ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

演奏者・プロデューサー

Diggs Duke - Civil Circus [2015 Following Is Leading]

一人で様々な楽器を使いこなす技術力と、ジャズとソウル・ミュージックやヒップホップを融合させた独創的な音楽性で、新しい音楽に敏感な人々の間で注目を集めていた、インディアナ州ゲイリー出身のアーティスト、ディグス・デュークことジョナサン・ディグス・デューク。

2013年には、初めてのフル・アルバム『Offering For Anxious』を、ジャイルズ・ピーターソンのレーベル、ブランズウッドから発売。ディアンジェロやプリンスを思い起こさせる、様々な音楽を飲み込み、自分の音楽に昇華した作風が話題となり、ジャズ・ファンに留まらず、ヒップホップやR&Bが好きな人にも愛聴された。

このアルバムは、2015年の終わりに発表された、彼にとって2枚目のフル・アルバム。彼が立ち上げたフォローイング・イズ・リーディングから、配信限定(CD-R盤もある)でリリースされたもので、2017年に日本のウルトラ・ヴァイヴからCD盤が発売された。

今回のアルバムも、前作同様、全ての曲が彼自身のプロデュースによるもの。しかし、ほぼ全ての楽器を一人で演奏していた前作に対し、本作では多くのミュージシャンを起用。彼の鋭い音楽センスを活かしつつ、彼とは異なるキャリアを積んできた面々の感性を取り込むことで、よりバラエティ豊かになった音楽を聴かせている。

アルバムの最初に入っている”Busker”は、テナー・サックスにジャラニ・ブルックス、ドラムにウォーレンG.クラダップIII世、ベースにルーク・スチュアートを招いた、3人編成による録音。3人の演奏にエフェクトをかけて、ダブやエレクトロニカのように幻想的な雰囲気に仕立て上げた曲だ。エフェクトを活かすため、サックスのフレーズをシンプルにした手法は、マイルス・デイヴィスがエレクトリック・サウンドに適応するために、音数を絞った演奏を吹き込んだ『Bitches Brew』の表現を連想させる。

これに対し、ダンテ・ポープをヴォーカルに起用した”Compensation”は、19世紀に公民権運動を題材にした多くの作品を残している、作家で詩人のポール・ローレンス・ダンバーの詩に曲をつけたもの。ニーナ・シモンなど、多くのミュージシャンに引用されてきた、有名な文学作品を取り入れつつ、フルートやギターを使った抽象的なサウンドで、前衛的なR&Bに仕立て上げたセンスが面白い。全ての楽器を彼自身が演奏したトラックも聴きどころだ。

一方、本作では最長の5分半に及ぶ大作、”Ambition Addiction”は、ヴォーカルにレイチェル・ブロットマンを招いたミディアム・ナンバー。音と音の隙間を意識したトラックは、ジェイムス・ブレイクを彷彿させる、エレクトロ・ミュージックとジャズやソウル・ミュージックが融合した伴奏の上で、繊細な歌声を響かせる2人の姿が印象的な曲だ。電子楽器を使った抽象的なビートと、フルートやギターの演奏を組み合わせた温かい演奏を、うまく使い分けたアレンジ技術は圧巻の一言だ。

そして、本作では2番目に長い4分弱の曲”Warming Warning”は、電子楽器を多用したポップなサウンドが光るミディアム・ナンバー。70年代のスティーヴィー・ワンダーを思い起こさせる音色のエレクトリック・ピアノや、パーカッションのように軽快な音を鳴らす電子ドラムを使ったバック・トラックと、しなやかなディグスのヴォーカルと、グラマラスな歌声のフィーチャリング・シンガー、ジャダ・アーヴィンの対照的な個性が上手く噛み合った、ソウルフルな曲だ。ローファイな音色の電子楽器を使うことで、昔のソウル・ミュージックの雰囲気を再現した手法が格好良い。

今回のアルバムは、1分から2分の曲が中心で、全体では30分に満たない、EPに近い作品だ。しかし、ソウル・ミュージックやエレクトロニカ、アフロ・ミュージックまで色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り込み、曲の全てをハイライトのように聴かせる彼の創作能力のおかげで、1時間超の大作にも負けないくらい、多くの見せ場を作っている。

最初から最後まで、全てがヤマといっても過言ではない、密度の濃い作品。このアルバムを聴いて、彼の音楽に興味を持った人がいたら、ぜひ彼のホームページを覗いてほしい。そこには、未だCD化されてない、多くの名曲があるのだ。

Producer
Diggs Duke

Track List
1. Busker
2. Compensation
3. Ambition Addiction
4. Stoplight Lessons
5. Postcard
6. Street Preacher
7. Bumper To Bumper
8. Warming Warning
9. Damn Near Home
10. We Don't Need Love






Organized Noize - Organized Noize [2017 Organized Noize]

92年にスリーピー・ブラウンことパトリック・ブラウン、リコ・ウェイド、レイ・マーレイの3人によって結成されたプロダクション・チーム、オーガナイズド・ノイズ。アトランタを拠点に、アウトキャストやグッディー・モブのメンバーとヒップホップ・クルー、ダンジョン・ファミリーとして活動する一方、プロデューサーとして多くの楽曲を制作。TLCの”Waterfalls”やアン・ヴォーグの”Don't Let Go (Love)”、アース・ウィンド&ファイアの”This Is How I Feel”など、多くのヒット曲を世に送り出していった。

また、1995年には彼ら自身もメンバーに名を連ねるヴォーカル・グループ、ソサエティ・オブ・ソウルの名義でアルバム『Brainchild』を発表。60年代のソウル・ミュージックを思い起こさせる泥臭いサウンドを、サンプリングや電子楽器を駆使したヒップホップの技術で現代に蘇らせた作品として、多くのブラック・ミュージック・ファンの記憶に残った。

本作は、オーガナイズド・ノイズの名義では初めてのアルバムとなる7曲入りのEP。ダンジョン・ファミリーやソサエティ・オブ・ソウルとして、傑作を残してきた彼らだが、プロダクション名義での作品は、1996年にリリースされた、同名の映画のサウンドトラックに収録されている”Set It Off”以来、実に21年ぶりとなる。

このアルバムでは、元グッディ・モブのシーロー・グリーンやアウトキャストのビッグ・ボーイといったダンジョン・ファミリーのメンバーのほか、プロデュースやバック・コーラスなどで一緒に仕事をすることが多い女性シンガーのジョイ、アトランタに近いカレッジ・パーク出身のラッパー、2チェインズなど、新旧様々なミュージシャンが集った、豪華なヴォーカル作品になっている。

本作の1曲目に収められている”Anybody out There”は、ジョイと、アウトキャストの”Morris Brown”などに携わってる、男性シンガーのスカーをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った跳ねるようなトラック、いわゆるトラップ・サウンドの上で、ジョイがラップっぽい歌を聴かせている。男女二人のシンガーが絡む曲では、女性がフックを担当することが多い中、スカーがサビを担当しているのは面白い。

続く”We the Ones”は、ビッグ・ボーイにシーロー・グリーン、ビッグ・ルーベとダンジョン・ファミリーの面々が揃った楽曲。ハンド・クラップを交えた軽妙なビートと、重厚なシンセサイザーの音色を使った伴奏が、アウトキャストやグッディ・モブのヒット曲を連想させるアップ・ナンバーだ。メロディを口ずさむように言葉を繋ぐ、ダンジョン・ファミリー流のラップが思う存分堪能できる。彼らのスタイルは、デビューから20年以上経った今も色褪せないようだ。

一方、ジョージア州出身の気鋭のラッパー、2チェインズとジョイが参加した本作からのリード・シングル”Kush”は、1曲目の”Anybody out There”と同様、トラップ・ビートを取り入れたミディアム・ナンバー。複数のトラックを混ぜ合わせた変則ビートに乗って、荒々しい声でリズミカルなライムを叩き込む2チェインズと、妖艶な歌声を響かせるジョイのコンビネーションが素晴らしい。新しいサウンドを取り入れつつ、彼らの持ち味である泥臭く温かいサウンドに仕上げている点は流石だと思う。

そして、本作の隠れた目玉が、スリーピー・ブラウンがマイクを握った”Awesome Lovin'”だ。70年代のアイズレー・ブラザーズやワンウェイを彷彿させる、アナログ・シンセサイザーの音色を使った、モダンで柔らかい伴奏の上で、流麗なメロディを色っぽいファルセットを交えつつじっくりと歌ったバラード。間奏で流れるワイルドなギターの演奏が、アーニー・アイズレーっぽくて格好良い。彼らのルーツである、往年のソウル・ミュージックを現代の音楽として再構築した、ロマンティックな楽曲だ。

今回の作品は、ダンジョン・ファミリー名義の録音やプロデュース作品で見せた、生演奏のような温かい音色と、小技を交えた複雑なトラック、歌とラップを織り交ぜた、軽妙なフロウが揃った、絶頂期の彼らの音楽性を思い起こさせるアルバムになっている。作品の随所で、2010年以降のトレンドを取り込みつつ、自分達の作風に落とし込んだ楽曲は、ヒット曲を量産していた時代の作品を知る人には懐かしく、そうでない人には新鮮に映ると思う。

時代の変化に適応しつつ、自身の持ち味を存分に発揮した、アトランタを代表する名プロダクション・チームらしい密度の濃い作品。この勢いで、フル・アルバムも出してほしいなあ。

Track List
1. Anybody out There feat. Joi & Scar
2. We the Ones feat. Big Boi, CeeLo Green, Sleepy Brown & Big Rube
3. Chemtrails feat. Jimmy Brown & Sleepy Brown
4. Why Can't We feat. Sleepy Brown
5. Kush feat. 2 Chainz & Joi
6. Awesome Lovin' feat. Sleepy Brown
7. The Art of Organized Noize




The Playlist Featuring Glenn Lewis ‎– Chasing Goosebumps [2017 Playlist Music]

1985年にラッパーのウィル・スミスとヒップホップ・ユニット、ジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンスを結成。87年にアルバム『Rock The House』でジャイブからメジャー・デビューを果たすと、全米R&Bチャートを制覇した”Summertime”や、全英チャートを1位を獲得した”Boom! Shake the Room”など、多くのヒット曲を世に送り出してきた、フィラデルフィア出身のDJでプロデューサーの、DJジャジー・ジェフことジェフリー・アレン・タウンズ。

グループの解散後は、故郷のフィラデルフィアに自身のプロダクション、ア・タッチ・オブ・ジャズを設立。同所を拠点に、ジル・スコットやミュージック・ソウルチャイルド、フロエトリー等の作品をプロデュースする一方、自身の名義でも『The Magnificent』シリーズを含む多くのアルバムをリリース。往年のソウル・ミュージックを彷彿させる柔らかい音色を使ったアダルティなトラックと、豪華なフィーチャリング・ミュージシャンによる個性豊かなパフォーマンスで、ユニット時代を知らない若い世代から、ヒップホップを聴いて育った大人達まで、幅広い年代の支持を集めてきた。

今回のアルバムは、彼の新プロジェクト、ザ・プレイリストの名義で発表された新作。彼の自宅に親交のあるミュージシャン達を集め、1週間で1枚のアルバムを制作するという、野心的なチャレンジの成果だ。

このアルバムでは、カナダのトロント出身のシンガー・ソングライター、グレン・ルイスをほぼ全ての曲でメイン・ヴォーカルに起用。ソロ作品では、ヒップホップのビートとアナログ楽器の音色を組み合わせたトラックに乗せて、ダニー・ハザウェイやスティーヴィー・ワンダーを彷彿させる親しみやすく洗練された歌声を聴かせてくれた彼だけに、音楽性の近いジェフとのコラボレーションには、いやが上にも期待してしまう。

アルバムの1曲目は、フィラデルフィア出身のDJ兼スポークン・ワード・アーティスト、リッチ・メディーナをゲストに迎えた”Distraction”。アナログ・シンセサイザーの温かい音色が印象的なトラックにのせ、淡々と言葉を吐き出すメディーナの姿が印象的なミディアム・ナンバー。中盤以降を担当する、グレンのヴォーカルが、声質こそ大きく違うがR.ケリーを彷彿させる、ラップっぽいスタイルなのも面白い。ヒップホップ出身のジェフとメディーナ、ソウル・ミュージックを聴いて育ったグレンの個性が上手く噛み合った佳曲だ。

これに対し、続く2曲目の”Faceless”は、グレンの歌声を活かした優しい雰囲気のミディアム・ナンバー。柔らかい音色のベースを使い、どっしりと落ち着いた雰囲気を醸し出すトラックに載せて、艶やかな歌声を響かせている。太いベースの音や、トラックに合わせてメロディを崩す歌い方は、フィラデルフィア出身のシンガー、ミュージック・ソウルチャイルドのスタイルに似ている。フィラデルフィアでは、彼みたいな歌い方が流行っているのだろうか?どうでも良いことだが少し気になる。

また、ラッパーのデイン・ジョーダンをフィーチャーしたアップ・ナンバー”Stone Cold”は、ギターやホーンの演奏を取り入れた、この企画を象徴するような楽曲。ジャジー・ジェフが作るビートの上で、今回のプロジェクトのために集結したミュージシャン達が音を重ね合わせ、デインとグレンがマイク・リレーを聴かせている。ジャム・セッションのように各人が自分の技術をアピールしながら、長い時間かけて練り上げられたような、隙のない曲に仕上げている彼らのチームワークと構成力にはひたすら感服する。

そして、本作のハイライトと呼んでも過言ではないのが、スロー・バラードの”Take My Time”だ、アイズレー・ブラザーズの”Footsteps In The Dark”を彷彿させるしっとりとしたビートと、キーボードやホーン・セクションを使ったロマンティックな伴奏の上で、甘い声でじっくりと歌い上げるムーディな楽曲。ヒップホップの手法を用いて作られたトラック使って、デルフォニックスやイントゥルーダーズのような、70年代の甘いソウル・ミュージックを連想させるバラードを作り上げる彼らのセンスとテクニックを堪能できる魅力的なスロウ・ジャムだ。

アルバム全体を通して聴いた印象は、奇抜なトラックや斬新なメロディの曲は少なく、ヴォーカル曲だけを収めた『The Magnificent』といった趣すらある。だが、実力には定評のあるミュージシャン達が、1週間という短い時間に心血を注いで録音された楽曲は、各人が自分の持ち味を思う存分発揮しつつ、それをジェフが調整することで、新鮮ではないが、何度聞いても飽きない、緻密さと躍動感が同居した作品にまとまっている。

ジェフが長い時間をかけて培った人脈によって、個性豊かなヒップホップとソウル・ミュージックのアーティストたちが集結し、彼らの音をジェフが自身の経験を活かして、最適な形に編集する。引用と編集という、ヒップホップの技術をフル活用して作られた。大人向けの本格的なR&B作品。これは、女性シンガーで第2弾を作って欲しい傑作だ。

Producer
DJ Jazzy Jeff

Track List
1. Distraction feat. Rich Medina
2. Faceless
3. Superman
4. Die Empty
5. 1995
6. Defeated feat. Dayne Jordan
7. Mr. Grump
8. Lullaby
9. This Could Be Us
10. Stone Cold feat. Dayne Jordan
11. Good Time
12. Kelo And Kaidi Be Snoring
13. First Time Again
14. Take My Time
15. Chasing Goosebumps







記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ