ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

演奏者・プロデューサー

Peejay - Walkin’ Vol 2 [2017 Black Label, YG Entertainment]

歌謡曲中心だった韓国の音楽界に、ヒップホップやR&Bを持ち込んで成功を収めたセオ・タジ&ザ・ボーイズのメンバー、ヤン・ヒョンソクが96年に立ち上げたYGエンターテイメント。設立当初は韓国で着実にヒット曲を生み出していたが、2012年にPSYの”GANGNAM STYLE”とビッグバンの”Fantastic Baby”という二つのヒット曲を送り出したことで、世界から注目を集める。

同社は現在、ウィナーやアイコン、ブラックピンクといったヴォーカル・グループを売り出す一方、リル・ヨッティの作品に客演し、2017年のサマー・ソニックではブラック・アイド・ピーズのステージで共演したことも話題になった、アメリカを拠点に活動する女性ラッパーのCLや、ガラントとのコラボレーションも記憶に新しいタブロを擁するエピック・ハイのようなラップ・グループなど、個性豊かなタレントを抱える総合企業として存在感を示している。

そんな同社が、現在力を入れているのが二つのサブ・レーベル。なかでも、”Fantastic Baby”を含む多くのヒット曲を手掛けてきたテディ・パクが運営するブラック・レーベルは、YGエンターテイメント所属のタレントに楽曲を提供したり、彼らとコラボレーションしたりするなど、コアな音楽ファンを意識した作風の会社ながら、メジャーの音楽シーンを意識した活動が目立っている。

このアルバムを制作したピージェイも、ブラック・レーベル所属のクリエイターの一人。既にインディー・レーベルで多くの実績を上げていた彼は、同社でも2016年に移籍したザイオンTの『OO』を共同プロデュースし、YGの看板グループ、ビッグバンのリード・ヴォーカル、テヤンのソロ・アルバム『White Night』では、アルバムの最後を飾る”Tonight”を制作するなど、主にR&B作品で優れた仕事を残してきた。

今回のアルバムは、2014年の『Walkin’』の続編。ゲストにはテヤンやザイオンT、カッシュといったYGや系列レーベルに所属するアーティストのほか、ベーンジーノやB-フリーといった他社所属の実力派ラッパー、サッチャル・ユーンやジョーン・ユー・ジョンといった演奏家を招き、生演奏と電子楽器を組み合わせた独自の音楽に取り組んでいる。

インストゥメンタル作品のオープニング曲”After Summer Day”から続く”Stranger”は、ザイオンTとのコラボレーション曲”Just”や、少女時代のテヨンをフィーチャーした”Don't Forget”などがヒットしている男性シンガー、クラッシュを招いたアップ・ナンバー。ドラムとベースにシンセサイザーを使った太いグルーヴと、しなやかなメロディが心地湯良いアップ・ナンバー。しなやかなメロディと洗練されたバック・トラックはドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やカール・トーマスの”She Is”を連想させるが、こちらの曲はクラッシュの甘い歌声を強調した優しい雰囲気に仕上がっている。

これに対し、ザイオンTを起用した”Na B Ya”は、ハウス・ミュージックを連想させる四つ打ちを軸にしたビートと、ザイオンTの繊細なヴォーカルを活かした緻密でキャッチーなメロディが魅力のアップ・ナンバー。線が細く、声質が固いザイオンの声を際立たせるため、シンセサイザー中心のシンプルな伴奏に纏め上げたピージェイのセンスが光っている。生演奏を多用した曲が多いアルバムの中で、電子楽器を駆使したこの曲を違和感なく聴かせる技術は、クラブ・ミュージック畑の本領発揮といったところか。

だが、本作の目玉は、なんといってもYGの看板グループ、ビッグバンのテヤンと、ブラック・レーベルの共同経営者で、音楽プロデューサーとしても活動しているカッシュを招いた”Warigari”だろう。 90年代のヒップホップを連想させる、太く温かいビートとジョーンの色っぽい音色のギターを組み合わせた伴奏をバックに、テヤンのダイナミックなヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバーだ。レゲエ・グループ、ストーニー・スカンク出身のカッシュの高揚感溢れるラップが、上品な雰囲気の楽曲を適度に盛り上げている。楽曲はピージェイが手掛けたテヤンの”Tonight”にも少し似ているが、キャッチーで陽気な雰囲気のこちらの方がテヤンのファンにはウケそうだ。

また、ラップものではベーンジーノを起用した”I Drive Slow”が特徴的。機械で作ったビートを軸に、生演奏を加えるスタイル自体は、珍しいものではないが、アドリブを盛り込みつつ、それがレコードからサンプリングされた音ネタのように機能している点は面白い。韓国の人気ラッパーでは珍しい太く硬い声質のベンジーが、歌とラップを使い分けながら、巧みにトラックを乗りこなす姿にも着目してほしい。90年代のヒップホップを踏襲した楽曲に、新しい技術や表現を埋め込んで新鮮な音に聴かせる二人の遊び心が光る作品だ。

今回のアルバムは、彼がこれまでに発表してきた作品同様、生楽器と電子楽器の音を組み合わせたものになっている。韓国のポップスといえば、ビッグバンの”Fantastic Baby”やBTSの”Blood Sweat Tears”に代表される、トラップやEDMといった電子音楽の印象が強いが(もちろん、シンブルーやAKMUのような例外もいる)、このアルバムはそれとは異なる、ジャジー・ジェフやミツ・ザ・ビーツのような生音をヒップホップと融合したサウンドで、音楽シーンの真ん中に挑戦している。彼のスタイルはYGエンターテイメントや、同社のサウンドを支えるテディ・パク達プロデューサー陣とは大きく異なるが、彼らとは異なるスタイルでありながら、きちんとヒットに結び付く作品を作っている点は、流石としか言いようがない。

このアルバムを聴くと、R&Bやヒップホップの世界で流行しているサウンドを取り入れながら、急成長を遂げた韓国の音楽市場が成熟し、多彩な作品を送り出す段階に入ったことを改めて感じさせる。彼のようなミュージシャンがどこまで通用するのか、韓国だけでなく、アジアの音楽シーンの転換点になりそうだ。

Producer
Peejay

Track List
01. After Summer Day feat. Yun Seok Cheol & Jeong Yoo Jong
02. Stranger feat. Crush
03. Na B Ya feat. Zion.T
04. Warigari feat. Kush & Taeyang
05. I Drive Slow feat. Beenzino
06. Stay feat. Kumapark
07. Say No feat. Masta Wu
08. Thinking About You feat. B-Free
09. Moonstruck feat. Qim Isle & Oh Hyuk
10. Outro





PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ
PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ

Mike Will Made-It - Ransom 2 [2017 Eardrummers, Interscope]

IBMの幹部として働きながらクラブDJとしても活動していた父と、銀行員をしながらゴスペル・クワイアに所属していた母を持ち、叔父はプロミュージシャンとして演奏していたという、音楽一家に生まれ育ったジョージア州のベッドタウン、マリエッタ出身のプロデューサー、マイク・ウィル・メイド・イットことマイケル・レン・ウィリアムス2世。

少年時代はスポーツに打ち込んでいたという彼は、次第にヒップホップにもハマるようになり、一時期はフリースタイルにも挑戦していたらしい。そんな彼は、14歳の時に父親からサンプラーをプレゼントされると、ビートメイキングの世界にのめり込むようになり、16歳になると地元のミュージシャンに作品を売り込んでいたという。

その後、父親の勧めで大学に進学したものの、音楽への思いは捨てられず、リック・ロスをフィーチャーしたシングル”Tupac Back”をヒットチャートに送り込むと大学を中退。プロ・ミュージシャンへの道を歩み始める。

大学を中退した彼は、アトランタを拠点に本格的な活動を始める。当初は、グッチ・メインとのコラボレーションを機に広がった人脈を活かし、フューチャーや2チェインズといった人気ラッパーを起用したミックス・テープの発表が主だったが、人気ラッパーを起用したヒットメイカーの作品ということもあり、すぐにメディアなどで取り上げられるようになる。

そして、カニエ・ウエストの”Cruel Summer”やリアーナの”Pour It Up”、リル・ウェインの”Love Me”といったヒット曲を次々と生み出しながら、マイリー・サイラスの”We Can’t Stop”といったポップス作品も手掛けるなど、ジャンルの枠を超えた活躍を見せるようになる。

今回のアルバムは、彼にとって初のフル・アルバム。インタースコープが配給したメジャー・レーベル作でもあるが、レイ・シュリマーの”Black Beatles”を全米総合チャートの1位に送り込むなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼だけあって、ヒットのツボを的確に押さえた、完成度の高い作品を聴かせてくれる。

アルバムを聴いて最初に気になったのは、21サヴェージやミーゴスといったアトランタ出身の人気ラッパーに加え、コンプトン出身のYGという彼の作品に何度も客演している面々が集結した”Gucci On My”だ。彼が設立したイヤードラマーズ所属のプロデューサー、リソースが制作に携わった曲。チキチキという音色が印象的な王道のトラップ・ビートをバックに三者三様のラップを披露している。各人がヒット曲を残している人気ミュージシャンだが、このアルバムでは三者が互いを引き立て合う、他では聴けないパフォーマンスを披露している。

しかし、本作の目玉は何といっても”Perfect Pint”だろう。彼が初めて作品を提供したメジャー・レーベル所属のアーティストであるグッチ・メインに、彼にとって初のナンバー・ワン・ヒット作となった”Black Beatles”でお馴染みのレイ・シュリマー、そして本作の発売直後にリリースされた、マイクがプロデュースしたシングル”Humble”が、全米総合チャートで1位を獲得しているケンドリック・ラマーという豪華な面々を揃えた曲は、イヤードラマーズ所属のプロデューサー、DJフーとの共同プロデュース。水滴が滴り落ちるような音色のシンセサイザーを駆使した、みずみずしさとロマンチックな空気を漂わせるトラックが印象的。淡々と言葉を繋ぎつつ、切ない雰囲気を醸し出すラップも魅力的。攻撃的で荒々しいラップでファンを魅了してきたラッパーを招きながら、彼らの作品では聴けない意外な一面を引き出した面白い作品だ。

また、ファレル・ウィリアムスがゲスト・ヴォーカルで参加した”Aries (YuGo) ”も見逃せない曲だ。ファレルがヴォーカルを担当している曲では珍しい、自身がプロダクションに関与していないこの曲。制作を担当したマイクは、トラップのビートを基調にしつつ、色鮮やかな音色を盛り込んだ普段の彼とは一味違うトラックで、ファレルの音楽ともマイクの音楽とも違う、二人のコラボレーション作品に仕上げている。ファレルのヴォーカルも飄々としたいつものスタイルではなく、甲高いテナーを使ってじっくりと歌うものだ。また、メジャー・レーベルでの初録音となるラッパーのステーション・ワゴンPも二人の大物の間で、しっかりと自分の存在感をアピールしている。

そして、R&B好きには見逃せないのが、本作からの先行シングルで、収録曲では唯一のヴォーカル作品である”Nothing Is Promised”だ。”Pour It Up”を提供したリアーナをゲストに招いた作品はミディアム・ナンバー。リアーナの作品を数多く手掛けているカク・ハレルなどが制作に参加したこの曲は、マイクが得意とするシンセサイザーを多用した近未来的な雰囲気のトラップ・ビート、録音時点で20代だということが信じられない、円熟した表現と粘っこいリアーナの歌声が組み合わさった、コラボレーションのお手本のような作品だ。両者のスキルもさることながら、脇を固めるカク・ハレルやプラスといった、各人にとって縁の深い作家達の緻密で繊細な仕事が光っている。

今回のアルバムでは、強烈な個性と高い実績がウリの面々を集め、ここでしか聴けないバラエティ豊かな楽曲を聴かせている。プロデューサーが制作を主導し、豪華なゲストがパフォーマンスを披露する作品といえば、古くはファンクマスター・フレックスやトニー・タッチ、最近ではDJキャリッドカルヴィン・ハリスなどの名前が挙がるが、プロデューサーがホスト役となって参加アーティストの個性を組み合わせて楽曲を生み出す彼らに対し、トラック・メイカーとしての経験を活かして、アーティストの持ち味を活かしつつ、プロデューサーの個性を強く押し出した作品に落とし込んでいる。

豪華なゲストの魅力を活かしつつ、アーティストとしてのマイクの個性を打ち出した、捨て曲のない佳作。このアルバムを聴くと、現代のヒップホップやR&Bがアーティストとプロデューサーの共同作業の成果だということを再認識させられる。彼が今後、どんな化学反応を生み出してくれるか、今から楽しみだ。

Producer
Mike WiLL Made-It, Steve "The Sauce" Hybicki, 30 Roc, Ducko, Marz etc

Track List
1. On the Come Up feat. Big Sean
2. W Y O (What You On) feat. Young Thug
3. Hasselhoff feat. Lil Yachty
4. Gucci On My feat. 21 Savage, YG and Migos
5. Oh Hi Hater (Hiatus) feat. Fortune
6. Perfect Pint feat. Kendrick Lamar, Gucci Mane and Rae Sremmurd
7. Razzle Dazzle feat. Future
8. Bars of Soap feat. Swae Lee
9. Burnin' feat. Andrea
10. Y’all Ain’t Ready feat. 2 Chainz
11. Aries (YuGo) feat. Pharrell and Station Wagon P
12. Emotion On Lock feat. Eearz
13. Big God feat. Trouble and Problem
14. Faith feat. Lil Wayne and Hoodybaby
15. Come Down feat. Chief Keef and Rae Sremmurd
16. Outro
17. Nothing Is Promised feat. Rihanna





Mike Will Made-It
Eardruma
2017-09-29

Toddla T - Foreign Light [2017 Steeze]

14歳の頃からDJとして活動し、16歳になるとハイスクールを辞めて専業のミュージシャンに転身した、サウスヨークシャー州シェフィールド出身のDJでトラックメイカーのトドラTことトーマス・マッケンジー・ベル。

2007年にロンドンの1965レコーズと契約すると、同年に初のEP『Do U Know』を発表。ダンスホール・レゲエとエレクトロ・ミュージックを融合したサウンドで話題になった。その後も、ルーツ・マヌーヴァなどを起用した初のフル・アルバム『Skanky Skanky』を2009年にリリースするなど、精力的に活動していた彼は、2011年にはクラブ・ミュージックの名門、ニンジャ・チューンと契約。2枚目のフルアルバム『Watch Me Dance』を発売する一方、ジャマーやリトル・ドラゴンの作品をプロデュース、リミックスするなど、活躍の場を広げていた。

今回のアルバムは、2012年の『Watch Me Dance: Agitated By Ross Orton & Pipes 』から実に5年ぶりとなる新作(といっても、シングルは継続的に発売していたが)。自身のレーベル、スティーズからのリリースだが、ほぼすべての曲で”Set It Off”などのヒット曲を手掛けたことでも知られているブルックリン出身のシンガー・ソングライター、アンドレア・マーティンがマイクを執った、キャリア初の本格的なヴォーカル作品になっている。

本作の1曲目は、2017年5月に発売された先行シングル”Blackjack21”。ダフト・パンクの” Get Lucky”を連想させる、強靭なベースの演奏と、芯の強い歌声、そしてしなやかなメロディの一体感が心地よいアップ・ナンバーだ。シックやシャラマーといった80年代に活躍したディスコ・バンドの影響を感じさせるが、シンセサイザーを多用して、当時の音楽以上に洗練された雰囲気に纏め上げるなど、随所で差別化を図っている。

また、アンドレアに加えてバーミンガム出身のラッパー、ステフロン・ドンを起用した”Beast”は、重く、陰鬱な音色のシンセサイザーを効果的に使ったスリリングなアップ・ナンバー。ディジー・ラスカルのようなグライムをベースにしつつ、ビートの音圧を抑えて、ポップスっぽく聴かせている点が面白い。彼の器用な一面が垣間見える佳曲だ。

それ以外の曲にも、BBCのRadio1でラジオ・パーソナリティとして活躍するベンジBがミックスで参加した”Always”など、魅力的な作品は多い。この曲ではアンドレア・マーティンに加えて、レゲエDJのシルキ・ワンダをフィーチャー。80年代終盤に一世を風靡したリディム、スレンテンを思い起こさせる重低音を強調したビートの上で、朗々と声を張り上げるアンドレアと柔らかい声で言葉を繋ぐシルキのコンビネーションがのんびりとした雰囲気を醸し出している。往年のダンスホール・レゲエをベースにしつつ、現代のクラブ・ミュージックと一緒に聴いても違和感を感じさせないミックス技術にも注目してほしい。

そして、本作の最後を締める”Magnet ”はジェイソン・ベックが制作に参加したダンス・チューン。アンドレア・マーティンの力強い歌声で幕を開ける手法は、ロリータ・ハロウェイやグロリア・ゲイナーのようなディスコ音楽の歌姫を連想させる。しかし、シンプルな四つ打ちのビートと、太く温かい音色のシンセサイザーを使った伴奏は、ムーディーマンやルイ・ヴェガのようなハウス・ミュージックっぽくも聴こえる。往年のディスコ・ミュージックの高級感を残しつつ、気鋭のミュージシャンらしい新鮮な音楽に落とし込むトドラTのセンスが炸裂した面白い曲だ。

デビュー作でもダンスホール・レゲエやグライムを取り入れた楽曲を披露していたように、一つのジャンルにとらわれない柔軟な感性と広い視野が持ち味のトドラTだが、その作風は本作でも変わらない。しかし、本作は過去の作品とは異なり、アンドレア・マーティンという確かな実力を持ったシンガーをフロントに据えたからか、ディスコ音楽やレゲエ、ハウスといった多彩なスタイルを取り入れた「女性ヴォーカルの黒人音楽」という、クラブ・ミュージックには縁遠い人にも楽しめる作品になっている。

ブラック・ミュージックを音楽のいちジャンルとして親しんできた彼らしい、様々なスタイルの要諦を押さえて、自分の音楽の糧にした完成度の高いアルバム。懐かしさと新鮮さを一つの作品に閉じ込めた、先鋭的なクリエイターらしい音作りが堪能できる良作だ。

Producer
Benji B, Toddla T etc

Track List
1. Blackjack21 feat. Andrea Martin
2. Won't Admit It's Love feat. Andrea Martin, Casisdead
3. Beast feat. Andrea Martin, Stefflon Don
4. Ungrateful feat. Andrea Martin
5. Foreign Light feat. Andrea Martin, Coco
6. Foundation feat. Addis Pablo
7. Always feat. Andrea Martin, Silkki Wonda
8. Tribute feat. Wiley
9. Faithful Skit feat. Andrea Martin
10. Magnet feat. Andrea Martin



a

FOREIGN LIGHT
TODDLA T
BELIE
2017-07-28

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ