ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性グループ

TLC - TLC [2017 852 Musiq, Sony Music Red, Warner, Cooking Vinyl]

1992年、ニュー・ジャック・スウィングを取り込んだダイナミックなサウンドと、個性的な歌声を持つT-ボスとチリのヴォーカル、そして、レフト・アイのエネルギッシュなラップが一つの音楽の中で炸裂したダンス・ナンバー”Ain't 2 Proud 2 Beg”で、華々しいデビューを飾り、続く”Baby-Baby-Baby”では一転、ロマンティックなバラードを披露してR&Bチャートを制覇した、T-ボス、レフト・アイ、チリによるアトランタ発の3人組ガールズ・グループ、TLC。

上の2曲を含むデビュー・アルバム『Ooooooohhh... On the TLC Tip』が、アメリカ国内だけで400万枚以上のセールスを上げ、SWVやアン・ヴォーグと並ぶアメリカを代表するガールズ・グループの一つになった彼女らは、94年に2枚目のアルバム『CrazySexyCool』を発表。同郷のプロダクション・チーム、オーガナイズド・ノイズが制作した”Waterfalls”や、当時所属していたラ・フェイスの共同経営者で、アメリカを代表するヒット・メイカーの一人だったベイビーフェイス作のバラード”Diggin' on You”などを収めた同作は、アメリカ国内だけで1100万枚以上を売り上げ、女性ヴォーカル・グループ初のダイアモンド・ディスクを獲得。「史上最も売れた女性グループのアルバム」として、ポピュラー・ミュージックの歴史にその名を刻んだ。

紆余曲折を経て、99年には3枚目のアルバム『FanMail』を発表。アメリカ国内だけで600万枚、日本でも100万枚を売り上げるなど、健在っぷりをアピールしたが、2002年にレフト・アイが事故死。以後、ステージには何度か立っているものの、グループとしての活動は停滞する。

本作は、レフト・アイの没後に発表された2002年の『3D』から、実に15年ぶりとなる5枚目のアルバム。有名なプロデューサーを起用して、レフト・アイが生前に録音した音源を使った前作に対し、本作はT-ボスとチリの2人が中心になって制作している。

アルバムに先駆けてリリースされた“Way Back”は、今回が初共演となるスヌープ・ドッグをフィーチャー。アッシャーの”Mind Of Man”やラトーヤの”I'm Ready”などを手掛けてきたD’マイルがプロデュース。ミディアム・テンポのトラックに乗せて、甘くゆったりと歌う姿は”Diggin' on You”や”Baby-Baby-Baby”を彷彿させる。ミディアム・バラードの途中でラップを挟むスタイルは”Waterfalls”を思い起こさせるが、この曲でラップを披露しているのは、どんな曲でもアグレッシブなラップを聴かせるレフト・アイではなく、柳のように飄々と言葉を繋ぐスヌープ。TLCとスヌープの相性の良さに驚かされると同時に、レフト・アイの存在の大きさを再確認させられる。

また、今回のアルバムで異彩を放っているのがブラック・アイド・ピーズの”Where Is The Love”などに携わってきた、ロン・フェアのプロデュース作品。アース・ウィンド&ファイアの”September”やボビー・ヘブの”Sunny”のフレーズを引用したアップ・ナンバー。往年の名曲を引用したトラックは過去の作品でもあったが、メロディに取り込んだ楽曲はこれが初めて。新録曲を手掛けながら、再発ビジネスにも関わっているロンの持ち味が発揮されたキャッチーな曲だ。

また、本作の収録曲では一番最初に公開された”Hater”は、シャキーラやピンクに楽曲を提供しているマイケル・バスビーが手掛けた作品。彼女達が得意とするミディアム・テンポの楽曲だが、これまでのアルバムには少なかった明るい雰囲気に仕上げている。レフト・アイのかわりにラップ・パートも担当する二人の姿が印象的。二人の対称的な声質を活かしたポップでキャッチーなものだ。

そして、クリス・ブラウンなどの楽曲を手掛けているコリー・マークスが制作を担当したシングル”Joy Ride”は、彼女らの持ち味を活かした粘り強いメロディが魅力のミディアム。ヒップホップのビートをベースに、ギターやホーンの伴奏を盛り込んだトラックは『CrazySexyCool』の収録曲を連想させる。

今回のアルバムでは、彼女達の代表曲に多いミディアム・テンポの作品を中心に揃えつつ、時代の変化に合わせて新しい音色やフレーズを盛り込み、2017年のTLCの音楽として楽しめるものに纏めている。また、2人のヴォーカルも往時の雰囲気を残しつつ、経験を重ねてしなやかさを増していると思う。しかし、90年代の雰囲気を残している分、レフト・アイが欠けた穴の大きさが目立っており、素晴らしいパフォーマンスでありながら、どこか物足りなさを感じさせる。シュープリームスに始まり、ディスティニーズ・チャイルドやフィフス・ハーモニーまで、メンバーが入れ替わったり脱退したりしたグループは少なくないが、一人が欠けただけで大きく雰囲気が変わってしまうのは、三人全員がグループにとって欠かせない存在だった彼女達だけだと思う。

ポピュラー・ミュージックの歴史に残る名グループの集大成にふさわしい、充実した作品。ヴォーカル・グループの歴史上数少ない、全員が際立った個性を持っていた3人の偉大さを再確認させてくれる佳作だと思う。

Producer
Dunlap Exclusive, D'Mile etc

Track List
1. No Introduction
2. Way Back feat. Snoop Dogg
3. It’s Sunny
4. Haters
5. Perfect Girls
6. Interlude
7. Start a Fire
8. American Gold
9. Scandalous
10. Aye Muthafucka
11. Joy Ride
12. Way Back feat. Snoop Dogg (Extended Version)




TLC
TLC
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-06-30

KING - WE ARE KING [2016 KING CREATIVE]

ロス・アンジェルスを拠点に活動する、パリスとアンバーのストローザー姉妹と、アニタ・バイアスからなる3人組ヴォーカル・グループ、キングのデビュー・アルバム。

2011年にリリースされたロバート・グラスパーの代表作、『Black Radio』に収録された”Move Love”で、小川のせせらぎのような透き通ったヴォーカルを披露して注目を集め、その後も、ビラルやエリック・ロバーソンなどの作品で、美しい歌声を披露している彼女達。そんな3人にとって、初めてのアルバムとなる本作は、客演仕事で膨らんだファンの期待を裏切らない、爽やかで心地よいR&B作品になっている。

まず、アルバムが発表される5年前、2011年にリリースされた”THE STORY”に耳を傾けると、幾重にも重ねられたシンセサイザーの音色が、ふわふわとしたメロディのアクセントになって、幻想的な雰囲気の楽曲の輪郭を際立たせている点が面白い。滑らかなヴォーカルが織りなすハーモニーは、2000年代に活躍した2人組、フロエトリーにも少し似ているが、歌声の繊細さと電子楽器の多用という点で、彼女達よりも現代的。もっと言えば、フライング・ロータスやエイドリアン・ヤングなどの前衛的なヒップホップに近い、尖った雰囲気を醸し出している。

また、それ以外の曲に目を向けると、ロバート・グラスパーの新曲と勘違いしそうなシンセ・ドラムのビートと、ギラギラとした音色のシンセサイザーのリフを取り入れた”THE GREATEST”では、 ヴォーカルの響きを音響技術で強調して、ジェイムズ・ブレイクの作品を思い起こさせる、幻想的な雰囲気を作り出し、”SUPERNATURAL”ではデニ・ハインズを連想させるキュートなファルセットと、ビラルやエリック・ロバーソンが作りそうな、オーソドックスだが随所に電子音などのアクセントを加えた、オーソドックスだけどどこか先鋭的なパフォーマンスを披露している。

一方、SWVの”Weak”を彷彿させる甘酸っぱいメロディと歌声が印象的なバラード”IN THE MEANTIME”のように、ヴォーカルへのエフェクターの使用や、シンセサイザーのリフを控え目にして、三人の美しい歌声と緻密なハーモニーを強調した、90年代のR&Bに近い作風のものもある。

彼女達の音楽は、上述のフロエトリーや、エリカ・バドゥ、ジル・スコットといった、いわゆるネオソウルと呼ばれるジャンルのシンガーに近い部分も少なくない。だが、よく聴き比べると、ヴォーカルの声が硬く、シンセサイザーを多用した、無機質な一面も覗かせる彼女達の音楽は、柔らかい歌声とバンドの演奏によるトラックで、温かい雰囲気に纏め上げた他のシンガーとは一線を画している。

出身地や人脈の違いといえばそれまでだが、ブレインフィーダーやストーンズ・スロウを輩出した土地で、ロバート・グラスパーからフォーリン・エクスチェンジまで、色々なジャンルのミュージシャンと仕事をしてきた経験が、彼女達の音楽の幅を広げ、新しいサウンドを積極的に取り入れさせたのかもしれない。

バンドの演奏など、生音にこだわりを持つヴィンテージ系ミュージシャンと、コンピューターを積極的に取り入れ、ロックやエレクトロ・ミュージックも取り入れるミュージシャン。そのどちらとも適度に距離を置き、電子楽器と美しいヴォーカルが織りなすハーモニーをウリにした彼女達。商業的な成功は別として、R&Bの世界に新しい風を吹き込んでくれそうな、センスの良さを感じさせるアルバムだ。

Producer
Paris Strother

Track List
1. THE RIGHT ONE
2. THE GREATEST
3. RED EYE
4. SUPERNATURAL (EXTENDED MIX)
5. LOVE SONG
6. IN THE MEANTIME
7. CARRY ON
8. MISTER CHAMELEON
9. HEY (EXTENDED MIX)
10. OH, PLEASE!
11. THE STORY (EXTENDED MIX)
12. NATIVE LAND





We Are King
King
KING CRAB
2016-05-27


TLC – 『Joyride』 『Haters』 [2016 Warner]

92年、ニュージャック・スウィングのビートの上で、T-ボズとチリの個性的なヴォーカルとレフト・アイやんちゃなラップが飛び出す”Ain't 2 Proud 2 Beg”でデビューするや否や、若者の心を一気に掴み、続くセカンド・アルバムでは、オーガナイズド・ノイズが生み出す温かい音色のビートと、ドロドロとしたヴォーカルに乗せ、歌詞に強烈な人生訓を込めた”Waterfalls”で大ヒットを記録。三作目に収録された”No Scrubs”では新進気鋭のプロデューサー、ケヴィン”シェイクスピア”ブリッグスを起用し、変則ビートとキャッチーなメロディを融合させた楽曲を、あえて感情を押し殺して平坦に歌い上げることで、黒人音楽業界を席巻していた変則ビートの可能性を切り開いた三人組ガールズ・グループ、TLC。2003年にラッパーのレフトアイを失ってから、活動が停滞していた彼女らが2014年以来となる新曲を発表した。

2016年10月に突然、音楽配信サイト限定で発表された2曲のシングル『Joyride』と『Hater』には、正直なところ戸惑った。プロデューサー等のクレジットは一切なく、発売元も日本限定のベスト・アルバムを出したことが1回あっただけのワーナー・ミュージックということで、レーベルを移籍しての再出発か、それとも単発的な契約か、もしかしたら、ただの未発表曲なのか、情報が少ないがゆえに色々と勘ぐってしまった。

しかし、実際にこれらの曲を耳にすると、そんなことはどうでもいいと思えてしまう。”Joyride”はエフェクターの使い方こそ珍しいが、ギターやハンド・クラップなどのフレーズをループさせて、ホーン・セクションをアクセントに使った、90年代中期のショーン・コムズやトラック・マスターズを連想させるキャッチーなトラックが印象的なミディアム・ナンバー。T-ボズの粘っこいアルトと、チリのハスキーなコーラスが、レイド・バックした雰囲気のメロディの上で絡み合うスタイルは、トラックに使われている音色こそ違うが『CrazySexyCool』に収録されていても不思議ではない。また、もう一つの新曲”Hater”は電子音をアクセントに使った変則ビートの上に、明るいメロディとラップが乗ったミディアム・バラード。ダラス・オースティンやジャーメイン・デュプリの影響を感じるサウンドは、『FanMail』の没曲と言われたら信じてしまいそうな、チキチキビートを効果的に使ったバラードだ。

今回の2曲は、90年代に彼女らの曲に親しんだ人々にとっては懐かしく思える、良くも悪くも全盛期のTLCの影を引きずった曲だと思う。今後も過去の実績を引きずって生きるのか、それとも、今回の作品からさらに進化した新しいTLCを見せるのか、現時点ではわからないが、期待して待ちたいと思う。

Producer
Non Credit








記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ