Somebody Knows feat. Busta Rhymes
20. Take Me There feat. Sheek Louch & Styles P
21. One In The Same
22. I Wish (Interlude) feat. Kevin McCall & Chyna Tahjere
23. Lovin You For Life feat. Lil' Kim
24. NYC feat. Jadakiss
25. It Was Worth It





The King & I
Faith Evans & Notorious
Rhino / Ada
2017-05-19

Minzy - Minzy Work 01 Uno [2017 Music Works, Sony Music Korea]

2009年に、15歳の若さでYGエンターテイメント発の4人組ガールズ・グループ、2NE1(トゥエニー・ワン)の最年少メンバーとしてデビュー。後にビッグバンのヒット曲を数多く手掛ける1TYME(ワン・タイム)のテディ・パクと、ビッグバンの中心人物G-ドラゴンのバックアップを受けた、本格的な女性R&Bグループとして、”I Am the Best”や”Ugly”などのヒット曲と、2枚のフル・アルバムを残した。また、2012年にはニューヨークやロス・アンジェルス、シンガポールを含むワールド・ツアーも行っている。

しかし2014年頃から活動が停滞。彼女自身も2016年にグループを脱退、YGエンターテイメントを離れる。

今回のアルバムは、新しい事務所、ミュージック・ワークスに移籍して初めての録音作品。同社では、アーティストとしての活動だけでなく、若手(といっても彼女自身も20代前半だが)の教育係や楽曲制作も担当し、多くの経験を積んで実力を蓄えてきた彼女。この作品では、スーパードッグやグルーヴィールームのような韓国のプロデューサーのほか、ステレオタイプスやメラニー・フォンタナといったアメリカのプロデューサーを起用し。グループ時代と変わらない尖ったR&Bを聴かせている。

アルバムの1曲目に収められている、本作からのリード・シングル”Ninano”は、アジア系アメリカ人によるラップ・グループ、アジアチックスの元メンバーである韓国系アメリカ人のラッパー、フロウシックをフィーチャーしたダンス・ナンバー。リアーナのデビュー曲”Pon de Replay”を思い起こさせるダンスホール・レゲエの要素を大胆に取り入れた躍動感溢れる曲。フロウシックの荒々しいラップも格好良い。アルバムの最後に収められている同曲の英語版でも、韓国語版と変わらないラップを聴かせる彼のスキルは、もっと注目されてもいいのではないか。

これに対し、2曲目の”Superwoman”は、シンセサイザーを多用したスタイリッシュなトラックと、流麗なメロディ、韓国や日本のポップスのような起承転結がはっきりとした展開が光るミディアム・ナンバー。2000年代初頭に、アシャンティの”Foolish”やアッシャーの”U Remind Me”などに夢中になった人は、きっと好きになると思う。

そして、本作の隠れた目玉が、ジャスティン・ビーバーの”Somebody To Love”や、ブルーノ・マーズの”24K”など、多くのヒット曲にその名を刻んできた(余談だが、赤西仁の”Sun Burns Down”も彼らの作品だ)人気プロダクション・チーム、ステレオ・タイプスと制作した”Ing”だ。”Ninano”同様、ダンスホール・レゲエのエッセンスを取り込み、電子音をふんだんに使ったトラックと、彼女の色っぽい歌声を引き出したメロディが、イギー・アゼリアやクリス・ブラウンを連想させる佳曲。彼女や赤西以外にも、BoAやEXO、元レーベル・メイトのセブンなど、多くのアジア人ミュージシャンに曲を提供してきた彼らだからできる、外国人シンガーの持ち味を引き出しつつ、アメリカのダンス・ミュージックと融合した曲だ。

また、元2PMのジェイ・パクがラップで参加した”Flashlight”はスーパードッグがプロデュースしたミディアム・ナンバー。”Superwoman”のテンポを落とし、甘くロマンティックに仕立て直したような曲だ。ジェイ・パクもフロウシック同様、アメリカ出身だけあって、彼女の繊細なヴォーカルを引き立てるラップの技術には確かなものがある。

これ以外に、本作で唯一のスロー・ナンバー”Beautiful Lie”は、ピアノっぽい音色をバックにじっくりと歌うスロー・バラード。アメリカのR&Bを意識したダンス・ナンバーが中心のアルバムでは珍しい、ドラマなどの主題歌でよく耳にするタイプの、韓国のポップスの王道を行くバラードだ。

今回のアルバムは、韓国の3大事務所の一つであるYGエンターテイメントを離れ、新天地から発表したソロ・デビュー作だが、本人のパフォーマンスはグループ時代よりも磨きがかかっている。また、楽曲制作にアメリカのクリエイターを積極的に起用するなど、同国の他の女性シンガーの曲に比べると、欧米のR&Bに近い印象を受ける。だが、その一方で、アメリカの音楽をキャッチ・アップしようとする余り、新鮮さに乏しい、どこかで聞いたような作品になっているようにも映った。

とはいえ、アメリカの流行をしっかりと分析し、自分の音楽の糧にした貪欲さと作品のクオリティは目を見張るものがある。5年後、10年後にどんなアーティストに成長しているか、今から楽しみになるデビュー作だ。

Producer
Superdog, Michel 'Lindgren' Schulz, Jon Asher, Stereotypes, GroovyRoom

Track Lust
1. Ninano feat. Flowsik
2. Superwoman
3. ING
4. Flashlight feat. Jay Park
5. Beautiful Lie
6. Ninano (English Rap Ver.) feat. Flowsik







記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ