ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性シンガー・ラッパー

Martha High - Tribute To My Soul Sisters [2017 Record Kicks]

ブーツィー・コリンズやメイシオ・パーカーなどの名手を輩出する一方、リン・コリンズやマーヴァ・ホイットニー、タミー・テレル(当時はタミー・モンゴメリー名義で在籍)など、多くの女性シンガーが所属していたジェイムズ・ブラウンのバンド。彼のバンドから巣立ち、今も一線で活躍している女性シンガーが、ワシントンDC出身のマーサ・ハイだ。

同じハイスクールに通う友人と結成したガールズ・グループ、フォー・ジュエルズがジェイムズ・ブラウンに認められ、バック・コーラスとして加入した彼女は、65年から2000年まで、実に35年もの間、彼のツアーに帯同。その一方で、72年には初の自身名義のシングル”Georgy Girl”をリリース、79年には初のソロ・アルバム『Martha High』を発売するなど、バンド活動と並行しながら着実に実績を積み上げてきた。

2000年以降は、主にソロとして活動。ヨーロッパのレーベルから作品を発表しつつ、日本を含む世界各国でライブを行ってきた。

本作は、2016年の『Singing For The Good Times』以来、約1年ぶりとなる新作。これまでにもイギリスのスピードメーターやフランスのシャオリン・テンプル・ディフェンダー、イタリア人プロデューサーのルーカ・サピオなど、ジェイムズ・ブラウンの音楽から多くの影響を受けてきたミュージシャンと組んできた彼女だが、今回のパートナーに選んだのは、日本のオーサカ=モノレール。近年はヨーロッパを含む海外でのライブも経験するなど、日本を代表するファンク・バンドとして知られている彼らと録音した本作は、ジェイムズのバンドから世に出た女性シンガー達の楽曲を取り上げた、トリビュート・アルバムになっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、リン・コリンズが1972年に発表した”Think (about it)”のカヴァー。溌剌とした歌声が魅力のリンのヴォーカルを御年68歳(執筆時点)のマーヴァが忠実に再現している点が面白い。オーサカ・モノレールが生み出すグルーヴが、オリジナル以上にダイナミックな点も見逃せない。原曲を忠実に再現しつつ、その持ち味をオリジナル以上に強調したアレンジが魅力の佳曲だ。

これに対し、リズム&ブルース作品の”A little taste of soul”は、後にチェスからもレコードをリリースしているシュガー・パイ・デサンドが、1962年に発売したダンス・ナンバー。激しく歌う姿が印象的な原曲に比べると、グラマラスで貫禄溢れる歌唱が印象的な曲だ。唸るようなベースと軽妙なリズムも格好良い。ジェイムス・ブラウンといえば”Sex Machine”のようなファンク・ミュージックのイメージが強いが、この曲のような50年代、60年代に制作していたリズム&ブルース・ナンバーにも良曲が多い。エイミー・ワインハウスの登場以降、ヴィンテージ・ミュージックが見直されている今だからこそ聴きたい作品だ。

また、同じリズム&ブルースの作品では、ジェイムズ・ブラウンが63年に発表し、同じ年にタミー・テレル(当時はタミー・モンゴメリー名義)がカヴァーした”I cried”も見逃せない。泣き崩れるように歌うジェイムズのヒット曲を、タミーは可愛らしい声を活かした甘酸っぱい歌唱で歌いなおしたことでも有名な本作。マーサはふくよかな歌声と老練な歌唱で、両者の演奏とは一味違う、本格的なソウル・バラードに改変している。彼女の高度な表現力と、様々なアレンジに耐えうるジェイムズの作品の奥深さを感じさせる良曲だ。

そして、本作に”Sex Machine”のようなファンク作品を期待する人にお勧めしたいのが、リン・コリンズが1973年に録音した”Mama feel good”だ。ジェイムズ・ブラウンがサウンドトラックを担当した同年の映画「Black Caesar」で使われたこの曲は、乾いた音色のギターのカッティングと、重厚なドラムとベースが生み出すグルーヴが魅力のミディアム・ナンバーだ。ジェイムズ関連のファンク・ナンバーではしばし見られる、少し肩の力を抜いた演奏をじっくりと聴かせる作品だが、彼女は絶妙な匙加減で乗りこなしている。

このアルバムを聴いて強く感じるのは、マーサの高い歌唱力と、ジェイムズが残した楽曲の多彩さ、そして、彼のバンドから羽ばたいていったシンガー達の強い個性だ。ロックンロールにも通じる激しいリズム&ブルースから、リスナーの胸を揺さぶるダイナミックなバラード、腰を刺激するファンクまで、様々なスタイルの楽曲を色々なスタイルで演奏してきた名シンガー達。そんな彼女達の楽曲を、自分の音楽に染め上げるマーサの豊かな表現力と想像力が本作の醍醐味だろう。そして、彼女を支えるオーサカ・モノレールの高い演奏技術が、ジェイムズ・ブラウンが提供した曲のカヴァーという難解なお題を実現可能なものにしていると思う。

ジェイムズ・ブラウンが残した珠玉の名曲が持つ魅力を、余すことなく収めた良質なトリビュート・アルバム。マーサとオーサカ・モノレールの演奏をじっくりと楽しんでも良し、ジェイムズが手掛けた女性シンガーの作品を集めた『James Brown's Original Funky Divas』に入っているオリジナル・ヴァージョンと聴き比べても良し、一粒で二度おいしい企画盤だ。

Producer
Osaka Monaurail

Track List
1. Think (about it)
2. This is my story
3. A little taste of soul
4. Mama’s got a bag of her own
5. I cried
6. Don’t throw your love in the garbage can
7. Things got to get better
8. Put it on the line
9. Unwind yourself
10. You can make it if you try
11. Answer to mother popcorn
12. Mama feel good
13. Oh what a feeling






トリビュート・トゥ・マイ・ソウル・シスターズ
マーサ・ハイ
ディスクユニオン
2017-11-18



Chante Moore - The Rise of the Phoenix [2017 CM7 Records, TuneCore, INgrooves]

92年にアルバム『Precious』でメジャー・デビューすると、20代半ば(当時)とは思えない大人びた歌と妖艶な声が高い評価を受け、50万枚を超える大ヒットとなった、カリフォルニア州サン・フランシスコ出身のシンガー・ソングライター、シャンテ・ムーアことシャンテ・トレンス・ムーア。

キリスト教の伝道師の家に生まれた彼女は、幼いころから教会で歌う一方、ジョージ・デュークやリー・リトナーのような洗練されたサウンドをウリにするジャズ・ミュージシャンの音楽に慣れ親しんできた。

成人した彼女は、ミス・コンテストに出場したりモデル活動を行ったりするなど、早くから美貌とシンガーとしてのポテンシャルの高さを発揮。MCAのルイス・サイラスとワーナーのベニー・メディーナからスカウトを受けると、MCAと契約を結ぶ。

以後、彼女は多くの作品を発表。デニース・ウィリアムスの代表曲とコモドアーズのヒット曲をメドレーで歌った”Free/Sail On”やジャーメイン・デュプリ作のダンス・ナンバー”Straight Up”など、今も親しまれ続けるR&Bクラシックを残してきた。また、2002年にシンガー・ソングライターのケニー・ラティモアと結婚(後に離婚)すると、夫婦の名義でも2枚のアルバムをリリース、私生活の熱愛っぷりをそのまま作品にしたような、甘くロマンティックな音楽を聴かせてくれた。

今回のアルバムは、2013年の『Moore Is More』以来となる、ソロ名義では通算7枚目となるオリジナル・アルバム。離婚後初の録音作品だった前作は、通好みのソウル作品を数多くリリースしてきたシャナチーからの発売だったが、本作は彼女が設立したCM7からの発表。プロデュースは前年に元夫、ケニー・ラティモアの作品を手掛けているネイト・ジョリーや、タミアやR.ケリーなどを手掛けているリル・ロニーなどが担当。前作で心機一転、新しい道を踏み出した彼女の、新しい一歩となる佳曲を揃えている。

アルバムの実質的な1曲目である”Chasin”は、ロニー・ジャクソンがプロデュースした、ミディアム・バラード。ズンズンと迫ってくるビートの上で、荒々しいヴォーカルを披露した楽曲だ。パワフルな歌声で聴き手を圧倒するスタイルは、彼女の作品ではあまり見られなかったものだが、この曲ではしっかりと自分のものにしている。

これに対し、これまでの彼女のスタイルを踏襲したのが、”Chasin”とほぼ同じメンバーで制作した”On His Mind ”だ。ジャーメイン・デュプリを彷彿させるチキチキというハイハットの音色や、カニエ・ウエストやジャスト・ブレイズを連想させる、往年のソウル・ミュージックのような柔らかい音色の伴奏を使ったビートの融合が面白い作品。ヒップホップの手法をふんだんに取り入れながら、緩急を使い分けたヴォーカルで、本格的なR&Bに落とし込んでいるところが彼女の凄いところだ。

また、本作人先駆けて発表された”Real One”はリル・ロニーのプロデュース曲。シンセサイザーとエフェクターを駆使したモダンなトラックの上で、丁寧に歌う姿が光るバラード。AメロからBメロ、サビへと続く構成や、サビに向けて徐々に盛り上がっていく展開は、90年代に流行したR&Bバラードの手法そのものだが、それが新鮮なものに聴こえるのは、経験を積んで色っぽさが増した彼女の歌声と豊かな表現力のおかげだと思う。

そして、もうひとつのシングル曲である”Something to Remember ”は艶めかしい音色のギターとシンセ・ドラムの音を軸にしたシンプルなトラックの上で軽妙な歌唱を聴かせた曲。癖のあるビートの上、複雑なメロディを乗りこなし、聴き手の心に訴えるパフォーマンスを聴かせる技術は、流石としか言いようがない。

今回のアルバムは、シャナチーを離れ自身のレーベルからリリースした作品だが、本作の収録曲にはシャナチーが好みそうな、歌の技術と声の迫力で勝負したものが多いところが面白い。彼女の作品は、メロディに重きを置いた奇をてらわない楽曲と、それを丁寧に歌い込むヴォーカルで勝負した作品が多いが、本作ではその路線が突き詰められている。この、保守的ともいえる作風が魅力に感じられるのは、繊細で色っぽい歌声と、難解なメロディもきちんと乗りこなす、高い技術があるからだろう。

魅力的な声と高いスキルで、聴き手の心を魅了する彼女の強みが最大限発揮された素晴らしいアルバム。携帯型音楽プレイヤーで聴かれることを意識したBGMのような音楽が多い中、自室でじっくりと味わいたいと思わせる説得力のある作品だ。

Producer
Lil Ronnie, Ronnie Jackson, La Trax, Nehemiah Jackson etc

Track List
1. Welcome to the Journey (Interlude)
2. Chasin
3. On His Mind
4. I’d be a Fool
5. Pray
6. Real One
7. SuperLover
8. The Journey (Interlude)
9. Saving Grace
10. Breath
11. I Know
12. Offa-U
13. Something to Remember
14. We Up
15. Pressure
16. Back to Life
17. Thank you for the Journey (Interlude)




Rise of the Phoenix
Chante Moore
Cm7 Records
2017-10-20

Keyshia Cole - 11:11 Reset [2017 Epic]

カリフォルニア州オークランド出身のシンガー・ソングライター、キーシャ・コールことキーシャ・ミーシャ・ミッチェル・コール。

12歳の時にMCハマーのレコーディングに参加した彼女は、それをきっかけに音楽産業への関心を強め、18歳の時にロス・アンジェルスに移住する。そして、元トニー・トニ・トーンのドウェイン・ウィギンスといった、西海岸を拠点に活動するミュージシャンと交友を深めながら、ライブやレコーディングなどで幅広く活動。2002年にはA&Mと契約を結ぶ。

そんな彼女は、2004年に映画「バーバーショップ2」のサウンドトラックに収められた”Never”でメジャー・デビュー。ルーサー・ヴァンドロスの代表曲”Never Too Much”を引用したスタイリッシュなダンス・ナンバーで注目を集める。そして翌年には初のフル・アルバム『The Way It Is』を発表。 アメリカ国内だけで100万枚を超えるセールスを上げた。

その後も、2016年までに6枚のアルバムと数多くのシングルをリリース。特に彼女がデビューするきっかけとなった曲を録音し直した2006年の”Love”や、リル・キムとミッシー・エリオットを招いた翌年の”Let It Go”などは100万ダウンロードを越せる大ヒット曲となった。また、ディディやトリナ、DJキャリッドなど、多くの人気ミュージシャンの作品に客演。力強く華やかな歌声で楽曲に彩を添えてきた。

この作品は、彼女にとって2014年の『Point of No Return』以来、約3年ぶりの新作となる通算7枚目のオリジナル・アルバム。3作目以降のアルバムを配給していたインタースコープからエピックに移籍したものの、制作陣はこれまでの作品同様、有名プロデューサーが多数参加。彼女自身も積極的にペンを執り、パワフルでダイナミックなR&Bを送り出している。

アルバムに先駆けて発表されたのは、ブロンクス出身のレミー・マとフレンチ・モンタナが参加したミディアム・ナンバー”You”だ。ロンドン出身のH-マネーが制作したトラックは、古いレコードから抜き出したような温かい音色を使いつつも、FKJケイトラナダのようなエレクトロ・ミュージックのクリエイターの作品を連想させる淡々としたもの。最初から最後まで、力強い声で歌い続けるキーシャを、鋭く硬い声質を活かしたラップが魅力のレミー・マと、飄々としたラップのフレンチ・モンタナが上手く盛り立てている。

これに対し、同曲に続く”Incapable”は彼女の十八番といっても過言ではない壮大なスケールのバラード。パーティーネクストドアと一緒にDJキャリッドの”Shining”を制作した、マイアミ出身のクリエイター、ダンジャがプロデュースしたこの曲は、声ネタを使ったイントロに始まり、ギターやキーボードの伴奏を効果的に使った、生演奏風のトラックが面白い作品。メアリーJ.ブライジを彷彿させる、重厚なヴォーカルが格好良い。

そして、前作にも携わっているニューヨーク出身のプロデューサー、アマデウスを起用した”Best Friend”は、シンセサイザーを駆使した煌びやかなトラックと、その上でふくよかな歌声をじっくりと聴かせるロマンティックなバラード。しっとりとしたメロディを丁寧に歌う彼女の姿と、滑らかだけどグラマラスな歌声が印象的だ。R&Bミュージシャンの作品ではよく見るタイプのバラードだが、これを自分の音楽に昇華して、リスナーの心を満たす技術は群を抜いている。

また、オークランド出身の女性ラッパー、カーマイヤーを招いた”Ride”は、リアーナなどを手掛けているDJマスタードをプロデューサーが録音に参加。トラップやダンスホール・レゲエのエッセンスを盛り込んだビートに乗って、ゆったりと歌う姿が魅力のミディアム・ナンバーだ。妖艶なキーシャのヴォーカルと、太く重い声を活かしたカーマイヤーのパンチの効いたラップの組み合わせが光っている。

今回のアルバムでは、過去の作品同様、太くしなやかなヴォーカルが活きる、落ち着いた雰囲気のトラックと、優雅でロマンティックなメロディを強調した作品が揃っている。ヒット・チャートに名前が出てくるような他の人気ミュージシャンの曲と比べると、いささか保守的な印象さえあるが、リスナーを飽きさせないのは、彼女の豊かな表現力と色々なタイプのトラックを取り込む柔軟さのおかげだと思う。

アレサ・フランクリンからメアリーJ.ブライジまで、新旧の名歌手達が受け継いできたスタイルを踏襲しつつ、それを現代の流行に合わせて巧みにアレンジした楽曲が魅力の佳作。女性ヴォーカルのダイナミックなパフォーマンスが好きな人に聴いて欲しい、本格的なR&Bアルバムだ。

Producer
Keyshia Cole, Amadeus, Danja, H-Money, JV etc

Track List
1. Cole World (Intro) feat DJ Khaled
2. Unbothered
3. You feat Remy Ma and French Montana
4. Incapable
5. Best Friend
6. Vault
7. Act Right feat Young Thug
8. Right Time
9. Emotional
10. Ride feat Kamaiyah
11. Cole World (Outro) feat Too $hort




11:11 Reset
Keyshia Cole
Epic
2017-10-20

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ