ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性グループ

BTS - Mic Drop (Steve Aoki Remix) feat. Desiigner [2017 Big Hit Entertainment RED Music]

2013年にアルバム『2 Cool 4 Skool』でメジャー・デビュー。高い技術を持った7人による複雑なダンスと、甘酸っぱいヴォーカル、若い感性を生かした切れ味鋭いラップで、一躍人気グループに躍り出たBTS(漢字圏では「防弾少年団」表記)。

2016年のシングル”Blood Sweat & Tears”と、同曲を収録したアルバム『Wings』が世界的なヒットになった彼らは、2017年に入ってからも”Blood Sweat & Tears”に日本語詞をつけたシングル”血、汗、涙”や、新曲を収めたEP『LOVE YOURSELF 承“Her”』を発表。後者は、アジア地域出身のミュージシャンでは史上初となる、ビルボード総合アルバム・チャートのトップ10入り(7位)を果たした。

この曲は、同作に収録されている楽曲に、リミックスを施したリカット・シングル。鉄板焼きチェーン「ベニハナ」の創業者として知られるロッキー青木の息子で、アクロバティックなパフォーマンスと、キャッチーで高揚感のあるサウンドで定評のある世界屈指の人気DJ、日系アメリカ人のスティーヴ・アオキがリミックスを担当。ゲスト・ミュージシャンとして、ニューヨーク出身の若干20歳(発売当時)のラッパー、デザイナーが参加した、三者の鋭い感性が火花を散らすダンス・ナンバーになっている。

この曲は、韓国のアーティストとしては、スヌープ・ドッグと組んだPSYの2014年のシングル”Hangover”が26位に入って以来、アジア地域出身のヴォーカル・グループとしては、日本のピンク・レディ-が79年に発表した”Kiss In The Dark”が、39位に入って以来のトップ40入りとなる、全米総合シングル・チャートの28位を記録。2017年にアメリカでリリースされたヴォーカル・グループのシングルでは、最大のヒット作になった。

オリジナル・バージョンでは、重いバス・ドラムを強調したヒップホップ色の強いトラックの上で、攻撃的なパフォーマンスを聴かせてくれたが、この曲ではEDMのDJとして名を上げたスティーヴ・アオキらしい、鋭利なシンセサイザーの音色が格好良いトラックに差し替えられている。冒頭のラップ・パートはデザイナーの扇動的なパフォーマンスに差し替えられたほか、中盤のラップ・パートも疑似的な掛け合いになっている。攻撃的な音色のトラックに差し替えられたことで、7人のヴォーカルも原曲以上に躍動感のあるものに聴こえるなど、大きく雰囲気を変えている。

この曲の面白いところは、細部にまで気を使った制作体制だろう。リミキサーに起用されたスティーヴ・アオキは、2017年の『Steve Aoki Presents Kolony』こそ、多くのラッパーを起用した、ヒップホップ色の強いアルバムだったが、それまでに出した録音は四つ打ちのビートを使ったものが中心だったクリエイター。DJとしての実績こそ世界屈指だが、トップ40に入った楽曲は本作が初めてなのだ。また、ゲスト・ミュージシャンのデザイナーも、全米総合シングル・チャートを制覇した"Panda"など、複数のヒット曲を残しているが、スタジオ・アルバムを発表していない若手。このような、高いポテンシャルを秘めた面々を起用したことが、作品のクオリティを上げていると思う。

また、この曲にはデザイナーをフィーチャーしたシングル版に加え、MVやライブなどで披露されている、7人だけでパフォーマンスしたヴァージョンが作られているのも重要なポイントだ。他のミュージシャンとコラボレーションした作品は色々なアーティストが録音しているが、演奏者のスケジュールの関係で披露されなくなる曲も多い。この問題に、彼らは複数のバリエーションを用意することで対応していることも、この曲の知名度を上げていると思う。

EDMを取り入れたビッグバンの”Fantastic Baby”やPSYの”江南スタイル”のヒットによって、世界中で聴かれるようになった韓国のポピュラー・ミュージック。その後も、ディプロやスクリレックスがG-ドラゴンやCLとコラボレーションするなど、ヒップホップやR&Bに接近し、世界に打って出ようと野心を燃やすエレクトリック・ミュージックのクリエイターにとって、韓国のミュージシャン達は欠かせないパートナーになりつつある。本作は、その流れを踏襲しつつ、アメリカの大衆向けのポップスとして纏め上げた、K-Popとエレクトリック・ミュージックが目指した臨界点のような楽曲。"Sukiyaki"や”江南スタイル”とは異なる作風だが、これらの曲と同様に、ポップスの歴史の転換点として語り継がれると思う。

Producer
Steve Aoki Pdogg Supreme Boi “hitman”bang J-Hope RM Desiigner Tayla Parx Flowsik Shae Jacobs

Track List 1. Mic Drop (Steve Aoki Remix)





SHINee - Five [2017 SM entertainment Universal]

日本のSMAPとともに、東アジアのボーイズ・グループの存在感を世界に知らしめた神話(シンファ)にはじまり、韓国人ミュージシャンの海外戦略に大きな影響を与えたBoAや東方神起など、多くの人気タレントを送り出してきた韓国最大手の芸能事務所、SMエンターテイメント。同社から2008年にデビューしたのが、5人組のボーイズ・グループ、シャイニーだ。

デビュー作『The Shinee World』を発表した彼らは、韓国の音楽賞の新人部門を総なめにする一方、事務所の先輩である東方神起や少女時代のツアーに帯同したり、事務所主催のツアーに参加したりするなどして、地道に経験を積んでいく。また、2010年以降は、自分達の名義でも日本を含むアジア地域で多くのライブを敢行。着実に評価を高めてきた。また、ライブと並行して2016年までに韓国で6枚、日本で4枚のアルバムをリリース。特に、2012年に発表した”Sherlock”は二つの曲を繋ぎ合わせる手法と、90年代初頭のニュー・ジャック・スウィングの手法を取り入れた作風、美しいコーラス・ワークが注目を集め、同曲を収録したEPがビルボードのワールド・アルバム・チャートの5位に入ったほか、ローリング・ストーン誌の特集「ボーイズ・グループの名曲トップ50」に、事務所の先輩である東方神起や、日本勢では唯一ランク・インしたKAT-TUNなどを押しのけて、アジア勢では最高位となる12位で紹介される。

このアルバムは、日本盤としては2016年の『D×D×D』以来、約1年ぶり、韓国盤も含めると『1 of 1』のリパッケージ盤『1 and 1』以来、約3か月ぶりとなる5枚目の日本語版アルバム。最年長者のオンユが、2018年から兵役に就き、その後も他のメンバーが続く予定のため、本作は長いブランクを前にした彼らの、キャリアを総括するような作品になっている。

本作のオープニングを飾る”Gentleman”は、スウェーデンのプロデューサー、アンドレアス・オーバーグらが曲を作り、SMAPやクリス・ハートなどの作品でもペンを執っているいしわたり淳治が詞をつけたミディアム・ナンバー。60年代のシカゴ・ソウルを彷彿させるホーンのような音色が心を掻き立てるトラックをバックに、美しいハーモニーやコール&レスポンスを繰り出す作品。「新しい世界のドア、レディ・ファーストがマイ・マナー」という歌い出しや、「踊ろう、僕がエスコートしてあげる」というフレーズのとおり、聴き手を彼らの世界に引き込んでくれる。ゴスペラーズやラッツ&スターが得意としていた本格的なコーラス・ワークと、彼らのスター性が同居した面白い曲だ。

また、デンマークのプロデューサー、イラガーク・ラムハルトが曲を書いた”Get The Treasure”は、ハウス・ミュージックとR&Bの要素を混ぜ合わせたアップ・ナンバー。キラキラとした音色のシンセサイザーを駆使した伴奏と、滑らかなテナー・ヴォイスのコンビネーションが素敵な良曲。「ルーレットは回る」「伸るか反るかどうする?」という歌詞の通り、躍動感溢れるトラックと、緊迫感に満ちたヴォーカルの組み合わせが光っている。

また、韓国で2016年に発表されたシングル”1 of 1”は、カナダのソング・ライター、マイク・ディレイなどが制作を担当。イントロを聴いた瞬間、ガイの”Teddy’s Jam”を連想してしまう、軽快に跳ねるビートと、女性に語り掛けるように歌う軽妙なヴォーカルが魅力のアップ・ナンバーだ。サラ・サクライが作る甘酸っぱい雰囲気の歌詞は、80年代後半から90年代前半にかけて多くのヒット曲を残した、ニュー・エディションやベイビーフェイスの作風を連想させる。

そして、本作に先駆けて発表された”Winter Wonderland”は、スウェーデンのプロデューサー、エリック・リボムと日本のプロデューサー、田中秀典の共作によるバラード。東方神起や嵐にも楽曲を提供しているエリックが生み出すメロディは、起承転結がはっきりした展開と、日本人の琴線を突くメロディが心地よい。しなやかなテナー・ヴォイスを駆使した美しいコーラス・ワークは、R&Bグループのそれとは少し違うが、年齢、性別を問わず人の心を引き付ける不思議な魅力を持っている。日本を含む、アジア各国に多くのファンがいるという話も納得の内容だ。

彼らの音楽の面白いところは、80年代後半から90年代前半のR&Bという、若い人には馴染みの薄い音楽を取り入れつつ、彼らに愛されるポップス作品に落とし込んでいるところだろう。日本でもゴスペラーズやFOHのような、R&Bをベースにしたヴォーカル・グループはあるが、ポップ・スターというポジションで、このような音楽を作るグループは珍しい。

また、彼らのもう一つの強みは、結成以来、変わらない5人による隙のないコンビネーションだと思う。メンバーのソロ作品を除くほぼ全ての曲で、5人全員が一丸になって、美しいハーモニーやマイク・リレーを披露する彼らのパフォーマンスは、誰か一人が欠けても同じ音楽にはならないし、新しいメンバーや外部のシンガーを加えても同じクオリティのものにはならない。完成度の高いものだ。

誰もが厳しい競争にさらされる、韓国の音楽シーンの中で、音楽に誠実に向き合ってきた彼らの姿勢が垣間見える優れたヴォーカル作品。5人が揃ったステージは二度と見れない今、彼らが残してくれた素敵な音楽を大切にしたい。そう思わせる説得力のあるアルバムだ。

Producer
Lee Soo Man etc

Track List
1. Gentleman
2. Mr. Right Guy
3. ABOAB
4. 君のせいで
5. Do Me Right
6. Become Undone
7. Get The Treasure
8. 1 of 1 (Japanese Ver.)
9. Nothing To Lose
10. Melody
11. Winter Wonderland
12. Diamond Sky





FIVE(通常盤)
SHINee
Universal Music =music=
2017-02-22


Majid Jordan - The Space Between [2017 OVO Sound, Warner]

2013年に、ドレイクが経営するOVOサウンドと契約。同社に所属する初の音楽ユニットになったマジッド・ジョーダン。

トロント大学の学生だったジョーダン・ウルマンとマジッド・アリ・マスカティが2011年に結成したこのグループは、最初ころは自宅で楽曲を制作し、インターネットの音楽配信サービスに公開することで名を上げてきた。

楽曲が評価され、OVOと契約した彼らは、2013年にドレイクのシングル”Hold On, We're Going Home”のソングライター兼ゲスト・ヴォーカルでレコード・デビュー。全米総合シングル・チャートの4位という華々しいデビューを飾ると、翌年には自身名義の”A Place Like This”を皮切りに、複数のシングルを発売。2016年には初のフル・アルバムとなる『Majid Jordan』をリリースしている。

このアルバムは、前作の発売から僅か1年半という短い間隔でリリースされた通算2枚目のフル・アルバム。マジッド・ジョーダン名義でプロデュースした作品が大半を占めていた前作に対し、本作ではほとんどの曲がジョーダン一人のプロデュースによるもの。それに加え、前作にも参加している40やナインティーン85などの、OVOに所属するプロデューサーが顔をそろえ、彼の持ち味であるスタイリッシュなR&Bの良さを引き立てている。

アルバムの目玉は、なんといってもスターゲイトが制作に参加した”Body Talk”だろう。ニーヨやリアーナの楽曲を手掛け、昨年はディズニー映画の主題歌でもペンを執るなど、多芸っぷりを発揮しているスターゲイトの才能が加わったこの曲は、レゲトンの要素を盛り込んだビートと、しなやかなメロディが印象的なダンス・ナンバー。洗練された歌唱が魅力の彼と、スターゲイトが得意とする流麗なメロディの相性は抜群だ。陽気で華やかなレゲトンを、洗練されたメロディのR&Bと一体化するセンスも素晴らしい。

また、同じレーベルに所属するパーティーネクストドアをフィーチャーした”One I Want”は、OVOらしいシンセサイザーを多用したトラックと、歌とラップを織り交ぜた歌唱が光るミディアム・ナンバー。彼らが得意とするスタイルをベースにしながら、聴き手に新鮮な印象を与えるアレンジが魅力の好曲だ。

それ以外の曲では、ドレイクからリンキン・パークまで、様々なジャンルのアーティストの作品に関わってきたイルセイ・ジューバーがソングライティングで参加した”Phases”が面白い。しっとりとした雰囲気のバラードから、80年代のディスコ・ミュージックを思い起こさせるモダンなダンス・ナンバーへと繋がっていく展開が面白い佳曲だ。80年代のダンス・ミュージックの極端に洗練されたサウンドを、現代のポップスに落とし込むスキルが素晴らしい。

そして、先日、2枚目のフル・アルバム『Morning After』をリリースしたレーベル・メイトの音楽ユニットdvsnとコラボレーションした“My Imagination”は、dvsnが制作に参加したアップ・ナンバー。シンセサイザーの音を重ね合わせたスタイリッシュなサウンドをバックに、みずみずしい歌声を響かせる姿が印象的な楽曲だ。甘酸っぱい歌声を引き立てる爽やかなメロディーが心地よい曲だ。

彼らの面白いところは、アッシャーやオマリオン、ジャスティン・ビーバーといった、人気シンガーにも通じる、甘く爽やかなヴォーカルを備えながら、その声を使って本格的なR&Bに取り組んでいるところだろう。ポップ・スターになりうるポテンシャルを持った声を用いて、繊細な表現が求められるシンプルで洗練されたR&Bを作ったことで、若い世代には親しみやすく、大人には若々しさと落ち着いた雰囲気に落とし込んでいる点は見逃せないと思う。

親しみやすいけど上品、新鮮だけど飽きの来ない魅力的な作品だ。

Producer
40, Jordan Ullman, Majid Jordan, Nineteen85, Stargate

Track List
1. Intro
2. Gave Your Love Away
3. OG Heartthrob
4. Body Talk
5. Not Ashamed
6. One I Want feat. PartyNextDoor
7. You
8. Phases
9. Asleep
10. What You Do to Me
11. My Imagination feat. Dvsn
12. The Space Between
13. Outro





Majid Jordan
Warner Bros / Wea
2017-12-15

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ