ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

バンド・ユニット

Ephemerals - Egg Tooth [2017 Jalapeno Records]

イギリス出身のギタリスト、ニコラス・ヒルマンと、フランス系アメリカ人のサックス奏者、ウォルフガング・パトリック・ヴァルブルーナが中心になって結成したファンク・バンド、エフェメラルズ。60年代、70年代のブラック・ミュージックを取り込んだサウンドと、ヴァルブルーナのエネルギッシュな歌唱が話題になり、ジャイルズ・ピーターソンやクレイグ・チャールズなどのラジオ番組でヘビー・プレイ。2016年にはフランスのDJ、クンズのシングル『I Feel So Bad』に参加。フランスを中心に、複数の国でヒットチャートに入る、彼らにとって最大のヒット曲となった。

このアルバムは、2015年の『Chasin Ghosts』以来となる、通算3枚目のオリジナル・アルバム。本作でも楽曲制作とプロデュースをヒルマンが、ヴォーカルをヴァルブルーナが担当。ファンクやソウル・ミュージックの要素をふんだんに取り入れた楽曲を披露している。

アルバムの2曲目、本作に先駆けて発売されたシングル曲”The Beginning”は、ゆったりとしたテンポのバラード。分厚いホーンセクションを軸にしたバンドをバックに、思いっきり声を張り上げるヴァルブルーナの姿が格好良い。余談だが、彼の歌い方が”Don't Look Back in Anger”を歌っていた時の、オアシスのリアム・ギャラガーに少し似ていると思うのは自分だけだろうか。

一方、これに続く”In and Out”は、陽気な音色のキーボードと、柔らかい音色のホーン・セクションに乗せて、切々と言葉を紡ぎ出すミディアム・ナンバー。ビル・ウィザーズを彷彿させる、スタイリッシュだがどこか温かい雰囲気の歌声が心に残る。良質なポップ・ソングだ。

そして、本作からのもう一つのシングル曲『Astraea』は、ストリングスを取り入れた、切ない雰囲気のアップ・ナンバー。徐々にテンポを上げていく伴奏と、何かに追い立てられるように、せかせかと言葉を吐き出すヴァルブルーナのヴォーカルが印象的な楽曲だ。

また、同曲のカップリングとしてシングル化された”And If We Could, We’d Say”はハモンド・オルガンの音色で幕を開けるミディアム・ナンバー。ヒップホップのエッセンスを取り入れた伴奏に乗せ、ギル・スコット・ヘロンの作品を引用したポエトリー・リーディングを聴かせるという通好みの楽曲。大衆向けとは言い難い素材を集めつつ、アイザック・ヘイズが”Ain’t No Sunshine”や”Never Can Say Goodbye”のカヴァーで見せた、テンポを落として低音をじっくりと聴かせる、キャッチーで粘っこいファンク・サウンドを使ってポップに纏め上げた名演だ。

そして、黒人音楽が好きな人には見逃せない曲が、スティーヴィー・ワンダーの”AnotherStar”にも似た雰囲気のアップ・ナンバー”Get Reborn”だ。オルガンのキラキラとした音色を軸に、華やかな伴奏と軽妙なヴォーカルを組み合わせた楽曲。ライブで聴いたら盛り上がりそうだ。

英国出身のファンク・バンドというと、ジャミロクワイのような世界中で人気のグループから、ストーン・ファンデーションジェイムズ・ハンター・シックスのように、好事家達を唸らせる実力派ミュージシャンまで、あらゆる趣向の人々に対応する層の厚さが特徴的だ。その中で、彼らを他のグループと差別化しているのは、古今東西の色々なソウル・ミュージックを取り込むヒルマンの制作技術と、デーモン・アルバーンやリアム・ギャラガーにも通じる、ヴァルブルーナの存在感のある歌声によるものが大きいと思う。

60年代、70年代のソウル・ミュージックに軸足を置きつつ、その子孫ともいえる90年代以降のブリティッシュ・ロックのエッセンスを混ぜ込むことで、先人や現行の同業者とは違う独自の音楽性を確立した面白い作品。ロック、もしくはブラック・ミュージックをあまり聴かない人にこそ聴いてほしい、ジャンルの壁を越えた魅力的なバンドだ。

Producer
Hillman Mondegreen

Track List
1. Repeat All +
2. The Beginning
3. In and Out
4. Go Back to Love
5. The Omnilogue
6. Coming Home
7. And If We Could, We’d Say
8. Get Reborn
9. Cloud Hidden
10. If Love Is Holding Me Back
11. Astraea
12. Repeat All





Egg Tooth
Ephemerals
Jalapeno
2017-04-21


El Michels Affair ‎– Return To The 37th Chamber [2017 Big Crown Records]

リー・フィールズやダップトーン一派の周辺で活動していたレオ・ミッシェルが、2000年代初頭に結成したファンク・バンド、エル・ミシェル・アフェア。

2003年にデビュー・シングル『Easy Access』を発表すると、太く柔らかい音色と、重心を低く抑えた粘っこい演奏が、好事家の間で注目を集めた。そして、2005年にはウータン・クランのレイクウォンとコラボレーションしたシングル『The PJ's... From Afar』をリリース。その後、2009年にウータン・クランの楽曲をカヴァーしたアルバム『Enter The 37th Chamber』を発売。ヒップホップのサンプリング・ソースを通してソウルやファンクに慣れ親しんできた若い世代に、人間が演奏するファンク・ミュージックの面白さを知らしめた。その後もアイザック・ヘイズの楽曲をインストゥルメンタルでカヴァーしたEP『Walk On By (A Tribute To Isaac Hayes)』等をリリース。ヒップホップを経由して昔のブラック・ミュージックを知った若者から、往年の名アーティストをリアルタイムで聴いてきた年配の人まで、幅広い層から高い評価を受けてきた。

今回のアルバムは『Enter The 37th Chamber』以来、約8年ぶりとなる、彼らにとって通算3枚目のフル・アルバム。『Return To The 37th Chamber』というタイトルが示す通り、前作に引き続きウータン・クランの楽曲に加え、メンバーのソロ作品を演奏した、カヴァー・アルバムになっている。

本作の1曲目、2016年にシングル盤でリリースされた”4th Chamber”はGZAの95年作『Liquid Swords』に収録された曲のリメイク。ヘヴィーなビートとズンズンと鳴り響くベース、おどろおどろしいギターやホーンの音色が印象的なオリジナル・ヴァージョンを、原曲よりもギターやキーボードの音を強調した、キャッチーなファンクに仕立て直している。音のバランスや楽器の音色以外、原曲とほとんど変わらないあたりに、彼らの演奏技術の高さと、ウータン一派のブラック・ミュージックへの愛着が感じられる。

これに続く”Iron Man”はゴーストフェイス・キラーが2000年に発表したアルバム『Supreme Clientele』に入っている”Iron's Theme”が原曲。1分半のインターミッションを3分半の楽曲に再構成するアレンジ技術も凄いが、ゴーストフェイス・キラーの楽曲の醍醐味ともいえる、人間が歌っているかのような、豊かな感情表現を忠実に再現した演奏も本作の醍醐味。個人的な願望だが、彼らの演奏をバックに、ゴーストフェイスがラップするステージを見てみたい。

それ以外の曲で気になるのは、前作にはなかったゲスト・ヴォーカルをフィーチャーした楽曲群。その中でも、2002年のアルバム『Problems』以降、ほぼ全ての作品でレオン・ミッシェルを起用するなど、彼らと縁の深いリー・フィールズが参加した、93年のアルバム『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』の収録曲”Tearz”のリメイクでは、原曲にサンプリングされた楽曲のフレーズを取り入れて、ヒップホップのビートとソウル・ミュージックの歌を融合させた面白い楽曲。元ネタが女性シンガーの曲であるサビの部分は、きちんと女性ヴォーカル(シャノン・ワイスという人らしい)が担当しているなど、芸が細かい点にも注目してほしい。

また、歌ものという意味では、彼らのレーベル・メイトでもあるレディ・レイが参加した”All I Need”も見逃せない。メソッドマンが94年にリリースしたグラミー受賞曲をリメイクしたこの曲は、マーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエット曲“You're All I Need to Get By”のフレーズを取り入れたオリジナル・ヴァージョンを意識したのか、メアリーJブライジが担当したパートをレディ・レイが担当している。メアリーJに比べるとレイの歌声は線の細いが、元ネタで歌ってるタミー・テレルも可愛らしい声がウリのシンガーだったので、特に違和感はない。むしろ、可愛らしさを保ちつつ、演奏に負けないパワフルな歌が印象的なくらいだ。個人的には、マーヴィンのパートを男性シンガーに吹き込んでもらって、本格的なソウル・ミュージックとして作り直してほしいなと思った。

本作では、メンバーのソロ作品にまで視野を広げる一方、ヴォーカル・パートを含む曲やシングル・カットされなかった比較的地味な曲も丁寧に取り上げている。おそらく、実績を積んで色々な音楽に挑戦する機会を得られたことや、メンバー以外の様々なアーティストを作品に起用できるようになったのだと思う。

ヒップホップのカヴァーと銘打ちつつ、そのサンプリング・ソースであるソウル・ミュージックやファンクの醍醐味にまで手を伸ばした意欲作。収録曲や原曲はもちろん、その曲のサンプリング・ネタも聴きたくなる。ブラック・ミュージックの入り口には最適なアルバムだと思う。

Producer
Leon Michel

Track List
1. 4th Chamber
2. Iron Man
3. Shaolin Brew
4. Pork Chop Express
5. Snakes feat.Lee Fields
6. Drums For Sale
7. Shadow Boxing
8. Sipped Up
9. Tearz feat.Lee Fields and The Shacks
10. Verbal Intercourse 11. Wu-Tang Clan Ain’t Nuthing Ta F’ Wit
12. All I Need feat.Lady Wray
13. The End (Eat My Vocals)





リターン・トゥ・ザ 37th チェンバー
エル・ミシェルズ・アフェアー
Pヴァイン・レコード
2017-04-19

 

Stone Foundation - Street Ritual [2017 100% Records]

2011年に自分達のレーベル、ターニング・ポイントからアルバム『The Three Shades Of...Stone Foundation』 でデビュー。ビートルズやザ・フーに代表されるリズム&ブルースを取り入れたロックと、彼らに多大な影響を与えたアメリカのソウル・ミュージックの要素を融合した独特のサウンドで、多くのファンを魅了してきたイギリスのファンク・バンド、ストーン・ファンデーション。彼らにとって、2015年の『A Life Unlimited』以来となる、通算4枚目のフル・アルバム。

本作の特筆すべき点は、何と言っても豪華なゲスト・ミュージシャン達。これまでの作品でも、ノーラン・ポーターやカリーン・アンダーソンなどの著名なミュージシャンが参加していたが、今回のアルバムでは、彼らがソウル・ミュージックに触れるきっかけを作った、伝説のロック・バンド、ザ・ジャムのポール・ウェラーがプロデュースとフィーチャリング・ヴォーカルで参加。それに加え、2016年のアルバム『This Is Where I Live』がグラミー賞を獲得したことも記憶に新しい、スタックス・レコード所属の名手ウィリアム・ベルと、2015年に発売されたロックの名曲をカヴァーしたアルバム『Worthy』がヒットしたことでも話題になったベティ・ラヴェットを招聘。彼らが憧れたモッズの音楽面のルーツ、アメリカのソウル・ミュージックの現代風リメイクに挑戦している。

アルバムの1曲目は、ポール・ウェラーがヴォーカルを担当した"Back In The Game"。哀愁を帯びたギターの音色や、泥臭いビート、ちょっと野暮ったいコーラスが、60年代のスタックスの音楽を彷彿させるミディアム・ナンバー。70年代にはロックのアイコンとして喝采を浴びたポールが、オーティス・レディングが乗り移ったかのように、ダイナミックで荒々しい歌声を響かせる光景に、時間の経過と人間の成熟を感じさせる。

一方、ポールがヴォーカルを担当したもう一つの楽曲で、本作からのシングル曲でもある"Your Balloon Is Rising"は、ジーン・チャンドラーやジャッキー・ウィルソンが活躍していた60年代後半のシカゴのソウル・ミュージックを思い起こさせるロマンティックなバラード。ストリングスを使った流麗な伴奏や三連符を多用した優雅なメロディは、都会的な作風で多くのリスナーを惹きつけた、往年のシカゴ・ソウルを忠実に再現している。"Back In The Game"では、泥臭く、田舎っぽ歌唱を披露していたが、こちらの曲では、蜂蜜のように甘く、絹糸のように繊細なヴォーカルを聴かせくれる。経験を積んだことで、単なる歌唱の技術だけでなく。曲の性質に応じて表現方法を切り替える技も身につけた、ポールの優れた音楽センスが光る楽曲だ。


また、それ以外の楽曲にも、魅力的な録音がたくさんある。ウィリアム・ベルをヴォーカルに起用した
"Strange People"は、彼の最新作『This Is Where I Live』に収められていても不思議ではない、泥臭い雰囲気のミディアム・バラード。親子ほどの年齢差がある両者が、音楽によって結びつき、共通の趣味である60〜70年代の音楽に取り組む姿を見ると、音楽が先達から後進へと受け継がれる光景を見るようで、感慨にふけってしまう。

そして、本作のクライマックスとも言えるのが、ベティ・ラヴェットが参加した"Season Of Change"だ。御年70歳を超えるベティが、アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムズといった、アメリカの音楽史を代表する一流の女性シンガー達に負けずとも劣らない、強烈な音の塊を飛ばす力強いヴォーカルを聴かせてくれる重厚なバラードだ。バック・トラックも、彼女の歌にあわせ、往年のディーヴァの伴奏のような、生演奏を駆使した重く、荒々しい演奏にまとめあげている。

今回のアルバムは、これまでの作品以上に、往年のソウル・ミュージックを意識した作風になっている。だが、面白いのはその方向性だ。シカゴ・ソウルやサザン・ソウルを意識した楽曲が数多く並ぶ一方、モータウンなどのデトロイトの音楽や、ジェイムズ・ブラウンの登場以降、音楽の一ジャンルとして存在感を増し続けているファンクの要素は少ない。このセレクトにおける「癖」が、メンバーはポールを音楽の世界に引き込んだモッズ達の趣味趣向であり、彼らから多くの刺激を受けたバンドの音楽面のルーツであると考えると非常に興味深い。

イギリス人の解釈と、アメリカ人の演奏技術が融合したことで生まれた、21世紀を生きるリスナーに向けた本格的なソウル・ミュージック。これは、年季を積んだソウル・ファンに独り占めさせちゃダメでしょ。

Producer
Pall Weller

Track List
1. Back In The Game feat. Paul Weller
2. Open Your Heart To The World
3. Love Rediscovered
4. The Limit Of A Man
5. The Colour Of.....
6. Street Rituals
7. Strange People feat. William Bell
8. Your Balloon Is Rising feat. Paul Weller
9. Season Of Change feat. Bettye Lavette
10. Simplify The Situation





ストリート・リチュアルズ
ストーン・ファンデーション
Pヴァイン・レコード
2017-03-31

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ