ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

アメリカ

Tyler, The Creator - Scum Fuck Flower Boy [2017 Columbia]

フランク・オーシャンやジ・インターネットなどを輩出した、ロス・アンジェルス発の実力派ヒップホップ集団、オッド・フューチャー。その中心人物が、カリフォルニア州ラデラ・ハイツ出身のラッパーでプロデューサー、タイラー・ザ・クリエイターことタイラー・グレノリー・オコンマだ。

ナイジェリア系アメリカ人の父と、アフリカ系アメリカ人の母親の間に生まれた彼は、7歳の頃からジャケットのイラストを描くようになり、14歳になるとピアノも演奏するようになる。

16歳でオッド・フューチャーを結成した彼は、18歳の時に、自身の名義では初の録音作品となるミックステープ『Bastard』を発表。自主制作の作品ながら、音楽情報サイトの年間ランキングで32位を獲得するなど、高い評価を受けた。その後も、自身の名義で3枚を発表する一方、クルーの中心人物として多くの作品を収録。2017年に入ってからは、フランク・オーシャンの”Bikingに客演して話題になった。

そんな彼にとって、自身名義では4枚目のフル・アルバムにして、初のメジャー・レーベル配給作品となるのが本作。全ての曲を自らの手でプロデュースし、ゲストにはフランク・オーシャンやジ・インターネットのスティーヴ・レイシー(ただし、彼はオッド・フューチャーのメンバーではない)のようなオッド・フューチャーと縁の深い人のほか、エイサップ・ロッキーやリル・ウェインなどの人気アーティストが参加した意欲作になっている。

アルバムに先駆けて発表された”Who Dat Boy?”は、エイサップ・ロッキーをフィーチャーした楽曲。サイレンのようなシンセサイザーのリフが不気味な雰囲気を醸し出している。電子楽器を多用した作品だが、デビュー当初のウータン・クランを思い起こさせる、おどろおどろしいビートが格好良い。そんなトラックの上で、ワイルドなラップを聴かせる二人の存在も光っている。

これに対し、カップリング曲の”911/Mr. Lonely ”は、フランク・オーシャンとスティーヴ・レイシーがゲストで参加。バック・コーラスにはスクール・ボーイQやジャスパー・ドルフィンも加わるなど、オッド・フューチャー色の強い作品。前半部分の”911”は、多くのヒップホップ作品にサンプリングされてきたギャップ・バンドの”Outstanding”を使用したミディアム・ナンバーで、シンセサイザーの音色を効果的に使いながら、ビートの音圧を落としたトラックを用意することで、ロマンティックな曲に仕上げている。流れるように言葉を繋ぐ、歌うようなラップも、メロウなビートと合っている。また、後半の”Mr. Lonely”は90年代のジャーメイン・デュプリを連想させる、躍動感溢れるチキチキ・サウンドが格好良い曲。前半との流麗なトラックとのギャップもあり、強烈なインパクトを感じさせる。

また、もう一つのシングル曲”Boredom”は電子音楽畑のシンガー、レックス・オレンジ・カントリーとアンナ・オブ・ザ・ノースを招いた曲。電子楽器を多用しつつ、往年のソウル・シンガーの作品を彷彿させる、生演奏っぽいアレンジのトラックを作ることで、斬新さと親しみやすさを両立している。フィーチャリング・シンガー達の繊細な歌声が、太く荒々しいタイラーのラップを際立たせている点も見逃せない。

今回のアルバムは、彼にとってメジャー・デビュー作品だが、リスナーの目を意識したポップス志向や、豪華なゲストを集結させることもなく、あくまでもマイペースに、自身の音楽を貫いているように見える。既に、ソロ活動やプロデューサー、クルーの中心人物として多くの実績を上げてきた自信もあるのだろうが、フランク・オーシャンやジ・インターネット、そのメンバーであるシド(ただし、彼女はソロ・デビューの時点でクルーを離れている)やマット・マーシャンズが次々と成功を収めるなど、彼らのサウンドが注目を集めていることを踏まえて、敢えて自身の作風を貫いているようにも映る。

彼に先駆けてメジャー・デビューを果たした、クルーの面々にも負けず劣らずの先鋭的かつ緻密な作品。「大物は最後にやってくる」を体現したような、充実した内容と安定感が魅力の傑作だ。

Producer
Tyler, The Creator

‎ Track List
1. Foreword feat. Rex Orange County
2. Where This Flower Blooms feat. Frank Ocean
3. Sometimes...
4. See You Again feat. Kali Uchis
5. Who Dat Boy? feat. ASAP Rocky
6. Pothole feat. Jaden Smith
7. Garden Shed feat. Estelle
8. Boredom feat. Rex Orange County and Anna of the North
9. I Ain't Got Time!
10. 911 / Mr. Lonely feat. Frank Ocean and Steve Lacy
11. Dropping Seeds feat. Lil Wayne
12. November
13. Glitter
14. Enjoy Right Now Today






French Montana - Jungle Rules [2017 Bad Boy Entertainment Epic]

モロッコのラバットに生まれ、13歳の時にアメリカへ移住。MCバトルで腕を磨いた後、友人とDVDやミックステープを発表して、叩き上げのラッパーとして名を上げた、ニューヨーク州ブロンクス地区出身のラッパー、フレンチ・モンタナこと、カリーム・カルブシ。

その実績を買われ、複数のレーベルから誘いを受けた彼は、2012年にショーン・コムズ率いるバッド・ボーイとリック・ロス率いるメイバッハの2社と契約。翌年には初のフル・アルバム『Excuse My French』を発表。全米ラップ・アルバム・チャートの1位を獲得し、同作からのシングル曲”Pop That”はプラチナ・ディスクも獲得する。その後も、フィーチャリング・アーティストとして、多くの作品に客演。ウィル・アイ・アムの”Feelin' Myself”や、クリス・ブラウンの”Loyal”など、色々なアーティストのヒット曲で存在感を発揮してきた。

このアルバムは、彼にとって4年ぶり2枚目のフル・アルバム。所属レーベルの都合で、配給がインタースコープからエピックに変わっているものの、今作でも、バッド・ボーイらしいキャッチーなサウンドと、彼の荒々しいラップが堪能できる良質なヒップホップを聴かせている。

本作のオープニングを飾る”Whiskey Eyes”はニューヨーク出身のラッパー、チンクスをフィーチャーした曲。ロンドン出身の女性シンガー、フェのヴォーカルを効果的に使ったトラックと、二人の刺々しいラップの組み合わせが光っている。

一方、スワエ・リーが参加した”Unforgettable”は、レゲトンやカリプソの要素を取り込んだアップ・ナンバー。聴き手を幻想的な世界に引きずり込むトラックやヴォーカルは、モロッコのダンス・ミュージック、ジャシューカに通じるものがある。アメリカではあまり知られていない音楽のエッセンスをさりげなく盛り込むプロデューサーのセンスが素晴らしい楽曲だ。

また、メジャー・レーベルと契約する前からの盟友、ハリー・フラウドが制作を主導した”A Lie”は『Starboy』も好評のウィークエンドと、ニューヨークのハーレム出身のラッパー、マックスBを起用した作品。ウィークエンドやドレイクの楽曲に近い、シンセサイザーを多用した近未来的な雰囲気のトラックと、ウィークエンドの繊細な歌声が印象的な作品。ドレイクに代表される歌うようなラップを聴かせるアーティストがヒット・チャートを席巻する時代に、彼らのサウンドを取り入れつつ、LLクールJやノートリアスB.I.G.のような、荒々しいラップを聴かせる手法が魅力的。往年のヒップホップと現在のサウンドが融合した、本作最大の聴きどころだと思う。

それ以外の曲では、2017年も「Despicable Me 3(邦題:怪盗グルーのミニオン大脱走)」のサウンドトラックや、カルヴィン・ハリスの”Feels”などに携わるなど、活躍を続けているファレル・ウィリアムスが参加した”Bring Dem Things ”が面白い。ハリー・フラウドが作ったトラックは、ファレルが作りそうな、音数を絞ったキャッチーなもの。その上で、フレンチ・モンタナがリズミカルに言葉を繋ぐ姿は堂に入ってる。ファレルのスタイルを借りつつ、自分の音楽に染め上げるスキルの高さは流石の一言だ。

今回の作品は、多くの人気ミュージシャンを招き、流行のサウンドを積極的に取り入れた、バッド・ボーイらしいアルバムだ。しかし、妄信的にトレンドを追いかけるのではなく、太く、荒々しいフレンチ・モンタナのラップが活きるシンプルなトラックを中心に揃えることで、硬派だけど聴きやすい、絶妙なバランスの音楽に落とし込まれている点が面白い。恐らく、ノートリアスB.I.G.やメイスなど、ハードなラップをウリにするミュージシャンをヒット・チャートに送り込んできたショーン・コムズのビジネス・センスと、フレンチ・モンタナの確かなラップ・スキルが揃ったから、作れたのだろう。

ヒップホップが人気ジャンルの一つになった時代だからこそ新鮮に聴こえる、ワイルドなラップを活かした佳作。90年代からヒップホップを聴いてきた、年季の入ったファンにこそ聴いてほしい、本格的なヒップホップ・アルバムだ。


Producer
Puff Daddy, French Montana, Rick Steel etc

Track List
1. Whiskey Eyes feat. Chinx Drugz
2. Unforgettable feat. Swae Lee
3. Trippin
4. A Lie feat. Max B, The Weeknd
5. Jump feat. Travis Scott
6. Hotel Bathroom
7. Bring Dem Things feat. Pharrell Williams
8. Bag feat. Ziico Niico
9. Migo Montana feat. Quavo
10. No Pressure feat. Future
11. Push Up
12. Stop It feat. T.I.
13. Black Out feat. Young Thug
14. She Workin feat. Marc E. Bassy
15. Formula feat. Alkaline
16. Famous
17. Too Much
18. White Dress





JUNGLE RULES
FRENCH MONTANA
EPIC
2017-07-21

Mavis Staples - Mavis Staples: I'll Take You There: An All-Star Concert Celebration [2017 Caroline International]

メイヴィス・ステイプルズはイリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター。1950年に家族と結成したゴスペル・グループ(後のステイプル・シンガーズ)の一員として音楽活動を開始し、53年にシングル『These Are They / Faith And Grace』でレコード・デビュー。その後は”I’ll Take You There”や”Respect Yourself”、”Let's Do It Again”などの後世に語り継がれる名曲と、多くのアルバムを残し、2000年にはロックの殿堂入りも果たしている。

また、彼女自身は69年に初のソロ・アルバム『Mavis Staples』を発表。以後、2016年までに14枚のアルバムと30枚以上のシングルを発表。近年はベン・ハーパーやボン・イヴェールのジャズテン・ヴァーノンを起用したアルバムを発表したり、アーケード・ファイアやゴリラズの作品に客演したりするなど、70歳を超えた今も一線で活躍している。(余談だが、ゴリラズのツアーには映像で参加している)

このアルバムは、彼女の生誕75歳を祝って行われたコンサートを収めたライブ盤。多くの後輩ミュージシャン(といっても、現役のミュージシャンで、彼女より先にデビューした人は殆どいないが)が集結し、ステイプル・シンガーズやソロ名義で発表した名曲を披露している。

本作のトップ・バッターを飾るのは、ケンタッキー州出身のベテラン女性シンガー・ソングライターのジョーン・オズボーン。69年の初ソロ作『Mavis Staples』に収められている”You're Driving Me”に取り組んでいる。フレッド・ブリッジ作の泥臭いソウル・ミュージックを忠実に再現する歌唱力は圧巻の一言だ。

その後は、ケブ・モーやオーティス・クレイら、ベテラン・シンガー達が彼女のキャリアを祝福する名演奏を披露し、本日の主役、メイヴィスへと繋いで行く。

彼女のステージは、ステイプル・シンガーズの名義で71年に発表した”Respect Yourself”でスタート。ニューオーリンズを代表するR&Bバンド、ネヴィル・ブラザーズの一員であるアーロン・ネヴィルと披露したデュエットは、長いキャリアと豊富な実績が反映された、パワフルな歌唱と豊かな表現力が存分に発揮された名演だ。30年以上前にリリースされた曲を、現在の自分達に合わせてアレンジし直す技術が見どころだ。

これに対し、本作の収録曲では最も新しい、2013年のアルバム『We'll Never Turn Back』が初出の”Turn Me Around”は、御年67歳のベテラン・ブルース・シンガー、ボニー・レイットとのコラボレーション。ボニーが鳴らす荒々しいギターの音色をバックに、力強いヴォーカルを披露するメイヴィスの姿が印象的な名演だ。遥か昔に還暦を迎えたとは思えない二人の、パワフルなパフォーマンスを堪能してほしい。

そして、本作の最後を飾るのは、ザ・バンドが68年のアルバム『Music from Big Pink』で発表し、ステイプル・シンガーズが同年のアルバム『Soul Folk In Action』で取り上げた”The Weight”だ。原曲がザ・バンドの作品だけあって、ブルースやロックのミュージシャンが多数参加している本作のバンド・メンバーとは相性が良い。近年はロック畑のミュージシャンと共演することの多いこともあり、ステイプル・シンガーズ時代にはないロックの繊細な表現への適応力を見せている。

今回のステージでは、ブルースやソウル、ロックなど、色々な分野で活躍するベテランが集まり、老練した技で彼女のキャリアを総括、祝福している。だが、一番輝いているのは、豪華なゲストを前に、圧倒的な歌唱力を見せている主役のメイヴィスだと思う。何十年も前に発表した楽曲を、現在の声質や技術に合わせて巧みにアレンジし、現在の彼女の音楽に仕立て上げる技術は稀有なものだと思う。

豊富な実績を誇る名手たちによる、名シンガーへの最高の祝福。本作を堪能した後は、参加ミュージシャンや彼女のオリジナル・アルバムにも耳を傾けてほしい。ポピュラー音楽の奥深い世界を堪能できると思う。

Producer
Keith Wortman

Track List
Disc 1
1. Joan Osborne - You're Driving Me
2. Keb' Mo' - Heavy Makes You Happy
3. Otis Clay - I Ain't Raisin' No Sand
4. Buddy Miller - Woke Up This Morning
5. Patty Griffin - Waiting For My Child To Come Home
6. Emmylou Harris - Far Celestial Shore
7. Michael McDonald - Freedom Highway
8. Glen Hansard - People Get Ready
9. Mavis & Aaron Neville - Respect Yourself
10. Widespread Panic - Hope In A Hopeless World
11. Ryan Bingham - If You're Ready (Come Go With Me)
12. Grace Potter - Grandma's Hands
13. Eric Church - Eyes On The Prize
Disc 2
1. Taj Mahal - Wade In The Water
2. Gregg Allman - Have A Little Faith
3. Mavis & Bonnie Raitt - Turn Me Around
4. Gregg Allman, Taj Mahal, Aaron Neville, Bonnie Raitt, & Mavis Staples - Will The Circle Be Unbroken
5. Mavis, Win Butler & Régine Chassagne - Slippery People
6. Mavis & Jeff Tweedy - You Are Not Alone
7. Mavis Staples - I'll Take You There
8. Mavis & everybody: Encore: The Weight




Mavis Staples I'll Take You There: All-star Concert Celebration
オムニバス(コンピレーション)
Caroline
2017-06-01

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ