melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

女性グループ

E-girls - My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ® [2018 Rhythm Zone, avex]

EXILEを筆頭に、三代目J Soul BrothersやGenerations、Rampageなどの個性的なグループを輩出する一方、DOBERMAN INC(現在のDOBERMAN INFINITY)やm-flo、Crystal Kayといった、叩き上げのヒップホップ、R&Bアクトを巻き込んで拡大を続けるLDH。同エージェント初の女性グループがE-girlsだ。

「EXILEのDNAを受け継ぐガールズ・グループ」をコンセプトに結成された彼女達は、ヒップホップに根差したダンスやヴォーカルと、ファッション・モデルとして活躍するメンバーもいる端麗な容姿が強み。2013年に”Celebration!”(Cool & The Gangの同名作品とは別曲)でレコード・デビューすると、2017年までにリリースした4枚のスタジオ・アルバムが、オリコンのアルバム・チャートの1位を獲得し、ゴールド・ディスクに認定されるなど、LDHの看板グループのひとつとして活躍してきた。

本作は、2018年2月の”Pain, pain”以来となる、通算23枚目のシングル。彼女達にとって、初の配信限定作品であり、初のコラボレーション・シングルでもある。このシングルでは、99年のWorld Clash in NYを皮切りに、世界中のサウンド・クラッシュを制覇し、アジアを代表するサウンド・システムとして知られているMighty Crownと、同システムのメンバーからなるレゲエ・グループ、Fire Ball、m-floのVerbalや元EXILEのDJ MAKIDAIなどからなるヒップホップ・ユニット、PKCZ® と組んでいる。

タイトル・トラックの “My Way”は、ダブを連想させる強烈なエフェクトをかけた、ゆったりとしたテンポのリディムと、彼女達の妖艶な歌声から始まるダンス・ナンバー。Mighty Crownの手による高揚感のあるリディムと、荒々しいFIRE BALLのDJ、E-girlsのエネルギッシュなパフォーマンスが合わさった、格好良いダンスホール・レゲエ作品に仕上がっている。

これに対し ”Let’s Feel High”は、グラマラスなリディムの上で、FIRE BALLとPKCZ®の面々が個性豊かなパフォーマンスを繰り出す華やかな作品。フックを担当するE-girlsの荒々しいヴォーカルは、百戦錬磨のゲストたちのパフォーマンスにも見劣りしない迫力がある。どちらの作品も、Mighty Crownの作品と勘違いしそうな、尖ったリディムを採用している点も面白い。

このシングルを聴いてて感じたのは、彼女達とLDHの大胆で緻密な曲作りと戦略だ。男性DJを起用することが多いMighty Crownと組むことで、彼らの作品とも、彼女達の作品とも一線を画した、新鮮で独創的な曲を生み出している。また、配信限定の楽曲として尖ったレゲエ音の作品を発表することで、「CDの売り上げ」で判定される日本のヒット・チャートの呪縛から逃れつつ、世界中の音楽好きに向けて、彼女達の存在をアピールすることに成功していると思う。

ポップス界の一線で活躍するグループとは思えない、本格的なレゲエのサウンドと、彼女達の魅力であるキャッチーでスタイリッシュなR&Bが融合した、異色の作品。日本でも本格的なダンスホール・レゲエがポップスのいちジャンルとして受け入れられるのではないか?そんな期待を抱かせる良曲だ。

Producer
Mighty Crown

Track List
1. My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®
2. Let’s Feel High feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®





VanJess - Silk Canvas [2018 VanJess]

ナイジェリア生まれ、カリフォルニア州育ちのジェシカとイヴァンナの姉妹によるヴォーカル・グループ、ヴァンジェス。

2009年頃から活動を開始。当初はレディ・ガガやアリアナ・グランデのヒット曲を、息の合った歌で本格的なR&B作品に生まれ変わらせていた。その後は、2012年あたりから「Louder than Words」や「Lights Camera Cure」などのプロジェクトに関わりながら、多くのステージを経験。2016年以降は2か月に1曲のペースで、オリジナルのシングルをリリースしてきた。

このアルバムは、彼女達にとって初のスタジオ・アルバム。2017年以降にリリースされた楽曲をほぼ全て収録した本作は、配信限定の自主制作アルバムながら、リトル・シムズやG-イージーなどの作品に携わっているアイアムノーバディーや、自身もミュージシャンとして活躍する一方、ヴァネッサ・ホワイトなどの作品にも参加しているクロエ・マルティーニといった、気鋭のクリエイターが集結。尖ったサウンドと落ち着いた歌声が織りなす、独特の世界を展開している。

本作の収録曲で最初に目を惹くのは、2曲目の”Control Me”。本作の発売と同時にシングル・カットされたこの曲は、ドイツのデュッセルドルフ出身、現在はロス・アンジェルスを拠点に活動するアイアムノーバディーが制作を担当。ずっしりと重い電子ドラムの音と、音量こそ小さいが輪郭のはっきりしたストリングスのような伴奏を組み合わせた神秘的なトラックの上で、歌というより、詩を読むような硬い声で言葉を紡ぐ二人の姿が心に残るミディアム・ナンバー。ニッキー・ジョヴァンニを彷彿させる鋭い声質のメロディから、エリカ・バドゥを思い起こさせる艶めかしい歌声のサビに繋がる展開が聴きどころ。

これに続く”Touch the Floor”は、クロアチア出身のクロエ・マルティーニなどがプロデュースし、キングストン出身のシンガー兼サックス奏者、マセーゴをフィーチャーした作品。ウェイン・マーシャルの”Check Yourself”などに使われたことでも知られるリディム、”Masterpiece”っぽいビートのダンス・ナンバーだ。癖の強いビートにも関わらず、ラップではなく、ジャネイを連想させる、高音中心の爽やかなメロディを丁寧に歌う二人の姿が光っている。難解なトラックを優雅に歌う二人の高い実力が心に残る良曲だ。サックスで参加したマセーゴもいい味を出している。

また、”Touch the Floor”のプロデューサーにも名を連ねている、ジェイ・オエバデージョとアイアムノーバディーが共同で制作した”Addicted”は、シンプルなトラックとゆったりとしたメロディが心地よいミディアム・ナンバー。音数を最小限に絞ったビートと洗練された歌声の組み合わせは、シーザシドといった、現代の人気R&Bシンガーの音楽に通じるものがある。似ているようで微妙に違う声質の二人の歌声が、ソロ・シンガーの曲にはない、複雑なメロディを生み出している。

そして、プラチナ・ディスクに認定されたヒット曲や、グラミー賞のノミネートも経験しているワシントンD.C.出身のラッパー、ゴールドリンクを招いた”Through Enough “は、電子楽器で90年代のヒップホップのビートを再現した刺激的なトラックが格好良い曲。スタイリッシュなヒップホップのビートに、流れるようなヴォーカルの組み合わせた手法は、ジャネイの”Hey Mr. D.J.”に凄く似ている。ケイトラナダとも組んだことがあるゴールドリンクが、電子音を多用した、洗練されたビートも違和感なく乗りこなしている点も面白い。BTSの”Paradice”を手掛けたことも話題になった、ローファイルことタイラー・アコードが作ったトラックも含め、全ての面で本作の目玉と言っても過言ではない曲だ。

このアルバムを聴いていると、洗練されたメロディと巧みな節回しで多くのリスナーを魅了したジャネイやフロエトリーといった女性デュオのことを思い出す。しかし、ヴァンジェスが偉大な先輩たちと違うのは、電子楽器の音色を強調した前衛的な作風でありながら、ヒップホップのリズミカルなビートと、R&Bの複雑でダイナミックなメロディを同居させているところだ。最先端のサウンドを積極的に取り入れながら、昔のR&Bを思い起こさせるスタイルが、彼女達の音楽の魅力だと思う。

斬新なトラックに対応するため、ラップのような起伏の少ないメロディにシフトする歌手が多い中、複雑なビートに美しいメロディを乗せる二人の高いヴォーカル・スキルは、もはや自主制作の枠を超えている。じっくりと歌を聴かせる90年代以前のR&Bのスタイルを踏襲しつつ、最先端のサウンドを取り入れた彼女達の音楽は、新しい音が好きな人も、昔のR&Bが好きな人も魅了しそうだ。

Producer
Chloe Martini, KAYTRANADA, Lophiile, Louie Lastic, Ogee Handz, Jay "Kurzweil" Oyebadejo etc

Track List
1. My Love
2. Control Me
3. Touch the Floor feat. Masego
4. Filters
5. Honeywheat
6. Addicted
7. Cool Off the Rain (Interlude)
8. Through Enough feat. GoldLink
9. Another Lover
10. 'Til Morning
11. Best Believe
12. The One
13. Easy feat. Berhana & Leikeli47
14. Rewind Time feat. Little Simz






June's Diary - All of Us [2018 Music of Sound]

90年代から2000年代にかけて、4枚のスタジオ・アルバムと”Say My Name”や”Survivor”などのヒット曲を残し、スパイス・ガールズやTLC、シュープリームスに匹敵する偉大なガールズ・グループとして、多くの足跡を残してきたデスティニーズ・チャイルド。

そのメンバーは、ビヨンセを筆頭に、全員がソロでも大きな成功を収めているが、いち早くソロで結果を残したのが、ネリーとのデュエット曲”Dilemma”を全世界で700万枚以上売ったケリー・ローランドだ。

ジューンズ・ダイアリーは、彼女がプロデュースする5人組のガールズ・グループ。アメリカの黒人向け放送局、BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョンの略)のオーディション番組を勝ち上がった面々によって結成されたこのグループは、2016年に”All of Us”でレコード・デビュー。その後も、R.ケリーやエクスケイプのツアーに帯同し、シャンテ・ムーアのアルバムに客演するなど、地道に経験を積んできた。

このアルバムは、彼女達に取って初のEP。プロデュースはケリー・ローランドやプロ2ジェイ、ハーモニー・サミュエルズが担当。ゲストとしてトリナやジャシー・スモレットが参加した、豪華なものになっている。

1曲目は、プロ2ジェイが制作に参加した”Good Time”。フィンガー・スナップとホーンの音色を組み合わせたバック・トラックと息の合ったコーラス・ワークが光るミディアム・ナンバーだ。4人組時代に、美しいハーモニーで勝負した作品を何度も録音していたデスティニーズ・チャイルドのスタイルを踏襲しつつ、バラードではなくダンサブルな楽曲で勝負した面白い作品だ。

続く”Take Me”は、前の曲から一転、シンセサイザーの音色を効果的に使った軽妙なビートと、甘酸っぱいメロディ、キュートな歌声の組み合わせたアップ・ナンバー。2000年代前半には、3LWやドリームなど、多くのグループが取り入れて成功してきた、ヒップホップのサウンドとポップなメロディを組み合わせたスタイルを2018年に再現した良曲だ。アメリカよりも、日本や韓国といったアジア圏でウケそう。

また、彼女達のデビュー曲である”All of Us”はケリー・ローランドがプロデュースを担当、ゲスト・ミュージシャンとしてトリナが参加したミディアム・ナンバー。アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を彷彿させるシンセサイザーの伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせ、彼女達の爽やかな歌声を乗せたロマンティックなバラードだ。SWVやエクスケイプ、TLCやブラック・アイヴォリーなど、多くのガールズ・グループが取り組み、成功してきた、ヒップホップとバラードを融合させた作品だ。

そして、ジャシー・スモレットを招いた”Hurt People”は、彼が2018年にリリースした『Sum of My Music』に収められているシングル曲のリメイク。ジャシーがリード・ヴォーカルを担当し、5人が脇を固めた本格的なコーラス作品になっている。原曲以上のトラックをよりシンプルなものに作り替え、6人の歌声が織りなす精密なアレンジとダイナミックな表現を際立たせている。5人の可愛らしい歌声が、ニーヨの音楽を思い起こさせる、爽やかなメロディの良さを際立たせている。

彼女達のヴォーカルは、後見人のケリー・ローランドに近い、爽やかでスタイリッシュなものだ。しかし、ケリー同様、歌の安定感は抜群で、メロディの良さを丁寧に引き出している。この、新人らしい溌剌さと可愛らしさ、新人離れした完成度の高いパフォーマンスが彼女達の魅力だと思う。

今やアメリカでは稀少な存在になった「R&Bを歌うポップ・スター」の座を受け継ぐ貴重なガールズ・グループ、新しいサウンドが生まれても、人間の声が生み出す音楽の魅力は変わらないことが再確認できる、良質なアルバムだ。

Producer
Pro2Jay, Harmony Samuels, Kelly Rowland etc

Track List
1. Good Time
2. Take Me
3. Have You Ever
4. His Phone
5. All of Us feat. Trina
6. Hurt People with Jussie Smollett




All of Us
Music Of Sound LLC
2018-06-30

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ