ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

演奏者・プロデューサー

Karriem Riggins - Headnod Suite [2017 Stones Throw]

90年代にコモンやジェイ・ディラといった、多くの人気ヒップホップ・ミュージシャンの作品を手掛けたことで名を上げ、近年はエリカ・バドゥやカニエ・ウエストなどの作品にも起用されている、ミシガン州デトロイト出身のドラマー兼プロデューサー、カリーム・リギンス。

そんな彼は、演奏者としてもオスカー・ピーターソンやダイアナ・クラールの作品に参加するなど、多くの実績を残していることで知られている。2016年には、カナダ出身のクリエイター、ケイトラナダのアルバム『99.9%』に収録されている”Bus Ride”にフィーチャーされたことも記憶に新しい。

本作は、そんな彼にとって、2012年の『Alone Together』以来となる通算2枚目のオリジナル・アルバム。前作同様、ヒップホップの制作手法とドラムの演奏を組み合わせた、彼らしい作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目である”Other Side of the Track”は、ジュニー・モリソンの”Spirit”をサンプリングしたミディアム・ナンバー。DJシャドウとカット・ケミストのツアーでプレイされたことも話題になった”A Whole Lot Of Love”(原曲はレッド・ツェッペリン、シャドウ達はデニス・コフィーのカヴァー・ヴァージョンをプレイ)を彷彿させる、荒々しいギターのサウンドが格好良い楽曲。”Spirit”からサンプリングされたキーボードの音色が、刺々しい雰囲気のトラックをマイルドにしている。

これに対し、同じ”Spirit”をサンプリングしながら、”Other Side of the Track”全く違う雰囲気を醸し出しているのが、デトロイト出身の詩人、ジェシカ・ケア・ムーアをフィーチャーした”Suite Poetry”だ。キーボードの音色をサンプリングした前者に対し、こちらはピアノの演奏を中心に引用。ニッキ・ジョヴァンニを連想させる透き通った声と、重厚で存在感のある言葉が印象的。同じレコードを使いながら、対極の作品を生み出せる彼のスキルとセンスが光る曲だ。

また、ロックやソウルをサンプリングした本作では異色の、電子音楽を使った曲が”Pay.gio”だ、ジョエル・ヴァンドローゲンブロエックが81年に発表した”Computer Groove”を引用したこの曲は、80年代の電子音楽で多用されていたアナログ・シンセサイザーの音色を効果的に使った近未来的な雰囲気の曲。電子音楽をジャズやソウルと同じように、ヒップホップの素材として分解、再構築する姿は、彼とも縁の深いジェイ・ディラの作風を思い起こさせる。

だが、本作の目玉はなんといっても”Bahia Dreamin’”だろう。彼がプロデュースしたエルザイの”Two 16's”のトラックを組み替えた曲で、原曲の雰囲気を生かしつつ、打楽器などの音を追加したインストゥメンタル作品になっている。中盤以降にジャズのピアノトリオの演奏を挟み込み、混ぜ合わせるセンスは、ヒップホップのプロデューサーとジャズ・ドラマーという、二つの顔を持っている彼の持ち味が発揮された楽曲だ。

今回のアルバムでも、彼のビート・メイカーとしての高いセンスと、豊富な演奏経験が反映された正確無比、かつ躍動感溢れるグルーヴが堪能できる。これだけ確固たる作風を持ちながら、収録された29曲一つ一つに個性を与えられるのは、ヒップホップやR&B、ジャズの世界で、いろいろなスタイルのアーティストと一緒に作品を生み出してきたからだろう。

長いキャリアを通して、多くの音楽を見聞きし、経験してきた彼にしかつくれない、魅力的なインストゥメンタル作品。歌やラップが入っていない音楽は苦手な人、ヒップホップや電子音楽のようなコンピュータを使った音楽が苦手な人にこそ、ぜひ聞いてほしい。トラックメイカーの奥深い世界の一端を垣間見れると思う。

Producer
Karriem Riggins

Track List
1. Suite Intro
2. Other Side of the Track
3. Yes Yes Y’all
4. Invasion
5. Trombone Love
6. Crystal Stairs
7. Sista Misses
8. Detroit Funk
9. Oddness
10. Tandoor Heat
11. Chop Chop
12. My Reflection
13. Dirty Drum Warm Up
14. Pay.gio
15. Suite Poetry feat. Jessica Care Moore
16. 4Es’J
17. Joy and Peace
18. Cheap Suite 1
19. Cheap Suite 2
20. Cheap Suite 3
21. Cheap Suite 4
22. Never Come Close
23. Re-doze
24. Bahia Dreamin’
25. Cheap Suite 5
26. Cia
27. Keep It On
28. Fluture
29. Suite Outro – Hodge, Poyser, Riggins





Headnod Suite
Karriem Riggins
Stones Throw
2017-02-24

Mike City - Feel Good Agenda Vol.1 [2017 BBE]

99年にリリースされたカール・トーマスの”I Wish”が、全米ヒップホップ・R&Bチャートで6週連続の1位を獲得(その後、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”に奪われるものの、再度取り返している)する大ヒットになったことで名を上げ、その後もサンシャイン・アンダーソンの” Heard It All Before”や、ブランディの”Full Moon”、デイヴ・ホリスターの”One Woman Man”などヒット曲を手掛けてきた、フィラデルフィア出身のプロデューサー、マイク・シティことマイク・フラワーズ。近年はレイラ・ハザウェイやフェイス・エヴァンスなどの作品にも携わっている彼の、98年作『City Limits』以来となるフル・アルバムが本作だ。

前作は、自身がヴォーカルをとっていたが、本作では多くのゲスト・ヴォーカルを起用。カール・トーマスやレイラ・ハザウェイのような、彼とは縁の深いミュージシャンを中心に、フェイス・エヴァンスやメイサ・リークなど、人気と実力に定評のあるシンガーが集結している。

彼の出世作となった”I Wish”を歌っている、カール・トーマスをフィーチャーした”100 Miles”は、シンセサイザーを使った煌びやかなバック・トラックが印象的なアップ・ナンバー。”I Wish”の時はシンプルなメロディを丁寧に歌っていたカールだが、この曲では”She Is”に近いしなやかなメロディの上で美しい声を響かせている。ルイ・ヴェガやマスターズ・アット・ワークを思い起こさせるお洒落なトラックも心地よい。

一方、フェイス・エヴァンスが参加した”When I Luv”は、跳ねるようなベースの演奏と華やかな伴奏が格好良い曲。パワフルな歌声が魅力のフェイスには珍しい、クールなヴォーカルが光るダンス・ナンバーだ。自作のトラックの上で、軽やかなヴォーカルを披露するマイクの存在が、楽曲に軽快なイメージを与えている。ダフト・パンクの”Get Lucky”にも通じる、ディスコ音楽の影響が見え隠れする良曲だ。

また、2017年のアルバム『Love Is A Battlefield』も好評な、メイサ・リークを起用した”Head Over Heels”は、太いシンセサイザーの音色を使ったハウス・ナンバー。”100 Miles”同様、華やかな伴奏が印象的だが、メイサの流れるようなヴォーカルのおかげで、洗練されたダンス・ミュージックのように聴こえる。この曲でもマイクが歌声を披露しているが、こちらの曲では、スタイリッシュなメイサの歌唱を引き立てるように、軽妙なヴォーカルを聴かせてくれる。

そして、レイラ・ハザウェイを招いた”You’re In Heaven”は、本作では珍しいミディアム・テンポの楽曲。キラキラとしたキーボードと切れ味の良いギターの伴奏をバックに、じっくりとメロディを歌い込むj二人の姿が素晴らしい。” Heard It All Before”や”One Woman Man”を連想させる、ゆったりとしたメロディとミディアム・テンポのトラックが気持ちいい。

今回のアルバムは、カール・トーマスやフェイス・エヴァンスのように、恵まれた歌声と高い歌唱技術を兼ね備えたシンガーを集めて、ハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートと、シンセサイザーを駆使したスタイリッシュな伴奏を組み合わせたという、アーティストとシンガー、両方にとって異色の作品だと思う。高い歌唱力がウリのシンガーを集めたハウス・ミュージック作品は、90年代から数多くあったが、味わい深い歌声の歌手を揃えて、今回のような作品を録音したものは非常に珍しい。おそらく、マイクが20年以上の長い間、R&Bの世界でじっくりと「歌」を聴かせる作品をたくさん手掛けてきた経験が、この作品に反映されているのだと思う。

EDMやトラップのような、華やかで高揚感のあるサウンドとは一味違う。クールで洗練された大人向けのダンス・ミュージック。ダフト・パンクやマーク・ロンソン、ブルーノ・マーズなどの音楽が好きな人にはぜひ聴いてほしい、おしゃれでロマンティックなR&Bだ。

Producer
Mike City

Track List
1. I Rock Wit U feat. Dwele
2. Everybody Loves A Winner
3. 100 Miles feat. Carl Thomas
4. When I Luv feat. Faith Evans
5. Been Too Afraid feat. Teedra Moses
6. Head Over Heels feat. Maysa
7. Up To It
8. More Of Me feat. Crystal Johnson
9. Here Together feat. Terri Walker
10. You’re The Kind
11. Sang & Dance feat. Junior
12. You’re In Heaven feat. Lalah Hathaway





▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]
▼CD/THE FEEL GOOD AGENDA VOL. 1 (解説付) (輸入盤国内仕様)/マイク・シティ/BBEACDJ-419 [6/21発売]

Bastien Keb - 22.02.85 [2017 First Word Records]

2012年ごろに音楽活動を開始。自作曲をインターネット上で発表する一方、ライブも精力的にこなしてきた、イギリスのロイヤル・レミントン・スパ出身のクリエイター、バスティン・ケブことセブ・ジョーンズ。

2015年には、初のアルバム『Dinking In The Shadows Of Zizou』を発表。電子音楽とヒップホップやファンクを混ぜた独特の作風が、新しい音楽に敏感な人々の間で注目を集めた。

その後も、フランスのプロデューサー、クワイエット・ドーンや、イギリスのファンク・バンド、ペーパータイガー等の作品で、楽曲制作やリミックスを担当。特に、ペーパー・タイガーの”Weight In Space ‎”をリミックスしたものは、同作の発売元であるイギリスのレーベルワー・ワー・45sのコンピレーションにも収められるなど、好評を博した。

今回のアルバムは、2年ぶりの新作となる2枚目のオリジナル・アルバム。影響を受けたミュージシャンとして、トム・ウェイツやサン・ラ、アリス・コルトレーンを上げ、多くの映像作品に親しんできたという、芸術への造形と鋭い嗅覚と、電子楽器だけでなく、ギターやフルートなど、色々な楽器を操る技術を兼ね備えた彼だけあって、本作でも電子楽器の先鋭的なサウンドと、生楽器の柔らかい音色を組み合わせた、ソウルフルな音楽を聴かせている。

アルバムの実質的な1曲目である”Pick Up”は、ジェイ・ディラを彷彿させる、微妙な揺らぎが心地よいビートと、サックスやキーボードの温かい音色が混ざり合ったトラックの上で、ファンカデリックを彷彿させる幻想的なヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバー。一つ一つの楽器の音を微妙にずらし、聴き手の感覚を揺さぶるテクニックが心憎い。

これに対し、アルバムに先駆けて公開されたもう1つの曲である”Cashmere”は、シンセ・ドラムの重い音色を使って、ダブを連想させるゆったりとしたビートを組んだミディアム・ナンバー。エフェクターを多用して、幻想的な雰囲気を演出しつつ、きらきらとしたシンセサイザーの音色を混ぜ込むことで、輪郭をはっきりさせている点が面白い。

また、”Night Hustle”はシンセ・ドラムやアナログ・シンセを使った、モダンなトラックで始まったと思いきや、急にヒップホップのビートに切り替わる奇想天外な曲。サーラ・クリエイティブ・パートナーズを彷彿させる、生音と電子楽器を組み合わせたソウルフルなトラックと、映画『死刑台のエレベーター』のような起伏のある展開が印象的な曲だ。

そして、本作の収録曲で唯一、ゲスト・ミュージシャンを起用した”Fit Rare”は華やかなシンセサイザーの音色と、荒っぽい管楽器の演奏のループが耳に残る、ヒップホップ色の強い曲。リズムに乗って言葉を繋ぐラップというよりも、音楽の上で強烈なメッセージを放つギル・スコット・ヘロンのような詩人に近い、カッポのラップもセブの先鋭的なビートと上手くかみ合って、独特の存在感を放っている。

彼の音楽の面白いところは、一つ一つの曲が起伏のある構成を持っている点と、ヴォーカルや各楽器が、異なるリズムやメロディを奏でながら、それらが組み合わさって一つの音楽を作り上げている点だと思う。それはまるで、映画監督がカメラを通して、役者の動きや背景を切り取り、一つの作品に落とし込む行為を音楽でやっているようだ。

映画監督のように作品全体を見渡し、一つの作品を組み立てる技術と、ジャズやロック、ソウルなど、多彩な音楽に触れてきた豊かな感性が生み出す、懐かしさと新鮮さが入り混じった作品。サン・ラが現在も生きていたら、こんなアルバムを作るんじゃないかな?と思わせる不思議な音楽だ。

Producer
Seb Jones

Track List
1. Intro
2. Pick Up
3. Cashmere
4. My Lovely Wool
5. The Lug
6. Night Hustle
7. Rare Fit
8. Fit Rare feat. Cappo
9. Glue (The End)
10. Nocturnal/Midnight Shift (Serious Thumb)
11. Town
12. Yela
13. The Cut
14. Glue (Daydream)
15. Younger
16. Crumbs




22.02.85 [12 inch Analog]
Bastien Keb
First Word
2017-03-03

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ