ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性グループ

BIGBANG - FLOWER ROAD [2018 YG Entertainment]

2006年に、グループ名を冠したシングル”Bigbang”でレコード・デビュー。同年にリリースした初のスタジオ・アルバム『Bigbang Vol.1』が15万枚を売り上げるヒットになったことで、一気にブレイクしたYGエンターテイメント所属の5人組グループ、BIGBANG。

その後は、初のミリオン・ヒットとなった”Lies”や、北海道出身の日本人プロデューサー、Daishi・Danceが制作にかかわった”Haru Haru”(英題は”Day By Day”)、EDMとヒップホップを融合した独創的なサウンドと、奇抜なミュージック・ビデオが注目を集め、PSY(彼は5人の事務所の先輩でもある)の”Gangnam Style”とともに、韓国のポップスが欧米で注目されるきっかけとなった”Fantastic Baby”など、多くのヒット曲を発表。その一方で、各人のソロ活動やライブも精力的にこなし、フル・アルバムは3枚と寡作(ただし、EPを5枚発表している)ながら、2016年にはヴォーカル・グループとしてはワン・ダイレクションに次ぐ売り上げを叩き出し、世界屈指の人気ヴォーカル・グループとして、その名を知らしめた。

しかし、メンバーが30歳(注:韓国の男性は、特別な事情がない限り、30歳までに2年間の兵役に就く義務がある)を迎える2017年以降、最年長のT.O.P.(ただし、彼は後に諸事情により除隊)を皮切りに、順次に兵役に従事。入隊前のメンバーは、ソロ活動を中心に行っていたが、2018年の2月以降、彼らも順次軍務に就くため、音楽活動を休止している。

この曲は、2月にG-Dragon、3月にテヤンとデサンが従軍した直後、3月14日(日本では3月15日)にリリースされた、活動休止前最後のシングル。プロデューサーにはジェイソン・デルーロやフロー・ライダーなどの作品を手掛け、G-Dragonとテヤンのコラボレーション曲”Good Boy”をプロデュースしたことでも知られている、アメリカの音楽制作チーム、フリップトーンズを起用。また、ソングライターにはG-DragonとともにT.O.P.の名前も入るなど「5人が揃ってこそBIGBANG」というメンバーの強い意志と、ファンや音楽活動への強い思い入れを感じさせる作品になっている。

この曲を聴いて真っ先に驚いたのは、ネプチューンズの音楽を思い起こさせる独特の音質のドラムと、ギターの演奏を組み合わせた軽妙なサウンドを取り入れたことだ。しかし、癖のある音を組み合わせて、ストレートなヒップホップのビートを作る手法は、ネプチューンズというより、ファレルが2005年に発表した『In My Mind』の収録曲に近い。2016年のテディ・パクがプロデュースしたシングル”FXXK IT”でも使われた、彼らの作品では珍しいスタイルを、活動休止前のラスト・シングルに持ってくるセンスは大胆だ。

一方、主役である5人に目を向けると、一人一人の歌とラップをじっくりと聴かせる、絶妙な演出が光っている。”Loser”や”BAD BOY”、”FXXK IT”のように、ラップ担当とヴォーカル、全員の見せ場をきちんと作る、G-Dragonのソングライティング技術は流石としか言いようがない。

しかし、この曲の一番面白いところは、今までの作品以上に、尖ったサウンドを取り入れる一方、彼らの持ち味である、鋭いラップとパワフルなヴォーカルのコンビネーションをきちんと聴かせ、同時にしばしの別れとなるファンへのメッセージもしっかりと盛り込んでいるところだ。G-Dragonやテヤンがソロ作品で取り組んだ、アメリカのヒップホップやR&Bに傾倒したサウンドを取り入れて(といっても、T.O.P.の入隊日を考えると、ソロ作品の方が後に録音されていると思うが)、単なる記念作品ではない「彼らの新曲」として楽しませながら、ヴォーカル担当の3人が歌うサビでは「去りたいのなら見送って差し上げましょう」「あなたの通る道に花を撒いてあげましょう」「恋しくなったら戻ってきて」「その時はまた僕を愛して」「この花道を歩いて少し休んでいいから」「その場所で僕を待っていて」(歌詞の日本語訳は、日本盤を配給するYGEXのHPから引用)と、やんちゃな一面が魅力の5人らしい、器用な言葉遣いと不器用な愛情表現も見せている。この曲からは、兵役という大人への階段に挑む5人ではなく、年を重ねながらもヒップホップやR&Bを愛した続けた5人の少年が、ファンにしばしの別れと再会を約束をしているようにも映る。

アメリカのヒップホップやR&Bを咀嚼し、自分達の音楽に還元することで頭角を現し、最後には音楽市場のルールも書き換えてしまった彼ららしい、鋭い音楽センスと瑞々しい感性が光る良曲。ヒップホップを愛する5人の少年が再びファンのもとに戻ってきたとき、どんな音楽を聴かせてくれるのか、今から楽しみになる名曲だ。

Producer
G-Dragon, Flipnotes

Track List
1. Flower Road



112 - Q MIKE SLIM DARON [2017 Entertainment One U.S.]

同じハイスクールに通っていた面々で結成。その後、メンバー交替を繰り返しながら、地元を中心に多くのライブを行い、豊かなバリトン・ヴォイスと滑らかなハイ・テナーが織りなす、美しいコーラスで名を上げてきた、アトランタ出身の4人組ヴォーカル・グループ、112。

93年にショーン・コムズが率いるバッド・ボーイと契約すると、95年に映画「Money Train」のサウンド・トラックに収録されている”Making Love”で、華々しく表舞台に登場した。

また、96年にアルバム『112』を発表するとノートリアスB.I.G.などをフィーチャーした”Only You”や、アーノルド・ヘニングスがプロデュースしたバラード”Cupid”などが立て続けにヒット。その後も、ショーン・コムズ作のノートリアスB.I.G.への追悼ソング”I'll Be Missing You”に客演する一方、自身の名義でも”Dance with Me”や”Peaches & Cream”などのヒット曲を発表。2007年以降はバッド・ボーイを離れ、複数のレーベルから作品をリリースしてきた。

本作は、2005年の『Pleasure & Pain』以来、実に12年ぶりとなる通算5枚目のスタジオ・アルバム。といっても、彼らはこの12年間にメンバーの大半がソロ作品を発表し、色々なミュージシャンの楽曲に参加するなど、精力的に活動し、力を蓄えてきた。このアルバムでは、SWVAfter7ラトーヤ・ラケットの作品を配給しているeOneをパートナーに選び、プロデューサーにはブライアン・マイケル・コックスやケン・ファンブロといった、90年代から活躍するクリエイターを起用。一世を風靡した112のサウンドをベースにしつつ、2017年に合わせてアップ・トゥ・デイトした楽曲を聴かせている。

アルバムの実質的な1曲目となる”Come Over”は、ベティ・ライトとザ・ルーツのコラボレーション・アルバムにも携わっているショーン・マクミリオンが参加したスロー・ナンバー。メロー・ザ・プロデューサーとエクスクルーシブスが手掛けるトラックは、電子楽器を使ったシンプルなビートだ。90年代後半に流行したスタイルのトラックを使いつつ、これまでの4人の作品ではあまり聴けなかった、強くしなやかなヴォーカルを披露する手法が新鮮だ。線が細く色っぽい歌声が魅力の4人が、力強いパフォーマンスも使いこなせるようになったことに、時間の流れを感じさせる。

続く、”Without You”は、ビヨンセやアッシャーのような大物から、クリセット・ミッチェルやジニュワインのような通好みの名シンガーまで、多くの歌手の作品にかかわってきたエルヴィス・ヴィショップが制作を担当。シンセサイザーを使ったシンプルなトラックは、”Come Over”に似ているが、ヴォーカルのアレンジでは、彼らの繊細でしなやかな声を活かした、緻密な編曲技術を披露している。彼らの代表曲”Cupid”のフレーズを取り入れた点も含め、90年代から活躍する彼らの持ち味を尊重しつつ、それを現代向けにアレンジしたセンスが印象的だ。

そして、本作に先駆けてリリースされた”Dangerous Games”は、”Without You”も手掛けているエルヴィス・ヴィショップと共作したバラード。グラマラスで滑らかなヴォーカルと、美しいハーモニーの組み合わせは、112というよりボーイズIIメンの新曲っぽい。繊細さとしなやかさを兼ね備えた歌声で、ダイナミックな感情表現と正確無比で重厚なコーラスを披露するスタイルは新鮮だ。

だが、本作の目玉は何といっても”Both Of Us”だろう。マライア・キャリーやアッシャー、クリス・ブラウンなどに楽曲を提供してきたブライアン・マイケル・コックスのプロデュース、ゲスト・ヴォーカルとして、112と一緒に90年代以降のR&Bシーンを盛り上げてきたジャギド・エッジが参加したこの曲は、ロマンティックなトラックをバックに、美しいメロディを個性豊かなヴォーカルが歌い上げる豪華なバラード。ヴォーカル・グループが好きな人なら、最初の一声を聴いた瞬間に涙腺が崩壊すること間違いなしの、経験を積んで老獪さを増した8人のヴォーカルが堪能できる名バラードだ。強烈な個性がウリのラッパーやソロ・シンガーが流行っている2017年には貴重な、歌の技術で勝負した名演だ。

今回のアルバムは、これまでの作品同様、スマートで繊細なヴォーカルや、ヒップホップをベースにした硬質なトラックを軸に据えつつ、時に大胆に感情を吐き出し、時に力強く歌う場面や、分厚いハーモニーを聴かせるアレンジなど、旧作では見られなかった表現にも挑戦している。バッド・ボーイ時代から続くヒップホップをベースにしたスタイルと、経験を積んで深みを増した表現が融合したことが、本作に新鮮さと奥深さをもたらしていると思う。

若者向けのヒップホップをバックボーンに持ちつつ、大人向けのミュージシャンへと成長を遂げた4人のパフォーマンスを思う存分堪能できる良盤。ヴォーカル・グループに厳しい時代と言われる時代でも良質な音楽の魅力は変わらないと感じさせる、強い説得力のある音楽だ。

Producer
Bryan-Michael Cox, Marcus Devine, Elvis Williams, Ken Fambro etc

Track List
1. Intro
2. Come Over
3. Without You
4. Dangerous Games
5. Both Of Us feat. Jagged Edge
6. True Colors
7. 112/Faith Evans Interlude
8. Wanna Be
9. Still Got It
10. Lucky
11. 1’s For Ya
12. Thank You Interlude
13. Simple & Plain
14. My Love
15. Residue



Q Mike Slim Daron
112
Ent. One Music
2017-10-27

Migos - Culture II [2018 Quality Control, Motown, Capitol]

2009年に、ジョージア州のローレンスビルを拠点に活動していたクアヴォ、テイクオフ、オフセットの三人が結成。2013年にアトランティックからデビュー・シングル”Versace”を発表すると、50万枚を売り上げ、ゴールド・ディスクを獲得する大ヒットになったヒップホップ・グループ、ミーゴス。

その後は、ヒット曲を引っさげて、複数のラジオ番組に出演。躍動感あふれるパフォーマンスで喝采を浴びる一方、合間を縫って立て続けにミックス・テープを発表。これらの作品が高い評価を受けた彼らは、2015年に初のスタジオ・アルバム『Yung Rich Nation』をリリースする。同作はアルバムチャートの17位に入り、グッチ・メインや2チェインズ、フューチャーとともに、アメリカ南部発の人気ヒップホップ・ミュージシャンとして、世界中のヒップホップ好きから注目を集めるようになる。また、2017年には2枚目のアルバム『Culture』を発表。同作はアメリカ国内だけで100万枚を売り上げ、全米総合アルバムチャートの1位を獲得。グラミー賞のベスト・ラップ・アルバムにノミネートする大ヒット作となった。

このアルバムは、前作からわずか1年という短い間隔でリリースされた通算3枚目のフル・アルバム。アトランティック系の300YRNから、ユニヴァーサル系のモータウンに移籍して制作された本作では、メンバーのクエヴォと、彼らのサウンドを支えてきたDJデュレルが制作を主導。それに加え、マーダ・ビーツやカニエ・ウエスト、メトロ・ブーミンといった、アメリカやカナダを代表するヒット・メイカーが参加。流行の最先端を意識した音楽を聴かせている。

本作の収録曲で最初に目を惹いたのは、デビュー作にも携わっているホノラブルC.N.O.T.E.がプロデュースした”Supastars”だ。ブリブリと唸る低音と、軽快なビートを組み合わせたトラックの上で、軽妙な掛け合いを見せる作品。ジョージア州出身の彼ららしい、トラップ・ビートを使った格好良い楽曲だ。

これに対し、ファレル・ウィリアムスをプロデューサーに起用した”Stir Fry”は口笛のような音色の上物と、ゴムボールのように跳ねるビートが面白い作品。リル・ジョンやクリス・ブラウンのヒット曲で有名になったクランクやトラップをベースにしつつ、ファレルが多用する軽やかな音色を組み合わせている点が新鮮だ。彼がプロデュースした作品にもかかわらず、3人のラップを聴かせることに力を注いだ構成も面白い。

そして、トラヴィス・スコット、タイ・ダラ・サイン、ビッグ・ショーンという人気ラッパー3人を迎えた”White Sand”は、アトランタ出身のプロデューサー、ウィージーがトラックを制作。オートチューンを使ったトラヴィス・スコットとタイ・ダラ・サインのフックから始まるこの曲では、リズミカルなラップが魅力のミーゴスと、荒っぽいラップが武器のゲストの対比が聴きどころ。ヴォーカル曲もこなせるタイ・ダラ・サインとトラヴィス・スコットの存在が、表現の幅を広げている点にも注目してほしい。

だが、本作の目玉はなんといっても、マーダ・ビーツがプロデュースを担当した”MotorSport”だろう。ニッキー・ミナージュとカルディBという、現代のヒップホップ・シーンをけん引する女性ラッパーとコラボレーションしたこの曲は、重厚なビートの上で、5人が個性豊かなラップを披露している。一度聴いたら忘れられない、強烈な個性を持つゲストのラップを引き立てるため、あえて堅実なパフォーマンスを聴かせる3人の存在が光る良作だ。

彼らの音楽の特徴は、現代のアメリカで流行している手法を積極的に取り入れているところだろう。彼らの地元ジョージア州を含むアメリカ南部で流行している、シンセサイザーを多用したトラップやクランクのサウンドを軸に、カニエ・ウエストや、ファレル・ウィリアムスといったヒット・メイカーや、ニッキー・ミナージュやドレイクといったトップ・ミュージシャンを集め、彼らのスタイルを盛り込んだ楽曲を録音している。この、一貫した個性を持ちつつ、周囲の変化を積極的に吸収していく手法が、彼らの音楽の人気の秘訣だろう。

現代のアメリカのヒップホップの美味しいところを凝縮したといっても過言ではない良盤。「今、どんな音楽が流行しているか知りたい」という人はぜひ聴いてほしい。

Producer
Quavo, DJ Durel, Honorable C.N.O.T.E., Kanye West, Metro Boomin, Murda Beatz, Pharrell Williams etc

Track List
1. Higher We Go (Intro)
2. Supastars
3. Narcos
4. BBO (Bad Bitches Only) feat. 21 Savage
5. Auto Pilot (Huncho on the Beat)
6. Walk It Talk It feat. Drake
7. Emoji a Chain
8. CC feat. Gucci Mane
9. Stir Fry
10. Too Much Jewelry
11. Gang Gang
12. White Sand feat. Big Sean, Travis Scott & Ty Dolla $ign
13. Crown the Kings
14. Flooded
15. Beast
16. Open It Up
17. MotorSport by Migos, Nicki Minaj & Cardi B
18. Movin' Too Fast
19. Work Hard
20. Notice Me feat. Post Malone
21. Too Playa feat. 2 Chainz
22. Made Men
23. Top Down On Da NAWF
24. Culture National Anthem (Outro)





Culture 2
Migos
Quality Control
2018-01-26

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ