ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性シンガー・ラッパー

Selina Albright - Conversations [2017 Selina Albright]

80年代後半から90年代にかけて、スムース・ジャズ界の名サックス・プレイヤーとして活躍していたジェラルド・アルブライトを父に持ち、自身もジャズ・シンガーとして活動してきたコロラド州デンバー出身、現在はテキサス州ダラスを拠点に活動するシンガー・ソングライター、セリーナ・アルブライト。彼女にとって初めてのフル・アルバムにして、初の本格的なR&B作品。

本作が初のフル・アルバムといっても、2000年代後半から父の録音でヴォーカルを務め、2013年には自身名義のシングル『Brighter』がイギリスのソウル・ミュージック・チャートで4週連続で1位を取るなど、実績豊富な彼女。このアルバムでは、エラ・フィッツジェラルドやダイナ・ワシントンと並んで、ホイットニー・ヒューストンやレイラ・ハザウェイから影響を受けてきたと公言している彼女らしい、ダイナミックなヴォーカルを聴かせている。

アルバムの1曲目はエリック・ロバーソンやカーク・フランクリンなどの作品を手掛けてきたジェイムス・ロバーソンとの共作による”Eat Something”。ジェニファー・ハドソンの”Why Is It So Hard”や、キキ・ワイアットの”Tap Out”など、多くの有名ミュージシャンのレコーディングに携わっている日本人ギタリスト、松野啓太が奏でる甘く艶っぽい音色のギターで幕を開けるこの曲は、SWVの『New Beggining』や、タミアの『Tamia』といった、90年代後半に流行したR&B作品に収録されていそうな、洗練されたトラックと、起承転結のはっきりとしたしなやかなメロディが印象的なミディアム・ナンバー。流れるようなメロディは、父の作風にも少し似ているが、芯の強い声でじっくりと歌っているあたりは、パワフルな歌声のシンガーを目標にする彼女の持ち味が出ていると思う。

一方、サックス奏者のランディ・エリスをフィーチャーした”If I Were a Boy”は、サックスにパーカッションとギターという、シンプルな編成の伴奏の上で、じっくりと歌い上げたバラード。少し線は細いが、高音を軸にした広い音域と、大胆に強弱をつけた表現は、ビヨンセのそれとよく似ていると思う。

これに対し、ジェイムス・ロバーソンが手掛けたミディアム・ナンバー”Victim”は、コンピューターを駆使して作られたモダンなビートの上で、力強い歌声を響かせた曲。スマートだが力強い歌声や、起承転結のはっきりしたメロディは、ブランディやモニカといった90年代に音楽シーンを席巻した女性シンガー彷彿させるが、重低音を効果的に使ったトラックのおかげで、2017年の新しい音楽に聴こえるから面白い。

そして、本作のハイライトと言っても過言でないのが、父であるジェラルド・アルブライトを招いた”Let Go”、ウィル・ダウニングやシャンテ・ムーアなど、多くの実力派シンガーに曲を提供してきたクリス”ビッグ・ドック”デイヴィスがペンを執った曲は、ドラムやベースとキーボードを使った、シンプルなトラックの上で、大人の色気をみせる流麗なミディアム・ナンバー。中盤以降に絶妙なタイミングでしなやかな演奏を聴かせるジェラルドの存在が、楽曲のロマンティックな雰囲気を盛り上げている。

今回のアルバムは、彼女が敬愛するシンガーの一人に挙げた、レイラ・ハザウェイの近作に近い路線の、シンプルで無駄のない伴奏と、洗練されたメロディが光る、大人向けの作品に仕上がっている。そんな彼女の作品の面白いところは、R&Bと並行してジャズも歌ってきた経験を活かして、複雑な表現とパワフルなヴォーカルを両立している点だと思う。

シャンテ・ムーアやレイラ・ハザウェイの流れを汲む、力強い歌声と洗練された表現力が魅力の本格的なR&B作品。女性ヴォーカルの美しい歌声を思う存分堪能できる数少ないアルバムだと思う。

Producer
Selina Albright, James Roberson, Chris "Big Dog" Davis

Track List
1. Eat Something
2. Possible
3. If I Were a Boy
4. Talk to Her
5. Highest High
6. Wifey Anthem (You Don't Have to Fight at Home)
7. Search My Name
8. Victim
9. Let Go
10. Uncharted Love






Niia - I [2017 Atlantic]

マサチューセッツ州のニードハム出身。幼いころからクラシック・ピアノと歌の教育を受け、13歳になると人前で歌うようになったという、シンガー・ソングライターでピアニストのニイアことニイア・ベルティーノ。イタリア出身で、オペラ歌手の娘という母の下で鍛えられた彼女は、ハイスクール時代からジュリアード音楽院やバークリー音楽大学のプログラムに参加し、腕を磨いていた。

高校卒業後は、ニューヨークのニュースクール大学に進学。同大学ではジャズ・ヴォーカルを専攻している。また、大学在学中には元フージーズのワイクリフ・ジョンと出会い、2007年には彼が発表したシングル『Sweetest Girl (Dollar Bill)』にフィーチャリング・ヴォーカルとして参加している。同曲は総合チャートで最高12位に登り詰め、プラチナ・ディスクに認定される大ヒットとなった。

同曲のヒットで知名度を上げた彼女は、MTVの企画で世界各地のステージを経験。帰国後は、ニューヨークでも大規模な公演を成功せさせている。

また、2013年には、自身の名義によるデビュー・シングル『Made For You』を発表。クールな歌声を活かした楽曲はもちろん、ヒストリーXなどの仕事で知られる、トニー・ケイトが制作したMVも注目を集めた。その翌年には、ロビン・ハンニバルのプロデュースで初のEP『Generation Blue』をリリース。洗練されたメロディと滑らかなヴォーカルで、若者の間だけに留まらず、幅広い年代の人々から高い評価を受けた。

そして、アトランティックと契約した彼女が、2017年に発表したのが本作。前作同様、Rhye(ライ)やケンドリック・ラマーなどを手掛けてきたロビン・ハンニバルが全曲をプロデュース。彼女の繊細な歌声と、流麗なメロディを生み出すセンスを活かした、スタイリッシュな作品に仕上げている。

イントロを挟んだアルバムの実質的な1曲目”Hurt You First”は、アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を思い起こさせる、シンセサイザーを使ったしっとりとした伴奏の上で、シャーデーのヴォーカリスト、シャーデー・アデュを彷彿させる透き通った歌声を響かせるミディアム・ナンバー。怪しげな雰囲気の演奏に乗って、爽やかなヴォーカルを聴かせる彼女の存在感が光る佳曲だ。

一方、キーボードやストリングスを使ったロマンティックな演奏が魅力のバラード”Sideline”は、丁寧な歌唱が心地よいスロー・ナンバー。生演奏っぽいドラムやキーボードの柔らかい音色と、優しく語り掛けるように歌うニイアの姿が心に残る名演だ。繊細な歌声を振り絞って力強く歌うサビの部分は、シェリル・クロウやジョニ・ミッチェルのような、女性フォーク・シンガーのパフォーマンスを思い起こさせる。

また、ジャズミン・サリヴァンが参加したリミックス・ヴァージョンでは、鋭い低音を強調したR&Bっぽいトラックに変更。曲の途中でジャズミンが地声のような低い声のラップを聴かせている。オリジナル・ヴァージョンと比べると、ヒップホップやR&Bに寄った作風が格好良い。

そして、見逃せないのは、スロー・ナンバーの”Last Night In Los Feliz”だ。シンセ・ドラムとピアノを核にしたシンプルな伴奏の上で、囁きかけるように歌う姿が美しいバラード。ピアノの演奏と、高音を軸にした繊細なヴォーカルの組み合わせは、アリシア・キーズの”Diary”にも少し似ている。

それ以外にもう一つ、是非きいてほしい曲が”Girl Like Me”だ。ギターとシンセサイザーを組み合わせた、シンプルなトラックに乗せて、しなやかな歌声を響かせるミディアム・ナンバー。こちらの曲も、”Sideline”のような、フォーク・ソングやジャズのエッセンスを取り入れたスタイリッシュな仕上がりが魅力的だ。

彼女の音楽性はライのそれを彷彿させる、洗練されたメロディと色っぽい歌声が光るものだ。だが、彼女の場合、そこにフォーク・ソングやジャズといった、色々な音楽の要素を取り込むことで、R&Bが好きな人だけに留まらない、色々な人の心に訴えかける大衆性も兼ね備えていると思う。

あらゆる音楽を飲み込み、スタイリッシュでセクシーなR&Bに還元するスタイルは、デビュー当時のシャーデーを彷彿させる。シャーデーやライのような、しなやかで美しいメロディのR&Bが好きな人にはぜひ聞いてほしい。洗練された作風が魅力のR&B作品だ。

Producer
Robin Hannibal

Track List
1. Prelude
2. Hurt You First
3. Sideline
4. Nobody
5. Last Night In Los Feliz
6. Girl Like Me
7. Day & Night
8. Constantly Dissatisfied
9. California
10. All I Need
11. Mulholland
12. Sideline feat. Jazmine Sullivan



a

I
Niia
Atlantic
2017-05-05

Patti LaBelle - Bel Hommage [2017 GPE]

1962年に、同じハイスクールに通う友人と結成したヴォーカル・グループ、パティ・ラベル&ザ・ブルーベルズのリード・シンガーとしてデビュー。71年には、メンバーの脱退とラベルへの改名を経てリリースされたシングル『Lady Marmalade』が全米チャートを制覇(97年のオール・セインツによるカヴァーや、2002年の映画「ムーラン・ルージュ」でのリメイクもヒット)。それ以外にも、数多くのヒット曲を残してきた。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、パティ・ラベルことパトリシア・ルイス・ホルト。

77年にソロへと転向すると、『I'm in Love Again』や『Winner in You』、『Flame』など、多くのヒット作を発表。グラミー賞を2度獲得する一方で、女優業にも挑戦。エミー賞にノミネートするなど、マルチな才能を発揮してきた。

本作は、2007年の『Miss Patti's Christmas』以来となる、10年ぶりのフル・アルバム。直近の3作品はポップスやソウル・ミュージックの名曲をカヴァーした『Classic Moments』や、ゴスペルに挑戦した『The Gospel According to Patti LaBelle』、彼女にとって2枚目のクリスマス・アルバムとなる『Miss Patti's Christmas』など、コンセプトが明確な作品だった。今回のアルバムも過去作の路線を踏襲。3名のホーン・セクションを含む本格的なジャズ・バンドによる演奏をバックに、ソウル・ミュージックの世界で培った力強い歌声と豊かな表現力を惜しげもなく披露した、本格的なジャズ・ヴォーカル作品に纏め上げている。

アルバムの1曲目”The Jazz In You”は、60年代に活躍した女性シンガー、グロリア・リンの持ち歌としても知られるミディアム・ナンバー。原曲の怪しげな雰囲気はそのままに、キャリア60年を超える大ベテランらしい妖艶な歌声で、よりエロティックな楽曲に仕上げている。70歳を超えるベテランとは思えない、艶めかしいヴォーカルを堪能してほしい。

これに対し、アート・ブレイキーの代表曲で、今もテレビ番組等で頻繁に使用されている”Moanin'”のカヴァーは、ジョー・ヘンドリックスが歌詞をつけたヴォーカル・ヴァージョンを披露。ヴォーカル入りの演奏としては、ランバート、ヘンドリックス&ロスが62年にレコーディングしたものが有名だが、彼女のヴァージョンでは、リズムやメロディをあえて崩すことで、ソウル・ミュージックの世界で鍛え上げた歌の技術を活かした、ダイナミックな演奏に纏め上げている。原曲のメロディを大胆に改変することで、ヴォーカルの表現力を強調した手法は、オーティス・レディングがローリング・ストーンズの”Satisfaction”やテンプテーションズの”My Girl”をカヴァーした時のことを思い起こさせる。

一方、ジェイムス・ムーディーがペンを執り、ブロッサム・ディアリーが歌入りの演奏を吹き込んだことでヴォーカル作品としても有名になった”Moody's Mood”のカヴァーは、デトロイト出身のシンガー・ソングライター、ケムをゲストに迎えたデュエット作品。エイミー・ワインハウスやクウィーン・ラティファなど、多くのシンガーに歌われてきた人気曲を、あえてオリジナルに忠実なスタイルで歌うことで、ソウル・シンガーとしてのキャリアの中で習得した大胆さと、ジャズ・シンガーに求められる繊細さを同居させた、彼女にしかできないパフォーマンスに落とし込んでいる。

そして、本作の目玉ともいえるのが、ビリー・ホリデーが1946年に発表したバラード”Don't Explain”だ。エッタ・ジェイムスやサラ・ボーハムなど、多くの名シンガーが挑戦してきた有名曲を、彼女はピアノ・トリオ+トランペットのシンプルな編成をバックに歌唱。地声からファルセット、ピアニッシモからフォルテッシモまで、使える声域と強弱をフル活用して、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。シンプルな編成のバンドによる、絶妙なさじ加減の伴奏が、リスナーの耳を彼女の歌声に集中させている点にも注目してほしい。

今回のアルバムは、ポップスからゴスペルまで、色々な音楽に取り組んできた彼女のキャリアを総括するような、色々な表現が楽しめる作品だ。おそらく、ソウル・ミュージックに比べると圧倒的に少ない数の楽器で、一つ一つの音をじっくりと聴かせるジャズのスタイルを彼女なりに解釈し、細部まで気を配りつつ、要所要所で大胆な表現を聴かせたことが功を奏したのだと思う。

ポップ・シンガーから希代の名歌手に上り詰めた彼女だからこそできる、少女のように豊かな表情とベテランらしい老練さを両立した珠玉のヴォーカル・アルバム。アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスとは異なるアプローチで「歌」を究めた、ヴォーカル作品の傑作だろう。

Producer
Armstead Edwards, Zuri Edwards, Patti LaBelle, Jamar Jones

Track List
1 The Jazz In You
2. Wild Is The Wind
3. Moanin'
4. Till I Get It Right
5. Moody's Mood feat. Kem
6. Softly As I Leave You
7. Peel Me A Grape
8. Don't Explain
9. I Can Cook
10. Folks Who Live On The Hill
11. Go To Hell
12. Song For Old Lovers
13. Here's To Life

Bel Hommage
Patti Labelle
Gpe Records
2017-05-05


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ