ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

バンド・ユニット

Two Jazz Project & T-Groove - COSMOS 78 [2017 LAD Publishing & Records]

探偵小説などを書いている、マルセイユ出身の小説家でデザイナーのエリック・ハッサンと、ベースやギターの演奏家であるクリスチャン・カフィエロによる音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクト。そして、八戸出身、東京在住の音楽プロデューサー、ユウキ・タカハシによる音楽プロジェクト、T-グルーヴ。両者によるコラボレーション作品。

結成から10年を超え、『Hot Stuff』や『Experiences』といった、ジャズや電子音楽、ソウル・ミュージックなどを融合した、独創的なスタイルの傑作を残してきたトゥー・ジャズ・プロジェクトと、日本在住の若いクリエイターでありながら、UKソウル・チャートの2位を獲得したトム・グライドの“Party People”や、サン・ソウル・オーケストラの”Can't Deny It”のアレンジやリミックスに携わり、自身の名義でもソーシー・レディをフィーチャーした”Spring Fever”などのヒット曲を残しているT-グルーヴ。

これまでにも、いくつかの作品を一緒に録音してきた彼らのEPは、「ファンタスティック・レトロ・フューチャリスト・ファンク・オデッセイ」をテーマにしたコンセプト・アルバム。制作にはトゥー・ジャズ・プロジェクトの楽曲でも素敵なパフォーマンスを披露してきた、女性シンガーのマリー・メニーとサックス奏者のディダーラ・ラ・レジー、T-グルーヴの作品で躍動感溢れるベースを聴かせてくれたタカオ・ナカシマも参加。隙の無い強力な布陣でクールなダンス・ミュージックを作り上げている。

本作に先駆けて発表された”Night Flight”は、オクラホマ州出身のシンガー、エノイス・スクロギンスをフィーチャーした曲。フランスのディスコ音楽レーベル、ブーギー・タイムスからデビューするなど、ヨーロッパでの知名度が高い彼は、これまでにも2016年のシングル『Soho Sunset 』、2017年のシングル『Funky Show Time』などで共演している旧知の間柄。自身の作品ではグラマラスでファンキーな歌唱が魅力のエノイスだが、この曲ではバリー・ホワイトを彷彿させる優雅な歌声を聴かせてくれる。マリーの透き通った歌声と絶妙なタイミングで入り込むディダーラのサックスも格好良い。

これに続く”Space Machine”は、マリーがメイン・ヴォーカルを担当。ハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートや、シンセサイザーを多用した伴奏は、ドナ・サマーの”I Feel Love”のような、黎明期のテクノ・ミュージックを彷彿させる楽曲。ディム・ファンクやダフト・パンクなど、70年代や80年代のディスコ音楽を咀嚼した作品を発表しているミュージシャンは少なくないが、ハイ・エナジーの要素を取り入れた曲は珍しい。

また”Passion”は、ピアノっぽい音色のキーボードを活かしたトラックが、ロリータ・ハロウェイのようなハウス・ミュージック寄りのディスコ音楽を連想させる佳曲。涼しげな声でメロディを歌いながら、曲間では急に色っぽい声を出すマリーの意外な一面が面白い。

そして、本作唯一のインストゥルメンタル作品”Cosmos 78”はニュー・オーダーの”Blue Monday”を思い起こさせるロー・ファイな電子音が格好良いテクノ色の強い曲。電子音とファンク寄りの太いベースを一つの音楽に組み合わせる技術が光っている。

アルバムの最後を飾るのは、マリーがヴォーカルを担当した”You Are My Universe”。温かい音色のキーボードやサックスを効果的に使ったサウンドは、ディミトリ・フロム・パリのような、きらびやかでおしゃれな雰囲気のハウス・ミュージックの影響も垣間見える。マリーの豊かな声量と表現力も見逃せない。

彼らの音楽の醍醐味は、機械を使った精密なビートと、ギターやキーボード、パーカッションといった人間が演奏する楽器を組み合わせながら、それを一つの音楽に落とし込むセンスだと思う。それが可能なのは、各人の技術の高さと感性の鋭さによる部分が大きいが、その中でも、ギターやベースを担当する、クリスチャン・カフィエロやタカオ・ナカシマによるダイナミックかつ緻密な演奏が、機械を使ったビートと人の手による生演奏を一体化するのに大きく貢献していると思う。また、各人の演奏を一つの作品に纏め上げる、録音、編集技術の妙も大きいだろう。

ダフトパンクやマークロンソンなど、70年代、80年代のディスコ音楽を意識した作品を発表するアーティストがひしめき合うなか、楽器の演奏と機械のビートを組み合わせた、モダンでファンキーな作風で、彼らとは一味違う「21世紀のディスコ音楽」を提示してくれた傑作。ディスコ音楽やクラブ・ミュージックが好きな人なら、思わずニヤリとしてしまう演出が盛り沢山の面白いアルバムだ。一つでも気になる曲があったら、ほかの作品も手に取ってほしい。そのクオリティの高さに驚くと思う。

Producer
Yuki T-Groove Takahashi & Two Jazz Project

Track List
1. Night Flight feat. Enois Scroggins & Marie Meney & Didier La Regie
2. Space Machine feat. Marie Meney & Didier La Regie
3. Passion feat. Marie Meney & Didier La Regie
4. Cosmos 78
5. You Are My Universe feat. Marie Meney & Didier La Regie




COSMOS 78
LAD Publishing & Records
2017-05-12

Mansionz - Mansionz [2017 Bear Trap, LLC, Monster Mountain, LLC, Island Records]

ミシガン州デトロイト生まれ、同州サウスフィールド育ちのシンガー・ソングライター、マイク・ポスナーと、フロリダ州デイトナビーチ生まれ、カリフォルニア州ロス・アンジェルス育ちのシンガー・ソングライター兼プロデューサーのブラックベアこと、マシュー・タイラー・マスト。彼らが結成したヒップホップ・ユニット、マンションズの初のフル・アルバム。

マイクは、2010年にアイランド・レコードからアルバム『31 Minutes to Takeoff』でデビュー。現在までに2枚のアルバムと3枚のミックス・テープをリリースし、”Cooler than Me”や”I Took a Pill in Ibiza”などのヒット曲を残している。特に、2015年に発表した”I Took a Pill in Ibiza”は複数の国のヒットチャートを制覇。本国アメリカでも、ホット100の4位、2016年の年間チャートの15位に輝き、グラミー賞の主要4部門の一つ、ソング・オブ・ザ・イヤーにもノミネートした、彼の代表曲となった。

一方、マシューは2012年にジャスティン・ビーバーの”Boyfriend”の共作者としてデビューすると、同じ年には初のEP『Foreplay』を発表。その後は、2017年までに5枚のEPと2枚のスタジオ・アルバムをリリース。本作の発売直後、2017年4月には3枚目のフル・アルバム『Digital Druglord』の発表を控えている。多作なクリエイターだ。

実は、二人の関係は私達の想像以上に長い。マシューが携わった”Boy Friend”は、マイクのプロデュース作品だし、その後も、マイクがブラックベアの”Obvious”(2016年のEP『Drink Bleach』に収録)にフィーチャーされたり、2013年にはマシューがマイクの”Marauder Music”や”OshFest”(どちらもアルバム未収録)を制作したりと、頻繁ではないものの、コンスタントにコラボレーションを重ねてきた。

さて、そんな二人が作った本作は、R&Bとヒップホップの要素をバランスよく取り入れた、ポップで親しみやすい音楽性が特徴。楽曲提供も行ってきた二人だけあって、色々なジャンルの音楽のテクニックを持ち込みつつ、一つの作品に纏め上げる高い編集能力が発揮されている。

まず、2016年にアルバムに先駆けて公開された “Stfu”は、2012年にミックス・テープ『Syrup Splash』を発表して以来、熱心なファンを集めているラッパー、スパーク・マスター・テープを起用したスロー・ナンバー。ギターの伴奏に合わせて歌うマイクから、同じ伴奏に合わせて歌うように言葉を繋ぐマシューとスパークへと繋ぐ流れが格好良い。後半でがなるように歌うスパークのラップが、予想外の展開で面白い。

また、これ続く”Dennis Rodman”は、NBAを引退しても話題を振りまき続ける伝説の名プレイヤー、 デニス・ロッドマンをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。電子楽器を使った変則ビートと、太いギターを組み合わせたに乗せて、リズミカルなラップを聴かせるマシューと、哀愁を帯びた歌声を聴かせるマイクのコンビネーションが聴きどころ。絶妙なタイミングで曲を盛り上げるデニスのダミ声もいい味を出している。

これに対し、ラッパーのG-イージーを招いた”Wicked”は、シンセサイザーを駆使したスタイリッシュなビートとしなやかなメロディが、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”や、カール・トーマスの”She Is”などを連想させるアップ・ナンバー。ファルセットを多用したヴォーカルは、ネプチューンズ名義で多くのヒット曲を残していたころの、ファレル・ウィリアムスを思い起こさせる。

そして、本作の目玉でもある”Rich White Girls”は、コンピュータを使ったビートと、ギターを使った弾き語りを組み合わせたスロー・ナンバー。ちょっと癖のある歌詞を、切々と歌うマイクと、彼の歌を引き立てるような、甘いラップを聴かせるマシューの相性が素晴らしい。ヒット曲を残してきた2人らしい、聴きやすく、耳に残るメロディが光る曲だ。

今回のアルバムは、R&Bやヒップホップを取り込んだポップな作風で、多くの実績を残してきた二人らしい、とっつきやすく、飽きがこない親しみやすい曲が目立っている。白人ミュージシャンがR&Bやヒップホップに取り組んで成功した例としては、最近ではジャスティン・ティンバーレイクやウィズ・カリファなどが有名だが、マンションズの作風は、ヒップホップなどの要素を取り入れつつ、それを自分達の方向性に合わせて、柔軟に引用、加工している点が大きく異なると思う。

黒人ではないミュージシャン達が、黒人音楽を取り入れて成功した例は、無数にあるが、ここまで柔軟な発想で取り入れたのは、ビートルズ以来かもしれない。ブルー・アイド・ソウルの新しい形を予感させる面白い作品だ。

Producer
blackbear, O.C., Mike Posner, MdL etc

Track List
1. Snoozefest
2. My Beloved
3. Stfu feat. Spark Master Tape
4. Dennis Rodman feat. Dennis Rodman
5. I'm Thinking About Horses
6. Nobody Knows
7. A Million Miles
8. Wicked feat. G-Eazy
9. Rich White Girls
10. Strip Club
11. White Linen feat. CyHi Da Prynce
12. Gorgeous
13. The Life Of A Troubadour






New Street Adventure - Stubborn Sons [2017 Acid Jazz]

2007年に、当時バーミンガム大学の学生だったニック・コルビンが中心となって結成した、3人組(現在は5人組)のロック・バンド、ニュー・ストリート・アドベンチャー。同年には、ドラムを加えた4人体制で、初の録音作品となるEP『 An Excuse to Talk』を発表。その後は、大小様々なステージを経験しながら、複数の作品をリリース。バーミンガムに拠点を置く実力派バンドとして、学生を中心に幅広い世代の人々の支持を集めた。

そして、2010年には活動拠点をロンドンに移し、メジャー・デビューを目指して活動を本格化する。まず、2011年には、サウス・ロンドン出身のソウル・シンガー、ノエル・マッコイをプロデューサーに招き、ホーンセクションを大胆に取り入れたソウル・ミュージック色の強いEP『Just the Kind of People』をリリース。60年代の黒人音楽を現代のロックと融合した個性的なサウンドで、新しい音楽に敏感な人々の間で話題となった。だが、この時期を境に、メンバーが頻繁に入れ替わるなど、平坦とは言えない道を歩み始める。

しかし、2012年に自主制作のEP『Say It Like You Mean It was』を発売すると状況は一転、同作からのシングル・カットされた”Hangin' on / hangin' up”がBBCのプレイリスト入り、彼らの知名度は急上昇。2014年にはブラン・ニュー・ヘビーズなど、多くの有名ミュージシャンを輩出してきた、ロンドンに拠点を置くアシッド・ジャズ・レコードと契約を結ぶ。そして、同年には初のフル・アルバム『No Hard Feelings 』を発表。世界各地の熱心なロック・ファン、ソウル・ファンを魅了した彼らは、この作品を切っ掛けに、日本を含む世界各地のロック・フェスなどに招待されるようになった。

本作は、彼らにとって2枚目のフル・アルバム。1作目を手掛けているザ・ミルクのミッチー・アイリングをプロデューサーに迎え、前作同様、ソウル・ミュージックのエッセンスをふんだんに盛り込んだ、ポップだけど味わい深いロックを聴かせている。

アルバムの1曲目を飾る”(What's So Good About) Happiness”は、本作に先駆けて2016年に7インチがリリースされたシングル曲。重いドラムと図太い音のベースが生み出すダイナミックなグルーヴの上で、乾いた音色のギターと、温かい音色のキーボードが鳴り響く、懐かしい雰囲気のアップ・ナンバー。硬い声質を活かした、グラマラスだけど、どこか逞しいニックのヴォーカルは、エルビス・コステロにちょっと似ている。

これに対し、ミディアム・テンポのバラードの”Why Should We Do Anything”は、小刻みに演奏されるベースや、キーボードを使ったメロウなフレーズが、70年代、80年代にアイズレー・ブラザーズが世に送り出した名曲”Footsteps in the Dark”や”Between The Sheets”を思い起こさせる作品。流麗なメロディを、あえて肩の力を入れて荒っぽく歌うことで、パワフルなロック・バラードのように聴かせている点が面白い。

一方、ソウル・ミュージックの要素を強く押し出したのは”Hard Living (No Easy Way Out)”だ。ピアノやドラムがリズミカルに音を刻む演奏をバックに、ニックがグラマラスな歌声で伸び伸びと歌ったアップ・ナンバー。モータウンのミュージシャン達やカーティス・メイフィールドといった、アメリカ北部のソウル・シンガー達から影響を受けた楽曲だが、太く温かい音色の伴奏とポップなメロディ、甘くふくよかな歌声を使った軽妙なメロディは、メイヤー・ホーソンにもちょっと似ている。

そして、本作の収録曲の中でも屈指のクオリティと言っても過言ではないのが、ミディアム・バラードの” If That's All You Got”だ。小刻みに演奏されるベース・ラインや、ロマンティックなキーボードのフレーズは”Why Should We Do Anything”と似ているが、ロマンティックなメロディを丁寧に歌うニックや、随所で曲を盛り上げる緻密なコーラスなど、ヴォーカル・パートがよりソウル・ミュージックっぽくなっている。

彼らの音楽は、ソウル・ミュージックへの造詣の深さと愛情を示しながら、現代の機材や流行を意識した、懐かしさと新鮮さが同居したものになっている。イギリスには、古くはビートルズやローリング・ストーンズ、近年ではエイミー・ワインハウスやアデルなど、ブラック・ミュージックの要素を取り入れた作風で成功を収めたミュージシャンが沢山いるが、彼らはその流れを汲みつつ、自分達の声質や楽器の響きを活かしたワイルドでポップな作品に仕上げることで、独自性を打ち出しているのだと思う。

精密だけど荒々しい、ダイナミックだけど繊細なパフォーマンスが魅力的な、ブルー・アイド・ソウルの佳作。メイヤー・ホーソンやイーライ・ペイパーボーイ・リードなどの、ソウル・ミュージックから影響を受けたミュージシャン達の音楽が好きな人にお勧めだ。

Producer
Mitch Ayling

Track List
1. (What's So Good About) Happiness
2. Smooth Talker
3. Rascal
4. One and the Same
5. Why Should We Do Anything
6. Hard Living (No Easy Way Out)
7. Something More Than This
8. If I Had You Back In My Life
9. If That's All You Got
10. Can't We Just Be Friends





Stubborn Sons
New Street Adventure
Pias America
2017-03-24

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ